宿飯行脚一覧

和歌山くんだりの歴史と文化と芸術を心がないのに心行くまで味わったった僕@和歌山県和歌山市

午前0時52分に目覚めた僕。それってほぼ昨日じゃん。旅先のジジイの朝は気仙沼のサンマ漁より早い。一度でいいから死ぬほど鳴らしてみたい目覚まし時計のステキなアラーム。はい、ベッドから身を起こせば同じ目線に荘厳な和歌山城がある巻頭文はここまでです。案の定、モーニンキャソーと呼ぶことにした。さぁ、今から後ろから前から上から下まで本格的に攻めまくったろうじゃないか。

午前9時なのに体内時計はほぼ夕方とはこれいかに。ほら、ご覧。本丸御殿跡から撮った1枚だが、あたかも後光のような蒸気が舞っているようだった。それにしても美しい、愛らしい、素晴らしい。

イチイチイマイチな君たちも今一度、ほら、ご覧。天守最上階からの眺めは実にマーベラスだった。紅葉も『金色夜叉』の尾崎紅葉レベルでいい感じに紅葉だったとしか言いようがないっぷりだった。

芸術を探求し続けるこの僕としたことが、和歌山城のお隣にあるのに今まで一度も訪れていなかった和歌山県立近代美術館&博物館を一度目に訪れたらモーレツに立派じゃねぇかよ。さすが黒川紀章が設計しただけのことはある。彼も東京都知事選などに出なければ僕の評価はさらにアップしたのに。

あっちゃこっちゃ歩きまくってお腹もいい感じに空腹の4センチ7ミリくらい手前の状態になった。ちなみに、この数年間は-2センチ8ミリになっても平気です。ほう、それなりに良さげな雰囲気の『紀州のしずく』で「しずくの満足定食」を食べた。味もスタッフも偏差値68レベルで◎だった。

昨日のヘレかつと言い、今日の満足定食と言い、今回の旅のお店&お食事のチョイスは秀逸だった。それにしても満足定食なのにお子ちゃまのように満足に魚の骨も取れず食い方が汚くてすびばせん。

旅のスタートはスタバ。旅のゴールもスタバ。ここを訪れるためだけに和歌山電鐵の神前駅で降りた弘道に何かサービスしてやったらどうなんだ。ド田舎道を7分も歩いてスタバ@和歌山昭和通り店を訪れた僕は、どこで息継ぎをすればいいのかよく分からない商品名の「クランベリーブリスバー」をサービスでプレゼンツしてもらった小っちぇ珈琲で押し流した。和歌山にはまた2年後に訪れたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年に1回は訪れたいけど3年に2回は荷が重すぎると感じる和歌山界隈と僕@和歌山県和歌山市

2日前にも言ったが何度でも言おう。3年に2回の割合で夢も希望も目標も目的もまったくないのに和歌山くんだりを一人きり徘徊したくなりませんか?僕は2年に1回だがね。列車内は白いマスクの風邪っぴきばっかでデリケーターな僕は2時間くらい呼吸を止めていた。死ぬっちゅうの。ったく、気合が足らん連中だぜ。僕はと言えば、やる気はないけど気合は十分さ。だから、いいことなのか?(中略)和歌山大学前駅で降りた僕は、マーベラスな環境のイオンモール和歌山店内にあるスタバで「ショコラディスカバリー」を熱いソイラテで押し流した。最高の味だったが490円は高すぎる。そこで気になる正面に座っている女性だが、ちゃんと正面を向くと義母と同じくらいの年齢だった。

中途半端な長旅で疲れた僕は、とりあえずホテルにチェックインした。そして1706号室の重厚なカーテンをおもむろに開けた。すると視線の先には和歌山城が伏した虎の如く静かに鎮座していた。

「ジューシー」という安易な単語を多用する食レポほど能がないと思いませんか?グーグルマップのおっしゃるとおり歩いたら目的地のかつ専門店にオープンの2分前に到着したけど快く開けてくれて左端のおばさん、ありがとう。『ももやま』の「特選ヘレかつセット」はジューシーで絶品だった。

しかし「ヒレ」としか言えない東海三県人からすればこっ恥ずかしくて「ヘレ」とは言えないゆえに「じゃあ、これを」と言ってメニューを小さく指した僕。申し訳ないが「ヘレ」なんてあり得ない。

とにかくすっげぇ美味しかったので今度は「有頭えびフライ」を味わうためだけに青春18きっぷで訪れてもいいかも知れない。すでにご存じだとは思うけど僕ってそこそこの味覚オンチなんだよね。分かりやすい幸せと奥歯の間にそれなりに詰まったヘレかつをシーシーと吸いながらホテルの部屋に戻った僕。ふ、この僕を歓迎するかの如く和歌山城がライトアップされていた。午後8時前後だけど語呂がステキだからミッナイキャソーと呼ぶことにした。ミッドナイトキャッスルじゃないからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第6回の親孝行接待ツアー(2日目)は安い修行のように歩き回った美観地区@岡山県倉敷市

