完食記録一覧

えっ!偶然?ううん、必然♪

シンクロとガングロのどっちが修復し難い腹黒なのだろうか?そんなもん知らんがな。説明しよう、岐阜駅構内を歩いている際に「初恋のSさんは元気かな?」とふと彼女の顔が頭に浮かんだそのときミカヅキモモコからSさんが小さな娘と一緒に出て来た。この「虫の知らせのような偶然の一致」をシンクロニシティと言う。どうかお幸せに。約30年前に一度、名鉄電車の中で会っただけだけど。「ぶははは!快適なブラウザを発見。これはなかなかオケ!ぶ、ぶははは!」は虫ちゃんの知らせ。そして今日は「感心するくらいすっげぇ高速で包装する女性スタッフの見事な早業を見たい」という理由だけで岐阜タカシマヤの地下にある御座候まで汗だくになりながら根性で歩き抜いた僕がいた。が、残念ながら今日は違う女性スタッフだったので早業を見ることができなかった。あきらめ掛けたそのとき前方から淡い水色のベビーカーを押す女性と目が合った。「あっ」「あ、どうも」「あら、赤ちゃん?」「はい!」「可愛いねぇ~♪男の子?」「はい(笑)」「(手を彼女に向けて)今日は高速の包装を見に来たんです(笑)」「(笑)私、今日はお休みなんです」という微笑ましい会話を交わした。ちなみに、彼女とお話をするのは今日が初めてだった。人見知りなのによく頑張った僕。そんなことより1階のベジテリアで「静岡のとうもろこし甘々娘(かんかんむすめ)」を吸引したらほぼ冷製コーンポタージュだった。今日はご機嫌だからまあいい。今日の晩ご飯は冷やし中華だお。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中の複雑な問題≠この僕の大きな問題

ったく、飲まんとやっとれんがや!この勢いでノートパソコンを持参してコメダ珈琲店岐阜駅東店を訪れた僕がいる。安いアルコールに逃げるより熱い珈琲をすすったほうが落ち着くってもんだよね。ま、そこに座って俺の話を聞いてくれ。どうやら僕の家、つまりご自宅の壁のどこからか雨が入って1階の窓枠から漏れ出しているようだ。こ、この僕のご自宅としたことが・・・。まあいい。いや、ちっともいいことないし100%いいことない。あ゛ー、松田ユーサク杉山ユーウツ。朝から仕事も手に付かないしそもそもやるべき仕事自体が僕にはない。今まさに、日本全国津津浦浦まで新コロの第2波対策とか凹んだ景気の改善とか尖閣諸島とか東京都知事選挙などの複雑な問題が山積みだが、そもそも都知事選の投票権自体が岐阜県民の僕にはない。何気に凹んだ午後1時にはコメダ珈琲店の片隅で僕と一緒にチリドッグを食べながらネットサ~フィンでも楽しみませんか?国全体を揺るがす複雑な問題より僕の半径2メートル以内の課題のほうが僕には大きな問題なんだ。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瑞々しいアジサイが目的ならばデンジャラスな両界山横蔵寺の梅雨時の歩き方

杉山、行きまーす! by アムロ風。ちなみに、外見も戸籍上も立派な男子なのに超合金系のアニメが生理的に×ゆえに『ガンダム』など一瞬も見たことがないので念のため。杉山、アジサイを観賞しに行きまーす!はい、梅雨時の貴重な晴れ間には名刹の横蔵寺を訪れてアジサイを楽しみたい巻頭文はここまでです。と、ところがあーた、横蔵寺は春の桜と秋の紅葉が有名なものの梅雨時のアジサイは駐車場の脇に垣間見えるだけであとはまったく自生していなかっただに。桜と紅葉の間にもちゃんと楽しみを作っておいたらどうなんだ。とは言え、これは僕の計算ミスだ。でもね、誰もいない名刹を独占することができたし飛鳥川を包み込むコンフォタブルな風が僕の白い肌を撫でてご満悦だった。

