完食記録一覧

大好きだけど決して住みたくはない醒井と長濱浪漫ビールとロマン亭@滋賀県米原市・長浜市

今日は金曜日だね。どうしてそれが分かったかと言うと毎週金曜日に見事に現れる空き缶おじさんと遭遇したからだよ。彼については明日、詳しく話そう。ってことで、急に長浜方面に行きたくなった僕がいた。こよなく愛している真っ最中の長浜。その前に途中下車して醒井(さめがい)に寄った。いいですねぇ、宿場町の醒井も。郡上八幡と言い醒井と言い、水がキレイなところはすっげぇいい。しかもザ・観光の目玉ではなく、このように地域住民の暮らしに欠かせないスポットはさらにいい。ま、固定資産税と市県民税をタダにしてもらっても住みたいとは思わないけど。それくらい大好き。

モーレツな快晴の下、醒井界隈を1時間以上も歩き回ったので27回くらい激しいクシャミが出た。僕って中学生の頃から太陽光アレルギーなんだよね。だから、炎天下で砂埃や塵が舞う最悪な環境の体育大会を休みたいと言ったのに先生をはじめ大人たちは誰も僕のことを分かっちゃくれなかった。ま、時効だな。そして今、僕は『長濱浪漫ビール』で当時の大人たちをあざ笑いながら飲んでいる。

ほら、ご覧。左上からセイコーの時計回りに「チャンジャのクリームチーズ和え」と追加の地ビール「長濱IPAスペシャル」と「手作り焼きカレー」と「タンドリーチキン」だよ。ちなみに、注文の順番とは異なります。ハハハ、どっちにしても途中からお値打ちな修行か罰ゲームに思えてきたぜ。

当時の安い公務員や大人たちのせいでわざわざお金を払ってムダに満腹になっちまったと怒り心頭に発しまくりながら長浜界隈を歩いた。いつもどおり大通寺でボーっとした後に雰囲気がマーベラスな『珈琲院ロマン亭』でブルーベリーのケーキを「アジアの女王」という名のブレンド珈琲で愛した。案の定、ちょっちお腹が痛くなって焦ったものの、それは生きている証拠で今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五稜郭と市立函館博物館と千秋庵総本家とレストランヨシヤ@北海道函館市

朝、雨もまた風情。むしろ小雨が悠久の歴史をこの僕の前にステキに漂わせているようにも思えた。まったくマーベラスじゃないか。五稜郭の箱館奉行所だが、これで何回目となるかしら。猫も杓子も真正面から撮影しているので僕は真裏から激写した。垣間見える背景の五稜郭タワーがいい感じだ。

人生、裏街道を突き進むべく、裏に興味がある僕は裏門橋を渡った。これまた人っ子一人いやしない独占状態だった。そこらの安い観光客たちとは明らかに目線と視点が異なる僕は偉大で立派だった。

実は五稜郭に向かう前にすぐ隣の道立函館美術館を訪れた僕だが、それがあまりにしょぼかったので僕のブログに載せることもはばかられるくらいだった。ところが、この市立函館博物館はそれなりに楽しかった。この辺りは『ブラタモリ』で見て少し知っていたのでゆっくり歩いてそれも楽しんだ。

その後、宝来町で市電を降りるとすぐの『千秋庵総本家』を訪ねた僕。その佇まいからして国宝級に素晴らしいですな。引っ掛かりながらもガラガラと引き戸を開けると笑顔の女性店員がそこにいた。

「ん?この時計って生きてんのかよ?」と思いながらも「どら焼き」や「函館散歩」などを買った。ずっと前から一度、この店を訪れたかった僕は100%目標が達成できて間違いなくステキすぎた。

しかし、JRの室蘭本線では使えなかったSuicaが函館の市電では当たり前に使えるのはこれいかに。とにかく1日乗車券を買った僕は無敵で7回ほど乗りまくったった。終点の函館どつく前で降りると『レストランヨシヤ』で「中エビフライとハンバーグ定食」を食べた僕はすっごくハッピーだった。おそらくそれはイチローの野球人生とほぼ同じくらいすっごくハッピーだったにほぼほぼ違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地球岬と母恋駅とシスコライスと(S)函館ベイサイド店@北海道室蘭市・函館市

2時46分に起きた僕は、朝っぱらからホテルの近くのセイコーマートで買ったパンを食べてムダに満腹になった。それから熱い湯で丁寧に髭を剃ると急に睡魔が襲ってきた。ジジイの体は面倒臭ぇ。

