完食記録一覧

(S)武生中央公園店とヨコガワ分店のボルガライスで人生のトッピングを考える@福井県越前市

そのとき僕は純度の高い糖分と密度の低い平和をこよなく愛す高圧的な54歳で一人きり北陸本線の列車に身を任せていた。当然のように青春18きっぷの権利を行使した54歳の僕だった。ところで高圧的な杉山と高血圧の弘道のどっちが短命だろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。ちなみに、血の気が多いジジイの割には僕の血圧は120~70というネタにもならない数値なの。乗り継ぎの敦賀駅のホームに高倉健よろしく立った僕は「51歳のピエール瀧ってこの先どうやって食っていくのだろうか?」と疑問形でつぶやいた。半世紀以上も生きれば初心や原点に戻るどころか1からのスタートなどあり得ない。人生にリセットやリフォームはあり得ない。もしできるとしたら今までの自分に何かをトッピングすることくらいしかない。僕はJR武生駅から18分ほど歩いた。

中央公園に段差もなく面したスタバ@武生中央公園店はとてもコンフォタブルだった。はしゃぎ回るちびっ子たちをガラス越しに眺めながらすする「ムースフォームキャラメルマキアート」は圧倒的に美味しかった。今回はミルクを豆乳に換えた。しかし、これはトッピングではなくカスタマイズだ。

ふと気付いたら1時間ほど経っていた。ストナリニのせいでウトウトしちまったぜ。スタバを出ると「ちひろの生まれた家」記念館で大いに癒された僕。その後、本店は存在しない『ヨコガワ分店』で一人きりランチを堪能した僕。しかし、これはオムライスの上にトンカツをトッピングしたわけでもカスタマイズしたわけでもない。武生界隈でこよなく愛され続けている「ボルガライス」という名のソウルフードなんだ。これでトッピングするだけでもいかに難しいかということがお分かりだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートEXの操作で凹んだ後に茶碗蒸しの銀杏の有無でうな垂れる中年時代

説明しよう、スマートEXとは超簡単にできる東海道・山陽新幹線のネット予約サービスのことだ。「これで予約すると熱海まで往復で何円くらい安くなるんかしゃん」とスマホを操作していた僕は、どうやら予約を完了しちまったらしい。「ん゛がぁー!3月20日に熱海には行かんぞ!」と涙目になりながら必死こいてキャンセルしたが、払い戻し手数料として310円も取られてしまった経験は誰にでもあるだろう。お願いだから「うんうん、あるある。どんとまいんど~♪」と言ってほしい。ミスター・パーフェクトと呼ばれているこの僕としたことが・・・。僕は誓う、JR東海の駅構内に設置されている自販機の下から310円以上の小銭を拾うことを。はい、気を取り直して前を向いて生きていきたい巻頭文はここまでです。ふと「子どもから大人になったと自覚する事件や出来事っていったい何があるだろう?」と思いながら岐阜タカシマヤの11階にある『みわ屋』でいつもの如くタカシマヤ友の会カードの権利を行使しまくり「春の山菜天ぷらと飛騨牛御膳」を食った僕がいた。

僕が思うに銀杏ではなかろうか。幼い頃はゴミ同然だった銀杏が、大人になると異常に恋しくなる。茶碗蒸しに銀杏が入っていると「ちッ」と舌打ちをした少年時代、入っていないと「はぁあ゛~」とうな垂れる中年時代。今日の僕は後者だった。はぁあ゛~。はい、スマートEXの予約は慎重にね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街並みもステキな龍野城とエデンの東の薄味のパスタ@兵庫県たつの市

確実に米原駅で34分間の休憩を挟んだにも関わらずそれから約1時間後の大阪駅の手前でほぼほぼ満タンとなった。しかし、努力と根性でそのままあと1時間ほど耐えて姫路駅まで持ちこたえた僕を全力で抱きしめてほしい。はい、これはナイスなシニアのレジェンドな尿意のことだよ。JR東海は何気に快適だけどJR西日本の列車に乗ると生徒が急に増えたために突貫工事で建てた藍川中学校のプレハブ校舎のように夏、暑くて冬、寒い。秋が大好物の僕は、青春18きっぷで龍野城を攻めた。

思っていたより5倍以上もキレイだったJR本竜野駅から徒歩22分でたどり着いた龍野城。当然、城も素晴らしいが、そこに至る街並みもかなりの小京都っぷりでこれまた思っていたより楽しめた。

この地域はそうめんの揖保乃糸が有名なので『エデンの東』で同じ麺系のパスタを食った。なかなか雰囲気のあるカフェだったが、田舎のそれによくあるように僕以外、地元の常連客で賑わっていた。自分で言うのも何だが、最悪な性格以上に旅先での食運がその数倍も最悪な僕。修行が足りませぬ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)松阪川井店と8年前に思いを馳せながらカフェテラスオレンジで海への憧憬@三重県松阪市・鳥羽市

