完食記録一覧

リハロウビーチのロコモコとスタバ石垣空港店@沖縄県石垣市

それにしても首筋の日焼けが痛い。石垣島を一周したというのにほとんどガソリンが減っていない。これではレンタカーを返す直前にスタンドに寄って「満タンにしてください」と言う行為がすっげぇ恥ずかしいと思えてしまうチキン野郎の僕がいる。そんなこともあり車で約10分の海っぺりにあるカフェまで1ミリでも多くガソリンをまき散らそうと道路交通法を順守しつつベタ踏みで向かった。

『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』でいい感じだった『リハロウビーチ』のテラスに座ると「3種類チーズと島果実カレーのロコモコ」をまったりゆっくりじっくりと時間を掛けて味わった。

やはり首筋の日焼けが痛い。さらに背後からハングル文字が3Dになって首筋をアタックして来た。

石垣空港に着くや否や円柱の大型水槽で回遊するミノカサゴに「ただいま」と挨拶をした。その後、日本最南端にあるスタバ@石垣空港店で五臓六腑に癒しを与えた。この次は波照間島を訪れたいが、その前に愛知県の日間賀島でタコを食い、三重県の答志島で貝を食いたい。離島めぐりに首っ丈だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立マクセルのCMのような青い海とブラックじゅーしー@沖縄県八重山郡竹富町

間違いなく日差しが強くてモーレツに暑い一日になるという大勢順応主義の権化のような天気予報を鵜呑みにして大正解だった。が、あろうことか日焼け止めクリームを塗り忘れて首筋がピリピリ痛い今日この頃いかがお過ごしでしょうか。ってことで、フェリーに乗ること15分。竹富島へと渡った僕だった。こっちはレンタサイクルで最初に訪れた西桟橋の海。舐めたくなるほど美しい海だった。

こーいうロケーションに打ってつけなのは日立マクセルのCMごっこだろう。ほらご覧、山下達郎の『RIDE ON TIME』をイメージしていた僕に村田和人の『一本の音楽』のリフレインが止まらない。

「やっぱCDよりカセットだね」。そんな声がしたのは空耳だろう。こっちはコンドイビーチの海。

こっちのカイジ浜の海では星の砂を探しつつヤドカリに「ストレスあるのかよ?」とささやきながら遊んでいた。それはそれで楽しいひとときだったが、5分以上も続けていたら気が変になりかけた。

島内を軽く一周した後、ほぼ満席状態の『かにふ』で「美崎牛&島豚ダブルハンバーグ」を食べた。本当は竹富産車エビの天丼が食べたかったのだが、激しいボリュームっぷりを見て速攻で断念した。

腹が立つほど満腹になり、なごみの塔に寄った。7年前に訪れた際にはてっぺんまで階段を上れたが今では老朽化で立ち入り禁止だった。なるほど「やれることはやっておくべき」とつくづく思った。

そしてディナーはホテルの部屋でソウルフードのブラックじゅーしー。これがそこそこ美味かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石垣島のベタなスポットを一周した〆のVANILLA・DELI@沖縄県石垣市

前日どころか当日の天気予報も小雨だった。が、この玉取崎展望台からの眺めの通り限りなく透明に近いセルリアンブルーの3丁目7番地くらいの快晴っぷりとなった。前から確信していたが、やはり僕は持っている男なのだろう。どうせ持つなら現金か抵当権が付いていない土地のほうがいいけど。

水彩絵の具を持って来ていれば描くところだが、そもそも今までに水彩絵の具を持ったことがない。

その後、米原のヤエヤマヤシ群落に寄った。JR米原駅は「まいばら」だが、ここは「よねはら」と読む。あなどるなかれ、この野郎。石垣島と西表島にしか生息しない固有種の珍しいヤシとのこと。

安い海の家の高級版フードコートのような『かびら食堂』でソーキそばと石垣牛コロッケを食べた。

ねぇ、ベタな観光スポットの川平湾なんかに来ていいんですか?いい~んです!楽天カードマ~ン♪

昨晩は海鮮だったので今夜は石垣牛にしようと思ったが、焼肉だと牛タン1枚とロース2枚で満腹になるため『VANILLA・DELI』の「ベーコンチーズソース」と「プロウン&チップス」にした。これがすっげぇ絶品でこの世に誕生して53年、これまでに食べたハンバーガーの中で一番美味しかった。しかし、マクドナルドとモスバーガーとラッキーピエロのハンバーガーしか食べた記憶がないけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲むほどに美味かった麩ちゃんぷるーにめんそ~れ@沖縄県石垣市