十分に楽しんだ僕が駐車場に戻ると1台の名古屋ナンバーの車がやって来た。僕は「歴史的な名刹を存分に楽しんでください」と誰にも聞こえないモスキート音のような声でつぶやいた。午前11時を2分くらい過ぎた午前11時2分、ド田舎では食事をする場所も限られていればメニューは驚くほど高価なためド田舎から田舎の北方町まで愛車のドリーム号を走らせた。そう、かるび庵でお値打ちなランチを堪能するために。5か月以上も宿泊の旅はご無沙汰だが、このような気分転換もまた風情。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕と一緒にセキュリティが脆弱なそこらの銀行でもサクッと襲撃しませんか?

昨日、ふと気になってスマホで銀行口座を確認すると特別定額給付金が振り込まれていたので今日、さっそくパーッと社会に還元すべくイオンモール各務原を訪れた。お金のニオイにはそこそこ敏感な僕がいる。ところが、あろうことか長女が有休とのことで一緒に行くことになった。そうだ!今月と来月は2人のおチビちゃんの誕生日だった。ってことで案の定、僕と最も縁遠いトイザらスに行くとシルバニアファミリーのグッズを買った僕。ったく、ジョーシンでパナソニックの最新型の洗濯機を買う予定はほぼ確定だったのに。まあいい。その後、韓国料理店の『Shijan』で「牛カルビ焼肉石焼ビビンバとミニ冷麺セット」を注文したが、これが微塵も期待していなかったせいか美味しかった。そのとき「不倫する男も悪いけれどその一部始終を露骨に語る相手の女も厄介だよね」と言った僕。「だよね」「きょうびは銀座の高級クラブのママでも安い週刊誌にしゃべりまくるし墓場まで持って行くという仁義は古いみたいだね」「だよね」という長女との会話を妄想して盛り上がっていた僕。前にも言ったが何度でも言おう。仕事をするにも遊ぶにも一緒に銀行強盗ができる奴がOKなんだ。要は、何があっても口を割らない奴。が、僕はと言えば、先に捕まったら取り調べの際に「あいつの生い立ちから全部を話すんで僕の刑を軽くしてくれませんかね?」と司法取引を持ち掛けるだろう。生まれて55年と9か月間、ずっとそんな奴ですこの私。では、洗濯機はまたの機会ということで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうせ掲げるなら「やめること」より「やること」にしなさい

「北海道産の生乳を使用した」という一文を目にするや否や「なまにゅう」と読んだ女社長がいた。そのとき僕は「なまちち」と読めば「きっとふざけているんだろうな」と思っただろうが、さすがに「なまにゅう」と来た日には「へ?え?」と疑問より疑惑に近い衝動に駆られて女社長の顔を見ると真っ赤になって今にも泣き出しそうだった。死ぬほど恥ずかしかったのだろう。僕は明後日の方向に目をやりながら事態の沈静化を図っていた。はい、シーンと静まり返った空気の圧力で泣きたいのはこっちやがなという巻頭文はここまでです。僕からのお願いです。ザッと黙読してから「よし!」と確信した後に音読に取り掛かってください。花粉が舞う午後、気分転換に『Honey Cafe Meets』で「生はちみつレモネード」を計画的にすすりながら「ふわふわフレンチトースト」と格闘していたら「はぁ、全然ダイエットできへんわ」「あたしもやて」という会話が右隣から嫌でも聞こえてきた。ふと見ると太目だった。おいおい、なかなか冴えてんじゃん僕。その太目の彼女たちに「なぜ努力が続かないのか」を教えてあげたい。どうせ「○○を絶対にやめる!」という感じの目標なのだろう。だから、いつまで経ってもおデブちゃんなんだよ。その効果については1ミリも責任は持てないが、例えば「一週間に3回以上は納豆を食べ続ける!」という具合に「やめること」より「やること」を掲げたほうが間違いなく長く続くと言い切れる。←「く」が3つも並んでご満悦♪では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

