完食記録一覧

歴史と風情を5時間歩いて満喫した金沢(石川県金沢市)

『るるぶ』片手に特急しらさぎ1号に乗り、古都・金沢へと向かった。

2時間40分後。最初は、工事中で足場が組んであるのかと思った。

鼓門

だが、駅の東口を出て振り返れば、随分と立派な鼓門がそこにあった。

近江町市場を横目に黙々と歩いた。すると菓子文化会館という文字が
目に飛び込んできた。予定外だったが、入らないわけにはいかない。

が、その奥には泉鏡花記念館があった。旺文社文庫を読みあさった私には
嬉しい誤算だったが、そのとき泉鏡花を1冊も読んでいない自分を発見した。

次に五木寛之文庫。しかし、入場料が100円だったので入らなかった。

その先に和風モダンな建物を確認した。そこで近寄って見たら、

個人開業医の医院だった。またこの看板のレトロな文字がいい。

最初の目的地は、この坂の上にあった。

その前に金沢城の石川門。重厚な造りに感心して丁寧にシャッターを押した。

そこから左側の風景。散りかけてはいるものの、まだ桜は残っていた。

そこから右側の眺望。純粋に気分がいい眺めだと感じた。

そして、兼六園。

日曜日だったが、思ったほど混雑はしていなかった。しかし、外国人が多い。

霞ヶ池。1人、ぼんやりと湖面を眺めていた。

桜。そこには、兼六園熊谷桜と記してあった。

何気に癒される山水といったところ。遠くの眺望も借景になり、実にいい。

蓬莱島と呼ぶらしい。若いカップルが、そう言っていた。

向こうにある橋の姿が列をなして空をゆく雁に見えることから、雁行橋。

気持ちのよい眺望。背後に金沢の街並みを借りるところがいい。

寿亭という茶屋で加賀あんころ(400円)とお茶。畳の上で寝転がった。

見所が多過ぎて対象の名前が分からない。立派な松とでも呼んでおこう。

噴水。霞ヶ池の水が水圧により、自然とこの高さまで噴き上がっている。

ひっそりと黄門橋。侘寂(わびさび)の世界観。

真弓坂口から外へ出ようと歩いて行くと、左手に瓢池があった。

滝がなかなかの情緒を醸し出している。

兼六園のすぐ隣にある金沢21世紀美術館へ入った。無料だし。

入るや否や、ムウッとする室温に若干、苛立った。

雲を測る男。これを眺めている私もどんなものかと考えさせられた。

タレルの部屋。映画『シビルの部屋』なら観たことはあるが。

壁面全体にデザインが施された大きなギャラリー。見知らぬ女性を借りた。

KOHRINBO109の裏に回り、少し歩いたところに長町武家屋敷跡界隈。
この界隈は大変気に入った。流れが早く、水量の豊富な用水も実にいい。

大野庄用水の流れ。20分くらい水の泡をジッと見つめていた。

あめの俵屋。「るるぶ」に書いてあったので写真だけ撮った。

雑誌やテレビなどでよく見る景色。1坪、一体いくらくらいなのだろうか。

鞍月用水を駅に向かって歩いていたら、尾山神社を見つけた。その門。

全国レベルで超有名な観光名所がある中、奥床しい感じの尾山神社。

そのまま近江町市場へと向かった。最初に見つけたどじょうの蒲焼ショップ。

長い行列の原因となっていた近江町コロッケ。私には、この世の中に、
並んでまで食べたいものなど1つもないので横目に通り過ぎた。

中途半端な時間のせいなのか、そう大して混んではいなかったが、
ちゃんと賑わってはいた。

新しくなった近江町市場を背に、金沢駅へと向かった。

ちょっとばかり薄暗くなった鼓門の背景。しかし、無意味に巨大。

つづみ亭という和食屋で華御膳(1260円)を食べた。
あまりに疲れていたせいか、食べながら少し眠ってしまった。

帰りの特急しらさぎ16号まで時間があったので、駅の周辺を歩いた。
すると、大きなやかんのオブジェ(作品名:やかん体、転倒する。)が。

5時間は歩いた。帰宅して体重計に乗ったら1.5キロほど減っていた。
今回は体力の都合上、ひがし茶屋街と主計町茶屋街には行かなかった。

そこへは、また次回ということで。快晴だったし、満足した一日だった。


鉄板厨房 石やまのフルコースディナー(岐阜県岐阜市)

付き合いの古い友人が、金宝町に鉄板ステーキ店をオープンしたので、
いい感じに熟成しつつある中年男3人が小雨の中、行ってきた。

とは言っても、オープンしたのは1年前だが。それを知らせてもらえなかった
自分をサラッと省みた。その鉄板厨房 石やまは、ビルの1階にあった。

石山紀夫さん。満で53歳。随分と立派に成長したものだと感心した。

見栄を張ってフルコースディナー(8400円)を注文した。
立場上、仕方のないことだ。そして、メインの肉(150g)が美しい。

さらに食欲をそそられる目の前でのファイヤー・パフォーマンス。

「焼き加減は?」は訊かれたので、日本語で「普通」と答えた。
微塵にした脂身を生まれて初めて食べたが、妙に美味しかった。

どこからどう見てもカレーライス。これがまた腹が立つほど美味しい。
次に来たときは、確実に美味しいであろうガーリックライスを食べよう。

すでに腹十一分目の状態だったがもう一軒、たなか屋で塩そばを食べた。
たなか屋には大変申し訳なかったが、途中で吐きそうになった。


ぽんぽこてんの広島風お好み焼きを食べに行かないか? by One Night Carnival風

車で行けばあっと言う間だが歩いて行く気にはほぼなれない距離にある『ぽんぽこてん』に行った。

自宅を改装したような店内だが、実際に自宅のようだ。それなりに落ち着く質素な感じがよろしい。

ランチメニューはシングル(焼きそば1玉)かダブル(焼きそば2玉)のどちらかしかなかったのでチキン野郎の僕はシングルを注文した。499円!さらに100円引きのクーポン券を行使した僕。


