宿飯行脚一覧

五稜郭と市立函館博物館と千秋庵総本家とレストランヨシヤ@北海道函館市

朝、雨もまた風情。むしろ小雨が悠久の歴史をこの僕の前にステキに漂わせているようにも思えた。まったくマーベラスじゃないか。五稜郭の箱館奉行所だが、これで何回目となるかしら。猫も杓子も真正面から撮影しているので僕は真裏から激写した。垣間見える背景の五稜郭タワーがいい感じだ。

人生、裏街道を突き進むべく、裏に興味がある僕は裏門橋を渡った。これまた人っ子一人いやしない独占状態だった。そこらの安い観光客たちとは明らかに目線と視点が異なる僕は偉大で立派だった。

実は五稜郭に向かう前にすぐ隣の道立函館美術館を訪れた僕だが、それがあまりにしょぼかったので僕のブログに載せることもはばかられるくらいだった。ところが、この市立函館博物館はそれなりに楽しかった。この辺りは『ブラタモリ』で見て少し知っていたのでゆっくり歩いてそれも楽しんだ。

その後、宝来町で市電を降りるとすぐの『千秋庵総本家』を訪ねた僕。その佇まいからして国宝級に素晴らしいですな。引っ掛かりながらもガラガラと引き戸を開けると笑顔の女性店員がそこにいた。

「ん?この時計って生きてんのかよ?」と思いながらも「どら焼き」や「函館散歩」などを買った。ずっと前から一度、この店を訪れたかった僕は100%目標が達成できて間違いなくステキすぎた。

しかし、JRの室蘭本線では使えなかったSuicaが函館の市電では当たり前に使えるのはこれいかに。とにかく1日乗車券を買った僕は無敵で7回ほど乗りまくったった。終点の函館どつく前で降りると『レストランヨシヤ』で「中エビフライとハンバーグ定食」を食べた僕はすっごくハッピーだった。おそらくそれはイチローの野球人生とほぼ同じくらいすっごくハッピーだったにほぼほぼ違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地球岬と母恋駅とシスコライスと(S)函館ベイサイド店@北海道室蘭市・函館市

2時46分に起きた僕は、朝っぱらからホテルの近くのセイコーマートで買ったパンを食べてムダに満腹になった。それから熱い湯で丁寧に髭を剃ると急に睡魔が襲ってきた。ジジイの体は面倒臭ぇ。

とにかく終着駅には物語があって確実にいい。JR室蘭駅前からバスに乗ると地球岬団地で降りた。210円だった。辺りを見渡した僕は「こんなところにも暮らしている人がござる」とつぶやいた。

事前に調べたところバス停から地球岬までは徒歩で15分程度と書かれていた。それくらいだったら余裕だろうと歩き始めたのはいいものの、ビミョーな勾配が地味に地道に弘道の老体に効いてきた。

周りには人っ子一人いやしないし孤独と疲労で胃液がいい感じに込み上げてきたその刹那に目の前に金屏風が現れた。ハハハ、疲れも吹っ飛ぶってもんだぜ。実際には1ミリも吹っ飛ばんかったけど。

数分後、やっと地球岬にたどり着いた。晴れでも雨でも曇りでも最高だろう。うれしいと言うよりもここまで来たという達成感のほうが大きかった。想像してご覧、来た道をまた引き返す僕の苦労を。

重力に任せたら思いのほかスムーズに坂道を下った。途中、2回くらい転んだけど。鉄男や鉄子にはお馴染みの母恋駅は趣があってまったりできた。この駅名でふと思い出したのだが、弘道君の実母はまだご存命なのだろうか。何もしちゃいないのに勘当されてから20年近くも音信不通の僕がいる。

特急スーパー北斗10号で函館駅へと向かった。指定席はほぼ満席で通路側しか空いていなかった。ま、それは仕方ないとして窓側に座っているなら1秒も眠らずに瞳孔が開くまで車窓を眺めろよな。ひどい奴になるとカーテンまで閉めてやがった。いい感じに文句を垂れていたらホテルに到着した。