近江兄弟社はメンターム、そして僕はと言えばめんそ~れ♪今まさに、潮風がトマトジュース並みに苦手なくせに確実に石垣島にお越しになっている僕がいる。ハハハハハハ☆。ハが6つと星が1つでハムスター。うん、これはご機嫌が斜めじゃなくて真っ直ぐな証拠だよ。石垣空港に到着するや否やいきなり大きな円柱の水槽とめぐり会えたしね。水槽に沿って泳ぎ回るミノカサゴが超可愛かった。

トヨタレンタカーで小さなバイキング@ビッケが乗るような小っちぇヴィッツを借りるとホテルまで30分。ホテルは全室禁煙とは言うものの1階に喫煙所があるせいで何気に臭ったのが残念ちゃん。いいかい、全室ではなく全館完全禁煙にしなさい。でなければ、この僕は二度と使ってあげないよ。

午後5時。「営業中」に看板が変わったばっかの『海人居酒屋源総本店』で麩ちゃんぷるー、刺身の盛り合わせ、海ぶどう、お前ってあいつとグル君いやグルクンの唐揚げなどをオリオンの生ビールで一気呵成に押し流した。しかし、麩ちゃんぷるーは最高に美味かった。間違っても生まれ変わったら麩になりたいとは思わないが、それくらい美味かった。で、それってどれくらいだよ?知らんがな。

せっかくだからと追加注文した石垣牛の炙り握りは、もう少しだけぶってぶって炙って欲しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東本願寺と京都水族館と東寺と殿田@京都府京都市

このところバタバタ走るよバタコさん状態のベトベト脂っぽい弘道君だった。それゆえにあと1回分残っていた青春18きっぷの権利を行使する時間がなかなかなかった富山のナカタは元気だろうか。知らんがな。で、今日が利用期限だ。そうだ!京都人は嫌いだけど京都の歴史や建物は大好物だから京都、行こう。便宜上、そーいうことだ。まずは我が家の宗派である浄土真宗東本願寺を参詣した。

浄土真宗東本願寺。いつもならザ・浄土真シャー・イーストバージョンなどと言ってはしゃいでいるこの僕だが、さすがにこれだけの荘厳かつ崇高である圧倒的な存在感を目の当たりにすると、そんなふざけたことは言えない。少しでも踏み止まる良心があって僕も安心したよ。しかし、素晴らしい。

その後、歩いて京都水族館へ行った。週に2日間くらい水族館コンサルタントとしてご活躍しているこの僕の感想はと言えば、筆舌に尽くし難いくらいすっげぇつまらんかった。できたばっかの後発もいいところだが、イルカはいたけどそもそも京都に水族館がいるか?トルコ、イラク、いらんだろ。

何が「売り」なのかがまったく分からないし見えてこなかった。まるでパスタやカツ丼、焼きそば、エビフライ、味噌煮込みうどん、ハンバーグもある中華料理店といった感じだ。なのに肝心の餃子とラーメンはない。そこでこの際、居抜きでスタバにするというのはどうだろう。イルカやアザラシを眺めながらトールサイズのソイラテをすするというシチュエーションは大ヒットの予感がしまくり♪

ちなみに、この大型水槽は↑ちょっと前の『科捜研の女』に地味に使われていた。想定外に水族館の滞在時間が圧縮されたので国宝と重文の宝庫@東寺を訪れた。いいですねぇ、最初からここにすればよかったよ。しかし、そこら中に国宝や重文が当たり前のように散らばっているので何気に笑えた。

ふと気付いたら何も食べていない自分を発見した。おぉ!なかなかステキな表現だよね。君たちね、たまにはこの僕を褒めてやったらどうなんだ。お話を戻そう。東寺から歩いてイオンを通り過ぎると和食の殿堂『殿田』があった。京都の食事処はここがあればいい。ニシンをつまみにビールを飲むと親子丼をかき込んだ。こんな日がずっと続けばいいのにね。でも、ずっと親子丼だと罰ゲームだね。