基本的に一人旅のブレックファーストはセブンイレブンかファミリーマート、これら2つがなければローソンの菓子パンと決めている僕だが、さすがに心はないけど必要以上に常識だけはある僕だから義父&義母にそうしろとは言えなかった。その結果、不本意ながらホテルで朝食をとることにした。

さぁ、今日は嫌でも行動エリアが限られているため心行くまでそこら中を徘徊しまくってOKだよ。昨夜の青墨の雰囲気とは異なり、青碧の美観地区も確実によかった。この画像のタイトルは「鯉」。

大好物の大原美術館で『受胎告知』はもとより岸田劉生や児島虎次郎らの作品を吐くほど堪能すると「僕も画家になればよかった」と今日も思った。その後はそこらのベタな観光客と十把一絡げみたくソフトクリームを食べたり青色のデニムまんを指して「こんなもん食えるかよ」と大声で笑いながら親族たちとの時間を潰した。本当につらかった。本気でキツかった。そんな僕の気持ちなど1ミリも分かっちゃいない彼らでもお昼を過ぎるとお腹が空くようだ。仕方ないから一番近くにあったっぽい『カモ井』の「倉敷弁当」を食べた。どう見ても営業努力は0なのに儲かっている感じの店だった。

沸点を超えた年寄りはそこそこ疲れてくると無口になる。では、そろそろ帰りますか。と、その前に『エル・グレコ』で熱い珈琲をすすった僕。次があるなら城崎温泉くらいで手を抜きたい僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第6回の親孝行接待ツアーは讃岐うどんと高松城を満喫しまくり夜の美観地区@香川県高松市&岡山県倉敷市

はい、ほぼ確実に毎年の恒例行事となっちまった「お義父さん&お義母さんあとほんのちょっとだけ長生きしてね。でもね、無理だったら別に我慢しなくてもいいんだよ親孝行接待ツアー」を企画した添乗員&お財布代わりのギリギリ義理の息子です。今回は1泊2日で倉敷を訪れることにした。が、その前に新幹線の待合室の中にあるスタバ@JR名古屋駅新幹線南ラチ内店でソイラテを堪能した。

「え?倉敷なのになぜにマリンライナーで瀬戸大橋を渡っているの?」。うん、実にいい質問だね。

実はね、お義母さんは八十八箇所巡りで死ぬほど四国を訪れたけどお義父さんは一度も訪れたことがないのでわざわざ四国をマーキングするコースを設けたギリギリ義理の息子を全力で褒めてほしい。

ってことで、四国は高松と言えば讃岐うどん。セルフサービスは体質的に無理なのでフルサービスの『えん家』で「かしわ天ぶっかけ」と「海鮮あさりうどん」を黙々とすする義父&義母。一方、上の「野菜天ぶっかけ」をすすった僕。言うほど固くはなかったものの絶品だった。PayPayで支払った。

せっかくなので単なる個人的な趣味&嗜好で高松城を攻めた。3回目の登城だが実にいいですねぇ♪1坪3万円なら5坪くらい買うし、その他に2万円くらい寄付するから砂利を芝生に変えてほしい。

ギリギリ四国の高松を満喫した僕たちは、再びマリンライナーで今回の主たる目的地である倉敷へと着実に向かった。ほら、ご覧。棟方志功の巨大な版画だよ。この見事で圧巻の版画がロビーに燦然と掲げられている倉敷国際ホテルに宿泊した。3階のフロアからは版画を平行に眺めることができた。

「僕も画家になればよかった」。そう思いながら夜の美観地区を歩くと神秘的でマーベラスだった。

『鶴形』の「瀬戸内御膳」が今宵の食事だったが、その味はと言えば想定外に極めてフツーだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下田海中水族館でイルカと戯れた後は下田バーガーで限りなく満腹になった僕@静岡県下田市・伊東市

案の定、伊豆下田の朝っぱらはムダに早すぎてスズメも鳴かない3時18分に目が覚めた僕だった。おはよう、僕。今日もたくさん歩くからよろしくね。昨日、ローソンで買ったメンチカツバーガーとアンティークのチョコパイリングを熱い珈琲でやっつけた。熱い湯で丁寧に髭を剃ると7年半ぶりの下田海中水族館を訪れた。左隣のお兄ちゃんの絶叫がやかましくてイルカたちに集中できなかった。

とは言え、これもイルカのパワーなのだろう。見ず知らずのお兄ちゃんもハッピーそうで何よりだ。かく言う僕も笑っちゃうくらいハッピー&ラッキーだけど。ほぼ貸し切り状態の館内を舐めるように歩き回った。舐めんかったけど。おそらく距離的に再訪はない思った僕は魚たちと名残を惜しんだ。

