宿飯行脚一覧

格好良過ぎる難攻不落の立ち姿に感動した熊本城(熊本県熊本市)

晩から朝にかけて土砂降りだった。激しい雨音のせいで4時には目が覚めた。

テレビの予報でも熊本市はずっと雨模様だと日テレの女子アナが言っていた。

しかし、そこは晴れ男。宿から一歩外に出てみると雨は無難に上がっていた。

すぐに今回の主たる目的でもある熊本城へ行ったが、その荘厳さに閉口した。

あまりに広大な城郭だったので正門が分からず、本来は鬼門であるところの
不開門(あかずのもん)から入城した。道理で人影がなかったわけだと納得!

石垣だけでも鳥肌が立つほど感動したが、それを打ち崩すほど蒸し暑かった。

壮大な自然も素晴らしいが荘厳な人工物のほうがさらに素晴らしいと感じた。

「暑いだろ、本当は徹底的に暑いだろ」と心の中で何度も繰り返し、同情した。

威風堂々の大天守と小天守。昭和35年に復元したものだが実に美しかった。

大天守から眺めた宇土櫓と遠くの金峰山たち。緑も映え、風も心地良かった。

天守から出て来た頃には厚い雲は消え、眩しい青が一面に澄み渡っていた。

本丸御殿の大広間。あたかも3Dで見ているかのような奥行きが続いていた。

本丸御殿の中で最も格式の高い昭君之間。大量のゴールドが印象的だった。

長塀側からの大天守。その形状ゆえに懐かしいアポロチョコレートを連想した。

頬当御門側からの大天守と小天守。心の底から晴れ男の自分を褒め称えた。

重要文化財の宇土櫓。創建当時から唯一残る現存櫓はあまりに美し過ぎた。

宇土櫓の最上階からの風景だが、金森さんの解説が風でかき消されていた。

「第三の天守」とも言われる宇土櫓だが、目を凝らせばカネゴンにも似ている。

しかし異様に蒸し暑かった。それもそのはず気温が体温に迫っていたようだ。

坪井川に沿う長塀。現存する城郭の堀の中では、最長の242メートルを誇る。

熊本城を後にして再び上通アーケード街。気になっていた蜂楽饅頭を買った。

好物の御座候とどこがどう違うのか分からなかったが、とにかく美味しかった。

ちょっと早いが空港へと向かった。空港内のりんどうで海鮮丼セットを食べた。

熊本城は「日本100名城」の中の92番。格好良過ぎるので絶対に再訪する。

ANAの機内だが、私の左横を通るキャビンアテンダントの匂いが素敵だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柳ヶ瀬よりも遥かに活気があった立派なアーケード街(熊本県熊本市)

梅雨時だというのに毎年恒例「細野敦郎と行くスカイツアー」で熊本へ飛んだ。

1時間少々で熊本空港に到着するとリムジンバスで交通センターへ向かった。

そこから歩いて5分ほどの巨大な下通アーケード。柳ヶ瀬よりも85倍は凄い!

当然のようにかなり蒸し暑く、雨が心配だったが、今日のところは曇天だった。

アーケードから外れた小道もというか小道のほうが何気に風情と趣があった。

上通アーケード近くにある少しばかり和テイストな和数奇・司館に宿を取った。

内装もレトロな雰囲気を嫌というほど醸し出していた。1時間くらい仕事をした。

空腹だったので地元の若者に教えてもらったこむらさき上通中央店に入った。

何をもって王様なのか理解し難い王様ラーメン(600円)を食べたが、偏差値
50レベルでこれといって感慨もなかった。その名の由来のほうが気になった。

目の前には懐かしい路面電車。この電車とは反対方向に走る車両に乗った。

水前寺公園に向かったが、車内には好みの女性が乗っていたので緊張した。

それなのに、呆然とするくらいあっと言う間に水前寺公園に到着してしまった。

せっかくなので動画を撮影した。腕のいい床屋の散髪の如く整えられていた。

風情を楽しもうとしても「今晩は何を食べようか?」が脳裏から離れなかった。

とりあえず路面電車で熊本駅へ行ってみた。アーケード街と比べるとあまりに
粗末な感じゆえ失笑してしまった。だが、テイストが岐阜に近くて落ち着いた。

司館の女性スタッフから教えてもらった居酒屋だが、その店名から戸惑った。

とっくの昔に疲れ果て、死臭さえ漂い始めた51歳男と食い気の塊の42歳男。

刺身の盛り合わせ。「キッコイ」というのが意味不明だったが調べる気もない。

初体験の馬刺しは難無く食べることができたが、この先も進んでは食べない。

辛子蓮根は美味しかった。キンキンに冷えた生ビールのあてには最高だった。

腹が立つほど満腹になり、店を出た。ライトアップされた熊本城が美しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

駄菓子屋カフェ&バー・ドロップにて(兵庫県尼崎市・大阪府大阪市)