それまでも毎年のように頻繁に訪れていた僕だが、8年前の今日も次女と一緒にそこを訪れていた。僕の聖地でもある鳥羽水族館を堪能した後に赤福で優雅に一服していると警報が鳴り、日帰り散策が戸田家での一泊旅行となった。それ以来、昨日も今日も生かさせていただいている感謝を込めて毎年3月11日前後には必ず鳥羽を訪れている僕がいる。だから僕は、そーいう男なんだ。で、その前にせっかくなので途中下車してスタバ@松阪川井店を訪れた。ほら、僕って青春18きっぱーだから。

松阪駅から徒歩で往復1時間も掛けてスタバを満喫するその意義をこの僕に教えてほしい。摂取したカロリーの倍以上もエネルギーを消費したぜ。鳥羽に着いた。あの日もこの海を静かに眺めていた。

僕の聖地でもある鳥羽水族館をスルーして『カフェテラスオレンジ』を訪れると快晴の海を臨む席でなぜか海に限らず山の旅先でも定番の海鮮丼には飽きたので熱々の「シーフードドリア」を食べた。

ご先祖様、今日もありがとうございます。僕はそうつぶやくと帰路に就いた。すると、あろうことか名古屋駅で岐阜行きの列車を待っていた僕の福耳に岡崎辺りで人との接触事故があって列車が運転を見合わせているという音声が入ってきた。ご先祖様、眠気が吹っ飛ぶ試練をありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かるび庵の焼肉で「その管を抜くな!」を説くということ@岐阜県本巣郡

この僕の喜びっぷりをチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。ハハハ、過剰に溺愛している愛車のドリーム号のプチ整形が無事に終わって戻ってきたんだ。とは言っても、昨年のお盆休みから5回くらいしか運転していないけど。今日もしていないし。まあいい。そのお祝いを兼ねて北方町のかるび庵で焼肉を堪能した杉山家だった。ハンバーグなどではなく、久しぶりにザ・肉をむさぼると僕の中の封印されていたオスの部分が一気呵成に脂ギッシュになるかと思いきや、さっきから胃痛が止まりませんがね。もうオスうんぬん以前にヒトとしてダメかもしれない。その席で人工透析治療を中止して患者を死亡させた病院の話になった。目の前にはロースやハラミなのに・・・。終末医療の定義は1ミリも知らないが、僕はムダな延命治療は望まない。ただ、絶対に自分から命を絶つことはあり得ない。他人から非難されようが無視されようが罵倒されようが木曜日の生ゴミ扱いされようが地べたを這いつくばってでも1分でも1秒でも粘って生きてやる。人生に勝ち負けがあるとしたら、生きたもん勝ち。だから万が一、パパが入院して全身がコブクロのようなチューブだらけになってもお前たちが勝手に決めて勝手に抜くな。そんな話をしながら食ったホルモンの味はそれなりだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

びっくりドンキー岐南店で結衣&莉子とハードボイルド・ジジイの愛ある撤退@岐阜県羽島郡

「サントリーからモニター募集のお知らせ」と「テリトリーから漏れたボスたちは幸せ」は似ている似ていないの問題ではなく引用したキャッチ自体が強引すぎてちょっち引く。このところ残業続きでお疲れ気味の婿さんをいたわるべくランチに出掛けた。だから僕は、そーいう男なんだ。そこでだ、お疲れ気味の婿さんに「何が食いたい?」と尋ねると「肉です」とのことだったので前回とまったく同じくびっくりドンキー岐南店にオープンと同時に1番で左足から入った僕たちだった。ま、本当はいきなりステーキがよかったっぽかったが、それだと僕が何も食べられないから僕が可哀想だよね。大切な娘婿より自分のことを優先するゲスの極みの義父。だから僕は、そーいう男なんだ。ハハハ、今日も何気にいい感じで悪態の限りを尽くしながらも「またまたぁ~、そうは言ってもきっと優しいステキなお義父さんなんでしょうね。ふふふ」という美しい勘違いを全力で期待している僕がいる。

満腹のジジイは1077円のジョッキパフェを1ミリも口にすることができなかった。チクショー!ってことで、その帰りに近くのバローで3時のおやつを買ったはいいが、パジャマにジャパニーズ・ビーチサンダルという粋な格好が誤解を招いたのか周りの客たちは一気に引いちまった哀川(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ昼間のサイゼリヤで心豊かに生きる方法

魂(たましい)と塊(かたまり)は明日の一卵性双生児のように似ている。「心のない杉山さんでも魂はあるのでしょうか?」。知らんがな。念のために言っておくが、僕が僕のことを「心がない」と言うのはOKだが赤の他人から言われると2リットルくらいの殺意が込み上げてくるのは仕方ない。そして、サイゼリヤの味がそこそこなのも仕方ない。うん、さすがに毎週のように続けてサイゼると山椒とローズマリーの違いも分からない致命的な味覚オンチの僕でも飽きてくる。ふ、サイゼリヤ、サイゼるとき、サイゼれば、あなたってサイゼリヤは・・・。そこでだ、心のないこの僕が心豊かに生きる方法を酔った勢いで教えてあげよう。いくら学校帰りの高校生で満席になるくらい安いからと言って最低限のテイストは望みたい。バカ。そんなことをサイゼリヤに求めるから心豊かな人生から遠ざかってしまうんだ。何かを求める君たちがいる。求めた結果が予想を上回ると喜ぶが、その逆に下回ると凹む。だよね?何かを求めるからその差異に一喜一憂する。何も求めなきゃほぼ心豊かだ。

