星跳在景一覧

まったく期待していなかった九十九島水族館海きららは必要以上にいい!

「ナイスなミドル以上、シニア以下のジジイの朝はムダに早くて一日のスタートはスタバから♪」とその気になって探せば『日本書紀』の37ページの5行目にそう書いてある。ってことで、昨日とは別のスタバ@佐世保四ヶ町店に入るとソイラテをまったり楽しむのではなく佐世保駅までズーズーとすすり歩きしたった。

市営バスに260円も支払ったかいもあり、確実に九十九島水族館海きららに到着した。あいにくの曇天っぽいがそこは大丈夫。だって水族館は屋内だから。いい年こいたら紫外線はお肌の敵なのよ!

ピロリ菌いや、最近のこの僕って疲れているのだろうか。いつもだったら獰猛な魚たちとのご対面を待望しているはずなのにビフィズス菌いや、最近では癒し系を求めているそんな気がする僕がいる。

ほら、こっちでも。蘇我入鹿ちゃんがボールを持って「ねぇ、ぼくといっしょにあそばないかい?」ってロシア語っぽい超音波で語り掛けているじゃないか。ハハハ、新種の耳鳴りかしゃん。

エイの吸盤のような大きなお口にスルッと吸い込まれたらさぞかし楽だろうね。僕はゴメンだけど。

おいおい、やめてくれよな。『007』のオープニングシーンのようじゃないか。あたかもこの僕がジェームズ・アロンアルフア・ボンドみたいじゃん。説明しよう、正式には商品名の最後の「ア」は小文字ではないアロンアルフアが正解だ。よかったね、今日もタダで目からウロコの知識が増えて。

そして僕は途方に暮れかける前に物理的にグリーンな特急みどり12号に乗って佐世保を後にした。

その後、もう一度だけ福岡城の石垣と愛し合いたくなった僕は地下鉄の大濠公園駅から地上に出た。かと言って、ちったあモグラの気持ちが分かったようなそんな気がするはずもない。

ふと歩いて数分の場所に長浜ラーメンの有名店があることを思い出した僕は、せっかくなので訪れたった。が、そりゃまあひどい雰囲気の店内だった。ラーメンは美味かったが、ヤング男性店員たちが地元の偏差値37レベルの高校のサッカー部の補欠たちが戯れるような感じの小汚い私語を標準語のように使って縦横無尽に飛び交っていた。よく世間はこんな店を有名店と認めるもんだな。つくづく世の中は甘いと感じた一幕だった。再訪は腐ってもあり得ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平戸城を中心に平戸の風情ある界隈や小路や食事を満喫してご満悦

天気予報は曇だが、それに反してすっげぇ快晴!そう、僕はもっている男なんだよ。でも、できれば天気より現金をもちたい。ってことで、路線バスで片道1時間半ほどかけて平戸を訪れた。平戸城がなければ死ぬまで訪れることのない場所だったかもしれない。全国の城には非常に感謝をしている。しかし、人間に感謝をすることは滅多にない。そこが僕のいいところでもあり魅力でもある。そして案の定、平戸城の四方八方の眺めは絶景だった。午前10時、平戸城の一枚が逆光なのは仕方ない。

この絶景をチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。君たちってつくづくハッピー野郎だね、タダで旅行気分が味わえて。ま、あくまでも「気分だけ」だけど。

だから僕は、

君たちが思っている以上に

いい人です。

「あ、こっちから撮れば逆光じゃないんだ」と気付いたこの僕はあまりにステキだった。もう訪れることもないかもしれないと、しばしセンチメンタリーな気分に浸りつつ見上げていたけど首に負担が掛かるのでそこそこでお暇した。お暇は「おいとま」と読んでくれ。

