水族列伝一覧

特急能登かがり火1号とのとじま水族館とスタバ南条サービスエリア(上り線)店@石川県七尾市&福井県南条郡

2時半に起きたものの何もすることがないので30分くらいボーっとしている自分を鏡で見ていた。ふとテレビを点けるとちょうど後半戦がスタートするところのワールドカップが映った。あんぱんをかじりながら見ていたらあれよあれよという間にジャパンが2点を取った。「これで決まりだな」と確信してテレビを切った。はい、この僕がテレビを切ったばかりに本当に申し訳ありませんでした。

8時56分発の特急能登かがり火1号(2号車3番A席)に乗った僕。ほら、ご覧。貸し切りだよ。よく考えたら金沢が始発なので指定席のきっぷなど買う必要はなかったよ。往復で買っちまったので1040円も損をした。腹が立って仕方がなかったので約5分おきにそこら中の席に座りまくった。するとね、笑うくらい面白いことに体力的に疲れた上に情けなさ過ぎて精神的にも疲れた僕がいた。

和倉温泉駅から路線バスでのとじま水族館を目指した。その道中の景色がすこぶるよかった。なんと1匹と思っていたジンベエザメが2匹もいるじゃん。損した1040円を取り返した気分になった。

目を閉じて想像してご覧、ポップコーンを頬張りながら一人きりイルカショーを楽しむいい年こいたジジイの後ろ姿を。なんてこったい!この僕以外、すべてカップルか家族連れの客ばっかだったぜ。

スマホで音楽を聴きながらウトウトしていた帰りの高速バスは平和だった。南条SAに着いたときは中島美嘉の『WILL』だった。「あ、こんなところにもあるじゃんか」。スタバ@南条サービスエリア(上り線)店でソイラテのショートをテイクアウトすると再び『WILL』でウトウトと眠りについた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東本願寺と京都水族館と東寺と殿田@京都府京都市

このところバタバタ走るよバタコさん状態のベトベト脂っぽい弘道君だった。それゆえにあと1回分残っていた青春18きっぷの権利を行使する時間がなかなかなかった富山のナカタは元気だろうか。知らんがな。で、今日が利用期限だ。そうだ!京都人は嫌いだけど京都の歴史や建物は大好物だから京都、行こう。便宜上、そーいうことだ。まずは我が家の宗派である浄土真宗東本願寺を参詣した。

浄土真宗東本願寺。いつもならザ・浄土真シャー・イーストバージョンなどと言ってはしゃいでいるこの僕だが、さすがにこれだけの荘厳かつ崇高である圧倒的な存在感を目の当たりにすると、そんなふざけたことは言えない。少しでも踏み止まる良心があって僕も安心したよ。しかし、素晴らしい。

その後、歩いて京都水族館へ行った。週に2日間くらい水族館コンサルタントとしてご活躍しているこの僕の感想はと言えば、筆舌に尽くし難いくらいすっげぇつまらんかった。できたばっかの後発もいいところだが、イルカはいたけどそもそも京都に水族館がいるか?トルコ、イラク、いらんだろ。

何が「売り」なのかがまったく分からないし見えてこなかった。まるでパスタやカツ丼、焼きそば、エビフライ、味噌煮込みうどん、ハンバーグもある中華料理店といった感じだ。なのに肝心の餃子とラーメンはない。そこでこの際、居抜きでスタバにするというのはどうだろう。イルカやアザラシを眺めながらトールサイズのソイラテをすするというシチュエーションは大ヒットの予感がしまくり♪

ちなみに、この大型水槽は↑ちょっと前の『科捜研の女』に地味に使われていた。想定外に水族館の滞在時間が圧縮されたので国宝と重文の宝庫@東寺を訪れた。いいですねぇ、最初からここにすればよかったよ。しかし、そこら中に国宝や重文が当たり前のように散らばっているので何気に笑えた。

ふと気付いたら何も食べていない自分を発見した。おぉ!なかなかステキな表現だよね。君たちね、たまにはこの僕を褒めてやったらどうなんだ。お話を戻そう。東寺から歩いてイオンを通り過ぎると和食の殿堂『殿田』があった。京都の食事処はここがあればいい。ニシンをつまみにビールを飲むと親子丼をかき込んだ。こんな日がずっと続けばいいのにね。でも、ずっと親子丼だと罰ゲームだね。

そして、ご無事にご帰宅。これは東寺の宝物館で買った釈迦如来立像のポストカードだ。なんかね、釈迦如来立像をガラス越しに見つめていたら目薬を差したばっかでもないのに涙が溢れ出したんだ。「よく頑張ったね、弘道君。もっと肩の力を抜いて気楽にね」と言われているようで記念に買った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まったく期待していなかった九十九島水族館海きららは必要以上にいい!

