宿飯行脚一覧

瀬戸川沿いの白壁土蔵街と飛騨の増島城跡(岐阜県飛騨市)2-2

宮川朝市に行こうと計画していたがコロッと忘れたので飛騨古川へ向かった。

高山駅~飛騨古川駅までの約16分間、ひたすらデジカメを持ち構えていた。

着くや否や、さすが飛騨古川の早春。駅前には、大きな雪の塊が残っていた。

全国的にも有名な「起し太鼓」に関連する品々が通り掛かった広場にあった。

正直、私は祭りが嫌いだ。隣接する岡田屋の五平餅を青空に包んで食べた。

瀬戸川と白壁土蔵街。この時期ゆえに、あいにく鯉たちは泳いでいなかった。

このくらいの川が丁度いいと思った荒城川。遠くの山々には雪が残っていた。

その川に架かる吉城橋の近くに雪の塊があり、よく見るとつららになっていた。

そのまま古い町並みを亀のように歩いていると美味しそうな看板を見つけた。

まだ飛騨のラーメンを食べていなかったので注文したら普通に美味しかった。

当てもなく歩いていたら、駅から6分の場所に石垣だけの増島城跡があった。

素朴な石積みを眺めていたら本当に癒された。また、すぐ隣の古川小学校が
異様なほど趣のあるデザインを装っていたので校舎に入りたくなってしまった。


美味しい町並みと日下部民藝館と高山陣屋(岐阜県高山市)2-1

同じ岐阜県内とはいえ、東京へ行くほうが近い飛騨高山に久しぶりに訪れた。

旅番組やサスペンスドラマの中で必ず目にする高山駅。すこぶる快晴だった。

高山陣屋のすぐ前で営む陣屋だんご店は一等地だけに羨ましい行列だった。

宮川に架かる橋の中でも最も有名な中橋。青と緑と赤のコントラストが美しい。

宮川には山からの雪解け水のような限りなく透き通った流れが滔滔とあった。

派手な人力車を横目にまだ記憶に新しい古い町並みのど真ん中を闊歩した。

徒歩50mだけでも数々の誘惑に負けた。飛騨大井屋の朴包もその中の1つ。

三川屋本店で塩せんべいを焼いて見せてくれた男性が必要以上に粋だった。

ゆっくり観てみたいと思っていた重要文化財の日下部民藝館へ足を延ばした。

豪快な梁組やどこか懐かしい囲炉裏端を見ていたら時間の経つのを忘れた。

天領(徳川幕府直轄)だった飛騨高山ゆえの素晴らしい産物だとつくづく思う。

日下部民藝館を出ると何気ない風景が広がった。当たり前のように癒された。

まだ雪吊りが施してあった旧高山町役場の中で記念スタンプを鮮明に捺した。

最初に寄った陣屋だんご店に再び寄ったら、このような凄まじい数の串の跡。

初体験の高山陣屋。全国に唯一現存する代官所というだけあり、圧巻だった。

古い町並みには定番だが、この3つはザ・ホーロー看板とも評される極上品。

適当に町を歩いていたら、飛騨国分寺の三重塔を見つけた。実に荘厳だった。

十分に堪能し、歩き疲れたので今日の宿泊先のひだホテルプラザに入った。

さっそく9階の展望風呂に浸かったが、早かったせいか数人しかいなかった。

歩き疲れていたせいもあり、何を食べてもほとんど美味しいとは感じなかった。


想定外の出来事の翌日の鳥羽の海は美しく(三重県鳥羽市)