そこから市役所方面にぷらぷら歩いていたら年季の入った幸橋と遭遇した。「ふ、小っちぇ橋だぜ。眼鏡橋といい長崎は小っちぇ橋の博物館かよ!」と大胆なひとり言をつぶやいていたら「国指定重要文化財」という看板を発見してマリアナ海溝より深くお詫び申し上げた。そーいえば、眼鏡橋も重要文化財だった。長崎最高!忘れていなければ、今年はふるさと納税を48万円分くらいするからね。

いい。ここは実にいい。随分前に雑誌で見かけたすっげぇ趣のある階段の小路がここ「寺院と教会の見える風景」だった。例によって一句ひねろうと思ったが、例の如く何も浮かばなかったのは思ったとおりだった。今の時季もいいが、蝉の鳴く夏や蝉の声が遠くなる秋もきっといいだろう。

美しい教会だ。その教会の自動ドアが開かなかった。この僕が浄土真シャーだからだろうか、悪魔のような性格だからだろうか、まだちょっと時間が早かったからだろうか、単に機械の故障だったからだろうか、それとも僕の存在と体重が軽すぎたからだろうか。どちらにしてもそーいうことだった。

そこそこ歩き疲れた感がフルマラソンに例えるところの38キロ付近に達した。ちなみに、この僕の長距離の条件が800メートル以上というのはご存じのことだろう。そこでだ、頑張った弘道君へのご褒美だろうか、うれしいことに足湯をひとり占めできた。僕ってさ、足でも小指を立てられるの。

そんなこともあり、「え?どんなこと?ねえってば」。知らんがな。午前11時のオープンと同時に『あまちゃん』の暖簾をくぐって「あまちゃん定食」を食った。ほぼ食い終わる頃、佐々(ほぼほぼ地元)から来たという「妙齢に4を掛けて3で割ったくらいの年齢」のご婦人方4人が入って来た。すると「あの人って1人で来ているのかしら」「平戸の人かしら」と僕の噂をしているヒソヒソ声がパナソニックのテレビのボリュームで言うところの21の音量で聞こえた。おいおい、平戸にこんなイケテるジジイはいない。(中略)なんだかんだで命からがらご無事に逃げ切ることができたがね。

そのとき僕は53歳で、その3日前も53歳だった。そんな僕はオランダ塀と呼ばれる高台の坂道で54歳を迎えたいとは1ミリも思わなかった。でも、何気にいい雰囲気だったので僕はオランダ塀を全面的に応援している。だが、応援されているオランダ塀はそのことに気が付いているのだろうか。

オランダ塀から海を臨むと平戸城が見えた。う~ん、これはさすがに無敵の下呂温泉でも味わえない風景&感慨深さだ。水彩画を描きたくなったが、自分が油絵派だったことに気が付いて愕然とした。

青い海と青い海をめぐるその風景を眺めながら「ジャガタラの道」を歩いていたら松浦史料博物館に着いた。なかなか趣があると思いきや県指定文化財だった。国指定よりは劣るが、そこはそれなりに素晴らしいだろう。2分前に気付いたんだけど僕って肩書きやブランドに弱いかも大和田(自爆)。

当然、帰りも1時間半ほどかけて佐世保にご帰還した僕だった。そして、一日の〆はスタバ@させぼ五番街店、君に決めた!しかし、どうもTSUTAYAとのセット販売システムがこの僕の性に合わない。とは言え、ベンチに腰を下ろして海を眺めながらのソイラテタイムは私腹を肥やすときいや、至福のひとときだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルな日常のない安易な癒しだけを求めると必ず飽きが来る法則

