星跳在景一覧

故郷紀行:ももだまと黄金のコロッケとソイラテと@岐阜県美濃市・関市

お盆休み明けでボケているのか生まれつきボケているのか自分なりに悩んでいる全国の労働者諸君、ちゃんと糖分を摂取してますかぁーッ!糖分があればスーパースターも夢じゃない。それはギターのモーリスやっちゅうねん。はい、昭和50年以降生まれのヤングマンにはイミフだね。下品なくらい甘ければ甘いほど五臓六腑が活性化するこの僕は、上品で程好い甘さの「ももだま」を味わうためにファミリーで『Abeille.S』を訪れた。案の定、財布君はゴッドファーザーの僕だった。9月上旬まで食べられるので君たちも必ず訪れなさい。最後に大雑把な河上幸喜君、ちゃんと仕事をするように。

店を出るとミストっぽい霧雨が降っていた。女系家族がとーるちゃんの店のコロッケを熱望したので『肉の喜楽』で今晩のおかずを何気に仕入れた。それとは別に買った黄金のコロッケを結衣ちゃんも食べ歩きながら電光石火で完食した。今まさに、ももだまとコロッケのマリアージュが止まらない。

前にも言ったが何度でも言おう。美濃市はこの僕の生まれ故郷なんだよ。何かあれば手を差し伸べてもらえるような安心感がある。ところがだ、大垣市や羽島市の脇道を歩くと後ろから刺されるような緊張感しか湧きゃしねぇ。っけッ!では、どっちつかずで煮え切らない関市くんだりはどうなんだ?それを検証すべくローカリーなショッピングモールのマーゴに寄ったらスタバがあるじゃねぇかよ!あなどれない刃物しかない町@関市。結局、フードコートでソイラテをまったり愉しんだ僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚界隈と梵天の蓮ごはんセットと中山寺とスタバ中山寺店@兵庫県宝塚市

やっと涼しくなったぜ。秋晴れってステキだね。こんな日はぷらっと出掛けたくなって体がウズウズタイガー・ウッズ状態になってうずきまくりきんとん。ってことで、お久しぶりに青春18きっぷの出番となった。宝塚だよ。3時間ちょいの距離だから岐阜市と合併したらどうなんだ。華はないけど花粉症歴40有余年の弘道が花のみちを歩いていたら物理的に体が硬そうなカップルが踊っていた。

ちょいと気になって手塚治虫記念館を訪れたが、少しも楽しめなかった。その原因を分析した結果、そもそも手塚治虫作品は『ブラック・ジャック』をせいぜい2巻くらいしか読んでいなかったという驚愕の事実を発見した。学生の僕が好んで読んでいたのは『ジャングルの王者ターちゃん』だった。

ほら、ご覧。宝塚大劇場と阪急電鉄と武庫川の三位一体、もっと言えば宝塚の三種の神器と言っても過言ではなかろう。いいですねぇ、城とアーケード街と革と川フェチな僕がいる。この三位一体は、たまたま入った秘境の喫茶店で偶然に出会ったランチタイムのミックスフライ定食に値するだろう。

その後、宝塚駅から一駅戻った中山寺駅で降りて今回の主たる目的であるところの中山寺を訪れた。中山寺は聖徳太子が建立したとされる寺院であり日本で最初の観音霊場でもあるとのこと。思うに、聖徳太子も小野妹子も男性だが卑弥呼は女性だ。ならば、ジャスコとパルコはどっちなのだろうか?君たちね、そんなことより中山寺を散策する前に境内の『梵天』で「蓮ごはんセット」を堪能した。

ここは地元では「中山さん」と親しみを込めて呼ばれているらしいが一昨日、このブログに登場した僕の友人も中山さんだ。共通点は、どちらも原色系の派手好み?というところかしら大和田(爆)。

今日は一日中、圧倒的に歩き回ったのに一滴も汗をかかなかった。大変申し訳ありません。案の定、ウソをついておりました。ちったあ汗はかいたもののコンフォタブルな風と気で身も身も癒された。今のところ心がないので身のダブルです。中山さんを後にした僕は、スタバ@中山寺店で愛し合った「抹茶スモアフラペチーノ」に感激した。しかし、寺の境内の茶店とスタバではビールは飲めない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スターバッカーの憂鬱:午前11時24分の遠い抹茶スモアフラペチーノ