日帰りで鳥羽水族館を愉しむつもりが、まったく予想のしようもない出来事で
一泊することになったその翌日。ひどく疲れてはいたが、あまり眠れなかった。

午前6時30分の鳥羽の海。美しく穏やかで津波の気配は感じられなかった。

お世話になった戸田家にて。電車が動く宇治山田駅までバスで送ってくれた。

やっと名古屋。電車を降りてから気づいたが、アーバンライナー・プラスだった。



札幌の定番と小樽運河と堺町通り(北海道札幌市・小樽市)3-2

天気予報では暴風雪だったが、そこは晴れ男。絵の具のような快晴となった。

朝食は洋食のブッフェだった。スープカレーを食べたが、思いのほか辛かった。

満腹になったところで部屋に戻り、1チャンネルの番組をボーっと眺めていた。

最初はその気はまったくなかったが、ここまで来たらせっかくなのでザ・札幌の
赤れんが庁舎と時計台に行った。それぞれ5分程度で回ったが、十分だった。

その後、JR快速エアポートに乗って今回の目的地である小樽へと向かった。
細かいことだが片道運賃は、岐阜~名古屋より170円も高い620円だった。

小樽駅前は観光客でごった返していたが、強靭な肘と膝を駆使して前進した。

これで3度目となる小樽の運河。夏のそれとは違い、深い趣と風情があった。

雪国では当たり前の風景でも中途半端に寒いだけの岐阜では珍しいつらら。

火曜サスペンス劇場でよく目にした風景。高林鮎子シリーズが大好きだった。

安い観光客で賑わう堺町通りをゆっくりと丁寧に歩いた。愛知県西春日井郡に
住んだことのある地元民から教えてもらった寿司屋の吸い物が美味しかった。

観光客が1人もいない寂しい雪道を歩いたら、とても興味を抱く老舗があった。

何と表現すればいいのだろうか。堺町通りと真逆の寂れた商店街を闊歩した。

小樽も十分に堪能したので駅へ戻った。むかい鐘がいい味を醸し出していた。

JR快速エアポートで札幌へと向かったが当然、帰りの運賃も620円だった。

その途中、車窓の石狩湾。軟弱な太平洋よりも荒々しくてまったく美しかった。


大寒波で荒れる中、怯えながら向かった札幌(北海道札幌市)3-1

下手な漫才よりも笑ってしまうほど安いチケットを購入したので札幌へ発った。

夕刻の札幌駅。ヒートテックを着ていたせいか、それほど寒くは感じなかった。

駅から徒歩2分のセンチュリーロイヤルホテル。今だけ1人2500円の追加で
特別に6万円の部屋に変更できるとフロントで言われた。バシッとお願いした。

札幌駅前で開業している女医・横山亜由美さんと直接の患者ではないものの
最近、カテーテルを体験した技術士・木村茂夫さんと炙屋でホッケを楽しんだ。

当然のようにカテーテルの話題となった。手術後、挿入した傷口からピュッと血が噴き出るらしい。だが、そんな話を聞かされてはホッケを摘む箸も止まる。

白銀が眩しい夜の札幌。松尾和子のムード歌謡が似合いそうな空気だった。


熱海城と荘厳な起雲閣と熱海サンビーチ(静岡県熱海市)最終日

午前3時半起床。45分くらい眉間まで湯に浸かった。その後、朝食を取った。

JCBカードで精算を済ませると、タクシーの運転手に言われるまま熱海城へ。

絶景のビューだった。しかし、熱海城はまったく歴史がない偽りの虚城だった。

次に熱海に来ても間違いなく熱海城へは登らないだろうから360度撮影した。

秘宝館

温泉地には欠かせない秘宝館。なぜかこの人魚の前を通らないとロープウェイ
乗り場へ辿り着くことができない。作為的なものを感じるのは私だけだろうか。

そして山頂の乗り場には、あいじょう岬という確実に胡散臭い造り物があった。

ロープウェイで山麓へ下り、そこから歩いて15分で起雲閣に到着した。今回の
旅行で最も訪れたかった場所であり、その歴史についてはウィキペディアで!