80デシベルの騒音の中で聞けば「海外のセレブ」と「繁華街のデブ」はちょっち似ている。だが、そのライフスタイルと言えば冥王星とワニガメほど異なっているだろう。いいかげん、安い揚げ物を食いながら柳ヶ瀬界隈をねり歩くのはやめにしたらどうなんだ。すれ違うたびにタカシマヤの2階で塗りたくったお試し品の香水と使い回しのサラダ油のニオイが混ざり合った悪臭が鼻を突くんだよ。はい、岐阜市内の土地勘がまったくない人々の辛抱はここまでです。ううん、大丈夫だよ。この僕も岐阜市内の土地勘があっけらかんにバージョンアップするくらい沖縄県人に進化するご予定だから。今日あたり沖縄のA&Wでチーズバーガーを片手に原稿を送って来るだろう香取犬(カトリーヌ)。いいねぇ、極寒の長野県諏訪湖畔を脱出した負け犬の彼女だが、今では沖縄で悠々と仕事をしているフリを楽しんでいる香取犬。この僕の理想じゃないか、ジャマイカの邪魔なイカ。まったりしたい、のんびりしたい、解放されたいだけなら沖縄まで行かなくても3丁目のスーパー銭湯で十分だよね。わざわざそこまで行って仕事をしているフリを楽しみ、リアルな日常を生きることがステキなんだよ美ら海ベイベー。とは言いながら、岐阜駅構内にあるスタバでトールサイズのソイラテを飲みながら「こんなところでこんなことしとる場合じゃねぇよ」とひとり言をつぶやきながら悶々としていた。

その後、1階に下りると八天堂で「生クリーム&カスタードくりーむパン」を買って自宅で食った。しかし、いかんせん値段がバリバリに高すぎる。それに味もそこらのスーパーに売っているPascoやフジパンのほうがこの僕には確実に美味しいが正直、味覚には自信がナイロビはケニアの首都だお。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「しょぼい」から「すっげぇ」に変身した蒲郡市竹島水族館は圧倒的にいい!

親しみを込めてタケスイと呼ぼう。2005年には入館者数がピーク時の29万人から12万人まで激減したタケスイ。歴史だけは古く建物もボロボロで当然、廃館も検討されたが、あんなことこんなことで踏ん張り2015年には初めて30万人の大台を突破した。その後、さらにグイグイと進化を続けると4ヶ月間のアップグレード休館を経て2018年の元日にリニューアルオープンとなった。水族館プロデューサーという別の顔を3日前から持つこの僕としては当然、行かざるを得ないよね。だから、行ったがね。

蒲郡市が管理・運営を行っているとは言え、入館料がたったの500円だよ。あの名古屋港水族館は2000円、その鳥羽水族館は2500円、昨日今日できたばっかの京都水族館ですら「わてらからすればたったの2050円どすえ」だとよ。手描きのカブトガニのポップ、いいねぇ。実にいい。

飼育スタッフも「魚たちを見る」ばかりではなく「お客さまと触れ合う」ことにも力を注いだ結果、このように飼育スタッフ一人一人にスポットライトを当てている。素晴らしいじゃないですか。

8年ほど前にも訪れているこの僕だが、以前と比べて館内がさらに重厚になったそんな気がした。

当然、君たちもご存じだろうが、これはオーストラリア肺魚@ネオケラトドゥスだよね。だよね?

また「さわりんぷーる」という呼称の魚たちに触れることができるタッチプールにはタカアシガニもいる。でも僕、手が汚れると顔を濡らしたアンパンマンのように確実にパワーがなくなるので今回はタッチはご遠慮させていただきました。

「あなたの立派なウツボさん」だとぉ!ハハハ、ゴメンね。僕、今ではチンアナゴ並みなの(爆)。

で、再入館スタンプを左手の甲に丁寧に押してもらうと逆立ちしても行ける距離、つまりお隣にある小洒落たカフェ『POTTER』でモーニングサービスのパンを熱い珈琲で静かに押し流した僕がいた。

そして、タケスイ再び。吐くほど楽しい。100%うれしい。展示してある淡水魚と海水魚の配分が絶妙にこの僕チックだぜ。全力で頭をいーこいーこしてやるから館長、出てこいや!

