楽観日記一覧

春よ、来い

「~だけど、何か?」という頭の悪そうな連中が多用する言い回しが反吐が出るほど大嫌いな僕だが(まさかこれで終わりじゃないでしょうね?っぽい意味合いの)「からの~」も同レベルで大嫌いなイチイチ面倒臭い杉山です。う~ん、どうでしょう。僕には飼育の才能が致命的に欠如しているのかメダカが激減中の真っ最中。ピーク時には買ってきたメダカ6匹、清水川で捕ってきたメダカ3匹とヌマエビ4匹が楽しそうに暮らしていた。う~ん、どうでしょう。それが今では3匹のメダカだけになっちまっただよ。人間に対する愛情はカケラもないものの魚類や水生昆虫に関してはてんこ盛りの愛情を注いでいる僕なのに。まあいい。いや、ちっともいいことない。何とか残ったメダカたちには全力で愛情を注ぎまくって越冬してもらおう。またスギ花粉が舞う鬱陶しい季節になったら清水川で嫌というほど友達を連れてくるからね。このような悪しき状況になると身内の連中からも「あんたは何をさせてもダメ人間」っぽく見られているそんな気がする僕がいる。では、春までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一罰百戒の山羊になったとっくん

徳井義実は「義務を実行する」という名前なのにどうしてそれを怠ってしまったのだろうか。一方、弘道は「弘法大師の道を行く」という名前なのにどうして完全無欠にかすってもいないのだろうか。ハハハ、お願いだから義実と弘道をそっとしておいてくれ。はい、2か月後には確実に安い世間から忘れ去られる時事ネタの巻頭文はここまでです。ある意味、今回のとっくんは一罰百戒の山羊とでも哀れむべきだろうか。ちなみに、この山羊(ヤギ)はスケープゴートのそれと引っ掛けてあります。「イチバツ何とかとスケープ何とかって何?」「ググれ」。僕も山羊にならないようにたまっていた帳面をやっつけるべく必死こいて会計ソフトに打ち込んだ。すると、貴重な一日が終わっちまったが帳面も終わった。さすがこの僕。やればできるじゃないか。すべては山羊のとっくんのおかげです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「腐っても赤福餅」という正しい選択肢

3280円までなら余分に払うので一度は食べてみたい粒あんの赤福餅。はい、決済方法はPayPayでお願いします。モーレツにくどいだろうが何度でも言おう。この2日間は親孝行接待ツアーと称して高松&倉敷を完璧に案内したこの僕に対して「本当に立派だね。義理の息子の鏡だよね」とちったあ褒めてやったらどうなんだ。とは言え、言葉だけなら要らない。PayPayによる送金がおすすめです。操作方法についてご不明な点がある方はいつでもなんなりとお聞きください。年中無休&24時間、電光石火で対応いたします。それ以外は一切、不可。はい、赤福LOVEの巻頭文はここまでです。岡山駅構内の土産物店で安易に橘香堂の「むらすゞめ」や廣榮堂の「元祖きびだんご」を買うような簡易な僕ではない。伊勢の名物とは言え、名古屋駅構内のキヨスクに山積みに置いてある節操のない赤福餅をこよなく愛す僕がいる。赤福が毎月1日に発売する朔日(ついたち)餅の9月バージョンが「萩の餅」という粒あんのおはぎなので2020年9月までジッと待ちましょう。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さぁ、君も出歩こう!