ダントツ通信の読者から仕事の依頼があったのでクール・ビズ姿で向かった。

尼崎駅の次のJR立花駅で降りた。都会でもなく田舎でもない雰囲気だった。

駅から歩いて1分ほどの駄菓子屋カフェ&バー・ドロップで打ち合わせをした。

その後、阪急梅田駅近くにある北の華という個室居酒屋で飲んだが、実際に
運ばれてくる料理はホットペッパーに載っているものとはまったく違っていた。

阪急インターナショナルの南窓からの夜景。真っ赤な観覧車が印象的だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川平湾のグラスボートと石垣島鍾乳洞(沖縄県八重山諸島)3-3

最終日。仕事が気になり始めたので今のところ2泊3日が限界かも知れない。

今回は一度も乗ったことがなかったので、フロントに電話をしてカートを呼んだ。

ニラカナイを後にし、駐在所を横目にミシュランで☆☆☆の川平湾へ向かった。

グラスボートに乗ったが、昨晩の大雨で海の中はほんの少しだけ濁っていた。

川平湾。さらに今日は大雨警報が発令中にも関わらず、腐るほど快晴だった。

グランヴィリオホテルに隣接する琉華というレストランで食べた冷しゃぶ御膳。

目の前のビーチ付近では、ヤモリやヤドカリたちが地味に地道に歩いていた。

遠くに竹富島が見えたが、その海と言えば昨晩の大雨のせいで茶色だった。

腹六分目以上になったので竜宮城のような入り口の石垣島鍾乳洞へ入った。

まったく期待していなかったが、凄くよかった。できれば軽く3週はしてみたい。

鍾乳洞内でのライトアップも美しかった。どうやら全国で7番目に長いとのこと。

いよいよ帰りの便に乗るために岐阜駅のバスターミナルのような石垣空港へ。

徒歩で機内に登った。那覇空港で燃料を補給した後、セントレアへ向かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原生的な情緒の西表島と由布島と竹富島(沖縄県八重山諸島)3-2

午前4時半に目が覚めた。時間がもったいないのでネットブックを立ち上げた。

その2時間後の朝陽。とりあえず今日も晴れ男パワー全開で空はOKだった。

最初に向かった場所は最も楽しみだった西表島。高速船にもすっかり慣れた。

そして待望のマングローブを臨むために仲間川へ。気持ち小雨がぱらついた。

同じ日本とは思えないほど感動した。また、淡々とした解説が印象的だった。

板根という発達した大きな根が圧巻だった極めて奇妙なサキシマスオウノキ。

次に西表島の目と鼻の先にある小さな由布島へ。汗ばむくらい快晴となった。

水牛のゴン太に腹が立つほどゆったりとまったりと由布島まで送ってもらった。

この島の人口は12名らしく、あくせくするのが滑稽に思えるくらい優美だった。

だが、激しく暑かった。自慢ではないが、私は暑さと寒さに感心するほど弱い。

金色のサナギがある蝶々園に入ったが、サウナ状態だったので25秒で出た。

そのサナギが羽化すると、金色の「き」の字の欠片もないオオゴマダラとなる。

ビーチに向かった。羽化に失敗したモスラの如く巨大なマンタが迎えてくれた。

再び西表島。これは日本最南端に立つ豊原バス停。限りなく愛おしく思えた。


※アクセス制限(dandysugiyamaがYouTubeにログイン状態時のみ視聴可能)

ラ・ティーダ西表の西表昼膳を愉しんだが、グルクンは見た目から苦手だった。

しかし、それに真っ向から挑戦した。遠くに波照間島が見えたような気がした。

次に竹富島。赤瓦とシーサーとサンゴ塀が印象的というかそれしかなかった。

人口が300名の竹富島から600名の小浜島へと慣れた高速船で向かった。

ニラカナイの436号室から幻想的な海を眺めながらネットブックを立ち上げた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