そうこうしていると心がない僕でも心が満足した気になって体まで温かくなってきた。そうだ、この調子で豊川稲荷に行こう。で、行ったら時季が時季だけに確実に混んでいた。名物のわさびいなりを楽しみにしていたのに、どの店の前も大行列だったので『カドヤ』の「うなぎ丼(きも吸い付)」を食っただよ。お願いだから感想は聞かないでおくれよ。

食後の恒例行事にスタバ@豊橋ココラフロント店でチョコレートチャンククッキーをトールサイズのソイラテで押し流した。ふ、こんなイケてるジジイが豊橋くんだりのスタバにいるなんて豊橋市民は知る由もなかろう。

今日一日をバシッと振り返っていたらあっと言う間に1時間が経っていた。「ここにしかないものがなければ」見せ方を変えればいい。また「ここにしかないものがあっても」見せ方が悪ければ誰にも気付かれない。つまり、商品なんて粗悪でなければなんでもいい。そもそも今の時代、粗悪な商品のほうが稀少で貴重だろう。海っぺりだというのにイルカがいなくても知恵を絞って頑張るタケスイ。京都の真ん中で資金力にモノを言わせてこれ見よがしにイルカショーを行うキョウスイ。それでは、そろそろ今日の〆に入ろう。だから、京都人は嫌いなんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ@ASTY一宮店に見る正しい清貧の区別と商売の基本

今日の僕はなんとなく愛知県にお金を落としたい気分だった。しかし、最近の名古屋市は調子こきまくっているため質素な一宮市に決めた。ただ、一宮市は喫茶店のモーニングサービス発祥の地という度が過ぎた質素@ビンボー臭いお土地柄だ。そーいう自分で自分の首を絞めるような愚かな喫茶店は反吐が出るほど嫌いだ。なのでスタバ@ASTY一宮店でソイラテとココナッツマカロンをまったりと愉しんだ僕だった。たしかにリアルなビンボーは嫌いだが、ビンボー臭いのはもっと嫌いなんだよね。いるじゃん、お金持ちでもビンボー臭い奴。もともと貧しかった人間がたまたま大金を手にすると、さらに貧しく見えるのは素直で従順なDNAの為せるワザだろうか。お金持ちは生まれながらにしてお金持ちなんだってば。でさ、スタバを見てみなよ。そんな高圧的な価格体系でいいんですか?いいんです。スタバの「ビンボー人は敷居をまたぐどころか視線すら向けるな」という揺るぎない姿勢がチラッと垣間見えるところが僕は好きだ。このココナッツマカロンなんか梅干しサイズがたった2個入っているだけで230円もするんだぜ。一宮市の喫茶店に限らず商売人全員に告ぐ。いいかげん、ビンボー臭い商売はもうやめにしたらどうなんだ。珈琲にゆで卵とサラダとトーストのトッピングを当たり前のように望む客など本当の意味での客ではない。

その後、同じ一宮駅構内にあるマネケンでワッフルを11個ほど買った。その隣の成城石井ではナッツのハチミツ漬けに興味津津だったが、1600円もしたのでさすがにやめた。夕食はエビ天入りの味噌煮込みうどんを自宅で食べた。いい一日だった。こんな日が365日の中で38日くらいあればいいのに。その年がうるう年の場合も366日の中で38日くらいあれば可。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

須磨海浜水族園と北野異人館街と人生をやり直したいと思えたスタバと

江ノ島と江の島の違いは地元民でもはっきりしないらしいが、三ノ宮と三宮もまったく紛らわしいというか鬱陶しい。そんな1円にもならんことが頭の中を駆け巡った27分後、JR須磨海浜公園駅に到着した僕だった。この女性↓が飛び降りへんかしゃんとスマホをずっと構えていた僕だが案の定、飛び降りへんかったがね。

ゆっくり歩いて12分後、須磨海浜水族園にたどり着いた。いいですねぇ、水族館はワクワクする。動物園はヒリヒリする。動物園ってなんとなくナノ単位の細かいダニがこっちに飛散して来るそんな気がする僕がいる。ゴメンね、アニマルたち。