ほら、ご覧。鬼太郎の一反木綿っぽいエイたちも僕とのお別れを悲しむかの如くアジを食っていた。

さぁ、いい感じで空腹感がジワジワと押し寄せてきたので水族館から徒歩25分くらいの場所にある『Ra-Maru』でカリカリに揚げた金目鯛といい感じに溶けかけたカマンベールチーズとetc.を挟んだ「下田バーガー」をむさぼった。これだけで飽和状態の3丁目8番地くらいすっげぇ満腹になったし数十年ぶりに飲んだバドワイザーもシャビシャビではなくフツーだった。では、下田を後にしよう。

新幹線の時刻まで熱海でのんびりしようと思ったが、せっかくだから伊東界隈を散策すべく計画的に途中下車した。そして2回目となる東海館の見事な造りを目と鼻と耳と手と足で楽しんで口はない。これにて急に思い立った伊豆下田のぶらり一人旅は無事に終わった。また逢う日までごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はるか昔の開国に思いを馳せながら古き街並みを一人きり計画的に徘徊した僕@静岡県下田市

「伊豆」は「いず」ゆえに「izu」と打つのが正解なのだけど魚津病で「idu」と打ってしまいがちな杉山です。説明しよう、魚津病とは富山県にある魚津市は「うおづし」なのにホームページの綴りが「uodu」ではなく「uozu」となっていることに年中無休で苦悶してしまう新種の病気なのである。な~んてね。日本最古の魚津水族館はまだ元気に活躍しているのだろうか。ここまで書いて言うのも何だが今回、訪れたのは魚津ではなく伊豆下田だ。伊豆急下田駅に到着するや否や寝姿山の山頂まで下田ロープウェイで登った。ほら、ご覧。澄み渡る快晴とこの僕のおかげで伊豆七島が見えるよね。

寝姿山を十分に堪能した後に観光案内所で教えてもらった『なかがわ』で「海の定食」を食べたが、海なし県でこのレベルだったら満足だけど逆立ち歩行でも海にたどり着くここ下田では2100円も払ってこれでは弘道君があまりに哀れだと思いませんか。この場合、誰を責めればいいのだろうか。

はい、今回の主たる目的の中の上から3番目で下から2番目くらいだろう了仙寺を一人きり訪れた。

いいもんですねぇ、お寺めぐりも。海善寺、宝福寺、了仙寺、長楽寺など下田には素晴らしいお寺がてんこ盛りだった。そして、ペリーロードで風情と趣を足して情緒でステアしようと思った僕だが、通りの建物がまさかの解体工事中で通行止めだった。左の電柱広告には「あほや」と書いたるがね。

まあいい。そんなことよりツインルームのシングルユースってお彼岸のおはぎを独り占めするようなプチ贅沢とは似ても似つきませんよね。とにかくお得感が平積み状態だけどビンボー症ゆえに両方のベッドに入りたくなる病気は仕方ない。今日もいい一日だったけど間違いなく明日もその予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

満腹になったCOOKAとほんのちょっとだけちびったあべのハルカスの展望台@大阪府大阪市

朝、うなされるように目覚めたら前日の白ワインが五臓六腑に大量に残っていてテレビのリモコンを破壊したくなったことはありませんか?ハハハ、何とか踏みとどまってテレビのリモコンの命だけは救ってやった。俗に言う、軽い二日酔いってやつやん。午前10時にホテルをチェックアウトするとあべのハルカスを目指して前進して大阪マリの夫いや、マリオットホテルの『COOKA』でブッフェとビュッフェとビッケは小さなバイキングのどれが正しい呼び名か分からないけれど大阪の仲間たちと楽しい時間をじっくりゆっくりまったりしっかり満喫した。今日もいい一日だった。あ、まだ続く。

この僕が極度の高所恐怖症だということはJR西日本エリアのごく一部では有名だろう。それなのにちびりそうなくらい高いあべのハルカスの展望台へと連行された。WTOに提訴するぞ、この野郎。以上を持ちまして大阪の出張は終了いたしました。引き続き岐阜で地味に地道な日々を過ごします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)御堂筋本町東芝ビル店とバリラックスとシャンデレールと大阪の熱い夜@大阪府大阪市

はい、不本意ながら大阪に出張です。いったい何が不本意なのかと言えば、大阪へ行くことではなく仕事をすることです。仕事をしなきゃ食っていけない自分自身が情けない。ってことで、テキトーな打ち合わせをしようとカフェを探し回ったら本町通のカフェ・ド・クリエはモーレツに狭くて満席でコメダ珈琲店は笑っちゃうような分煙のため煙が充満していて愚の骨頂だったので必死こいて探してたどり着いたスタバ@御堂筋本町東芝ビル店で「ダークモカチップフラペチーノ」を一気にすすって生き返った僕がいた。やっぱスタバはサイコーだね。疲弊したオヤジたちの作り笑顔が妙に切ない。

