達観雑記一覧

キムタクのユーウツ2:残った者にしか楽しめない味がある

「ちょ待てよ。やってらんねぇよ。中居くんまでやめちまったじゃん。これってどーいうこと?」とキムタクからこの僕に相談が来たと仮定しよう。だよね、芸能界って華やかでうらやましいどころか事務所と各業界との力関係や忖度だけで左右されるクズの巣窟のような悲惨な世界だから大変だね。とは言え、最後は事務所に残ったもん勝ちだよ。サラリーマンも最後は会社に残ったもん勝ちだお。ま、3社に入社して3回も辞表を出した全滅野郎の僕が偉そうに言うのも何だけど。ハハハ、許せ。退社・独立・起業などは「自由」と同じ意味で捉えられがちだが、結局は誰かを雇って養わなければならないから逆にすっげぇ大変だよ。ただでさえモーレツに忙しいあなたが一人で取り仕切るなんて絶対に無理。マッチやヒガシを見習ってそこでしか味わえない珠玉の料理を満喫しようじゃないか。ってことで、メッダーノウズのCMでちょっとした話題になっているあの独特な「キムタク持ち」で手作りハンバーガーを食べて何気にご満悦のスギヒロは僕。この際、ついでに竹内まりやの『今夜はHearty Party』の冒頭のキムタクのセリフ「ねぇ、パーティにおいでよ!」ってな調子でつぶやいたスギヒロだけど俗っぽい君たちくんだりが杉山家に遊びに来るんじゃねぇぞ、この野郎。ちなみに、メッダーノウズとはマクドナルドの英語読みなので念のため。孤独はいつでも容易に味わえる。今は残った者にしか味わえない料理を楽しもう。ちょ待てよ。このハンバーガー、ちょーうめぇじゃん。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔の△(ダークトライアド)と□(ダークテトラッド)に気を付けろ!

気持ち悪い人間の本性について人間っぽく見えるデビルマンの弘道が語ってあげよう。不測の事態が起こると嫌でも人間のダークな部分が垣間見えてしまう今日この頃、トイレットペーパーやマスクを買うために必死に並ぶ。飢え死にだけは避けようとスーパーに並ぶ。その行列の中にもきっといる。そう、ダークトライアドのことだよ。説明しよう、ダークトライアドとはナルシスト・サイコパス・マキャベリストの3つの特性を有する悪の枢軸っぽい人間のことである。「じゃあ、あなたのような人間ね?」「あ、僕はエゴイスト以上、エクソシスト未満の悪魔だお」。だから、いいことなのか?まあいい。ナルシストとは自意識過剰で自己中心的な人間。サイコパスとは罪悪感や良心、共感性が著しく欠如している人間。マキャベリストとは目的のためなら手段を選ばない人間。これらの3つが揃っちまった恐怖の人間がそこかしこに存在しているという現実を今一度、覚えておいてもらおう。そして、絶対に近づかないことだ。ま、食材の買い占め程度ならしょぼいエゴイストくらいだろう。ちなみに、ネット上にデマやウソを流したり特定の人物を誹謗中傷したりして相手が苦しむ姿を見てほくそ笑む連中も上記のような悪魔人間だ。さらにだ、この魔の3つにサディストが加わった日にはダークテトラッドとなり最強の悪魔となる。リザードがリザードンに進化するような感じだろうか。それは違うと思います。前にも言ったが何度でも言おう。好きなポケモンはコイキングの杉山です。いつもの麺と玉子とネギの3つに絶品のお餅が加わったことで最強の味噌煮込みうどんが誕生した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日一業:まともな人間がまともにできるまともな仕事は一日にたったひとつ