大好きな水族館を神社で例えると、アクア・トトは別格の伊勢神宮で名古屋港水族館は出雲大社だ。だから、なんで神社で例えるのでしょうか。ハハハ、知らんがな。ま、事の成り行きだ。

そして、須磨海浜水族園は伏見稲荷大社だろう。うん、ちょっとビミョー。でも、このアマゾン館があるから外国人観光客から絶大な人気を誇る超メジャーな神社を勝ち取ったんだよ。

巨大なピラルクーが頭上を悠々と泳いでいる様は圧巻だぜ。それなのに、幼い子を連れた若い父親が「わ、気持ち悪ぃ」を連発していたので「だったら出てけ、早よ帰れ!」と聞こえるか聞こえないかくらいの声で吐き捨てたった。こっちはピラルクーたちと楽しくお話をしているんだよ。

ずっと魚を見ていたら一人前の完食がキツイこの僕でもさすがに腹が減って来た。そこで園内にある『和楽園』で「ロースカツ膳定食」を食ったった。魚じゃなくて申し訳ありません。それにしても超フツーのメニューだった。そこらにあるレストランとまったく同じで笑えた。せっかく水族館の施設内にあるんだから、もっと工夫を凝らせばいいのに・・・というか、工夫を凝らさんといかんだろ。

で、三ノ宮まで戻ると生田神社で参拝した。ちなみに、生田神社を水族館で例えると日本で最も古い魚津水族館だろうか。陣内智則さん、藤原紀香さんにはそれぞれ別個で幸せになっていただきたい。

この僕も必要以上に幸せになりたいの。地味に地道に足と腰に来る坂道を登ると北野異人館街を歩き回った。最近は重い画像を管理するのも面倒なのですべてGoogle Mapsにアップしている僕がいる。

スタバ@神戸北野異人館店でソイラテを飲むのを楽しみにしていたこの僕だが、現存している東洋系の異人さん観光客たちで溢れ返っていたので断念した。物理的にも肩を落としてトボトボとしばらく歩いていたら「ここにもあるじゃん!」とスタバ@中山手通2丁目店に飛び込んだ。

女性スタッフはとても明るく、かつクレバーな雰囲気で大いに好感を持てた。「珈琲ならイースト・ティモール・ピーベリーがお勧めですよ」「じゃあ、それとアップルパイを」「東ティモールは一番新しい独立国ですよ」「うん、知ってる。僕の先祖はそこ出身なの」「え?」「ウソウソ」。2人で「ハハハ、ハハハァ~♪」。真剣にもう一度、人生をやり直したいと思えてしまった相手だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑顔は最高で最強のファンデーション

スタバがこの僕のご自宅から半径2キロ以内に250店舗くらい出店してくれたら住民税を3万4千円くらい余分に納めてあげよう。いいかい、マジで。だが、3万5千円なら少し考えさせてほしい。ところでスタバの全席完全禁煙という強固な姿勢がルノアールの名画『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』と同じくらいモーレツに美しいよね。とは言え「それってどんな絵なの?」という芸術に疎い人間も多いだろう。ググれ。ってことで、スタバ@イオンモール各務原店に左足から入ったら、なんと「コーヒー&クリームラテ」があるじゃないか。説明しよう、このコーヒー&クリームラテとは期間限定メニューなどが少なくなったときにだけポコッと現れる幻のレアドリンクなんだ。ってな内容を、黙って作業を眺めていたこの僕に対し、一人の女性スタッフがマグカップにラテを注ぎながら笑顔で教えてくれた。決して美形ではなかったが、それはそれはすっごく美人だった。たったそれだけのことで店舗の評価は★★★★(偏差値73レベル)だぜ。

