完食記録一覧

岐阜バスの昼得きっぷの権利を行使して刃物と鰻の町を歩いた僕@岐阜県関市

名匠・関の孫六をなめるなよ、この野郎。あの貝印もそのフェザーもここから始まった。関市だよ。青空に映える関善光寺もステキだったし全国から訪れまくる『辻屋』の鰻丼はボリューム満点で僕も大満足だった。関春日神社のそこはかとない荘厳さに見惚れた僕。予定にはなかったけれどふらっと左足から訪れた昭和がてんこ盛りのフェザーミュージアムがグッジョブの動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]関善光寺,辻屋,関春日神社,フェザーミュージアム,濃州関所茶屋


ぎふ町旅シリーズ第9弾@松屋町

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第9弾は松屋町だよ。一昨日の【伊奈波通】と隣接する松屋町は止ん事無い事情の第三者からご依頼があって散策した。こんな僕を全力で抱きしめてほしい。ワープチケッツを利用して白木町の『高松家手打うどん店』で「みそ煮込みうどん」をすすった。その後に『左岸』で熱い珈琲もすすろうと思いきや・・・。新コロのバカ野郎と本気で憤った動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]高松家手打うどん店,左岸


ぎふ町旅シリーズ第8弾@伊奈波通

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第8弾は伊奈波通だよ。完璧に伊奈波神社のためにあるような町割っぽい。凛とした優美な雰囲気がステキだ。伊奈波神社を丁重に参った後に大将の性格が偏差値75レベルで素晴らしい『福丸』でたい焼きをかじった。でもって『あじろ亭』でハヤシライスを食べた後に再び福丸を訪れて大粒の梅が入ったかき氷を満喫した。殺人的な暑さと闘った動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]伊奈波神社,あじろ亭,薄皮たいやき福丸


こだわりとクセが強い頑固な町をのんびりまったり味わった僕@岐阜県本巣郡

岐阜県本巣郡の唯一の町である北方町。サッサと隣接するプチ大都会の岐阜市と合体すればいいのに頑固なんだから・・・。それくらいこだわりがありクセが強い北方町をふらっと散策した僕だった。大好物の『焼肉のかるび庵』で確実にお値打ちなランチを堪能するとオープンしたばっかのスタバでショートサイズのホットのソイラテをのんびりまったりすすってご満悦の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]焼肉のかるび庵,スタバ本巣北方店,アピタ北方店


生まれ故郷のうだつの上がる町並みを舐めるように散策した僕@岐阜県美濃市

1964年に僕が誕生しちまった美濃町。ここでは美濃市ではなく美濃町と呼ぼう。そんな懐かしい生まれ故郷のうだつの上がる町並みをいい年こいてうだつが上がらないどころか肩も上がらない僕が何気に散策した。『山水本店』でビールを飲みながら腹を満たし『茶房とみや』で上品な女将さんを満喫した。ウソぴょん。しかし、美濃町は本当にいい所だねぇ。決して住みたいとは思わないけど。うだつコロッケが絶品の『喜楽精肉店』のとーるちゃんにお世話になった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]旧名鉄美濃駅舎,喜楽精肉店,小坂酒造場,山水本店,うだつの上がる町並み,旧今井家住宅・美濃史料館,美濃和紙あかりアート館,願念寺,茶房とみや


艶やかなる国宝の天守を濃厚な抹茶をすすりながら味わった僕@滋賀県彦根市

琵琶湖を取り囲むように点在する名城の宝庫でもあり日帰りで十分に楽しめる風光明媚な地域ゆえに大好物である滋賀県。その中でも長浜と彦根は双璧だね。ってことで、今回は後者の彦根を訪れると『うなぎや源内』で小腹を満たし『Gelateria Azzurro』でアップルパイと熱い珈琲を堪能した直後にメインディッシュの彦根城を攻めた僕だった。優美な玄宮園の中にある鳳翔台では実にまったりしたステキな時間を満喫することができてご満悦。確実に何度も訪れたくなる動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]うなぎや源内,Gelateria Azzurro,彦根城,玄宮園,鳳翔台,島円


期間限定メニューに当たりなし2

モスバーガーの新商品のCMを見るや否や「これも何かのご縁だろうからお付き合いしてあげる」とこれ見よがしに善人ぶった大義名分の下、さっそく岐阜駅構内にあるモスバーガーまで出掛けた僕。こういうときだけ行動力を徹底的に発揮する僕ってフシギバナ→フシギソウ→フシギダネ。ハハハ、退化してるね。はい、これが期間限定の「海老カツ・オマールソース」だよ。やめときゃよかった。


常滑界隈を散策することもなくイオンモールだけを満喫した僕@愛知県常滑市

ひ、飛行機に乗りてぇ~!はい、欲求不満がてんこ盛りの巻頭文はここまでです。リッチでセレブなホテルステイをエンジョイしまくった僕は、焼き物で有名な常滑界隈を散策することもなく、近くのイオンモール常滑へと直行すると食って飲んで(ノンアルコール飲料)それなりに時間を過ごした。とりあえず一泊することができて安堵している動画の[12:28]から2日目です。では、また次回。

[動画内検索タグ]イオンモール常滑,漁港めし家 牧原鮮魚店,タリーズコーヒー


「飛ばねぇ僕はただの豚だ」ってことで、共食いしちまった僕@愛知県常滑市

(飛行機に乗りたい+遠方に行けない)×所持金が少ない=セントレアに泊まろう。何てよくできた方程式だこと。ひょっとしたら僕って理系かも知れない。ハハハ、今回は飛行機に乗ることもなく、どこか遠方の地を訪れることもできず、ただホテルに一泊するだけの一人旅だ。だが、レストランのほぼ3分の2が休業中となっていた。「飛ばねぇ僕はただの豚だ」という動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]中部国際空港,セントレア,矢場とん,スタバ,Beecher’s Handmade Cheese,中部国際空港セントレアホテル


だったらわざわざ岐阜タカシマヤまで行っていなかった

ハッキリしない天気に腹が立って空を見上げながら「ふん!」と歯を食いしばったら「ゴキッ!」と鈍い音がして「えっ!まさか!?」と焦った経験はありませんか?8時間14分前の僕はあります。危なかったぜ。何の解決にもならないどころか下手をすると多額の出費につながる危険性があるためムダに無意味に無分別に歯を食いしばるのはやめましょう。ってことで、この曇り空のように陰鬱ですっげぇ湿った気分をパーッと晴らすべくエアーがパンパンのクリーム号で岐阜タカシマヤに行くとタカシマヤ友の会カードの権利を行使して11階にあるの『みわ屋』であまり好きではない「飛騨牛ひつまぶし(ロース)」を食べた僕。そんなことよりアルコールって真っ昼間でもNGだったっけ?てっきり夜の部だけの取り決めと思っていた僕には花紀(驚)だった。まあいい。では、また明日。