達観雑記一覧

詐欺師の貴重なお客様

説明しよう、我が家の固定電話に掛かって来るそれは、UCCへの間違い電話が約3%でそれ以外は君が悪いいや、気味の悪い勧誘電話ばっかだぜ。先日も「夜間電力を使って電気代を安くする方法をご存知ですか?」っぽいトークでまくし立てて来たので「知らない。まったく知らない。知ろうとも思わないし知りたくもない」と可能な限りの低音で返したらブチッと切りやがった。ハハハ、確実に失敬な生ゴミだ。このようにこちらに落ち度がない、もっと言えばスキもなければ興味もない場合は100%詐欺まがいの商法に引っ掛かることもない。当然、そんなことを仕掛けてくるほうが悪いに決まっている。でもね、まったく興味も関心もなければ100%引っ掛かりっこないの。「う~ん、ひょっとしたら少しくらい儲かるのかも?」という中途半端にしみったれた欲が1ミリでもあるから引っ掛かっちゃうんだよ。「夜間電力を使って電気代を安くする方法をご存知ですか?」と聞かれて「でんでん知りまてん」と突き返すことができない安い自尊心を持つお値打ちな虚栄心のカタマリの見栄っ張り野郎だから引っ掛かるんだよね。ふぅ~、今日のところはこのくらいで勘弁しといたる。ジイジと遊んでいた結衣ちゃんは右腕の筋を痛めたらしく県病院へ駆け込んだ。ふ、これで2日間で4つ目の病院だぜ。そして電光石火で右腕は完治した。大都会って大病院があるから何気にステキ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

できるものなら余命30年のススメ

昨日の午後、今日の午前&午後。この24時間以内に3つの病院を渡り歩いた杉山です。思いっ切りジャパンの医療費を使いまくっている真っ最中。ま、それも賛否両論だと思いますよ。今日の午後は懇意にしているホームドクターだったので「先生、余命宣告してくれませんかね」「何年くらい?」「できれば30年」「頑健な体でもそこまで生きないかも」「ハハハ(先生と僕)」という画期的な会話を楽しんだ。まあいい。そこでだ、この僕の年輪ライフプランを今回に限り無料で紹介しよう。あと10年、仕事ができればいい。あと20年、一人旅ができればいい。あと30年、生きられれば御の字。このように30年を頂点に年輪のように「やりたいこと」の輪が広がるライフプランだよ。それ以外は「やりたくないこと」をやらないようにするだけ。しかし、今日の日中は30℃を超えて死なんけど死ぬほど暑かった。話を3秒前に戻そう。例えば、この僕の義父は80歳を超えている。常識的に考えれば90歳を迎えるのはキツイだろう。ってことは、ほぼ余命5年くらいなんだよね。病気じゃなくても命にキリがあるという現実を分かっていない連中は結構多い。だから、できるだけ旅行に連れて行かなくちゃ。自分で言うのも何だが、本当によくできた義理の息子じゃないですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離れて見ればみんな立派だけど寄って見ればみんなボロボロ

随分前に田村正和がある芸能レポーターから「(田村正和を演じ続けることは)疲れませんか?」と尋ねられた際に「疲れます」と答えたことがある。先日、ロサンゼルスで活動するYOSHIKIの特集をテレビで見たこの僕だが、うらやましいどころか「死ぬまでYOSHIKIを演じ続けなきゃいけないからすっげぇ大変だし、フツーの人間だったら死んじゃうような肉体労働だな」と半分、哀れに思った。他人の成功はできるだけ見ないほうがいい。例えば、成功者に直接、意見を求めることはOKだが、離れた場所から眺めることはNGだ。遠くから眺めると「すっげぇな」「うらやましいな」と思うと同時に「それに比べて俺は・・・」とムダに卑下して終わるだけだ。でもね、半径50センチ以内の距離でよく見てご覧よ。ボロボロだぞ。古き悪しき慣習のお中元を贈るべく岐阜タカシマヤを訪れた今日の僕だが、その際に2階の化粧品売り場にふらっと立ち寄った。辺り一面がサイパンの免税店のニオイがさとう珠緒いや、プンプン漂っていた。サッと見渡すと一昔前のパルコのポスターのようなお姉さん方が並んでいた。でもね、彼女たちも近くで見ればボロボロだって。誤解しないでほしい。成功者を近くで見ると一生懸命に努力している痕跡が鮮明に確認できると言いたかっただけなんだ。話は変わって次女から父の日のプレゼントとして手作りクッキーをもらった。練って焼くだけなので

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶぶ漬けでもどうどす?