お空もピーカンになったことだし八幡坂を訪れた僕は、本当はここを僕が見事に転がっている動画をYouTubeにアップしたかったのだが、いかんせん孤独の孤の字の一人旅ゆえに誰も撮ってくれない。仕方ないからそこのデブ、左側を歩くそこのデブだよ。サッサと転がれ!と念じたけど無理だった。

八幡坂を58秒くらい転がった辺りにある『カリフォルニア・ベイビー』の名物料理である「シスコライス」を食べた。山盛りのバターライスの上にグリルした2本のソーセージがONしており、その山頂からてんこ盛りのミートソースがかかった名物料理だよ。明日の胃痛を覚悟でスプーンを進めるこの僕の勇気を全力で褒めてほしい。完食はあきらめていたが、頑張れば何でもできるもんだよね。

死なんかったけど死ぬほど満腹になった。令和時代の第1号となる記念すべきスタバに選ばれたのは函館ベイサイド店だった。2階のテラスで「コールドブリューライム」及び「珈琲ゼリーケーキ」を満喫しようと思った僕だが、明らかに安い観光客であるすっげぇ下品な若造たちのせいで僕の気分は名城大学にも合格できない偏差値47レベルだった。ウミドリに頭から食われちまえ!と合掌した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Suicaが使えない室蘭本線と味しんの焼きそば@北海道室蘭市

はい、北海道は室蘭市を左足から訪れた腰痛に苦しむ僕がいた。生まれて初めての室蘭だが、鳳蘭と伊藤蘭以外で「蘭」という美しい文字を僕の汚いブログに載せる日が来るとは実に感慨深いものだ。

室蘭本線ではSuicaが使えないだと!?車が自動運転を行う今の時代に苫小牧から室蘭までの間ではSuicaが使えないらしい。いきなり出鼻をくじかれて完全無欠のシナリオが音を立てて崩れちまった。

窓を閉めても盛りのついた猫が鳴いているような風音が一晩中していた。これには困った僕だった。顔を洗おうと浴室に入るや否や排水口からドブのようなニオイが漂った。これには困った僕だった。

ホテルの近くの『味しん』で「焼きそば」を食べた。ふと周りを見渡すと多くの客が食べていたので僕も郷に従って食べた。もちもちで美味しかったのはいいが「どうして僕は室蘭までお越しになって800円の鉄板焼きそばを食べているのだろうか?」と疑問に思った。が、美味しかったから許す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬長島ホテルの龍神の湯と志貴のふーチャンプルーとソーキそば@沖縄県豊見城市・那覇市

この際、沖縄県岐阜市になればいいのに。ま、それも賛否両論だと思いますよ。でもね、今の優秀な岐阜市長なら分かってもらえそうなそんな気がする僕がいる。いよいよ嫌でも最終日。「やだぁ!」「ひろくん、言うこと聞きなさいね」。そして、瀬長島ホテル内の龍神の湯で日帰り入浴ったった。

う~ん、予想どおり泉質は塩泉で塩酸ピリドキシン並みにピリピリして僕のお肌には合わなかった。ちなみに、塩酸ピリドキシンなんてパラジクロロベンゼンと同じくらいまったく意味が分からない。

最終日の最後の最後もいいとこなのに搭乗時間の3時間前に大好物の麩ちゃんぷるーを食べていない衝撃の事実に気が付いた。本当は昨日だけど大和田(爆)。そこでだ、那覇空港内にある『志貴』で単品の「ふーチャンプルー」と「ソーキそば(小)」を隈なく愛した。もう岐阜には帰りたくない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おきみゅーと元祖大東ソバの大東そばと首里城界隈とLUCKY TACOSの絶品セットと(S)那覇国際通り牧志店@沖縄県那覇市

ゆいレールの車内アナウンスの「まきしぇき(牧志駅)」と「マックシェイク」があまりに瓜二つの15倍くらいだったので笑いを堪えるのに必死だった@赤坂サカスを「あかしゃかしゃかす」としか言えない杉山です。もぉ~僕ったらぁ~♪おきみゅーだ。滑舌が良くても悪くても沖縄県立博物館・美術館の愛称はおきみゅーだ。琉球がグッと凝縮された空間と言えばいいのだろうか。いいんです。