デュークに「熱中症の危険あり 運動は原則中止」という防災速報が届いた。おっと合点承知之助。とは言いながらも今日の僕はスタバ気分だった。遅ればせながら説明しよう、デュークとはこの僕のiPhoneの愛称なんだ。「OK!デューク、音楽を流して」とお願いをしたところでうんともすんとも言わないよ。まあいい。とりあえず以後、お見知りおきを。岐阜駅構内のスタバまで歩いて20分。愛知県は一宮駅構内のスタバまで名鉄電車で18分+自宅から最寄りの駅まで歩いて3分。案の定、防災速報を忠実に守るべく後者を選んだった。さっそくスタバ@ASTY一宮店で新商品の「抹茶スモアフラペチーノ」を注文すると「そーだうと!」だった。日本語で言うと「ソールドアウト」つまり、売り切れっちゅうこっちゃがな。ったく、情けねぇぜ。取って付けたような昨日今日のにわかスタバファンと年間予算額はもとよりブログに専用カテゴリまで設けて足繁く通っているスターバッカーのこの僕とどっちがベリー・インポータントなのだろうか。いい機会だ。この際、エクセルシオールかカフェ・ド・クリエにでも浮気したろかしゃん。仕方ないから今回は「ティバーナフローズンティーハーバルレモネード」を壁際の席で一人きりすすった。相変わらずフランス革命以前の貴族のようなムダに長い商品名だこと。8分後、冷凍メバチマグロの気持ちが分かるくらい凍えたので店を出た。

その後、いい感じに半分くらい死んでいるアーケード街を歩くと100%疲れた。そのとき熱視線を察知した弘道。お久しぶりのマネケンじゃないか。明日の朝食は「桃と木苺のワッフル」に決めた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PPFF

PPAPはピコ太郎。PPIKはパカッと開いて見たらピロリ菌は意外にキレイ。そしてPPFFはピーチピンクフルーツフラペチーノ。はい、食後のデザートに濃厚なピロミチ菌はいかがでしょう。午前9時、わざわざ愛車のドリーム号に乗ってドライブスルーがあるスタバ@岐阜茜部店を訪れた。とは言え、システマチックなドライブスルーは無機質で冷たく感じるからスルーしたった。僕はね、女性スタッフたちに必要以上に構ってもらいたいの。で、ここの女性スタッフはほぼ全員がすっげぇフレンドリーだった。僕だけでなく、たった1杯のドリップコーヒーでパソコンを打ち続ける粗悪な客にも微笑みながら話し掛けていた。だから、それはNGなの。この僕だけに微笑み掛けてほしい。

はい、この僕は何を愛飲したでしょうか?「ピーチピンクフルーツフラペチーノ」。おいおい、君は僕のストーカーかよ?正解だ。たしかに太いストローではあるが、吸引した際に桃の果肉が筒の中に詰まるため肺活量が小学5年生レベルの僕にはそれなりに難儀だった。これで620円。すぐ近くの大阪王将では餃子定食が639円。世の中の仕組みが今ひとつ分からない。とりあえず爪を切ろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特急能登かがり火1号とのとじま水族館とスタバ南条サービスエリア(上り線)店@石川県七尾市&福井県南条郡

2時半に起きたものの何もすることがないので30分くらいボーっとしている自分を鏡で見ていた。ふとテレビを点けるとちょうど後半戦がスタートするところのワールドカップが映った。あんぱんをかじりながら見ていたらあれよあれよという間にジャパンが2点を取った。「これで決まりだな」と確信してテレビを切った。はい、この僕がテレビを切ったばかりに本当に申し訳ありませんでした。

8時56分発の特急能登かがり火1号(2号車3番A席)に乗った僕。ほら、ご覧。貸し切りだよ。よく考えたら金沢が始発なので指定席のきっぷなど買う必要はなかったよ。往復で買っちまったので1040円も損をした。腹が立って仕方がなかったので約5分おきにそこら中の席に座りまくった。するとね、笑うくらい面白いことに体力的に疲れた上に情けなさ過ぎて精神的にも疲れた僕がいた。

和倉温泉駅から路線バスでのとじま水族館を目指した。その道中の景色がすこぶるよかった。なんと1匹と思っていたジンベエザメが2匹もいるじゃん。損した1040円を取り返した気分になった。

目を閉じて想像してご覧、ポップコーンを頬張りながら一人きりイルカショーを楽しむいい年こいたジジイの後ろ姿を。なんてこったい!この僕以外、すべてカップルか家族連れの客ばっかだったぜ。

スマホで音楽を聴きながらウトウトしていた帰りの高速バスは平和だった。南条SAに着いたときは中島美嘉の『WILL』だった。「あ、こんなところにもあるじゃんか」。スタバ@南条サービスエリア(上り線)店でソイラテのショートをテイクアウトすると再び『WILL』でウトウトと眠りについた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内灘海水浴場と黒百合のおでんとスタバ金沢フォーラス6Fクーゴ店@石川県河北郡・金沢市

