宿飯行脚一覧

すでに湯上りの色男 ~完全無欠の下呂温泉バージョン

下呂温泉の泉質はアルカリ性で問答無用にトゥるットゥる♪だよ。「ル」を「る」にひらがな表記にしたほうがより丸みを帯びた感じになるのではないかと今回、初めて挑戦した僕は確実にステキだ。昨日は食前食後に、今日は午前5時の計3回ほど湯船に浸かった。こんな日が毎日続けばいいのに。だったら、下呂市民になっちゃうじゃん。それだけはゴメンだぜ。

いで湯朝市に向かう途中の雨情公園。当然、野口雨情(うじょう)を知ってるよね。この僕の中では中学3年生の頃からジョーシキだよ。

紅葉があと3センチほど濃くなれば、今よりさらに趣深いものとなるだろう。

クチーナ・オルセッティーナでパスタランチを食べた。できるものなら2000円のランチコースを頼みたいところだが、確実に食べ切れないことは分かっていたので今回も1000円のそれだった。それでも満腹の3丁目17番地になった僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉と郡上踊りがなかったら大好きな郡上八幡から下呂温泉へGO!

下呂温泉へ向かう途中、郡上八幡をそこそこ満喫した。次女はほぼほぼ初めてっぽい郡上八幡だったので必要以上に喜んでいた。その喜び度合いがヒートアップするとカタカナ言葉が多くなることを発見した。

ファンシーというかファンキーの未然形っぽい外観のカフェとも家でたい焼きパフェを一気食いした僕だった。

今夜の宿泊ホテルの夕食は前菜でほぼ腹八分目となった。一人前のハードルが、今のこの僕には偏差値65レベル以上の難関となっている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津山城

さらに数が膨大なんで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米沢城と上杉伯爵邸(山形県米沢市)

山形の朝は、昨日とは打って変わって絵具で描いたような青空となった。

案の定、まだ胃が重たかったが、熱い珈琲を飲むために軽く朝食をとった。

鈍行列車で米沢駅に到着し、レンタサイクルで米沢城へ向かった。

毘沙門天の上杉謙信公の銅像が青空の下、鎮座していた。

真っ直ぐな上杉神社は、やはり何かしら威風堂々たるものを感じた。

米沢と言えば、質素倹約で知られる上杉鷹山が有名だろう。

博物館も堪能した後、昼食を取るために上杉伯爵邸を訪れた。

月の膳を食べた。正直、料理はあまりたいしたことはなかった。

しかし、文化財だけあって建物はかなり重厚で趣のある立派なものだった。

米沢も一泊してゆっくり散策したくなるいい街だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形城と最上義光歴史館としあわせや(山形県山形市)

毎年恒例の細野さんとの今回の旅行先が山形だった。

東京で途中下車して江戸城を訪れた。しかし、2時間では全然足りなかった。

午後3時。ひとまずホテルメトロポリタン山形にチェックインした。

顔を洗うとさっそく歩いて山形城へ向かった。

想像以上にいい雰囲気だった。もっと大々的にPRしてもらいたい。

さらに山形城のすぐ傍をJRが走る光景はマニア垂涎のシーンだろう。

それまでの小雨も止んで涼しくなった。歩き回るには絶好の天候となった。

毎度のことだが、病的なくらい太い柱に抱き付きたくなる衝動にかられる。

今の山形を作った最大の貢献人・最上義光公の銅像があった。

家の近くにこのような場所があったら足繁く通うのに、といつも思う。

少し奥まった場所に山形市郷土館という荘厳な洋館があった。

どうやら重要文化財のようで、旧済生館本館という病院だったらしい。

この後、最上義光歴史館を訪れたが、感動するくらいかなりよかった。

最上家を堪能した後、駅前のしあわせやという居酒屋で大いに飲み食いした。

確実に3日分くらいは食べた気がした。胃が重くて仕方なかった。

とは言いながら、せっかくなので名物の板そばを駅構内の三津屋で食べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

點心茶室と初めて訪れた東本願寺(京都府京都市)

神戸に泊まった翌日、京都に寄った。平日になのに観光客は凄まじかった。

ランチコースはどれも美味しく必要以上に満腹になった。東本願寺にも行った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rokko Beer Diner(兵庫県神戸市)

あくまでも仕事として今回は大阪ではなく神戸へと出張した。

途中、粋な神戸ダンディのほうからホテルの場所を教えてくれた。

ビールの種類は豊富だったが、料理がフィッシュ&チップス系ばかりだった。

元町駅を背景にピルスナーは鮮やかだった。次回は和食にしたいところだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大正館とにしむら日和銀座(埼玉県川越市・東京都千代田区)

今日も快晴だった。それどころかちょっと動けば汗ばむような天気となった。

川越プリンスホテルの部屋から珈琲を飲みながら窓の外をボーっと眺めた。

大正浪漫夢通りにある大正館でも珈琲を飲んだが、さすがに美味しかった。

オーナーが手作りのチーズケーキも渋い珈琲によくあった。

川越を後に江戸へ向かったが、江戸城は休園日で入ることができなかった。

空虚と空腹が交錯したので東京駅構内でお好み焼きと明石焼きを食べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蔵造の街並みと現存御殿の川越城(埼玉県川越市)

関東の城めぐりが手薄なので今回は埼玉県川越市を目指した。

初めて訪れる街だが、レトロ感に溢れてとても魅力的だった。

ただ、平日でも観光客が多いので何気に鬱陶しくも感じた。

火曜サスペンス劇場『室生亜季子シリーズ』で知った「時の鐘」は立派だった。

目的の川越城本丸御殿まで歩いて行った。それは圧倒的な重厚感だった。

現存する御殿は全国に4つしかないので極めて感慨深い。

とにかく触れるものは手当たり次第触っておいた。

椅子に腰かけ、しばしボーっと時間の流れに身を任せた。至福の時だった。

3日前に届いたばかりという真新しいスタンプの印影は鮮明だった。

心地良い空腹感が襲ってきたので寿庵で三段の茶そばを食べた。

ホテルで休憩した後、クレアモールにある月の庵で生ビールを飲んだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

孝行息子の恩返し2(岐阜県下呂市)

当たり前のように5時前に起きた。当然のように朝風呂に浸かった。

草津か道後の湯にどっぷり浸かりたいと思っている真っ最中だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加