完食記録一覧

やっぱりステーキに見る「当たり前は当たり前じゃない」という現実

僕は今、ご先祖様の墓を参った後、予定どおり『やっぱりステーキ』に来ちまっただよ。肉だよ肉。肉さえ食えば免疫力が↑するだよ。沖縄の病院でクラスターが発生して多くの死者が出たニュースを垣間見て当分、大好物の沖縄へ行けそうもないと思うとつらくてたまらない僕がいる。ってことで、少しでも沖縄の雰囲気と気分を味わおうとここに来た。いつもならオリオンの缶ビールを一気呵成に飲むところだが新コロのせいでそれすらままならない。一昨日まで当たり前だったことが明後日から当たり前じゃなくなる今日この頃、こうして明るく愉快に「やっぱりステーキ(150グラム)」を食べられることが当たり前だと思わずに今一度、しっかり噛みしめて味わいたい。では、また明日。

あ、ふと思い出したんだけど以前は180グラムだったそんな気がする。30グラム分の値上げか?そんな大胆なひとり言をつぶやきながら真新しいスタバ@各務原蘇原店でソイラテをすすっていた。


ぎふ町旅シリーズ第16弾@畷町

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第16弾は畷町(なわてまち)だよ。いいですねぇ、このような小っちゃな町もサクッと取り上げる僕のセンスを全力で評価してほしい。当然、町内に飲食店は1軒もないためワープチケッツを巧みに使ってガスト岐阜城東店を訪れると「ミックスグリルランチ」を堪能した。アルコールの提供がNGとなる前日にハッピーアワーの恩恵が身に染みた動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]鮎鮓街道,ナベヤ岡本,ガスト岐阜城東店


ぎふ町旅シリーズ第15弾@柳津町

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第15弾は柳津町だよ。15年前に岐阜市に編入された柳津町。来てくれてどうもありがとう。できることなら岐南町も一緒に欲しかったよ。そこでだ、連日のように雨が降り続いているので今回はカラフルタウン岐阜の中だけを歩き回った。いつでもどこでも無敵でステキなサイゼリヤで白ワインを飲みながら定番のメニューをむさぼってご満悦の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]カラフルタウン岐阜,サイゼリヤ カラフルタウン岐阜店,スタバ


僕の卵(玉子)の物語2

時期が時期だけにお寺のおっさまが義父&義母の家にやってきたので僕たちも以下同文に合掌した。ちびっ子ギャングたちも「まんまんしゃー」と大人しく小さな手を合わせていた。うん、間違いなくそこらの大人たちより確実に立派だお。その後、近所のガストに大勢で出掛けるとテーブルを占拠しランチをむさぼった。お支払いは当然、僕でPayPayのクーポンで5%OFFとなり何気に助かった。

僕はと言えば「10種の刻み野菜の鉄板焼きキーマカレーランチ」に載っている半熟卵を箸で割っていい塩梅にかき混ぜていた。生ビールもフツーに美味しくてつくづくハッピーでご満悦の僕だった。


ぎふ町旅シリーズ第14弾@野一色

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第14弾は野一色だよ。何と言っても岐阜県総合医療センター、3センチに縮めて言うと県病院があるのがステキでありがたい。思うに、近所にお住まいの方々は毎晩のように救急車のサイレンを耳にしているのだろうか。まあいい。以前から気になっていた『kicori cafe』のチーズがてんこ盛りの「グリルチキンプレート」も美味しくて満足だった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]岐阜県総合医療センター,平和書店 TSUTAYA 長森店,kicori cafe


赤福の朔日餅を予約するついでに円頓寺商店街も楽しんだ僕@愛知県名古屋市

君たちは赤福の「朔日餅」を知ってるかい?そう、これは「ついたちもち」と読むんだ。んだんだ。詳しい内容が知りたければググれ。9月1日に販売される「萩の餅」がどうしても食べたくて店頭で予約するためにわざわざ名古屋まで出掛けたった僕がいた。せっかく交通費を掛けて行くのだからと古き良き昭和の雰囲気を漂わせる円頓寺商店街を散策した。老舗っぽい『喫茶まつば』で「元祖小倉トースト」を頬張り『イタリアンバールアランチャ』で「鉄板ナポリタン」を堪能した。今日の〆に赤福で9月の朔日餅を無事に予約できてほぼ2年越しの夢を叶えつつある動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]四間道,円頓寺商店街,喫茶まつば,小倉トースト,イタリアンバール アランチャ,鉄板ナポリタン,サンラファエル,朔日餅


「あの味をもう一度!」という大義名分の下、武生を訪れた僕@福井県越前市

今から約2年半前に武生界隈を訪れた僕は、B級グルメであるボルガライスを堪能した。「あの味をもう一度!」という取って付けたような大義名分の下、再び福井県越前市の武生を青春18きっぷの権利を行使して訪れた僕だった。ところが、嫌でも殺人的に暑い。まずは『ブックカフェゴドー』で山積みの本に囲まれながらアイスコーヒーを一気呵成に飲むと「ちひろの生まれた家」記念館経由で『江戸屋』の「和風ボルガライス」を堪能した。そして、こよなく愛すスタバでまったり癒された。最後に大好物の長浜で途中下車すると『長濱浪漫ビール』で飲み食いした動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]ブックカフェ ゴドー,「ちひろの生まれた家」記念館,越前めん処 江戸屋,ボルガライス,スタバ,長濱浪漫ビール


ぎふ町旅シリーズ第13弾@領下

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第13弾は領下だよ。車で約5分の野一色に県病院はあるし、地元民の心を鷲掴みにしているスーパーのバローはあるし、美味しい和食処やイタリアンやコメダ珈琲店もある。あとはスタバだけだ。下手な欲を出さなければほぼ快適に暮らせると思う動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]Honey Cafe Meets,ポインセティア,バロー


醒井の梅花藻を経由してこよなく愛す長浜で魚と肉を食った僕@滋賀県長浜市

朝、目覚めると「今日は何もすることがないなぁ~」と思ったことは誰にでもあるだろう。ハハハ、そんなとき僕は「そうだ、長浜(または鳥羽)へ行こう!」となる。いいかい、マジで。この流れで時季が時季だけに醒井の梅花藻を経由して長浜を満喫した僕だった。気になっていたビワマス料理の『山本屋魚濱』の逸品はまったくクセがなくすこぶる美味だった。その後、長浜城をゆっくり味わい『ぎおん本店』の焼肉もじっくり味わった脂汗と加齢臭が必要以上に漂う動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]泡子堂,地蔵川,梅花藻,ビワマス料理 山本屋魚濱,長浜城,焼肉 ぎおん本店,伊吹山珈琲店


ポインセチアの日替わりランチ

17~18年前にオープンしたときは「どうせすぐに潰れるだろうから・・・」と思っていた僕は、ほぼ11年ぶりに食べにやってきた。この場合の「やってきた」の「きた」を「来た」にするか否か大いに悩むところだぜ。隣には本格的なイタリアンレストランがオープンしたのに微動だにしない。それどころか地元民に愛され続けてさらに元気なポインセチア、あなたってポインセチアは・・・。あ!次の「ぎふ町旅」はポインセチアのある【領下】にしよう。何事もなく今日もいい一日だった。