兼六園より失楽園の闇の中を歩いてみたい。バカ。はい、そんな気もないのに妄想ごっこを愉しんだこの僕は永谷園のほうがお気に入り。誤解しないでほしい、これは実験なんだよ。高速バスで金沢を訪れておきながら兼六園や金沢城も近江町市場とひがし茶屋街に長町武家屋敷跡をスルーするというスリルと小気味よさをチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。ってことで、金沢駅に無事に着くや否や北鉄浅野川線に乗って内灘駅を目指した。駅舎はいい感じなんだけど海水浴場しかない。楽しくないのは計画通りだし「砂漠に水」と言いながら砂は大嫌いなので滞在時間は23秒だった。

そのまま金沢駅に戻ると駅構内にある『黒百合』で金沢おでんを堪能した。モーレツに面倒見のいいおばちゃん店員が金沢おでんについて色々と教えてくれたが、極めてフツーの薄味のおでんだった。

食後と言えばスタバでしょ。この「~でしょ」という高慢ちきな言い方が反吐が出るほど大嫌いだ。出したことないけど。そんなことより眺めのいいスタバ@金沢フォーラス6Fクーゴ店でクッキー&クリームシフォンケーキとソイラテを味わった。学生たちがいなけりゃ最高のひとときだったろう。

今回の金沢一人旅は前日に思い付いたものだが、高速バスもホテルもネットで簡単に予約できるから間違いなくありがたい。じゃらんで「清潔感」が4.8もあったウィング系列のホテルは十分だった。何より窓から北陸新幹線を臨めるのがうれしかった。熱い珈琲を飲みながら飽きるほど眺めていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スターバックス憧憬:チョークを投げられた想い出

ひとつに絞ったテーマの中身を徹底的に煮詰める思考に没頭するのなら自分の部屋が最適だ。だが、テーマをひとつに絞る作業を徹底的に行うのなら小洒落たカフェが打って付けだ。ま、カフェのない和歌山県では喫茶店でも可。ってことで、スタバ@ASTY岐阜店で考え事をしているフリを楽しんだ。ハハハ、たった今、この僕を小バカにしたね。だったら一度、試してご覧よ。何気に難しいんだよ、このような一人芝居も。どんどん新しい知識を詰め込むだけでは前頭葉の中が一杯になってしまう。結果、美しく斬新なアイデアを受け入れることが困難になるんだ。だからこそ、常にカシオの電卓のACボタンを押すが如く、頭の中を真新しい状態にリセットしよう。あたかもチョークの白い文字をキレイに消した後の芥見東小学校の黒板のように。ホワイトボードだって?ううん、深緑色の黒板に書かれた白い文字はホワイトボードの何倍も何十倍も見やすく、精神的にもすっげぇ落ち着くことが証明されているんだよ。ましてやタブレットに書かれた文字などミミズが這いつくばったようにしか見えないだろう。なんでもかんでも合理化&機械化すればいいってもんでもないっちゅう話やがな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇和島城と大洲城とスタバ松山いよてつ会館ビル店@愛媛県宇和島市・大洲市・松山市

次に宇和島を訪れた際には太刀魚の巻焼きが食べてみたい。ま、次があればの話だが。えー、絶対に宇和島に来てくださいよぉ!だったら旅費交通費+食費を払え。一人芝居もそこそこのエネルギーを消耗する今日この頃、メインディッシュである宇和島城を朝っぱらからあの手この手で攻めたった。

いいですねぇ~!清く正しく美しい霊長類なら誰でもご存じの現存天守12城の中のひとつだよね。

天守の開場時間は9時だったけど1秒でも1ミリでも一緒に寄り添いたいからと8時ちょい過ぎからこうして360度、舐めるように眺めていた僕がいた。マニア垂涎の天守を貸し切り&独占したぜ。

くるっとバク転すると元に戻るが、フツーに振り返れば絶景の宇和島湾が僕を歓迎してくれていた。

そして9時。正式には8時59分に左足から天守に踏み込んだ。素晴らしい梁と柱じゃないですか。

天守最上階の床にゆっくりと腰を下ろすと、しばし有休は1日もないけど悠久の歴史に身を委ねた。

宇和島城には天守の他に現存する建造物はあとひとつある。それが上り立ち門だよ。詳細はググれ。

後ろ髪を引かれながら宇和島城を後にすると伊予大洲駅へと向かった。髪も引けるうちが華だよね。

駅から城下町までは徒歩25分と若者には楽勝だが年寄りには苦しい何気にビミョーな距離だった。その中間に属するこの僕は、雨なら激高するが今回もてるてるてる子ちゃんEXパワーでモーレツにピーカンだったゆえに気分は最高だった。その途中、村田文福老舗で月窓(げっそう)餅を買った。

