楽観日記一覧

誰かに支えられて生きているという実感と幻想

「ワレ、ほんまは大阪人ちゃうけ?」を世界標準で略すとWHOとなる。んなこたあない。ハハハ、誤解しないでほしい。1ミリも大阪人をコケにしているわけでなく関わり合いたくないだけなんだ。はい、それなりに危険を冒した命がけの巻頭文はここまでです。性格がエイリアンのような僕だけど今日は五臓六腑がイタリアン。ヒヒヒ、意味不明。説明しよう、今から17年前に独立した僕を陰で支えてくれたIT企業の森本社長がイタリアンの『うれし野』をとっくの昔にオープンしていたので楽しく会食した僕たちだった。ここまでで言いたかったことは、別に陰ではなく表でこれ見よがしに支えてくれてもOKよ!さらに君たちも今からでも遅くはないから僕を支えてやったらどうなんだ。ということです。その節は本当にありがとうございます。今後も毛嫌いせずにそこんとこ夜露死苦!とは言え、何気にシャイな森本社長は片隅に隠れて店長の竹内綾美さんがおもてなしをしてくれた。

その際に「来る?」とLINEしたら「行く!」と速攻で返ってきた世界のアツローがここにいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユスリカの証明

アフリカ大陸東端のソマリアではバッタの異常発生により国家非常事態宣言を発したようだ。これはバッタが膨大な量の穀物や飼料を食べ尽くしてしまう蝗害(こうがい)であり世界で最も貧しい国のひとつである同国の食料供給を壊滅させてしまうからである。そして、我が家の壁にも数匹の昆虫がジッと貼り付いていた。おぉ!シロアリか?いや、見た目に全然違う。落ち着け、まずは一安心だ。「ひょっとしたらサクラアリの羽アリバージョンか?」と思ってググりまくったら全然違っていた。何なんだ、この時季に。そこで僕は「小さい虫 羽がある 蚊っぽい 真冬」で画像をググった。すると一覧の中にそれはいた。ユスリカだ。ほう、越冬するタフな蚊なのか?いや、調べたらこれはハエに近い種で蚊のように血は吸わないとのこと。それどころか口が退化しているため何も食べることなく数日間で絶命するとか。ユスリカ、あなたってユスリカは何が楽しくてこの世に誕生したのかしら。まあいい。おそらく我が家の壁に発生した原因は第三者による嫌がらせではなく【死ぬほど癒されるメダカ記念日】の容器の中にいたアカムシが成虫になったのだろう。ハハハ、大きくなったもんだ。だから、そんなことを言っている場合ではないんです。ご幼少の頃はファーブル杉山と呼ばれていた昆虫博士のこの僕としたことが。では、そろそろ今日の〆に入ろう。「これはまずいかも?」という疑わしき危険を察知したら速攻でグーグル先生に依存しまくると真相を究明して早急に対処すべし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何事もスタンダード及びプレーン並びにノーマルが一番無難

「とうとうイギリスがEUから離脱しちまった。はぁ・・・」。はい、何の影響もございませんのに海外取引が売り上げの45%を占める上場企業のCEOの気分を察してみた巻頭文はここまでです。アンチグローバリーな僕の理想は半径3キロ以内で食って行くことさ。その前に職を探さなきゃね。ハハハ、生きていること自体が奇跡のミラクル杉山です。ほら、ご覧。すっげぇ懐かしいギンビスのアスパラガスだよ。う~ん、あまりに大好きすぎて「アスパラギンガス」とこの僕だけは半年前から合体させてそう呼んでいる。大きく3種類あるんだよ。香ばしい黒ごまの風味と塩味が効いたA子とバタートースト味のB美とチョコレートが付いたC代。ふ、今日の弘道はC代に浮気しちまったぜ。そう、いつもの僕ならスタンダードなA子をつまむのだが、ふとたまに物理的にバタ臭くて厚化粧のB美も味わいたいよね。ところが、今日はガングロでさらにケバいC代をつまんじまった。だから、僕は何を言っているのでしょうか。今回は「何事もフツーが一番無難」という教訓で一旦、〆よう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