その真偽のほどはよく分からないが、生粋の京都ピーポーの気質を表すエピソードに「ぶぶ漬けでもどうどす?」がある。どす、どするとき、どすれば、どすえ。ハハハ、君たちも勇気をもって京都人四段活用を使おうじゃないか外科泌尿器科。はい、ムダに長かったリンリン・ランラン・応仁の乱。ぶぶ漬けとはお茶漬けのことだが、京都人から「ぶぶ漬けでもどうどす?」と聞かれた際に「では、お言葉に甘えてお願いします」と返すと祇園祭の山鉾に引かれて鴨川にぷかぷか浮かぶことになると大垣市でクリーニング店を営みながら年間に30回以上も京都を訪れる友人が言うてはったどすえ。まぁ、それは「ええかげん早く帰りなはれ」という暗黙の意思表示だよね。それに近いが、こっちは「これでオシマイよ」という意味合いを込めて送ったメールに対して無理くり返事を返す連中も結構多い。ちなみに、この僕の中では「返事を返す」という表現はOKで重複言葉に属さない。例えば、メールに限らず電話でも7秒くらい会話の途中に空白が生まれれば「そろそろ」という意味だよね。それなのに無理くり会話を続けようとする空気どころか吐き気も読めない連中も多い。メールにしろ電話にしろ「はい、今日はこれにて終了です!」と訴え掛けないと分かってもらえないのだろうか。それどころか昨今では無理くりではなく喜んで話をふくらますバカも多いのでお互い気を付けよう。上記と同じような意味合いで岐阜人は「納豆・オン・ザ・ライスでもどうやね?」とは言わねぇよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お粗末な自己表現より大いなる自己満足

日付の回る高速バスはもうガリガリ君いや、懲り懲りさんだ。首が痛くて眠れたもんじゃなかった。心配&誤解しないでほしい。貧しいゆえに遥か松山から名古屋までバスを使ったわけじゃないんだ。ちゃんと行きは新幹線を利用したんだ。そのとき「すっげぇいかつい車掌だな」と思ってよく見たら警察官だった。あの凄惨で痛ましい事件の直後だから車内を巡回していたのだろう。ニュースなどで犯人(容疑者)は自分を表現する力が弱く、コミュニケーション能力に乏しかったと言っていたのが気になった。世の中って「言葉=コミュニケーション」と思い込んでいやしませんかね。だったら、この僕なんか誰にも何も伝えられない。自分で言うのも何だけど滑舌は最悪で痩せて声も出なけりゃイントネーションは意味不明で見た目がイタリア系だからコミュニケーションが取れないんだよね。ハハハ、ひとつぐらい盛らせておくれよ。単なる意思の疎通だけだったら、その方法は言葉だけとは限らない。歌でも文章でも絵でも何でもいい。自己表現ができるツールは何か?っちゅう話やがな。例えば、文章でも紙に書くことが得意な人、ブログやメルマガのほうが自己表現が容易にできる人、LINEだと自分の気持ちが上手く伝えられる人。もっと言えば、紙に書く場合でも毛筆がいい人、万年筆がしっくりくる人など細分化すれば100%自分のウルトラCと出会えるだろう。極端な話、ひとり言でもいい。どこのどいつに理解されなくても自己満足ができればいいわけだから。かく言う僕がそうなんだよ。要は、コミュニケーションが上手く取れるとうれしいんでしょ?言いたいことが伝わるからうれしいんでしょ?伝わったところで1円にもならんでしょ?それはお粗末な自己表現に過ぎない。人間は実利が伴わなくても満足さえすりゃハッピーだよね。だったら、自己表現なんかに囚われず、最初っから自己満足してりゃいいじゃんね。僕、20年以上も前からそーいう生活だよ。大洲で買った月窓餅なう。熱いお茶には合うような気はするが、それ以上は何も聞かないでほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(カタギの世界は)勝った数よりも負けなかった数

