佐賀県一覧

武将のオールスターが結集した名護屋城と夕暮れの唐津城@佐賀県唐津市

ボランティア精神にあふれる僕は、還暦を迎えた世界のアツローのお守りをするべく貴重な3日間をアツローくんだりに提供することを決めた。名古屋城もいいが名古屋嬢もいい。しかしながら2人のジジイが攻め落としたのは名護屋城。はい、セントレアから「これだけ空いていると機長も気合いが入らないんじゃないの?」と感心するくらいガラガラの飛行機で福岡までひとっ飛びするとそこから列車で西唐津まで揺られること1時間47分、さらにバスでも揺られるとアツローが確実に酔った。

そんなことより名護屋城は実に素晴らしかった。東出丸から呼子大橋を臨む風景にしばし見とれた。

三の丸にてボランティアガイドの吉田一英さんの説明に耳を傾ける世界のアツロー。この僕と言い、吉田さんと言い、優秀なボランティアが隣にいないと何もできない世界のアツロー。実に面倒臭ぇ。

天守台に立った僕は、見渡す限りの玄界灘と対峙しつつ強めの海風をお粗末な体で心地良く浴びた。この絶景を当時の武将たちも眺めていたのかと思うとお粗末な体が震えてきた。寒かったのだろう。

佐賀県民の中でも偏差値68レベルの賢者しかご存知ないだろう名護屋城。以後、お見知り置きを。

甘味のない城めぐりなんて森永のココアのない真冬の午後9時のようなものじゃんね。ってことで、城内にある甘味処で「ぜんざいとほうじ茶」を全力ですすった。塩っ気が効いていて美味しかった。

「あれ?」と通り過ぎてしまったくらい究極にしょぼいホテルについては思い返すと気が滅入るので多くを語るのも少なく語るのもやめにしよう。ツインだけど当然、シングルユースだから念のため。

ボランティアガイドの吉田一英さんに教えてもらった居酒屋に行ったら予約で一杯だった。せっかくそこで働いている吉田さんの姪っ子のしほちゃんに会えると思ったのに残念ちゃん。仕方なく近くの『風林火山』に入ったが、ここ数日のシケで呼子のイカがないらしくて何気に凹む世界のアツロー。

ただ、ジジイたちの胃袋は完璧に満たされ、そして午後7時半を回っても九州はムダに明るかった。

せっかくなので唐津城を攻めたった。函館山の夜景と比べるのはすっげぇ酷な話だが、いくらムダに明るい九州とは言え、ちょっとくらい家の電気を点けたらどうなんだ。初日は15151歩だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小雨の佐賀城と曇天の福岡城

2月の小雨はほぼ雪に近い。どーいう意味か自分でもよく分からない。そんなこんなでまずは佐賀城を攻めた。

群馬県から車で城めぐりをしている70歳過ぎのおじいちゃんから「これから一緒に名護屋城へ行きませんか?」と真顔でナンパされた。当然、丁重にお断りをした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あの吉野ヶ里、この吉野ヶ里、その吉野ヶ里

イメージ的には最も遠いと感じていた吉野ヶ里を快晴の下、訪れた。城うんぬんではなく何気に感慨深い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

呼子のイカと唐津城(佐賀県唐津市)と絶品の水たき(福岡県福岡市)

【ダントツ通信】を利用している美しい税理士を取材するために福岡へ飛んだ。

その前に極上のイカを食べようと呼子まで電気を充電しながらリーフで走った。

たしかに美味しかったが、店員の「客が来て当たり前」という対応に苛立った。

満腹のまま唐津城へ。模擬天守であれ、そこに城があったと思うと感動する。

大量のイカを消化させるためにも石垣を眺めながら長い石段を丁寧に歩いた。

いきなり現実を見せ付けられた格好だが、これもまた貴重な体験なのでいい。

天守最上階から玄界灘を眺めた。静かな音で吹き抜ける風が心地良かった。

福岡に戻りホテルにチェックインした。その後、歩いて近くの華味鳥に入った。

鍋料理は好きではないし、中でも水たきは最悪だが、この店は美味しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蔵出しめんたい(佐賀県鳥栖市)と本場の皿うどん(長崎県長崎市)

いきなりだが福岡空港に着いた。そこからキューブの後部座席で揺れていた。

今朝の九州は土砂降りだったようだが、そこは晴れ男。極めて大丈夫だった。

蔵出しめんたい本舗の新社屋が鳥栖駅近くに完成したので寄らせてもらった。

工場も凄まじく立派になったというか、文明の利器を嫌というほど肌で感じた。

その後、長崎自動車道を約2時間ほど走ると長崎駅前のかたおかで夕食を。

皿うどんも焼きそばも予想以上に美味かった。麺類と紹興酒は異様に合った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加