静岡県一覧

源兵衛川のせせらぎ散歩と三嶋大社と桜川といつものおらが蕎麦@静岡県三島市&岐阜県岐阜市

朝、枕が合わなくて首を寝違えちまったようだ。午前4時から起きているので午前7時は真っ昼間と同じだろう。駅前のヴィ・ド・フランスで買ったパンを2杯の珈琲で押し流すとチェックアウトして楽寿園へと向かった。あまりに朝っぱらで広い園内は僕の貸し切り状態で怖かった。その後、本気でボーっと歩いていたら源兵衛川と遭遇した。おぉ!テレビで見た風景だ。僕の記念に動画を撮った。

そこそこ歩いたので鰻か穴子でも食べようと思い立ったものの、朝っぱらからお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とりあえず食事はやめて回れるだけ回ろう。うん、それがいいよ!僕の中のスティーブンが言った。スティーブン、いつも勇気をありがとう!ジョニーによろしくね。ジョージと一緒に伊豆国の一之宮である三嶋大社を訪れた。いいですねぇ。やる気のないタラタラの僕でもちょっぴり凛としますね。そして、境内にある立派な宝物館も弘道君の貸し切り状態だった。ったく、500円の入館料が高いのかよ!まあいい。でも、薄暗いところに一人きりだと怖いんだ。

あ、またお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とにかく無事に帰宅することだけに全力を注ごう。うん、それがいいわ!僕の中のステファニーが言った。三島駅に向かう途中、水辺の文学碑がある水上通りが異様に気に入った。住みたいとは思わないけど桜川が過剰にキレイで非常に気に入った。フツーの中のスペシャルっぽいところがいい。この感性を君たちにも分けてあげたい。

ま、それは置いといて、岐阜方面に向かう列車に乗った僕がいた。その列車の中で左隣に座っていた2人の賢そうな大学生が選挙について熱っぽく語っていた。「大衆が選挙に行かなくなれば組織票を持っている政党が勝ち続ける。N国党の立花代表はなかなか賢い。NHKの必要性は理解できるけど公共ではなく国営にすればいい」というようなことをおっしゃっていた。約5時間の弘道の鉄道旅は終わり、何事もなく岐阜駅に着いた。安心したら急にお腹が空いたので駅構内の店で蕎麦を食べた。やっぱDNAには敵わない。遺伝子に組み込まれた何かが、僕が関東方面へ脱出するのを阻害する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

途中下車の(S)ASTY静岡西館店とサンバードのナポリタンとサンビーチの芋@静岡県静岡市・熱海市

何気に困ったことに「タイガー炊飯ジャー、炊っきたて♪」のリフレインが止まらない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。と同時に、この連日の暑さと台風のせいでまったく出掛けられなかった欲求不満も止まらない。本当は一泊で富山方面に行く予定だったが、どうも天気が湿っぽいらしい。だって、北日本の富山だから。ってことで、困ったときの熱海方面に変更した。乗り継ぎの静岡駅で途中下車するとスタバ@ASTY静岡西館店でチマチマとソイラテをすすりながら「レモンチョコレートクッキー」を元気よく頬張った。おいおい、220円もするクッキーだけど3枚しか入っていない。

トイレ&スタバ休憩終了。引き続き地味に地道に列車に揺られると熱海駅に着いた。駅前の商店街は有象無象&魑魅魍魎の観光客で大賑わいだった。そして僕はと言えば、長崎屋いや『サンバード』で絶景の鉄板スパゲティを食べた。さすが関東エリアの熱海ゆえにメニュー表にはイタリアンではなくナポリタンと書かれていた。卵が敷いていない鉄板スパゲティなど糖分のないあずきバーと同じだ。

たらいで芋を洗うかの如く混雑していたサンビーチだが遠目に見ただけで過呼吸になりそうだった。その後、相変わらずムダに暑けりゃ行く場所もないので三島駅近くのホテルへと向かった僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めがね丸の絶品料理たちとアジアンガーデンのアンニュイと初島の人々の暮らし@静岡県熱海市