とは言え、歩き回って汗だくだったので、いきなり喫茶室やすらぎで休憩した。

冷たい抹茶と栗あんの饅頭(500円)。饅頭は一口、抹茶は8秒で平らげた。

熱海市の有形文化財だけあり、深い歴史とモダンなセンスを十分に堪能した。

ローマ風浴室。最初にパンフレットを開いたとき、ローマ風俗室と読み違えた。

見事に手入れが行き届いた立派というより荘厳という言葉がよく似合う庭園。

鳥除けネットが張ってあったので池の中を覗いたが、魚など1匹もいなかった。

ここで太宰や谷崎や直哉や紅葉が筆を執ったと思うと心臓が激しく高鳴った。

いい感じに満腹中枢がサインを送ってきたので雑誌に載っていた季魚喜人の
暖簾をくぐった。壁に貼ってあるのは溝端淳平のサイン。その他、大勢あった。

デザインの美しい熱海ビールを飲んだが、その味はと言えば今ひとつだった。

きときと丼&きときと汁

きときと丼ときときと汁のセットを奮発したが、後者の味がなかなか辛かった。

そうは言っても物理的に胃は満たされたので親水公園まで這うように歩いた。

恋人の聖地という碑が立っていたが、「桂由美」という文字を見て興醒めした。

日本のモナコと呼ばれる熱海サンビーチ。ふとグレース・ケリーを思い出した。

季節外れの海岸にちょっとした風情を感じたので自らを軸に360度撮影した。

貫一・お宮の前で1枚。逆光だったので2人が色黒になってしまった。温泉に
浸かって死ぬほどのんびりするつもりが、歩き回ってかえって疲れてしまった。

次に熱海に来るときは、初島へ渡ると時計を気にせず一日を過ごそうと思う。


平和通り商店街界隈と熱海倶楽部迎賓館(静岡県熱海市)初日

11時33分発のひかり468号に乗り、13時ちょうどにJR熱海駅に到着した。

一週間前の天気予報では雨だったが、そこは晴れ男。まったく快晴となった。

賑やかな平和通り商店街を歩いた。とにかく温泉饅頭ばかりが目立っていた。

いきなり口の中が糖分で満たされるのもなんなので、まずは練り物を食べた。

その後、すぐ隣のぬれおかき店の香ばしい醤油の香りにつられて立ち寄った。

ごまか赤しそか迷った挙句、後者のぬれおかきを買って9秒で食べ尽くした。

やっと糖分の受け入れ態勢が整ったので杉養蜂園のはちみつソフトクリームを
思いっ切りバキュームした。そこらのソフトクリームのほうが美味しいと思った。

通りの真ん中にある福福の湯(手湯)で醤油と糖分を徹底的にに洗い流した。

裏の筋には仲見世通り商店街があったが、パッとしなかったので素通りした。

満腹中枢が確実に嫌気をさしたので、10分ほど歩いて熱海銀座まで行った。

だが「どこが銀座だ?」と思うほど閑散としていた。ロマンス座は昔の映画館。

ときわぎは大正創業の和菓子屋。京都の宮大工の手による店舗は立派だが
「いらっしゃいませ」の1つもなかったので何も買わずに電光石火で店を出た。

熱海駅前に戻り、家康の湯(足湯)を5分ほど愉しんだ。間歇泉が吹き出した。

チェックインの時間も過ぎたのでタクシーで熱海倶楽部迎賓館へと向かった。

部屋には源泉かけ流しの半露天風呂があった。皮がふやけるほど浸かった。

午後5時30分。ちょっと早かったが夕食を取った。先付けから数えて11品目。

〆は、温かい白玉ぜんざいだった。このときすでに吐きそうなほど満腹だった。

満腹になると決まって凶暴になるため別館にある部屋に戻って湯に浸かった。


西郷隆盛の史跡巡りと島津家の仙巌園(鹿児島県鹿児島市)最終日

午前4時58分。5時から入浴できる3階の露天風呂へと向かった。

左手に見えるはずの桜島は、生憎の靄で薄っすらとしか確認できなかった。

泉質が塩泉だったため、部屋へ戻るとシャワーで髪と体を丁寧に洗い流した。

朝のメールチェック。思ったとおり、大した用事もなかった。

午前7時。まだ早いのか朝食会場はまばらだった。私は4時から起きていた。

洋食にした。グアバジュースが必要以上に美味しかった。

ホテルをチェックアウトした。荷物だけはそのまま預け、史跡巡りに出掛けた。
これは、石仏十三体。数匹の猫と戯れている奇妙な男がいた。

