完食記録一覧

宝塚界隈と梵天の蓮ごはんセットと中山寺とスタバ中山寺店@兵庫県宝塚市

やっと涼しくなったぜ。秋晴れってステキだね。こうなるとぷらっと出掛けたくなって体がウズウズタイガー・ウッズ状態になってうずきまくりきんとん。そんなこんなで久しぶりに青春18きっぷの出番となった。宝塚だよ。3時間ちょいの距離だから岐阜市と合併したらどうなんだ。華はないけど花粉症歴40有余年の弘道が花のみちを歩いていたら物理的に体が硬そうなカップルが踊っていた。

ちょいと気になって手塚治虫記念館を訪れたが、少しも楽しめなかった。その原因を分析した結果、そもそも手塚治虫作品は『ブラック・ジャック』をせいぜい8ページ分しか読んでいなかったという驚愕の事実を発見した。学生の僕が好んで読んでいたのは『ジャングルの王者ターちゃん』だった。

ほら、ご覧。宝塚大劇場と阪急電鉄と武庫川の三位一体、もっと言えば宝塚の三種の神器と言っても過言ではなかろう。いいですねぇ、城とアーケード街と革と川フェチな僕がいる。この三位一体は、たまたま入った秘境の喫茶店で偶然に見付けたランチタイムのミックスフライ定食に値するだろう。

その後、宝塚駅から一駅戻った中山寺駅で降りて今回の主たる目的であるところの中山寺を訪れた。中山寺は聖徳太子が建立したとされる寺院であり日本で最初の観音霊場でもあるとのこと。思うに、聖徳太子も小野妹子も男性だが卑弥呼は女性だ。ならば、ジャスコとパルコはどっちなのだろうか?君たちね、そんなことより中山寺を散策する前に境内の『梵天』で「蓮ごはんセット」を堪能した。

ここは地元では「中山さん」と親しみを込めて呼ばれているらしいが一昨日、このブログに登場した僕の友人も中山さんだ。共通点は、どちらも原色系の派手好み?というところかしら大和田(爆)。

今日は一日中、圧倒的に歩き回ったのに一滴も汗をかかなかった。大変申し訳ありません。案の定、ウソをついておりました。ちったあ汗はかいたもののコンフォタブルな風と気で身も身も癒された。今のところ心がないので身のダブルです。中山さんを後にした僕は、スタバ@中山寺店で愛し合った「抹茶スモアフラペチーノ」に感激した。しかし、寺の境内の茶店とスタバではビールは飲めない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

常連以上ほぼお得意様未満の焦燥

全国的にお盆だからと別に呼んでもいないのに身内が集まった。約半分は血のつながりはないけど。多くの場合、このようなシチュエーションでは嫌でも食事に出掛けるだろう。ってことで、こっちは常連以上ほぼお得意様未満として認識されているつもりのいつもお店を訪れた。オぅマイガ~ッド!あ~んどアンビリーバボぉーうぃずガッテム!さすがにお盆期間だからとお値打ちなランチセットはNGだった。ぼ、ぼ、僕が財布君なんだよ。ランチセットに付いているうどんで胃袋を満たす定跡の一手が使えない。案の定、レジのデジタル表示は目を覆いたくなるような数字だった。思うのだが、こんな忙しい日にこそ我々のような偏差値68レベルの顔なじみの客にはよくしたほうがいいよね。今日は効率の良いお持ち帰りの客ばっかで店内はてんてこ舞いだった。正直、生ビールを飲みながらまったりと居座ってもらいたくはなかったはずだ。そーいうことが表情から容易に見て取れる職人が1人いた。お初にお目にかかるお顔だが何気にベテランっぽかったので応援として入ったのだろう。だから、必要以上に居座ったった。盆暮れにだけ利用するほぼ一見さんレベルのお値打ちな客たちと日頃からそれなりに貢献しているこの僕たちを一緒にしないでほしい。次回、訪れた日にはいつもの明るい女性店員に今日の顛末を油絵に描けるくらい丁寧に伝えよう。この僕を敵に回すと厄介だお。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ昼間から昭和食堂アスティ岐阜店で何気に邪気払いPart2

