達観雑記一覧

杉山さんを上辺だけでもその気にさせる注意の仕方

岐阜タカシマヤの1階にあるお菓子売り場で「マドレーヌとフィナンシェの違いって何ですか?」と質問を投げ掛けて妙齢の女性店員を困惑させたことは誰にでもあるだろう。僕は名古屋の松坂屋でも気分転換に楽しみます。その違いについては各自でググりなさい。どっちにしてもパサパサだよね。僕、お菓子も人間もパサパサは苦手なんだよ。僕、ハマチも熟女もプリプリが好物なんだよ。はい、ピチピチは荷が重いので可能な限り回避したい巻頭文はここまでです。ま、それは賛否両論どころか非難ゴーゴーだと思いますよ。承知いたしました!明日から気を付けます。それにしても下手だね。は?何が?って。君たちの僕への注意の仕方だよ。聞き分けのいい僕だから素直に受け入れたもののそんな頭ごなしに言ったところでそこらの未完成の人間だったらケンカになっていること必至だよ。例えば「杉山さんね、僕も東京駅の大丸で女性店員に『このカステラとあなたのどちらが賞味期限が長いですか?』と茶化して痛い目に遭ったことがあるんですよ。でも、何があったかは武士の情けで聞かないでください。杉山さんも口の利き方には気を付けたほうがいいですよ」とウソでもいいから自分の過去の大失態を明かしながら注意したらどうなんだ。誤解しないでほしい。僕はマドレーヌとフィナンシェの違いを尋ねただけで女性店員との比較という非人道的な行為など決してしていない。では、そろそろ今日の〆に入ろう。昨日の濃厚なカレーでそれなりに血流は改善されたっぽいものの念のために今日の晩ご飯でイワシの缶詰と納豆を食ってダメ押ししたった。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日できることは今日しかできない

悲しいお知らせです。青春18きっぷの最後のひとつの権利を行使して福井県は小浜市をそれなりに満喫する予定はほぼ確定だった僕だけど体調が偏差値47レベルなので9月に延期した坂本(泣)。小浜市民、略してオバミンよ、最終日の9月10日までには訪れるので両手を広げてお待ちなさい。体調もそうだけれど僕と言う存在自体を身ぎれいに清めたほうがいいような気がしてやってきました伊奈波神社。僕のパソコンで変換すると「伊奈葉」と「井奈波」は出てくるものの足して2で割った「伊奈波」が出てこない今日この頃、そこそこ近いゆえに「いつでも行けるからいいや」とほとんど訪れていない証拠だね。いけません。僕のモットーは「今日できることは今日しかできない」なので「3か月後に伊奈波神社を詣でる」と思っていても2か月後くらいに昇天しているかも知れません。死なねぇよ。しかし、分からねぇよ。ってことで、伊奈波神社わず。いや、いいですねぇ。こんなにステキだったかしら。ちょいと調べたら9年前に訪れて以来だった。猛暑日の炎天下やっちゅうのにヒヤッとした冷気が問答無用に心地良かった。これがゾクッとした霊気だったらどうしょうしゃん。それもご縁だ。目の前の饅頭を明日、食べようと予定しても明日、無事に目が覚めるとは限らない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

回答と解答

君たちに問う「もし今日をもう一度、やり直せるとしたら同じことをするだろうか?」。この問いに対する答えを回答と言い「34+53=」に対する答えを解答と言う。そこで「JR東海に乗車した怪盗ルパンと阿藤快ととうとう遠出を楽しんだ」という画期的な早口言葉を開発した午後1時2分に近所のコメダ珈琲店で「宇治抹茶&ソフト・練乳・小倉あん」というフルコースのかき氷を腐っても嫌とは言わない僕だけど嫌というほど楽しんだ。だから、そんなことはどーでもいいんです。はい、27秒前の「回答と解答の違いが分かるだろうか?」という本題に入りたい巻頭文はここまでです。回答は「質問に対する答え」を指しており答えに正解はない。一方の解答は「問題を解いた答え」を指しており答えに正解がある。今、君たちが浅い知識が詰まった薄い頭で無い知恵を振り絞りながら悩み、導き出そうとしている問題の答えは回答だろうか、それとも解答だろうか。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が決めなきゃいけないことなどそうはない

