達観雑記一覧

芦田愛菜的読書術

メダカに餌をやりながら「あ、あしだまなだよぉ!」と全力で往年の芦田愛菜のマネを満喫している54歳と10か月のナイスなシニアは僕くらいなものだろう。以前から彼女は賢いと思っていたが、1年間に100冊以上の本を読むとか。う~ん、実に素晴らしい。しかも山中伸弥教授から森鴎外の古典的名作まで分野を問わず読破する。5分でも空いた時間があれば本を読む。紙のニオイや印刷のニオイが大好きというのも素晴らしい。特に小説が好きというのも素晴らしい。ほら、ご覧。すでに廃刊しちまった旺文社文庫の『山月記』だよ。著者は当然、君たちもご存じの中島敦だね。ハハハ、高2か高3の授業でもやったよね。虎になった李徴が危うく旧友を食っちまいそうになってすっげぇ焦る場面を頭の中に鮮明に思い描いたものだった。この名作をご存知ない奴とは口も利きたくない。晴耕雨読とはよく言ったもので雨が背中を押してくれるせいか、読書熱が止まらない弘道君がいる。小学生の頃に180円で買った名作で雨の憂鬱を楽しむことができた。ちなみに、小説は人類最高の書物であり、それを読まずにビジネス書だけを開くなら時間のムダだから何も読まないほうがマシ。さぁ、君たちも芦田愛菜的読書術で有意義な時間を過ごそう。忙しい?彼女より忙しい奴は少ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社交辞令という美しい日本語が通じないメタボリックほうれい線シンドローム

例えば、同世代のジジイに「ちょっとお腹が出てきたんじゃない?」と言うと「な、何を言っとる。これでも毎日、体を鍛えてんだよ」とお腹を引っ込めて胸を張る。同い年のババアに「ちょっとだけシワが増えたんじゃない?」と言うと「や、やめてよ。そんなことないわよ。すっごく高い化粧品を使ってるんだから」と瞳孔がパカッと開くぐらい目をむき出しにして反論しまくる。驚くべきことに登場するジジイとババア、会話の内容は架空のものではなくノンフィクションです。安い世の中にはムキになる連中が多すぎて疲れる弘道君。今さら芸能界にデビューするわけでもなけりゃお見合いをするわけでもないんだからサラッと流してくれればいいのに度量の狭い連中がムダに多い。思うに、何も自慢できるものがなくて自信があるものもない人間によく見られる症状だろう。「そうなんだ。盛り上がった腹で御嶽山と標高を競ってんだよ」「そうそう。左右のほうれい線がマリアナ海溝より深いでしょ♪」ってな感じで乗っかれとは言わないまでも真っ向から否定されると会話が続かない。何も自慢できるものがなくて自信があるものもない人間なのに立派な自尊心があるからタチが悪い。昨日、太陽光を浴びすぎたせいか食欲が87歳レベルで今日の晩ご飯をトウモロコシだけにしたが、それではあまりに僕が可哀想すぎるため一日の〆くくりは白くまデザートのマンゴー、君に決めた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

晩ご飯のメニューを決める際にも契約書を交わしませんか?

