楽観日記一覧

一日も早く秋を感じるための栗のある暮らし

あっち系の女優に紋舞らんがいるらしいがこの僕が欲しているのは濃厚なモンブラン。いつもどおり四六時中、ネットサ~フィンを楽しんでいたら北斗神拳で経絡秘孔を突きまくるかの如く僕の五感を刺激しまくる栗の画像と遭遇した。いい。モンブランが食いたい。でも、バローや西友で売っている大量生産のお値打ち品ではなく「あなただけこんばんは」といった感じで僕だけに優しく訴えかけるモンブランが食いたい。ほう、名古屋にあるじゃないか。近日中に行こう。今日もいい一日だった。


杉山ヒロピンチ

悲しいお知らせです。どう考えてもこう考えなくてもほぼほぼ夏バテと言いますか、ひょっとしたらプチ熱中症かも知れない僕がいる。もともとエアコンが苦手な僕だけど殺人的な暑さゆえにさすがに点けて過ごしたり就寝したりしている毎日です。でも、これでは体調が元に戻らない。涼しい夜風でぐっすり眠らないと体調は元に戻らない。ってことで、1回分を残すのみとなった青春18きっぷをちゃんと使い切れるだろうか。国宝級に頭が痛くてここまで書くのに17分間も費やしちまったぜ。今日もいい一日だったかどうか今ひとつ分からないが、明日が無事に無難に訪れるならばまた明日。


面白くなってきたじゃない

たまりにたまったドラマの録画をボーっとお口を開けたままの間抜け面で楽しみながら無事に無難に一日を過ごすことのできる現在のジャパンの在り方に感謝している今日この頃、そうは言いながらもこの状態で6時間を過ごすことはほぼ修行に近いと思いませんか?ハハハ、今日もいい一日だった。


ウルトラメリハリギガ無制限モンスター

DMって開封してみるもんだね。午前9時、机の中をのぞいてみると1通の未開封のDMがあった。完膚無きまでに何でも捨て去るこの僕なのになぜにあなたはここにいる?まあいい。そんなこんなでとにかく開封してみたらあーた、ソフトバンキーからだった。うん、封筒の表に印字してあったからご存じだったよ。そこでだ、マイソフトバンキーで今一度、二度、確認したら我が家の契約プランは50GBのウルトラギガモンスターだった。うん、とっくにご存じだったよ。で、DMを熟読するとギガ無制限のメリハリ無制限っちゅうのがあるじゃないか。うん、これもご存じだったよ。しかし、ウルトラマンに登場するB級クラスの怪獣のような名前の前者は毎月7700円もかかるというのに新種の浜松餃子のような名前の後者はご覧の価格じゃ内科外科産婦人科。優しく美しい僕だったからいいようなもののこれがあっち系の人間だったらボコボコにされてるよ。しかも今月末までに機種を変更するなら3300円も引いてもらえるじゃんね。スマホやネットやWi-Fiどころか電気まで身包みソフトバンキーのこの僕だよ。「だって、壊れないんだもん」と言いながら使い続けているスマホをそろそろ買い替えますか。1か月間に2~3GBしか使っていない我が家ゆえに毎月、鰻丼(上)を2杯分くらい損をしているようなそんな気がする僕がいる。蒸し暑かったが今日もいい一日だった。


ウチ店旅:飛騨牛ロースまぶし弁当

昨今、プチ大都会の岐阜シティにまん延防止なんちゃらが適用されていた過去完了形。そんでもって明日から緊急事態宣言にダウングレードしちまううぃる。この場合、ダウングレードが適当だろう。ってことで、まだまだこの僕の飲食業界へのご協力は止まらない止まっちゃいけないやめられない。そこで第10回は『みわ屋 岐阜高島屋店』の「飛騨牛ロースまぶし弁当」、君に決めた!これまでに10回以上もイートでインしている僕が今回は初めてテイクでアウトした動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]みわ屋 岐阜高島屋店,飛騨牛,御座候


君たちもクリーム号に負けないように3日以内にバージョンアップするこった

ほら、ご覧。この僕のクリーム号にスマホホルダーを設置したんだ。んだんだ。ふふふ、アマゾンで買っちまっただよ。つい先日も右手で撮影しながら自転車を漕いでいたら2回も転びかけたじゃん。運動神経が交感神経並みに優れている僕だから何とか助かったようなもののそこらのジジイだったら間違いなく死んでるよ。自転車の片手運転はデンジャラスなのでよいジジイは絶対にやめましょう。悪いジジイだったら話は別だけど。ってことで、今日からクリーム号がバージョンアップしました。


I was established in 1964.

