星跳在景一覧

「しょぼい」から「すっげぇ」に変身した蒲郡市竹島水族館は圧倒的にいい!

親しみを込めてタケスイと呼ぼう。2005年には入館者数がピーク時の29万人から12万人まで激減したタケスイ。歴史だけは古く建物もボロボロで当然、廃館も検討されたが、あんなことこんなことで踏ん張り2015年には初めて30万人の大台を突破した。その後、さらにグイグイと進化を続けると4ヶ月間のアップグレード休館を経て2018年の元日にリニューアルオープンとなった。水族館プロデューサーという別の顔を3日前から持つこの僕としては当然、行かざるを得ないよね。だから、行ったがね。

蒲郡市が管理・運営を行っているとは言え、入館料がたったの500円だよ。あの名古屋港水族館は2000円、その鳥羽水族館は2500円、昨日今日できたばっかの京都水族館ですら「わてらからすればたったの2050円どすえ」だとよ。手描きのカブトガニのポップ、いいねぇ。実にいい。

飼育スタッフも「魚たちを見る」ばかりではなく「お客さまと触れ合う」ことにも力を注いだ結果、このように飼育スタッフ一人一人にスポットライトを当てている。素晴らしいじゃないですか。

8年ほど前にも訪れているこの僕だが、以前と比べて館内がさらに重厚になったそんな気がした。

当然、君たちもご存じだろうが、これはオーストラリア肺魚@ネオケラトドゥスだよね。だよね?

また「さわりんぷーる」という呼称の魚たちに触れることができるタッチプールにはタカアシガニもいる。でも僕、手が汚れると顔を濡らしたアンパンマンのように確実にパワーがなくなるので今回はタッチはご遠慮させていただきました。

「あなたの立派なウツボさん」だとぉ!ハハハ、ゴメンね。僕、今ではチンアナゴ並みなの(爆)。

で、再入館スタンプを左手の甲に丁寧に押してもらうと逆立ちしても行ける距離、つまりお隣にある小洒落たカフェ『POTTER』でモーニングサービスのパンを熱い珈琲で静かに押し流した僕がいた。

そして、タケスイ再び。吐くほど楽しい。100%うれしい。展示してある淡水魚と海水魚の配分が絶妙にこの僕チックだぜ。全力で頭をいーこいーこしてやるから館長、出てこいや!

そうこうしていると心がない僕でも心が満足した気になって体まで温かくなってきた。そうだ、この調子で豊川稲荷に行こう。で、行ったら時季が時季だけに確実に混んでいた。名物のわさびいなりを楽しみにしていたのに、どの店の前も大行列だったので『カドヤ』の「うなぎ丼(きも吸い付)」を食っただよ。お願いだから感想は聞かないでおくれよ。

食後の恒例行事にスタバ@豊橋ココラフロント店でチョコレートチャンククッキーをトールサイズのソイラテで押し流した。ふ、こんなイケてるジジイが豊橋くんだりのスタバにいるなんて豊橋市民は知る由もなかろう。

今日一日をバシッと振り返っていたらあっと言う間に1時間が経っていた。「ここにしかないものがなければ」見せ方を変えればいい。また「ここにしかないものがあっても」見せ方が悪ければ誰にも気付かれない。つまり、商品なんて粗悪でなければなんでもいい。そもそも今の時代、粗悪な商品のほうが稀少で貴重だろう。海っぺりだというのにイルカがいなくても知恵を絞って頑張るタケスイ。京都の真ん中で資金力にモノを言わせてこれ見よがしにイルカショーを行うキョウスイ。それでは、そろそろ今日の〆に入ろう。だから、京都人は嫌いなんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ@ASTY一宮店に見る正しい清貧の区別と商売の基本