で、新海誠展のオープニングイベントがあった。言いたくはないが、僕はもっている男なのだろう。が、せっかく沖縄まで来たというのになぜにここで飛騨古川を満喫しなければならないのだろうか。

何て贅沢なゆいレールの使いっぷりなのでしょう。国際通りに戻った僕は、11時に開店した『元祖大東ソバ』で500円の「大東そば(中)」をすすった。最高に美味しくてスープまで飲み干した。

何て贅沢なゆいレールの使いっぷりなのでしょう。お次は大好物の首里城を攻めたった。ここからの眺めが最高に好きなんだ。一人きり癒されていたらドイツから来た若い旅人に邪魔された僕だった。

聞いてもいないのに「フロム・ジャーマニー」。だから「フロム・トーキョー」。ゴメンね、ギフ。

ここが散策コースのゴールだと思うと人間にはそれなりに冷たいこの僕でも物悲しくなるんだよね。

いいですねぇ。マイ・フェイバリット・ロードだぜ。観光客でごった返す首里城とは打って変わってほぼほぼ誰もいない。またフツーに暮らしてござる方々がいるところが観光観光していなくていい。

1坪5000円なら75坪くらい買うし、その他に3万円くらい寄付するから電柱を埋めてほしい。

案の定、国際通りに戻るとラッキータコスにハッピータコ野郎の僕が訪れた。『LUCKY TACOS』で「タコスとタコライスとジーマーミ豆腐のセット」をむさぼったが、どいつもこいつもマーベラスに美味かったがね。食いながら&飲みながら大いに感心した。名古屋は栄にも系列店があるようなので近いうちに訪れてみたい。ふと思ったのだが「褒める」と気分が悪くなるよね。そう思わないかい?

「一日の〆はスタバで」とその気になって探せば『日本書紀』の59ページ目あたりに書いてある。んなこたあない。スタバ@那覇国際通り牧志店の店内はほぼほぼ中国語が飛び交っていた。まったりゆったりしたくても超絶けたたましい坂本(泣)。ま、それはそれで国際通りっぽくてむしろいい。本を読めるくらいの静寂だと逆に怖い哀川(笑)。一日で24643歩ほど歩いてお疲れさま、僕。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)中部国際空港セントレアFLIGHT OF DREAMS店と山楽の冷し天ざるそば@愛知県常滑市&沖縄県那覇市

あ、心はないけどカラータイマーが「ピコンピコンピコン」と鳴り出した。今の僕にはエネルギーが絶対的に足りない。「そうだ 沖縄、行こう。」と約2か月前からもくろんでいた僕がいた。その前にセントレアに新たにできた施設に寄るとスタバ@中部国際空港セントレアFLIGHT OF DREAMS店でまったりし尽した。適度にまったりするのはOKかもしれないが、ここまでまったりすると疲れた。

国際通りを8往復したことはありませんか?僕はありません。ただ、5往復したことはありますが、3往復目になると客引きのオネエちゃんと目があってもフツーにスルーされるのであなたも是非一度お試しください。岐阜の平和通りも国際通りにしておくれよ。ま、それも賛否両論だと思いますよ。ってことで、ご無事に沖縄到着わず。マツコの番組で知って十割そばの『山楽』を訪れた僕だった。ソーキそばばかりの地で本格的な日本そばというのは、讃岐うどんばかりの香川県高松市の中心部でラーメン店を出すくらい大変なことだろうと思う僕がいる。ハッピーアワーでオリオンの生ビールが250円だった。言いたくはないが、僕はもっている男なのだろう。何を?そんなもん知らんがな。

お値打ちだからと繁華街から離れたホテルを利用するとすっげぇ歩かされる法則をご存じだろうか。ちょっち浮気してゴメンね。やっぱダイワロイネッターかリッチモンダーにしておけばよかったよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めがね丸の絶品料理たちとアジアンガーデンのアンニュイと初島の人々の暮らし@静岡県熱海市

