達観雑記一覧

自分に興味を持ってくれそうな人を探す

一度はやってみたい杉山教授の総回診。肌は異様に白い僕だが腹は異常に黒い巨塔。でもね、自分で言うのはOKだけど君たちが言ったら右斜め45度からぶっ飛ばすぞ。ひゃっほ~♪僕ってイチイチ黄色い腸が煮えくり返るくらいすっげぇウザくてムカつくよね。ひとついいことを教えてあげよう。この場合の腸は「はらわた」と読むのが正しい岐阜市民のジョーシキだお。昨日の午後3時26分にいい感じで気が付いたんだけど僕ってどうやら嫌われているっぽいんだよ。道端でうずくまっていた1羽の鳩を介抱してあげたこの僕なのに。もう一度言おう、道端に落ちていた明治のチョコレートを同級生のM君に「これ美味しいからあげるよ」と食わせて悲惨な目に遭わせてあげたこの僕なのに。ま、時効だな。当然、万人に愛されようなんて思っちゃいない僕の「それなりの仲間を作る方法」をタダで教えてあげよう。これはね、ビジネスにもプライベートにも使える発想だから使えるもんなら使ってみやがれ。自分に興味を持ってくれそうな人を探す。そして、その人だけにアプローチする。これならば100%の成功率だよね。自分に興味を示さない人に一生懸命にアプローチしたところで上手く行きっこないんだから。ビジネスでもプライベートでもすべての人に、万人に受け入れられる人や物など100%あり得ない。だったら、ピンポイントで的を絞って一点集中で撃ち続けたほうが絶対に効率がいいに決まっとる。ま、そんな難しい話は置いといて、大好物の成城石井の「桜燻しのスモークチーズ」をナンカレーの中に投入したけどやめときゃよかった。今日は涼しい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魔が差す:悪のステップアップ方式

僕は思った。この54年間に魔が差したことはあるのだろうか?ってね。人生で万引きなどの犯罪を犯したことは一度もないし、転回禁止の国道でUターンして捕まったときは魔が差したわけではなく標識を見落とした善意の過ちだった。そこで今一度「魔が差す」を国語辞典で調べると「心に悪魔が入り込んだように一瞬、判断や行動を誤る」と書いてあった。あ、だったら僕はノープロブレムだ。だって、心がないもん。ハハハ、この際、それは置いといて、田口淳之介が大麻で逮捕されたよね。彼に魔が差したか否かは分からないが、この僕が大麻を吸うことはあり得ない。なぜって?ハハハ、死ぬほどタバコが大嫌いでタバコを吸う奴は炎天下の生ゴミ野郎と断言している嫌煙家の僕なのに、どうしてタバコを通り越して大麻を吸うんだよ。どうせならタバコを吸ってから大麻を吸いやがれ。順序が逆だよね。このように大きな悪に染まる奴は必ずその前に小さな悪に手を染める前兆がある。「このくらいのことならまあいいか」と思って何でも安易に手を出すと後々モーレツに大きな事件に巻き込まれる羽目になるかもしれない。ってことで、僕の胃腸はどこからどこまでの範囲の海鮮系を許容できるか確認すべく、今日の晩ご飯はイカ刺しだけをおかずにした。とりあえずセーフっぽい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