昨日の「ひらがな表記のススメ」とは打って変わってスポーツの漢字表記を調べていたらサッカーは「蹴球」でバレーボールは「排球」、激しく盛り上がっているラグビーは「闘球」でドッジボールの「避球」に笑うと「水球」の正式名がウォーターポロということに感心した杉山です。ほら、ご覧。僕がこよなく愛す井村屋先生の粒あんだよ。「めっきり寒くなってきたことだし濃厚なぜんざいでも食べたいね」と大胆なひとり言をつぶやきながら近所のバローの中を冬眠する3日前のヒグマの如く徘徊していたら見付けた僕だった。未だに缶切りを要す井村屋先生のレトロな缶詰にそれなりに頭を悩ませていた僕には宝物に見えた。一昨日も岐阜駅構内をアンダンテの速さで歩いていたら「あれ?焼肉店が鶏肉専門店に変わっているじゃん」という驚きの発見があった。ちなみに、アンダンテとは「歩く速さで」という意味ゆえに上記の一文は「歩く速さの速さで歩いていたら」っぽい支離滅裂な文章となる。だから、そんなことはどーでもいいんです。新たな発見があろうがなかろうが出歩くと陰鬱な気分がパーッと晴れるので近くのコンビニまででもOKだから出歩くことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏。小さな街の灯りがホタルの宴のように1本の細い筋となって歩を進めながら舞っていた。川だ。僕は緑色の缶ビールを飲むと水面にそっと目をやった。はい、村上春樹風の巻頭文はここまでです。この場合の缶ビールは間違いなくハイネケンでしょう。名刀・関の孫六の如く研ぎ澄まされた文才が自分でも怖すぎる今日この頃、明後日にでも文壇にデビューしたろかしゃん。かれこれ30年前から書こうと努めてはいるものの、未だに最初の1行が浮かばない大和田(爆)。天才の開花って時間が掛かるものなのね。村上春樹の小説を読んでいるとたまらなく川を愛でたくなるが、夏が来るたびに氾濫を繰り返す川を見るとなんとなく複雑な気持ちにもなる。そのため今朝、大都会を滔滔と流れる新荒田川を見に行った。バカみたいに水量が少なかった。我が家はJRと名鉄に挟まれた鉄ちゃんが小躍りしたくなるような場所にあるが、誤解しないでほしい。間違ってもこの僕は鉄ちゃんではなく「プチ鉄ちゃん」であり流れる車窓が好きなだけなんだ。ま、そんなことより栃木県に住む1回しか会ったことがないけれど毎日、LINEをやっている友人から無事の知らせがあって何よりだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の当たり前が今日の当たり前とは限らない365分の1の当たり前の日常

朝っぱらからブラウザのグーグルクロームが立ち上がらないので再起動を掛けたら7分以上も画面が危篤状態に陥って涙目になったことはありませんか?手を合わせながら「お願いです。サラリーマン時代に○○さんのカップを落として割っちまったのはこの僕です。今後、二度とウソはつきませんし絶対に悪いこともしません。ですからグーグルクロームを立ち上げてください。お願いしますぅ」と徹底的に忘れていた遠い昔の小っちぇ過ちがパカランパカランと走馬灯のように前頭葉の中を激しく駆けめぐったそのとき、見事にグーグルクロームは立ち上がった。こうなればこっちのもんだがね。ハハハ、生まれて半世紀以上が経過したジジイの性分や性格などよっぽどの事態に遭遇したとしても絶対に変わらん。だって、人間だもの。午後6時、ここ岐阜では今のところ何事もなくただひたすら明日の台風一過の快晴を待ち望んでいる真っ最中。令和最初となる味噌煮込みうどんは絶品だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい「身の丈に合った暮らし」っぷり

アマゾンから「お客様(僕のこと)の注文履歴などの個人情報が別のお客様に閲覧可能になるという事象が発生しておりました」というメールが届いたので「お客様の僕は困惑している真っ最中です。この責任はどう取るおつもりですか?」とカスタマーサービスまで連絡をしたのに何の音沙汰もない今日この頃、そろそろサプリが切れる頃だけど楽天に浮気するぞ、この野郎。はい、今の弘道君には虫歯はございません。ハハハ、新たな個人情報をプレゼンツしたった僕はステキだ。ネットで最新の台風情報をチェックしている際にたまたま生活保護を受けている人の記事を垣間見た。その女性曰く「今は身の丈に合った暮らしをしています」とのこと。当たり前やっちゅうの。その状態で「趣味は豪華客船の旅ですわ」はつれなかろうぜ。先日、近所の書店に立ち寄ったら「月々12万円で豊かに暮らす」っぽい本が平積みになっていた。著者のブログには1日に数千のアクセスがあるのだとか。へぇ、それだけで広告収入が毎月10万円はあるだろ。本の印税も入るだろ。安い世間はだませてもこの僕はだまされないよ。3日前の残り物のナンにキーマカレーを塗りたくりドンタコスとレタスとチーズをトッピングして焼いたら十分に美味しかった。原価は170円未満だし。このように質素を油絵に描いたような笑えないライフスタイルを「身の丈に合った暮らし」と言う。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ昼間からタマミヤフェ酒で乾杯!