死んだように爆睡したけど死なんかった僕。本当によかったね。そのお祝いにと泳いでは無理なので初島までフェリーで渡ったった。2回目だが常連気取りで『めがね丸』を訪れた。この僕の性格上、事前に確実に予約済みだ。しかも2日前には確認の電話まで入れているチキチキチキン野郎の弘道。

前回も食べて確実に美味しいと思ったものを最初に注文しておかないと不安で仕方ない魚を食ってもチキン野郎の僕。「これ、美味しいね♪」の一言をいただいてホッと胸を撫で下ろしたハト胸の僕。

どっちにしてもハトもチキン。だから、そんなことはどーでもいいんです。で、ファンキーな髪型の女将おすすめのハタっぽい魚の煮付けも絶品だった。旅は寝床と料理に満足すればほぼほぼ合格点。

その後、ちょっと肌寒い初島アイランドリゾート内のアジアンガーデンでハンモックに揺られながら落ちんかしゃんと期待していたが落ちなんだ。ただ、2人の上空を数多くのトンビが旋回していた。それはまるでハゲタカが弱った動物を狙っているかのようで遠くから眺めていた僕は爆笑していた。

初島の高台で海と暮らしを臨んだ僕がいた。こんなところにも人が住んでござる。狭いようで意外に広いぜジャパン!帰りの熱海駅でも刈谷市の家具会社の会長と冗談みたいに遭遇したが乗車する便が違ってホッとハト胸を撫で下ろした。では、来年は香川県高松市で讃岐うどん三昧とまいりますか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来宮神社と天然記念物の大楠と磯丸 熱海平和通り店の光5点盛@静岡県熱海市

ふ、あろうことか毎年の恒例行事となっちまった「お義父さん&お義母さんあとほんのちょっとだけ長生きしてね親孝行接待ツアー」を企画した添乗員&お財布代わりの杉山です。今回は近場の熱海で1泊だったが、3泊4日の沖縄のパックツアーに便乗したほうが半値以下で済んだがね。まあいい。新幹線で隣の席に座った刈谷市の家具会社の会長の話が止まらなかった。78歳の彼の半生は完璧に僕の頭の中に入った。だから、いいことなのか?熱海に着くとタクシーに乗って来宮神社を訪れた。

最近はパワースポットとして人気ゆえに観光客も多かった。というか、熱海駅界隈の賑わいっぷりがモーレツに凄まじい。来てます、来まくってます熱海野郎。パワーは結構だから澄んだ心がほしい。

タクシー運転手の六郷さんから「経営コンサルタントの船井カズオさんが、ここにはパワーがあると言ってましたよ」と聞き「ふな・・・、それ、船井幸雄やん」と修正してあげることができなかったチキン野郎の僕。そもそも船井幸雄がそう言った時点で眉唾ものだと思えてしまうこの僕は正しい。

樹齢2000年を超える天然記念物の大楠の幹の周りをひと回りすると寿命が1年ほど延びるという伝説を聞いた右隣のカップルが「ふ~ん。箱根の黒たまごは1個で7年も寿命が延びるからそっちを食べたほうが楽じゃん」と言っていたことを話題に『磯丸 熱海平和通り店』で握り寿司を食べたが、まったく盛り上がらなかった。これは僕のせいではなく、カップルのあまりに稚拙な発想のせいだ。

案の定、生ビールと光りもの5貫で満腹となった僕だった。消化方々ホテルの周りを徘徊していたら元祖DVともいえる『金色夜叉』が描かれたマンホールを発見した。そっち系の団体からクレームは来ないのかしら。ちなみに「きんいろよまた」ではなく「こんじきやしゃ」だから念には念のため。

新幹線の中で刈谷市の家具会社の会長にムダにエネルギーを消費したのが想定外だった。ただでさえお年寄りの接待で疲れるっちゅうのに。そのせいか気が付いたら気が付かないくらい爆睡していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国宝・松江城と珈琲館 京店店と季節の風 蔵と島根県立美術館と(S)シャミネ松江店@島根県松江市