「夏の電力不足になるからエアコンの設定温度は28℃以上に」と国を挙げて節電していたあの夏、それがこの夏には「熱中症対策として就寝の際は26℃に設定を」などとどの口が言う?まあいい。はい、一年を通して電気やガスはバンバン使うし水道水はジャブジャブ使うし口うるさい経営者には気をチマチマ使いながらもお金はチャリンチャリンとしか使えない巻頭文はここまでです。ハハハ、猛暑のせいでネタのキレが今ひとつでどうもすびばせん。午前中はチマチマと限りなく生産性が0の事務作業を嫌々こなした僕がいた。午後はエアコンが効いた部屋でチマチマと限りなく生産性が0の事務作業を嫌々こなすつもりだったが、その前にメッダーノウズでテイクアウトしてパワーランチを満喫しまくることにした僕もいた。オーダーの際、僕の前に並んでいたカップルの男のほうが「僕、何を食べよっかなぁ」とバカ面で笑った。ったく、ソーシャルディスタンサーのこの僕が電光石火で最接近して顔でも舐めたろか、この野郎。すると、呆れた女は「じゃあこれとこれ」とカウンターのメニューを指で差した。そのとき僕は「一日も早く別れなさい。それが君のためだ」と女に向かって絶対に聞こえやしない小声でつぶやいた。しかし、この優柔不断のキモ男から学ぶべき点もあった。誰かが決めれば済むことなのに模範解答を出そうと自分一人で考え込んでカッコ付けるから悩んだり戸惑ったりするんだ。自分が決めなきゃいけないことなどそうはない。とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「NO」と言われるダンディズム

井戸水に浸した濡れタオルを素っ裸の状態でブルース・リーのヌンチャクのように激しく振り回すと体中に当てまくって涼を取るのがほぼ日課の杉山です。はい、これが究極の「痛気持ちいい」っぽい巻頭文はここまでです。す、杉山、さすがにダウン寸前です・・・。体の芯から熱が抜けやしないし寝起きに筋を違えて腰が曲がりゃしないし。もうダメかも知れない。そんなとき窓枠の調整と網戸の修理のために昭和の生き残りのような男臭い寡黙な職人がやってきた。汗だくになりながらも淡々と作業をこなす後ろ姿に「何かお手伝いしましょうか?」と僕が話し掛けると「いい」と背中で一蹴。ぎ、銀ちゃん、カッコいい~!by『蒲田行進曲』風。決して不満や不安など口にしない。猫も杓子もシャーシャーと自己主張をしまくる今の安い世の中においてザ・職人は粋で間違いなくカッコいい。「NO」と言える口先だけの安い男ではなく「NO」と言われる頑固で粋な男になろうじゃないか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

