星跳在景一覧

宇和島城とJR予土線の四万十川と千秋の鍋焼きラーメンと高知城と(S)高知帯屋町店@愛媛県宇和島市&高知県高知市

怖くて電気を点けっ放しで眠ったにもかかわらず午前4時16分に起床した。普段の僕なら旅先では2~3時に目覚めるのに。ま、かなり疲れていたのだろう。案の定、今回は予定に入れていなかった宇和島城を8時に攻めた。やっぱいいですねぇ宇和島城は。一人きり遠くから近くから眺めていた。

そして、今回の主たる目的であるところのJR予土線、通称しまんとグリーンラインを満喫するべく列車に乗った。昨日はアンパンマン列車で今日は海洋堂ホビートレインに乗ったジジイの僕だった。ちなみに、この得体の知れない物体たちはどうやら親子のカッパらしい。近くに寄るとしゃべった。

列車の窓がキレイで四万十川が美しく映えた。名鉄の車両なら指紋や鼻&額の脂が付着しているのにさすが観光列車だ。とは言え、ナウシカに出てくるような変な形の昆虫が列車内を飛び交っていた。

正直、岐阜県加茂郡七宗町から白川町までの峡谷である飛水峡のほうがずっと好きだ。ともう1人の僕が言った。そして、特急あしずり6号で高知駅に着くや否や『鍋焼きラーメン千秋』で間違ってもうどんは注文しない。一番小さいサイズの鍋焼きラーメンとご飯を注文するとラーメンを食べた後にご飯を入れてマニュアルどおり雑炊にした。これが絶品で昨日の食事より7倍以上も美味しかった。

高知には4時間ほど滞在できる。残りは3時間だ。当然のように高知城を攻めた。2度目の高知城も荘厳だった。現存の天守に現存の本丸御殿。なぜに高知城が国宝でないのかが僕には理解できない。

静かに時間を掛けて丁寧に回った。すると宇和島駅から予土線の車両に一緒に乗っていた中年男性を発見した。当然、話し掛ける気などまったく湧いてこなかった。昨日の臥龍山荘の韓国人女性は今、どこで何をしているのだろうか。ご飯はちゃんと食べているのだろうか。高知城は再訪必至だろう。

高知城の隣にある高知城歴史博物館を訪れた。まだできたばかりの施設で木の香りが心地良かった。

残り時間は1時間ちょいとなった。地味に焦るぜ。アーケード街の中にあるスタバ@高知帯屋町店で「ダークモカチップフラペチーノ」を疲れ切った肺活量ですすった僕。今日は18540歩だった。もっと遠くへも近くへも行きたい。まだまだ日本中を隈なく歩きたい。のんびりしたいい旅だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛社精神0(ゼロ)のススメ

スタバ@ASTY岐阜店で死んだように静かに目を閉じると渡辺真知子の『かもめが翔んだ日』のさびのリフレインが止まらない今日この頃、これは新種の病気の予兆でしょうか。もしも可能であるならば庄野真代の『飛んでイスタンブール』にしていただきたい。香港で大騒動となっている中国本土への移送を可能にする逃亡犯条例だが、これを我が身に置き換えると岐阜で身柄を拘束された僕が京都に移送された日にはたまったもんじゃない。「おたくはん何をしはったんどすか?」「そらえらいことしはりましたなぁ」のイヤミ攻撃どすえ。では、そろそろ本題に入ろう。スタバでぬるいソイラテをすすっていると左斜め前に座っていた2人の男の会話が僕の耳に入ってきた。明らかに上司と部下の関係で会社の未来や自分たちの将来について熱く語り合っていた。ったく、気持ち悪いからあっちに行っておくれ。こういう間違った愛社精神の持ち主が一番厄介なんだよね。経験豊富なこの僕曰く、最後は限りなく愛社精神が0の人間のほうがハッピーな人生を送っている。会社は安月給を支給する場所であり仕事はその安月給のための手段に過ぎない。愛社精神にあふれていようが切られるときは気持ちいいくらいスパッと切られる。いくら終身雇用を是としている会社でも潰れたらジ・エンド。その前に可愛がってくれた社長がバカ息子にバトンタッチしたらジ・エンド。そう、どっちにしてもジ・エンド。そもそも日本の会社の愛社精神が任侠の世界の契りとだぶっている時点でジ・エンド。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治村の浪漫亭と入鹿池と西郷従道邸と(S)犬山梅坪店のジジイの入院患者

悲しいお知らせです。どうやら僕のサメ肌の舌先に小っちぇ口内炎ができたっぽいようだ。日頃から杉山さんに大変お世話になっていることだしこの際、喜んで代わってあげたらどうなんだ。ハハハ、地味に痛ぇ。だからこそ、今の僕にはビタミンMが必要なんだ。それはどこにある?明治村にある。ほぼ無宗教に近い浄土真シャーのこの僕に天からお告げがあったことにして村内にある『浪漫亭』で明治村浪漫麦酒を飲みながら「デミグラスオムライス&ハンバーグ」を舌先に触れぬよう摂取した。

