楽観日記一覧

その御利益は、総じて「平穏無事」

ゴー・アウェイ・チェービー!説明しよう、チェービーとは台風21号に付けられた名前のことだ。台風対策としてシャッターを閉めて物理的に引きこもり状態になった僕は、極度の閉所恐怖症ゆえに少しでも外界との接触がないと胸がキュッと息苦しくなるんだ。はい、またひとつこの僕のお宝級の個人情報がタダで手に入ってすこぶるラッキーだったね。しかも僕の弱点だお。そこでだ、日頃からお世話になっているあの人とLINEでチャットでも楽しもうかと思った僕だが、その人のIDすら知らんかったがね。LINEだけに一線はなかなか越えられないものなのね。はい、座布団5枚級。この僕のことをご心配してくれた全国6741万人の不特定多数の哺乳類にご報告しよう。ハハハ、何事もなくチェービーは過ぎ去った。岐阜駅前にあるビルの看板は朽ち落ちたそうだが。まあいい。もうとっくにご存じだよね。一人旅のときだけでなく、今回のような場合でもこの僕の味方になって確実に守ってくれる彼女のことを。そう、てるてるてる子ちゃんEXだよね。なんと一人旅のときの快晴率は100%だよ。ミコシもエンギも一切、担がない僕だけど彼女のことだけは信頼している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金のバウムで労をねぎらう

一昨日、福井駅構内にある雑多な土産物店で「菌のババア」いや「金のバウム」を買った僕だった。ったく、あなたって本当に下品な人ね。ハハハ、下品には「ババアはNG」などという定義や規則は一切、存在せず、その尺度は人ぞれぞれなんだ。ま、この僕から言わせれば、自制心のカケラもなくブクブクとマシュマロマンのように膨張する個体のほうが下品と思うけど。僕はね、言いたいことは歯に衣着せず言うジジイなの。それが気に障るのならあっち行け。お前の代わりなど腐るほどいる。これが僕の線引きのフィルターさ。おっといけねぇ、お話が2センチほど逸れちまったぜ。気付けば福井駅で買ったのに金沢の土産とはこれいかに。まあいい。昨日、隔週で夜勤の部署からそれなりに光合成が楽しめる部署に異動となった次女の労をねぎらい「本当にお疲れさま。よく頑張ったよね。夜遅くまで待っているこっちもすっげぇ疲れたよ」と全員で微笑みながら金のバウムを食ったった。ちなみに「労をねぎらう」の「ねぎらう」は漢字では「労う」と書く。しかしながら「労を労う」と重複するのを避けるために「ねぎらう」をひらがな表記する場合が多い。今日もタダで勉強ができて本当によかったね。でもね、この僕の愛しいジャパンネットバンキーは年中無休でウエルカムだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年『青春18きっぷ@夏の陣』の総移動距離は1477.2km

昨日で2018年『青春18きっぷ@夏の陣』は終わった。当然のことながら余すことなくちゃんと使い切った僕だが、今回はきつかった。そこでだ、電卓を叩きましたところ●豊橋駅(3880円)●宝塚駅(6890円)●奈良駅(5610円)●浜松駅(4540円)●福井駅(5180円)で合計26100円となった。何気に途中下車も楽しんだが、主たる目的の駅までの日帰り往復料金は上記のとおりだ。ここから購入金額である11850円を引くと14250円のプラスとなったが、これは過去の記録を調べたら最も少ない額だった。そろそろジジイの青春18きっぱーも卒業か?と思ったが、ちょっと待ってちょっと待っておじいさん by とっくに死語。君たちもご存じのとおり、この夏はあまりに暑すぎた&あまりに台風が多かった。そのため一泊もできなかった。18きっぷの日付を見れば一目瞭然だろう。お盆が明ければ例年の如くひんやり涼しくなると思いきや、まったくそうならなかったどころか暑くて蝉も鳴きゃしねぇ。で、慌てて使い切った。これを正しい日本語で「不可抗力」と言う。もう一度だけ僕にチャンスをください。では、その冬の陣までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「平成最後」シリーズ第1弾:そうめん