朝から晩まで時刻表と格闘した末にJRから近江鉄道への乗り継ぎ時差トリックを使った完全犯罪を考え付いたと喜んでいたら2週間前にJRがダイヤ改正を実施していた事実を知って号泣したことは誰にでもあるだろう。ハハハ、君たちって致命的な残念ちゃんだね。Yahoo!乗換案内アプリを使えばダイヤ改正もノープロブレムさ。そんな君たちとこの僕との決定的な違いをタダで教えてあげよう。君たちは20勝15敗を受け入れるタイプの人間だね。一方、この僕は5勝0敗を目指す人間だよ。20回も勝ったからと負けが15あっても平気な奴と、たった5回しか勝っていなくても負けが0を目指す奴とは全然違う。ただ、プロ野球では20勝15敗と5勝0敗の投手では年俸が1億円以上も違うだろうし、一般社会の中でも負けを恐れることはブタ野郎いや、タブーとされている。でもね、僕は勝った数よりも負けなかった数のほうが大事なんだ。勝ち星が多いと派手に頑張っているように見えるけどいっぱい負けているんだよね。それが後々になって尾を引くことになる。プロ野球選手の現役生活は長くてせいぜい15年間。短命の選手なら数年間。しかし、カタギの世界に定年はない。勝ち星の数より負けがひとつでも少ない人生をこの僕は目指す。ま、僕がカタギだったらの話だが。で、Yahoo!乗換案内アプリより確実で安全で安心なのはJRの窓口で買うことだよね。ってことで、岐阜駅まで歩いたった。さぁ、僕はどこへ行くのでしょう?「それは秘密です!」 by 桂小金治風。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンチ生真面目&シンパ不真面目のススメ

なんとなく西友に行ったらそりゃもう感動するくらいでっかい味噌チキンカツ弁当が並んでいたので買おうと思った僕だけど何気に値札を見たら290円と書いてあったので速攻で却下した僕もいた。に、290円って・・・。ここまで安いと気持ち悪いし引く。そこらの段ボールをチキンに見立てて揚げたとしても320円くらいは掛かるだろう。薬漬けのチキンか?とも思ったが、薬漬けにすれば430円くらいは掛かるだろう。君の正体は何?高けりゃ困るけど安けりゃいいってものでもない。世の中の適正価格からここまで外れると気持ち悪し引く。「マジメにカカクヤスク」もいいけれど、そのマジメはどの真面目?マジメには「キ」と「フ」の2種類がある。マジメすぎて融通が利かない生真面目だから「当店より1円でも安い他店のチラシがあれば持って来てください」というバカげたおままごとをやっている。一方、バカを装ってゲーム感覚で商売を楽しんでいる不真面目な会社だとこんな気持ち悪い価格設定はしない。さぁ、君たちも味噌チキンカツ弁当を目当てに西友へ行こう!で、あかのれんのTシャツは世の中の適正価格の6掛けくらいなので僕はあかのれんを全力で許す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妖怪は試したことないけど人間をバシッと奮起させる方法

午後6時。長女が同僚たちとの食事会があるということで二親等の直系血族である2人の孫を無料で預かることになった杉山家だった。では、我が家の料金体系を説明しよう。二親等までは無料だが、三親等からは1時間=3万円(税込み)となっている。無認可保育園だけど。まあいい。2人の孫を預かるどころか長女を神田町の南風亭まで車で送ってあげたパパの僕。ったく、過保護なんだから。親の顔が見てみたいもんだぜ。はい、鏡をのぞけばいぶし銀に光り輝くサラダオイリー。そこでだ、部下や子どもをバシッと奮起させる方法を教えよう。例えば、中学生の僕が理科のテストで37点を取ったとしよう。そのとき親である君たちは、いったいどのようにしてこの僕のノミの肝臓くらいの微量のヤル気をアップさせるだろうか。「弘道、こんな点数で悔しいと思わないのか。お前はやればできる子なんだから一生懸命に頑張りなさい」というのが典型的なパターンだろう。たしかにこれで伸びる子もいる。だが、この僕の場合はNGどころか逆効果なんだ。「俺の人生に理科は関係ない。少しも悔しくなんかねぇし」と捨てゼリフを吐き、次のテストではわざと30点以下にするだろう。そうだ、僕ってそーいう面倒臭い奴に決まってるんだ。ニトログリセリンのように取り扱いが厄介なアマノジャッキーなんだ。ま、ニトログリセリンを見たことも触ったことも舐めたこともないけど。だが「37点か・・・」と悲しそうに落ち込んでいる親を目の当たりにすると「これではあかん」と奮起する。つまり「自分が悔しくて奮起するタイプ」と「相手が悲しむのを見て奮起するタイプ」の2つがある。この使用方法を取り違えると中学生の弘道のように逆効果となるため、使用上の注意をご確認の上、用法・用量をお間違えのないようご利用ください。では、遅めの発泡酒とまいります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資本主義社会に「送料無料」はあり得ない