小池都知事が呼び掛けた「ノー3密」は承知したけど「ん?ウ冠に必ずの下って何だったっけ?」と「密」の字が頭に浮かばず泣きそうになった杉山です。壇蜜や蜂蜜ならパッと浮かんだのに・・・。はい、大都会の東京にならってプチ大都会にお住まいの僕も今週末はイオンモールに行くこともなくチマチマした作業に専念する予定の巻頭文はここまでです。そこでだ、22℃を超えたっぽい今日は今週末の分まで楽しもうとJR岐阜駅前にあるカフェ・ド・クリエを訪れた。ま、大都会とは言え、あくまでも「プチ」ゆえにこのレベルのカフェが精一杯さ。そこでひとつ僕から画期的な提案だが、岐阜駅構内のドトールにFA宣言させて銀座ルノアールとトレードしたらどうなんだ。ふ、我ながらざっつあぐっどあいでぃ~あ!どうして僕は真っ昼間からカフェでカフェられるのか知ってるかい?ここ数日はスズメより早い午前3時頃にお目覚めになるとチマチマした作業を何気にやっているため真っ昼間には何もすることがないんだよ。時効だから言うが、サラリーマン時代は一日にひとつしか仕事ができなかった。現在進行形でも言うが、今では一日にひとつもできないでやんの哀川(笑)。その前に僕、無職だけど大和田(爆)。うん、そんな僕でも元気に生きていけるいい世の中だよね。背中の張りと首の凝りと致命的な腰痛さえなければもっといい世の中だけど。ま、それもまた風情。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地球レベルでエンジョイしたい五十円玉の穴

スイートルームのスイートは「sweet」ではなく「suite」であり「一式」や「一揃い」という意味の同音異義語なので念のため。「sweet」だと思っていた君、文字どおり甘いねぇ~♪はい、英単語の暗記はボケ防止に最適だと思う巻頭文はここまでです。東京オリンピック・パラリンピックの延期で何百万というホテルの予約がパーになるかも知れない。教科書の修正や出場選手の再選考など課題はてんこ盛りだが何気にルンルン気分で微笑む僕がいる。1896年のアテネ大会から始まった五輪が夏季&冬季を通じて開催年を延期するのは史上初めて。4年に一度という黄金の絶対周期を意地でも守り続けたIOCも断念して延期するっちゅうことは、世界が一致団結して銀河系レベルの未知なるエイリアンに打ち克つことができた記憶にも記録にも残れば記念にもなる史上初の歴史的な出来事の目撃者となる喜ばしいことだろう。僕を責めないでね。世を忍ぶ仮の職業で五輪ネタを仕込んでいた僕もある意味、可哀想な被害者さ。しかし、穴の位置がズレた五十円玉には驚愕の稀少価値がある。だとすると1年もズレた史上初の五輪には恐ろしいほどの価値がある。とブログには書いておこう。今後は良き判例となり「東京方式」などと呼ばれて評価されるかもよ。ほら、ご覧。僕がご生誕した1964年の東京五輪の1000円銀貨を2020年の100円硬貨で囲んだら肝心の柔道がない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶えず一番好きなものに囲まれて暮らす方法

「今日、ケンタッキーにしない?」と高畑充希が耳元でささやいたから3月24日はガスト記念日。「今日、とろろと麦飯にしない?」と土屋太鳳が耳元でささやいたところで無理なものは無理なの。う~ん、後段については努力するので3か月だけ待ってほしい。はい、無意識に誰かを傷付けている巻頭文はここまでです。たった一度でいいから誰も傷付けない360文字以上の文章を書いてみたい杉山です。話は変わって岐阜市内の飲食店を活性化させるべくパーッとランチを満喫しようと思った僕は「ケンタッキーにしようかな?」と一瞬、思ったものの「夫いや、おっと境川から向こう側って羽島郡の岐南町だったよね。危ねぇ」ということでアンダンテの速さで歩いて往復20分のガスト、君に決めた!このように自分の一番好きなものから順に選んで行けば最後のひとつまで全部、自分の好きなものになる。これ、真理なり。往年の人気アイドルは天地真理。人生を左右する重要な場合を除けば今、目の前にある選択肢の中で自分にとって楽しくて大好きな1位を選ぶことが重要だろう。例えば今、目の前にショートケーキ・モンブラン・チョコバナナ・タルト・エクレアがあるとする。さぁ、君たちなら何から食べる?一番好きなケーキを最後にとっておくのは愚の骨頂だ。一番好きなモンブランを食べる。残った中で一番好きなエクレアを食べる。これを繰り返せば最後のひとつまで大好きなものとなる。とは言え、チョコバナナはねぇ。そもそもこれってケーキなのか?まあいい。ちなみに便宜上、利用しただけであり言うほどガストが好きなわけではないのでイチイチ念のため。とにかくパーッと楽しもう。とは言え、PayPayの残高がスズメの涙になったので僕の3月は終わる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だって、ハクビシンじゃなくて人間だもの

