完食記録一覧

コメダ珈琲店のシロノワールに逢いたくていま(岐阜県岐阜市)

このところ缶詰状態だったので、近くのコメダ珈琲店岐阜駅東店へ行った。

見上げれば曇天だったが、気分はそこそこ爽快だった。理由は分からない。

モーニングセットだが、喫茶王国の岐阜においては粗末な部類だ。ちなみに、岐阜県は一世帯あたりの喫茶店に費やす額が全国で最も多い。

最後にシロノワール(590円)。熱いデニッシュの上にソフトクリームをONしたコメダ珈琲店の名物。バックに流れる曲はMISIAの『逢いたくていま』だった。


赤い鳥の奥美濃古地鶏親子丼(岐阜県岐阜市)

つり込み祭りで有名な玉性院の赤鬼を撮影しに行ったついでにふらっと寄ったアクティブGの中にある赤い鳥。鳥料理の専門店だ。

まだ午前中だというのに薄暗い店舗前。この時点で一杯飲みたくなった。

ランチメニューにあった奥美濃古地鶏親子丼(750円)と生ビールを注文した。普通に美味かったが、この後に食べた鶏肉の串かつのほうが絶品だった。

今、たまりにたまった仕事を1つずつ順番に片付けなければ…、と焦っている。


金華山ロープウェーに乗って、いざ岐阜城へ

岐阜公園の総合案内所が整備されたと聞いたので今日、さっそく行ってみた。

随分とそれらしく立派になった総合案内所の正門。

思いっ切り逆光ではあるが、若き日の織田信長像。

山頂に聳える岐阜城が素敵だ。

小さな用水のようなお堀に鯉が2匹。ほのぼのとする光景に癒された。

随分前から金華山ロープウェー乗り場。

晴れてはいたが、ちょっと靄(もや)がかかっていたのがとても残念だった。

ロープウェーから見た三重塔は、美しい朱赤色だった。

降りたらすぐ右手に嫌でもリス村がある。

平日なのでほとんどお客がいない。個人的にはせいせいして好ましいが。

岐阜城へ上る道。壁のような岩盤が何気に凄い。

基本的にバリアフリーの「バ」の字もない険しい上り坂が続く。

やっと岐阜城。城主としては、信長の他に斉藤道三がこちらでは有名だ。

大好きな岐阜城。晴れでも雨でも雪でも様になる。とは言え、雨が降っている日に訪れたことなど一度もないが。

天守閣からの絶景。ここからのパノラマ夜景も格別だろう。

この先には、美濃、郡上、下呂、飛騨高山。

どのようにして建てたのだろうか。建築基準法には適っているのだろうか。

龍の蛇行のようにも天の川のようにも見える、川。

再び岐阜公園に下りた。澄んだ水が印象的な「信長の庭」があった。

ふと振り返れば三重塔。さすがは川合玉堂、実に美しい。

軽く一休み。なんとなく空気まで澄んでいるような気がした。

五平餅1本が260円。そこそこ高いような気もするが、味は普通だった。

さらに総合案内所で食事をとろうと思い、そそくさと音を立てながら入った。

漬物で有名な「こまや左介」の店だった。しかも、商品はラーメンだった。

仕方がないので烏骨鶏ラーメンを注文したが、これが異様に美味かった。

最後にすぐ近くにあるバーミヤンからの振り返りショット。リフレッシュができたというよりも足腰に限界を感じた一日だった。


たくみ屋の大海老天入りみそ煮込と世界遺産(岐阜県岐阜市)

正月も3日ともなると通常営業の店も多いだろうと勝手に思い、六条大溝にあるたくみ屋に開店一番に入った。意外にもガラガラだった。

咲楽のクーポン券は4日からしか使えないということなので、大海老天入りみそ煮込うどん(硬麺)を正規の値段で注文した。

あまりに熱かったので箸で冷ました。これだけでも十分に満腹になった。

その後、茜部のバローに寄り、明朝のパンを買ってから帰宅。するとAmazonで注文した『世界遺産ベスト100』が届いていた。

これで一週間は、1人で地味に地道に楽しく時間を過ごせると思う。


いい年こいたら半熟卵も大丈夫!ごまめ家の熟味噌らーめん

麺類は好んでは食べない僕だが、ときどきドキドキワクワク無性に胃におさめたくなったりもする。それが今日だったった。イオンモール各務原内の『ごまめ家』に行ったった。45歳の現在になってできるようになったことのひとつに半熟卵をフツーに食べられるようになったことがある。ハハハ、咀嚼する力が衰えたせいだろうか。まあいい。とは言え、温泉玉のあの白身のドロドロ感は無理だ。


伊吹おろしと甘いご褒美

飛び込みの仕事が舞い込んで来たのでバタバタしちまったぜ。あ、どっかの川に飛び込んでバタ足で泳いだわけではないので念のため。ただでさえ岐阜は伊吹おろしで寒いんだよ。急な仕事とは言え、完璧に仕上げたった。根がムダに几帳面なの。ご褒美として2日間連続で白乃悪を愛した僕だった。



僕の嘔吐のその理由

気持ち÷いや、悪い。孤高の僕は岐阜駅構内にあるモスバーガーにいた。孤高とは、たった一人きり超然として高い理想を持つことだ。お分かりかい?僕は海鮮かきあげバーガーを食った。気持ち÷。明日は最愛の女性とデートだったのに。安い油の嘔吐が止まらない。でもね、吐く姿もステキなの。


しょぼい胃袋

そのとき僕はデニーズ岐阜加納店の片隅に座っていた。ランチだ。久し振りの外出だった。味噌汁は赤味噌だ。東海三県の常識だ。「すかいらーくよ、すまない」僕はつぶやいた。肝心のランチだが、これっぽっちかと思った僕だが、これがほぼほぼ満腹になりやがった。まったくしょぼい胃袋だぜ。