達観雑記一覧

創業寛永元年のススメ

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」は第16代アメリカン大統領であるリンカーンの名言で「50歳を過ぎたら自分の顔で爆笑できる」は第15代岐阜迷惑市民である杉山弘道の名言である。初代から第14代までの迷惑市民、徹明町に全員集合!だから、そんなことはどーでもいいんです。ほら、ご覧。ザ・和菓子屋だよね。どこからどう見てもイノベーションセンターには見えないよね。店舗の存在だけはオープンした20年以上も前から知ってはいたけど今日、初めて訪れた僕がいた。「ま、すぐに潰れると思うけど20年くらい持てば行ってやる」ってなことを思っていた僕だった。それがずっとそこにあるゆえに無責任のくせに自分に都合のいい約束だけは100%守る僕としては行かねばなるまい。だから、行ったがね。ほう、実にいい感じの看板だ。たった20年でこれだけの味わいと趣と風格が表れるものだろうか。この場合は「現れる」より「表れる」のほうが断然いい。黒い文字がもう少し剥げると圧倒的に雰囲気が増して「創業寛永元年」っぽい老舗感がたまらない。この僕は昔から甘党のくせに口が酸っぱくなるほどおっしゃっているが、店舗の看板に歴史があればお客は勝手に信用する。ここで最初に戻って、何事も自分の顔(看板)がベリー・インポータントでシワやシミという美しい年輪を重ねたもん勝ちというオチで〆たいと思っている弘道君。それなのにいい年こいて徒労に終わるアンチエイジングに精を出す連中がチキン南蛮を喉に詰まらせてどじ狂うバカにしか見えない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。さぁ、ウィズエイジングを楽しもう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カキの得手不得手、人間の得意不得意

赤組に明方ハムと金蝶園と山本屋総本家。白組に明宝ハムと金蝶堂と山本屋本店。このゴージャスな顔ぶれで10月に市民運動会を開催したら仁義なき戦い顔負けの流血戦になること間違いなしだね。ま、それも賛否両論だと思いますよ。個人的には赤組を応援します。はい、小学校の6年間はずっと赤組だった劇薬色の巻頭文はここまでです。君たちがそこまで熱く望むのならば来年はカステーラの松浦軒本店と松浦軒本舗も加えてあげよう。スタジオの草野さん、何気に音声が不安定なようですがこちらの声は聞こえますでしょうか?はい、続けます。今日の晩ご飯は大好物のカキフライですが、カキ天ぷらという料理をあまり見掛けないのではないでしょうか。今回はそれを検証してみました。カキは水分が多いためパン粉などでしっかりコーティングしないと旨味が逃げてしまう気がします。そこでもうひとつ気になるのがフリッターの存在です。一見、天ぷらと似ているフリッターですが、薄力粉+水+鶏卵の「和」の天ぷらに対して薄力粉+牛乳+卵黄+メレンゲの「洋」のフリッター。いけません、牛乳が入っている時点で私、杉山には荷が重いです。これらの点をザッと舐めるように踏まえて総括しますと同じカキひとつでも調理方法次第では得手不得手があるということでしょう。案の定、これを人間に置き換えれば上司の指導方法次第では得意不得意があって然るべきでしょう。ハハハ、カキフライひとつでここまでネタにできてご満悦♪以上、現場から杉山がお届けしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すみませんはNGだ。SAY THANK YOU!(ありがとう!と言おう)