死んだように爆睡したけど死なんかった僕。本当によかったね。そのお祝いにと泳いでは無理なので初島までフェリーで渡ったった。2回目だが常連気取りで『めがね丸』を訪れた。この僕の性格上、事前に確実に予約済みだ。しかも2日前には確認の電話まで入れているチキチキチキン野郎の弘道。

前回も食べて確実に美味しいと思ったものを最初に注文しておかないと不安で仕方ない魚を食ってもチキン野郎の僕。「これ、美味しいね♪」の一言をいただいてホッと胸を撫で下ろしたハト胸の僕。

どっちにしてもハトもチキン。だから、そんなことはどーでもいいんです。で、ファンキーな髪型の女将おすすめのハタっぽい魚の煮付けも絶品だった。旅は寝床と料理に満足すればほぼほぼ合格点。

その後、ちょっと肌寒い初島アイランドリゾート内のアジアンガーデンでハンモックに揺られながら落ちんかしゃんと期待していたが落ちなんだ。ただ、2人の上空を数多くのトンビが旋回していた。それはまるでハゲタカが弱った動物を狙っているかのようで遠くから眺めていた僕は爆笑していた。

初島の高台で海と暮らしを臨んだ僕がいた。こんなところにも人が住んでござる。狭いようで意外に広いぜジャパン!帰りの熱海駅でも刈谷市の家具会社の会長と冗談みたいに遭遇したが乗車する便が違ってホッとハト胸を撫で下ろした。では、来年は香川県高松市で讃岐うどん三昧とまいりますか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来宮神社と天然記念物の大楠と磯丸 熱海平和通り店の光5点盛@静岡県熱海市

ふ、あろうことか毎年の恒例行事となっちまった「お義父さん&お義母さんあとほんのちょっとだけ長生きしてね親孝行接待ツアー」を企画した添乗員&お財布代わりの杉山です。今回は近場の熱海で1泊だったが、3泊4日の沖縄のパックツアーに便乗したほうが半値以下で済んだがね。まあいい。新幹線で隣の席に座った刈谷市の家具会社の会長の話が止まらなかった。78歳の彼の半生は完璧に僕の頭の中に入った。だから、いいことなのか?熱海に着くとタクシーに乗って来宮神社を訪れた。

最近はパワースポットとして人気ゆえに観光客も多かった。というか、熱海駅界隈の賑わいっぷりがモーレツに凄まじい。来てます、来まくってます熱海野郎。パワーは結構だから澄んだ心がほしい。

タクシー運転手の六郷さんから「経営コンサルタントの船井カズオさんが、ここにはパワーがあると言ってましたよ」と聞き「ふな・・・、それ、船井幸雄やん」と修正してあげることができなかったチキン野郎の僕。そもそも船井幸雄がそう言った時点で眉唾ものだと思えてしまうこの僕は正しい。

樹齢2000年を超える天然記念物の大楠の幹の周りをひと回りすると寿命が1年ほど延びるという伝説を聞いた右隣のカップルが「ふ~ん。箱根の黒たまごは1個で7年も寿命が延びるからそっちを食べたほうが楽じゃん」と言っていたことを話題に『磯丸 熱海平和通り店』で握り寿司を食べたが、まったく盛り上がらなかった。これは僕のせいではなく、カップルのあまりに稚拙な発想のせいだ。

案の定、生ビールと光りもの5貫で満腹となった僕だった。消化方々ホテルの周りを徘徊していたら元祖DVともいえる『金色夜叉』が描かれたマンホールを発見した。そっち系の団体からクレームは来ないのかしら。ちなみに「きんいろよまた」ではなく「こんじきやしゃ」だから念には念のため。

新幹線の中で刈谷市の家具会社の会長にムダにエネルギーを消費したのが想定外だった。ただでさえお年寄りの接待で疲れるっちゅうのに。そのせいか気が付いたら気が付かないくらい爆睡していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


大好きな熱海で思う存分、心を癒す(ま、僕に心があればの話だが)

