楽観日記一覧

いい子になることではなく自分が楽しいと感じることが一番

「ディスる」とか「ハズる」などという2リットルくらい反吐が出そうな俗っぽいワードが大嫌いな正しい日本語をこよなく愛す杉山です。とは言いながら「サボる」を日常的に使う自分が憎めない。ちなみに、サボるは「サボタージュ」の略語なので念のため。ってことで、目に入れたら間違いなく痛い可愛い孫たちが753、正しい日本語にすると七五三で近くの住吉神社を訪れた。そのとき僕は「君たちにいい子になってもらいたいわけではないんだよ。そう、いい子になるということは絶えず誰かの目を気にしていなければならないので疲れるんだよ。それにいい子を演じることに疲れ果てて悪い子になる可能性のほうがはるかに高いんだよ」と心の中でそれとなく言いたかったけれど肝心の心がどこにも見当たらないのでやめといた。とにかくわんぱくでもいい、たくましく育ってほしい。

提供は丸大食品でした。この後、全員で『古風人 領下』で食事を楽しんだ。今日もいい一日だった。


自分が可愛くて可愛くて嗚咽が止まらない37点の僕

例えば、僕が人として37点だったとしよう。うん、よく「言葉の暴力で他人を威圧する人間なんて最低よ」などと言われたりする。ここでのポイントは決して殴打の暴力は振るわないということだ。基本的に平和主義者であり証拠が残ることはしない。このような際に「あ、僕って人として63点も足らないんだ。何とか100点に近づけなければ・・・」と安い世間の連中は焦ったりするらしい。ハハハ、バカだなぁ。第三者からすれば37点かも知れないけれど僕が僕であることにマイナス点はあり得ない。仮に37点だったとしても人生の7回裏の攻撃から63点も一気呵成に挽回することはあり得ない。生まれて56年と2か月間、ずっとそんな奴ですこの私。もう自分が可愛くて可愛くて嗚咽が止まらない。僕をイジメる奴には国宝級のバチが当たればいい。そんなことをバローで買った焼き芋を食いながら考えていた。2日間も内勤作業が続くと精神状態が何気に不安定になるっぽい。


教科書の『ゼッケン67』のカルナナンダ選手を思い出した午後3時

ホークスも日本一になったことだし携帯電話どころか光回線からPayPayまで身包みソフトバンキーのこの僕を少しくらい金銭的に助けてあげたらどうなんだ。ったく、我が家の毎月の収支を確認するとおたくへの支払いが凄まじいんだよ。はい、本当のところはauに乗り換えたくてたまらない巻頭文はここまでです。ま、最初のドコモが高飛車でゴミ以下だったしね。ビリー・ワイルダー監督の名作に『失われた週末』があるが、この週末の僕も磯が死んだ状態になるため今日は玄関から出ることなく内勤作業に徹した。そのためお腹も空かなかったので一日のカロリーを3本の魚肉ソーセージだけで担保した僕だった。ハハハ、数年ぶりの魚肉ソーセージもなかなか美味しかった。では、また明日。


2020年11月24日のハッピー

午前9時48分、オイル交換を行うために夢も希望もないのに愛車のドリーム号で世界の山ちゃんの会社であるエム・テック・サージョンまで行った。この僕と同い年の世界の山ちゃんは納車のために横浜へと向かったらしい。腰痛で苦しむ僕は片道16キロのここまで来るのが精一杯だというのに。はい、顔を合わせれば「誰か死んだ?」「どっか調子悪い?」があいさつ代わりの同い年の情けない巻頭文はここまでです。その帰りにアピタ北方店に立ち寄ると入念に吟味した結果「おかずたっぷりイカフライ海苔弁当」を買った。今日の貴重な一食は美味しかった。この具の下には海苔弁当があり海苔の下にはおかかが敷き詰められていた。398円でハッピーなひとときを味わうことができた。


「金の切れ目が縁の切れ目」に怯える僕

現在、生まれて56年と3か月目、実親から勘当されたくせに未だに1本も親知らずが生えていないミラクルな体質の杉山です。はい、ひょっとしたらまだ乳歯が12本くらい残っているかも知れないマジカルな巻頭文はここまでです。しかしながら今ではご覧のとおり大勢のファミリーが怒涛の如く寄って集る。ちなみに、この場合は「あつまる」ではなく「たかる」と読むのでイチイチ念のため。では、なぜにこの僕に寄って集るのだろうか。まばゆいばかりの人徳がそうさせているのだろうか。いやいや、それはね、あくまでもゆすりたかりの対象だからだよ。つまりスポンサーとしての価値がなくなったら晩秋の内海海岸の波のようにサーッと引いてジ・エンド。そうに決まっているんだよ。ってことで、岐阜駅構内にある不二家まで歩いてワンホールの誕生日ケーキを買いに行った僕だけど案の定、9人なのに8等分にカットした都合上、僕の分のケーキはなかった。奇数って罪作りだね。


