楽観日記一覧

ウチ店旅:天恵美豚のハンバーグ弁当

オリエンテーションとオリエンテーリングを頻繁に間違える僕だけど驚くべきことにオーガニックとガーリックについても間違えることがある。ココ、次の中間テストに出るかも知れないよ。100%出ねぇよ。はい、世の中に100%言い切れることなどほとんどないけれど上記については100%言い切れる巻頭文はここまでです。ってことで、オーガニックなテイクアウト弁当を食べてご満悦な僕だけど別に有機農法や無農薬にこだわらなくても無能でなければOKさ。今日もいい一日だった。

[ブログ内検索タグ]ミツバチ食堂,


今が旬に群がる無芸無能な芸能人たち

僕の唯一の情報源であるネットニュースを見ていると「○○の煉獄杏寿郎のコスプレが激似!」とか「○○が主題歌を歌ってみたら超感動!」とか「○○が息子の弁当を甘露寺蜜璃のキャラ弁にしたら好感度アップ!」とか。ったく、芸も能もないのに芸能人とはこれいかに。しかも普段は目立たない「あれ?この人ってまだいたの?」という者たちに限ってここぞとばかりにブームに便乗している。あまりに惨めで可哀想という気もするが、一方では明後日には消えるようなブームに見向きもしないまともな芸能人たちもいる。そんなことを我妻善逸っぽいマスクをしながら偉そうに語る僕だった。


同調圧力に屈するな!

昨日の午後4時頃のことだが、玉宮界隈へ向かう際に当然、マスクなんかしていなかった僕がいた。だって、外だから。ところが、そのとき「何、この人」「おいおいおいおい」という感じで行き交う連中がジロジロジロジロと僕をそれとなく見ていた。最初は「僕って見た目がイタリアンだから」と何気にご機嫌だったものの視線が熱すぎるので「あぁ・・・」と状況を把握すると連中を嘲笑した。連中は「マスクをしたいしたくないではなく、マスクをしていないと周りから何か言われる」という同調圧力に屈しているだけのバカ野郎なんだ。マスクなんか道端でしていてもデメリットはあってもメリットは何もないしそもそもフェイスシールドなんかその存在価値すらまったく理解できない僕。恐ろしい結末は同調圧力が度を超えるとひとつの宗教団体と化すことだ。そんなマーベラスなことを森永のミルクキャラメルの付録っぽいミニチュアを作りながら「クオリティが0点・・・」と静かにつぶやいた僕がいた。さぁ、君たちは安い世間のお値打ちな同調圧力なんかに屈するんじゃねぇぜ。


「文化の日」に文化に一番縁遠い世俗のおじさんたちと飲んだ夜

縁がなくなる相手を悪く言う奴がいるが、縁すら結ばれなかった人間に比べれば100倍もマシだ。例えば、過去に1回だけ自分のお店に来てくれた客人のことを「あれ以来、一度も来てくれない」と文句や不満を言いまくったりするあなた、それを「うんうん、分かる」と聞いている目の前の相手はあなたのお店に1回も来てくれたことはないんだよ。ま、笑顔で聞くほうも聞くほうだが言うほうも言うほうだろ。過去に1円でも払ってくれた人。過去どころか未来永劫、1円も払いそうもない人。あなたならどっちに感謝する?僕は「前世で払い済み」とシャーシャーと言い切る人間さ。生まれて56年と1か月間、ずっとそんな奴ですこの私。はい、ドラマを見ながら思ったことを粛々と書いた巻頭文はここまでです。それなりに磯が死んだ僕だけど世界のアツローがどうしても僕と飲みたいと懇願するので付き合ったった。ま、彼の熱い気持ちもすっげぇ分かるんだよ。だって、この僕だよ。そりゃ一緒に飲み明かしたいよね。ってことで、玉宮界隈をチマチマと歩き回って絶品の鉄板焼きがマーベラスな『玉宮大飯店』に入るとさとちゃんと世界のアツローのツーショットを撮ってご満悦。


六畳一間の極めて狭い薄暗い部屋のような氷の世界

大阪都構想が反対多数で否決された今こそ岐阜都構想を198万人の県民に提起しようじゃないか。ま、それも賛否両論だと思いますよ。へ?賛成する人もいるんだね。はい、大垣市民と羽島市民には投票権を与えないという公明正大な巻頭文はここまでです。世の中にはインターネットによる社会は世界中につながっているとてもグローバルかつインターナショナルな世界だと勘違いしている連中が結構多い。しかし、まともな僕は「六畳一間の極めて狭い薄暗い部屋のようなもの」と感じている。例えば、はるか遠くのロシア連邦シベリア3丁目7番地の賃貸アパートに暮らすアレクサンドル君やエカチェリーナちゃんとつながったところでそれは糸電話の細い糸が延びただけのことであり決して自分の視野や交友範囲が広くなったわけではない。ゆえに狭い部屋の中で不倫相手を探したり陰湿にイジメたりネット上の有名人に媚びへつらったりするだけの六畳一間の極めて狭い薄暗い部屋にしか僕には思えない。むしろつながることによるリスクのほうが確実に大きいような気がしてならない。とザルツブルクやハンブルクや彦根にもつながっているブログには書いておこう。では、また明日。


