楽観日記一覧

北欧倶楽部は必要悪?Part2

前回と言ってもほぼ2年前となる【北欧倶楽部は必要悪?】の第2弾とまいりましょう。モーレツな暑さのせいか、それなりに美味しく見えちまった新商品のクリーム入りのメロンパンをあろうことか2個も買っちまった僕がいた。従来のメロンパンが98円のところ新商品のこれは128円だった。しかしながら案の定、38円分の味のバージョンアップはまったく感じられなかった。ま、消費税と思うことにしますか。税率にしたら30%だけど大和田(爆)。午前6時7分、この話を家族会議の議題にすると「128円と言ってもアンティークの半分の値段だからしょうがないんじゃないの?」「異議あり!たとえ2倍の価格設定にしたところで現在の商品と大差はないと思います」「う~ん、そうかも知れませんね」。ハハハ、朝っぱらから建設的な議題をプレゼンツしてくれてありがとう!北欧倶楽部の商品はいつ・どこで・誰と・どれを食べても47点がせいぜいなんだ。ところが一方の『アンティーク』はいま・ここで・君と・あれを食べても75点をクリアするんだ。だから、資金や技術力の差だけではないのだろう。誤解しないでほしい。可愛いからこそ苦言を呈しているんだよ。

今日の晩ご飯は一昨日の残り物のナンを使った存在自体が絶対悪の杉山倶楽部のナンタコスだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白い人

今まさに、トシコちゃんの美容室でスパッとカットする18秒前の真っ最中。真っ昼間から美容室で爆睡できることの喜びと歓びと悦びと慶びをチェルシーのように君たちにも分けてあげたい僕だが、1円もボーナスはないのに8月は住宅ローンのボーナス返済の月なので38万円(新消費税込み)で販売したい。この僕との握手券付きだからお買い得だよね。今から5分間、オペレーターを増やしてお待ちしております。ま、それも賛否両論だと思いますよ。そんなことよりふと気付けば全身の毛が白くなってきている。ま、それは興味津津だと思いますよ。おいおい、太い鼻毛やささやかな胸毛や手の甲の産毛の中にも白いものがチラホラあるっちゅうの。老いと共に体が白化している僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玄関先で休憩していたコウモリさん、何でもOKだから恩返しを忘れないでね

「助けてコウモリさん。コウモリさん、お願い助けて」「ハハハハハハハハぁ~!」と黄金バットがやって来た。んなこたあない。「暑い!毎日毎日、僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ」と大胆なひとり言をつぶやきながら玄関のドアを開けた白い弘道は黒い物体を発見した。ほら、ご覧。トトロに登場するまっくろくろすけでも新種のモバイルバッテリーでもないよ。コウモリさんだよ。まだ小っちゃいんで人間に例えたら芥見幼稚園の年少さんくらいだろうか。前にも言ったが何度でも言おう。僕はね、犬や猫などの動物の年齢を「人間に例えたら」で変換する連中が大嫌いなんだよ。ちなみに、コウモリは鳥類でも爬虫類でもなく哺乳類なんだ。う~ん、最初は砂利の上にベチョっと固まっていたが、少し経つと通気口の右横に張り付いていた。案の定、逆さまなんだね哀川(笑)。人間に対しては冷酷なくらい無責任だけど動物に対してはそれなりの愛情を注いで恩返しを期待するこの僕は、どうしたものかと自分の部屋で「コウモリ 餌」「コウモリ 育て方」などとググっていたら途方に暮れた。弘道、困惑。弘道、最大のピンチ!とうろたえながら玄関から出ると、すでにそこにコウモリさんはいなかった。やれやれ by 村上春樹風。今日の岐阜市は全国で最も気温が高かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アマゾンで全国のご当地レトルトカレーを北海道から順番に買ったろかしゃん

昨夜の11時は32℃、今朝の4時は29℃。どこにも逃げ場はない感がてんこ盛りの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。いかがもたこがもありゃしませんがね。よく「死ぬほど」という言葉を多用する僕だが、これは「程度が甚だしい」という状況を表しているに過ぎない。とは言え、今夏は物理的に死ぬかもしれない。でもね、見た目もルックスも外見もステキだけど性格と滑舌と焼き魚の食い方が悲惨で致命的な後継者を発掘してからでないと死ねないの。ハハハ、極限の暑さのせいか、今日も午後7時7分からいい感じでノイローゼ気味だぜ。はい、パソコンに負担を掛けたくないのでチャッチャと行きましょうね。すっかりお馴染みとなったてっきりTポイントでちゃっかり仕入れたレトルトカレーだよ。今回はスジだらけのジジイが愛す「牛すじカレー」だ。17秒ほど前に戻って「甚だしい」は「じんだしい」ではなく「はなはだしい」と読んで「すっげぇ」という意味だがね。どうせ5人に2人は読めっこないだろうからと懇切丁寧に説明してあげた僕に全力で感謝しなさい。だって、この僕だよ。はい、今日のブログの終わるタイミングが分からず迷走している現在進行形。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悩めるスイカ男の切なる願い