いいか悪いかは別にして、発泡酒を飲みながら西の空を静かに見上げれば「NHKをぶっ壊す!」のリフレインが止まらない。吉本興業のトップが所属芸人との契約について「口頭でも契約は法律的に成立している」と言った。さぁ、猫も杓子も典子も一緒に「吉本興業をぶっ壊す!」。ま、たしかに民法のコンメンタールにはそう書いてあるかもしれないが、それはセブンイレブンで店長イチオシのスイーツを買うという行為の真っ最中にイチイチ契約書を交わさなくても済むようにする場合であり所属芸人と事務所との関係はティラミスケーキと同じかよ。だったら、年俸1億円のプロ野球選手も球団との口約束かよ。まあいい。才能が日本橋にある金子半之助の天丼並みにてんこ盛りのこの僕が出版をたった1冊で終えた本当の理由を教えてあげよう。本が刷り上がってから「そろそろ契約書を交わしましょうか」と出版社から呼び出された僕は「印税は8%でどうでしょう?」と尋ねられた。当初から「契約書って交わさないのかな?」と悶々としていた僕は「最後に契約するんですか?」とその席で尋ねると「出版業界はそうです」とのこと。家を建ててから契約書を交わすか?旧態依然の問題ではなく、太古の昔からこの業界は腐っている。こんな発酵業界とは1ミリも関わらないほうが得策だと思った僕だった。昨今、次から次へと面白いように出版社が潰れているが、それはネットの普及などとは3ミリも関係なく、発酵業界が世の中の常識についていけなくなったからだよ。今でもたまに「本を出しませんか?」と誘われるが、その気はミミズの脳ミソほどもない。そんなことより今日の晩ご飯に海鮮チャーハンを切望した僕なのにエビしか見当たらなくて途方に暮れる僕がいた。このような悲惨な出来事が二度と起きませんようにみなさまのご家庭でも契約書を交わしませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいレビューの本当

話せば分かる犬養毅。離せば分かる杉山弘道。スタバ@ASTY岐阜店でスマホを操作しようと思いきやスマホから46センチ以上54センチ未満の距離に照準を定めないと文字が蟻の大群にしか見えない僕は残念ちゃん。何をしようと思ったかって?ハハハ、僕って実名でそこら中にステキなレビューを書いているので「すみませんが削除していただけませんか?」という腰の低いお問い合わせがたまに届くんだよ。だから「嫌だ」と丁重に返している。聞いておくれよ、僕の場合は自分の思い出として書いているだけなので他人から文句を言われる筋合いはないんだよ。第一、ステキ♪と感じた店には個人的な感情丸出しで褒めちぎっている僕がいる。ま、それも賛否両論だと思いますよ。まあいい。そこでだ、今回は「正しいレビューの本当」についてタダで語ろう。男性シンガー○○がカバーした曲について「やっぱカバーはカバーだよね」「上手いけど本物のほうがいい」などと書かれた辛口のレビューに対して「お前たちは○○よりも上手く歌えないくせに!」という返しがあった。おそらく○○の熱狂的なファンなのだろう。さぁ、どっちが正解だろうか。そんなものは前者に決まっとる。メジャーな映画評論家たちを見ても役者の経験がないどころか人前で演技など一度もしたことがない年寄りばっかだろ。演じられる能力と批評できる能力とはまったく違う。ずーゆーあんだーすたん?誰の目も気にせずに思ったことを思ったままに素直に表現しよう。褒められて育つタイプの僕だけど他人を褒めるなんて絶対にできない。10円も安いバターミルクビスケットにしておけばよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地元に根差した小さな工務店の賢い生き方

この僕が悪しき慣習ワースト5に入るだろう年賀状を出すことをやめたことはご存じだよね。さらに親戚も含めて中元&歳暮を贈ることも一切やめた。ハハハ、浮いた経費で家でも建てたろかしゃん。長女が自宅を新築してから3年目に突入した。で、施工した工務店は毎年のようにOBの施主たちを集めてイベントを催している。築1年の記念日には担当者がケーキと赤い花束を持って訪れるという誰からも叩かれないどころか喜ばれるサプライズもあれば、この夏はBBQ大会が催されるらしい。1回のイベントには約30家族の100人ほどが集まると、その中で仲が良くなることもあるとか。ほう、素晴らしい囲い込み商法じゃないですか。すでに長女は1人の友達にこの工務店をそれとなく紹介したらしい。家を建てる世代はほぼほぼ同じゆえにその家族の子どもたちの年齢もほぼ同じだ。だから、毎回のイベントでは僕が大嫌いなビンゴ大会などでそりゃもう大盛り上がりだぜ。この夏のBBQ大会も今から楽しみにしていると昨日、言っていた。しかも1人につき2000円の参加費を支払うのに喜んでいる。ほう、素晴らしい囲い込み商法じゃないですか。フゥ~と吹けば飛ぶようなローカルな小っちぇ工務店でも一声かければ何千人のクチコミ営業部隊が存在していることになる。何より建てた後にもそれだけ濃厚に関われるということは、それだけ施工に自信がある証拠だろう。築22年目となった我が家の新築当時から隙間のある建具を眺めながら思うところがある僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多芸は無芸で多才は無才

