高知県一覧

宇和島城とJR予土線の四万十川と千秋の鍋焼きラーメンと高知城と(S)高知帯屋町店@愛媛県宇和島市&高知県高知市

怖くて電気を点けっ放しで眠ったにもかかわらず午前4時16分に起床した。普段の僕なら旅先では2~3時に目覚めるのに。ま、かなり疲れていたのだろう。案の定、今回は予定に入れていなかった宇和島城を8時に攻めた。やっぱいいですねぇ宇和島城は。一人きり遠くから近くから眺めていた。

そして、今回の主たる目的であるところのJR予土線、通称しまんとグリーンラインを満喫するべく列車に乗った。昨日はアンパンマン列車で今日は海洋堂ホビートレインに乗ったジジイの僕だった。ちなみに、この得体の知れない物体たちはどうやら親子のカッパらしい。近くに寄るとしゃべった。

列車の窓がキレイで四万十川が美しく映えた。名鉄の車両なら指紋や鼻&額の脂が付着しているのにさすが観光列車だ。とは言え、ナウシカに出てくるような変な形の昆虫が列車内を飛び交っていた。

正直、岐阜県加茂郡七宗町から白川町までの峡谷である飛水峡のほうがずっと好きだ。ともう1人の僕が言った。そして、特急あしずり6号で高知駅に着くや否や『鍋焼きラーメン千秋』で間違ってもうどんは注文しない。一番小さいサイズの鍋焼きラーメンとご飯を注文するとラーメンを食べた後にご飯を入れてマニュアルどおり雑炊にした。これが絶品で昨日の食事より7倍以上も美味しかった。

高知には4時間ほど滞在できる。残りは3時間だ。当然のように高知城を攻めた。2度目の高知城も荘厳だった。現存の天守に現存の本丸御殿。なぜに高知城が国宝でないのかが僕には理解できない。

静かに時間を掛けて丁寧に回った。すると宇和島駅から予土線の車両に一緒に乗っていた中年男性を発見した。当然、話し掛ける気などまったく湧いてこなかった。昨日の臥龍山荘の韓国人女性は今、どこで何をしているのだろうか。ご飯はちゃんと食べているのだろうか。高知城は再訪必至だろう。

高知城の隣にある高知城歴史博物館を訪れた。まだできたばかりの施設で木の香りが心地良かった。

残り時間は1時間ちょいとなった。地味に焦るぜ。アーケード街の中にあるスタバ@高知帯屋町店で「ダークモカチップフラペチーノ」を疲れ切った肺活量ですすった僕。今日は18540歩だった。もっと遠くへも近くへも行きたい。まだまだ日本中を隈なく歩きたい。のんびりしたいい旅だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝陽の高知城と小雨の岡山城と濃厚なぶたかば重(岡山県岡山市)

3時12分に目覚めた。早起きは健康だからではなく、病気なのでは?と疑う。

あまりに早いため、テレビを点けても風景映像とTVショッピングばかりだった。

6時を回ったのでホテルを出たが、アーケード街には人っ子一人いなかった。

全国的に黄砂が多いという予報は、嬉しいことに木っ端微塵に外れたようだ。

雲ひとつない絶好の記念撮影日和だったので思う存分、高知城を撮影した。

そして12時41分に小雨の岡山に到着。路面電車に乗って城下まで行った。

城下から歩くこと10分で岡山城へ着いた。威風堂堂といったところだろうか。

老夫婦が訪れていたが、目が不自由な奥さんが杖を片手に廊下門を手で触りご主人が介添えしていた。五感のひとつでも城めぐりができることに感動した。

宇喜多秀家の頃の石垣があった。この手の逸品は触りまくることにしている。

重要文化財の月見櫓は、本丸跡に現存する唯一の櫓だ。いつかは入りたい。

不明門と書いて「あかずのもん」と読むが、至極立派なコンクリート造りだった。

烏城の別名どおり黒漆が塗られた外壁の下見板は威圧感があり見事だった。

ただ、天守内に珈琲ぜんざいやパフェを供する茶屋があるのは愛嬌だろうか。

試し押しの際には完璧な印影だったが、本番ではこんな無様な有様だった。

天守最上階から日本三名園のひとつ岡山後楽園を眺めた。まずは寒かった。

今回は高知からの途中下車で寄ったが、今度来るときは主たる目的にしよう。

せっかくなので岡山発B級グルメのぶたかば重をかばくろ真栄田で味わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべてが現存の高知城とぺロッと食べた鰹のタタキ(高知県高知市)

4月中に四国に両足を踏み入れたいという衝動に駆られて高知へと向かった。

岡山で特急南風7号に乗り換えたが、不本意ながらアンパンマン列車だった。

中年の一人旅。このシートに2時間35分座るという厳しい試練を与えられた。

児島から宇多津へ向かう途中、瀬戸大橋からの風景を10分ほど眺めていた。

実に26年ぶりの高知に到着。途中、車窓から眺めた大歩危峡は絶景だった。

蓮池町通で路面電車を降りた。チェックインを速攻で済ませ高知城へ歩いた。

12しかない「現存天守」の貴重なひとつがこの高知城なので激しく興奮した。

「天守背景の高知ブルーが私を祝福しているかのようだった」と真剣に思った。

今は2013年か。1900年代が終わってから西暦を覚えるのが苦手となった。

さらに高知城には、全国に4つしかない「現存する本丸御殿」のひとつがある。

バスツアーで団体客が訪れていたが、全員が天守ばかりに目が行っていた。

これだから素人衆はありがたい。私は本丸御殿を貸切状態で満喫しまくった。

その後、天守内をじっくり回った。最上階から眺めた城下町も実に格別だった。

城を後にし、ひろめ市場の安兵衛に寄った。餃子はOKだが接客は雑だった。

早々に店を出るとはりまや橋へ歩いた。まったく退こうとしない輩に苛立った。

口直しに通り掛かりの居酒屋で鰹のタタキを食べた。問答無用に美味かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加