僕は店を出た。それからしばらく歩くと目の前に見事な景色が広がった。入鹿池だ。泥酔してここに飛び込んじまったら楽になるだろうな。などとは1ミリも思わなかった。そうしてほしい奴はいる。

今回の明治村探訪の主たる目的のひとつである重要文化財・西郷従道邸を元気よく左足から訪れた。錦戸君と塚っちゃんがここに住んでいたかと思うと何気に感慨深い。あ、大河ドラマでのお話だよ。

大量の紫外線を浴びたせいかビタミンMのおかげで舌先の口内炎も少しずつ和らいできた。だから、そのビタミンMって何なの?ビタミン明治村さ。うん、知ってる。その帰りにオープンして間もないスタバ@犬山梅坪店を訪れた。今月末に失効するポイントがあったのでリワードの権利を行使するとテラスで鳥肌の頬を伝う初夏の風を楽しんだ。しかし、ジジイの入院患者にしか見えない僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

似非スタアバックスの(S)函館ベイサイド店に入り浸り三昧@北海道函館市

君たちのような笑っちゃうくらい稚拙な海馬でも記憶しているだろうか。一昨日、この僕がスタバで安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちに辟易したことを。そこでだ、岐阜なんかに1メートルも帰りたくないけど最終日を飾るためだけにスタバを楽しもう。店内を撮影していると女性スタッフが「是非これも撮ってください」と微笑んだ。全国20店舗にしかないレトロな看板だが、この店舗は対象外のようだ。アルバイトも募集しているようだが「僕もやったろかしゃん」とは思わなかった。

実にまったりゆったりほっこりした時間と空間を満喫できた。スタバはこれでなくちゃいけないね。ソイラテをすすりながら窓の向こうの函館山をのぞいていたらクキッとにぶい音がして腰を痛めた。

痛いけどまあいい。この4日間を振り返りながら裏街道を突き進むべく、どうしたら僕だけが確実に幸せになれるかを考えた。その結果、時価876万円くらいの利益につながるネタが書けそうだぜ。

函館空港に向かうバスの乗車時刻まであと1時間か。海を眺めながら僕はつぶやいた。岐阜なんかに帰りたくない。このまま記憶喪失のフリをしようか。海を眺めながら僕はつぶやいた。帰りますか。

最後に、ホテルのロビーでパソコンを操作したら僕のブログがちょっぴりズレていたのでブラウザは僕が大嫌いなIEではなくグーグルクロームをお使いください。はぁ゛、そろそろ岐阜に帰ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地球岬と母恋駅とシスコライスと(S)函館ベイサイド店@北海道室蘭市・函館市

2時46分に起きた僕は、朝っぱらからホテルの近くのセイコーマートで買ったパンを食べてムダに満腹になった。それから熱い湯で丁寧に髭を剃ると急に睡魔が襲ってきた。ジジイの体は面倒臭ぇ。

とにかく終着駅には物語があって確実にいい。JR室蘭駅前からバスに乗ると地球岬団地で降りた。210円だった。辺りを見渡した僕は「こんなところにも暮らしている人がござる」とつぶやいた。

事前に調べたところバス停から地球岬までは徒歩で15分程度と書かれていた。それくらいだったら余裕だろうと歩き始めたのはいいものの、ビミョーな勾配が地味に地道に弘道の老体に効いてきた。

周りには人っ子一人いやしないし孤独と疲労で胃液がいい感じに込み上げてきたその刹那に目の前に金屏風が現れた。ハハハ、疲れも吹っ飛ぶってもんだぜ。実際には1ミリも吹っ飛ばんかったけど。

数分後、やっと地球岬にたどり着いた。晴れでも雨でも曇りでも最高だろう。うれしいと言うよりもここまで来たという達成感のほうが大きかった。想像してご覧、来た道をまた引き返す僕の苦労を。

重力に任せたら思いのほかスムーズに坂道を下った。途中、2回くらい転んだけど。鉄男や鉄子にはお馴染みの母恋駅は趣があってまったりできた。この駅名でふと思い出したのだが、弘道君の実母はまだご存命なのだろうか。何もしちゃいないのに勘当されてから20年近くも音信不通の僕がいる。

特急スーパー北斗10号で函館駅へと向かった。指定席はほぼ満席で通路側しか空いていなかった。ま、それは仕方ないとして窓側に座っているなら1秒も眠らずに瞳孔が開くまで車窓を眺めろよな。ひどい奴になるとカーテンまで閉めてやがった。いい感じに文句を垂れていたらホテルに到着した。