琉球の伝統を感じながら石垣島と小浜島(沖縄県八重山諸島)3-1

発想を磨くために例年よりも少し早い入梅を迎えた八重山諸島へと向かった。

セントレアから乗り継ぎすることなく石垣島へ飛ぶJTA173から眺めた右側。

2時間半で岐阜駅のバスターミナルのような微笑ましい石垣空港へ到着した。

やはり梅雨。横殴りの雨が降っていた。どこかの国旗みたく石垣屋に入った。

石垣牛の握りを食べたが、それが飛騨であっても佐賀であっても分からない。

窓の外の雨が気になったが、空腹に任せるまま貪った。普通に美味しかった。

せっかくなので石垣島地ビールを飲んだもののキリンの生のほうがよかった。

店を出ると石垣港へ向かった。高速船は揺れることなく、とても心地良かった。

梅雨だというのにそこは晴れ男、瞬く間に大量の雲の間から青空が広がった。

小浜島へ着いた。福井県は小浜(おばま)だが、こちらは「こはまじま」と読む。

真っ直ぐに伸びた道。運転手の声がジャパネットたかたの社長そっくりだった。

NHK連続テレビ小説『ちゅらさん』のロケに使われていたらしい「こはぐら荘」。

誠に申し訳ないが、私はその連ドラを一話どころか1分1秒も観たことがない。

その隣の民宿でサーターアンダーギー(3個200円)を買った。ゲットウの花。

自分の晴れ男パワーにつくづく感心しながら言われるままに高台へ向かった。

TSUTAYAに『ちゅらさん』は並んでいるのだろうか。ついていけなくて困った。

おそらく此処へは再び訪れることはないだろうと思い、記念に動画を撮影した。

驚くことに野生化したクジャクをあちこちで目撃した。白いクジャクもいるようだ。

いい感じで夕刻の5時を回ったので、2日連泊する広大なニラカナイに入った。

436号室からの眺望。ちょっと雲が薄暗いが青空もそれなりに頑張っていた。

向かって右側の2階が436号室。1階でなくてよかったと心の底から頷いた。

デイベッドが新鮮だったが昼間は1分もいなかったので1cmも使わなかった。

夕食の際にオリオンビールの生を飲んだ。地ビールより確実に美味しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸川沿いの白壁土蔵街と飛騨の増島城跡(岐阜県飛騨市)2-2

宮川朝市に行こうと計画していたがコロッと忘れたので飛騨古川へ向かった。

高山駅~飛騨古川駅までの約16分間、ひたすらデジカメを持ち構えていた。

着くや否や、さすが飛騨古川の早春。駅前には、大きな雪の塊が残っていた。

全国的にも有名な「起し太鼓」に関連する品々が通り掛かった広場にあった。

正直、私は祭りが嫌いだ。隣接する岡田屋の五平餅を青空に包んで食べた。

瀬戸川と白壁土蔵街。この時期ゆえに、あいにく鯉たちは泳いでいなかった。

このくらいの川が丁度いいと思った荒城川。遠くの山々には雪が残っていた。

その川に架かる吉城橋の近くに雪の塊があり、よく見るとつららになっていた。

そのまま古い町並みを亀のように歩いていると美味しそうな看板を見つけた。

まだ飛騨のラーメンを食べていなかったので注文したら普通に美味しかった。

当てもなく歩いていたら、駅から6分の場所に石垣だけの増島城跡があった。

素朴な石積みを眺めていたら本当に癒された。また、すぐ隣の古川小学校が
異様なほど趣のあるデザインを装っていたので校舎に入りたくなってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しい町並みと日下部民藝館と高山陣屋(岐阜県高山市)2-1

同じ岐阜県内とはいえ、東京へ行くほうが近い飛騨高山に久しぶりに訪れた。

旅番組やサスペンスドラマの中で必ず目にする高山駅。すこぶる快晴だった。

高山陣屋のすぐ前で営む陣屋だんご店は一等地だけに羨ましい行列だった。

宮川に架かる橋の中でも最も有名な中橋。青と緑と赤のコントラストが美しい。

宮川には山からの雪解け水のような限りなく透き通った流れが滔滔とあった。

派手な人力車を横目にまだ記憶に新しい古い町並みのど真ん中を闊歩した。

徒歩50mだけでも数々の誘惑に負けた。飛騨大井屋の朴包もその中の1つ。

三川屋本店で塩せんべいを焼いて見せてくれた男性が必要以上に粋だった。

ゆっくり観てみたいと思っていた重要文化財の日下部民藝館へ足を延ばした。

豪快な梁組やどこか懐かしい囲炉裏端を見ていたら時間の経つのを忘れた。

天領(徳川幕府直轄)だった飛騨高山ゆえの素晴らしい産物だとつくづく思う。

日下部民藝館を出ると何気ない風景が広がった。当たり前のように癒された。

まだ雪吊りが施してあった旧高山町役場の中で記念スタンプを鮮明に捺した。

最初に寄った陣屋だんご店に再び寄ったら、このような凄まじい数の串の跡。

初体験の高山陣屋。全国に唯一現存する代官所というだけあり、圧巻だった。

古い町並みには定番だが、この3つはザ・ホーロー看板とも評される極上品。

適当に町を歩いていたら、飛騨国分寺の三重塔を見つけた。実に荘厳だった。

十分に堪能し、歩き疲れたので今日の宿泊先のひだホテルプラザに入った。

さっそく9階の展望風呂に浸かったが、早かったせいか数人しかいなかった。

歩き疲れていたせいもあり、何を食べてもほとんど美味しいとは感じなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

想定外の出来事の翌日の鳥羽の海は美しく(三重県鳥羽市)

日帰りで鳥羽水族館を愉しむつもりが、まったく予想のしようもない出来事で
一泊することになったその翌日。ひどく疲れてはいたが、あまり眠れなかった。

午前6時30分の鳥羽の海。美しく穏やかで津波の気配は感じられなかった。

お世話になった戸田家にて。電車が動く宇治山田駅までバスで送ってくれた。

やっと名古屋。電車を降りてから気づいたが、アーバンライナー・プラスだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

行き先が変更されそうだった新千歳空港(北海道千歳市)3-3

大寒波の影響で名古屋の上空が不安定らしく、JALのカウンターで「行き先が羽田か伊丹に変更されるかも知れませんがよろしいですか?」と訊ねられた。

よろしいも何も選択肢は0なので笑顔で頷いた。無事にセントレアに到着した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加