2019年4月30日(火)をもって平成は幕を閉じる。そしてその翌日、この僕は新たに3つ目の時代を迎えることとなる。おめでとう!僕。ま、それまでご無事に生きていればの話だが。その前に昨日のブログには「青息吐息のこの僕の遠い記憶が正しければ、おそらく3度目の浜松城だろう」と書いた僕だが2度目だった。やっぱ3つ目の時代を迎えることは難しいかもしれない。ガンバ!僕。ふと気付いたのだが、今年は免許の更新があり数年ぶりにゴールド免許に復活する。その記念すべきゴールド免許の次なる更新期限が平成35年と表記されることになるはずだ。100%それまでは、この僕の中では平成は生き続けているだろう。なんちて。そんな大胆なひとり言を最低最悪の滑舌でつぶやきながら一人きりそうめんをすすった。我が家には在庫もなければ、わざわざバローに買いに行ってまで食うことはないので今夏、最後のそうめんとなる。ゆえに平成最後のそうめんとなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクドナルド&どん兵衛が奏でる反逆のラプソディー

今日の僕のご機嫌は偏差値37レベル。こんな致命的な偏差値では名古屋市天白区の塩釜口駅前では知らない者はいない名城大学法学部にすら合格できない。ただ、お隣の八事駅前では知っている者も知らないフリをするから何気につらい。もっと死ぬ気で頑張れよ、名城大学。ハードボイルド小説の古典『動く標的』を書いたのはロス・マクドナルド。名曲『What a Fool Believes』を共作したのはマイケル・マクドナルド。今日の僕が向かったのは岐南町にあるマクドナルド。はい、ご当地グルメバーガー祭と銘打って期間限定で西日本では金沢名物「黒カレーカツバーガー」、東日本では名古屋名物「みそカツバーガー」を販売していることを知った僕。今日のランチタイムは五臓六腑レベルで金沢ろうと思って岐南店を訪れたものの、あろうことか岐阜県は東日本エリアなんだって!ったく、この僕には考えられねぇ&信じられねぇ。NTTでは西日本エリアなんだよ。商用電源の周波数ではほぼ静岡県を境に東側が50ヘルツ、西側が60ヘルツに分かれているけど岐阜県は後者なんだよ。それなのにマクドナルド、あなたって肉のカタマリは・・・。ド久しぶりの激おこぷんぷん丸だお。何も買わずに引き返した僕は、西友で買ったサンマの蒲焼き弁当を発泡酒でチマチマと押し流した。ただ、日清のどん兵衛のつゆや具材に関しては岐阜県は東日本だとか。聞かなかったことにしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『あまい囁き』を聴きながら

台風の影響はなかったものの小雨模様のはっきりしない曇天だった。そんなアンニュイな午後には、あの名曲『あまい囁き』がお似合いだろう。アラン・ドロンの甘い語りとダリダのハスキーな歌声のリフレインが止まらない。当然、フランス語で「じゅすぃこまんたれぶおまえすっとこどっこい」とドロンがささやけば「パローレ、パローレ、パローレ」とダリダが淋しげに返す。ふと「Paroleってどんな意味なんだ?」と思った僕は速攻でグーグル翻訳に入れてみたら「仮出所」だと。ってことは「仮出所、仮出所、仮出所」と淋しげに歌っているのだろうか。あ、元々はイタリア語の曲だった。まあいい。ダリダの人生を綴った映画『ダリダ あまい囁き』も是非とも見たい。ダリダもいいが、イタリア語の原曲を歌ったミーナ&アルベルト・ルーポのミーナ(画像)の圧倒されるあばずれ感もたまらなくいい。そこらのあばずれはNGだが、彼女だったら許せる。「どんな人?」「ググれ」。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日を迎えられない会社たち:株式会社ンシャトレーゼの提言

辰年は巳年より執念深い。ハハハ、龍って蛇のバケモノみたいなものだから。そこでだ、完売により8月5日に買うことができなかったシャトレーゼの「特盛おはぎ」を手に入れた僕がいた。ふぅ~、まるで神田町9丁目の県道に敷き詰められた日焼けしたアスファルトのような暗褐色だ。いい感じに体に悪そうだぜ大和田(爆)。正直、食った感想は偏差値53レベルだが、シャトレーゼには全国に点在する愛と正義を貫く甘党たちのためにも末永く頑張ってもらいたい。昨年、東京商工リサーチが2000年以降に無残にも倒産しちまった約18万社の社名を調査したところ「ア」で始まる会社が最も多かったとか。例えば、穴吹工務店やアナコンダ洋食店。すびばせん、前者は本当だけど後者は嘘っぱちです。「ア」に次いで多かったのは「シ」と「タ」、すなわち「ア」「シ」「タ」で始まる会社に明日はないっちゅう皮肉な実話やがな。でもって「ン」で始まる会社の倒産は0だったとか。そもそも「ン」で始まる会社が世の中に実在するのだろうか。ま、バカバカしい話だが地味に地道に笑えるよね。ん?おぉ!愛しのシャトレーゼよ、なぜにあなたは「シ」で始まるの?この際、社名を株式会社ンシャトレーゼに変更したらどうなんだ。では、これから冷やし中華タイムとまいります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あるチキン野郎のチキンな一日

