完食記録一覧

運河の街でイワシ三昧の料理と幻のカブトビールを満喫した僕@愛知県半田市

花粉が舞い踊る快晴の下、青春18きっぷの権利を行使して距離的にはほぼご近所の半田を訪れた。まずは『円芯』で徹底的にイワシ三昧。その後は紺屋海道を散策しながら半田赤レンガ建物内にある『Re-BRICK』でカブトビールを満喫した。半田運河も最高だった爽快な動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]円芯,イワシ料理,半田赤レンガ建物,カブトビール,スタバ,中埜半六邸,半田運河


人生はマイペースで

杉山という名前を見聞きするたびに腹が立ちませんか?ったく、勘弁しておくれよ。今年は花粉症の症状がモーレツにひどいゆえにクスリのアオキでストナリニをPayPayを利用して買ったら「へ?」と驚くくらいバックがあった。17分前にクーポンをゲットしていて本当によかった。そのため気分が偏差値65レベルに急上昇したので前一色にあるはま寿司を訪れた。ちょっと前に「もう行くことはないだろう」と言った僕だけど以前より確実にバージョンアップした感じでそこそこご満悦だった。今日は忙しい人、ゆったりくつろいでいる人、微笑む人、泣いている人など実に多くの人を見たが、それはそれで人それぞれでとても面白かった。僕は僕のペースでまったり歩こう。では、また明日。


行列のできるとんかつの松屋で個人的な妄想のセクハラモドキ

ここ最近、ご存じのとおり食生活があまりに悲惨な僕を心配した身内と一緒に『とんかつの松屋』で「ひれかつ小ライス」を堪能した。いつもの僕だったら440円もお値打ちな「みそかつライス」を食べるところだが今回はちょっぴり贅沢したい気分だったの。結局、お支払いはこの僕だったけど。ハハハ、前頭葉の端っこまでピチャピチャ音を立ててなめとんのか、この野郎。ちなみに、この店の女性店員の容姿のレベルは偏差値68前後。とは言え、マスク越しなので責任は取れない僕だけど。ま、それは下手をするとセクハラになると思いますよ。住みにくい世の中ですな。では、また明日。


青春時代に下着ドロボーと勘違いされて人生が終わりかけた僕@静岡県浜松市

いいかい、マジで。愛と鉄分の青春18きっぷの権利を行使してこの僕が31年前に下着ドロボーと勘違いされて人生が終わりかけた思い出がてんこ盛りの浜松くんだりを当事者であるこの僕と一緒に満喫してみませんか?当時は真剣に泣きそうになったぜ。2020年度は見事に日本一に返り咲いた浜松餃子を堪能すると遠鉄に乗って浜松城を軽く攻めた。そのほぼ隣のスタバでソイラテをすすると浜松と言えば案の定、鰻。『八百徳本店』の「うな丼」を堪能した壮絶な動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]浜松餃子,錦華,浜松城,スタバ,八百徳本店


『半分、青い。』の舞台となった街を訪れた腹が半分、黒い僕@岐阜県恵那市

日本三大山城を言ってみろ。あー、今日は22日だから出席番号23番の平井。お前、答えてみろ。え゛ー、何で22番じゃないんですか?という楽しい会話を僕と一緒にエンジョイしてみませんか。今回で3回目となる岩村城は実に素晴らしい。『かんから屋』の「かんから餅」も実に素晴らしい。帰りに多治見駅で途中下車すると山崎のハイボールを飲み干したご満悦の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]岩村城,Green Herbs,松浦軒本店,かんから屋,かんから餅,陽気なイタリアンバルBorco


朝一番のスタバとマーベラスなフーチャンプルーにご満悦の僕@沖縄県那覇市

予定どおり快晴だった。僕の旅のシナリオには当日の天候も書き込まれている。気象庁よ、ちゃんと守りなさいよ。全国どこのスタバも朝は早い。ゆえに今まで店を開けたばかりのピカピカのスタバを味わったことが一度もなかった僕。そこでだ、せっかくなので今回は足を運んでみた。冷たい空気が張りつめている感じでとてもいい。大人気店で食べたフーチャンプルーも絶品だった。ってことで、ジン・ライムを飲みながらサクサクと仕上げた動画の[12:57]から2日目です。では、また次回。