働かざる者よく食ってよく遊んでよく寝ればいい

なぜ君たちはチマチマと働くのだろうか。荒れ野を駆け巡るヒョウの如く働きまくっても得る賃金はせいぜいスズメの涙なのに・・・。せめて巣の元になるツバメの唾液くらいまで執念深く要求したらどうなんだ。ちなみに、高級食材として有名なツバメの巣は東南アジアの海っぺりに生息する貴重なアナツバメの巣であってそこらの民家の軒先などによく見られるそれとは雲泥の差なので念のため。「労働」「就業」「勤労」「役務」。これらは僕の大嫌いな言葉だ。なぜ働く?生きがい?使命感?いやいや、満足に食えないからだよ。しかしながら不思議なもので日本人は左うちわで何不自由なく食えるのに死ぬまで必死こいて働こうとする暇人が多い。それは「働かざる者食うべからず」という古き悪しき慣用句が示すように日本人は「働くために働く」「みっともないから働く」「他人の目があるから働く」「ボケないために働く」。情けない。僕は「明日食う米がなくても働きたくない」。ま、それも賛否両論だと思いますよ。ま、そりゃそうだ。ただね、マンションをいくつも持っていて不労所得がてんこ盛りだったり親の相続財産だけで悠悠自適な者は決して働くことなどないんだよ。すると、嫉妬のカタマリの連中が「いくらお金持ちでも働いていない人なんて・・・」と冷ややかな目で見るけれどそいつらは明日食う米もギリギリのビンボー人なんだよ。そんな連中は放っておいてあなたたちセレブ層を過剰に高評価する僕に月額5000円くらい快く恵んでくれたらどうなんだ。午前11時、僕の胸の谷間に埋め込まれたカラータイマーが「ピコンピコンピコン」と鳴り出した。この殺人的な暑さに僕の体が耐え切れなくなってきたようだ。そのためチョコレートとアルコールを一気呵成に摂取すべくウイスキーボンボンを頬張ろうと思いきや、バローでは売っていなかったのでブランデーとラム酒がそれぞれに入ったチョコレートを吸引して見事に生き返ったタフな僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腐ったミカンがさらにジュクジュクに発酵する前に・・・

「あ、今日の晩ご飯は何?」というストレートな問いに対して「ん?木綿豆腐だけど」と電光石火で返ってきたときの僕の驚きと落胆ぶりを想像してほしい。はい、せめて薬味の大葉とミョウガだけは多めにトッピングしてほしい栄養失調の巻頭文はここまでです。いざとなったら最寄りのコンビニで賞味期限が迫ったあんころ餅でも摂取しますか。僕の55年の人生はいったい何だったのだろうか。いったい何のために誰のためにそこそこ頑張っているのだろうか。ジッと手を見る、右手は百握り。そうだ!だったら左手も百握りにすればOKだよね?痛くてできねぇよ。殺人的な暑さにひとり言が止まらない今日この頃、26℃の部屋で録画しておいた『半沢直樹』をじっくり堪能した僕がいた。相変わらず現代の水戸黄門らしい勧善懲悪主義ぶりが昭和原人の琴線に触れまくりだぜ。そこでだ、ふと思ったことを活字にしよう。営業成績がすっげぇ優秀な社員がいたとしよう。しかし、そいつの人間性は僕のそれのように最悪で組織を乱す諸悪の根源であることも周知の事実。切りたい・・・。しかし、切ると売り上げが一気に下がる・・・。和を乱さぬよう説得したい・・・。さぁ、あなたが社長だったらどないする?ハハハ、そんな奴など今日の晩ご飯を食う前にスパッと切っちまいなよ。社員の士気を上げる場合、プラスの奴を持ち上げるよりマイナスの奴をデリートしたほうが100%全員の士気はアップする。結果、むしろそいつがいたときより売り上げは上がる。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

視覚で映る知識と思考で創る知識のその違い

昨日の午後5時28分頃、快晴から急に雷鳴が轟くと数秒間で土砂降りになった。ちょうどそのときバスから降りた帰宅途中の次女は民家の車庫の中で雨宿りをしていた。雨はなかなか止まなかった。それどころか激しくなっているようだった。次女の困惑した姿を見た近所のおじさんが「よかったら傘、貸そうか?」と言ってくれた。7分後、次女は無事に帰宅した。清水さん、どうもありがとう。これから天日で乾かした傘とお礼のお菓子を持って行かせます。安い世間も捨てたもんじゃないね。話はコロッと変わってテレビで再放送中の『Dr.コトー診療所』を録画してボーっと見ている僕だが、この作品はもともと連載漫画であり原作者は岐阜市出身の山田貴敏だ。僕と同世代だから自由書房かパルコかどっかですれ違ったことくらいあっただろう。だから、そんなことはどーでもいいんです。漫画で見た印象とドラマで見た印象はちょっぴり違うが大局的にはほぼ同じ。しかし、これを小説で読んだとしたらどうだろう。登場人物はもとより舞台となる架空の志木那島の海と空のブルーも雲のホワイトも自分の想像したものとはかけ離れているだろう。視覚から入る漫画や実写などはそのまま映像として頭に残って固定化されるが、思考から入る小説は自分で想像した姿がイメージ化される。今まさに、僕っていいこと言っている?それはそうと今日の晩ご飯はゴマ塩たっぷりの赤飯だった。業務連絡です。結局、清水さんはとてもいい人すぎてお礼のお菓子を差し出しても頑なに受け取りを拒み続けたようです。そのため父であるこの僕がそれなりに責任を持って美味しくいただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライフを贅沢&優雅にエンジョイするためのタイムマネジメント