「快晴」「ポカポカ陽気」「桜の開花」という3つのキーワードを足して「でも、花粉」で割ったら「ソファを磨こう」という結論に達した今日この頃、つい今しがた入手した情報によりますと今日の晩ご飯はお好み焼きです。ここは贅沢にチャンジャや島らっきょうでもトッピングしたろかしゃん。こんな日は室内で革磨きが最高だよね。年中無休で物理的に無心の僕だけど無心で革を磨いていると人間の本性が透けて見えるんだよ。ま、それは置いといて、自分で言うのも何だけど僕ってあまりに貧相で迷子のハクビシンに見えないか?例えば、高校時代に気分転換に丸坊主にしたら数学の先生が「お前、何をやったんだ?」という目でニヤッと笑った。当時は万引きしたりカンニングしたりした不良が自宅謹慎が明けると丸坊主になっていた。誰一人「杉山君は気分転換で丸坊主にしたんだね。スッキリしていい感じだよね」とは言ってくれなかった。君たちも以下同文だ。立派な豪邸を見ると「どうやって荒稼ぎしたの?どんな悪いことをしたの?」その豪邸の車庫からポルシェが出てくると「ふ、やっぱ当たりだった。完璧に2~3人は殺っとるな」と嫌でも潜在意識レベルで思っている。君たちはそういう人間だし人間はそういうものなんだよ。とは言え、別に焦ることなどないんだよ。君たちのようなほぼ貧しい人間だけでなく、ほぼお金持ちでも同じように思ってしまうものだから。いろんな意味で自分より下の者を見ると哀れみ、上の者を見ると罪人のように扱うのが人間だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「マジメだけが取り柄のバカ正直人間は単なるバカ」と言えるセンスを磨こう

たまの贅沢に何かしら食いに行こうと出掛けた午前11時、申し訳ないことに僕のような下級市民が岐阜駅構内にある分不相応な昭和食堂でゴージャシーなランチを満喫しちまってどうもすびばせん。はい、心にもないことを言う僕の心自体が見当たらない巻頭文はここまでです。ったく、あなたっていつもふざけてばかりね。うん、よく言われる。僕曰く、ユーモアのセンスが1ミリもない人間とは絶対に死なんけど死んでも関わり合いたくない。遊び心がカケラもない人間なんて燃えるゴミ同然。ってことは、遊び心うんぬんの前に心自体がない僕は燃えるゴミ以下の生ゴミ同然大和田(自爆)。ハハハ、こんな感じでエブリディが楽しくてたまらない。ブログはマジメに書いちゃダメなんだよ。バーチャルにしろリアルな世界にしろユーモアが通じない人間は箸にも棒にも掛からないバカ野郎。「マジメだけが取り柄」はシャレにもネタにもならない。そんなつまらんバカ野郎はあっちへ行け。この場合の「あっち」とは「遠い夜空のお星さまのさらに遠く」という壮大な意味なので念のため。ゴメンね、五臓六腑が飽和状態になると理不尽なくらい攻撃的になるこの僕を全力で許してほしい。はぁ、胃が重い。では、そろそろ今日の〆に入ろう。あなたの儲からないビジネスでもみすぼらしいプライベートでも下手な義理&人情よりユーモアのセンスほうがはるかに使える。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

