達観雑記一覧

自己責任以外の責任があったら見てみたい

プロ野球では日本シリーズが現在進行形だが、広島とソフトバンクの両チームには悔いの残らぬよう徹底的に頑張ってもらいたい。僕、全然興味ないけど。どれくらい興味がないかというと「円周率の597桁目の数字は何?」と同じくらいだよ。しかし、携帯電話会社は嫌々ながらもソフトバンクを利用している僕は、公平を期すために今宵は味噌煮込みうどんの中に広島産カキフライを忍ばせた。さぁ、思う存分、戦いたまえ。あっち系の拘束から解放されて命からがら帰国してきた人間に対して自己責任論をネット上で唱える連中が多いらしい。どーなんでしょうかねー。人間本来、自己責任が前提なのは当たり前。しかし、それが取れない状況下に置かれちまったならやむを得ないだろうし、容易に取れるのだったら誰も苦労はしない。「勝手に行ったんだから自己責任だろ」と顔も出さずにネット上で吐き捨てる奴は、いざとなったら自己責任が取れない愚か者だと思うがいかがなものか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽含むということ

ミスター・パーフェクトと呼ばれているこの僕だからこそ、ちょっとだけ物足りなさを感じるものに興味を抱き、それを丁寧に育むべきだと思っている。今から10年ほど前にメルマガにも書いたが、もう一度だけ君たちにチャンスをプレゼンツしよう。親鳥がヒナを羽で抱きかかえて守る。育むとは「羽(は)で含(くく)む」という意味だったよね。その点を踏まえて続けよう。僕の財布の中には福澤諭吉先生が2人もいらっしゃるというのに義父&義母を引き連れて日本海庄や新岐阜イクト店で刺身天ぷら定食を食ったがね。リッチなこの僕にふさわしいお店はもっと他にいっぱいあるのにね。それに野口英世教授は6人もいらっしゃるんだよ。でも、育まなあかんがね。だって、この僕だよ。

ま、カードで支払ったけど(爆)。その後、岐阜駅構内にあるサーティワンでも360円も使った。だって、育まなあかんがね。そこで僕はどのフレーバーを選択したでしょうか。え?大納言あずき、チョップドチョコレート、クッキーアンドクリーム、ジャモカコーヒー、ナッツトゥユー、ロッキーロード、チョコレートチップだって?ハハハ、茶色系ばっかじゃん。君たちってイチイチ高木ブー!

ラムレーズンだ。いかなる場合もこの僕の行為は羽含むことであり、上から目線とはまったく違う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺の中の私は変わらぬ僕:昨日の自分と明日の自分のDNAはまったく同じ

大都会の喧騒を避けるために灰色のコンクリート・ジャングルをバイクで駆け抜けた。そして、俺は1本の風になった。ドアホ、田んぼしかないがな。ハハハ、白内障だと周囲が真っ白に見えるんだ。紹介しよう、遠く正面の山が金華山でその山頂にそびえるのは岐阜城。グッと手前にある白いバイク(戸籍名:自転車)がクリーム号で東西に走る線路は高山本線だ。ま、こんなカントリーで育ったらグレたくてもグレんわな。その分、性格はひねくれたけど哀川(笑)。そろそろ使おう坂本(泣)。あいすまんじゅうを食いながらここでボーっと岐阜城を眺めていた僕。そのとき30年前の岐阜嬢が「ったく、平日の昼間からこの人は何をやってるのかしら?」と怪訝そうな顔で通り過ぎて行った。お願いだから放っておいてくれ。僕はあなたに扶養されているわけではない。すべての欲もあらゆる見栄もまったくないからねぇ僕。例えば、ここにバンバンに儲かっている同級生がリムジンに乗ってやって来たとしよう。ふ、あんな長い車は30回くらい切り返しをしても確実にこの狭い踏み切りを渡ることはできない。爆笑だぜ。はい、お話を戻そう。みんな誰かと比較して「俺はダメな奴だ」と凹んでいるようだが、それはトンチン勘違いさ。「あの頃は若くて輝いていた」という過去の自分と「最近の僕はしょぼくれている」という今の自分とのギャップに凹んでいるだけだ。一人称の自分はたった1人で不変なのに。バカだよね。あの頃が若いのは当然じゃん。だって、あの頃なんだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