ゆとりってステキ!癒しって最高!ありがとう青い地中海♪グラツィエ・イタリア~ノ♪ここってジャパンの相模湾だけど。哀川(笑)。あー、死ぬのはあと74年間は嫌だけど死ぬほど首まで温泉に浸かりてぇ!と夜空のお星様に2~3回ほど手をたたいて安っぽい願いをかけたら達成したがね。そう、世の中もお星様もそこらの薄汚い住職もお金がすべてよ。ってことで僕は今、大奥8号と一緒に温泉に浸かっている真っ最中だ。ウソぴょん♪ハハハ、そんなに心配するなよブルガリアンベイベー。説明しよう、ここでブルガリアをもってきたのは君たちがヨーグルトのように発酵した酸っぱいババアという意図からだ。僕は本当の自分を探し求めるためにここにやって来た。今まで物理的に血が出なければ傷ではないと言い切り、人様の心の中を土足で踏みにじるようなことばかり行ってきた。でもね、「本当の僕はそんな奴じゃない」とさっき思い立って今、ここにいる。結論から言おう。人間は一泊二日では変われない。大和田(爆)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下田海中水族館(静岡県下田市)

御粗末な朝食を済ませると伊東から特急踊り子で伊豆急下田へと向かった。

十津川警部シリーズの中で頻繁に殺人事件が起きることで有名な踊り子号。

今日は何も起きなかった。途中、車窓から覗いた河津桜が満開で美しかった。

生憎の雨どころか横殴りの土砂降りの中、目的の下田海中水族館へ行った。

「でも、水族館は屋内だから!」と思いきや、半屋外施設のようなものだった。

イルカショーを観ようとマリンスタジアムまで行けば満席だったので、仕方なくゴマフアザラシとしばし戯れた。たしかに可愛いことは可愛いが、アザラシだ。

大水槽の中を泳ぐ魚を眺めたところで所詮、イルカの餌にしか見えなかった。

ふと何も食べていないことに気づき、自宅まで歩いて20分の岐阜駅で駅弁を買った。名古屋コーチンとりめし(880円:★☆☆)は偏差値45レベルだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

定番の熱海界隈と伊東の松川遊歩道をゆっくり散策(静岡県伊東市)

ポンパレで伊東市内にある温泉旅館の半額クーポンを購入したので、こだまに乗って出掛けた。丁か半かはっきりしない天候だったが、とりあえず晴れた。

熱海で途中下車したが、青春18きっぷの利用者が吐きそうなほど多かった。

いつもの商店街の絶えず混んでいるまる天でジャガバター天をかぶりついた。

誰も泳いでいないサンビーチに3分だけ佇んだ。途中下車なので時間はない。

右手を見上げると二度と訪れることはない熱海城を確認できたので撮影した。

熱海から鈍行で約20分。伊東へ着いた。そのまま旅館の送迎バスに乗った。

松川遊歩道をゆっくり歩いた。伊東市の文化財となっている東海館は荘厳だ。

アートが散りばめられたなぎさ公園では、何もないことが逆に良く目に映った。

ぐるっと回り込んで東海館の正面玄関前に立ったが、さすが昭和初期の木造建築物だけあり、非常に素晴らしかった。入館料は200円だったので入った。

3階までの通し柱は見事だし、すべてが「いい仕事」という匂いが漂っていた。

午後6時。案の定、ちょっと高いファミリーレストラン並みの無難な夕食だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱海城と荘厳な起雲閣と熱海サンビーチ(静岡県熱海市)最終日

午前3時半起床。45分くらい眉間まで湯に浸かった。その後、朝食を取った。

JCBカードで精算を済ませると、タクシーの運転手に言われるまま熱海城へ。

絶景のビューだった。しかし、熱海城はまったく歴史がない偽りの虚城だった。

次に熱海に来ても間違いなく熱海城へは登らないだろうから360度撮影した。

秘宝館

温泉地には欠かせない秘宝館。なぜかこの人魚の前を通らないとロープウェイ
乗り場へ辿り着くことができない。作為的なものを感じるのは私だけだろうか。

そして山頂の乗り場には、あいじょう岬という確実に胡散臭い造り物があった。

ロープウェイで山麓へ下り、そこから歩いて15分で起雲閣に到着した。今回の
旅行で最も訪れたかった場所であり、その歴史についてはウィキペディアで!