「ナイスなミドル以上、シニア以下のジジイの朝はムダに早くて一日のスタートはスタバから♪」とその気になって探せば『日本書紀』の37ページの5行目にそう書いてある。ってことで、昨日とは別のスタバ@佐世保四ヶ町店に入るとソイラテをまったり楽しむのではなく佐世保駅までズーズーとすすり歩きしたった。

市営バスに260円も支払ったかいもあり、確実に九十九島水族館海きららに到着した。あいにくの曇天っぽいがそこは大丈夫。だって水族館は屋内だから。いい年こいたら紫外線はお肌の敵なのよ!

ピロリ菌いや、最近のこの僕って疲れているのだろうか。いつもだったら獰猛な魚たちとのご対面を待望しているはずなのにビフィズス菌いや、最近では癒し系を求めているそんな気がする僕がいる。

ほら、こっちでも。蘇我入鹿ちゃんがボールを持って「ねぇ、ぼくといっしょにあそばないかい?」ってロシア語っぽい超音波で語り掛けているじゃないか。ハハハ、新種の耳鳴りかしゃん。

エイの吸盤のような大きなお口にスルッと吸い込まれたらさぞかし楽だろうね。僕はゴメンだけど。

おいおい、やめてくれよな。『007』のオープニングシーンのようじゃないか。あたかもこの僕がジェームズ・アロンアルフア・ボンドみたいじゃん。説明しよう、正式には商品名の最後の「ア」は小文字ではないアロンアルフアが正解だ。よかったね、今日もタダで目からウロコの知識が増えて。

そして僕は途方に暮れかける前に物理的にグリーンな特急みどり12号に乗って佐世保を後にした。

その後、もう一度だけ福岡城の石垣と愛し合いたくなった僕は地下鉄の大濠公園駅から地上に出た。かと言って、ちったあモグラの気持ちが分かったようなそんな気がするはずもない。

ふと歩いて数分の場所に長浜ラーメンの有名店があることを思い出した僕は、せっかくなので訪れたった。が、そりゃまあひどい雰囲気の店内だった。ラーメンは美味かったが、ヤング男性店員たちが地元の偏差値37レベルの高校のサッカー部の補欠たちが戯れるような感じの小汚い私語を標準語のように使って縦横無尽に飛び交っていた。よく世間はこんな店を有名店と認めるもんだな。つくづく世の中は甘いと感じた一幕だった。再訪は腐ってもあり得ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サメを忘れてチキンを選んだアクア・トトぎふのアロワナガーデン

ほぼ我が家の庭、ほぼ杉山家のリビング水槽と言ってもよかろういや、言うことを許可してあげたいアクア・トトぎふ。この「ほぼ」が付いていなければいいのに・・・。もうすでに30~40回以上は訪れただろうか。だって僕、年間パスポーターだから。あっちゃこっちゃで宣伝しまくってあげていることだし、そろそろこの僕を永久フリーパスの名誉会員にしてあげるか、7回くらいピラルクーの餌やり当番をイチかバチかでやらせてあげてもバチは当たらないと思うがいかがなものか。そんなこんなでパンナコッタ。そこそこ磯が死んだ状態のこの僕は、全国的に3月並みの暖かさに便乗したほぼ岐阜県に加盟するかろうじて各務原市くんだりの片隅の地の午前中をまったりと満喫したった。

