達観雑記一覧

不安はいっぱいあればいい

ボーっとテレビを見ていたら「不安でいっぱいの人たち」っぽい特集がこれ見よがしに流れていた。ったく、今さらそんなテーマを視聴者の頭の中にすり込んでどうするつもりなのだろうか。そして、不安がいっぱいあるからいいんじゃないのか。そこらの犬や猫でも不安はあるぞ。不安がなかったら人間じゃない以前に家畜以下だ。不安のうちに不安を楽しんじまおう。不安がバージョンアップして恐怖になったらジ・エンド。恐怖に怯えるようになったらオシマイだ。不安はいっぱいあればいい。例えば「バローで買ってきたおはぎを2個とも食べたら・・・」という不安のうちはまだマシなの。


ババ抜き

世の中で最も簡単なことは受験だ。そう、そこには絶対に正解があるから。正解のない試験や受験はあり得ない。でもね、僕がこういうことを言っても説得力がないんだよね。だって僕、名城大学しか受からなかったから。ハハハ、バカ野郎。ま、今回だけは勘弁しといたる。そこでだ、どうして僕がルンルン気分のステキな人生を送っていけちゃっているのかお分かりかい?正解のないカオスっぽいこの世の中をバカだアホだと罵詈雑言を浴びせまくりながらシャーシャーと生きていけちゃっているその理由を。え?分からないって?ハハハ、思ったとおり君たちはイチイチ残念ちゃんな物体だね。この世の中や安い世間には正解はないけれど不正解はあるんだよ。だから、不正解を選択しなければ必然的に正解を導き出したことになるので人生、勝ったも同然じゃん。今日の晩ご飯はエビフライをスリーパー・ホールドのように卵でとじたエビカツ丼だよ。3口目から乾いた膨満感が止まらない。


吾思故吾在

君たちのような安い世間の権化のような種族は「みんなができることができないと凹むが、そもそもみんなができることができても何の意味もない」とは思わないかい愉快痛快怪物くんっぽい阿藤快。そして「みんなができないことができたほうがいいと思われがち」だけれどみんなができないことが世の中の需要として存在する可能性も間違いなく低いので無理にチャレンジすることもないだろう。では、そろそろ今日の〆に入ろう。今、自分のできることだけをやって地味に地道に生きて行こう。


君には才能はあるがセンスがない

「杉山さん、私のコラムを読んでみてください」とまるで昭和末期の挑戦状を叩きつけるかのような鬱陶しいメッセージが届いた。そこで最初に言うが、この場合は「読んでください」と書きなさい。「読んでみてください」は「応援しています」ではなく「応援していますよ」という一文とまったく同様に高飛車に感じられて僕に失礼なんだ。「よ」が付いているか否かだけで印象が変わるんだよ。このように彼女には文章を書き切る文才(才能)はあっても世の中の需要を読み切るセンスがない。ゆえに使えない。才能があってセンスがないより才能はないけれどセンスがあるほうがずっとマシ。


100%の努力で何点が取れる?

列車に乗るたびに「車内は禁煙です」というアナウンスは必要あるのかね。きょうび当たり前すぎて耳障りで鬱陶しくてたまらない今日この頃、アナウンスの中身も時代に合わせてアップデートしたらどうなんだ。はい、あまりに乾燥して指先から白い粉がキレイに吹いている巻頭文はここまでです。まったく嫌よねぇ、紫外線と乾燥って。だから、そんなことはどーでもいいんです。「何であいつはタラタラやっているのに上司からの評価が高いんだ?」と疑問に思っている君たち。答えは簡単だ。そいつは100%の努力で100点を取れる人間なんだ。一方の君たちと言ったら100%の努力で60点がせいぜいじゃないか。ったく、情けなくて腹黒い僕の腹が白内障のように白濁しちまうよ。100%で100点の人間は、60%の努力で君たちの100%の努力と同じ成果を上げるんだよ。と今日はヨモギ入りの大福を食いながらブログには書いておこう。今日も100%いい一日だった。


