達観雑記一覧

節子とモンローとエーメに見る美しい生き様とは

原節子とマリリン・モンローとアヌーク・エーメから「いったい誰を選ぶの?」と泣いて迫られた。だから、そんな総天然色の夢を見た。ハハハ、夢を見るだけなら脚本は弘道君の好き勝手に書けるし原価は0。はい、初夢って元日の夜に見る夢らしいが、この際、大晦日の夜に見た夢も十把一絡げで含めてほしい巻頭文はここまでです。説明しようと思ったものの3人の輝かしい人生を語るとなると余裕で258行はいるので興味があるなら速攻でググりたまえ。他を寄せ付けない圧倒的な存在感が共通点だ。「永遠の処女」と言われながら絶頂期に引退して公の場から姿を消した原節子は95歳で生涯を終えた。名声も美貌もピークだった36歳で生涯を終えたマリリン・モンロー。1966年に『男と女』で世界に名を馳せる女優となったアヌーク・エーメは87歳の今、その53年後を描いた『男と女』の続編に出演した。世の女性たちは老いさらばえた自分の姿を見られたくないようだが、僕はエーメの生き様が好きだ。たしかに節子やモンローの姿を思い浮かべれば光り輝いているものの呼吸はしていない。トレンチコートのボギーもいいけど往年のハゲ散らかしたボギーはもっといい。生きているうち、呼吸しているうち。そんなことを思いながら今年も初詣に出掛けた僕たちがいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソクラテスとプラトンとニーチェとサルトルを圧倒的に凌駕する簡単な生き方

「あくまでも個人の感想です」と「悪魔だった故人の埋葬です」はほぼ似ているような気もするが、それ以前に設定自体が無理矢理な気もするのは悪魔の僕だけだろうか。いい年こいて女子高生っぽく演じている次女が手にしているのは悪魔もこよなく愛す血が滴るようなイチゴタルトだよ。ハハハ、最上級の褒め言葉さ。冬のボーナスが出たからと愛媛県松山市の洋菓子店からお取り寄せした次女。だったらスイーツではなく1円でもいいから家に生活費を入れてくれ。ヒヒヒ、最低限の本音だよ。次女に「ソ・ソ・ソクラテスかプラトンか~♪ニ・ニ・ニーチェかサルトルかぁ~♪み~んな悩んで大きくなった♪という歌は知ってるよね?」と真顔で丸顔に尋ねたら唖然としていた。へ?あーた、ご存知ないの?厄介な性格だったものの名作『火垂るの墓』を書いた野坂昭如の名曲を。まあいい。パパが言いたかったことはね、彼らが生きた時代はスマホどころかテレビもイチゴタルトもなかった大昔だから暇を持て余していたんだ。他にすることがなかったから悩んで大きくなったのさ。でも、悩んで解決することなど皆無どころか貴重な人生をムダにするだけだから今年同様、来年も1ミリも悩んじゃダメだお。最後に耳を澄ましてご覧。パパに対する世間の正しい評価が聞こえてくるよね。「・・・大きいわァ大物よォ~♪」。フフフ、こんなことを自分で言っている時点で小っちぇけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我欲の変遷:所有から占有へ

ひ、ひたひ。ひたにほうなひふぇんはふぇひてひゃふぇれまふぇん。迷える子豚ちゃんたちのために翻訳すると「い、痛い。舌に口内炎ができてしゃべれません」だが「それ、ら抜き言葉じゃないの?正しくはしゃべられませんじゃないの?」と思った奴はブタ野郎だ。これは可能動詞でOKなのさ。弘道、あなたって年中無休でミスター・パーフェクトだわ。ふぇふぇふぇいや、ハハハ、雑右いや、ザッツ・ライト。ほら、ご覧。誰もがご存じのバローの中にある北欧倶楽部の似非オープンカフェでペラッペラのピザと紙コップの珈琲を満喫している僕がいた。代金は218円でテイクアウトならば214円だ。イートインなんて小洒落たことをしちまったぜ。これで今日一日の食事は終わりだよ。欲さえなければどうにでも生きていける素晴らしい時代だね。1円でも安けりゃ買った時代は昭和。とにかく所有することが唯一のステイタスだった。でも、令和以降は所有ではなく占有の時代だね。黒電話→プッシュホン→コードレス電話→携帯電話→スマートフォンと凄まじい変遷を体験してきた僕だが、結衣ちゃん&莉子ちゃんは生まれたときから「ジイジ、すまほでゆーちゅーぶみよ~♪」としゃーしゃーと言いやがる。そんな彼女たちが大人になる頃には物に対する欲は確実に所有ではなく占有となる。要は、名義なんてどうでもいいっちゅうこっちゃがな。車など10万円でも要らない。レンタカーで十分どころか免許さえも要らない。だって、関市くんだりに続く国道156号線ですら無人の車が自動運転で走行する時代なんだから。昨今の国を挙げてのキャッシュレスの波もまったく以下同文でお札を一度も見たことのない子どもたちばっかになるんだよ。スマホに表示される数字が自分の資産となれば、札束を数えた時代に比べて如実に所有欲は薄れる。だって、持っている感覚が0なんだから。ただ、人間の我欲は絶対になくならないのでその方向性と質が変化するだけのようなそんな気がする僕がいる。ところでまだひたひ。ひたふひてなみだふぁあふへそうなかんひふぇす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上手く行ったら自分のおかげ、そうでなければ他人が間抜け