今日の僕はなんとなく愛知県にお金を落としたい気分だった。しかし、最近の名古屋市は調子こきまくっているため質素な一宮市に決めた。ただ、一宮市は喫茶店のモーニングサービス発祥の地という度が過ぎた質素@ビンボー臭いお土地柄だ。そーいう自分で自分の首を絞めるような愚かな喫茶店は反吐が出るほど嫌いだ。なのでスタバ@ASTY一宮店でソイラテとココナッツマカロンをまったりと愉しんだ僕だった。たしかにリアルなビンボーは嫌いだが、ビンボー臭いのはもっと嫌いなんだよね。いるじゃん、お金持ちでもビンボー臭い奴。もともと貧しかった人間がたまたま大金を手にすると、さらに貧しく見えるのは素直で従順なDNAの為せるワザだろうか。お金持ちは生まれながらにしてお金持ちなんだってば。でさ、スタバを見てみなよ。そんな高圧的な価格体系でいいんですか?いいんです。スタバの「ビンボー人は敷居をまたぐどころか視線すら向けるな」という揺るぎない姿勢がチラッと垣間見えるところが僕は好きだ。このココナッツマカロンなんか梅干しサイズがたった2個入っているだけで230円もするんだぜ。一宮市の喫茶店に限らず商売人全員に告ぐ。いいかげん、ビンボー臭い商売はもうやめにしたらどうなんだ。珈琲にゆで卵とサラダとトーストのトッピングを当たり前のように望む客など本当の意味での客ではない。

その後、同じ一宮駅構内にあるマネケンでワッフルを11個ほど買った。その隣の成城石井ではナッツのハチミツ漬けに興味津津だったが、1600円もしたのでさすがにやめた。夕食はエビ天入りの味噌煮込みうどんを自宅で食べた。いい一日だった。こんな日が365日の中で38日くらいあればいいのに。その年がうるう年の場合も366日の中で38日くらいあれば可。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

須磨海浜水族園と北野異人館街と人生をやり直したいと思えたスタバと

江ノ島と江の島の違いは地元民でもはっきりしないらしいが、三ノ宮と三宮もまったく紛らわしいというか鬱陶しい。そんな1円にもならんことが頭の中を駆け巡った27分後、JR須磨海浜公園駅に到着した僕だった。この女性↓が飛び降りへんかしゃんとスマホをずっと構えていたが案の定、飛び降りへんかったがね。

ゆっくり歩いて12分後、須磨海浜水族園にたどり着いた。いいですねぇ、水族館はワクワクする。動物園はヒリヒリする。動物園ってなんとなくナノ単位の細かいダニがこっちに飛散して来るそんな気がする僕がいる。ゴメンね、アニマルたち。

大好きな水族館を神社で例えると、アクア・トトは別格の伊勢神宮で名古屋港水族館は出雲大社だ。だから、なんで神社で例えるのでしょうか。ハハハ、知らんがな。ま、事の成り行きだ。

そして、須磨海浜水族園は伏見稲荷大社だろう。うん、ちょっとビミョー。でも、このアマゾン館があるから外国人観光客から絶大な人気を誇る超メジャーな神社を勝ち取ったんだよ。

巨大なピラルクーが頭上を悠々と泳いでいる様は圧巻だぜ。それなのに、幼い子を連れた若い父親が「わ、気持ち悪ぃ」を連発していたので「だったら出てけ、早よ帰れ!」と聞こえるか聞こえないかくらいの声で吐き捨てたった。こっちはピラルクーたちと楽しくお話をしているんだよ。

ずっと魚を見ていたら一人前の完食がキツイこの僕でもさすがに腹が減って来た。そこで園内にある『和楽園』で「ロースカツ膳定食」を食ったった。魚じゃなくて申し訳ありません。それにしても超フツーのメニューだった。そこらにあるレストランとまったく同じで笑えた。せっかく水族館の施設内にあるんだから、もっと工夫を凝らせばいいのに・・・というか、工夫を凝らさんといかんだろ。

で、三ノ宮まで戻ると生田神社で参拝した。ちなみに、生田神社を水族館で例えると日本で最も古い魚津水族館だろうか。陣内智則さん、藤原紀香さんにはそれぞれ別個で幸せになっていただきたい。