どう見えるか知らないが、こう見えてもこの僕はJR東海の管轄内に潜伏しながらもTOICAではなくSuicaを愛用している。僕って東京っぽい雰囲気が何気に漂っちゃったりしちゃったりしてるからさ。ほら、ご覧。強引にSuicaつながりでスイカ男に変身だよ。あまりに巨大すぎて3日前から朽ち始めた枯れ枝のような上腕二頭筋がプルプル震えまくりだよ。血はつながっていない親戚の畑で収穫されたスイカをもらったのはいいが半分に切ったところでパナソニックの冷蔵庫には入りそうもなければ、そもそもこいつを半分に切ることのできる大きな包丁などもない。この場をお借りしてメッセージをプレゼンツしよう。何事もムダに大きいことは単なる迷惑以外の何物でもない。こいつは海水浴場のスイカ割りくらいにしか使い道はないけど潮風が苦手な僕には水晶浜に行く予定はない。これを機に果物のカテゴリではなく、生きて行く上で必要な野菜や穀物のカテゴリをお贈りください。ところでスイカは「西瓜」と書くけど「瓜」と「爪」でよく混乱しませんか?僕は日常的にググっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄れゆく意識の中で奏でる西松屋ラプソディー

12月なら薄暗くなり始めている午後4時8分だというのに34℃もある今日この頃、空に向かって「俺のホワイト国から外すぞ、この野郎」と叫ぶはずもない杉山です。厄介ですねぇ、この殺人的な暑さは。何でもいいから「避暑」を体感させてくれるものを身の回りに置いて涼みたいと思った僕は100均で手動の扇風機を買った。ほら、ご覧。これで100円だよ。これが僕の作品なら最低でも3万円の値は付けるだろう。デフレうんぬんは別にして実に住みやすい世の中じゃないか。我が家の娘たちがよちよち歩きだった頃は、紙おむつを買うにも赤ちゃんデパート水谷くらいしかなかった。これがまた暴利と呼ぶに相応しいくらい高かった。それが西松屋の登場で一気に価格が安くなった。だから、僕は何を言っているのでしょうか。あまりに暑すぎて意識がモーローとしている真っ最中。では、そろそろ今日の〆に入ろう。気候は理不尽でもそこそこ住みやすい世の中になって満足だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

りこ散歩:プリキュアには負けるジイジとの記念すべき旅立ちの日

結衣ちゃんとは嫌というほど散歩に行っていたのに2人目となるとこんなものなのね。ってことで、下の孫の莉子ちゃんと初めて2人きりで名鉄電車に乗って岐阜駅界隈まで散歩に出掛けた僕がいた。そこでだ、記念すべき旅立ちの日なので北斗神拳で秘孔を突くかの如く瞬殺の動画をお見せしよう。

名鉄岐阜駅に着くや否やヴィ・ド・フランスに入ると塩バターフランスを白桃ジュースで押し流した莉子ちゃん。その後はロフトと三省堂で時間を潰すと今日の〆としてサーティワンの「ストロベリーチーズケーキ」をお金がないから2人で仲良くシェアした。そんなこんなで今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燻したゆで卵&ソーセージをトッピングしたレトルトハンバーグカレーの夕餉

大きな声で『めだかの学校』を歌いながら財布の中をそっとのぞいてみたら案の定、福澤諭吉先生が1人もいなくて泣きそうになったことはありませんか?渋沢栄一先生の時代になれば僕の財布の中もちったあマシになるのだろうか。前者は疑問形で後者は単なるひとり言だお。だから、そんなことはどーでもいいんです。今日の晩ご飯は燻したゆで卵&ソーセージをトッピングしたカレーではあるが肉曜日に相応しくハンバーグカレーでもあり稀少なTポイントで仕入れたレトルトカレーでもある。こんにちは、カールスモーキー杉山です。昨日とは打って変わって今日は1円も使うことなく一日が終わろうとしている。これで僕の過呼吸も無事に治まるってもんだぜ。ちなみに、生まれて54年と10か月間、過呼吸になったことなど橋本七度煎いや、一度もありません。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越冬来春ツバメ:悲しみと冬を乗り越えて希望の春に再び訪れてほしい

モーレツに悲しいお知らせです。我が家の車庫の中に巣を作ったツバメさん夫婦だが、ちょっと前に卵を産んだんだよ。そっと見に行くと順番に入れ代わって卵を温めていた。その光景は微笑ましく、現世の喧騒とはかけ離れていた。そして、数日前に無事に孵化した。餌を運ぶ親ツバメさん、それを待ちわびる赤ちゃんツバメたち。脚立に上って巣をのぞけば驚くだろうから「早く巣から可愛い顔を出してくれないかな」と下から見上げていた。ま、上れと言われても極度の高所恐怖症ゆえに絶対に上れっこない僕がいる。だから、そんなことはどーでもいいんです。ほんの数分前まではそのような微笑ましい光景だった。しかし、電光石火でカラスに襲撃されると巣は跡形もなく木っ端微塵となり赤ちゃんツバメたちは・・・。なす術もないツバメさん夫婦は我が家の前の電線の上で悲嘆に暮れて鳴いていた。そして、サッと飛び立つと僕の目の前をかすめるように旋回した。ひょっとしたら僕が巣を壊した張本人だと思って威嚇したのだろうか。再会を約束する旋回であってほしいと切に願う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午後7時48分なのに弘道、もう寝るってよ

君たちのような聡明な霊長類ならば当然のようにご存じだと思うが、明治建築界の三大巨匠と言えば辰野金吾、片山東熊、妻木頼黄だよね。で、それはそうと我が家の鉄板三大料理と言えば焼きそば、スパゲティ、ハンバーグだということも周知の事実&自明の理だろう。ってことで、今日の晩ご飯は肉曜日でもないっちゅうのに鉄板ハンバーグ、君に決めた!おそらく昨日のキンキンの名鉄電車内とカンカンの外気との温度差にやられたせいか喉がいがらっぽいため7分間にも及ぶ家族会議の結果、一気呵成に体力を回復させるべくカロリーがてんこ盛りの鉄板ハンバーグとなったわけです、はい。せっかちのB型ゆえに速攻で食ったら口の中が火傷して口内炎になっちまったぜ。おやすみなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加