完食記録一覧

台風の心配がなくなった真っ昼間はさくら珈琲の岩地店で鉄板スパを無性に食べたくなりませんか?僕はなればなるときなります。その理由は自分でもよく分からない。しかし、思い当たる節はある。秋だ。きっと秋がそうさせた。我が家もこれからどんどん鉄板が活躍するだろう。では、また明日。


ぎふ町旅シリーズ第75弾@加納長刀堀

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第75弾は加納長刀堀だよ。長刀は「なぎなた」と読んで、あの長い刀の武器のことだよ。加納城に長刀の形をした堀があったことから名付けられた加納長刀堀を南から北へクリーム号で駆け抜けた。いい。それっぽい住宅街も実にいい。唯一の飲食店である『ほていや』で腹を満たすと加納城にある公園で近所の子どもたちとトンボを追いかけた動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは「大エビフライとヒレカツ定食」で茶碗蒸しの中に銀杏は入っていなかったよ。

[動画内検索タグ]ほていや,ミニストップ 岐阜加納上本町店,加納城


次回はから揚げと麻婆豆腐を試してみたい

岐阜駅前にある町中華を堪能しようと開店時間に訪れたら「準備中」の看板が出ていた。優しい僕は1分だけ待ってやったが人の気配すら感じなかったので僕のリストから永久追放した。そういう店は大嫌いだ。治安維持のためにとっとと潰れちまえ。そんなことよりどうしたものかと困惑していたら僕の前頭葉に『餃子飯店』が浮かび上がってきた。いい。僕の前頭葉は使える。その足でそそくさと向かった。とりあえず注文した「エビ餃子」と「焼き餃子」は絶品だった。今日もいい一日だった。


ぎふ町旅シリーズ第74弾@岩地

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第74弾は岩地だよ。田んぼの中をクリーム号で疾走したらイネ科に弱い僕ゆえにアレルギーで目が真っ赤に充血しちまったがね。まあいい。店内は清潔で店員は愛想が良い『中華そば麒麟』で「濃厚中華そば」を堪能した。ライスを投入する〆のダイブめしもOKだった。『さくら珈琲岩地店』が臨時休業中だったのでわざわざ日を改めて訪れた動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは「濃厚中華そば」と〆にスープの中に一気呵成に投入する「ダイブめし」だよ。

[動画内検索タグ]中華そば 麒麟,さくら珈琲 岩地店


日帰り旅シリーズ第39弾@木曽福島

僕が「信州の郡上八幡」と2週間前からそう呼んでいる木曽福島を訪れた。当然、青春18きっぷの権利を行使しまくったがね。ワンマン列車の一人旅にはすっげぇ便利で助かるぜ。木曽福島は今回でたったの2回目だけれどほとんど覚えていた僕は偉大だ。駅前の『食事処かわい』でソースカツ丼をかき込むとむせた。その後は定番の上之段地区や崖屋造りの町並みをサクッと散策した。歩き回ると汗が噴き出したが、それはそれでいい。古き良きステキな雰囲気に酔った動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは木曽川に架かる大手橋だよ。僕が愛す郡上八幡のロケーションとよく似ている。

[動画内検索タグ]食事処 かわい,芳香堂,上之段地区,崖屋造りの町並み,くらの屋


ぎふ県旅シリーズ第35弾@瑞穂

「ねぇ、やったばっかじゃない?」「いや、それは瑞浪。今回は瑞穂」。それに少し前に取り上げた【美江寺町】の中で元々は奈良時代にこっちに建てられたのに1549年に現在の岐阜市へ移転した美江寺のことを紹介した。その背景や面影をこの目で確認すべく樽見鉄道の美江寺駅にやって来た。約束は守る男の僕はいい。案の定、何もなかったので猛暑の中、隣の十九条駅まで30分ほどかけて歩いた。いい。僕はいい。その近くの『サンコックみずほ店』で天津飯と餃子をよく冷えたビールで押し流した。その後、懐かしい雰囲気が漂う喫茶店で熱い珈琲をすすった動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。天津飯と汁なし坦々のセットが人気らしいが完食できないので餃子に逃げた僕だった。

[動画内検索タグ]樽見鉄道,サンコック,ポニー


ぎふ町旅シリーズ第73弾@芥見堀田

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第73弾は芥見堀田だよ。岐阜バスで往復960円もかかる路線だけれど昼得きっぷ(500円)を使ったので一日乗り放題。以前は焼肉店だった建物が斎場に、病院だった場所がドラッグストアに変わっていた。ま、時代の流れよね。僕は『聚豊園』で美味しい中華料理を食べて満腹なのに『陣家』でモーニングサービスも満喫すると満足だった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]聚豊園,珈琲 陣家 芥見店


ぎふ町旅シリーズ第72弾@柳ケ瀬通

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第72弾は柳ケ瀬通だよ。可愛い少年だった僕をアーケードフェチにした魔性の聖地と言っても過言ではなかろう。魔性の聖地の中にある昭和レトロの雰囲気がてんこ盛りの『丸万うなぎ食堂』で僕に相応しい最上級のうな丼をむさぼった。その後、すぐ近くにある『お茶処あずきの花』で手作り感満載の甘さ控えめのおはぎを熱い珈琲で堪能した動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは「上特製」バージョンのうなぎ丼だよ。僕クラスになると最上級の一択なんだ。

[動画内検索タグ]丸万うなぎ食堂,お茶処 あずきの花


困ったときのとろ一挑

個人的に悲しいお知らせです。ってことで、この僕と一緒に悲しむことのできるスペシャルな権利を君だけにプレゼンツしてあげゆ by『ブラック・ジャック』のピノコ風。お墓参りの帰りにお値打ちなランチを楽しもうと国道156号線沿いにある中華料理店に立ち寄ったらあーた、臨時休業だった。アッチョンブリケ!まあいい。近日中にまた訪れよう。仕方ないので『とろ一挑』で満腹になった。


日帰り旅シリーズ第38弾@豊橋

つい先日、薄い知り合いから「あなたは豊橋について何も知らない」と言われた。うん、知らない。だって、岐阜市民だもん。ま、仕方ないから豊橋市民がこよなく愛すと言われているソウルフードを自腹で食べに行ってあげよう。腹が立つほど不安定な天候の日が続くためなかなか青春18きっぷの権利を行使する機会も少ない。ってことで、最初に『スパゲッ亭チャオ』で「バイキングランチ」を生ビールと白ワインで一気呵成に味わった。あんかけスパもなかなかいいじゃ内科外科耳鼻咽喉科。その後は『マッターホーン豊橋本店』で店名であるマッターホーンをアールなグレイで押し流した。豊橋市民がこよなく愛しているだろう2つを満喫することができた感動の動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。これは「バイキングランチ」の鉄板バージョンだよ。どうやら人気ナンバー1っぽい。

[動画内検索タグ]スパゲッ亭チャオ 本店,あんかけスパ,マッターホーン豊橋本店,三明寺