和歌山県一覧

和歌山くんだりの歴史と文化と芸術を心がないのに心行くまで味わったった僕@和歌山県和歌山市

午前0時52分に目覚めた僕。それってほぼ昨日じゃん。旅先のジジイの朝は気仙沼のサンマ漁より早い。一度でいいから死ぬほど鳴らしてみたい目覚まし時計のステキなアラーム。はい、ベッドから身を起こせば同じ目線に荘厳な和歌山城がある巻頭文はここまでです。案の定、モーニンキャソーと呼ぶことにした。さぁ、今から後ろから前から上から下まで本格的に攻めまくったろうじゃないか。

午前9時なのに体内時計はほぼ夕方とはこれいかに。ほら、ご覧。本丸御殿跡から撮った1枚だが、あたかも後光のような蒸気が舞っているようだった。それにしても美しい、愛らしい、素晴らしい。

イチイチイマイチな君たちも今一度、ほら、ご覧。天守最上階からの眺めは実にマーベラスだった。紅葉も『金色夜叉』の尾崎紅葉レベルでいい感じに紅葉だったとしか言いようがないっぷりだった。

芸術を探求し続けるこの僕としたことが、和歌山城のお隣にあるのに今まで一度も訪れていなかった和歌山県立近代美術館&博物館を一度目に訪れたらモーレツに立派じゃねぇかよ。さすが黒川紀章が設計しただけのことはある。彼も東京都知事選などに出なければ僕の評価はさらにアップしたのに。

あっちゃこっちゃ歩きまくってお腹もいい感じに空腹の4センチ7ミリくらい手前の状態になった。ちなみに、この数年間は-2センチ8ミリになっても平気です。ほう、それなりに良さげな雰囲気の『紀州のしずく』で「しずくの満足定食」を食べた。味もスタッフも偏差値68レベルで◎だった。

昨日のヘレかつと言い、今日の満足定食と言い、今回の旅のお店&お食事のチョイスは秀逸だった。それにしても満足定食なのにお子ちゃまのように満足に魚の骨も取れず食い方が汚くてすびばせん。

旅のスタートはスタバ。旅のゴールもスタバ。ここを訪れるためだけに和歌山電鐵の神前駅で降りた弘道に何かサービスしてやったらどうなんだ。ド田舎道を7分も歩いてスタバ@和歌山昭和通り店を訪れた僕は、どこで息継ぎをすればいいのかよく分からない商品名の「クランベリーブリスバー」をサービスでプレゼンツしてもらった小っちぇ珈琲で押し流した。和歌山にはまた2年後に訪れたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年に1回は訪れたいけど3年に2回は荷が重すぎると感じる和歌山界隈と僕@和歌山県和歌山市

2日前にも言ったが何度でも言おう。3年に2回の割合で夢も希望も目標も目的もまったくないのに和歌山くんだりを一人きり徘徊したくなりませんか?僕は2年に1回だがね。列車内は白いマスクの風邪っぴきばっかでデリケーターな僕は2時間くらい呼吸を止めていた。死ぬっちゅうの。ったく、気合が足らん連中だぜ。僕はと言えば、やる気はないけど気合は十分さ。だから、いいことなのか?(中略)和歌山大学前駅で降りた僕は、マーベラスな環境のイオンモール和歌山店内にあるスタバで「ショコラディスカバリー」を熱いソイラテで押し流した。最高の味だったが490円は高すぎる。そこで気になる正面に座っている女性だが、ちゃんと正面を向くと義母と同じくらいの年齢だった。

中途半端な長旅で疲れた僕は、とりあえずホテルにチェックインした。そして1706号室の重厚なカーテンをおもむろに開けた。すると視線の先には和歌山城が伏した虎の如く静かに鎮座していた。

「ジューシー」という安易な単語を多用する食レポほど能がないと思いませんか?グーグルマップのおっしゃるとおり歩いたら目的地のかつ専門店にオープンの2分前に到着したけど快く開けてくれて左端のおばさん、ありがとう。『ももやま』の「特選ヘレかつセット」はジューシーで絶品だった。

しかし「ヒレ」としか言えない東海三県人からすればこっ恥ずかしくて「ヘレ」とは言えないゆえに「じゃあ、これを」と言ってメニューを小さく指した僕。申し訳ないが「ヘレ」なんてあり得ない。

とにかくすっげぇ美味しかったので今度は「有頭えびフライ」を味わうためだけに青春18きっぷで訪れてもいいかも知れない。すでにご存じだとは思うけど僕ってそこそこの味覚オンチなんだよね。分かりやすい幸せと奥歯の間にそれなりに詰まったヘレかつをシーシーと吸いながらホテルの部屋に戻った僕。ふ、この僕を歓迎するかの如く和歌山城がライトアップされていた。午後8時前後だけど語呂がステキだからミッナイキャソーと呼ぶことにした。ミッドナイトキャッスルじゃないからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

和歌山城と秀吉が愛した羊羹

横からの定番のショットもいいが、下から見上げる和歌山城もいい。いい城は、どの角度から眺めても一枚の絵になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貴志駅と紀三井寺とめはり寿司とアメトーク(アイス芸人)

「青春18きっぷで和歌山まで行くの?」と驚かれるが、和歌山なんてすぐお隣じゃん。真夏に小田原まで日帰りで行ったときには噴き出した汗が止まらずに電車内で困った僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さらに洗練された和歌山城(和歌山県和歌山市)と無念の郡山城