オぅマイガ~ッド!あ~んどアンビリーバボぉーうぃずガッテム!日本語に翻訳すると「なんてこったい!」が適当だろう。館内にある『アロワナガーデン』の期間限定メニュー「サメのナゲット」を目的に訪れたのにコロッと忘れてフツーのメニューを注文しちまった。しかも水族館やっちゅうのにそこらのデニーズにもあるようなチキン料理だぜ。過去には「ピラニアのから揚げ 甘酢あんかけ」の完食に成功したこの僕なのに。おそらくゴルゴ13なら「ミスファイア」と言葉を漏らしただろう。でもね、サメは海水魚だからもういいや。それにしても以前は冷たいグラスでビールが飲めたのに、今回はペコペコのプラスチックのコップでまるで10人分の検尿みたいだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「しょぼい」から「すっげぇ」に変身した蒲郡市竹島水族館は圧倒的にいい!

親しみを込めてタケスイと呼ぼう。2005年には入館者数がピーク時の29万人から12万人まで激減したタケスイ。歴史だけは古く建物もボロボロで当然、廃館も検討されたが、あんなことこんなことで踏ん張り2015年には初めて30万人の大台を突破した。その後、さらにグイグイと進化を続けると4ヶ月間のアップグレード休館を経て2018年の元日にリニューアルオープンとなった。水族館プロデューサーという別の顔を3日前から持つこの僕としては当然、行かざるを得ないよね。だから、行ったがね。

蒲郡市が管理・運営を行っているとは言え、入館料がたったの500円だよ。あの名古屋港水族館は2000円、その鳥羽水族館は2500円、昨日今日できたばっかの京都水族館ですら「わてらからすればたったの2050円どすえ」だとよ。手描きのカブトガニのポップ、いいねぇ。実にいい。

飼育スタッフも「魚たちを見る」ばかりではなく「お客さまと触れ合う」ことにも力を注いだ結果、このように飼育スタッフ一人一人にスポットライトを当てている。素晴らしいじゃないですか。

8年ほど前にも訪れているこの僕だが、以前と比べて館内がさらに重厚になったそんな気がした。

当然、君たちもご存じだろうが、これはオーストラリア肺魚@ネオケラトドゥスだよね。だよね?

また「さわりんぷーる」という呼称の魚たちに触れることができるタッチプールにはタカアシガニもいる。でも僕、手が汚れると顔を濡らしたアンパンマンのように確実にパワーがなくなるので今回はタッチはご遠慮させていただきました。

「あなたの立派なウツボさん」だとぉ!ハハハ、ゴメンね。僕、今ではチンアナゴ並みなの(爆)。

で、再入館スタンプを左手の甲に丁寧に押してもらうと逆立ちしても行ける距離、つまりお隣にある小洒落たカフェ『POTTER』でモーニングサービスのパンを熱い珈琲で静かに押し流した僕がいた。

そして、タケスイ再び。吐くほど楽しい。100%うれしい。展示してある淡水魚と海水魚の配分が絶妙にこの僕チックだぜ。全力で頭をいーこいーこしてやるから館長、出てこいや!

そうこうしていると心がない僕でも心が満足した気になって体まで温かくなってきた。そうだ、この調子で豊川稲荷に行こう。で、行ったら時季が時季だけに確実に混んでいた。名物のわさびいなりを楽しみにしていたのに、どの店の前も大行列だったので『カドヤ』の「うなぎ丼(きも吸い付)」を食っただよ。お願いだから感想は聞かないでおくれよ。

食後の恒例行事にスタバ@豊橋ココラフロント店でチョコレートチャンククッキーをトールサイズのソイラテで押し流した。ふ、こんなイケてるジジイが豊橋くんだりのスタバにいるなんて豊橋市民は知る由もなかろう。

今日一日をバシッと振り返っていたらあっと言う間に1時間が経っていた。「ここにしかないものがなければ」見せ方を変えればいい。また「ここにしかないものがあっても」見せ方が悪ければ誰にも気付かれない。つまり、商品なんて粗悪でなければなんでもいい。そもそも今の時代、粗悪な商品のほうが稀少で貴重だろう。海っぺりだというのにイルカがいなくても知恵を絞って頑張るタケスイ。京都の真ん中で資金力にモノを言わせてこれ見よがしにイルカショーを行うキョウスイ。それでは、そろそろ今日の〆に入ろう。だから、京都人は嫌いなんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