質素は菌よりつおい

今日の晩ご飯は2日目のチキンカレーだよ。根こそぎ楽しみで午後3時の今からワクワクドキドキ、略してワクドキが止まらない。今ならチキンカレーが主人公の長編恋愛小説が書けるかも知れない。書かんけど。僕でも知っているイギリスの超有名ブランドであるローラアシュレイが経営破綻した。報道によると新コロの感染拡大で客足が鈍ったことが影響したようだ。さらに愛知県の温泉旅館でも同様の原因で閉館したとのこと。そのとき僕は「へ?みんなそんなカツカツで商売しているの?」と不思議に思った。そこだけ切り取っちゃいけないよ。上記の2つの事例とも「随分前から経営状況が悪化しており」という一文が入っているじゃないか。たしかに未曾有の不運な出来事ではあるものの今回の新コロに限らず別個の要因でもこうなっていた可能性は否めない。世界レベルで戒厳令の夜が何か月も続けばきっと悲惨で大変だろうが、今回はたまたまのきっかけになったに過ぎず「抜本的な問題はそこにない」とも思う僕がいる。ま、それも賛否両論だと思いますよ。誤解しないでほしい。常日頃の節制がベリー・インポータントだと言っているだけなんだ。世の中がバブリーで猫も杓子も高級車に乗り、ムダに大きな家を建て、名門のゴルフ会員権を買い漁った約30年前の狂気の時代。僕はと言えば、一昨日も昨日も今日や明日と変わらない地味で地道な暮らしっぷりを満喫していた。2日目のチキンカレーが何よりのご馳走さ。これ以上、質素で底辺の暮らしっぷりもなかなかない。とは言え、たまの贅沢に明日はシロノワールでも食いに行ったろかしゃん。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いい人を演じると悪い人になる

「杉山さん、私は杉山さんのためを思ってお誘いしているんですよ」という勧誘があったとしよう。弘道のためを思ってくれるなら未来永劫、放っておいてくれ。それなのに「だよね。あの人もすごく忙しい身なのにわざわざ誘ってくれたことだし、断るにしても話を聞いてからにすればいいよね」は命取りだ。「せっかくだから話だけでも・・・」と一度でも許しちまうと「あぁ、この手のタイプはゴリ押しすればそのうち落ちる」と何度でも勧誘にやって来るんだ。奴らはそういう生命体なんだ。マルチ商法やそっち系の勧誘を行う奴なんてそういう微生物に決まっとる。では、弘道はどうすればOKなのだろうか?とにかくスルーしよう。理想は無反応。「どうしよう・・・」と困惑した表情を少しでもすると奴らは「ふ、困ってやがんの」と喜ぶんだ。空気を読めない奴は自ら地雷を踏むが、意地でも空気を読まない奴はメンタル最強!いい人を演じていると最後は根負けして悪い人になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無職の証明:だって全部、趣味だから

『麒麟がくる』のモックンとは似ても似つかぬ斎藤道三が稲葉山(金華山)に城を築いた戦国時代。1567年に織田信長が斎藤氏を亡ぼして入城すると、それまで井ノ口と称していた町を岐阜と改め城下町をほぼ繁栄させた by 仮面の忍者赤影風。はい、本来なら井ノ口県井ノ口市に住んでいた僕の巻頭文はここまでです。信じ難いことに現金のみという昭和末期のお支払い方法の『井ノ口珈琲』でハンバーガーをむさぼりながらまったりした僕だった。岐阜のくせにそこそこお洒落なこのカフェに誘導するためだけに上記の巻頭文を捻出した僕の努力を全力で褒めてほしい。ウザい。あなたなんかネット上から消え去って!うん、よく言われる。だからさ、そんな寂しいこと言わないでおくれよ。毎日が趣味なんだよ、僕。額に汗して働くことは素晴らしいことだろうけど僕、食って行くだけなら小手先の作業で済ませたいんだ。前にも言ったが何度でも言おう。ここにも明確に記してあるとおり【仕事は生きること、趣味はそれ以外】ということを覚えておいてもらおう。だから僕、無職なの。だって全部、趣味だから。当然、責任も0だし原価も友達も限りなく0。だって全部、趣味だから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加