そして、ご無事にご帰宅。これは東寺の宝物館で買った釈迦如来立像のポストカードだ。なんかね、釈迦如来立像をガラス越しに見つめていたら目薬を差したばっかでもないのに涙が溢れ出したんだ。「よく頑張ったね、弘道君。もっと肩の力を抜いて気楽にね」と言われているようで記念に買った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実録:家に帰れないお父さんの岐阜駅から柳ヶ瀬方面での時間の潰し方

青春18きっぷで法隆寺に向かうはずだった僕がいた。芥見東小学校の修学旅行以来となる法隆寺、41年ぶりの再訪となるはずだった。だが、朝っぱらから胃腸の調子が今ひとつだったので身内から「そんな無理せんとやめときゃーて」と言われた。しかし、正面を切って「お前らに旅人の気持ちが分かるはずもない」と吐き捨て家を出た。すると、あろうことか岐阜駅に着くや否や「痛ぇ・・・」となった。改札口で熟慮の末に法隆寺行きは断腸の思いで延期することにした。そこでひとつ大きな問題がある。どの面下げて帰ればいいのだろうか。正直、僕、かなり困ったちゃん。そんなこんなで岐阜駅の隣にある「やすらぎの里」という公園のような広場のベンチに腰を下ろすと七分咲きの桜をボーっと口を開けて眺めていた。3日前にリストラされた事実を家族に言えず、スーツを着て弁当を持って会社と自宅の中間にある公園で時間を潰す中高年サラリーマンの気持ちが痛いほど分かった。

そこから徒歩2分の場所にあるゴールデン織田信長公の下へ近寄った。岐阜市民ならきっと分かってくれるだろう。この場所で30分近くも時間を潰すその苦しさを。愛媛県や鹿児島県からやって来た観光客でも3分もいない場所だがね。でもね、岩手県からの観光客ならそこそこ粘るかも知れない。

ここにいても胃腸の痛み以上にツライだけなのでタカシマヤ方面へ五臓六腑に振動を与えないようにゆっくりと右足から伸ばすことにした。何も欲しいものも用事もないのにドン・キホーテに入った。その後、タカシマヤ内にある自由書房で大掛かりな立ち読みで大胆に時間を潰した。そのとき「僕、ここまで歩けりゃ何気に元気じゃん」という衝撃の事実に気付いたが、時すでにお寿司いや、遅し。

最後はインド人の叡智の結集で胃腸を洗浄してもらうべく『マサラマスター岐阜駅前店』で「チキンキーマ&エッグカレー」を2杯の生ビールで一気に押し流した。では、そろそろ今日の〆に入ろう。人生、計画通りにいかないこともある。しかし、脇道に逸れたからこそ出会える美しい風景もある。とブログには書いておこう。これといって大したことはなかったが、大したことがあったら大変だ。今日は無理をすれば行けたっぽいが、無理をしてまで行く気はない。これはこれでいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スジローの44番テーブルで「孤高」についてふと思う

嫌いな奴には面と向かって「嫌い」と言おう。だって、嫌いなんだから。すると「でもね、わざわざ波風を立てることもないでしょうに」と反論する者も多いだろう。ハハハ、だからいつまで経っても国宝級の残念ちゃんなんだよ。船だって波や風がないと前に進まないだろ。以上、これを「100%間違っていることをさも正論のように理論付ける発想」とこの僕だけは3分前からそう呼んでいる。こーいうことを考えさせたら東海三県で3本の指に入るんだ。ったく、どこのどいつか知らないが、他の2人が憎らしい。はい、支離滅裂チックな巻頭文はこのくらいで勘弁しといたる。そのとき僕はスシロー岐阜石長店にいた。回転寿司ってOKだよね。カウンター越しに大将とムダ話をする必要もないし。タクシーが苦手なのもそれだ。お願いだから話し掛けないでおくれよ。ただひたすら無事に目的地まで運んでくれさえすればいいんだよ。乗客に気を使っているつもりなら黙っていてほしい。別にあなたと人間関係を構築するために利用しているわけではない。一人旅もそう。旅先での出会いうんぬんと言う奴もいるが、出会うだけなら最寄りの駅から5つ目の駅周辺で十分。そーいう連中は「旅の恥はかき捨て」を「旅の汗はやり逃げ」と勘違いしているのだろう。とにかくこの僕をそっとしておいてほしい。ネットの世界では極道みたいな弘道だが、実際に会うと田んぼのあぜ道みたいな弘道なの。午後3時11分、この僕の左横のレーンをナスが通過した。嫌いなネタには面と向かって「嫌い」と言おう。だって、嫌いなんだから。今さら好き嫌いを克服する年でもなかろう。しかし、久しぶりにスジだらけのマグロを食った。これほどのスジは昭和末期以来のような気がした。次女も「吐き出そうかと思ったけど頑張った」と真顔で言っていた。あのね、そんなことを頑張らなくてもいいから吐き出しなさい。ここまで立派なスジマグロはきょうびでは珍しいためとても貴重な体験をありがとう。スシローではなくスジローだね。正直、かっぱ以下なので100%再訪はあり得ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モーレツな横風に軽く泣きそうになった蓬莱橋@静岡県島田市

