星跳在景一覧

旭山動物園より石狩川のフツーの風景のほうが僕は好き

鳥皮、本革、旭川。ってことで、北海道は旭川なう。ジャパンは島国だから外国のことを「海外」と呼ぶけどスイスやハンガリーなどの内陸国は「陸外」とでも呼ぶのだろうか?そんなもん「国外」に決まっとるがね。だから、そんなことはどーでもいいんです。え?なんで旭川くんだりに行ったのかって?ハハハ、君たちって肝たちと呼びたくなるくらいイチイチ残念ちゃんだね。この僕の両極端移住計画の視察だがね。冬は暖かい沖縄、夏は涼しい北海道。で、花粉症に苦しむ春もスギが生えていない沖縄と北海道で過ごしたひ。まるで天国じゃん!どうせ死んだら地獄に堕ちる僕だから、ご存命中くらいは天国気分を満喫させておくれよ。で、湿っぽい岐阜なんか玉宮界隈を徘徊中のさとちゃんにあげる。新聞をやめて半月が経過したが、極めて心地良いねぇ。テレビもまったく見ていない。まるで心が吉田川の清流に洗われるようだ。ま、僕に心があればの話だが。自然に入ってくる情報だけが真実だろう。では、旭山動物園に朝一で一滴増す!


中原中也を聴きながら・・・

「汚れっちまった悲しみに・・・」も実にステキだが、個人的には「渓流(たにがは)」が好きだ。詩は読むのではなく聴くものだ。白いページをめくるたび、その情景がひとつの音となってこの僕の粘土質の鼓膜と三半規管を刺激する。そして僕は、スタバ@ASTY岐阜店で死人いや、詩人となった。


やっぱソイラテはアイスよりホットがいいよね

県病院で心電図や血液の検査をした僕だが、まったくノープロブレムだった。だって、この僕だよ。とは言いながらも、日本語にできないほどの安堵に抱きしめられたこの僕は、スタバ@ASTY岐阜店で軽く音を立てながら生まれて初めてご対面したソイラテのアイスバージョンを何気にすすっていた。



キャラメルフラペチーノとチキンシーザーと『月と六ペンス』

初夏に芽吹く街のニオイを満喫しようと出掛けた僕は、ちょっとだけ歩き疲れたせいもありスタバ@イオンモール各務原店に入った。「ねぇ、一緒にいるときくらい本を読むのをやめたらどうなの?」マリコは言った。「うん。でもさ、今ちょうど面白いところなんだよね」僕は横顔で静かに答えた。街を散策するときの僕は必ず一冊の文庫本を持って出ることにしている。「モームが好きなの?」とマリコ。「あぁ」と僕。シンガポールのラッフルズ・ホテルをこよなく愛したサマセット・モームを楽しむためにはシンガポール・スリングが不可欠だろう。でも、僕は今、目の前にある「キャラメルフラペチーノ」をすすっている。「何が一番好き?」「ん?『月と六ペンス』だよ」と答えると僕は「やれやれ」とため息をついた。どうやらまったりと『雨』を読むことは困難なようだ。「小説ってウソで固められた感じがして苦手なの私」とマリコは肩をすくめた。「そうかな?多くの人は難しい真実より、分かりやすいウソを歓迎するものだよ」「例えば?」「『僕、頑張ります!』とかね」。


Coffee, Ham Cheese & Vegetables

いい年こいて毎日10時間以上もパソコンと向き合っているせいか物理的にも精神的にも目が痛い。そこでだ、それに合うメガネを購入するべくイオンモール各務原店内にあるJINSを訪れたった。13日の金曜日に仕上がるというのが怖かったが、とにかく安い。想定金額が半分以下だったので、その帰りにスタバ@イオンモール各務原店で大量の熱い珈琲を飲んだ。それなりにいい一日だった。