星跳在景一覧

途中下車の(S)ASTY静岡西館店とサンバードのナポリタンとサンビーチの芋@静岡県静岡市・熱海市

何気に困ったことに「タイガー炊飯ジャー、炊っきたて♪」のリフレインが止まらない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。と同時に、この連日の暑さと台風のせいでまったく出掛けられなかった欲求不満も止まらない。本当は一泊で富山方面に行く予定だったが、どうも天気が湿っぽいらしい。だって、北日本の富山だから。ってことで、困ったときの熱海方面に変更した。乗り継ぎの静岡駅で途中下車するとスタバ@ASTY静岡西館店でチマチマとソイラテをすすりながら「レモンチョコレートクッキー」を元気よく頬張った。おいおい、220円もするクッキーだけど3枚しか入っていない。

トイレ&スタバ休憩終了。引き続き地味に地道に列車に揺られると熱海駅に着いた。駅前の商店街は有象無象&魑魅魍魎の観光客で大賑わいだった。そして僕はと言えば、長崎屋いや『サンバード』で絶景の鉄板スパゲティを食べた。さすが関東エリアの熱海ゆえにメニュー表にはイタリアンではなくナポリタンと書かれていた。卵が敷いていない鉄板スパゲティなど糖分のないあずきバーと同じだ。

たらいで芋を洗うかの如く混雑していたサンビーチだが遠目に見ただけで過呼吸になりそうだった。その後、相変わらずムダに暑けりゃ行く場所もないので三島駅近くのホテルへと向かった僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)名城公園店と名古屋城本丸御殿と地雷也の天むすだわ@愛知県名古屋市

「パパ、久しぶりに天むす食べたくない?」「食べたくない」「ううん、きっと食べたいはずだよ」「じゃあ、そーいうことにしとくけど。だから何?」「パパに買ってきてほしいの」「バローで?」「ううん、地雷也で」。ってことで、天むすを買うためだけに名古屋くんだりまで行く羽目になった残念ちゃんな僕がいた。が、さすがにそれだけのために往復で940円も出費するのはつらかろう。

せっかくだからと上記のとおりスタバ@名城公園店で地球環境に配慮するという誰からも叩かれない大義名分の下、マグカップに注がれた「コーヒーフラペチーノ」をすすった僕は100%満足した。その後、余裕で35℃を超える炎天下の名城公園の左端を進むと緑の中から名古屋城が垣間見えた。

お久しぶり、名古屋城。期間限定で公開していた重要文化財の西北隅櫓の太い柱や梁を触りまくって思いっ切りご満悦の僕は、外国人と日本の老若男女の大行列の最後尾に並んで本丸御殿に出陣した。僕が想像していたレベルをはるかに超えた素晴らしい御殿だったので名古屋市長を褒めてあげたい。

ほら、ご覧。これが家長の僕以外の杉山ファミリーが食べたくて仕方なかった地雷也の天むすだよ。正直、セブンイレブンのおにぎりと大差はないと思うがいかがなものか。僕の分け前は5個だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)福井花堂店とマシェリのしょうゆカツ丼と山頂にそびえる越前大野城@福井県福井市・大野市

筋金入りのスターバッカーのこの僕でも気温33℃の炎天下ではちとつらかったが、越前花堂駅での乗り換え時間が1時間12分もあったので往復20分の距離を歩いてスタバ@福井花堂店を訪れた。さすがに今日はソイラテのアイスをオーダーすれば、チェイサーのような小っちぇアイスコーヒーもお試しでもらった。ってことで、この夏、2回目となる青春18きっぷの権利を行使した僕だった。

気温34℃。計画どおり九頭竜線の愛称で知られる越美北線に乗ると越前大野駅で降りた僕が周囲をふと見渡せば、夏休みで暇を持て余しているピチピチの学生たちであふれ返っているかと思いきや、猛暑でもムダに元気なスッカスカのジジイとパッサパサのババアがチラホラいるだけだった。それはそれで仕方ない。とりあえず『マシェリ』でヒレ肉バージョンの「しょうゆカツ丼」をかき込んだ。

ほら、ご覧。嫌でも目に入っちまう越前大野城だよ。見た目に美しいのはステキなことだが、山頂にたどり着くためには大量の汗を噴き出しながら弘道が山道を20分ほど歩くことが必須条件だった。