歩いて3分後の西郷隆盛洞窟資料館。向かって左側が入り口で右側が出口。

すぐ隣には西郷隆盛洞窟。西郷隆盛は最後の5日間をこの洞窟で過ごした。

西郷隆盛が最も好んで使用した言葉「敬天愛人(天を敬い、人を愛す)」という
4文字が刻まれているJR日豊本線の城山トンネル。

腰に銃弾を受け、動けなくなった西郷隆盛は「晋どん、もうここらでよか」と言い
別府晋介の介錯で自刃。わずか49歳で生涯を閉じた終焉の地がここだった。

薩摩藩士たちを指導統率するために創設された私学校の跡。

その私学校の石垣には、西南戦争で政府軍が浴びせた銃砲弾の弾痕が今も
鮮明に残っていた。まるで『俺たちに明日はない』のラストシーンのようだった。

岐阜県大垣市と姉妹都市の鹿児島市。それは、この薩摩義士との縁だった。

悲しい歴史の上に木曽川の安全があると思うと感謝の気持ちで一杯だった。

島津家が築いた鶴丸城。今では城壁や濠、石橋だけが残っている。

西郷隆盛の銅像。この前で地元の小学生に道を尋ねられた。速攻で答えた。

遊歩道を登って城山展望台に到着した。腹が立つほど汗だくになった。

いい眺めではあったが、相変わらずの靄のため桜島がかすんで見えた。

預けていた荷物を取りに城山観光ホテルへ戻った。

すべての毛穴から汗が噴出していた。すでにチェックアウトを済ませていたが、
女性スタッフにそれとなく言うと「是非どうぞ!」と笑顔で温泉を勧めてくれた。

九州新幹線の発着点となるJR鹿児島中央駅のバスターミナルまで行った。

市営バスに乗り、かごしま水族館前で降りた。一律180円だった。

桜島フェリー乗り場の中にある味心という店で黒豚カツ丼(950円)を食べた。
わらじのように巨大なとんかつだったが、なんとか無事に完食できた。

小指1本で吐けるくらい満腹になったので、目的のかごしま水族館へ行った。
その続きは、水族列伝No.006を。

水族館を堪能した後、タクシーで仙巌園へと向かった。「西郷先生」を連発する
タクシーの運転手だった。それはそれで楽しく話を聞くことが出来た。

島津家の別邸として使用された御殿の入り口。

1500円も払ってガイドコースに参加した。なかなか趣のある別邸だったが、
屋内の撮影がNGだったのが少し残念だった。

御殿の庭から眺めた桜島と錦江湾。このような風景を見ると固定資産税という
世俗にまみれた文字が頭の中をよぎってしまうのは私が平民だからだろうか。

その背景となる山側の風景。鬱蒼とした緑が南国を思わせた。

中庭の金魚池。私だったら数匹の大ナマズを飼いたい。

1500円のその中には、お茶とお菓子の料金も含まれていた。

普通に美味しくはあったが、個人的には生ビールと枝豆がより望ましかった。

仙巌園を後にし、カゴシマシティビューの巡回バスでJR鹿児島中央駅へと。

そこから空港バスで鹿児島空港へ向かった。その後、展望レストランで休息。

19:35のJAL便でセントレアへ飛んだ。ありがたいことにこの2日間、一滴の
雨も降らなかった。直行便がなくなると辛いが、機会があればまた訪れたい。


城山観光ホテルと市場食堂(鹿児島県鹿児島市)初日

もうすぐセントレアからの直行便がなくなってしまう鹿児島へと飛んだ。

空席が目立ったJAL便。人口密度が30%程度でとてもゆったりとくつろげた。
翼を眺める私の頭の中には当然のように城達也のあの名調子が流れていた。

鹿児島上空。昨日までは大雨だったが、この2日間は雨の心配はないと言う。

午後8時を回っても薄明るかった天文館周辺。想像より遥かに繁華街だった。

城山観光ホテルに着いた。良質なホテルでスタッフの接客も素晴らしかった。

部屋は919。シングルの予約だったが、ダブルにバージョンアップしてくれた。
だからと言って、誰かが添い寝をしてくれるわけでもなかった。

夕食がまだだったので、地元の中年女性が勧めてくれた市場食堂に入った。

チープな印象を受ける店名だったが、店に入るや否や財布の厚みを確認した。

刺身の盛り合わせ。なぜか表通りには、肉系の店が多かった。

アオリイカを捌いてもらったが、値段の表記がなかったので若干、不安だった。