とにかく終着駅には物語があって確実にいい。JR室蘭駅前からバスに乗ると地球岬団地で降りた。210円だった。辺りを見渡した僕は「こんなところにも暮らしている人がござる」とつぶやいた。

事前に調べたところバス停から地球岬までは徒歩で15分程度と書かれていた。それくらいだったら余裕だろうと歩き始めたのはいいものの、ビミョーな勾配が地味に地道に弘道の老体に効いてきた。

周りには人っ子一人いやしないし孤独と疲労で胃液がいい感じに込み上げてきたその刹那に目の前に金屏風が現れた。ハハハ、疲れも吹っ飛ぶってもんだぜ。実際には1ミリも吹っ飛ばんかったけど。

数分後、やっと地球岬にたどり着いた。晴れでも雨でも曇りでも最高だろう。うれしいと言うよりもここまで来たという達成感のほうが大きかった。想像してご覧、来た道をまた引き返す僕の苦労を。

重力に任せたら思いのほかスムーズに坂道を下った。途中、2回くらい転んだけど。鉄男や鉄子にはお馴染みの母恋駅は趣があってまったりできた。この駅名でふと思い出したのだが、弘道君の実母はまだご存命なのだろうか。何もしちゃいないのに勘当されてから20年近くも音信不通の僕がいる。

特急スーパー北斗10号で函館駅へと向かった。指定席はほぼ満席で通路側しか空いていなかった。ま、それは仕方ないとして窓側に座っているなら1秒も眠らずに瞳孔が開くまで車窓を眺めろよな。ひどい奴になるとカーテンまで閉めてやがった。いい感じに文句を垂れていたらホテルに到着した。

お空もピーカンになったことだし八幡坂を訪れた僕は、本当はここを僕が見事に転がっている動画をYouTubeにアップしたかったのだが、いかんせん孤独の孤の字の一人旅ゆえに誰も撮ってくれない。仕方ないからそこのデブ、左側を歩くそこのデブだよ。サッサと転がれ!と念じたけど無理だった。

八幡坂を58秒くらい転がった辺りにある『カリフォルニア・ベイビー』の名物料理である「シスコライス」を食べた。山盛りのバターライスの上にグリルした2本のソーセージがONしており、その山頂からてんこ盛りのミートソースがかかった名物料理だよ。明日の胃痛を覚悟でスプーンを進めるこの僕の勇気を全力で褒めてほしい。完食はあきらめていたが、頑張れば何でもできるもんだよね。

死なんかったけど死ぬほど満腹になった。令和時代の第1号となる記念すべきスタバに選ばれたのは函館ベイサイド店だった。2階のテラスで「コールドブリューライム」及び「珈琲ゼリーケーキ」を満喫しようと思った僕だが、明らかに安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちのせいで僕の気分は名城大学にも合格できない偏差値47レベルだった。ウミドリに頭から食われちまえ!と合掌した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Suicaが使えない室蘭本線と味しんの焼きそば@北海道室蘭市

はい、北海道は室蘭市を左足から訪れた腰痛に苦しむ僕がいた。生まれて初めての室蘭だが、鳳蘭と伊藤蘭以外で「蘭」という美しい文字を僕の汚いブログに載せる日が来るとは実に感慨深いものだ。

室蘭本線ではSuicaが使えないだと!?車が自動運転を行う今の時代に苫小牧から室蘭までの間ではSuicaが使えないらしい。いきなり出鼻をくじかれて完全無欠のシナリオが音を立てて崩れちまった。

窓を閉めても盛りのついた猫が鳴いているような風音が一晩中していた。これには困った僕だった。顔を洗おうと浴室に入るや否や排水口からドブのようなニオイが漂った。これには困った僕だった。

ホテルの近くの『味しん』で「焼きそば」を食べた。ふと周りを見渡すと多くの客が食べていたので僕も郷に従って食べた。もちもちで美味しかったのはいいが「どうして僕は室蘭までお越しになって800円の鉄板焼きそばを食べているのだろうか?」と疑問に思った。が、美味しかったから許す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一番安い100円の巨大な玉ネギを3個も食べれば満腹になる安上がりの法則