赤福が毎月1日に販売する朔日(ついたち)餅の9月バージョンである「萩の餅」の店頭での予約の受け付けが始まっている今日この頃、JR名古屋タカシマヤ店まで行けへんから予約できへんがね。だってさ、普段は何の仕事もしない岐阜県知事が第2波非常事態宣言を発令して存在感を誇示すると「岐阜は名古屋の植民地とは言え、今は名古屋になど絶対に行ったらあかん」とおっしゃっただよ。令和時代になって史上最大のピンチを迎えている真っ最中の僕がいる。「萩の餅」は赤福では珍しい粒あんのおはぎなんだよ。昨年の10月からグーグルカレンダーに記してあるんだ。ま、あと1年、待つとしますか。今、熱いものがグッと込み上げるとツーっと春の雪崩の如く目から涙があふれ出たそんな気がした僕も人間。まあいい。今まさに、ほぼ日からメールが届いた。どうやら9月1日から2021年版のほぼ日手帳が発売されるらしい。僕は10年ほど利用しているが今回も買うだろう。その理由はね、このようにグーグルカレンダーを利用したスマホでのスケジュール管理に依存するとひどいときにはほぼ10分刻みのマルチタスクが大量に増えるからさ。つまり、空欄を見たら嫌でも埋めたくなる衝動に駆られてキリがないんだよ。その点、手帳で全体を俯瞰して予定を組んでいくとセコセコした時間に追われることなく年中無休でライフを贅沢&優雅にエンジョイできる、かもよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10デキる奴がデキない1を押さえろ!

アワビとトコブシやホタテガイとイタヤガイやソーダとサイダーの違いは明確に分からない僕だけどクジラとイルカや卵と玉子やエストニアとリトアニアの違いについてはウィキペディア並みに詳しい今日この頃、じっくり味わったところでバターとマーガリンの違いは今ひとつビミョーな杉山です。ちなみに、パンタロンとパンシロンの違いなら自信を持って説明できます。「ねぇ、パンタロンってメロンパンの未然形+ばの進化形か何かなの?」「ググれ」。はい、高校時代に古文・漢文の授業をサボっていた奴にはチンプンカンプンピーの巻頭文はここまでです。突然、ちびっ子ギャングたちが来襲したので仕方ないから近所のバローに買い出しに行った。これで記事が終わりだとしょぼいのでビジネスチックなネタを語ろう。そう、薄情な君たちはきっと忘れてしまっているかも知れないが、この僕のブログは雨でも晴れでも豪雪でも年中無休で腐ってもビジネス系。例えば「何でこの俺より仕事ができないあいつがみんなからチヤホヤされんだよ。やってらんねぇよ」と心が卑しい君たちは思ったことがあるだろう。ったく、リアルに小っちぇ奴だぜ。まあいい。それはね、君たちのように仕事が10デキる奴より10デキる奴がどうしてもデキない1を完璧にデキる奴のほうが周りからの評価は高いんだよ。だから、すべてをまんべんなくこなすことよりみんなが苦手としているひとつを見事にクリアできるように見誤ることなく頑張った人間のほうがサラリーマンとしての需要はある。僕、無職のジジイだけど。あ、今日もまた素晴らしいことをタダで言ってしまったそんな気がする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加