それから約1時間後、なんだかんだと出費がかさみ、そして僕は途方に暮れかけたとき、さらにトドメを刺すかの如く『RAKERU』でハンバーグ&オムライスのランチを食べたった。案の定、腹が立つほど満腹になった。すると突然、お腹がキュルキュルと鳴き出した。お?食べ過ぎかと思ったが、今日のこれまでの行動を振り返ると原因が判明した。僕、牛乳がNGなの。ソイラテは豆乳だから飲めるけどフツーのラテはモースト・デンジャラスなの。そして僕は家路を急いだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鞆の浦は想像より7センチ以上もステキだった

鞆の浦と書いて「とものうら」と読む。この僕の場合、ちゃんと読めたは読めたが微妙に書けなかった。そーいうところが今ひとつ残念だが、薄っすらと人間味も感じられるのでよしとしよう。宮崎駿監督が3ヶ月間ほど滞在してアイディアを練ったことは至極納得がいくここ鞆の浦。この僕も半年くらい滞在して何か書こう。なんちて。今回の倉敷・鞆の浦の旅は新幹線予約アプリ@スマートEXで予約した。iPhoneで完結したので完全チケットレスでの旅となった。いい時代なのか、そうでないのかは僕にもよく分からないが、すっげぇ便利になったことは確かだろう。

福禅寺の対潮楼から眺めた景色にモーレツに癒された僕だった。「このまま飛び込んじまえ!」とは1ミリも思わなかった。

万が一の事態が発生した際に消防車や救急車はどうするのだろうか。そんなことを考えてしまう危機管理意識が旺盛な自分が無性に愛おしく思えた。

11時半を回ったので観光案内所で教えてもらった千とせに入った。火曜日と水曜日が定休日という店が多いらしい。ま、ここに限らず全国的にそうだとは思うが。

どうやら鯛が名物のようだった。文字どおり「鯛づくし会席」でご満悦♪

ついでに車庫いや、シャコの天ぷらも注文した。案の定、ビールのあてには最高だった。

今回の楽しみのひとつである太田家住宅は想像していたより遥かに荘厳で重厚だった。それにしてもボランティアガイドの熱の入りようというか地元愛の強さ、濃さというのがジンジンと伝わってきて凄まじかった。いや、実に素晴らしいことではある。

ここから海が臨めるのがステキだ。

そこからすぐ近くにあるザ・シンボルの常夜燈。あいにくの小雨だったが、それはそれで風情を醸し出した。

坂本龍馬が談判した歴史の舞台にも登場する御舟宿いろはカフェで熱い珈琲を飲んだ。次に訪れることがあったら是非一度、泊まってみたい。

福山駅のスタバでまったりとソイラテを飲もうと思いきや、あまりに忙しない店舗でうんざりした。スタバの店舗としては、この僕の評価は最低レベルだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソイラテのホットをショートで。それとカカオナッツね

iTunesストアで中尾ミエの『片想い』をダウンロードしようと探しまくったがなかった。どうしても欲しいのでアマゾンでも探しまくったが、わずかなビンテージものしかありゃしないがね。案の定、予定どおりそして僕は途方に暮れかけた。ちなみに、ハマショーの『片想い』とはまったく違うの。「あの名曲の需要はないのだろうか?」という大いなるテーマを今一度、熟考するためだけにスタバ@ASTY岐阜店に向かった僕だった。ところがだ、この僕の左斜め前に座っていた偏差値28レベルのブサイクカップル、略してブサップルの「俺、野球部だったよ」「えー!ほんと?あたし、野球部が大好きだった」というあまりに稚拙な会話のせいで満足に考えることができなかった僕は未熟者さ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新種の恐竜のような施設名のアクアイグニスと四日市飯店と僕

それもそうだが、近鉄湯の山線に乗るのも主たる目的の上から2番目だった。

スタバ@アピタ四日市店でアップルパイを食べたが、もう当分はいいだろう。糖分はいいが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加