楽観日記一覧

吉野家の並盛を前に悩めるソフトバンキーの決戦は金曜日

2018年2月の毎週金曜日に開催されるソフトバンクのスーパーフライデーでは吉野家の牛丼(並盛)が1杯もらえるらしい。ちなみに、いっぱいもらえるわけではなく最も小さい正の整数である「1」の1杯だ。暴利を貪っているくせにソフトバンクのケチ。岐阜駅構内にも吉野家があるけど、どっしよっかなぁ。僕、吉野家に一度も入ったことがないというのが数少ない自慢のひとつなんだけど、どっしよっかなぁ。っていうか、注文の仕方が今ひとつ分からへん。そもそも並盛っちゅうのが鰻丼の松・竹・梅のどれに該当するかを確認するために吉野家のサイトをググったら「並盛」の他に「アタマの大盛」「大盛」「特盛」の3つがあったがね。あ、あ、頭の大盛だとぉ~!?今まさに、アマゾン川水系に棲息する頭が巨大すぎて甲羅の中に収まらないマタマタという名前のカメしか思い浮かばない僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年『青春18きっぷ@冬の陣』の総移動距離は1859.4km

昨日で2017年『青春18きっぷ@冬の陣』は終わった。当然のことだが、重箱の隅をペロペロと舐め回すかの如く余すことなくちゃんと使い切ったった。そこでだ、電卓を叩きましたところ●沼津駅(9500円)●木曽福島駅(5520円)●須磨海浜公園駅(6880円)●伊勢奥津・鳥羽駅(7370円)●蒲郡駅(4140円)で合計33410円となった。当然、途中下車したりさらに足を延ばしたりしたが、主たる目的の駅までの日帰り往復料金は上記の通りだ。で、購入金額の11850円を引くと21560円も得したがね。ハハハ、2018年も超ビンボー臭い小市民チックなこの僕でゴメンね。正直、ほとんどの駅では混雑のため何気にきっぷの提示はスルー状態だったが、肝心の最初と最後の岐阜駅でのチェックがセントレアの保安検査レベルで厳しかったのさ。青春18きっぷでは普段、わざわざ訪れそうもない「駅」を目当てに使いまくりたいと思っている僕がいる。では、春の陣までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ 飛騨萩原の夏まつり、行こう。

Hello. My name is Hiromichi Sugiyama. I was born in Minomachikundari, Doinaka. I currently live in Gifucity, Daitokai. Oh,Yeah~! ってことで、録画した『君の名は。』を観たら不本意ながら号泣してしまった僕の名は前述の通り弘道杉山君。見慣れた風景がそこかしこに出没した上に「何しとるの?」「作るでね」などの美しい日本語&正しい標準語がてんこ盛りで必要以上に郷愁を覚えた僕がいた。さらに10番線の電光掲示板に9時46分発の中津川行が表示されている名古屋駅構内がそっくりで笑えた。ちなみに、岐阜行は5番線と6番線だがね。東海道本線は我が家のほぼ隣を通っているため「あ゛ー、たきが乗ったワイドビューひだはここを通ったんだ!みつはもこの線路の上を通って東京へ向かったんだ!」と年甲斐もなく叫んでしまった僕だった。大好きな町並みだったのに飛騨古川近辺も吹っ飛んじまったなぁ。残念だよ。ココだけのお話だが、できることならもう一度、人生をやり直したひ。きっと飛騨萩原あたりにこの僕とめぐり会う運命だろうみつはがいるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冷凍したらなんでも美味しい法則

ほらご覧、これは我が家のパナソニック冷蔵庫の冷凍室の中だよ。左上に散乱しているのはレディーボーデンのシュガーコーン@こげ茶色がココアのコーンで白色がノーマルのコーンなんだけど、この僕にはノーマルの存在意義が今ひとつ理解できない。すべてココアでOKなのに。右下の黄色はお歳暮でいただいたかそこらのスーパーで買ったかどっちかのちょっと値の張るスイートポテト、さらに『アタック25』のパネルのような占拠っぷりの緑色はロッテのお菓子@カスタードケーキ。はい、レディーボーデン以外は本来、ここには存在しないものだよね。でも、4年前にも【上用饅頭に見るビジネスヒント】という素晴らしいコラムがあったじゃないか。そうだよ、冷凍したらなんでも美味しくなるんだよ。これを「逆電子レンジ発想のススメ」とこの僕だけが3日前からそう呼んでいる。プリンはもちろん、干し柿もかぼちゃも以下同文にマーベラスさ。この際、古い常識に凝り固まった君たちの頭も心行くまで冷やしてみたらどうなんだ。その八丁味噌にも劣る稚拙な脳ミソを。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小さいことならクヨクヨしねぇよ

そのとき僕は、スタバ@京都烏丸六角店で冷めたソイラテをすすっていた。すると、社会人低学年(1年生~3年生)らしき男性2人が入って来た。菅田将暉(以下、S)と高橋一生(以下、T)に似た2人は、僕の左隣の席に腰を下ろすと「ったく、やってらんねぇな」「まぁ、そう言うなよ」と言葉を交わした。どうやらSは会社で何かあったようだ。Tは「そんなことでイライラしてたらさ、この先3年ももたないぜ」とSをなだめた。「でもさ、あの言い方はないんじゃね?」「本田課長も悪気はないよ、きっと」「かなぁ?」。2人はテーブルに目をやると、Sはパストラミビーフサンドウイッチを、Tはハニーハム&チェダーチーズサンドウイッチを一口かじった。と同時に、それぞれトールサイズの熱い珈琲で一気に押し流した。やっと落ち着きを取り戻したSに向かって「そんな小さいことにクヨクヨしてたら社会人やっていけないぜ」とTは諭した。そのときだ、よせばいいのにこの僕は「小さいことならクヨクヨしねぇよ。今はそれが小さいか大きいかも分かんねぇからウロウロしてんだよ。小さいことかどうかなんて1年後にならなきゃ分かんねぇんだよ」と聞こえるか聞こえないかのビミョーな音量でつぶやいたつもりがしっかり聞こえていたらしく、S&Tに鬼の形相で睨まれた。だから、大晦日の晩にそんな総天然色の夢を見た。これが初夢になるかどうかは別にして妄想のような夢から目覚めたリアルな僕は、初詣にすぐ近くの住吉神社を総勢9名で訪れた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテルパークの日帰りプランでドン・コルレオーネに憧れて