とは言え、歩き回って汗だくだったので、いきなり喫茶室やすらぎで休憩した。

冷たい抹茶と栗あんの饅頭(500円)。饅頭は一口、抹茶は8秒で平らげた。

熱海市の有形文化財だけあり、深い歴史とモダンなセンスを十分に堪能した。

ローマ風浴室。最初にパンフレットを開いたとき、ローマ風俗室と読み違えた。

見事に手入れが行き届いた立派というより荘厳という言葉がよく似合う庭園。

鳥除けネットが張ってあったので池の中を覗いたが、魚など1匹もいなかった。

ここで太宰や谷崎や直哉や紅葉が筆を執ったと思うと心臓が激しく高鳴った。

いい感じに満腹中枢がサインを送ってきたので雑誌に載っていた季魚喜人の
暖簾をくぐった。壁に貼ってあるのは溝端淳平のサイン。その他、大勢あった。

デザインの美しい熱海ビールを飲んだが、その味はと言えば今ひとつだった。

きときと丼&きときと汁

きときと丼ときときと汁のセットを奮発したが、後者の味がなかなか辛かった。

そうは言っても物理的に胃は満たされたので親水公園まで這うように歩いた。

恋人の聖地という碑が立っていたが、「桂由美」という文字を見て興醒めした。

日本のモナコと呼ばれる熱海サンビーチ。ふとグレース・ケリーを思い出した。

季節外れの海岸にちょっとした風情を感じたので自らを軸に360度撮影した。

貫一・お宮の前で1枚。逆光だったので2人が色黒になってしまった。温泉に
浸かって死ぬほどのんびりするつもりが、歩き回ってかえって疲れてしまった。

次に熱海に来るときは、初島へ渡ると時計を気にせず一日を過ごそうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平和通り商店街界隈と熱海倶楽部迎賓館(静岡県熱海市)初日

11時33分発のひかり468号に乗り、13時ちょうどにJR熱海駅に到着した。

一週間前の天気予報では雨だったが、そこは晴れ男。まったく快晴となった。

賑やかな平和通り商店街を歩いた。とにかく温泉饅頭ばかりが目立っていた。

いきなり口の中が糖分で満たされるのもなんなので、まずは練り物を食べた。

その後、すぐ隣のぬれおかき店の香ばしい醤油の香りにつられて立ち寄った。

ごまか赤しそか迷った挙句、後者のぬれおかきを買って9秒で食べ尽くした。

やっと糖分の受け入れ態勢が整ったので杉養蜂園のはちみつソフトクリームを
思いっ切りバキュームした。そこらのソフトクリームのほうが美味しいと思った。

通りの真ん中にある福福の湯(手湯)で醤油と糖分を徹底的にに洗い流した。

裏の筋には仲見世通り商店街があったが、パッとしなかったので素通りした。

満腹中枢が確実に嫌気をさしたので、10分ほど歩いて熱海銀座まで行った。

だが「どこが銀座だ?」と思うほど閑散としていた。ロマンス座は昔の映画館。

ときわぎは大正創業の和菓子屋。京都の宮大工の手による店舗は立派だが
「いらっしゃいませ」の1つもなかったので何も買わずに電光石火で店を出た。

熱海駅前に戻り、家康の湯(足湯)を5分ほど愉しんだ。間歇泉が吹き出した。

チェックインの時間も過ぎたのでタクシーで熱海倶楽部迎賓館へと向かった。

部屋には源泉かけ流しの半露天風呂があった。皮がふやけるほど浸かった。

午後5時30分。ちょっと早かったが夕食を取った。先付けから数えて11品目。

〆は、温かい白玉ぜんざいだった。このときすでに吐きそうなほど満腹だった。

満腹になると決まって凶暴になるため別館にある部屋に戻って湯に浸かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加