「新聞によりますと~」は『テレビ三面記事ウィークエンダー』のイントロだが、ウィキペディアによりますと「蓬莱橋(ほうらいばし)は、静岡県島田市の大井川に架けられた歩行者と自転車専用の木造橋であり、全長は約900メートルで『世界最長の木造歩道橋』としてギネスブックに認定されている」とある。そらもうあんさんむちゃくちゃ長いでっせ。向こうに行くのはええけどなこっちに帰って来なあきまへんのや。そらもう汗ぐっしょりでんがな by その当時の桂朝丸風。まぁ、単なる木造橋だが、以前(3年くらい前)からずっと気になっていたので今回、青春18きっぷでこの橋を渡るためだけに訪れた杉山弘道君がいた。あ、スマホ及びマウス片手の君たち、この僕に過剰なほどロマンを感じたよね。僕はマロンのほうが好きだけど。あまりにベタ過ぎて久しぶりの坂本(泣)。しかし、シャレにならんくらいモーレツな横風だった。年に2~3人くらい落ちてんじゃねぇのか。

予定では名古屋に戻って夕食を愉しむつもりだった。先日、CBCテレビか中京テレビのどっちかで老夫婦が営む中華料理店を放送していた。その店を訪れてみたかった。あ、スマホ及びマウス片手の君たち、この僕に過剰なほどロマンを感じたよね。僕はマカロンのほうが好きだけど。ええかげんにせえや。くどいっちゅうねん。ところがだ、モーレツな横風の恐怖で心はないけど便宜上、身も心もクタクタになった僕は蓬莱橋から徒歩1分のアピタ島田店内にある『オリーブの実』で「野菜炒め&鶏たまごとじ定食」をかき込んだ。只今、自宅で午後21時37分。パトラッシュ、もう疲れたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城のグランドスラム(現存天守・国宝・世界遺産・杉山ベスト10)の姫路城は嗚咽するほど素晴らしい

ランチの一人前が罰ゲームにしか思えないナイスなジジイ@青春18きっぱーの春がやって北の湖。Yahoo!乗換案内アプリやグーグルマップがあれば、パスポートを必要としないジャパンエリア内なら無事に目的地にたどり着くことができるいい時代だ。「しもしも、デストラーデ?」の頃には想像もつかなかったことだよね。おったまげー!で、この僕には劣るものの圧倒的な存在感を誇る姫路城。

この僕と1ミリでも関わりを持っている君たちなら「1+1=田んぼの田」レベルで常識のはずだが今一度、解説しよう。全国に現存天守は12あり、その中で国宝は5つある。リピート・アフター・ミー・カモン!姫路城・彦根城・犬山城・松本城・松江城、オウ・イェ~!さらにその中の彦根城が世界遺産を狙っているようだが、世界遺産の冠が付くと逆に香り高き珈琲に白湯を注ぐような感じでシャビシャビ感が増すからよしなよ。ただでさえ、ひこにゃんで城の価値がストップ安なんだから。