須磨海浜水族園と北野異人館街と人生をやり直したいと思えたスタバと

江ノ島と江の島の違いは地元民でもはっきりしないらしいが、三ノ宮と三宮もまったく紛らわしいというか鬱陶しい。そんな1円にもならんことが頭の中を駆け巡った27分後、JR須磨海浜公園駅に到着した僕だった。この女性↓が飛び降りへんかしゃんとスマホをずっと構えていた僕だが案の定、飛び降りへんかったがね。

ゆっくり歩いて12分後、須磨海浜水族園にたどり着いた。いいですねぇ、水族館はワクワクする。動物園はヒリヒリする。動物園ってなんとなくナノ単位の細かいダニがこっちに飛散して来るそんな気がする僕がいる。ゴメンね、アニマルたち。

大好きな水族館を神社で例えると、アクア・トトは別格の伊勢神宮で名古屋港水族館は出雲大社だ。だから、なんで神社で例えるのでしょうか。ハハハ、知らんがな。ま、事の成り行きだ。

そして、須磨海浜水族園は伏見稲荷大社だろう。うん、ちょっとビミョー。でも、このアマゾン館があるから外国人観光客から絶大な人気を誇る超メジャーな神社を勝ち取ったんだよ。

巨大なピラルクーが頭上を悠々と泳いでいる様は圧巻だぜ。それなのに、幼い子を連れた若い父親が「わ、気持ち悪ぃ」を連発していたので「だったら出てけ、早よ帰れ!」と聞こえるか聞こえないかくらいの声で吐き捨てたった。こっちはピラルクーたちと楽しくお話をしているんだよ。

ずっと魚を見ていたら一人前の完食がキツイこの僕でもさすがに腹が減って来た。そこで園内にある『和楽園』で「ロースカツ膳定食」を食ったった。魚じゃなくて申し訳ありません。それにしても超フツーのメニューだった。そこらにあるレストランとまったく同じで笑えた。せっかく水族館の施設内にあるんだから、もっと工夫を凝らせばいいのに・・・というか、工夫を凝らさんといかんだろ。

で、三ノ宮まで戻ると生田神社で参拝した。ちなみに、生田神社を水族館で例えると日本で最も古い魚津水族館だろうか。陣内智則さん、藤原紀香さんにはそれぞれ別個で幸せになっていただきたい。

この僕も必要以上に幸せになりたいの。地味に地道に足と腰に来る坂道を登ると北野異人館街を歩き回った。最近は重い画像を管理するのも面倒なのですべてGoogle Mapsにアップしている僕がいる。

スタバ@神戸北野異人館店でソイラテを飲むのを楽しみにしていたこの僕だが、現存している東洋系の異人さん観光客たちで溢れ返っていたので断念した。物理的にも肩を落としてトボトボとしばらく歩いていたら「ここにもあるじゃん!」とスタバ@中山手通2丁目店に飛び込んだ。

女性スタッフはとても明るく、かつクレバーな雰囲気で大いに好感を持てた。「珈琲ならイースト・ティモール・ピーベリーがお勧めですよ」「じゃあ、それとアップルパイを」「東ティモールは一番新しい独立国ですよ」「うん、知ってる。僕の先祖はそこ出身なの」「え?」「ウソウソ」。2人で「ハハハ、ハハハァ~♪」。真剣にもう一度、人生をやり直したいと思えてしまった相手だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沼津港深海水族館と沼津バーガーとどうよ?富士山よ

さぁ、風邪でうだうだしていたせいで出遅れてしまった青春18きっぱーの旅の開幕だ。そこでだ、今回は沼津三昧といこうじゃないか木下君。以前にも言ったが、この僕の過去にも現在にも未来にも木下という名の友人はいない。もし君が木下氏ならば残念ちゃん。で、沼津までは往復約9時間だ。往復5時間以内なら「あっと言う間」のこの僕だが、それが10時間以内となると「おっと言う間」にバージョンアップするんだ。うん、日帰り旅はちょっちツライって感じ。12時55分に到着した沼津駅はほぼ大垣駅と同じレベルだった。これは決して褒め言葉なんかじゃないから念のため。