君たちは世界のアツローをご存じだろうか。年間30回以上も京都を訪れるアツローだよ。この際、しょぼい大垣なんか捨てて腹黒い京都に移り住めばいいのに。どっちに住んでも真夏は灼熱地獄さ。そして、この僕はと言えば、一昨日に続いて邪気払いを理由に岐阜駅構内の昭和食堂を訪れたった。ハハハ、完全禁煙って最強で最高!居酒屋で昼飲みができる上に完全禁煙ときた日には「プロレスの神様」の異名をとる無冠の帝王@カール・ゴッチと同じくらい無敵だぜ。どうせ味なんかニッスイの冷凍食品をチンしたところでどいつもこいつも分かりっこないんだから。はい、ご覧のとおり僕には物理的に友達がいない。まぁ、登場人物の少ないブログだこと。何も悪いことはしていないのだが、だからと言って良いこともしていない。うん、基本的に何もしていない。あ、だからか。まあいい。では、これから白くまデザートを食べながら録画した『オーシャンズ11』をまったり見てきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ昼間から昭和食堂アスティ岐阜店で何気に邪気払い

杉山弘道53歳、まだ誰のものでもありません by 井森美幸風。はいはい、すびばせんねぇ。だが、本当にこの僕は誰のものでもないのです。ましてや気持ち悪い妖怪とたわむれる暇などありません。しかしながら、あろうことか「暑気払いしない?」と断りにくい連中から連絡があった。熟慮の末に「そうだ。これは暑気払いなんかじゃなくて邪気払いだ」と前頭葉に言い聞かせた健気な僕だった。ちなみに、ただでさえこっちはイライラしてんだから健気(けなげ)を「けんき」などと読むなよ、この野郎。随分前に一度だけ利用したことのある岐阜駅構内の昭和食堂だが、そのときは「この店は一端にお通し代を取るの?」と大人気なく憤慨した僕だが、杉山弘道53歳、とっくにいい年こいた大人になりました。ちなみに、大人気は「おとなげ」だお。そんなことより居酒屋なのに完全禁煙に踏み切った英断のご褒美として心がないけど心良くいや、快く今回はクイックペイで支払ったった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かっこいいとは、こういうことさ

午前3時から仕事をしているフリをしている自分にご褒美をあげようとコメダ珈琲店の岐阜駅東店に下駄を鳴らしながら訪れたら下駄ずれして親指と人差し指の間が真っ赤に腫れた。明らかに労災だ。半べそで「シロノワール氷」を注文すると妙齢の女性店員から「ミニもありますけど」と言われた。「この僕が?」「はい、お一人ならちょうどいいと思います」。ふ、全国甘党の党首であるこの僕も随分となめられたものだよ。その感想はと言えば、氷の下にデニッシュがあると思い込んでいた僕が決してバカではないけれどちょっとだけ残念ちゃんだった。ずっとメープルシロップをすすっている気分だった。ま、それはそれでハッピータイムだったかもしれない。そのときふと周りを見渡せば、どいつもこいつもみんなうつむきながらスマホをいじっていた。紙を使え、紙を。僕が愛用しているメモ帳はロディアNo.11だよ。本木雅弘、森山未來、山崎まさよし、徳光和夫、稲川淳二。はい、携帯電話を持たない芸能人だね。すっげぇ達筆なモックンはFAXでやり取りをしているらしいし、森山未來は「用があれば探して」と言っていた。かっこいいねぇ。携帯電話が世の中に出始めた頃は養老町のひょうたんのような巨大な機器だった。それを自慢げに持ち歩いていた揖斐郡の洋菓子屋のオヤジは「これがケータイ電話や」とニヤッと笑った。一緒にいる間、一本もかかって来なかった。ケータイ電話に限らず、以前は安い世間に右へならえして十把一絡げにくくられることが時代の波に乗っていると勘違いしてかっこいいと思われていた。だが、今では安い世間など我関せずでまったく相手にしない自己流スタイルがかっこいい。昨今の超絶かっこ悪い奴の定義は、ツイッター・FB・インスタグラムの三種の神器をコンプリートしている輩だろう。ハハハ、筆舌に尽くし難いミーハー野郎だね。さらにそこにLINEがプラスされた日には揖斐郡の洋菓子屋のオヤジと以下同文だぜ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ときには乗って回って踊ろうよ

