達観雑記一覧

孝太郎と進次郎

ほら、ご覧。冷蔵庫を開けたら誕生日にプレゼンツしてもらった富山産ホタルイカの沖漬を発見した僕は無敵だ。冷蔵庫も定期的に開けてみるもんだね。プレゼンター曰く「以前にホタルイカの湯船に浸かりたいくらい大好きとか言っていた気がしたので」とのこと。ハハハ、それは100%あなたの勘違いだ。たしかに毛穴の奥まで粒あんを擦り込みたいとは言ったものの、さすがに冒険家の僕でもホタルイカの湯船に浸かりたいとは思わない。それにしても確実に美味い。約3年ぶりに白いご飯をお代わりしようかな?と思ったがしなかった。大昔に「ホタルイカって小さいけど成長するにつれて出世魚のようにヤリイカ、コウイカ、アオリイカと呼び名が変わるんだよ」と誰かに言った僕だけど誰に言ったか記憶が白内障なのでこの場をお借りしてお詫び申し上げます。「あれは大ウソです」。そんなことより今、テレビを点けたら小泉進次郎環境大臣が演説していた。まったく凛々しい姿だ。しかしながら所詮、親の跡を継いだだけに思えてならない僕もいる。一方の孝太郎はどうだろうか。ひょうひょうとしてどこか頼りなさげだが「元総理大臣のご子息さま」というプレミアムチケットの有効期限はせいぜい1年がいいところだろう。その後は苦悶しながらも自らの力で見事に切り拓いた現在のポジションは環境大臣に匹敵いやいや、それをも凌駕する立ち位置だろう。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSの愚:団地の中の個人病院

この夏に驚くほど成長しやがったヘデラやローズマリーなどを刈りまくっている真っ最中に数少ない登録者の中の1人から「あなたは大ウソつきですね」という内容のLINEが届いたので「この度はどうもすびばせん」と速攻で返した。外交以外はとりあえず謝罪をしておけば何事も無難でしょう。「反論してよ(笑)」「面倒臭ぇから縁を切るぞ」というやり取りすら面倒臭ぇ。彼曰く「戸建ての飲食店はSNSを利用すれば絶対に客は増える。バンバンやりまくれ」とこの僕が断言したらしい。まったく記憶にございません。その前にあなたの存在すらほとんど記憶にございません。まあいい。続けて彼曰く「たしかにFBやインスタで濃厚な常連客をたくさん作ることに成功しました。しかしその反面、彼らを敵に回すと厄介で一気に炎上して店の存続が難しくなるかも知れません」だって。おぉ、怖い・・・。たしかに濃厚なファンほど映画『ミザリー』に登場する勘違いババアとまったく以下同文だもんね。可哀想に常連客が増えれば増えるほど彼らの仰せのとおりにやらないとSNSで完膚無きまでに叩かれる。昭和中期の下手なヤ○ザ様より怖くてタチが悪いよね。それを専門用語で「団地の中の個人病院」とこの僕だけはそう呼んでいる。団地の中の個人病院は、評判がOKならば究極の囲い込みになるけど評判がNGならば閑古鳥が鳴きっ放しだぜ。これを機にSNSなどという安易な策に手を染めるのはやめにしたらどうなんだ。ところで君はどこのどいつなんだ?まあいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の55年間を培った良い肥料

今日で55歳になった僕がいる。おめでとう!僕が僕であることに感謝だよ。今後ともよろしくね♪スマホの鏡アプリに向かって脂っぽい笑顔で7分以上も僕に感謝を述べている僕がいた。よくこんな理不尽かつ殺伐とした世の中を55年間もの長きにわたってご無事に乗り切ってこられたもんだね。つくづく自分のグレイトっぷりに感心するぜ。はい、あまりに暇で『純烈のハッピーバースデー』を聴きながら書いている巻頭文はここまでです。ほら、ご覧。バースデーの豪華なディナーと言えば、東海三県では地雷也の天むすだよね。ま、食べさせてもらえるだけまだマシかも知れない。ハハハ、ファイト!僕。この55年間を何気に振り返ってみると「あ、やっちまった・・・」という明らかに恥ずかしい失敗ではなく「ふ、やったったぜ」というそのときは最善の策だと信じてやったことが、今となってはこっ恥ずかしいだけと思えてならない行動ほど人生の良い肥料となっているのだろう。では、引き続きシャトレーゼ入舟店で買ってきたカブトムシっぽいブドウのケーキをいただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハングリー精神よりアングリー精神のススメ