忘れもしない2012年5月20日に世界のアツローとこの城を攻めた際には、アツローが黒い服を着ていたのでアブやハチが寄ってきて登城を断念した。アツロー、あなたってブラッキーは・・・。そのためすべてにおいて学習する僕は、Tシャツも白&パンツも白という全身ホワイティで挑んだ。

死ぬほど暑い。そこら中から湧き出る原価は0の名水を浸した使い捨てタオルで体中を拭きまくって何とかかんとか助かった。無料休憩所があったので今、小学生に襲われたら15秒で打ちのめされる気の抜けた姿でボーっと過ごした僕の至福のひとときが死ぬまで続けばそれなりにハッピーだろう。

いかんせん列車の本数がモーレツに少ない。敦賀駅での乗り継ぎ時間が51分もあったので駅界隈を静かに歩いた。いつもは乗り継ぎにしか利用していなかった敦賀駅だけどなかなかよさそうですな。特に駅前の喫茶店が気になったので近日中に長浜とセットで訪れてみよう。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)浜松メイワンエキマチウエスト店と十八番の玉子チャーハンと掛川城@静岡県浜松市・掛川市

お腹が痛くて午前2時51分に目覚めたことはありませんか?仕方ないのでパソコンでチマチマした作業をやっていたらYahoo!路線情報から「飛騨一ノ宮~高山駅間で発生した動物支障の影響で、一部列車に遅れが出ています」というメールが届いた。ま、この路線はしょっちゅう鹿と衝突している。とは言え、青春18きっぷの権利を行使して飛騨高山に行こうと思っていた縁起を担がない僕だけど「縁起が悪いな」と思って急遽、掛川城、君に変えた!その前に乗り継ぎの浜松駅で途中下車するとスタバ@浜松メイワンエキマチウエスト店でソイラテを飲みながら通行人の粗探しをして楽しんだ。

UVクリームを塗りたくったせいか顔が痒かった。紫外線と麺類は今年の僕の敵なのでまんべんなくUVクリームを塗りたくった。耳よ、耳。男は耳に塗るのを忘れがちなのよ。掛川駅に向かう途中、列車が袋井駅に停車すると「袋井には何があるんだ?袋井市役所だがね」とひとり言をつぶやいた。8分後、掛川駅で降りると最初に向かった『十八番』で冷たいビールをあおった。玉子チャーハンは甘かった気がしたけど僕は味覚オンチなので本当は激辛だったかも知れないし大将は左利きだった。

これで4回目の登城となる掛川城。いいですねぇ。木造の復元天守ではあるが、城内の二の丸御殿は全国に4つしかない現存御殿の中の貴重な1つだ。さぁ、4つをすべて答えなさい。汗だくになって掛川界隈を散策した僕は、帰りの列車の中では都こんぶのような酸っぱ臭い香りを丁寧に放出した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)半田店と半田赤レンガ建物と復刻版の生カブトビール@愛知県半田市

体脂肪が沸騰するくらい鉄分不足による禁断症状が勃発した。いろいろと磯が死んだ状態ではあるが禁断症状なら仕方ない。そこでだ、それなりに鉄分を補給するべく名鉄電車に飛び乗った僕がいた。とりあえず知多半田方面を目指した僕は、何の目的もなくふらっと途中の住吉町駅で降りる雰囲気を漂わせながら5日前からの計画どおりスタバ@半田店で「コールドブリューコーヒー」を満喫した。

半田店の女性スタッフから偏差値73レベルのスタバ☆スマイルをプレゼンツされてご満悦になった僕は、歩いて5分の半田赤レンガ建物を満面の笑みで訪れた。今回で2回目だがやはりいいですな。

今日、初めて知ったが半田赤レンガ建物は横浜赤レンガ倉庫と同じく妻木頼黄が設計したとのこと。腹は黒いが赤レンガフェチとしては全国にある赤レンガ建物を片っ端から巡りたくなった真っ最中。その後、建物内にある『カフェブリック』でホットドッグと明治時代バージョンの生カブトビールを味わったのはいいが、メニュー表の「ホットドック」は確実に残念ちゃん。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そこらのカフェと以下同文の(S)草叢BOOKS各務原店と麺嫌いの復活の日@岐阜県各務原市