「らんららんららららららららら♪」は『マツコの知らない世界』のオリジナルのテーマ曲ではなくリンダ・スコットの『I’ve Told Every Little Star』だという真実を忘れないでほしい。よかったね、今日もタダで1円にもならん知識を身に付けることができて。その番組の中で蕎麦の魅力がそこそこ熱く語られていたため、この僕の五臓六腑が「蕎麦ウエルカムモード」にチェンジしていた。そこで速攻でサがミ岐阜加納店に出掛けた。当然、番組の中ではサがミの紹介など一瞬もしていないけど。間違いなくこの番組の反響はスゴイのだろう。すると安い世間の連中は、来週の中頃までは蕎麦屋に足繁く通うんだ。そして君たちは「群れることが大嫌いで大勢順応主義を忌み嫌う弘道君がマツコの口車に乗せられて蕎麦屋に意気揚々と向かう後ろ姿なんて見たくもないわ」と嘆くだろう。ハハハ、この僕が35歳の頃の本棚を君たちに見せてあげたかったよ。芥川賞受賞作の単行本が87冊くらい一列に並んでいるんだ。そりゃもう見事なものさ。いいかい、ポイントは安っぽい文庫本じゃなくて単行本という点だよ。つまり、この僕はそんじょそこらの見栄っ張りとは格が15段の跳び箱くらい違う叩き上げのミーハーなんだよ。「え~!?なんとなく気付いてはいたけどやっぱそんな安っぽい人間だったの?」と思っただろう。うん、なるほど大陸棚と同じくらい読みが浅い連中だね。相手を喜ばすために、相手の口車にあえて乗って回って踊ってあげるんだよ。結果、蕎麦はもうたくさん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊橋鉄道渥美線と玉川うどん本店の豊橋カレーうどん@愛知県田原市・豊橋市

さぁ、今日から青春18きっぷの物理的にも全国的にも暑い夏が始まるよ。当初は和歌山県新宮市に一泊しようと思った僕だが、新宮城や摂社神倉神社など訪れたい場所の歩行時間をグーグルマップで計測したところ約2時間だった。これでは熱中症になり兼ねないため延期することにした。その次に京都の日帰り旅にしようと思ったものの、なんと京都の分際で記録的な暑さが続いているようなので同様に延期した。そして僕はどこに行けばいいのか途方に暮れかけた。で、とりあえず何かあったら歩いてでもご帰宅できる愛知県豊橋市に決めた。豊橋駅から自宅までの歩行時間をグーグルマップで計測したところ約20時間21分だった。無理やっちゅうねん。でも、東名高速を歩けばもっと早くご帰宅できるかしら。捕まるっちゅうねん。はい、そこそこ長い巻頭文はここまでです。豊橋駅から豊橋鉄道渥美線の新豊橋駅まで徒歩4分。終点の三河田原駅まで車窓を一人占めできて幸せだった。

想像していたより清潔でステキな駅舎だったが、とにかく豊橋鉄道渥美線に乗りたかっただけゆえに滞在時間は20分。そのまま新豊橋駅まで折り返したった。その後、老舗の『ボンとらや』で買った豊橋ピーポーのソウルスイーツかもしれない「ピレーネ」をこの猛暑の中、歩き食いした。豊川堂で30分くらい立ち読みしたりセリアで「こ、この保冷バッグも100円かよ!」と驚いたりした後に『玉川うどん本店』で「カツオ丼&豊橋カレーうどん」をかき込んだ。はい、この僕が芥見東小学校4年生の頃、ご自宅でカレーうどんを食っている真っ最中に大きなクシャミをすると左の鼻の穴から17センチほどの黄色い帯状の物体が出てきて以来、カレーうどんを食べられない体になったことは杉山様検定試験3級レベルの周知の事実だよね。そして今日、その困難を見事に克服した僕がいた。ひとつ上のステージに上がることに成功した素晴らしい青春18きっぷの暑い夏の幕開けとなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安易に涼を求めて訪れたら逆に高くついた世間は正しい物語