「アリの巣コロリ」と「僕、アリスにコロリ」はちっとも似ていないけど昨年の5月から僕の一番のお気に入りは広瀬アリスちゃん。妹はあれだが、お姉ちゃんは性格が良さそうだ。ま、会ったことも食ったことも触ったことも舐めたこともないので個人的にも信憑性に欠けるけど。まあ聞いてくれ。「え?これ何?」と目を凝らして見ると小っちぇクロアリたちが我が家の外壁を這っていやがった。僕、耐えられない。ってことで、ホームセンターで「アリの巣コロリ」を爆買いしたった僕だった。では、300円の白ワインがいい感じに回ってきたので昨日のお約束どおりハングリー精神について語ろう。今の時代に蘇我入鹿いや、それ要るか?それどころか根性も要らんと思っている僕がいる。米の飯が満足に食えなかった昭和初期とは異なり、野良犬でも栄養過多になる令和だよ。ご飯だってちったあ残したほうが健康にいいんだよ。そんな時代に努力・忍耐・根性など便所の蓋にもならん。この僕に「喝!」と叫ぶ君に告ぐ「お前は生きる公害の張本か?」。ハングリー精神より今の時代、アングリ―精神のほうが大切だと思うがいかがなものか。安い世間の愚か者よ、もっと怒りなはれ。そこでだ、君たちは「アングリー」の語源をご存じだろうか。腹を空かせたアリ(英語で「ant」)が怒っている様子から「アント&ハングリー」で「アングリー」という言葉が生まれたんだったよね。はい、さっきバローで買った甘納豆に誓ってウソもいいところです。うん、今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般にはハイビームで対峙して強敵にはロービームで下座しよう

下唇に発生した口内炎には塩、醤油、わざびのどれが最も致命的かを検証したことはありませんか?僕はありません。考えたこともございません。岐阜バスのボディに記してある「hybrid」を見ながら「高い鳥か?」と首を傾げたことはありませんか?今日の僕がそうでした。「ハイバード」ではなく「ハイブリッド」だった大和田(爆)。はい、土砂降りが治まったのでクリーム号に乗って出掛けた腰痛の僕がいた。そう、タカシマヤ友の会の積み立てが満期になったので更新手続きを行うために。まあ聞いてくれ。何でも来年から更新の際に500円の事務手数料がかかるようだ。「え?責任者を呼べ」とこちらが反論する隙も間も与えずに事務的に淡々と説明する妙齢の女性社員がそこにいた。いいですねぇ。「もう決まったことなんです。これが嫌だったら金輪際、来なくて結構です」という心の奥底に潜んだ本音が垣間見えた僕だった。ふ、商売はこれくらいがちょうどいい。「嫌だったらサッサとやめてくれて上等。お前の代わりなんぞ掃いて捨てるほどいるんだよ」というハイビームで対峙するくらいがちょうどいい。その後、出川哲朗先輩の名言である「ハンバーグは裏切らない」を薄っぺらい胸に秘めながらさっそくタカシマヤ友の会カードの権利を行使して11階の『みわ屋』の「ハンバーグランチ」を食べた。しかし、この11階にはろくな店がない。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手作りハンバーガーを食らうベタベタの左手で『斜陽』のページはめくれない

日曜日は肉曜日ってことで、恒例の手作りハンバーガーを堪能した僕がいた。僕の食生活レポートはこのくらいにして最近、この僕がハッピーのド真ん中に浸っている真っ最中の行為をお話ししよう。それはね、往年の名作文学を読み耽っているときだよ。読み耽(ふけ)るとは「睡眠時間も惜しんで夢中になって読む」という意味で耽読(たんどく)とも言う。ちなみに、昨日は午後8時37分にはベッドに入ったけど夢枕(爆)。53歳と8か月を過ぎた辺りから悪魔のような睡魔に襲われるので『科捜研の女』をリアルタイムに見ることがほぼ無理な状態です、はい。話を元に戻そう。森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介、太宰治、志賀直哉など日本人なら誰でも知っているけれど「あれ?代表作は何だったっけ?私、それ読んだっけ?」というザ・文豪たちの素晴らしい作品を自分の思うがままに読むことのできる時間と空間が僕の至福のひとときなんだよ。かと言って、芦田愛菜ちゃんのように活字中毒ではないので調味料が入った瓶のラベルの文字までは読まない。学生時代も文学青年っぽく本を読んではいたが、思い返せば「読まされていた感」も多少はあった。それがいい年こいた今ではお気に入りの文庫本を好きなときに好きなだけ満喫できる余裕が最高の贅沢だ。ほぼ原価は0だし。どうせ1億円の貯金があったところで1円もあの世に繰り越すことはできない。だよね?だったら、世俗の欲に囚われることなく、珠玉の名作を読んで感動に酔い浸ることのできる時空が僕には貴重。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