空き缶おじさんに見る人間社会との共存の仕方

さっそくだが昨日の約束どおり空き缶おじさんについて軽く語ろう。我が家の町内では毎週金曜日がビン・カンを出す日なんだ。すると、どこからともなく汚い自転車に乗って現れる空き缶おじさん。ちなみに、空き缶おじさんと呼んでいるのは我が家だけだ。自転車の前のカゴや後ろの荷台に大量の空き缶を積んで走る空き缶おじさん。いったいいくらになるのだろうか?そんなことより風の噂では旧帝国大学を出ているかもしれない。お勉強はできるらしいが、だったらなぜ働かないのだろうか?ハハハ、そんなもん人間関係の問題に決まっとるがね。「人に使われたくない」というのもあるが、見落とされがちな「人を使いたくない」というケースも何気に多い。ま、どっちにしても社会生活がなかなか困難な不適合者なのだろう。では、なぜ僕は大した大学も出ていないのに人一倍、賢そうなフリをしてシャーシャーと生きているのだろうか。誤解しないでほしい。お気楽に生きているように見えるけど弘道は弘道なりに頑張っているんだよ。話を戻そう。答えは超簡単だよ。令和の世の中を生き抜くためには確実に要領がいいか着実に運がいいかのどっちかしかないんだよ。教科書の字面を記憶しているだけでは便所の蓋にもならん。生まれて54年と8か月間、日常生活で三角形の面積や最小公倍数と最大公約数の違いについて求められたことなど一度もない。人より運が悪いと思うなら何事も要領良くチャッチャとこなすこった。昨日、長浜からの帰りにJR岐阜駅構内で2日間に限り販売していた岐阜グランドホテルの特製あんぱんと遭遇した。2~3時間で完売するらしいから僕はつくづく運がいい。ちなみに、この特製あんぱんは僕のあんぱん人生の中でベスト3に入る逸品だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶれない・めげない・おごらない

はい、多くのご期待に反して完全に復活!ハハハ、そのまま逝っちまえ!と本気&本心で念じていた不特定多数の君たち、本当にすびばせん。今日の青空は格別に美しいよね。ま、白内障を手術すればもっと美しく見えるだろうけど、ぷ。あ、今からスマホのSuicaにチャージするからしばしお待ちを。38秒後、お待たせ奥入瀬美人局。説明しよう、奥入瀬は「おいらせ」と美人局は「つつもたせ」と読むのでイチイチ念のため。うん、完全に復活!せっかくなので3日間の不治の病から完復した僕の記念すべき令和のモットーをチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。それはね「ぶれない・めげない・おごらない」。ちなみに、めげないは「凹まない」とおごらないは「思い上がらない」や「調子こかない」と以下同文だ。何があってもぶれない。何が起きてもめげない。何が評価されてもおごらない。おぉ、ムダに無意味にいい調子だ。例えば、以前にFBの事務局から「あなたの投稿は不快だという意見が多く寄せられています」という正しい日本語のメッセージが届いた。いいかい、マジで。その際に僕は「だったら、そっちで責任をもってそいつらを始末しろ。ゴミのような単なる傍観者の意見を鵜呑みにするな」と返信してやったぜ。ハハハ、丁寧語や謙譲語ばっかの失礼のない文体で送ったけど。ま、それはいい年こいていや、いいとして、頭の回転や見た目の復活だけでなく五臓六腑の腹活も確認すべく、今日の晩ご飯はすっげぇヘビィな手作りハンバーガー、君に決めた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100%誰も得しないSNS上の醜い応酬

「名古屋走り」と「松本走り」のどっちがより下品で卑劣で残念ちゃんだろうか。米中の貿易戦争の記事の中に「中国は打打談談(戦いながら交渉)する」と書いてあり当然のように元歌手の段田男を思い浮かべた微熱を遊ぶ僕の体調は偏差値53レベル。どん底の偏差値27から50を超えるまでに回復したぜ。ごほんごほん。でも、まだ咳だけは出るのよね。誰彼構わず無性に罵倒しまくりたい。ハハハ、これは僕の体調が限りなく平均値に近づいてきた証だよ。世間的にはどうか分からないけど弘道的にはいいことなんだよ。以前からもそうだったが、特にここ最近は有名人のSNS上の応酬が小学3年生のケンカのように激しいじゃないか。あれ、誰が得するんですかね?ある出来事についてつぶやく。その直後、当事者がそれについて烈火の如く反論する。さらにまったく関係のない者まで便乗して収拾がつかなくなる。犬も食わないそんなバカげた記事を読まされるこっちの身にもなってもらいたいものだぜ。ネットがつながってりゃ嫌でも目に飛び込んでくるんだよ、この大バカ野郎。そもそもいい年こきまくってSNSなんかを一生懸命にやっている自慰行為がすっげぇ気持ち悪ぃ。「うんうん、まったくだわ。わたしも同感よ」「お前もそんな連中と十把一絡げだ。有名人でもないド素人のくせにさらに気持ち悪ぃ」。はい、体調も3丁目4番地から2丁目へと戻りつつあります。誰かに1円でも利があれば別だけど誰も得しないどころが周囲がうんざりするだけならやめてくれ。それを垣間見た家族やご先祖様が悲しむよ。午後2時6分、今から月餅に代わる新薬を投与します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