だから、そんなことはどーでもいいんです。その後、横しまな男の弘道は『敷島珈琲店岐阜駅店』で神秘的なモンブランを熱い珈琲で地道に押し流した。今まさに、白ワインと栗たちのマリアージュ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あえて「空気を読まない」という心地良さ

昔々、あるセミナーにお付き合いで参加した際に講師から「日本で一番高い山は富士山ですが、では二番目に高い山は何という山かご存知ですか?」と尋ねられたので「山梨県の北岳ですね」と1秒で即答したら講師は「・・・」と3~4秒ほど黙ってしまった。どうやら1番は誰でも知っているが、2番は誰も知らない。「銀メダルも快挙ではあるけど金メダルじゃないと何の意味も価値もない」というベタな講釈を垂れたかったのだろう。今、思えば「火山ではない山としては日本で一番高い」と続けて言わなくて本当に良かったとつくづく安堵している僕がいる。1円にもならん博識野郎の僕をなめちゃいけないよ。今日は玄関から一歩も出ないつもりだったが、長女が「おなかが空いたねぇ♪結衣ちゃん、莉子ちゃん」と大きな声を出しながらやって来たので仕方なく『とろ一挑』に行った。

ほら、ご覧。ランチの「華握りセット」だよ。では、そろそろ今日の〆に入ろう。上記のセミナーの件のように「なるほど、きっとそういうことなんだな」と全部お見通しの上であえて空気を読まない楽しみ方もある。多少の敵は増えるが、空気を読める者にしかできない高尚な遊びのひとつだろう。だとすれば、長女の「おなかが」作戦は空気どころか人のフトコロまで読める生きる術に違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕とケイコの乾いた27分間 by She’s Rain風

平成最後の確定申告をサッサと済ませた僕は、どの足?この足?千鳥足?その足で岐阜駅構内にあるドトールコーヒーを訪れた。正統派スターバッカーの弘道からすれば邪道だね。これを分かりやすく例えれば、時間を持て余した京都人が安い気晴らしに滋賀県へ冷やかしに行くような感じだろうか。「ふざけるな!今日にでも琵琶湖の水を止めるぞ」「大変どすなぁ。せえぜえ、おきばりやすぅ」。本気でスタバが嫌いになりそうだ。温厚なこの僕でもさすがに腹が立ってきた。ま、気を取り直して「青森県産りんごのシブースト」を3個のマシュマロが入った「ジンジャーほうじ茶ラテ」と一緒に舌先で愛撫したものの残念だった。ほら、ご覧。アンニュイな空間に寂し気な後ろ姿はケイコだよ。

こういうシチュエーションで登場する女性の名前はカタカナでケイコとしておけばまず間違いない。その気になって探せば『日本書紀』の89ページの前から5行目あたりにそう書いてある。だから、その気になりなよ。もっと本気を出しなよ。僕が想像するに、中上健次っぽい短編集でも読んでいたケイコは僕が食べ終わる頃には9センチほど背が伸びていた。その12分後、おもむろに席を立ったケイコはお笑い芸人の光浦靖子に激似だった。まあまあ、これはあれでそれなりにいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年『青春18きっぷ@春の陣』の幕開けだよ

今日から販売が始まった。これを正しい日本語で言うとジジイでも愛と青春の18きっぷの発売日。ハハハ、販売と発売はちょっぴり意味合いが違うよね。とにかく最高にご機嫌だぜ。さぁ、この春は鉄分豊富な一人旅で磯が死んだ状態になる予定は確定。今のところ日生(ひなせ)界隈(岡山県)、武生(たけふ)界隈(福井県)、来はります?(京都府)、一泊で新宮方面(和歌山県)の予定だ。ちなみに、福井と京都の目的はスタバだけ大和田(爆)。今回の中で最もハードなのが日生だろう。「カキオコ」と呼ばれる名物のカキ入りお好み焼きを食べるためだけに往復約9時間の日帰り旅さ。滞在時間は2時間。う~ん、おいらには洋菓子のマロンと一人旅のロマンが吐くほどお似合いだね。100%後悔することは分かっているのにあえて挑戦するジジイのやんちゃぶりを氷のような冷たい視線のレーザービームで見下してほしい。では、そろそろ今日の〆に入ろう。サイゼリヤの隣の隣に位置する『IPPUDO RAMEN EXPRESS』でよく冷えた生ビールを飲みながら「とんこつラーメン」をすすった僕は「チャーシューまぶしごはん」を完食するのに必死だった。僕にBセットはほぼ拷問。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加