風が吹けば桶屋は儲かるが損保会社は困る。ドライブを快適にすればタイヤは売れるがジジイたちの逆走も増える。何れにせよ損保会社は焦る。先日、東海三県の『ミシュランガイド』が発表された。大爆笑だよね。あれってフランスくんだりのタイヤの会社だよ。だったらメード・イン・ジャパンのブリヂストンも発表してみたらどうなんだ。まあいい。聞くところによるとコマンタレブーの連中が評価するのはあくまでも皿の上の料理だけのようだね。店内の雰囲気や内装のデザイン、スタッフの接客&態度などは一切、関係ないとのこと。ほう、そもそもボーっとお口を開けながら柳ヶ瀬界隈を徘徊している岐阜市民に繊細な味の違いなど因数分解以上に分かりっこないだろう。店内の雰囲気やスタッフの態度のほうが間違いなく消費者に影響を及ぼすと思うがいかがなものか。そんなこんなで次女と岐阜横丁の中にある串カツ田中でコマンタレブーの覆面調査員よろしく密かに審査したった。ミシュランガイドでは5000円以下で楽しめる店を「ビブグルマン」というカテゴリに入れるが、この店は見栄と欲の権化であるそこらのババアたちの「デブグルマン」に相応しいだろう。ハハハ、最大級の賛辞だよ。チンチロリンでゾロ目が出て角ハイボールが無料になったぜ。僕って持ってる♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今は亡き范文雀を思い出しながら食って飲んですすったココスの午後3時

ネットサ~フィンを楽しんでいた僕は「ガストにでも行ってみるか」と思い立ったにもかかわらず、こうしてココス北一色店でまったりしているのはなぜだ?はい、今日は9日だから出席番号24番の松田、答えてみろ。え゛ー!何で24番なんですかぁ!?そう、学校、それは言い表し難い理不尽をイソジンに浸して竹本孝之の『てれてZin Zin』を聴かされながら『サインはV』の牧コーチ役である中山仁のスパイクでしばきあげられる生き地獄だ。はい、ジンでくくってみました。僕のボケ防止にお付き合いいただきまして本当にありがとうございます。ボケ防止のためだけにブログを書いている僕だけど書けば書くほどボケが進行しそうな今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。では、肝心の答えの発表です。それはガストが分煙だったから。今どきタバコが吸えるファミリーレストランなど愚の骨頂だよね。そのため同じカテゴリに属するココスをググったら完全禁煙だったので「ココス、君に決めた!」と思わず叫んだ僕がいた。う~ん、ガストのハッピーアワーは何気に魅力だったのに残念ちゃん。ココスの感想はザ・フツーだったが、びっくりドンキーよりはちとマシかもしれない。

せっかくなのでヘーゼルナッツアイスが載った「カスタードクリームブリュレ」もいただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空前絶後の大型連休の10分の2日目の過ごし方:岐阜駅界隈を歩く

ただでさえ狭いっちゅうのに年齢を重ねるごとにさらに肩幅が狭く退化しまくりショルダーバッグは当然のことバックパックまで左肩から外れることはありませんか。僕は日常茶飯事です。午前9時、オープンと同時に岐阜駅構内にある『あんカフェ養老軒』で熱いお茶をすすりながら「あんみつ」を確実に満喫した。今朝は4時8分から起きているのでこれはほぼ3時のおやつのようなものだった。いつも思うのだが、ぜんざいなどの和の甘味を店で食べる際に塩昆布も付いてくるのはなぜだろう。ほら、ご覧。白い小皿に入っているのは『オバケのQ太郎』に登場するいつもラーメンを食べている小池さんの髪の毛ではないんだよ。それが塩昆布さ。ちなみに、この僕が12年と4か月前に見事に描き切った【カモ~ン!Mr.小池】だよ。だから、そんなことはどーでもいいんです。そんなこんなで今日も「塩昆布はお口直しにどうぞ」という立て札まであった。せっかくお口の中が圧倒的な糖分でパラダイスなのにわざわざ塩分で中和させるその意味が分からない。その後、ヴィ・ド・フランスでパンを買ったり駅前の清水緑地で鳩と会話をしたりして強引に時間を潰した。今日の晩ご飯は昨晩の残り物のアサリご飯のチャーハンだ。今日もいい一日だった。きっと明日もいい一日にしてみせる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中流階級層がこよなく愛す茶色いから揚げと青空に映えるリバーサイドのフジ