ふと思ってブログ内を調べたら、ちょうど7年前の同じ10月17日~18日に松江を訪れていた。ホテルも同じだった。ほう。。。そうだ!全国的にこの2日間を「島根の日」にしようじゃないか。そうだそうだ、それがいい♪そう言えば、7年前の松江城はまだ重要文化財だったね。それが見事に国宝へとバージョンアップした。僕はね、君はやればできる城だと7年前から確信していたんだよ。

あまりに好きすぎてちょっち吐きそうだぜ。個人的には松本城と犬山城を足して2で割って宍戸錠を振り掛けたような感じだろうか。それくらい存在感が凄まじいっちゅう話やがな。現存は最高だね。

天守最上階から宍道湖を眺めた。いいねぇ、住みたいとは思わないけど。ちなみに「しんじこ」だ。そこで、もし女の子が生まれたら弘道子と名付ける権利をホットペッパーのクーポン券で与えよう。

松江城とその界隈をすこぶる満喫した僕は『珈琲館 京店店』でケーキセットを堪能した。この場合、満喫と堪能を入れ替えても可。思うに「きょうみせてん」であり「きょうてんてん」ではなかろう。

その後、すぐ近くにあるカラコロ工房に立ちよるとピンクのポストがあった。ふと俯瞰して見たら、このページは茶色ばっかだったので紅一点として載せましたがね。人間もブログも見た目は大切よ。

正直、さっきのケーキセットで腹八分目の第3コーナーを回ったところだったが、せっかくここまで来たんだからと『季節の風 蔵』で「しじみ丼」を胃の腑に収めた。宍道湖で採れるしじみとバローで売っているしじみとでは味は違うのだろうか。420円も安い「海老かつ丼」でもよかったかもね。

全国の美術館行脚も楽しむ僕ゆえに島根県立美術館も絶対に外せねぇ。絶好のロケーションで館内の窓辺にボーっと佇んでいるだけでも僕自体が一枚の絵になっちまうぜ。ま、被写体が被写体だから♪

誰からも注意されないひとり言って合法だし最高だよね。美術館から駅へ戻る道すがら『桂月堂』ですっげぇ美味しそうな和菓子を買ったが、わざわざ不味そうな和菓子を買うバカはいない。その後、女子高生であふれるスタバ@シャミネ松江店でソイラテを味わいながら今回の旅路を反芻していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若桜界隈とKINSATTAと(S)シャミネ鳥取店@鳥取県八頭郡・鳥取市&島根県松江市

今年の夏、略して今夏は台風や大雨などのためにまったくと言っていいほど一人旅ができなかった。「まったく」。欲求不満の沸点を余裕で超えてしまった僕は「そうだ とりあえず山陰、行こう。」とほぼ日手帳に書き込んだった。そして、郡家駅から若桜鉄道に乗り換えると終点の若桜駅で降りた。

さすが「山の陰」と書いて山陰。曇天がよく似合う。雲間から差し込む太陽の光が白黒テレビで見る昭和のテレビドラマのようだった。一人旅には最高だが、決して杉山家が住む場所ではないだろう。

風情ある街道沿いに佇む昭和おもちゃ館にふらっと立ち寄った。両開きの筆箱が懐かしくて笑った。

そのとき僕の五臓六腑の中に埋め込まれたカラータイマーが「ピコンピコンピコン」と鳴り出した。田舎での滞在時間もそろそろ限界となったようだ。すぐに鳥取駅に向かうと構内の『KINSATTA』で「雨滝豆腐の入ったハンバーグドリア」を食べた。が、その前に供された枝豆でほぼ満腹だった僕。

「やっぱスタバって最高よね。スタバとコンビニがあれば生きていけるわ」と僕は言ってもいいが、そーいうことを抜け抜けと抜かす女性は大嫌いだ。スタバ@シャミネ鳥取店でソイラテを愉しんだ。

やっぱツインルームのシングルユースって贅沢で最高よね。だが、不治の病のビンボー症の僕だから30分おきに両方交互に使いたくなるんだよ。間違いなく疲れ果てるんでフツーのシングルがいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加