下手な歌詞より不味い菓子のほうがまだマシぴょん

「愛について愛について愛について歌おう~♪」。ナウでヤングな君たちならご存じだよね。そう、マジマジョピュアーズ!だお。メンバーはモモカ、リン、ミツキ、シオリ、ユリア、ラオウ、トキ、おっといけねぇリンとユリアが『北斗の拳』とダブっていたけどラオウとトキは外しておいてくれ。3歳ちょいの孫が「あいについて~♪」と歌うと1歳ちょいの孫がリズムに乗って踊り回っている。ハハハ、異様な光景だぜ。ゴメンね、愛も心も持ち合わせていないジイジで。つくづく耳から入って鼻から抜ける歌って怖いよねぇ。字も満足に読めない子どもが言葉の意味も理解せずにお経のようにスラスラと覚えている。例えば、巷に流れる安っぽい曲の歌詞を見れば一目瞭然だが「でっかい夢と果てしない希望を抱け」とか「夢をあきらめるな」っぽい歌詞ばっかじゃん。そんな無責任な言葉に洗脳されているから最近の若者に悪しき影響が現れているようなそんな気がする僕がいる。つまり、安っぽい歌が自殺の原因のひとつとまでは言い切らないまでも多少の因果関係はあるんじゃないの。「なんだよ、あの歌詞を信じて今までやって来たのに全然ダメじゃんかよ。もう俺なんか・・・」。そのときもう一度、原点に戻ろうと思った彼は、その曲を歌っていたシンガーに目を向けた。すると大麻を吸って捕まっていた大和田(爆)。どうせなら中島みゆきの『うらみ・ます』を聴きやがれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

53歳の奇跡:沢口靖子に学ぶ「○○になりたいのか、△△をしたいのか」

「ホラン千秋がタイプなんです」と言ったら人格を疑われた。だから、そんな総天然色の夢を見た。そこで今一度、君たちに確認したいのだが、僕は本当にホラン千秋が好きなのだろうか。40年前のホーン・ユキの間違いではないのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。午後1時を36分くらい過ぎた頃、録画しておいた『科捜研の女スペシャル』を見ていた僕がいた。おいおい、沢口靖子って僕のひとつ下だぜ。ってことは53歳だ。沢口やっちゃんの透き通った美貌に比べりゃそこらの(自称)美魔女を名乗るアンチエイジンガーが先週の木曜日の生ゴミにしか見えやしない。安定してきた沢口やっちゃん。最初の頃は「靖子は女優になりたいだけか?」と思ったりもした僕。「女優になりたいのか、いい芝居をしたいのか」。まったく違うよね。ビジネス社会に置き換えれば「社長になりたいのか、いい経営をしたいのか」。1000人の社長がいれば、前者が6割で後者は3割。え?残りの1割は?そんなもん知らんがな。とにかく「代表取締役」と印刷された薄い名刺を飲み屋や異業種交流会の席で配りまくって「社長ごっこを満喫したいだけ」の連中が大多数だった。リアルな社長業などそんなにカッコいいものでもなけりゃ楽しいものでもない。そう、社員に給料を支払うためだけに自宅まで担保に差し出すつらい稼業さ。ならばリアルな女優業も以下同文だろう。そこで君たちにも「○○になりたいのか、△△をしたいのか」と自問自答するチャンスを与えよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桂月堂の薄小倉に見るヒロミチ・コードはもううんざり