渡る世間はバカばかり

君たちに改めて言っておくが僕は年賀状を送らない。いつもの『だんごや』までクリーム号に乗ってしょうゆ団子と大福を買いに行った僕がいた。はい、手土産がないと長女の家に行きづらいんだよ。そして8分後、結衣ちゃんも莉子ちゃんも激食だお。う~ん、ジイジ株大暴騰!これであと2週間は大丈夫だろう。最近、小銭がなくなるペースが早いんだよね。その際に長女には「横断歩道も信号も100%盲信するな。あてにするな。あんなものは等身大のリカちゃん人形のジオラマだと思え」と懇々と言っておいた。今の世の中、自宅から一歩出ればバカばっかだ。それが敵ならまだマシだが、アクセルとブレーキを踏み間違えるバカには事前に対処の仕様がない。とにかく自分の身は100%自分で守ることだよ。あとね、今日のネットニュースに書いてあったが「必ず儲かる」という言葉につられて逆にお金をだまし取られる20代の若者がかなり多いようだ。案の定、マルチ商法だよね。もうすぐ成人年齢が18歳になるためサラ金などに堕ちる若者が増えるかもしれない。結衣ちゃんや莉子ちゃんの時代には成人年齢が12歳になっているかもしれない。んなこたあない。この世の中に必ず儲かる商売はない。それでも「いいえ、必ず儲かりますよ」と言うのなら「あなたにその権利を無償でお譲りします」と返してやれ。今日は暑かった。今年&令和初となる冷やし中華は◎だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発明とはマリアージュである

名言 by おスギです。ハハハ、今回は発想&発案のヒントだよ。世の中に偶然など3センチ5ミリもあり得ない。だったら2センチ7ミリならあり得るの?だから、そんなことはどーでもいいんです。そう、いいか悪いかは別にして、起きたこと&起きていることは100%必然なんだ。それは当然、ビジネスの世界でも以下同文だ。例えば、ある研究者がすっげぇ画期的な商品を開発したとしよう。でも、それは発明ではなく発見なんだよ。物理の最高点が14点の僕が言うのも何だけど、地球上に存在する物質しかカタチ作ることはできないよね。あるものとあるものを足したり引いたり掛けたり割ったりしたらたまたまそれができただけなんだ。であるならば、すべて発見だよね。であるならば「猫も杓子もみんな同じ条件の下に生きている」という話だよね。そう、成功の因子は必ず平等だ。今、自分の目の前にあるものに気付くか気付かないかだけの差だ。あとはやるか否かの問題なんだ。0から作り上げるものなどこの世にはひとつもない。「作り上げる」という発想ではなく、足したり引いたり掛けたり割ったりして「見つけ出す」という・・・ん゛?ここまで書いて言うのも何だが、この話って前にも言ったか?まあいい。とにかく何でも組み合わせ次第でオリジナル商品など簡単に完成しちまうってことだよ。ってことで、バローで買ってきた薄皮饅頭を毎朝、垂らしまくっているオリーブオイルとレッツ・マリアージュ。その味はと言えば、想像を絶するくらい無味乾燥だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いい気分で眠れる素晴らしい教え:一番楽しかったこと&一番悲しかったこと