28年前の今日は小泉今日子の『あなたに会えてよかった』を聴きながら

山茶花(さざんか)と椿の見分け方は難しいけれど目を閉じて濃厚なアップルジュースを飲みながら「これは桃かパイナップルだね」と悦に入る僕の味覚は偏差値23レベルの今日この頃、ある意味、何を食べても美味しい杉山です。はい、僕が不味いと断言する料理は絶望的に不味い証拠の巻頭文はここまでです。揚げなすの握りとねぎとろ以外、何を食べても無難に美味しいと思う近所の寿司店で食事を楽しんだ杉山家とその周辺の者たち。あ、納豆巻も無理だった。説明しよう、今日という日は長女の誕生日で杉山家とその周辺の者たちが祝うことはステキだけれどお支払いはすべてパパの僕。そもそも嫁いだ娘の誕生日を何でリアルなパパが祝うんだ?パパはパパでも種々のパパが存在する。あっち系の同伴パパならまだしもリアルなパパは違うだろ。まあいい。とにかく全員で祝ったった。その後、我が家に集結するとシャトレーゼのお値打ちなケーキを食べてレゴブロックで遊んでいた。28年前は「お願いだから1月25日だけはやめて」とお願いしたのに未明に生まれた長女だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

I’m Kindler, not King Ghidorah.

「手袋を逆から読んでみて」「ん?ろ・く、ぶ・て?ろくぶて?」「はい、じゃあご要望どおり6回叩くね」という双務契約に基づく違法行為がまかり通っていた昭和が恋しい巻頭文はここまでです。言っちゃあ何だけど僕のような時代の先端を行くエポックメーキンガーは本をスマホで読むんだよ。「ぷ、今頃?」「岐阜市全域は昨年の11月末にネット環境が整備されました」。んなこたあない。ほら、ご覧。アマゾンのKindleだよ。本の背表紙はその存在自体が勇気を与えてくれる。ところが、ページをめくるという所作に質感のない電子書籍ではそれを感じることすらできない。そんなことを偉そうに言っていた僕を全力で許してほしい。とは言え、これは壮大な実験なんだよ。リアルな本とバーチャルなそれとの読後感の相違を知りたかったんだ。それゆえに最初の一冊に選ぶと今まさに、熟読している小説がキング・オブ・定番である村上春樹の『ノルウェイの森』さ。ハハハ、平成から時代をまたいだ時間差攻撃で新鮮だぜ。モノを持たない主義の僕にはいいですな。実際には所有権は発生するものの物理的にモノが増えないというのがいい。さらに紙一枚でも荷物を軽くして一人旅に出たい弘道には最適っぽい。昭和にヒットした曲に村田和人の『一本の音楽』があるが、令和の今は「一本の文学」っぽい感じ。では、そろそろ今日の〆に入ろう。次は『遠いアメリカ』を買います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心配できる権利を与えると同時に当然、お見舞い金を送金する義務も発生する

次女は咳が出るので会社を早退して近所の病院に行った。パパはやる気が出ないので人生を早退して沖縄か函館か熱海へ行きたい。ま、それも賛否両論だと思いますよ。賛否の「否」を主張する者よ、こっちへ来んかい!一度、膝を交えて話し合いませんか?はい、平和主義の巻頭文はここまでです。はぁ、ここまで書くのに37分も掛かっちまった。普段の僕なら34分くらいなのに大和田(爆)。うん、熱っぽいけどくどい言い回しは絶好調!どうやらこの2日間の冷えと乾燥と世界のアツローのお守りのせいで濃厚な寒気がする。フツーの霊長類なら寝込んでいるところだが、いい感じに異常な霊長類の僕だから横になっている。どこがどう違うの?知らんがな。食欲もないので昨日、岡山駅で買った自分用のお土産を食べた僕。熱で味覚が五里霧中なので形も小さいことだし新種の坐薬代りに突っ込んだろかしゃん。それは賛否両論どころか「じゃあやってみな」と言われるのがオチですよ。寒い、怠い、痛い、痒い・・・う~ん、とりあえずこんなところだろうか。午後7時48分、寝る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アサヒもサッポロもサントリーもオリオンもこないけどキリンはくる

ガトーショコラはウソをつかない。でも、クレクレタコラはどうかな。「クレクレ何とかって何?」「ググれ」。君たちは「立ち振る舞い」を使っているけど正しくは「立ち居振る舞い」ということを安い海馬に覚えておいてもらおう。「あなたってイチイチ面倒臭くて鬱陶しい哺乳類ね」「殴れ」。はい、真に受けてリアルに殴りにやって来る愚か者がいないことを切に願う巻頭文はここまでです。誰も言ってくれないから自分で言うが、いい感じに年を取ってきたじゃないか僕。よく「今のままでいいと思うの?少しはまともな大人になりたいとは思わないの?」と僕のいないところで言われる。ハハハ、55歳だよ。今さら自分の至らない点を悔い改めたところで仕方ないだろ。それがちゃんとできるようになった日の午後8時には死んでいる。人間、下手な達成感を味わうと気が緩んで死ぬ。だったら、未達成のまま不特定多数に迷惑を掛けっ放しで僕は生きて行く。ま、それも賛否両論だと思いますよ。そんな西日本では厄介者のパパに次女が「麒麟がくる 岐阜 大河ドラマ館」のチケットをプレゼンツしてくれた。ったく、これで毎月のケータイ代をチャラにしてくれということだろうか。まあいい。オープンした今日から地味に混むだろうし、本能寺の変の放送日の前後も混むだろうからそれ以外の閑古鳥が鳴く日を狙って攻めるとしようそうしよう。今日も平穏無事ないい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年『青春18きっぷ@冬の陣』の総移動距離は1012.5km