まずは駅から歩いて5~6分の場所に沼津城がひっそりとあった。これまた何度も言うが「城址」や「城跡」ではないの「城」なの。天守があろうがなかろうが、そこはお城なの。ちなみに「天守閣」じゃないの「天守」なの。安土城だけは「天主」なの。

そんな大胆なひとり言をつぶやきながら一人、狩野川を眺めた。僕は川が好きだ。革も好きだ。

ってことで、駅から歩くこと約20分。今回の主たる目的であるところの沼津港深海水族館に確実に着いた。第一印象は、生徒が多過ぎるために突貫工事で建てられた藍川中学校のプレハブ校舎かよ!ってところだろうか。まあいい。

深海というだけあって物理的に真っ暗だった。ま、お先真っ暗よりはずっとマシだけど。

そして、ザ・シーラカンスだ。冷凍とは言え、ガラス越しに本物のシーラカンスと対峙できるなんて素晴らしいじゃないか木下君。

小学6年の図工の時間に木版を彫る授業があったが、その際にシーラカンスを彫ったくらいすっげぇ思い入れが強いこの僕は必要以上に感慨にふけった。だって、シーラカンスだよ。

そうは言っても歩き回ったせいで30デシリットルくらい腹が減った。そこでお隣にある『沼津バーガー』で「まぐろバーガー」を食べた僕だった。が、正直、ここは漁港ゆえに周りには嫌というほど新鮮な魚を食わせてくれる店が並んでいるので、そこらへんで海鮮丼でも食べるべきだったよ。この店にはビールもないしね。

ハンバーガーにコーヒーだぜ。どうよ?富士山よ。朝、目覚めたら富士山がそこにフツーにある生活はどんなだろう?と考えたことなど一度もない。だって、こっちには金華山があるじゃん。「あぁ、岐阜城だ」と朝っぱらからはっきりとした滑舌でご発声したことなど一度もない僕。それと同じだ。

午後8時、そうこうしているうちに岐阜駅に着いた僕だった。やっぱ中途半端に暮らしやすい岐阜が好き。だって、生中が390円だよ。

ハイボールは290円だよ。そこでひとつ提案なんだが、君たちも岐阜に住んでみないか?その頃の僕はと言えば、石垣島に移住していると思うけど大和田(爆)。あとは君たちに任せた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おたる水族館と小樽市鰊御殿と定番の小樽運河界隈と

札幌のホテルの606号室で朝っぱらからサザエ食品のおはぎを食って頑張るぞ!だから、何をやねん。サクッと画像だけ貼るんで詳細は後日ね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ENOSHIMA三昧

すしざんまいのようだ。鎌倉とセットで大好きになった江ノ島はいい。いいねぇ、こーいう枠というか限られた範囲の商業&観光施設はたまらなく好きだ。できることなら島内で殺人事件が発生し、電気も船便も使えなくなって閉じ込められた空間で推理が始まるのがたまらなく好きだ。思うに、アガサ・クリスティーの読み過ぎかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ 石垣島、夜逃げしよう。

僕は今、キャナルシティ福岡の1033号室で死ぬほど熱い珈琲を地道に飲んでいる。絶対に死なんけど。そこでだ、この磯が死んだ中をわざわざ福岡くんだりにまでお越しになったこの僕が、迷える君たちへ愛に満ちた言葉をプレゼンツしよう。僕は過去に高知と鹿児島に2組の社長一家を送り出したことがある。俗に言う夜逃げだ。彼らは明日にでも首を吊るんじゃないかと思うくらい深く悩み、そして疲れ切っていた。だが、超一流のコンサルタンターである僕には彼らの悩みの本当の原因がお分かりになっていた。なぜなら僕は一流ではなく超一流だから。答えは、ここ(岐阜)でずっと生きていかなきゃいけないと思っていたからだ。知っている人間が周りに居るからツライんだよね。昔の取引先から指をさされるから首を吊りたくなるんだよね。だったらここを出てきゃいいだけじゃん。逃げるのではなく移住するんだよ。そこで僕のお勧めは南の島だ。沖縄ではホームレスですらハッピーさ。そうだ、みんなで石垣島へ移住しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加