打ち合わせが約30分で終わるとやることも作り笑顔もなくなったのでホテルにチェックインした。部屋に入るとドアノブ、机、ハンガー、椅子、リモコンなどをウェットティッシュで拭きまくった。

ウォンチュー!ゲッチュー!生中!はい、大阪の夜は年中無休で合コンやん。マルビルの3階にある『バリラックス』で全体的にちょっち辛い料理を食べながら僕たちの将来について熱く語り合った。

大阪の物理的に熱い夜はまだまだ続く。どっかの地下っぽい『シャンデレール』というクレープ店でマロンショコラを熱い珈琲で満喫した。すっかり酔いが回ってきたので以後のことは覚えていない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

源兵衛川のせせらぎ散歩と三嶋大社と桜川といつものおらが蕎麦@静岡県三島市&岐阜県岐阜市

朝、枕が合わなくて首を寝違えちまったようだ。午前4時から起きているので午前7時は真っ昼間と同じだろう。駅前のヴィ・ド・フランスで買ったパンを2杯の珈琲で押し流すとチェックアウトして楽寿園へと向かった。あまりに朝っぱらで広い園内は僕の貸し切り状態で怖かった。その後、本気でボーっと歩いていたら源兵衛川と遭遇した。おぉ!テレビで見た風景だ。僕の記念に動画を撮った。

そこそこ歩いたので鰻か穴子でも食べようと思い立ったものの、朝っぱらからお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とりあえず食事はやめて回れるだけ回ろう。うん、それがいいよ!僕の中のスティーブンが言った。スティーブン、いつも勇気をありがとう!ジョニーによろしくね。ジョージと一緒に伊豆国の一之宮である三嶋大社を訪れた。いいですねぇ。やる気のないタラタラの僕でもちょっぴり凛としますね。そして、境内にある立派な宝物館も弘道君の貸し切り状態だった。ったく、500円の入館料が高いのかよ!まあいい。でも、薄暗いところに一人きりだと怖いんだ。

あ、またお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とにかく無事に帰宅することだけに全力を注ごう。うん、それがいいわ!僕の中のステファニーが言った。三島駅に向かう途中、水辺の文学碑がある水上通りが異様に気に入った。住みたいとは思わないけど桜川が過剰にキレイで非常に気に入った。フツーの中のスペシャルっぽいところがいい。この感性を君たちにも分けてあげたい。

ま、それは置いといて、岐阜方面に向かう列車に乗った僕がいた。その列車の中で左隣に座っていた2人の賢そうな大学生が選挙について熱っぽく語っていた。「大衆が選挙に行かなくなれば組織票を持っている政党が勝ち続ける。N国党の立花代表はなかなか賢い。NHKの必要性は理解できるけど公共ではなく国営にすればいい」というようなことをおっしゃっていた。約5時間の弘道の鉄道旅は終わり、何事もなく岐阜駅に着いた。安心したら急にお腹が空いたので駅構内の店で蕎麦を食べた。やっぱDNAには敵わない。遺伝子に組み込まれた何かが、僕が関東方面へ脱出するのを阻害する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

途中下車の(S)ASTY静岡西館店とサンバードのナポリタンとサンビーチの芋@静岡県静岡市・熱海市

何気に困ったことに「タイガー炊飯ジャー、炊っきたて♪」のリフレインが止まらない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。と同時に、この連日の暑さと台風のせいでまったく出掛けられなかった欲求不満も止まらない。本当は一泊で富山方面に行く予定だったが、どうも天気が湿っぽいらしい。だって、北日本の富山だから。ってことで、困ったときの熱海方面に変更した。乗り継ぎの静岡駅で途中下車するとスタバ@ASTY静岡西館店でチマチマとソイラテをすすりながら「レモンチョコレートクッキー」を元気よく頬張った。おいおい、220円もするクッキーだけど3枚しか入っていない。

トイレ&スタバ休憩終了。引き続き地味に地道に列車に揺られると熱海駅に着いた。駅前の商店街は有象無象&魑魅魍魎の観光客で大賑わいだった。そして僕はと言えば、長崎屋いや『サンバード』で絶景の鉄板スパゲティを食べた。さすが関東エリアの熱海ゆえにメニュー表にはイタリアンではなくナポリタンと書かれていた。卵が敷いていない鉄板スパゲティなど糖分のないあずきバーと同じだ。

たらいで芋を洗うかの如く混雑していたサンビーチだが遠目に見ただけで過呼吸になりそうだった。その後、相変わらずムダに暑けりゃ行く場所もないので三島駅近くのホテルへと向かった僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加