ふと気付けば3日前に2019年『青春18きっぷ@冬の陣』は終わっていた。例によってさっそくカシオの電卓を叩きましたところ●石山・長浜駅(4310円)●え?また長浜駅?(1980円)●相変わらず好きねぇ下呂駅(3380円)●二川駅(3960円)●伊賀上野駅(4620円)で合計18250円となった。ここから購入金額である12050円を引くと過去最低の6200円のプラスとなり、嫌でも体力の限界を思い知らされる結果となった。まぁ、12月に沖縄へ行ったので極めてタイトな日程というのも原因と理由のひとつではある。はぁ?何でイチイチ君たちくんだりにこの僕が言い訳っぽい釈明をしなきゃいけないのよ。そんなことより一昨日、車で帰宅途中の長女が徹明町の交差点で信号待ちの際に後ろから何気に追突された。当然、怒りの導火線に火が点きかけたパパである僕がいた。だが、当事者であるジジイの義理の息子からの電話がすっげぇ丁重かつ丁寧で誠意が100点だったゆえにパパも長女も最後は「ま、お互いさまだからね。あとは車と体の調子が完治するまで保険で何とかしましょう」となった。う~ん、今さらながら誠意って原価は0の最強の武器かも知れない。心はないけど誠意がほしい僕。ハハハ、花粉だらけの春の陣までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大洞緑山の暴れ独楽

間違いなく自分で書いただろうスマホのメモに「遥か色」と記してあったので「へ?小学生のときの想い出の色か?何なんだ?」とトータルで2分16秒くらい悩んでいたら「貼るカイロ」のことだと1分27秒くらいで気付いたものの悩んでいるフリも楽しいと思ってそのまま悩み続けた杉山です。そこでだ、保育園でジジイ&ババア限定の参観日っぽいイベントがあったので出向いたった僕だが、周りを見渡すと安い漫画に出てくるような死にかけのザ・老人ばっかだったので「僕とこいつらとはカテゴリが異なる」と自分に言い聞かせたらそこそこご満悦。その後、各教室に分かれて園児たちと昔の遊びを楽しんだ。ほら、ご覧。根回しは苦手だけど独楽(こま)回しは得意な弘道君。ハハハ、この僕レベルの名人になると独楽の紐は平行二重巻きということを覚えておいてもらおう。フフフ、ご幼少の頃は「大洞緑山の暴れ独楽」と言われたこの僕が周りのちびっ子たちを圧倒してやったぜ。杉山弘道、55歳。いかなるときも全力です!背中と腰に激痛が走ったけど今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年の忘れ物を取り戻した僕

月日が経つのは早いもので今年も残すところあと362日となりました。でも、今年は2月29日があるから本当に得した気分になりますね。例えて言うなら、行列が少ないレジを選んで並んだもののパートのおばちゃんが何気に鈍臭子さんで隣のレジのほうが早く進んでいるその最中に「3番レジ、フォロー願います」と店内放送が流れると約12秒後に容姿端麗な鈴木さんが微笑みながら手伝いに入ったときと同じような感じではないでしょうか。知らんがな。はい、人手不足の昨今、バローにも西友にも鈴木さんのような容姿端麗な人材を確保してもらいたい巻頭文はここまでです。ちなみに、大きく「30%OFF」と書かれた惣菜を食いながら「す、鈴木さんって私のこと?」と思っている東日本の鈴木さん、100%中120%違います。ふと過去を振り返ると何かしら忘れ物をしている自分がそこにいたりしないだろうか。そう、昨年の大晦日のことだよ。予約で満席になったサがミに門前払いを食らって結局、年越しそばを食べそこなっていた僕がいた。そこで本日、バローで買ったエビのかき揚げをトッピングした味噌煮込みうどんを代りに堪能した。良いお年をお迎えください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加