説明しよう、草叢(くさむら)BOOKSとはTSUTAYAが運営するローカルなショッピングセンターと融合したBOOK(新本・中古本)&スタバという2時間半くらいなら居座れるが3時間半を超えたらほぼ飽きる極上のスペースのことだ。全国では愛知県名古屋市の中でもカントリーの守山区、さらに田舎臭い岐阜県各務原市にしかない。ハハハ、草叢の名に相応しい立地じゃないか。しかも2店ともショッピングセンターはほぼご臨終のアピタだよ。ってことで、市場調査のために訪れた僕がいた。

おいおい、同じアピタと言っても岐阜店や北方店などとは異なりなかなかの繁盛っぷりじゃないか。さすが目の付け所が抜け目がないTSUTAYAだぜ。スタバ@草叢BOOKS各務原店の必要以上に余裕とゆとりのあるシートに致命的な腰を下ろすと「ダークモカチップフラペチーノ」を致命的な腰と膝に負担のかからぬようすすった。とは言え、コラボは本来の「らしさ」が薄まるゆえに僕は大嫌いだ。

その後、2階のダイソーで靴の中敷きを買った。この夏はコルクの中敷きで乗り切ろう。いい感じに1時間が経過したので『麺’s 各務原本店』で「みそラーメン」を食べた。フツーに美味しかったが、つくづく僕は麺が嫌いだということを実感した。地球上からすべての麺が消え失せてもいいほどに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇和島城とJR予土線の四万十川と千秋の鍋焼きラーメンと高知城と(S)高知帯屋町店@愛媛県宇和島市&高知県高知市

怖くて電気を点けっ放しで眠ったにもかかわらず午前4時16分に起床した。普段の僕なら旅先では2~3時に目覚めるのに。ま、かなり疲れていたのだろう。案の定、今回は予定に入れていなかった宇和島城を8時に攻めた。やっぱいいですねぇ宇和島城は。一人きり遠くから近くから眺めていた。

そして、今回の主たる目的であるところのJR予土線、通称しまんとグリーンラインを満喫するべく列車に乗った。昨日はアンパンマン列車で今日は海洋堂ホビートレインに乗ったジジイの僕だった。ちなみに、この得体の知れない物体たちはどうやら親子のカッパらしい。近くに寄るとしゃべった。

列車の窓がキレイで四万十川が美しく映えた。名鉄の車両なら指紋や鼻&額の脂が付着しているのにさすが観光列車だ。とは言え、ナウシカに出てくるような変な形の昆虫が列車内を飛び交っていた。

正直、岐阜県加茂郡七宗町から白川町までの峡谷である飛水峡のほうがずっと好きだ。ともう1人の僕が言った。そして、特急あしずり6号で高知駅に着くや否や『鍋焼きラーメン千秋』で間違ってもうどんは注文しない。一番小さいサイズの鍋焼きラーメンとご飯を注文するとラーメンを食べた後にご飯を入れてマニュアルどおり雑炊にした。これが絶品で昨日の食事より7倍以上も美味しかった。

高知には4時間ほど滞在できる。残りは3時間だ。当然のように高知城を攻めた。2度目の高知城も荘厳だった。現存の天守に現存の本丸御殿。なぜに高知城が国宝でないのかが僕には理解できない。

静かに時間を掛けて丁寧に回った。すると宇和島駅から予土線の車両に一緒に乗っていた中年男性を発見した。当然、話し掛ける気などまったく湧いてこなかった。昨日の臥龍山荘の韓国人女性は今、どこで何をしているのだろうか。ご飯はちゃんと食べているのだろうか。高知城は再訪必至だろう。

高知城の隣にある高知城歴史博物館を訪れた。まだできたばかりの施設で木の香りが心地良かった。

残り時間は1時間ちょいとなった。地味に焦るぜ。アーケード街の中にあるスタバ@高知帯屋町店で「ダークモカチップフラペチーノ」を疲れ切った肺活量ですすった僕。今日は18540歩だった。もっと遠くへも近くへも行きたい。まだまだ日本中を隈なく歩きたい。のんびりしたいい旅だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛社精神0(ゼロ)のススメ