今年で2回目だけど毎年恒例の「杉山家とその周辺の者たち合同クリスマス&忘年会 ~食べるのは君たち、お支払いはこの僕」を行ったった。ホテルパークの日帰りプランを利用するとお値打ちだ。「一族が勢揃い」というキーワードで嫌でも思い出すのは映画『ゴッドファーザー』しかないだろう。当然、ドン・コルレオーネ役はこの僕しかいない。しかしだ、「早く撮って!」「はい」「こっちも撮ってよ!」「はい」という具合で主役の僕が写っていない。世が世なら、市中引き回しの上、打ち首獄門だよ。だって家長&ボスであるこの僕だよ。ま、ほぼほぼ女系家族だから多数決では100%負ける。すると女将っぽい女性がやって来て「お孫さんがハーフバースデーと聞きましたので、気持ちだけですが」と可愛らしいタオルハンカチをプレゼントしてくれた。うれしいじゃないか。こーいうことをされると30人以上に伝えたくなる。でも、イラッとしたことをされると300人以上に言いふらしたくなる僕がいる。ハハハ、心配しなくても大丈夫だよ。僕、そんなに友達いないから大和田(自爆)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下呂温泉に首まで浸かりながら飲みたい入江豊三郎本店の保命酒

つい先日とは、いったいいつからいつまでの範囲を指すのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。そのつい先日にこの僕が広島県・鞆の浦を訪れたことは我が家の中でもあまり知られていない。もっと家長であるこの僕に興味を持てよな。住宅ローンと固定資産税の支払いを割り勘にするぞ、この野郎。はい、面と向かって言えない身内への小言の巻頭文はここまでです。その鞆の浦の木下藤吉郎いや、『入江豊三郎本店』で知った薬味酒であるところの保命酒をお取り寄せした僕がいた。この「~であるところの」という表現がたまらなく好きだ。で、養命酒をやめてからそこそこ日が経ったので「これもご縁だから」とこちらに切り替えて再スタートを切った真っ最中の僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンク・レディーの「ケイちゃん味」でも可

録画しておいた『科捜研の女』を見ている真っ最中に玄関のチャイムが鳴った。まさにクライマックスの3分くらい前のことだった。2人の妙齢のご婦人のうち手前にいた渡辺えりと柴田理恵を足して2で割って顔にドライフルーツを塗りたくったような女性が「青山と申しますが、○○教のご説明で町内を・・・」と始まったので「杉山と申しますが、死ぬまで浄土真シャーの予定です」と話を途中で切ったった。その後、ドラマの続きを見たら結局、殺人事件じゃなくて事故死じゃねぇかよ!はい、すべてに残念ちゃんの巻頭文はここまでです。そこでだ、今まさに気分転換のお口直しにポテトチップスの袋を開封しようとしている僕がいた。ハハハ、ほらご覧。飛騨牛味とか鶏ちゃん味にしておけば「岐阜の味」とうたえると思っているその安易な発想が何気に笑える。どうせなら長良川鵜飼で酷使され続けた「鵜の味」くらいぶっ飛んだ斬新な発想ができないものだろうか。でも、それってフツーのチキン味じゃん。だって、さすがに「鵜匠の味」だとちとまずいだろ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も今日とてたねやのぜんざい vs. 今日も京都で乱痴気騒ぎ

パソコンがあってもサーバーにつながらないとまったく仕事が捗らないことを痛切に思い知らされた午後1時か2時か3時半。遅めのランチを楽しもうとテーブルに座ると「ジイジのごはんだよ♪」と右横から可愛い声がした。「うん、これはジイジの大好きなご飯だよ」とできるだけアニメチックな声で返した僕だった。大して食欲もないせいもあるが、朝からほとんど食べていない。何もしていないのになんだかんだと磯が死んだ。なぜだろう。かと言って、別にその答えを導き出そうとする気もサラサラない。毎週のように京都の花街で大勢の舞妓はんに囲まれながら「そなだめどすえ~」とかはしゃぎまくっているこの僕の友人が何気に哀れに思えてしまう。うん、このまま逝っちゃえば彼のショボい人生もハッピーエンドだろうに。今夜はチキンカレーだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青春18きっぷで路線マップを赤く塗りつぶせ!

備忘録:欠番は00410と00411の2つ。チクショー!はい、ってことで、この冬も青春18きっぷを買った僕がいる。チマチマした作業ばっかしていたので遠くへ行きたい衝動に駆られっぱなしだぜ。今回は西へ2回、東へ1回、北へ1回、南へ1回という極めてまんべんなく平等に計画をしている。ま、駅のプラットフォームに立って「どっちに行こうかなぁ、僕」と行き当たりばったりの一人旅が理想だが、そんなまったりとしたフレキシビリティー&フリーダムな時間はまだ当分は取れんがや。それにしても欠番が2つも発生したとは。この僕としたことが。まあいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加