この僕も必要以上に幸せになりたいの。地味に地道に足と腰に来る坂道を登ると北野異人館街を歩き回った。最近は重い画像を管理するのも面倒なのですべてGoogle Mapsにアップしている僕がいる。

スタバ@神戸北野異人館店でソイラテを飲むのを楽しみにしていたこの僕だが、現存している東洋系の異人さん観光客たちで溢れ返っていたので断念した。物理的にも肩を落としてトボトボとしばらく歩いていたら「ここにもあるじゃん!」とスタバ@中山手通2丁目店に飛び込んだ。

女性スタッフはとても明るく、かつクレバーな雰囲気で大いに好感を持てた。「珈琲ならイースト・ティモール・ピーベリーがお勧めですよ」「じゃあ、それとアップルパイを」「東ティモールは一番新しい独立国ですよ」「うん、知ってる。僕の先祖はそこ出身なの」「え?」「ウソウソ」。2人で「ハハハ、ハハハァ~♪」。真剣にもう一度、人生をやり直したいと思えてしまった相手だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑顔は最高で最強のファンデーション

スタバがこの僕のご自宅から半径2キロ以内に250店舗くらい出店してくれたら住民税を3万4千円くらい余分に納めてあげよう。いいかい、マジで。だが、3万5千円なら少し考えさせてほしい。ところでスタバの全席完全禁煙という強固な姿勢がルノアールの名画『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』と同じくらいモーレツに美しいよね。とは言え「それってどんな絵なの?」という芸術に疎い人間も多いだろう。ググれ。ってことで、スタバ@イオンモール各務原店に左足から入ったら、なんと「コーヒー&クリームラテ」があるじゃないか。説明しよう、このコーヒー&クリームラテとは期間限定メニューなどが少なくなったときにだけポコッと現れる幻のレアドリンクなんだ。ってな内容を、黙って作業を眺めていたこの僕に対し、一人の女性スタッフがマグカップにラテを注ぎながら笑顔で教えてくれた。決して美形ではなかったが、それはそれはすっごく美人だった。たったそれだけのことで店舗の評価は★★★★(偏差値73レベル)だぜ。

それから約1時間後、なんだかんだと出費がかさみ、そして僕は途方に暮れかけたとき、さらにトドメを刺すかの如く『RAKERU』でハンバーグ&オムライスのランチを食べたった。案の定、腹が立つほど満腹になった。すると突然、お腹がキュルキュルと鳴き出した。お?食べ過ぎかと思ったが、今日のこれまでの行動を振り返ると原因が判明した。僕、牛乳がNGなの。ソイラテは豆乳だから飲めるけどフツーのラテはモースト・デンジャラスなの。そして僕は家路を急いだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鞆の浦は想像より7センチ以上もステキだった

鞆の浦と書いて「とものうら」と読む。この僕の場合、ちゃんと読めたは読めたが微妙に書けなかった。そーいうところが今ひとつ残念だが、薄っすらと人間味も感じられるのでよしとしよう。宮崎駿監督が3ヶ月間ほど滞在してアイディアを練ったことは至極納得がいくここ鞆の浦。この僕も半年くらい滞在して何か書こう。なんちて。今回の倉敷・鞆の浦の旅は新幹線予約アプリ@スマートEXで予約した。iPhoneで完結したので完全チケットレスでの旅となった。いい時代なのか、そうでないのかは僕にもよく分からないが、すっげぇ便利になったことは確かだろう。

福禅寺の対潮楼から眺めた景色にモーレツに癒された僕だった。「このまま飛び込んじまえ!」とは1ミリも思わなかった。

万が一の事態が発生した際に消防車や救急車はどうするのだろうか。そんなことを考えてしまう危機管理意識が旺盛な自分が無性に愛おしく思えた。

11時半を回ったので観光案内所で教えてもらった千とせに入った。火曜日と水曜日が定休日という店が多いらしい。ま、ここに限らず全国的にそうだとは思うが。

どうやら鯛が名物のようだった。文字どおり「鯛づくし会席」でご満悦♪

ついでに車庫いや、シャコの天ぷらも注文した。案の定、ビールのあてには最高だった。

今回の楽しみのひとつである太田家住宅は想像していたより遥かに荘厳で重厚だった。それにしてもボランティアガイドの熱の入りようというか地元愛の強さ、濃さというのがジンジンと伝わってきて凄まじかった。いや、実に素晴らしいことではある。