ほら、ご覧。JAFから届いたステッカーだよ。そう、永続30年の選ばれし勝者だけに贈呈される記念すべきステッカーなんだ。んだんだ。よく見ると「エスタ~ブリッシュド・イン・1963」と記されているよね。つまり「1963年に設立された」っちゅう意味だがね。ハハハ、英検3級でもこの程度の英文ならほぼほぼ理解できるんだよ。ってことは、JAFはこの僕の1年先輩じゃんね。そこでだ、この記念すべきステッカーを先着1名の君に3万円でこの僕から買うことのできる権利を間違いなく与えてあげよう。3万円は税込みでOKだ。永続30年の貴重品だよ。では、また明日。


五坪のマルナカに行こう!

ま、そこに座って俺の話を黙って聞いてくれ。うちの義父が言うには一昨日、五坪にあるマルナカで買い物をしたらしい。そう、あの『タコQ』のお隣にあるスーパーがマルナカだったよね。詳しくは【五坪】で確認した前田美波里。その際に何を買ったかは知らないがレジで4円だけ足りなかった。らしい。すると女性店員が「あ、いいですよ。私が出しておきます」と言って自分の財布から4円を補てんしたとのこと。たしかに銀行員だったら許されないがここはスーパーだ。本当にありがたいしモーレツにうれしいじゃないか。義母曰く「そんなことってあると思う?」と。ハハハ、いい感じに頭のほうも年を取ってきた義父だけに「本当にそうだったのか?」と一瞬、思ってしまった僕だが、こんな作り話を考えられるほど新鮮な脳ミソでもないと断言できるのでほぼ間違いなく事実だろう。おじいちゃん、本当にゴメンね。マルナカを過剰に褒めていたら最終的におじいちゃんを奈落の底へ突き落とすような結果になっちまったギリギリ義理の息子を全面的に許してほしい。ここまで書いて言うのも何だが、本編とまったく無関係のこの画像は午前11時の新荒田川だ。以上、ご報告まで。


無敵の珈琲ぜんざい

かかりつけ医に「いつもは35.7℃くらいで昨年の12月には33.5℃を記録した僕なのに最近では36.2~36.4℃もあるんです。詳しく調べたほうがいいと思うんですけど・・・」と今年に入って最も真剣な表情で尋ねると「はいはい」と何気に横顔で返された今日この頃、今ひとつ体温も情緒も自分の立ち位置も安定しない杉山です。この僕の残された時間はあと67年しかないんだよ。はい、このブログを読んでいるすべての者たちより長生きしてみせる生に執着した巻頭文はここまでです。人生、1秒でも長く生きたもん勝ちだお。ほら、ご覧。先人の知恵を結集した生薬と信じてやまない珈琲ぜんざいだよ。お盆のお下がりのお餅で作ったぜんざいを熱い珈琲で押し流したら無敵だよね。


僕の卵(玉子)の物語

大雨警報が発令された午前中は一か八かで玉子サンドを作りたくなりませんか?僕はなったんだよ。ほら、ご覧。いい感じじゃないか。でも、食パンが柔らかくて全体がフニャフニャになっちまった。まあいい。僕はね、出し巻き玉子のサンドウィッチは大好物なんだ。鉄板スパに敷いてある半熟卵も大好物さ。さすがに卵かけご飯はつらいけれど絶品のすき焼きを楽しむ際の生卵は必須アイテムだ。コメダ珈琲店のモーニングセットでは小倉ではなくゆで卵をチョイスすることもある。その僕がだ、ゆで卵をグチャグチャに潰したサンドウィッチだけは10万円もらっても無理。12万円でも無理。業務連絡です。こちらは結構な土砂降りっぷりなもののとりあえず今のところ我が家は大丈夫です。