ちなみに、タイトルにあるグランドスラムと言えば4つないと「らしくない」ので杉山ベスト10をむりくり足しただけであり、さらにちなみに「嗚咽するほど素晴らしい」は、Charの『気絶するほど悩ましい』を援用している。「え?どんな曲?」「ググれ」。話を戻そう。この太い丸太を見てよ!「すっげぇ!すっげぇ!何気に間に挟まってんじゃん。すっげぇ!」とずっと興奮していた僕だが、どいつもこいつも見向きもしないで足早にスルーしていた。もったいない・・・。すっげぇのにね。

以前にもお聞きしたと思いますが「美しい石垣に頬ずりをしたいと思ったことはありませんか?」。素晴らしい扇の勾配じゃないですか。この鋭角な算木積みがたまりません。今年一番の鋭角ですな。

ちなみに、あいつもそいつも間違えているけど「天守閣」じゃなくて「天守」が正解だよ。だから、この僕の前で「天守閣」なんて言ったらぶっ飛ばすぞぉ!しかし、いいですな。人間と別れるときは悲しいどころかせいせいするけど今日の姫路城との別れは名残り惜しいよ。また近いうちに会おう!

その他にも大量に撮影したもののブログに掲載すると縦に3メートルくらいになるので様々な問題が発生する恐れがある。そのためいつもどおりGoogle Mapsにアップして終わる。その後、姫路城内にある庭園の好古園を訪れた。すると『活水軒』でこの僕に「食べてよね」と地味に地道に訴えかけるメニューがあった。それは数量限定の「いろどり活水軒官兵衛弁当」だった。午後3時に入ったのに食べることができて僕は本当に盛っているいや、持っている男だぜ。っていうか、そもそもそんなに売れてねぇんじゃねえのか。まあいい。今回だけは勘弁してやろう。真っ白でステキな一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うな昇と桜洞城と萩原諏訪城とアン・デュ・プレジールの青春@岐阜県下呂市

そのとき僕は53歳でJR岐阜駅のホームに一人きり立っていた。「東へ行こうか、それとも西か。ふ、まだ決めていないさ。そうだ、次に来る列車に飛び乗ろう」。僕は目を輝かせながら今日の僕の一日を運に任せ、天に預けた。バックパックの中には日帰り入浴セットが思いっ切り入っていたけど大和田(爆)。ハハハ、3日も前から下呂温泉に決めとったっちゅう話やがな。そう、昨日から青春18きっぱーの熱い春はスタートしたんだよ乗り鉄ベイベー。で、JR下呂駅に着くや否やサクッと『うな昇』で「上うな重」を食った僕がいた。共演者は生ビールと枝豆と梅酒のロックたち。うん、無難に美味しいし店員の応対も丁寧でOKだけどきっと再訪はないだろう。その理由は分からない。

誰も訪れないだろうスポットを一人占めするという行為は、デコレーションケーキの真上から自分の顔面を垂直に落とすことのできる権利を獲得したのと同じくらい新鮮でうれしいものだ。とは言え、火の点いたローソクだけは勘弁だよ。その歓喜を実感すべくJR飛騨萩原駅に降り立った僕だった。

うん、たしかに誰もいないどころかカラスすら寄って来ねぇぜ桜洞城。下呂市の指定史跡だったら、ちったあ雑草くらい刈ったらどうなんだ。これじゃあアオダイショウでも道に迷っちまうだろうに。

桜洞城を後にした僕は、あまりの方向オンチゆえに来た道を戻るしか元の場所に戻ることができない弘道が来た道を戻っている真っ最中に石田さんから細野敦郎に対する愚痴の電話がかかって来たので嗚咽するほどの凄まじい孤独から脱出することができた。ありがとう、僕の貴重な残念ちゃんたち。その23分後に次なる目的地に到着したが、なんてこったいトンビすら寄って来ねぇぜ萩原諏訪城。

もう大都会のお家へ帰ろう。ってことで、当然のように来た道を塗りつぶすかのように丁寧に歩いていたら駅のすぐ近くでクレープ専門店『鈴木杏樹がプレデター』いや『アン・デュ・プレジール』とめぐり会った。ここでめぐり会うのも何かの縁だろう。そして僕は期間限定の「ガトーショコラ」と愛し合った。いい一日だった。来月も同じコースを歩けと言われたら確実にキレる自信はあるけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加