びっくりドンキー岐南店で結衣&莉子とハードボイルド・ジジイの愛ある限界

悲しいお知らせです。午後2時の岐阜市ですが、手元の温度計では軽く30℃を超えやがりました。もう我慢の限界です。できるだけ早く多治見市を夏季限定でOKだから長野県へ貸与してください。はい、同じ岐阜県と思うだけで体感温度が3~5℃も上昇する巻頭文はここまでです。ほら、ご覧。ランチタイムに何の前触れもなく突然、長女一家が押しかけてきてこれは「何か食わせろ!」というデモ行進だと察した僕は、仕方ないので全員が座れる店をググった結果、びっくりドンキー岐南店に2台の車で訪れた。だが、以前は1つの長テーブルだったのに「ノー3密」を守るためだろう今回は2つの丸テーブルに振り分けられた。やれやれ、だったら別の店でもよかったよ。ま、しゃーない。土曜日の真っ昼間ということもあってか見渡せばほぼ満席状態だった。これはすっげぇいいことだ。この調子でパーッと景気もよくなってもらいたいものだね。僕はと言えば、大して食欲もなかったが「フォンデュ風チーズバーグステーキ」なるものを食べた。案の定、7分が経過した頃には膨満感がピークに達して料理が生ゴミにしか見えなかった。しかし、頑張ってハンバーグだけは努力と根性でこんな感じに見事に完食した。一日の計画が狂ったけれどこれはあれでそれなりにいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多治見市が全国で最も暑い街になった金曜日は僕と一緒に鰻を食べませんか?

キーヘンモン→着いへんもん→着ないもん。はい、岐阜弁のカ行三段活用の巻頭文はここまでです。「これどーすんの?」「そんな服なんかキーヘンモン」「ならタンスの中に入れっ放しにしとったら虫食うであかんがね」。これは岐阜市内の一般的な家庭の致命的な会話です。活字にして音読すると一日も早く住民票を移したくなる今日この頃、かかって来やがれ怪獣キーヘンモン。では、そろそろ本題に入ろう。そんな岐阜市内にも飲食店はあるんだよ。そこで暮らしている人は大勢いるんだよ。お、オラたちをバカにするでねぇ!では、そろそろ今日の〆に入ろう。以前は田んぼの中の小洒落た料理店だった『うを松』が何と鰻専門店にアップデートしたと福耳の小耳に挟んだので出掛けた僕。さすがに田んぼの中というロケーションは変わらねぇ。この際だからこの辺りに鴨川シーワールドか八景島シーパラダイスの岐阜店でも誘致したらどうなんだ。ま、遠慮はするな。そこでだ、理不尽な暑さを吹っ飛ばそうと「白焼き」を食ったが吹っ飛ばんかった。が、好みではない「ひつまぶし」がお品書きにないのがうれしかった。これを「選択肢が少ない幸せ」とこの僕だけはそう呼んでいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

968円もあれば嫌でも満腹になるし鉄砲の弾も飛び交っていない平和な日本

毎年恒例の健康診断で白ワインを足せば新種のコロナのワクチンにもなるB型を提供した僕がいた。だって、この僕の血だよ。身長と体重は昨年と1ミリも1グラムも変わらなかったような気がする。よく頑張った僕にてんこ盛りのご褒美をあげたい。ううん、できれば赤の他人から何かもらいたい。昨日の夕暮れ以降は水すら口にしていなかった僕は診断後、何か食べようとドリーム号を走らせた。とりあえず『カリオストロの城』で銃で撃たれたルパン三世が「血が足りねぇ」と言ってガツガツとむさぼったシーンみたく餃子の王将の岐南店で天津飯セットを「血が足りねぇ」と言ってバクバクとむさぼった。が、よく考えたら僕ってあんかけ料理が大嫌いだった。あんかけパスタは生ゴミ同然で天津飯は白いご飯粒がヘドロに浮いたうじ虫にしか見えない僕。いいかい、マジで。だから、自分の食の好みや価値観すら麻痺させちまう空腹はデンジャラスだぜ。結局「ほぼ満腹」という信号だけは満腹中枢がキャッチしたようだった。では、明日は面倒臭い内勤作業なので今日はおやすみなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦うポイントはそこじゃあない:弱点は突かれて当然なので放っておけばいい