お空もピーカンになったことだし八幡坂を訪れた僕は、本当はここを僕が見事に転がっている動画をYouTubeにアップしたかったのだが、いかんせん孤独の孤の字の一人旅ゆえに誰も撮ってくれない。仕方ないからそこのデブ、左側を歩くそこのデブだよ。サッサと転がれ!と念じたけど無理だった。

八幡坂を58秒くらい転がった辺りにある『カリフォルニア・ベイビー』の名物料理である「シスコライス」を食べた。山盛りのバターライスの上にグリルした2本のソーセージがONしており、その山頂からてんこ盛りのミートソースがかかった名物料理だよ。明日の胃痛を覚悟でスプーンを進めるこの僕の勇気を全力で褒めてほしい。完食はあきらめていたが、頑張れば何でもできるもんだよね。

死なんかったけど死ぬほど満腹になった。令和時代の第1号となる記念すべきスタバに選ばれたのは函館ベイサイド店だった。2階のテラスで「コールドブリューライム」及び「珈琲ゼリーケーキ」を満喫しようと思った僕だが、明らかに安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちのせいで僕の気分は名城大学にも合格できない偏差値47レベルだった。ウミドリに頭から食われちまえ!と合掌した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今さら苦手を克服するような気力も時間も大義もない

牛の乳はワンフィンガーでもNGだけど牛の舌はツーリットルでもOKなんだ。いいかい、マジで。そこでだ、イオンモール各務原内のユニクロでデニムのジャケット、略してジージャンを買った後に『牛たん伊之助』で「厚切り牛たん定食」を食いながら牛の舌と僕の舌が絶妙な感じで絡み合った。ゴメンね、自分で言っておきながら薄っすら想像しただけですっげぇ気持ち悪くなってきたぴょん。なぜ牛たんには麦めしで、麦めしにはとろろが付きものなのだろうか。杉山様検定試験3級レベルの周知の事実でとっくにご存じだとは思うけど僕はとろろとホヤとトマトジュースがこの世に存在する食べ物の中で最も苦手で10万円もらっても無理だけど10万4850円なら僕、頑張ってみるから誰でもOKだから払ってほしい。感想だが、本場の仙台には敵わないけど69点くらいはあげたい。

ぬふふふふ。僕がジージャンを着たら18回目の受験で合格した岐阜大学の学生に見えんかしゃん。ハハハ、それはない。甘い夏の香りを乾燥気味の頭皮で感じると走り出した妄想列車は止まらない。最後に予定どおりスタバ@イオンモール各務原店を訪れると期間限定の赤い悪魔をすすりまくった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ラムネ屋の天丼とトゥるットゥるの幸乃湯と真新しい(S)美濃加茂新池店@岐阜県下呂市・美濃加茂市

腹が立つほど快晴だった。そこでだ、腹を立てる前に最後のひとつとなった青春18きっぷの権利を行使しよう!ってことで、先週までは静岡県の富士宮へ行く予定だった。でもね、富士宮やきそばを食うためだけに往復約10時間を掛けて行くというのも肉体的うんぬんの前に良識ある社会人としてどーなんでしょうかねー。ま、僕に良識がありなおかつ僕が社会人であればの話だが。両方とも×。はい、お手頃でお気楽な下呂温泉を訪れると駅のそこら辺にある『ラムネ屋』で「天丼」を食った。

正直、枝豆とビールだけで腹七分目だったが、僕なりに頑張った。そして、店を出ると歩いて3歩の幸乃湯の暖簾をくぐった。俗に言う銭湯だね。ほら、ご覧。いつもの服装で鏡に映った僕を激写中の砂漠王。ねぇ、僕って映えてる?脱ぎかけのほぼ真っ最中に撮ったのでズボンがずり落ちないように踏ん張っている激写中の砂漠王。ほぼ貸し切りのトゥるットゥるの湯でお肌は潤い気分は癒された。

下呂を後に列車に乗った僕は美濃太田駅で降りた。そう、あの美濃加茂市にできたばっかのスタバ@美濃加茂新池店を訪れるためだけに。説明しよう、岐阜県における美濃加茂市の存在意義&価値とは東京都で言うところの狛江(こまえ)市とほぼ同じだろう。僕、確実に一度も狛江市に行ったことも通ったことも触ったこともないけど。ゴメンね、コマタリアン。今回の僕の唯一の誤算は、今日から春休みの有象無象の学生たちが真夏の深夜のゾンビのようにそこら中にあふれていたということだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)武生中央公園店とヨコガワ分店のボルガライスで人生のトッピングを考える@福井県越前市