君たちは世界で上位3%以内の勝ち組だがね

「年収は低いけど休日が多くて福利厚生がいい会社と年収は高いけどプチブラックな会社のどっちがいいですか?」というメールがプチブラックな僕に届いた。僕的には年収が高い無職がお気に入り。ま、そりゃそうだ。そもそも年収が「高い」と「低い」の境界線はいくらなのだろう。ってことで、速攻でググってみると年収400万円でも世界では上位1%に、年収300万円でも上位3%以内にランクインするそうじゃないか。それをジャパンの中で、もっと絞って県内で、市町村単位で見ると「俺って負け組・・・」と思うかも知れないが、グローバル&ワールドワイドな視点で捉えてみると「俺って勝ち組、そこんとこ夜露死苦!」となる。って言うか「年収が高い、低い」と気にする奴は一生のうちに2~3回しか会わないような同級生に負けたくないだけじゃないの?僕なんかそろそろ住宅ローンは終わるし生命保険料の払い込みも終わるんで年金が支給される頃には年収150万円でセレブリティーな暮らしっぷりが満喫できる予定はほぼ確定。これから先は世界標準とか言いながらなぜに年収はローカルな連中と比較し合うのかしら。と大福を食いながらブログには書いておこう。


記憶に残らなくても笑い話かいい思い出になる

この僕がスタバで「コーヒーティラミスフラペチーノ」などの期間限定のビバレッジを楽しむ理由は「あのとき飲んどきゃよかった・・・」と後悔しないためだ。そのときにしかできない経験や体験はできるだけ味わっておいたほうがきっといい。すると、長い人生の中で後悔することもないだろう。裏を返せば、いつでもできるような経験や体験は、別に必死こいて焦って味わう必要は絶対にない。だって、いつでもできるんだから。長女には「子どもたちの記憶に残らなくてもいいからできるだけ家族で旅行に行け」と言っている。必ずいいことがあるし、何か不測の事態が起こっても5年後には家族共通の笑い話になる。ここまで書いて言うのも何だが、今日は岐阜駅構内にあるスタバで優雅に「コーヒーティラミスフラペチーノ」を全力ですすろうと思いきや、時間とお金が足りなかったので自宅から一歩もUSJいや、TDLいや、出ずにー枝豆まんじゅうを堪能した僕。では、また明日。


できることを無理なく続けること

君たちの身の回りに「できないことを成功するまで根性で続けようとするバカ野郎」はいませんか?できないことはいくら頑張ったところで絶対にできやしないんだ。続けることが美徳だと信じているバカ野郎は結構多い。肝心なことは「できることを無理なく続けること」。ハハハ、できることしか霊長類はできないの。しかも「無理なく続けること」が重要だね。ずーゆーあんだーすたん?はい、体から余分なアルコールが抜けたら頭が冴えまくりの巻頭文はここまでです。では、そろそろ今日の〆に入ろう。見た目に「からし豆腐」のような白桃プリンを食べてご満悦♪今日もいい一日だった。


勝手な理想を思い描くんじゃねぇ

今でもやっているのかな?「理想の上司」のアンケート。あれって黒いニワトリだよね。いやいや、烏骨鶏だよね。いやいや、滑稽だよね。ゴメンね。最近、キレが悪いんだよね。脳ミソの前頭葉からミリ単位で逝っているのかも知れない。まあいい。いや、ちっともいいことない。夢も希望も目標もPayPayの残高もない僕だから当然、理想もない。例えば「あのM部長だけどさ、俺の理想の上司像と全然かけ離れてるんだよね・・・」と嘆く愚か者がいたとしよう。ハハハ、バカ野郎。そのM部長はフツーに仕事をしているだけで何の責任も問題もない。イチイチ勝手な理想を思い描くお前が悪い。悲しいお知らせです。少し熱っぽいのでスイカアイスとメロンアイスを食いながら頭を冷やします。


お前にそれほど価値はない

すでにご存じのとおり数々の問題があるLINEだが、だからと言って便利なツールであることには違いない。夕方のニュースで「怖いからこれを機にLINEをやめました」とインタビューを受けた妙齢の主婦が言った。おいおい、お前の個人情報なんかいったいどこのどいつが欲しがるんだい?とテレビに向かって説教する僕はお年寄り。ハハハ、話し相手がパナソニックのテレビだけなんだよ。と思いきや、よく見たらあーた、我が家のテレビはシャープのアクオスだったじゃんか、この野郎。今日までパナソニックだと信じて疑わなかった僕。改めまして今後ともよろしくお願いいたします。これを機にアクオスとも親友だ。世の中、パソコンやスマホをネットにつないだ時点で個人情報などダーダーにだだ漏れだ。それが嫌なら高知県の山奥かダニすらいない無人島にでも移住するこった。とブログには書いておこう。今日の晩ご飯は納豆・オン・ザ・ライス・ウィズ・厚揚げ、Oh!Yeah~!