ほら、ご覧。これが松江の『桂月堂』で買った「薄小倉」だよ。実にいい糖度っぷりだぜ。ハハハ、全国甘党党首だけでなく名誉総裁の座まで虎視眈々と狙っている僕くらいのスイーターになるとね、それを手に取っただけで糖度が一瞬にして分かるのよ。んなこたあない。この際だから説明しよう、スイーターとは痛風になる寸前までスイーツを偏愛する甘党のことだお。それゆえに痛風になったらクビだクビ。寸止めもできない君はクビ。全国のサラリーマン諸君、絶対に耳にしたくないワードをプレゼンツしちゃってゴメンね。あー、今日もいい感じでノイローゼ気味だぜ。ってなことを書くと「本当にノイローゼ気味なんですか?」と聞く愚か者がいる。これが笑っちゃうほど多いんだよね。あのね、ノイローゼ気味の奴が「先週から僕はノイローゼ気味さ」ってイチイチ自己申告するかよ、この野郎。これに限らず、できるだけ最後まで言い切ることなくサラッと言葉少なに含んだ物言いをおすすめしたい。これをヒロミチ・コードと僕だけがそう呼んでおり、その内容を理解した者だけが自分の周りに残るという新種の取捨選択法だよ。ま、それもそうだけど年齢を重ねるごとに最後まで説明するのが超面倒臭ぇ。「そんなに知りたきゃ僕の頭の中を割って見てくれよ」と言いたくなる。かと言って、本当にパカッと割るんじゃねぇぞ、この愚か者。では、5個目の薄小倉とまいります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だから、基準はどこ?:星は星の数ほどそこにある

いつもの『だんごや』までクリーム号に乗って豆大福を買いに行った僕がいた。すっげぇいい感じにルンルン気分ですわ♪自転車とは言え、走行中のスマホの操作はNGだから、よい子は絶対にマネをしないでね。悪い子なら話は別だけど。あ、だったらおじさんは悪い人なんだ。ハハハ、バカ野郎。おじさんじゃなくておじいちゃんだよ。そこかよ!松尾嘉代。「それ誰?」「ググれ」。ちなみに、ミリ単位で停車して撮ったがね。こんな僕でも道路交通法だけは守るんだ。日差しはあるのに確実に寒かった。スマホで確認したら17℃。ほう、夏の猛暑を体感した後だから17℃は寒いんだよね。これが真冬だったら「わぁ~、17℃もある。今日は暖かいね」と喜ぶだろう。申し訳ありません。間違いなく「わぁ~」とは言いません。要は、基準はどこにあるか?っちゅう話やがな。真っ昼間に空を見上げても星など出ちゃいないだと?ドアホ、ずっとそこにある。何億年も前からそこにある。真っ昼間は太陽の光で見えないだけだ。星は、ちゃんと星の数ほどそこにある。見えないというより見ていないだけ。昼か夜か「どっちを基準にしているか」だけの問題さ。今日の晩ご飯は納豆わず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人手不足でプリンの生産ラインが停止しませんように

気になって仕方ない君たちに説明しよう。おそらく今週限定のマイブームで終わる予定はほぼ確定の「きな粉・オン・ザ・プリン」だよ。おいおい、いい黄色してるじゃねぇか。でもね、1日に4つはつれなかろうぜ。首から上がイソフラボンボンビーで黄疸のように何気に黄色くなったら電光石火でデンジャラスだよ。それと同じくらいデンジャラスなのが人手不足による倒産だろう。確実に強引な気もするが、それなりにいい展開だ。人手不足による企業の倒産件数が過去最多ペースなんだって。薄っすらとでも扶養義務が発生するかもしれない三親等内の身内がハッピーだったらホッと安心する僕だが、それはあくまでもジャパンが元気である前提なんだよね。ジャパンが意気消沈しちまったら杉山家の年金はどうなるの?たった10万円でも徹明通3丁目の道端には落ちてねぇぞ、この野郎。アマゾンが過去最高の業績を更新すればするほどそれを配達するドライバーが間違いなく不足する。いくらAIが素晴らしい施工図を描いてもそれを組み立てる職人がいなければ1ミリも家は建たん。1クリックで稼ぐことしか考えちゃいない連中がはびこる昨今、君たちはどう生きる?知らんがな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰からも理解されないという唯一無二の自由