「全然ない」という否定形ではなく「全然ある」という肯定形も夏目漱石や芥川龍之介が小説の中で使っていたくらいだから大昔は正しかったのだろう。とは言え、否定も肯定もしない「全然眠い」や「全然儲かる」などの「すっげぇ」という意味合いで用いるのは大間違いだ。あ、ふと思ったのだが「二度とある」はどうなのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。世界のアツローのお使いで岐阜駅まで歩いた僕がいた。この僕を便利屋のように使うとは大垣原人のくせに生意気だ。すると、カネ井青果の店先には焼き上がったばかりの熱々の焼き芋が並んでいた。おぉ!焼き上がり時間に通りかかることも稀だし通りかかったとしてもすぐに売り切れてしまう茨城県産の紅はるか。こういった場合には「この寒い中、僕にお使いを言い付けてくれた世界のアツローのおかげだね」と感謝することは全然なくて「やはり僕は持っている男なのだろう」と優越感に浸ることは全然ある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕のチャームポイントは亜熱帯原産のカエルの日干しに似ているところです♪

周りの視線は冷たくてもNウォームは暖かい~♪ほら、ご覧。ここはお値段以上と言うほどでもないニトリではなく食品から家電まで揃っている24時間営業のトライアルだ。ハハハ、自分で言うのも何だけどインドネシアの奥地の沼で発見された新種のカエルの日干しみたいだよね。よく言われる。このところ激しい腰痛が再発し始めたので腰が伸びるだろうと試してみたら腕が伸びるだけだった。ま、冷静に考えたらそうだわな。よって、買いませんでした。でも、冗談でも何でもなく弘道君って日を増すごとに老いさらばえちまって亜熱帯原産のカエルの日干しに近づいていると思いませんか?そうなんだよ、それがこの僕の唯一のコンプレックスなんだ。では、実際にそうなのか今から粛々と検証してみましょう。そもそも本当にコンプレックスと思っているのであれば墓場まで持って行く。酔った勢いでもカミングアウトすることは絶対にあり得ない。自らが言う「海に行っても焼けなくて肌の色が白すぎることがコンプレックスなの・・・」を翻訳すると「あたしってちょー色白じゃん。このへんじゃ見かけないくらいマジやばくね?」となる。結果、それはチャームポイントなんだよ。カエルごっこより店頭で売っている焼き芋を食ったほうが体にいいような気がしたので食ったった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三途の川をどんぶらこどんぶらこと漂いながら地味に地道に考えた師匠と恩人

今まさに、トシコちゃんの美容室の78センチくらい手前に駐車した真っ最中の僕がいる。ハハハ、アクセルとブレーキを軽く踏み間違える勇気と根性がなくて本当によかったよ。はい、縁起でもない巻頭文はここまでです。AIの時代になっても美容室は大丈夫どころかAIでは紙をカットできても髪はカットできないだろうから美容師がうらやましいよ。手に職を付けることは最強の武装だよね。とは言え、厳しい修行で鍛えてくれた師匠より最初に「人生、この道で行く」と気付くことのできるキッカケを与えてくれた恩人のほうが長い人生を振り返ってみると影響力は大きいような気がする。必ずしも師匠と恩人が同じ人間とは限らない。という楽しい会話をしたわけではなく、そんなことを洗髪中の夢の中で考えていた僕がいた。おぉ!何とPayPayで支払いができるようになっていたものの僕のスマホの残高がとっても残念ちゃんだったゆえに次回はチャージしておくので夜露死苦death!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金は要らない

三菱UFJ銀行が2年以上、取り引きのない口座を対象に年間で1200円程度の口座維持手数料を徴収するっぽいことを検討している。そう、銀行は手数料で食っている。ってことは、銀行を介せば支払わなくても済むお金を支払わざるを得なくなるちゅうこっちゃがな。ネットのご時世に手数料を搾取するようなリアルな銀行って必要かい?おそらくジャパンネットバンキーがあれば十分だよね。そもそもPayPayやSuicaで決済すればいいだけだから偉そうに踏ん反り返っている銀行などではなくスマホに残高があればノープロブレムだよね。結果、機能的な意味でお金は要らない。ほら、ご覧。イタリヤではなくイタリアだけどサイゼリアではなくサイゼリヤだよ。こんなに注文したのに全部で1700円くらいだしデカンタの白ワインはたったの200円。しかも税込み。いいかい、マジで。デフレうんぬんの問題ではなく、社会構造的に生きて行く上でお金は要らない。ふ、いい時代だぜ。