達観する練り物のささやかな矜持

素材の風味を全力で感じたい僕は、基本的にソースや醤油などの安易な調味料をほとんど使わない。だから、コロッケにも何もかけない僕だけど「揚げた時点で素材の風味は消える」とよく言われる。そして午前11時25分、ネットで20個ほど注文した大好物の『まる天』の「じゃがバター天」と「海鮮かき揚げ天」が届いた。当然のようにソースや醤油、柚子こしょう、ましてやマスタードなど使うはずもない。しかしながら一度は試してみたい井村屋先生のゆであずき缶。お察しのとおり僕、味覚オンチだから哀川(笑)。ま、味覚オンチなりにも「じゃがバター天」と「海鮮かき揚げ天」の両者とも偏差値63レベルで確実に絶品だったが、さすがに練り物だけあって膨満感が止まらない。思うんだけど、練り物って決して食卓の主役ではないよね。織田信長の家臣に例えれば、すき焼きが豊臣秀吉でステーキが柴田勝家でおでんが明智光秀でそうめんが森蘭丸で練り物が滝川一益だろう。どうせ君たちのことだから滝川一益なんて知らないよね?この場合、丹羽長秀にチェンジしても可。練り物の「別にがっかりされてもいいや。ボクはボクのままでOKなんだ」という潔さが大好きだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「面倒臭ぇ」の定義

僕の名言のひとつに「あー、呼吸するのも面倒臭ぇ」があるが、物を食うのも面倒臭ぇ今日この頃、あろうことか世の中には「飲めるごはん」や「飲むおにぎり」などという商品が存在するようだね。「すべて流動食になっちまえばいいのに」と言っておきながら案の定、ご飯やおにぎりを飲む勇気が1ミリもないチキン野郎ですびばせん。このところ涼しい気候となりました。安っぽいお体の調子はいかがでしょうか。僕は立っているのもやっとです。だから今、椅子に座って熱いおでんをゆっくり飲んでいる真っ最中。ハハハ、その気になればおでんも飲める(※あくまでも個人的なご意見なのでよい子は絶対にマネをしないでね。悪い子なら話は別だけど)。では、悪い子の君たちに愛の講義を始めよう。弘道君は何をもって面倒臭ぇのか、その定義をお話ししよう。どう見えるか知らないが、こう見えてもこの僕は、本来やるべきことはちゃんとやる。だが、それが過失の有無にかかわらず、第三者の不出来によって本来そいつがやるべき仕事までこの僕がやらざるを得ない事態に陥ることを「面倒臭ぇ」と言う。お願いだから僕の邪魔をしないでほしい&僕の領域に入って来ないでほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(不自由になってよく分かる)つくづくマーベラスな当たり前

ほら、ご覧。右手は百握り。だから、そんなことはどーでもいいんです。痛い、痛い、痛いあなたにそのうち会いたい。昨日の朝からパカランパカランと走馬灯のように右の手首に激痛が走る弘道君。まるで『地獄先生ぬ~べ~』の鬼の手みたいだね。あっちは左手だけど。こうなると歯も磨けない。特に奥歯を磨く際は死ぬほど痛い。箸も持てない。熱い珈琲も注げない。キウイにオリーブオイルも垂らせない。満足に字も書けない。主に右手の人差し指を使っているためパソコンやスマホのキーも打てない。午後10時に旧パルコの跡地でオヤジ狩りに遭ったら黄金の右ストレートが使えないからアンディ・フグ張りのかかと落とししかできない。ただでさえ絶滅危惧種のやる気がさらに出ない。これが左の手首だったら上記の項目は間違いなくクリアできるが、どちらにしてもやる気は出ない。当たり前と思っていたことがちょっと不自由になっただけでも日頃のありがたみがよく分かるよね。キレイにまとまったかしら。フォークなら左手でもOKなので今日の晩ご飯は鉄板スパゲティだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

摩擦パワーでステキにデンジャラス

先日、愛車のドリーム号を車検に出した僕だが、その際にブレーキのパーツも取り替えた。ところで車はどのようにして止まるのかご存じだろうか。ハハハ、ブレーキを足で踏むから止まるんだよね。だから、なぜにブレーキを足で踏むと止まるのか?っちゅうことを僕はお聞きになっているんだよ。説明しよう、ディスクブレーキの場合、くるくる回る円盤状のディスクを両側からブレーキパッドで挟むことによる摩擦パワーでスピードを減速しているのです。つまり基本的な仕組みは自転車などのブレーキと同じだね。えっー!そうなの?と驚いた僕がいた。それまで「とりあえず左側のペダルを足で踏めば車は止まる」くらいにしか思っていなかった僕は、その原始的な方法にびっくらこいた。しかし、裏を返せば、それだけ摩擦パワーは素晴らしいっちゅうこっちゃがな。この地球上に摩擦が1ミリも存在しなければ今まさに、痛くてたまらない僕の右の手首に冷湿布を貼ることもできない。つくづくありがとう!摩擦パワー。人間関係においても国と国との貿易や経済などに関しても摩擦が起きることはいいことで、摩擦を起こさぬようにと我慢するほうが溜まった不満エネルギーが派手に爆発するからデンジャラスだろう。とは言え、個と個の絶交、国と国との断交となれば気分は爽快でそれはそれでステキかも知れない。そんなことより右の手首が痛くて箸を持つのもままならない僕は100%可哀想すぎる。玄関から一歩も出なかった僕の今日の晩ご飯は新メニューの厚揚げ丼だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加