あいすまんじゅうと同じくらい世の中、まだまだ甘い

数十メートルも離れた所に立つ教官に向かって大声で叫ぶと「まったく聞こえん!」と叱責される。「まったく聞こえん!」という教官の声がはっきり聞こえるのはいかがなものか。怒りに震えながら歩き出すと教官の左隣に立っていた男性に「今の俺の声、お前には聞こえんかったか?」と尋ねたら「いえ、聞こえました」と返ってきた。と同時に「おい、何でお前にはこの俺の声が聞こえんのや。お前、耳鼻科でよう診てもらったほうがええんちゃうか?」と教官にブチ切れた岩田君は今、どこで何をしているのだろうか。知らんがな。まぁ、理不尽の極地を絵に描いたような極めてバカバカしい平成の遺物の地獄の特訓などとっくになくなっていると思ってググったらあーた、まだあったがね。はい、会社の経費のムダ遣いだけならまだしもデメリットしかない研修がまだ生き残っていることに「世の中、まだまだ甘い」とほくそ笑んでしまった巻頭文はここまでです。まだまだ無能な連中からお金は巻き上げられるからみんな、せいぜいおきばりやす。それはそうと近所のファミリーマートで丸永製菓のあいすまんじゅう「ずんだもち」バージョンとやっとめぐり会うことができた僕がいた。我慢できずにパクッといけば、濃厚なずんだあんの下に柔らかいお餅が入っているじゃないですか。丸永製菓、あなたって丸永製菓は・・・。岩田君にも食べさせてあげたい。今日もいい一日だった。


美味しいものを食べるのではなく、美味しく食べる

エプソンのプリンターの調子が致命的で明後日にもご臨終っぽいゆえに最新型の機種をジョーシンで購入したいと思っているものの在庫の6本のインクが最新型の機種には適合しないため在庫をすべて使い切るまで購入に踏み切れないという残念ちゃんは多いだろう。でもね、イエローがなくなったら「まだ他の色があるからとりあえずイエローを1本だけ追加しておこっと」という魔のスパイラルに陥っちまうんだ。はい、1年以上も前からこの状態から抜け出せない苦悩の巻頭文はここまでです。ギリギリのビンボー症であと一歩で本当のビンボーになっちまう僕がいる。笑うくらい暇だったので今日の晩ご飯にお好み焼きを作ったった。僕の食のモットーは「美味しいものを食べるのではなく、美味しく食べる」。何気に原価はほぼ0の食材でも明るく楽しく美味しく食べる。では、また明日。


定番になるヒケツとヒミツは何?

情けは人の天下の寝て待て】【人の心をグッと掴む方法】【アンリ・シャルパンティエのWチーズケーキを見て思いを馳せる】で確実にお馴染みのアンリ・シャルパンティエのWチーズケーキだよ。はい、6年前から何気に買っているものの未だにブランド名が覚えられない巻頭文はここまでです。個人的にはもっとベタで親しみやすい名古屋弁チックなネーミングにしたほうが売れると思います。とは言え、僕が知っているだけでも6年前からある定番なので「何がポイントなんでしょうね?」と女性スタッフに尋ねたら「お持ち帰りはどれくらいかかりますか?」とすっげぇ笑顔で返されたので「30分、あ、やっぱ1時間です」と圧倒されつつも答えた僕。まあいい。美味しかったので許す。


可能な限り新機軸を内田荘いや、打ち出そう

ボーっとネットサ~フィンを楽しんでいたらマイ・キング・オブ・アイスクリームである丸永製菓のあいすまんじゅうに「ずんだもち」バージョンが登場したという記事と遭遇した僕。昨日から全国のコンビニで先行発売されると12月7日から一般販売となるらしい。おぉ!この寒い中、電光石火で近所のセブンイレブンにクリーム号で駆けつけたらなかった・・・。凹んでいる暇などない。続いてファミリーマートなど2か所の店舗に駆けつけてもなかった・・・。岐阜だけ排除していませんか?まあいい。近いうちに巡り合えるだろう。とは言え、お口の中がアイスクリームを受け入れる態勢になっていたので冷凍室にあったスーパーカップのベリーベリーフロマージュを3分の1だけ食べた。これも夏限定の商品で在庫限りの販売ゆえに貴重と言えば貴重だろう。そこで丸永製菓よ、粒あんをずんだに変える。定番の商品の中身を変えるだけという新機軸が0の戦略ではあるが僕は君を許す。


ウチ店旅:天恵美豚のハンバーグ弁当

オリエンテーションとオリエンテーリングを頻繁に間違える僕だけど驚くべきことにオーガニックとガーリックについても間違えることがある。ココ、次の中間テストに出るかも知れないよ。100%出ねぇよ。はい、世の中に100%言い切れることなどほとんどないけれど上記については100%言い切れる巻頭文はここまでです。ってことで、オーガニックなテイクアウト弁当を食べてご満悦な僕だけど別に有機農法や無農薬にこだわらなくても無能でなければOKさ。今日もいい一日だった。

[ブログ内検索タグ]ミツバチ食堂,