とっておきの情報をタダでプレゼンツしよう。この理不尽とも言うべき殺人的な暑さから逃れようとイオンモールまで避暑に行くことは構わないが、2階以上はフツーに暑い。1階だ。そこにオープンテラスのカフェがあれば、その周囲が冷やっとして最高だ。さらにジョーシンなど大型家電量販店の扇風機が並んでいるスペースはムダに寒いくらいだ。ってことで、ジョーシンでタワー型のファンを注文して大喜びが現在進行形の僕がいる。店舗に在庫がなかったので明後日の午後にクロネコさんが我が家まで届けてくれるって。イチイチ家電に名前を付けている僕だから、今回も名前が決まったらお知らせするね。そこでだ、気分が偏差値67レベルまでアップしたところでランチを満喫しようと『OLD☆DAYS』で「特撰ヒレステーキ」を食ったこの僕だが、あろうことか一気に20以上も気分の偏差値がダウンしちまった。3連休最後の日のということもあり、ランチタイム前からこの店以外は低所得者層の長蛇の列だった。「ハハハ、さすがにステーキは下々の民には敷居が高いのだろう」と高をくくって入っちまった僕が愚か者だった。不味くて高いだけだったがね。やっぱ世間は正しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明らかに寂れてきている長浜界隈と茶しんのホワイト餃子@滋賀県長浜市

「海が見たいの」マリーが言った。「あぁ、分かった。今からドライブしよう」ジョニーが答えた。前にも言ったが何度でも言おう。僕の中には17人の僕がいる。ゴメンね、マリー。潮風が体質的にNGだから淡水で我慢してくれる?でもね、キング・オブ・淡水の琵琶湖だよ。そこでだ、長浜城をまったり攻めた後に黒壁スクエア経由でアーケード街を散策したった。それにしてもマリー、随分と小っちゃくなっちまったね。これじゃあ映画『ペーパー・ムーン』のワンシーンとほぼ瓜二つだぜ。

しかし、訪れる度に寂れてきている長浜界隈に一抹の不安を覚えた僕だった。とは言え、それ以上に寂れている柳ヶ瀬野郎にそんなことなど言われたくもないだろう。大きなお世話でごめんなちゃい。日本一巨大な万華鏡をのぞき見た後に大好物の大通寺を参拝した。いい感じで小腹が空いてきたので『茶しん』の「ホワイト餃子」を男は黙ってサッポロの瓶ビールで地味に地道に丁寧に押し流した。暑いなりにも心地良い風が吹き、今回の日帰借景では偏差値63レベル以上の気分転換を楽しめた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和食さと 岐阜城東通店との勇気ある一方的な和解

和食さと、この僕はその君を全面的に許す。「こんなふざけた店、二度と来るか!」と憤慨してから20余年。今となっては何が原因でそこまで怒ったのかまったく覚えていない。どれだけ不味くてもここまで激怒することはないため、おそらく店員の態度か接客応対だとは思う。まあいい。この際、時効または物忘れという美しい日本語をプレゼンツしよう。一昨日、ネットサ~フィンをしていたらたまたま知ったのだが、和食さとの全店舗が完全禁煙になっていやがった。店舗内の喫煙専用室まで撤去すると電子タバコも一切NGだとか。和食さとよ、やればできるじゃないか。やってもできない間抜けなジョイフル。で、君たちにひとつ聞きたいのだが、どこをどうたどればネットサ~フィンでこのような情報にたどり着くのだろうか。ハハハ、知らんがな。そこでだ、せっかくなので11時のオープンと同時に左足から入ってやった。掘りごたつの個室の利用時間は2時間までとのことだが、別に愛人との濃密な時間を過ごすわけじゃないんだから37分もあれば十分だろう。ランチの「鱧と夏野菜の天丼御膳」は偏差値52レベルだった。あと150円くらい努力すれば褒めてあげるのに。なんだかんだと言いながら、まずもって20余年ぶりにこの僕が訪れるまでに関係を修復することができて本当によかったよね。だって、この僕だよ。とは言え、ある日突然、怒りの原因を思い出してまた冷戦状態に突入することがあったら、今日のことはいい思い出として海馬に焼き付けておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加