令和最初のぜんざいを珈琲&キウイと一緒に満喫しながらひとり言をつぶやいてみよう。ちなみに、文系のくせに変に計算高い僕の「堪能」と「満喫」の使い分け方だが、雰囲気と気分だ。随分前から気にはなっていたが、芸人と呼ばれる種族がやたらと世の中を席巻しているように感じる僕がいる。仕事に励むのはそれはそれで大いに結構なことだが、ワイドショー及び情報番組のコメンテーターはキツイだろ。もともと頭が悪いんだから。今では大御所のある芸人について高校時代の同級生たちが「かなり勉強しているでしょうね。もともと頭はかなり悪いんでかなり勉強しているでしょうね」と真顔で語っていた。僕、すべての分母は「読み書きそろばん」だと確信しているので、それが満足にできていない人間の話はちとつらかろう。ううん、別に悪口じゃないんだよ。中学高校時代に勉強をさぼっていた君が悪いんだよ。「多芸は無芸」ということわざがあるが、これは「多くの芸や学問に通じている人は、ひとつのことを奥深く極めることをしないため結局は無芸と同じ」という意味だ。そして僕曰く「多才は無才」。あれやこれやと畑違いの門外漢の分野も含めて多岐にわたって才能を発揮しているように見える人間は、結局はその道一本で身を立てることが困難だと悟ったから他所に逃げているだけっちゅう話やがな。バカの意見など害にしかならないので本気で聞きたくもないのに「俺の一家言はマジで影響力がある」ってな素振りもバカっぽい。その点、お笑いのみしかやらない明石家さんまの徹底ぶりはあまりにステキでつくづく偉大だと激しく思う。多才な人間は負け犬だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頭に描いた目標値の6掛けが引き返すことのできる分岐点

杉山家の毎週日曜日は肉曜日。どうせ僕は1人前も満足に完食できない犯人前田いや、半人前だけど頑張って食べ切ろうじゃないか外科泌尿器科。この湿気で食欲が全然ないけれど目標値の6掛けまで強引に手作りハンバーガーを詰め込んだ僕だった。なぜに借金でコケる奴がいるのかお分かりかい?誰も好き好んで借金はしない。必要に迫られてしているだけだ。そこで「この景気で今の俺だったら1500万円までならきっと返せる」と思った君は1800万円まで借りちゃうんだよ。その時点でアウトだけど仮に1500万円に踏み止まってもアウトだろう。「お金が要る」という切羽詰まった状態で頭に描いた目標値には色が付いてるからさ。要は、何の根拠もない希望的観測ということだ。そのため僕は、頭に描いた目標値の6掛けを何かあったら引き返すことのできる最後の分岐点として設定している。上記の場合では1500万円×0.6=900万円となる。君たちの食欲も以下同文で今日明日にでも地球が滅亡するかのようなこの世のものとは思えない食いっぷりではなく、目標値の6掛けに踏み止まってちったあ人間らしい理性と教養のあるっぽい食生活に改善したらどうなんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

背中、横顔、正面・・・。あなたの顔はどこにある?