再度、ほら、ご覧。全店舗の完全禁煙化に成功したサイゼリヤ、僕は君を高く評価しよう。そして、この天井がガラスの仕切りで分断されていたその当時の痕跡だ。向かって左側は賢者の禁煙席であり右側は愚か者たちの喫煙席だった。汚染され尽した腐った空気が充満していたリアルがよく分かる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンノリペのチキンカレー

「キアヌ・リーブス」と「毛穴リーブ21」は似ているうんぬんの前に若干、空しい気分になるのはなぜだろう。ところで僕とキアヌは同じ1964年9月生まれで乙女座&B型まで同じだよ。身長もたった16センチしか差がないしね。ハハハ、バカ野郎!はい、楽しい自虐にも限界はある巻頭文はここまでです。距離的には近いものの何気に遠い気がするお隣の韓国では「どっちに転んでも自分に有利になる指し手」の意味で「加トちゃんぺ」ではなく「コンノリペ」という囲碁用語をよく使う、らしい哀川(笑)。だって僕、韓国で暮らしていないから知らんがな。ってことで、今日の晩ご飯は2日目のチキンカレーだよ。これさえ作っておけば最悪の場合、熱々のナンに付けることもできれば絶対に僕はNGだけどカレーうどんにダウングレードすることもできるんだ。でもね、大事なことを忘れちゃいませんか。どっちに転んでも有利になる可能性があるということは、どっちにも転ばないリスクがある一方で、どっちに転んでも「お調子者」と愛想を尽かされる可能性が高いということを覚えておいてもらおう by 来春から始まる続編が楽しみな半沢直樹風。では、今からいただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こっち?そっち?あっち?本質はどこにある?

あなたも年に一度は瞳孔を開いてみませんか?「オープン・ザ・瞳孔同好会」会長の杉山弘道です。今年のマイブームはイオンタウン各務原の中にある『やっぱりステーキ』で肉と愛し合うことです。今日で2回目だけど2回も通えば常連で3回以上は大株主だよね。んなこたあない。う~ん、今回は「赤身ステーキ(200グラム)」を食った僕だが、まだ瞳孔が開いていたので何を食っているのかよく分からなかった。ほら、僕っていい感じの味覚オンチだから。で、200グラムの肉と言えば、この僕の体の285分の1じゃないか。だから、そんなことはどーでもいいんです。12月は毎年の恒例行事となった瞳孔をパカッと開く月なんだ。いつもの眼科のいつもの女医曰く「ふふふ、今回もお変わりないですね」とのこと。それはそれでまったく結構なことだが、検査後5~6時間くらいはまぶしくてまともに目を開けられなかったゆえに赤身ステーキもまともに見ることができなかった。まともに見れないと味が変わるうんぬんの前に何がまともか分からなかった。つくづく視覚も味覚に寄与しているという貴重な気付きを実感することができた。結果、本質を追い求める僕はステキだ。さぁ、本質を見極める真の目を持とう。そのためにもあなたも年に一度は瞳孔を開いてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好き」を集めるには「嫌い」を叫べ

「歳月、人を待たず」と「採血、管を通らず」は何気に似ていると思いきや、ブログ内をググったら「採血、僕を惑わす」というフレーズを今年の1月にすでに使っていた衝撃の事実に突き当たった。47歳を過ぎた哺乳綱霊長目ヒト科ヒト属ヒトってまったく成長しないものなのね。はい、生々しい巻頭文はここまでです。きっと君たちのような薄情者はもう忘れちまっているだろうが、鹿児島県の一部の地域では大好評だった「私は嫌いだシリーズ」というコンテンツが過去にあった。それくらい好き嫌いには執念深くこだわる僕だから「タバコは嫌いだがタバコを吸う奴は家畜以下のよく燃えるゴミ同然」「マルチ野郎は木曜日の生ゴミ以下」などと言い続けていたら僕の身の回りからタバコを吸うゴミも消え去り、マルチっぽい奴はいても生ゴミ以下のザ・マルチ野郎は身の回りから消えた。快感~♪でも、実際はちょっと違うんだよ。別にゴミや生ゴミ以下が消え去ったわけじゃなく本来、そこにいるべきまともな者たちが戻ってきただけなんだよ。このように自分の「好き」を身の回りに集めたいならば自分の「嫌い」を叫べばいい。ほら、ご覧。僕が現世で最も苦手で大嫌いで生理的に無理なトマトジュースが冷蔵庫の中で笑っているよ。これだけ叫び続けているのに僕のトッポの前に置きやがって。死なんけど死ぬほど嫌いやっちゅうとるのに悪意しか感じない。以上、ご報告まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加