JR岐阜駅の改札を通る際に暇そうな駅員に向かって「PayPayで♪」と真顔で言えたら僕が保有するTポイントをすべてプレゼンツしよう。2019年10月6日現在でたったの76ポイントだけど。ないよりマシだろ、この野郎。筆舌に尽くし難いくらい暇だったのでタマミヤフェ酒なるイベントに参加した僕がいた。さすがは世界のタマミヤだけあり当然のようにキャッシュレスってことで共通のチケットを買った。しかしPayPayは使えなかった。「責任者、出てこい!」「は~い♪」と出てきた昭和末期の無責任男のような責任者がこの人です。ハハハ、さとちゃん、おはよ!いつもいつも僕の大切なブログにポメラニアンのマーキングのようにチマチマとコメントを残してくれて世が世なら、市中引き回しの上、明るいうちに打ち首獄門だお。まあいい。四日市トンテキと庶民的な焼きそばを濃厚なビールで一気呵成に押し流したら満腹になっちまった。岐阜市長もお元気そうで何よりだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育士の年収と昭和39年生まれの詐欺師っぽい僕の年金の底上げを切に願う

ふと気付いたら伊藤園の果実ジュースの紙パックに突き刺したストローをくわえたまま寝落ちていた自分の姿に呆れたことはありませんか?今日は保育園の運動会だったので朝っぱらから真っ昼間までカメラマンとしてこき使われていい感じにめまいが止まらない僕がいる。園児の保護者しか入れない優先席にずっと陣取って撮影していたら「おじいちゃんは優先席を使わないでください」とマイクで言われるわ「先頭の方は少ししゃがんでくれませんか」と後ろの太った園児の母親に注意されるわでそりゃもう大騒ぎさ。それでも僕、微動だにしなかっただよ。ま、それも賛否両論だと思いますよ。しかし、先生方の働きっぷりを見ていると頭が下がりますな。テキパキと動き回ることはもちろん、持ち帰りの仕事もてんこ盛りだったのでは。そうじゃなければここまでできないだろうと思うくらいハイレベリーな仕事っぷりだった。いいかい、マジで。10月から幼児教育の無償化が始まったが、そんな策があるのなら保育料を0円にする前に保育士の年収を100万円くらい底上げしてやったらどうなんだ。運動会が終わると西友で弁当や惣菜を買い込んで車庫で食べた潔癖症の杉山家だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛と勇気ある検証により実感したモスバーガーの軽減税率

イートインは和製英語だけど東横インは朝食が無料。しかし、朝っぱらから赤の他人の顔を見ながら食事などしたくない僕は一度も利用したことがない。今までに4回しか泊まったことがないし。ま、それは置いといて、消費税がアップしたことを実感すべくモスバーガーアスティ岐阜店をユニクロのステテコで訪れると丁寧な口調で期間限定の「ジャンボメンチ」とサイドメニューをオーダーした。いつもならイートインする僕だけどレシートの8%を確認したいためだけにテイクアウトした勇気を全力で褒めてほしい。これで明日から軽減税率のレシートを見ても何の感情も抱かなくなるだろう。ところで8時間が経過しても胃の腑は脂っぽい真っ最中なう。味はと言えば、極めてフツーだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加