昨晩、20時に寝たら23時に起きた。これではさすがに辛いので二度寝した。

それでも5時から仕事に取り掛かった。窓から眺める和歌山城は最高だった。

窓は15cmくらいしか開かないため、右腕だけを強引に突き出して撮影した。

今回は時間が限られていたのでホテルから最も近かった大手門から攻めた。

「石垣をよじ登る小人」にも見えるが、これは裏坂にある「エノキの根っこ」だ。

昨年の12月に訪れたときは木々に緑はなかっので今日はさらに美しかった。

楠門を抜けた虎口も同様だ。9時の開場と同時に入ったので人は少なかった。

私の手元のスタンプ帳を横目で確認するや否や、チケット売り場に座っていた男性が黙ってサッとスタンプを渡してくれた。その動作が妙にかっこよかった。

順調だった午前中だが、腹痛が勃発した。郡山城へ行こうと計画していたが、急遽変更した。「なんとか自宅まで無事にたどり着くこと」を新たな目標とした。

それにしてもJR加茂駅で乗り換えるのに40分近くの空き時間があったため、途中下車で界隈を散策しようにも何もなかった。ただ、気晴らしには良かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紀勢本線を満喫した南紀とくろしお(和歌山県新宮市・和歌山市)

昨年末に訪れたばかりだが、紀勢本線を制覇するために和歌山へ向かった。

「海側で窓側の席」という要望を伝えてチケットを買ったワイドビュー南紀3号。

ところが熊野までの間、差し込む太陽光線が強くて気が滅入りそうになった。

新宮駅で乗り換えだが、1時間ほど余裕があったので市場調査に出掛けた。

以前、【カスタムレター】のお取り寄せで登場した香梅堂。不思議と懐かしい。

一袋300円の『鈴焼』を買った。店員の女の子の愛想が良く、印象的だった。

徐福公園のベンチに座って黙々と食べた。徐福とのツーショット写真を撮った。

新宮から和歌山までは特急くろしお26号に乗った。当然「海側で窓側の席」。

15時を過ぎると太陽も柔らかくなってきたようだった。静かな海を眺めていた。

18時前に和歌山駅に着いた。すでに辺りは薄暗かったが、気温は高かった。

和歌山城が目の前のダイワロイネットホテルの部屋からライトアップを眺めた。

駅の構内で買った水了軒の小鯛雀寿司(1050円:★★★)は、駅弁としては申し分なかった。妖しげな和歌山城と缶ビールに酔ったせいかも知れないが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空に映える和歌山城(和歌山県和歌山市)と大阪城(大阪府大阪市)

案の定、目覚ましが鳴る前どころか4時に起きた。おかげで仕事がこなせた。

最近、旅先のホテルではローカルTVを観るのが楽しみのひとつになっている。

ホテルの目と鼻の先にある和歌山城へ行った。これは重要文化財の岡口門。

岡口門をくぐった虎口から、宿泊したダイワロイネットホテルが見えた。

虎伏山に聳える大天守と小天守が、朝陽と青空に映えて100%美しかった。

重厚な楠門が天守への入り口となる。それにしても腹が立つほど快晴だった。

早朝ゆえに誰もいないし、想像以上に美しかったので一人ではしゃいでいた。

寒風吹きすさぶ中、天守最上階からの眺めを350度くらい歩きながら収めた。

5年前に復元された二の丸と西の丸を結ぶ御橋廊下は勾配があり雅だった。

江戸時代には藩主だけが渡ることができた御橋廊下を個人事業主が渡った。

また雅な西の丸庭園を一人きり歩いた。冷たい池の中の鯉が印象的だった。

けやき大通りから朝陽を背にした和歌山城を見上げた途端、くしゃみが出た。

一の橋が架かる大手門を最後に和歌山駅へと向かった。

森ノ宮で降りようか大阪城公園で降りようか迷っていたら森ノ宮を過ぎていた。

青屋門を立ち止まって舐め回すように眺めているのは私くらいのものだった。

逆光の大阪城と極楽橋。この距離の眺めがいい塩梅で実に素晴らしかった。

大阪城を観るたびに日本史を学びたくなるので急に三省堂へ行きたくなった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外に美味しかったまるイの和歌山ラーメン(和歌山県和歌山市)

青春18きっぷを使って和歌山へ行こうと計画したのは今年の殺人的に暑かった夏のことだが、それを今回は片道約4時間半を掛けて極寒の中、決行した。

今年一番の冷え込みだったらしく、途中の関ヶ原辺りでは雪が積もっていた。

先月、函館を訪れたときも初雪が舞った(横殴りの吹雪)が、この和歌山でも初雪だった。岐阜を含めると今年は3度も忌々しい初雪を経験したことになる。

せっかくなのでラーメンまるイで和歌山ラーメンを食べた。私が最も苦手とする太麺に濃厚なとろみ系のスープだったが、意外なことにすんなり完食できた。

なぜか物心が付いた頃から異様なほどアーケード街フェチなので、行く先々でアーケード街を探しては心と体で感じ取り、悦に入る。ぶらくり丁を散策した。

ぶらくり丁も全国のそれと同様、まったく寂れていた。またそれがいいのだが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加