今さらだが大洲は「おおす」ではなく「おおず」と読む。おぉ!青空を借景に大洲城のお出ましだ。

この破風の間(はふのま)の小窓から鉄砲などの武器を使って敵陣を攻撃できるようになっている。

そこに寝そべり滔滔と流れる肱(ひじ)川を一人きりしばし眺めた。心地良い風が吹き込んで来た。

小窓を外した4K画像はこれだ。青い空、一片の白い雲、深緑の山々、ピーヒョロロ~と鳴くトビ。そして清流の肱川。絶景のロケーションだよね。土地がタダでも決して住みたいとは思わないけど。

その後、重要文化財の櫓などを丁寧に回ったった。そして『東京ラブストーリー』でカンチとリカが一緒に歩いたおはなはん通りをヒロミチも歩いた。ちなみに、1話どころか1分も見ていないけど。

伊予大洲を後に四国の大都会である松山へと向かった。なんだかんだぷらぷらしながらスタバ@松山いよてつ会館ビル店で「石窯フィローネラタトゥイユ&チキン」とソイラテを摂った。これが今日の唯一の食物だった。食べ物ではなく食物。午後9時40分。松山から高速バスで名古屋を目指した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ@ASTY岐阜店の片隅で「店内での勉強」について思う賛否両論

今日の岐阜は死なんけど死ぬほど暑かったのでまったりしようとスタバ@ASTY岐阜店に飛び込んだ。僕のようなスターバッカーには最新の商品情報がメールで知らされる。いつの世も選ばれし者だけが頂点を極めるんだ。そんなこんなで当然のように「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」を味わったった。無難に美味いが、同じ620円を払うならサイゼリヤで死なんけど死ぬほど食える。そんなことより土曜日だからか先客で5人の男子高校生がいた。偏差値58から伸び悩んでいるような感じの彼らは2脚の椅子がある丸テーブルをひとりずつそれぞれが独占していた。しかも丸テーブルには所狭しとテキストを広げて「a\e@54p03/;@psfd」ってな感じでマケドニア語か英語か判別できないような小さな声を上げて勉強していた。おそらく英語だろう。この僕には考えられない愚行だ。スタバってよくこんな愚行を許しているね。僕が経営者なら当然、勉強など禁止にするし「違反者を見付けたら速攻で撃ってもOK!」という独自のルールを設けるだろう。ま、それも賛否両論だと思いますよ。それ以前に銃刀法違反だろ。でも、それくらい許せない。そもそもこんな連中が店にいるといい客が寄り付かなくなる。いい客はいい客を呼び、悪い客は悪い客を呼ぶ。これ、商売の鉄則だよ。まぁ、店が彼らを許しているわけだから僕が注意するわけにもいかず、苦肉の対処策として空っぽの「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」をズーズーズ、ズーズズズーとストローで吸って大きな音を立てまくって邪魔したったげ。ま、それも賛否両論だと思いますよ。それ以前に大人気ないだろ。あ、この場合は「だいにんき」ではなく「おとなげ」と読んでほしい。はい、偏差値58から伸び悩んでいる全国の高校生諸君、涼しくて何気に快適だからと土曜日の午前中にたった1杯のドリップコーヒー、しかもショートサイズをちびちびとビンボー臭く飲みながらスタバで勉強したところで成績なんぞ1ミリも上がりゃしないよ。周りの迷惑にも気付かない&気配りもできない大バカ野郎では死ぬほど勉強していい大学に入ったところで今のお父さんとお母さんの生活以上の暮らしは100%できやしないよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

支那そば伊藤のしょうゆラーメンとスタバ秋田アルス店@秋田県秋田市

ゴメンね、やっぱ今朝もメロンパンに落ち着いたよ。でもね、抹茶風味だよ。大雨の予報だったが、今日もこの僕が街中を闊歩している真っ最中は小雨となったり上がったり。そして、この僕が秋田を発つや否や記録的な土砂降りとなったようだ。ゴメンね、秋田。で、千秋美術館でピカソを見ようと思ったが、ふと気が変わって午前10時のオープンと同時に『支那そば伊藤』でしょうゆラーメンをむさぼり食った。おいおい、トッピングしなくてもよかったよ。結局、今日はこれ一食で終わった。

甘いと辛い以外の味覚は不要@違いがほとんど分からないナイスなシニアのスターバッカーの早めの一日の〆はソイラテ。その気になって探せば『日本書紀』の35ページ目あたりにそう書いてある。初日に入った店舗とは異なるスタバ@秋田アルス店の端っこの席で雨に濡れた靴下を乾かしていた。

さようなら秋田。アイスランド語ではブレス秋田。スペイン語ではアスタルエゴ秋田。ほら、ご覧。雲の上を飛んでいるのにプロペラが止まっているよ。やっぱボンバルディア機は最強だね。ハハハ、スマホで撮ったらこうなった。とは言え一瞬、本気で驚いたがね。だってボンバルディア機だから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加