ヒィッヒ、ポー!とマイケル・ジャクソンのマネをしていたら新種のしゃっくりか珍しいひきつけと勘違いされた恥ずかしい経験はありませんか?僕は一度もなけりゃそもそもマイケル・ジャクソンのマネなどしやしません。そこでだ、大切な人と会う際の姿勢はどんな感じだろうか。ちゃんと正面で向き合うと互いの目線が重なり合っているよね。これは家庭でも職場でも言えることだが、慣れれば慣れるほど正面から遠ざかって行くんだよ。例えば「部長、先日の計画書の件ですが」「あ、それは君に任せたからあとは頼むよ」と背中で答える上司も多い。ちったあマシになると横顔で答えるが、たった90度くらいこっちに上半身を向けられねぇのかよ、この野郎。上の者からすれば「はぁ~?そんなこと・・・」とお思いでしょうが、下の者からすればとても大切なことなのよ。避暑かたがた訪れたコメダ珈琲店の岐阜駅東店で季節限定の「アップルカスタード」と愛し合っている真っ最中に左隣の席に座っていた30代のサラリーマンっぽい2人を盗み見して即興で物語を作った僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

頑張る尺度:他人はもっと頑張っている

多種のナッツとドライフルーツがてんこ盛りのパウンドケーキが学年平均は47点と過去最低なのに今回の期末テストに限って学年3位の85点を取った数学の答案用紙より好きな杉山です。ハハハ、やればできるじゃないか杉山君。もっと頑張れよ。この物語はフィクションで登場人物以外はすべてウソっぱちです。はい、妄想するだけなら原価は0でどこのどいつにも迷惑はかけていない。今日は正しい頑張り方についてタダで講義してあげよう。あの「まいう~」の石ちゃんが焼肉を食いながら「ねぇ、このカルビって誰を基準にした1人前?」と名言を吐いたことは君たちでもご存じだろう。さらに「田園調布に家が建つ」でお馴染みの星セント・ルイスの漫才では178センチの星セントが153センチの星ルイスに向かって「お前の一歩は俺の半歩」と放ったギャグも周知の名言だろう。そうなんだよ。頑張る尺度は絶えず相対的な評価なんだよ。前回の中間テストの数学が47点だった君が、今回の期末テストで58点を取っても生ゴミ同然だ。義務教育ではその人自身が頑張った分の絶対評価をよしとするが、一歩でも世の中に出たら相対評価しかあり得ない。その頑張りは同級生のみんなと比べて上か下か。その頑張りは同僚たちと比べて上か下か。自分の中の伸長率など1ミリも関係ないし評価されない。午後1時、ゆで卵などを燻してご満悦の頑張ることが大嫌いな杉山です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴミの分別だけでなく善と悪や好き嫌いを断言できる分別のある大人になろう

パソコンやメールやスマホやLINEなどを利用すればいつでもどこでも365日、来年は366日24時間、原価は0で誰とでも話せたり顔を見たりつながったりできるものの、そうなればなるほど黒電話の昭和末期と比べて人間関係が希薄になって行くような気がしませんか。因果なものですね。はい、だからと言って後戻りなど1ミリもする気がないどころか安価で安全で安心な最先端ツールをこよなく愛す杉山です。ってことで、Windows Live メールが青息吐息で超心配なのでジージャンも買ったことだし「ジー」つながりのGメールに移行しようと今月に入って一番真剣に本を読んでいる現在進行形の僕がいる。主人公がどこにも見当たらない。話はコロッと変わって世間を騒がせている闇営業の件だが、現金を受け取ったか否かの問題ではなく、さらにそっち系の集団だと知っていたか否かの問題でもない。問題は、そんな連中が数十人も束になっていれば嫌でも「あ」と気付くだろ。僕なんかマルチっぽい連中がいるガストに足を踏み入れると発酵した免税店のニオイが鼻を突くためすぐに店を出てデニーズに向かうんだ。ましてやそっち系の連中ならば真夏の炎天下に3か月以上も放置した低脂肪牛乳の甘く切ない香りが会場中に充満していたはずだ。そんな分かりやすい気配にも気付かない、若しくは「あ」と気付いても怖くて何も言い出せずその場から立ち去ることもできない人間が芸能界にしろサラリーマンにしろ100%成功するわけがない。とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加