戦後、日本がGHQの占領下に置かれることになった際、理不尽な要求を突きつけられても頑として拒み続けると「従順ならざる唯一の日本人」とまで言わせた男。マッカーサーを怒鳴りつけたことや日本で初めてジーンズを穿いたことでも知られ近年では「日本一カッコいい男」と呼ばれている男。それが僕いや、白洲次郎。彼の名言のひとつに「すみませんは駄目だ。SAY THANK YOU!」がある。そうなんだよ、周りを見渡せば何も悪いことなどしていないのに「すいません」を連発する物理的に腰の低い小市民が多すぎるとは思わないか?かく言う僕も午前中に岐阜市内で1~2番を争うくらい頭の悪い銀行へ行くと「あ、すいません。こっちの定期を解約してこっちの普通預金の通帳に入れてほしいんですが」と言っちまった。「何にお使いですか?」「あ、リフォーム資金です」と大ウソをついちまった。解約するのは預金者の当然の権利なのに。その後、税務署を訪れると「この繁忙期にこんなつまらん仕事をさせちゃってすいません。ましてや13日の金曜日にお邪魔するなんて本当に縁起でもないですね」というニュアンスで「すいません。この納付書をもらいに来たんですけど」と丁重に頭を下げた。ハハハ、僕の人生、謝りっ放しだぜ。そこでだ、特別に君たちだけに弘道語録をプレゼンツしよう。「すみません」は本当にそう思っていて「すいません」は「う~ん、とりあえず低姿勢で臨もう」で「すびばせん」は「ハハハ、お前なんかあっち行け!バーカ」という意味なので今一度、念のため。貴重な13日の金曜日なので税務署を出ると岐阜駅構内のスタバに立ち寄った。今日から販売している「バタースコッチコーヒージェリーフラペチーノ」を全力ですすりまくったらおでこの中心から半径2センチ以内にキーンと激痛が走って店の片隅で頭を抱えてどじ狂っとった。「どじ狂う」って岐阜弁か?それではジェイソンとの約束だよ。今日を境に「SAY THANK YOU!」。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マジカルちょこリング思考

好きなポケモンはコイキングの杉山です。はぁ、新コロに関する雇用調整助成金の特例措置の内容が更新されていた。ったく、原稿の書き直しだぜ。新コロのせいでバタバタ走るよバタコさん状態さ。上記の助成金についてのお問い合わせはこの僕ではなく厚生労働省のホームページをご覧ください。せっかくだから滅多にない機会を楽しもうじゃないか。ハハハ、これはね、プラス思考や棟方志功やポジティブ思考などとはまったく別次元の考え方だよ。まずは「私と家族がよければOK」が一番。みんながみんな自分とその家族をちゃんと守れればそれでOKじゃないか。その後、余裕ができたら「親戚を守ろう」「町内を助けよう」。さらに余裕ができたら「岐阜市を、日頃からイオンモールでお世話になっている各務原市を、生まれ故郷の美濃市を、岐阜県を、最後に沈んだら困る日本を」とちょこっとずつ自分の中の黄金の天使の輪を等倍に広げる考え方を「マジカルちょこリング思考」と悪魔のようなこの僕だけはそう呼んでいる。まずは一人称の「私」、次に二人称の「あなた」、次に三人称・・・のマジカルちょこリング思考で滅多にない機会を楽しもうじゃないか。そこで、今日の晩ご飯は結衣ちゃん&莉子ちゃんも一緒にコイキングの餌のようなたこ焼きを作って満喫したった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ1センチ7ミリも本気を出しちゃいない君たちの今、やれること

「晩ご飯は要らないから熱いお茶にせんべいと甘納豆があればいい」と言った瞬間「あ、僕の時代は終わったな」と寂しくなったお昼時、その前に僕の時代は一度でも訪れたことはあったのだろうか?青空の下、バロー領下店まで散歩した僕は回転木馬のカフェで熱い珈琲でもすすろうかと思いきや、なんてこったい大改装のため昨日で閉店しちまったそうじゃないか。しかもリニューアルオープンは夏とのこと。おぉ!バローよ、いよいよ近くのクスリのアオキとの全面戦争の準備に入ったんだね。今年の猛暑が待ち遠しいよね。この夏、一気にサマーチャンピオン by とんかつ色の浅野ゆう子風。この店舗は銀行で言うところの新宿支店や丸の内支店や銀座支店などの母店に当たる繁盛店なんだ。それを夏まで閉店してここまで大掛かりな大改装を試みるとはバロー、君って間違いなく本気だね。そのとき僕は思った。バローは「今、やれることをやりにかかったんだ」ってね。僕が5年半前にも語った【やりたいこと・やりたくないこと・やれること・やれないこと・やっちゃいけないこと】の中の「やれること」。リピート・アフター・ミー・カモン!(長いので割愛させていただきます)。午後9時、僕もバローを見習って今、やれることを17分くらい考えたけど何もなかったので寝る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱力系でハッピーになれる100÷0.6=167の法則