ちびっ子ギャングたちのお守りで死ぬほど眠いので近況報告まで

第1希望どころか第2希望でもなく、あくまでも保険としてキープしておいた彼女と結婚したT君。どうやら掛け金の安い定期保険のつもりが一生、解約ができない終身保険になっちまったようだね。ハハハ、世の中と男女の仲と毎月20日の財布の中はあなたが思っているほど甘くない今日この頃、特に小銭に細かい次女に触発されてパパである僕も岐阜県内の飲食店で権利を行使することができるGoToイートキャンペーンの食事券を2万円分ほど購入した。はい、これだけあれば岐阜駅構内の吉野家なら半日くらいは貸し切れるかも知れない巻頭文及び本編はここまでです。では、また明日。


20%還元のPayPayかGoToイートか悩んだ末に後者を選んだ次女の決断

「回らないお寿司って・・・ステキだね」と「・・・」のような間を2~3秒ほど空けてしみじみとつぶやけば確実にビンボー臭く思われる今日この頃、次女がGoToイートキャンペーンを利用して郡上八幡城の天守のような外観の『ぎふ初寿司長森分店』で上寿司の松ランチをご馳走してくれた。「ん?鉄火とかっぱ?トロやウニはないのか・・・」と一瞬、よぎったものの速攻で気を取り直して「美味しいねぇ~♪」と満面の笑みで完食した僕。とは言え、誤解しないでほしい。社会人のくせに1円も杉山家に生活費を入れない次女の小手先の厚意にだまされてはいけない。むしろ父である僕を全力で労わってほしい。ちなみに、労わるは「いたわる」と読むので念のため。帰りに西友で買ったきんつばと200円の白ワインを今日の晩ご飯として食したら格別だった。今日もいい一日だった。


自分の意見をゴリ押し通すビジネス前戯

例えば、あるテーマについて加藤君、佐藤さん、滝藤氏に尋ねたとしよう。すると、3人それぞれがそれっぽい素晴らしいことを言った。そんなときあなたならどうまとめる?多くの場合、誰か一人の意見を採用するのではなく「みんないい意見をありがとう。では、加藤君のこれと佐藤さんのそれと滝藤氏のあれを取り入れて一本にまとめてみよう」となる。まるで何でもかんでもごちゃ混ぜにする木枯し紋次郎の食い方と以下同文だ。さらに、本人は誰か一人の意見だけを採用しているつもりでも結局、上記のように全員の意見を取り入れてしまっている場合も結構多い。今日の僕、ろくに仕事もしていないくせに一部上場企業の課長みたい。だが、誰か一人の意見を採用することも大間違いだ。まずはどいつもこいつもあいつもそいつも掃除のおばちゃんにも意見を聴きまくる。そして、最後は誰の意見でもなく自分の意見をゴリ押し通す。これが正解!そんなこんなで今日は何気に疲れたので晩ご飯である新米の白いご飯だけを食べたら一風呂浴びてパトラッシュのように深く眠り続けたい。


ウチ店旅:特製馬喰一弁当

つい先日、幸せそうな顔をしてボーっとネットサ~フィンを楽しんでいたら「ウチ店」なるサイトを発見した。これは岐阜市内の飲食店を応援するテイクアウト専門のサイトだ。このような清く美しい試みをするのなら僕に一声かけてくれればいいのに・・・。まあいい。そうだ!この際、僕も全力で応援しよう♪ってことで、気になったメニューを自分の部屋で順番に食べまくるだけのチャレンジを自腹で行う殊勝な僕がいる。はい、来年には完成するっぽい岐阜市の新庁舎に僕専用の憩いの空間を作ってやっても決してバチは当たらんだろと思う巻頭文及び本編はここまでです。では、また明日。

[ブログ内検索タグ]飛騨牛グリルばくろ


トリチの軟禁日

さぁ、そんな「トリキの錬金術」をパクったタイトルを付けて「マジでヤベェよ、俺やるじゃん」とキムタクのマネをしながらご満悦ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。はい、嗚咽するくらい懐かしい古き良き時代に多用したキャッチフレーズの巻頭文はここまでです。説明しよう、トリキの錬金術とはGoToイートキャンペーンを利用することにより全国の鳥貴族でほぼほぼ無銭飲食が合法的にできてしまうというSNSから広まった姑息な小銭稼ぎのことである。ここで問われるのが人としてのモラルだが、合法的にできてしまうということから決してルールには反していないのだろう。違法でなければOK!派の僕からすれば、できてしまうこと自体が構造的に間違っていると言わざるを得ない。例えば、コンビニのトイレを借りた際に「別にいいんだよね」と当たり前のような顔をして去る奴も許されるものの友達には要らない。僕はと言えば、必ずレジ前の月餅かようかんかきんつばを買わせていただくことに決めている。だから僕は、そーいう男なんだ。メッダーノウズのトリチ(トリプルチーズバーガー)を頬張りながら軟禁状態を満喫した僕だった。