医学部の一般入試において日本大学でも不適切な配慮があったらしいが「ま、日大だから(爆)」で世間が100%納得してしまう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。ここまでくると立派だね。別にけなしてなんかいないよ。別に褒めてもいないけど。この僕は3週間に3~4回くらいの割合でカレーを食べたくなるのだが、2週間に7~8回くらいの割合で思うことがある。誰かに理解される必要などあるのだろうか?ってね。DNAレベルでつながった者たちにも1ミリも理解されなかったこの僕が説明しよう。例えば「俺はこーいう人間だ!」と主張する自分。「いやいや、君はあーいう人間だよ」と反論する他人。だから「誰も何も分かっちゃくれない」と凹んだり「違うぅぅッ!」とヒステリーを起こす君たち。ハハハ、分かりやすい哺乳類だこと。さ、見上げてご覧よ。もう1人の自分がいるじゃないか。そう、観念上の自分は空にある。もう1人の自分が絶えず上空から俯瞰して危険を察知したり悪しき方向へ行かないように見守っているんだよ。そんな常識的なことも知らずによく今まで生きてこられたもんだぜ。「なんかこっちの道はおっかねぇな」というときは、上空からもう1人の自分がアラームを送って来ているんだお。つまり、周りが何と言おうと絶えず今の自分が正しいっちゅうこっちゃがな。でなければ、とっくの昔に死んでいて今、ここにはいない。でもね、この僕が「俺はこーいう人間だ!」と主張して「そうそう、君はそーいう人間だよ」と同調されたら「低俗なお前ごときに高尚な俺の何が分かるんだ!?」と本気で怒り心頭に発しまくっちょります。ま、それも賛否両論だと思いますよ。でも、誰からも理解されないってことが究極の自由だと真剣に思っているんですけどねー。それでは宴もたけなわではございますが、発泡酒の酔いも地味に地道に回ってきたことですし、そろそろお開きにしたいと思います。そこで今回のタイトルを正確に言うと「自分以外の誰からも理解されないという唯一無二の自由:誰かに理解されるような午後5時以降に並ぶスーパーの総菜みたく安い人間になったらジ・エンド」だよ。2日目のおでんって美味しいね。ちなみに、赤の他人よりもDNAレベルでつながった者のほうが確実に理解する能力に欠けている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我慢と辛抱:今さら相手や職場を変えたところで何も変わるはずもない

セブンイレブンの「かりんとう饅頭」は偏差値73レベル以上。間違いなくナイスな一品ですねぇ♪褒めてやる撫でてやる舐めてやる。そして案の定、食ったった。年中無休で食いたいと思う僕だが、2時間おきならほぼ拷問。はい、そろそろ朝晩がそこそこ冷え込んできたのでピクシーシュリンプの1LDKの水槽にヒーターを設置した僕。エビという理由だけで戸籍に入れることは許されないが、杉山家の一員であることに変わりはない。もう9年と3か月のお付き合いだ。そのときふと思った。彼らは僕と出会ってラッキーだったのだろうか?今、ハッピーなのだろうか?ってね。当然、僕よりお金持ちはたくさんいる。僕より優しくない奴は1人もいない。そんな未熟者のこの僕に人生いや、エビ生を預けて1センチも後悔していないのだろうか?ってね。うん、今日もいい調子じゃないか、弘道君。そこで僕は彼らに言ったんだ。「安い世間ではね、新しい相手や新しい職場とめぐり会えてうれしいと思っている人が多いけどね、それは勘違いだよ。以前と少しも変わっちゃいないんだよ。それまでの相手や職場で死ぬほど我慢することを覚えたから辛抱強くなっただけなんだよ」ってね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加