そのとき僕は純度の高い糖分と密度の低い平和をこよなく愛す高圧的な54歳で一人きり北陸本線の列車に身を任せていた。当然のように青春18きっぷの権利を行使した54歳の僕だった。ところで高圧的な杉山と高血圧の弘道のどっちが短命だろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。ちなみに、血の気が多いジジイの割には僕の血圧は120~70というネタにもならない数値なの。乗り継ぎの敦賀駅のホームに高倉健よろしく立った僕は「51歳のピエール瀧ってこの先どうやって食っていくのだろうか?」と疑問形でつぶやいた。半世紀以上も生きれば初心や原点に戻るどころか1からのスタートなどあり得ない。人生にリセットやリフォームはあり得ない。もしできるとしたら今までの自分に何かをトッピングすることくらいしかない。僕はJR武生駅から18分ほど歩いた。

中央公園に段差もなく面したスタバ@武生中央公園店はとてもコンフォタブルだった。はしゃぎ回るちびっ子たちをガラス越しに眺めながらすする「ムースフォームキャラメルマキアート」は圧倒的に美味しかった。今回はミルクを豆乳に換えた。しかし、これはトッピングではなくカスタマイズだ。

ふと気付いたら1時間ほど経っていた。ストナリニのせいでウトウトしちまったぜ。スタバを出ると「ちひろの生まれた家」記念館で大いに癒された僕。その後、本店は存在しない『ヨコガワ分店』で一人きりランチを堪能した僕。しかし、これはオムライスの上にトンカツをトッピングしたわけでもカスタマイズしたわけでもない。武生界隈でこよなく愛され続けている「ボルガライス」という名のソウルフードなんだ。これでトッピングするだけでもいかに難しいかということがお分かりだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)京都宇治平等院表参道店と平等院と(S)近江八幡店@京都府宇治市&滋賀県近江八幡市

京都と言えばスタバ。だが、ここは生粋の京都人からすれば何気にビミョーな立ち位置だろう宇治。宇治と言えば抹茶。しかし、どこのどいつも知らないだろう全国生産量の約30%を占める日本一の産地は愛知の西尾。西尾よ、もっとPR活動にお金を掛けたらどうなんだ。そして宇治よ、あなたの存在意義は何なのさ。だから、そんなことはどーでもいいんです。案の定、青春18きっぷを片手に西へと向かった僕がいた。その約3時間後、スタバ@京都宇治平等院表参道店の時空は優美だった。

見てご覧よ。ステキなロケーションだね。これを岐阜弁に翻訳すると「見てみぃ。ええ景色やん」。つくづく汚い方言でイチイチ嫌気が差してくるよね。実にまったり&ゆったりした時間を満喫した。

国宝であり世界遺産でもある平等院を訪れた。十円玉でお馴染みの鳳凰堂の前には真夏の夜の電灯に群がる昆虫のような人だかりだった。この僕の主たる目的はスタバゆえに写真だけ撮って終わった。

物理的に抹茶色の表参道を早歩きで抜けると列車に乗って米原方面へと向かった。その約1時間後、そのとき僕はスタバ@近江八幡店で「ダークモカチップフラペチーノ」をすすっていた。世界遺産をスタバとスタバで挟む。それにキャッシュは600円しか使っていない。誠に有意義な一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)松阪川井店と8年前に思いを馳せながらカフェテラスオレンジで海への憧憬@三重県松阪市・鳥羽市

それまでも毎年のように頻繁に訪れていた僕だが、8年前の今日も次女と一緒にそこを訪れていた。僕の聖地でもある鳥羽水族館を堪能した後に赤福で優雅に一服していると警報が鳴り、日帰り散策が戸田家での一泊旅行となった。それ以来、昨日も今日も生かさせていただいている感謝を込めて毎年3月11日前後には必ず鳥羽を訪れている僕がいる。だから僕は、そーいう男なんだ。で、その前にせっかくなので途中下車してスタバ@松阪川井店を訪れた。ほら、僕って青春18きっぱーだから。

松阪駅から徒歩で往復1時間も掛けてスタバを満喫するその意義をこの僕に教えてほしい。摂取したカロリーの倍以上もエネルギーを消費したぜ。鳥羽に着いた。あの日もこの海を静かに眺めていた。

僕の聖地でもある鳥羽水族館をスルーして『カフェテラスオレンジ』を訪れると快晴の海を臨む席でなぜか海に限らず山の旅先でも定番の海鮮丼には飽きたので熱々の「シーフードドリア」を食べた。

ご先祖様、今日もありがとうございます。僕はそうつぶやくと帰路に就いた。すると、あろうことか名古屋駅で岐阜行きの列車を待っていた僕の福耳に岡崎辺りで人との接触事故があって列車が運転を見合わせているという音声が入ってきた。ご先祖様、眠気が吹っ飛ぶ試練をありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加