ほら、ご覧。これは定期購読している月刊『ノジュール』だけど年に1回の自動引落の日程が事前に知らされないために気が付いたら「また1年更新か・・・」といった具合に果てしなく続く画期的な羽交い締めシステムで今日に至る僕がいる。ノジュール、あなたって虎の穴商法は・・・。誌面上で一人旅が楽しめるからまあいい。3月号のアンケートのご意見・ご感想があればご記入ください欄に「岡泰行さんの名城一幅を復活しなさい」と書いて送った僕。いいですな、この首里城の近くにある金城町石畳道。弘道のマイ・フェイバリット・ロードなんだ。行きたくて行きたくてたまらない僕がもう一度、この場所を訪れたいと思ったときにどうしているか知ってるかい?夢も希望も理想もない僕だけど旅先の目的地だけは思い描くんだよ。どんなに努力しても結果は6掛けがせいぜいなんだ。100頑張って100の成果などあり得ない。吐くほど一生懸命に相手を説得しようとしても相手に伝わる熱意と誠意は6掛けがせいぜいなんだ。だって、お生まれもお育ちも違う人間と61%以上も通じ合うわけがない。ってことは、目指す先を6掛けで到達できるように設定すればいい。ハハハ、よく分からないよね。弘道もだよ。100を目指しても6掛けの60が限界だったら、そんなときは100÷0.6=167を試みる。タラタラと167を目指せば100の成果が得られるじゃないか。今、手に入れたいものやなりたい自分を0.6で割ればいい。疲れたので今日の講義はこれにて終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YOUのリーサル・ウェポン(最終兵器)は何?

カンガルーとワラビーに生物学上の明確な違いはなく、クジラとイルカのそれと同様に巨大なほうを前者、小っちぇほうを後者に区別しているに過ぎない。とは言え、決して巨大な和菓子をようかん、小っちぇ和菓子をわらび餅と呼ぶわけではないことなどそこらの不良少年でも知っている。ハハハ、ここはカンガルーに響きが近い「かるかん」を採用しようと考えた僕だが、知らない者が多いことを危惧した配慮はさすがと言えよう。それはそうと『ツバメヤ』の「本わらび餅」だよ。田中貴金属のインゴット(金塊)より見事だね。んなこたあない。全国甘党の党首であるこの僕がこれほどまでに褒めたっとるっちゅうのにまた赤福がやらかしちまったようだ。赤福餅というほぼ一品で戦い続けるその偉業を長年にわたって伝えてきたこの僕なのに。まあいい。全部の商品が一流であり逸品である必要はない。逸品は一品で十分だ。全部をマーベラスにしようとムダな努力をするからコケるんだ。とは言いつつツバメヤの「大地のどらやき」のダイヤモンドを燻したような粒あんも僕好みだった。商品も組織も人間もそう。全部の武器を一流や逸品にする必要はなく、たったひとつで十分だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業の昼下がりの人事(後編)

「春眠暁(あかつき)を覚えず」と「県民高槻(たかつき)を読めず」はその気になれば似ている。各務原市から北へ向かった地域に居住する岐阜県民は大阪府にある高槻市など間違いなく知らないし読めないだろう。はい、すっげぇ偉そうなことを言いながらも交野市(かたのし)を「こうのし」と2週間前まで読んでいた僕もかなりの残念ちゃんな巻頭文はここまでです。僕は今、ヘアーサロンに併設している『cafe re:verb』でアイリッシュコーヒーを舌で転がしている現在進行形の真っ最中。本気でカヌレを楽しみにしていたのに品切れだった。しかし、まだモーニングサービス中とのことでトーストをいただいた。ヨーグルトはほぼ下剤なのでスルー。では、昨日の続きとまいりましょう。ちょっとだけ待ってね。何を書いたか確認するから。・・・、後編で何を書きたかったのか今ひとつ思い出せない弘道君だが詐欺師の知恵で乗り切ろう。例えば、営業成績が良ければ課長にはなれる。激しく性格が悪かろうが手が早かろうが壁の棒グラフが一番高ければ主任→係長→課長にはなれる。ひとつ飛んでその気になればバカでも社長になれる。貯めていた27万円くらいの資本金を用意して最寄りの法務局で登記すればアホでも社長になれる。とは言え、社長の役目は担保価値、翻訳すると借金のカタとして連帯保証人になることだけなので猫の額ほどの地べたくらいはあったほうがいい。では、そろそろ今日の〆に入ろう。部長というポストは成績が良いか悪いかで決まるものではない。それに相応しいかどうかで決まる。課長は成績、部長は人格、社長は猫の額の担保価値。リピート・アフター・ミー・カモン!ところでアイリッシュコーヒーって生クリームをかき混ぜちゃってOK?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業の昼下がりの人事(前編)