[動画内検索タグ]スタバ那覇国際通り牧志店,ゆうなんぎい,りっかりっか湯


午後8時には店が閉まっちまう国際通りで飲んで食って寝た僕@沖縄県那覇市

タイムリミットはほぼ24時間。こよなく愛す沖縄を訪れたもののこのご時世ゆえに長居はできぬ。ってことで、今回は国際通りから半径1キロ以内のエリアに限定しつつ飲み食いのみでケリをつけて観光は0だ。次回は名護の辺りを集中的に歩きたいと思いながら編集した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]ジャッキーステーキハウス,みかど,A&W,ホテルグレイスリー那覇


ステキなトンテキと画期的なクラフトビールを追い求めた僕@三重県四日市市

朝方の夢の中で「ステキなトンテキと画期的なクラフトビールを摂取して無敵になりなさい」という自分に都合のいいお告げを受けたことはありませんか?便宜上、受けたということにしてトンテキの聖地である四日市まで久しぶりの近鉄電車に揺られながら向かった僕だった。地元民に愛されているトンテキを食って琥珀色のクラフトビールを飲んで平和で幸せでご満悦の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]トンテキ屋ちゃん,四日市諏訪神社,アサヒビアケラー四日市


老害は死んでも治らない

東京オリンピックが開催された1964年に美濃町の古田助産院で誕生した僕としては半世紀ぶりの東京オリンピックの開催をそれなりに楽しみにしているのだがどうなるかしゃん。林に1本だけ木を追加した名前のご老人が要らんことを言っちまったせいで物議を醸しまくっているものの決して彼は悪くないんだよ。これまでにも数々の失言を連発しまくっているため「こいつは絶対に失言する」と周りの連中は100%分かっていたはずなんだよ。それなのにシナリオどおりに失言しちまった彼をここぞとばかりに責め立てるのは筋違いも甚だしい立派な老人虐待だと異を唱える僕はステキだね。ま、それも賛否両論だと思いますよ。上記の世間話は置いといて、一般的に特効薬やワクチンがない老害は死んでも治らん。かく言う僕も立派な老害の現在進行形だけど坂本(泣)。昭和末期のことは総天然色で鮮明に覚えているのに平成の終わりから令和に入った今日までに自分の身に起きたことがほぼほぼ記憶にございません。ワードやエクセルも約30年前に身に付けた稚拙な知識から1ミリも進化していないけれど何気にやっていけているし。悪口や陰口を叩かれても痛くも痒くもない原因は老害のせいだったかも知れない。そんなことをつぶやきながら『とろ一挑』で穴子などをつまんだ。


カタツムリと戯れるおひとりさまの霊長類

少し前までは喫茶店やレストランの片隅にくたびれた中年男とファンデーションを塗りたくった女が向かい合って座り、テーブルの上に分厚いマニュアルやカタログなどが開いていると97%の確率でマルチやそっち系の怪しい宗教の勧誘だったあの頃、それが今ではこのご時世ゆえにおひとりさまが大半を占めている。そう、市場調査という誰からも叩かれない名目及び勘定科目で岐阜駅構内にあるサイゼリヤを僕は一人きり訪れた。だから、経費で落としていいですか?OKだけど水道光熱費ではNGですよ。御意。うん、たしかにおひとりさまばっかだ。大勢で飲食店に入れば間違いなく飛沫は大量に散りまくるため「飲食店は一人で」という政府の意向も分からないでもない。しかし、一人でエスカルゴを食いながらアクリル板に向かって「ざけんな、この野郎。ぶっ飛ばすぞ!」と意図せず漏らしちまう僕はどうしょうしゃん。電車に乗った際に車窓に映った自分の顔を見ると「にたぁ」と笑っていることもあれば本当に尿意があるのかどうかさえも分からなくなっている僕は霊長類として進化しているのだろうか。ま、それはないと思いますよ。だね。とりあえず今日もいい一日だった。

ってことで、サイゼリヤを舞台にYouTube版【砂漠に水】の紹介動画をいい感じに撮った僕がいた。