ここから海が臨めるのがステキだ。

そこからすぐ近くにあるザ・シンボルの常夜燈。あいにくの小雨だったが、それはそれで風情を醸し出した。

坂本龍馬が談判した歴史の舞台にも登場する御舟宿いろはカフェで熱い珈琲を飲んだ。次に訪れることがあったら是非一度、泊まってみたい。

福山駅のスタバでまったりとソイラテを飲もうと思いきや、あまりに忙しない店舗でうんざりした。スタバの店舗としては、この僕の評価は最低レベルだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソイラテのホットをショートで。それとカカオナッツね

iTunesストアで中尾ミエの『片想い』をダウンロードしようと探しまくったが、なかった。どうしても欲しいのでAmazonでも探しまくったが、わずかなビンテージものしかありゃしない。案の定、予定通りそして僕は途方に暮れかけた。ちなみに、ハマショーの『片想い』とはまったく違う。「あの名曲の、世の中の需要はないのだろうか?」この大いなるテーマを今一度、熟考するためだけにスタバ@ASTY岐阜店に向かった僕だった。ところがだ、この僕の左斜め前に座っていた偏差値28レベルのブサイクカップル、略してブサップルの「俺、野球部だったよ」「えー!あたし、野球部が大好きだったの」というあまりに稚拙な会話のせいで満足に考えることができなかった僕は未熟者さ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新種の恐竜のような施設名のアクアイグニスと四日市飯店と僕

それもそうだが、近鉄湯の山線に乗るのも主たる目的の上から2番目だった。

スタバ@アピタ四日市店でアップルパイを食べたが、もう当分はいいだろう。糖分はいいが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆい散歩@スタバで乾杯!

名鉄岐阜駅まで弘道は片道170円。当然、結衣ちゃんは無料。そして、いつもの岐阜駅構内にあるスタバでソイラテを飲みながらまったりタイム。ふぅ~、至福のひとときよね♪なんてなるわけないじゃん。あーじゃこーじゃとバタバタ慌しかったが楽しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旭山動物園より石狩川のフツーの風景のほうが僕は好き

鳥皮、本革、旭川。ってことで、北海道は旭川なう。ジャパンは島国だから外国のことを「海外」と呼ぶけどスイスやハンガリーなどの内陸国は「陸外」とでも呼ぶのだろうか?そんなもん「国外」に決まっとるがね。だから、そんなことはどーでもいいんです。え?なんで旭川くんだりに行ったのかって?ハハハ、君たちって肝たちと呼びたくなるくらいイチイチ残念ちゃんだね。この僕の両極端移住計画の視察だがね。冬は暖かい沖縄、夏は涼しい北海道。で、花粉症に苦しむ春もスギが生えていない沖縄と北海道で過ごしたひ。まるで天国じゃん!どうせ死んだら地獄に堕ちる僕だから、ご存命中くらいは天国気分を満喫させておくれよ。で、湿っぽい岐阜なんか玉宮界隈を徘徊中のさとちゃんにあげる。新聞をやめて半月が経過したが、極めて心地良いねぇ。テレビもまったく見ていない。まるで心が吉田川の清流に洗われるようだ。ま、僕に心があればの話だが。自然に入ってくる情報だけが真実だろう。では、旭山動物園に朝一で一滴増す!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中原中也を聴きながら・・・

「汚れっちまった悲しみに…」もいいが、個人的には「渓流(たにがは)」が好きだ。詩は読むのではなく聴くものだ。ページをめくるたび、その情景がひとつの音となってこの僕の鼓膜と三半規管を刺激する。そして僕は、スタバ@アスティ岐阜店で死人いや、詩人となった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加