「送料が1120円もするの?商品の代金はいくら?」「410円です」「おかしいと思わない?」「家族のみんなが喜べばと思いまして」「バッカじゃないの」。僕はいったい何のために誰のために年中無休で頑張っているのだろうか。ジッと手を見る、右手は百握り。ハハハ、面と向かっては何も言えないから、こうなったら君たちに八つ当たりだ。いいかい、世の中に「送料無料」なんてことは絶対にあり得ないんだよ。あ゛?あんだって?君たちの反論はよく聞こえねぇだよ by 志村けん風。うんうん、たしかにアマゾンなどには「通常配送無料」と記されている商品が多いね。ってことは、クロネコさんや日本郵政さんたちはわざわざ膨大な人件費とガソリン代を掛けてまで1円も取らずに配送センターから君たちのご自宅まで運んでくれているということかな?ハハハ、ブラックどころか国宝級のボランティア企業だぎゃ。そんなものは誰かがどこかでかぶっているに決まってんじゃん。とりあえず今のところは消費者が払わなくてもいい状態になっているかもしれないが、かぶっている誰かが耐え切れなくなったら消費者に転嫁されるに決まってんじゃん。介在する営利業者がいる限り無料なんてことは絶対にあり得ない。いいかい、そんな常識的なことはスパシーバ小学校3年2組・出席番号4番のアレクサンドル君でもご存じだろう。ま、スパシーバ小学校以下同文が実在すればの話だが。スッキリしたぜ。ってことで、今から勇気をもって久慈良餅の注文作業に取り掛かります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すべての物事をもうひとつ大きなくくりで捉えてみよう

「ったく、6月って祝日が一日もないのかよ。やってられませんわ」とこの期に及んでみっともない愚痴をこの僕の食事のようにダーダーとこぼしているマウス&スマホ片手の君たち、ちょっと相談に乗ってくれないだろうか。ふと気が付くとそこら中にご飯粒が散乱している今日この頃の僕がいる。確実にもうダメかもしれない。はい、相談に乗ってくれたお礼に「清く正しいサラリーマン」というその気になれば3デシリットルくらい涙が出そうなお話をしてあげよう。まず勤め人の心得としては「何をするか」ではなく「どの会社で働くか」が100%正しい。「何がしたいか」など言語道断&愚の骨頂だ。そこらの中小企業では所詮、やることは営業か事務か製造しかない。アパレルだろうが不動産屋だろうが洋菓子店だろうが、取り扱う商品が違うだけでやっている中身はまったく同じだ。ダサい服を売るのもいわくつきの土地を売るのも一昨日が賞味期限のケーキを売るのも同じ営業だ。自分のやりたい職種や憧れの業界を優先するのではなく、激しく強固で潰れにくい会社を選ぶことがすっげぇ大切だ。つまり自分の目指すところのもうひとつ大きなくくりで物事を捉えるとスムーズに事は運ぶだろう。ん?よく分からないって?もう仕方ないなぁ。では、もっと具体的にラオウいや、言おう。なぜかうちの次女には彼氏がいない。今年中には意地でも発掘する予定だが「○○みたいなイケメンが理想」ではなく、さらにひとつ大きなくくりの「岐阜市内のサラリーマンでいい」というエリア戦略で攻めるとほぼほぼ成功しやすい。それでもダメなら「岐阜県内の霊長類で妥協する」。そんなことより27日くらい前からマイブームの豆乳&きな粉・ウィズ・ハチミツが何気に美味い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加