モスバーガーのサウザン野菜バーガー&オニポテ(岐阜県岐阜市)

今日は、次女の高校の入学式だった。その前にJR岐阜駅構内の片隅にある
モスバーガーのアスティ岐阜店で軽く腹ごしらえをした。

サウザン野菜バーガー&オニポテセット(670円)を食べたが、
どう見ても化学調味料満載のジャンクフードとしか私の目には映らなかった。


※アクセス制限(dandysugiyamaがYouTubeにログイン状態時のみ視聴可能)

そして、私は入学式に出ることもなく、校門の前まで行くと折り返し帰った。
それだけのために堅苦しいスーツを着るのが面倒だったし、嫌だったから。


すき家の炭火やきとり丼と健康セット(岐阜県岐阜市)

午前11時30分。生まれて初めてそれっぽい(安っぽい)丼屋に入った。
当然、吉野家にも松屋にも一度も入ったことはない。

すき家の岐阜入舟店で炭火やきとり丼と健康セット(480円)を注文した。
まぁ、「いつもより高級な給食を食べている感じ」とでも言ったところか。

ただ、ここで食べている真っ最中にいい知らせが3件もあったので、
何か困り事が発生したときには、おそらく食べに来るかも知れない。

いざとなれば、それが頼れるものなら何であろうと依存するつもりだから。


上海湯包小館の小籠湯包と五目バリそば(岐阜県本巣市)

エム・テック・サージョンの山﨑祥史さんに会うために遥か西へと向かった。
しかし、その前にランチを済ませようとリバーサイドモールに立ち寄った。

別に何が食べたいというわけでもなかったが、上海湯包小館に入った。

朱雀セット(1380円)を注文した。まず最初に出されたのが小籠湯包。
物凄く熱い肉汁が口の中に溢れ出すと思いきや、適温で軽く拍子抜けした。

メインの五目バリそば。これはボリューム満点で、その味にも軽く満足した。

そして、デザートの杏仁豆腐を食べ終わると山﨑祥史さんに会いに行った。
車のオークションサイトを見せてもらったが、とても興味深いものだった。

最後に四万十川のお米を30キロもいただいた。当分は、これで暮らせそうだ。


いろんな意味で永久保存版:たいやき本家鯛吉のまるごといちごたいやき

岐阜ロフトでウエストポーチを買ったついでに十六銀行本店のほぼ隣にある『たいやき本家鯛吉』にふらっと立ち寄った僕だった。ここがFC店なのかどうかなど知らないし1ミリも興味はなかった。

弘道は100%邪道とは思いつつ200円もする「まるごといちごたいやき」を日本語で注文した。

松田優作でなくとも「な、何じゃこりゃッ!」と叫びたくなるこの姿。案の定、想像していた以上に不味かった。冷たいしすっげぇブサイクだし。僕の華やかなスイーツ盛衰史からデリートしたくなる一品だった。来年の今頃はこの店舗は存在しないだろう。この画像はいい想い出となるに違いない。


カレーの文化屋食堂のチキンカシミール(岐阜県岐阜市)

映画の後、柳ヶ瀬商店街近くにある文化屋食堂へ入った。数年前までは
洋食店だったが、今ではすっかりインドカレー店。しかも、こだわりの薬膳カレー。

若い店長だが、インドで学んだ本場の味を独自にアレンジしている。
口癖は「スッキリして下さい」。それほどスッキリするらしい薬膳カレー。

その前にビールでスッキリしようと、インドでNo.1のシェアを誇るキングフィッシャー。
飲みやすいが、ちょっとあっさりし過ぎているような気もした。

厨房で煮込んでいる薬膳カレー。ガラス越しだが、いい香りがした。

目の前に置かれたチキンカシミール(1150円)。とても辛いが美味しかった。


頂級中國料理 煌麗の日替り弁当(岐阜県岐阜市)

たまたま寄ったJR岐阜駅で「うまいもの祭(正式名称は知らない)」のような
とても賑やかしいイベントが開催されていた。

中でも飛騨牛の串焼きの前には凄い行列ができていた。
私といえば、基本的に人ごみが苦手なので早々に立ち去った。

アクティブGの2階では、キャシー中島のトークショーが開かれていた。
こうなると私の行き場がなくなるので、同じく2階にある煌麗へ入った。

空腹だから入ったのではなく、ただ単に雑踏から逃げたかっただけのこと。
「高そうだな」と思い、店の前のメニュー表を見たら、これが意外と安かった。

日替り弁当(945円)。サラダとデザートと珈琲までついていた。
から揚げが異様に美味しかったので、気が向いたらまた行くかも知れない。


道とん堀の880ランチ(岐阜県岐阜市)

高校入試を終えたばかりの次女が「道とん堀に行きたい」と言ったので、
11時30分のオープンと同時に岐阜東店に入った。

写真を撮っていたら、女性店員がわざわざドアを開けて待っていてくれた。

学生時代、アルバイトとは言え本場・大阪で修行をしたことがある。
3日間だったが。だが、今でも関西風お好み焼きの作り方にはこだわりがある。

とは言うものの、ソースの次にマヨネーズをかけるのをコロッと忘れてしまい、
不本意ながらカツオ節の上からかけた。

お好み焼きハーフと焼きそばハーフとサラダとドリンクバーとデザートがついて
880円。その上、咲楽のクーポン券があったのでさらに10%OFF。

一体、原価はいくらなのだろうか。とにかく堪能した。