「チキチキマシン猛レース」と「チキンフィレサンドもう結構」は泣きたくなるくらい似ていない。「ケンタッキー」や「フライドチキン」などでブログ内を検索しても適当なページが出てこないからケンタッキーに行くのはきっと15年ぶりだろう。こーいうことができるからブログは便利だよね。それ以外の活用法としてはアリバイ工作などにも用いたい。ちなみに、「チキン野郎」で検索したらザッと出てきたぜ。そこでだ、ケンタッキーフライドチキン岐南店を訪れた僕だった。店内に入ったそのとき、今から30年前に同じ職場だった伝説の男を思い出した。僕たちの目の前で12ピースのチキンを一気に食った星川君は今、どこで何をしているのだろうか。彼はまだ真っ赤なピアッツァに乗っているのだろうか。君たちの中に彼の消息をご存じの方がいたら、僕はまったく興味がないからそっとしておいてくれ。おいおい、どのチキンサンドにもマヨネーズが入ってんじゃんかよ。せめて和風チキンカツサンドはマヨネーズじゃなくて醤油かソースだろ。まあいい。いや、いいことない。この際、いい機会だから説明しよう。僕はマヨネーズも嫌いだが、マヨラーと呼ばれるマヨネーズをこよなく愛す連中はもっと大嫌いだ。そのときスマホが鳴った。「あ、ごめん。電話だわ」と言って鞄から取り出すと「もしもし。あ、これマヨネーズだったわ」という奴は国宝級レベルで大嫌いだ。ハハハ、そんな奴はいねぇよ。で、どこまで話したっけ。ちょっくら遡って確認するんで9秒くらい待っててね。はい、もうほぼ終わりでした。この次にお世話になるとしたらきっと15年後だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20年後の未来に思いを馳せる

この3日間にたった8個の「白くまデザート(練乳)」を愛しただけなのに間違いなく飽きちまったこの僕は全国甘党の党首としてはまだまだだね by テニスの王子様風。甘いお話はコロッと変わって元町珈琲の岐南の離れわず。自動車保険の更新のためにうちの婿殿と一緒に中山さんと会ったがね。そうそう、プルデンシャル生命の木村さんと会ったときもこの店だったね。保険のトップ営業マンは元町珈琲がお好きなのかしら。弘道は珈琲屋らんぷのほうがお好きだけど。自動ブレーキシステムの普及により近い将来、自動車保険料が4割くらい安くなるとのこと。こちらには喜ばしいことだが、放っておいたら4割くらい売り上げが減っちゃうわけだから保険代理店からすれば死活問題となる。「将来はAIの言いなりになる仕事しかないのでは?」「タイやインドネシアに移住するしかない」「この元町珈琲のようなサービス業ならAIには手が出せないよね」という密談を交わした僕たち。ただただ暗い気分になって何気に凹んだ。この先、どのような時代になるのだろうか。何れにせよ、負けない。うちの婿殿の子どもたちがハッピーになることを切に願って戦略ミーティングを終えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミニサイズの川平湾で太陽がいっぱい

ちょっと前に録画した『遠くへ行きたい』を見た僕がいた。それは料理研究家の土井善晴が石垣島を訪れたものだった。いいねぇ、岐阜より涼しい石垣島。リアルにシュールだぜ。さぁ、海もなければ中途半端に物価も高く、大垣や羽島という負担にしかならない地域を抱える岐阜などスパッと捨てて癒し系の石垣島で悠悠自適に暮らそうじゃないか。あと9年で住宅ローンも生命保険の引き落としも人生も終わる。きゃは!どうせ年金は20万円もないだろう。石垣島のアパートなら6万円も家賃を払えば豪邸だ。釣った魚に餌はやらぬ派の僕だけど釣りは覚えよう。肉は盆と正月だけにして3日に1回のペースで道端の雑草を天ぷらにすれば食費は5万円以内に抑えられる。水道光熱費は3万円、医療費は1万円、通信費も1万円、自治会費があれば700円、お取り寄せのスイーツ代は5万円。おっとっと必要最低レベリーな暮らしっぷりなのに大赤字だぜ。そして僕は途方には暮れないけれどそれなりに困惑したようだった。どうしょうしゃん。そんなとき2人のコマゴギャルたちが杉山家の公式プライベートビーチであるミニサイズの川平湾で大自然とたわむれていた。太陽がいっぱいだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加