「ちょいとアジサイでも愛でるかな」とつぶやいた僕は、岐阜駅に近い加納の清水川沿いを歩いた。僕って嫌みなくらい風情を感じる男だね。その後、小腹が空いたので岐阜駅構内のリンガーハットで麺が2倍の長崎皿うどんや餃子や半チャーハンを「今日って地球最後の日だっけ?」と思うくらいの勢いで激しくむさぼった。僕って呆れるくらい風格を漂わせる男だね。ちなみに、地球最後の日には炊き立ての白いご飯にゴマ塩をたっぷり振りかけて食べる予定は未定。リンガーハットの向かいにはサイゼリヤがあるのだが、僕という高貴なお客を取られたせいかサイゼリヤが「お前の店にはピザがないくせに!」とヤジを飛ばした。最初に言っておきますが、すでに僕のファンタジーの世界です。すると、リンガーハットは「はいはい、うちにはチンするだけのピザもパスタもドリアもパエリアもありませんよ」と微笑んで返した。僕が「いいんですか?言われっ放しで・・・」と言うと「はい、別に構いませんよ。こちらの弱点を突かれたところで所詮、それは私どもも把握している弱点でありこちらが戦うポイントではないので放っておけばOKです。私どもが戦うポイントは長崎中華です。以後、お見知りおきを」。ぎ、銀ちゃん、カッコいい~!by『蒲田行進曲』風。例えば、僕が「君は日本の歴史上、稀に見る最悪な性格だ」と罵倒されたところで杉山弘道の性格がデフォルトになったアルゼンチンの国家財政並みに破綻していることなど猫も杓子も野良犬もご存じの事実なのでそこを突かれたところで痛くも痒くもない。だから、いいことなのか?僕の戦うポイントは性格ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

将来に影響を与えるかも知れない幼稚園児と保育園児のその違い

そのとき僕は55歳で岐阜駅の東側にあるコメダ珈琲店で冷めた珈琲を丁寧にすすりながらカフカの『審判』を読んでいるフリを楽しんでいた。虚しかった。でも、それが午後2時15分の僕にとって100%のリアルだった。だから、僕は何を言っているのでしょうか。これを関西人風に表現すると「コメダで茶しばきながらノートピーシーを開いとったら目がショボショボしたでほんま」といったところだろうか。ったく、だから、下品な関西人は嫌い。はい、喫煙席が消滅した店内でえげつなくハッピーな巻頭文はここまでです。誤解しないでほしい。岐阜県人の体に流れている血液の43%は関西系のそれが混ざっているんだ。6月の健康診断の際に全部を関東系にチェンジしたろかしゃん。僕の左隣の席に若い親子が座った。その会話から子どもが○○幼稚園に通っていることが分かった。6月1日から通園が再開されるので友達と遊んでね。暇なので幼稚園児と保育園児の相違点について考えてみた。幼稚園は子どもたちを預かる時間が短いのでカリキュラムに沿った流れの一日となる。保育園はそれが長いので自由に遊ばせる時間がある。すると、今回のように各自の家で自粛する際に「好きなことをやっていいよ」と言われてはしゃぐ保育園児と何をやっていいのか分からずボーっと立ち尽くす幼稚園児もいるだろう。自分の半生を振り返ってみると、僕は幼稚園のOBだから今でもボーっとしているのかも知れない。幼い頃に身に付いた習慣はなかなか抜けない。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加