全国7562万人の中流階級のみなさん、から揚げ食ってますかぁーッ!から揚げを食えばそのうち上流階級にグレードアップできる。んなこたあない。一見、すべてにおいてパーフェクトなシニアに見えてしまうこの僕に100%不足しているものは誠実さと思いやりと根気と贅肉だ。贅肉、それは贅沢な肉のこと。はい、本来ならば今日の僕は羽島くんだりまで行って樹齢300年以上といわれる竹鼻別院のフジを見ながらみそぎ団子を食って毒でも吐きまくろうと思いきや、朝っぱらから小雨が降ると大嫌いな雷まで鳴りやがったので縁起が悪いからとやめにした。ガラッと気分を変えて贅肉を付けるべく杉山がからやま岐阜入舟町店で「からたま丼」を一生懸命に食った。う~ん、スタッフの動線がグチャグチャで行き当たりばったりに動いているっぽくて客数の割にバタバタと慌しかった。それに僕、もともとから揚げが言うほど好きじゃないし大和田(爆)。ゆえにほぼほぼ再訪はない。

とは言え、昨日からフジを満喫するモードだった僕は、お隣のシャトレーゼで3時のおやつを買うと油絵に描いたような中流階級層が暮らす新荒田川沿いに咲くフジを眺めた。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦わない戦士の休息:長濱浪漫ビールと叶匠壽庵の森の華やぎ@滋賀県長浜市

4日前、止ん事無い事情により滋賀県の長浜を訪れることを断念した僕だが今日、見事に達成した。これを不言実行と言う。君たちは有言実行だね。ハハハ、そもそも有言実行という言葉はないんだ。それは不言実行をもじって作られた新語だぜぇ。言ったとおりに事を成すより文句や理屈を1ミリも言わずに黙って淡々と実行するほうが立派っちゅう話やがな。そんなことより『長濱浪漫ビール』にオープンの約2分前に1番で左足から入った僕。ほぼ17分間ほどほぼ貸し切り状態でほぼご満悦。

サラダを食ってチキン野郎がチキンを食って「NHKの近江ちゃんは元気かな?」とつぶやきながら近江牛のサイコロステーキっぽいのを食って地ビールを飲んだその後に界隈で牛まんもむさぼった。

大好きな大通寺でボーっと山門を眺めながら時間を過ごし空間をさまよっていた僕の福耳に「ねぇ、そろそろ糖分の補給が必要だよ」と崇高なるお声が聞こえた。そんな気がした僕がいた。仕方ない。叶匠壽庵のカフェで「森の華やぎ」という洋菓子を堪能した。どう考えても今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和時代も杉山家とその周辺の者たちがハッピー&ラッキーならばそれでいい

ふぅ・・・、本気で死ぬかと思った僕だった。それについては48秒後に話そう。4月はお祝い事が3つも重なりそれぞれ祝っていたらキリがないしこっちの資金繰りも大変なのでまとめて祝うことに僕が決めた。どうせお支払いは僕なんだから。そこで、毎年恒例の「杉山家とその周辺の者たち合同クリスマス&忘年会」でお世話になっているホテルパークの日帰りプランを最大限に利用して全員でハッピーを共有することに僕が決めた。お支払いは僕なんだから不平不満を言われる筋合いはない。ほら、ご覧。〆のケーキに3つのお祝い事を書いた3枚のプレートをこれ見よがしにトッピングした僕の粋な計らいっぷりはステキだね。ちなみに、1枚は無料だけどあとの2枚は1枚につき108円(税込み)だった。満腹になった後、いつものように貸し切り状態の露天風呂に首まで浸かりながら岐阜城を眺め、そして長良川を臨んだ。すると、サーッとB型の血の気が引いてめまいが勃発した。と同時に真夏の炎天下に2か月間ほど放置された牛乳を飲んだ1時間半後のような腹痛も勃発した。目の前の長良川が三途の川に見えた。いいかい、マジで。渡っちゃダメだ。あっちは鬼門の川北だ。その後、30分間ほどトイレが僕の書斎代わりとなった。ただでさえ脂っぽい顔面から大量の脂汗は出るわ吐きそうになるわでそりゃもう大騒ぎさ。で、しばらくロビーのソファに真っ青な顔で地味に倒れていたら簡単に全快した。何だったんだ?金華山の新種の動物霊が期間限定で襲って来たのか?まあいい。とにかく3つのお祝い事を滞りなくパーッと楽しく祝えたゆえに今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加