「あ!じいじ、うつぼとね、みのかたごがいるよ」「うん、そうだね。ミノカサゴを知ってる3歳と10か月の女の子は東日本でもなかなかいないよ」。だが、これはリアルな水槽ではなくモニターに映し出されたバーチャルだった。水替えって大変だもんね。これは熱帯魚マニアあるある。ハハハ、迷うことなく君たちもこの僕が理事長兼団長を務める北南米河川流域開発事業団に入ってみないか。みんなで定期積金をしてアマゾン川にピラニアを釣りに行くことだけが目的のベンチャー企業だお。入りなさい、払いなさい、黙りなさい。この際、せっかくだから毎晩、寝る前にそれなりに充実した気分になれる素晴らしい教えを授けてあげよう。何でもいいから手帳やメモ帳にその日のうちで一番楽しかったことを1行だけ書いて残しておこう。あぁ、その手のやつなら知ってるよ!と小生意気な口を叩きやがる愚か者よ。まぁ、最後まで岐阜市民の話を聞きなさい。同時に一番悲しかったことも1行だけ書くんだよ。楽しいことだけじゃバランスが取れなくて3か月後には感覚が麻痺しちまった単なるおめでたい奴になって終わりだ。その日のうちで一番楽しかったこと&一番悲しかったことを紙に書く。肝心なことは、楽しかった1行は手帳などに必ず残す。悲しかった1行は広告の裏などの紙切れに書いて必ず捨てる。世の中、何事もバランスが大切だよ。そこでだ、西友で買った「ねぎ塩牛タン重」が一日一食半主義者の僕の貴重な一食になったリアルは悲しかったことでOKだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意気消沈の大型連休の10分の8日目の過ごし方:カレーを作る

史上初で理不尽な10連休のGWも残すところあと2日間となりました。四捨五入したら0だよね。今年の9月で55歳になる僕だが、四捨五入すると還暦だがね。ハハハ、四捨五入するその必要性が意味不明だ。では、本題に入ろう。この連休中にやろうと思ったことをいくつクリアしただろうか。おそらく10分の4くらいだろう。この際、5分の2でも許す。ハハハ、まず「連休中にやろう」と思った時点ですでに終わっている。賢明な君たちならとっくにお気付きだろう。僕はGWの初日から「刈る」「歩く」「磨く」「見る」「遊ぶ」「祝う」「食う」そして8日目の今日は「作る」という動詞でその日を締めくくってきた。3日前に偶然、発見して「ステキ♪」と思って便宜上、最初から計画どおりっぽく語っている僕がいる。まあいい。ちなみに、あとの2日間は「飲む」と「洗う」の予定だお。どれもこれも別にGWじゃなくてもできることばっかだよね。アジア圏以外の海外旅行や片道658キロ以上の実家に帰省すること以外は日々の生活の中で容易にできることばっかだよね。では、そろそろ今日の〆に入ろう。朝から煮込んでいるチキンカレーの味は2日目の明日が最高だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言語道断の大型連休の10分の4日目の過ごし方:DVDを見る

今週のマイブームは逆立ちです。今まさに、遊びに出掛ける寸前の次女に向かって「万が一、パパが誰かに刺し殺されたとしたらね、よく刑事ドラマでは『天国のお父さんは復讐など望んじゃいない。思い直すんだ』と言うけどパパはそれほど甘くはない。必ず復讐してくれ。しかも3倍返しだ!」と最新の遺言を語っていたのに「もういい?その前にパパって天国に行けるの?」だってさ。ハハハ、せっかく新しい時代になることだし明日から心を入れ替えようと思いきや、肝心のその心がないのでファミリーマートで売ってないかしゃん。そう、この僕ように「せっかく新しい時代になるから」と昨日までの自分を捨てて新しい自分になろうとする愚か者は全国レベルで結構多い。平成から令和に時代が変わってもたった1日、日をまたいだだけで何も変わるはずもなかろう。ま、変わるとしたら気分だけだ。負け犬の気分をリセットすることはできても人生をリニューアルすることはできない。そんな見事なセリフをコナン君は言ってはくれない。あまりに暇ゆえに録画した映画『名探偵コナン ゼロの執行人』をボーっと見ていた僕だった。1740円あげるから一日も早く平日に戻ってくれ。午後4時、典型的なブルジョワジーの平成最後のゴージャシーなディナーは鉄板スパ、君に決めた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加