スタバ@ASTY岐阜店で死んだように静かに目を閉じると渡辺真知子の『かもめが翔んだ日』のさびのリフレインが止まらない今日この頃、これは新種の病気の予兆でしょうか。もしも可能であるならば庄野真代の『飛んでイスタンブール』にしていただきたい。香港で大騒動となっている中国本土への移送を可能にする逃亡犯条例だが、これを我が身に置き換えると岐阜で身柄を拘束された僕が京都に移送された日にはたまったもんじゃない。「おたくはん何をしはったんどすか?」「そらえらいことしはりましたなぁ」のイヤミ攻撃どすえ。では、そろそろ本題に入ろう。スタバでぬるいソイラテをすすっていると左斜め前に座っていた2人の男の会話が僕の耳に入ってきた。明らかに上司と部下の関係で会社の未来や自分たちの将来について熱く語り合っていた。ったく、気持ち悪いからあっちに行っておくれ。こういう間違った愛社精神の持ち主が一番厄介なんだよね。経験豊富なこの僕曰く、最後は限りなく愛社精神が0の人間のほうがハッピーな人生を送っている。会社は安月給を支給する場所であり仕事はその安月給のための手段に過ぎない。愛社精神にあふれていようが切られるときは気持ちいいくらいスパッと切られる。いくら終身雇用を是としている会社でも潰れたらジ・エンド。その前に可愛がってくれた社長がバカ息子にバトンタッチしたらジ・エンド。そう、どっちにしてもジ・エンド。そもそも日本の会社の愛社精神が任侠の世界の契りとだぶっている時点でジ・エンド。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治村の浪漫亭と入鹿池と西郷従道邸と(S)犬山梅坪店のジジイの入院患者

悲しいお知らせです。どうやら僕のサメ肌の舌先に小っちぇ口内炎ができたっぽいようだ。日頃から杉山さんに大変お世話になっていることだしこの際、喜んで代わってあげたらどうなんだ。ハハハ、地味に痛ぇ。だからこそ、今の僕にはビタミンMが必要なんだ。それはどこにある?明治村にある。ほぼ無宗教に近い浄土真シャーのこの僕に天からお告げがあったことにして村内にある『浪漫亭』で明治村浪漫麦酒を飲みながら「デミグラスオムライス&ハンバーグ」を舌先に触れぬよう摂取した。

僕は店を出た。それからしばらく歩くと目の前に見事な景色が広がった。入鹿池だ。泥酔してここに飛び込んじまったら楽になるだろうな。などとは1ミリも思わなかった。そうしてほしい奴はいる。

今回の明治村探訪の主たる目的のひとつである重要文化財・西郷従道邸を元気よく左足から訪れた。錦戸君と塚っちゃんがここに住んでいたかと思うと何気に感慨深い。あ、大河ドラマでのお話だよ。

大量の紫外線を浴びたせいかビタミンMのおかげで舌先の口内炎も少しずつ和らいできた。だから、そのビタミンMって何なの?ビタミン明治村さ。うん、知ってる。その帰りにオープンして間もないスタバ@犬山梅坪店を訪れた。今月末に失効するポイントがあったのでリワードの権利を行使するとテラスで鳥肌の頬を伝う初夏の風を楽しんだ。しかし、ジジイの入院患者にしか見えない僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

似非スタアバックスの(S)函館ベイサイド店に入り浸り三昧@北海道函館市

君たちのような笑っちゃうくらい稚拙な海馬でも記憶しているだろうか。一昨日、この僕がスタバで安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちに辟易したことを。そこでだ、岐阜なんかに1メートルも帰りたくないけど最終日を飾るためだけにスタバを楽しもう。店内を撮影していると女性スタッフが「是非これも撮ってください」と微笑んだ。全国20店舗にしかないレトロな看板だが、この店舗は対象外のようだ。アルバイトも募集しているようだが「僕もやったろかしゃん」とは思わなかった。

実にまったりゆったりほっこりした時間と空間を満喫できた。スタバはこれでなくちゃいけないね。ソイラテをすすりながら窓の向こうの函館山をのぞいていたらクキッとにぶい音がして腰を痛めた。

痛いけどまあいい。この4日間を振り返りながら裏街道を突き進むべく、どうしたら僕だけが確実に幸せになれるかを考えた。その結果、時価876万円くらいの利益につながるネタが書けそうだぜ。

函館空港に向かうバスの乗車時刻まであと1時間か。海を眺めながら僕はつぶやいた。岐阜なんかに帰りたくない。このまま記憶喪失のフリをしようか。海を眺めながら僕はつぶやいた。帰りますか。

最後に、ホテルのロビーでパソコンを操作したら僕のブログがちょっぴりズレていたのでブラウザは僕が大嫌いなIEではなくグーグルクロームをお使いください。はぁ゛、そろそろ岐阜に帰ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加