2020年『青春18きっぷ@春の陣』の幕は開けない。とうに販売しており、すでに利用できるが泣いて見送ろう。早朝から胃腸は快調だが断腸の思いだ。今回だけは仕方ない。パパは不死鳥の如く快調なのに次女は玉宮町のように不調だった。青息吐息の玉宮町のお店に行って数千円でOKだからお金を落としてあげてください。僕はと言えば、12月17日の熊の如く厳しい時代を生き残るべく小銭の備蓄に勤しんでおります。はい、生まれて55年とほぼ半年間、ずっとこんな奴ですこの私。ハハハ、思う存分、憎むがいい。晩秋の弱った蚊に刺されたほどにも感じやしない。お話を戻そう。体調が右肩下がりの次女は会社を休んでかかりつけの病院で診察してもらったら風邪だった。次女はその旨を直属の上司に伝えると、その数分後に部長から電話があった。次女曰く「これでは身も心もまったく休まらない・・・」と。よく「君がいないと会社も困るんだよ」と名古屋は栄の中日ビルに一旦、集合して行う合コンでも聞かない歯の浮くようなこっ恥ずかしいセリフを吐く上司がいるが、君がいなくなって困るような会社なら白亜紀が終わる前に潰れている。このいい感じの流れで一気に「課長・部長・社長」の適正について語ろうと思ったが、セブンイレブンで買ったシュークリームをむさぼりながら録画した『相棒』を見なきゃいけない僕は磯が死んで明日に続く。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アピタ北方店に見る理由が分からない恐怖の絶好調

テレワークを導入する企業が増えている昨今、この4月で在宅勤務も18年目を迎えるためそろそろ満員の通勤電車に乗って出社してみたい杉山です。ハハハ、時代がやっとこの僕のライフスタイルに追いついてきたようだね。はい、とりあえず出社のフリでもOKだから近くの会社にでもスーツ姿で出向いてみたい巻頭文はここまでです。リーガルの革靴を履いたのは2年前の葬式が最後だろうか。午前中にオイル交換を行うために夢も希望もないのに愛車のドリーム号で山﨑さんの会社へ行った。この僕にとって世界の山ちゃんの存在は【砂金の人々】で確認したまえ。ちなみに、画像のNSXは700万円くらいの高級車ゆえに僕のドリーム号ではないので念のため。その帰り道、途中で寄ったアピタ北方店に入るや否や全部のレジにほぼ7メートル前後の長蛇の列ができていた。不思議であり不気味に思った僕は「何かあったんですか?」と女性店員に尋ねたら「私たちも分からないんです。オープン前から400人くらいが並んでました・・・。いつもなら空いてる日なのに(笑)」などと笑っている場合じゃないだろ、この野郎。ま、ドン・キホーテに身売りするくらいだから平日なんて閑古鳥がガラガラピーと鳴くアピタにいったい何があったのだろうか?ミステリーだぜ。赤字会社の女社長はヒステリーだぜ。「何でうちの会社は赤字なの?」「そんなこと僕に言われても・・・」。アピタの買い物客のカゴの中をのぞいてみたら商品の一貫性はなかった。原因が判明しない不景気と好景気、原因が判明した不景気と好景気がある場合、前者の好景気が最も不思議で不気味で厄介だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加