達観雑記一覧

5キロ増量キャンペーンの終了のお知らせと令和時代に儲かる飲食店の作り方

悲しいお知らせです。食えば食うほどお腹を壊して痩せ衰えて行く今日この頃、20歳の頃の体重に戻すべく5キロ増量キャンペーンは終了して言葉の帝(みかど)と書いてとっくに諦めた僕がいる。飲んで食って食って飲んだこの4日間で1キロも体重が減っちまっただよ。江戸時代で言うところのほぼ3分の1貫だお。ちなみに、百貫デブはほぼ375キロだお。なかなかお目にかかれない貴重な物体だお。この4日間で手作りハンバーガー、回転しそうで回転しない寿司、ざるそばと飛騨牛丼、それなりステーキを摂取した。転んでもタダでは起きないけれどお金さえもらえれば喜んで前にでも後ろにでも回転するこの僕が令和時代に儲かる飲食店の作り方をタダでプレゼンツしよう。でもね、特殊な事情の玉宮界隈だけは例外です。正直、今の世の中に不味い料理などそうはない。それゆえに切磋琢磨して味を競い合っても徒労に終わる。味ではなく「そこに行きたい!」と心を掴む懐かしい雰囲気とステキなスタッフの店しか残らない。極少数のファンにだけウケればいい。3回訪れた客は上質な常連客となる。とブログには書いておこう。胃腸の都合上、味噌煮込みうどんを食べました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やっぱりステーキに見る「二番煎じは結構甘い」という現実

社長の言いなりの上司は大なり小なりそれなりで部下はげんなり。君はいきなり!?僕はやっぱり♪はい、よく分からないけどリズミカリーな巻頭文はここまでです。日頃から尾鷲になっている、ん?尾鷲?いやいやお世話になっているイオンタウン各務原の中にあるどうやらオープンして1年以上も経っているらしい『やっぱりステーキ』で看板の「やっぱりステーキ(180グラム)」を瞬発力で見事に完食した。ほら、僕って20歳の頃の体重に戻すべく5キロ増量キャンペーン開催中だから。ほう、1ミリも期待していなかった僕だけど名城大学法学部レベルじゃないか。それってビミョー。オリオンの缶ビールを除けば、これで1000円とは長生きはしてみるもんだ。あ、しかもライスとサラダとスープは食べ放題さ。ハハハ、誰からも均等に嫌がられるくらい間違いなく長生きしたる。今まさに、ネットで「失速する『いきなり!ステーキ』足が遠のいた人たちの本音は・・・」という見出しの記事が絶妙のタイミングで目に入った。その原因のひとつには「飽きが来ちまったこと」が大きいらしい。安く肉を食べたいなら吉野家で、お札を出すなら焼肉店だとか。いきなり!のほうは苦労しているみたいだね。やっぱりのほうは沖縄発のチェーン店なので弘道君は無条件に応援する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ココを使うかコレを使うか

とりあえず今日は保育園を休んだ結衣ちゃんと一緒に大都会のオアシスであるイオンモール各務原を訪れた僕。今回も手術を頑張ったご褒美として遊んであげた僕。20歳の頃の体重に戻すべく5キロ増量キャンペーンと同時進行で好感度アップ↑キャンペーンも開催中。途中、疲れ果てて店の片隅で爆睡しちまったけど大和田(爆睡)。午前11時、イオンモール各務原の近くにある回転しない寿司『魚べい』に行ったジイジと孫娘。前にも言ったが何度でも言おう。スジだらけのマグロを提供するスジローより7倍以上は確実に良かった気がする。その際にこの先、間違いなくさらに世知辛くなる世の中を賢く生き抜く方法を教えたった僕。かいつまんで言えば「体を張った商売は100%長くは続かん。人生、ココを使うかコレを使うか。ココは頭でコレはお金」っちゅう話やがな。とは言え、コレを使うにも元手がないと無理。だから、ココを使って若いうちに種銭くらいは作っておこうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

縁もゆかりも義理も人情もない他所の地域への「ふるさと納税」はやめなさい

アリエールは洗濯洗剤でエリエールは大王製紙のティッシュだが、その他の「ア行」のイリエールもウリエールもオリエールも見聞きしないと思ってググったら何かかしかあって感心した今日この頃、個人的には『長濱浪漫ビール』の長浜エールがお好きな杉山です。「ったく、よくそんなことばかり考えていられるわね」。ボケ防止だよ。ボケないために必死なの。その代わり今日も午前4時半からいい感じにノイローゼ気味だぜ。はい、何かを得るには何かを失う巻頭文はここまでです。ちなみに「何かかしか」をググったら何も出てこなかったので岐阜弁か僕だけの勘違い語なのかも知れない。だから、そんなことはどーでもいいんです。結衣ちゃんの手術が無事に終わって一安心の僕がいる。昨日の術前検診の際に担当の看護師が「何が好き?」と尋ねると「スポンジ・ボブのパトリック」と答えた結衣ちゃん。案の定、ジジイは「それ、食いもんか?」と思ったがね。そして今日、看護師はちゃんと約束どおり手作りのスポンジ・ボブのパトリックを手渡してくれた。加藤先生と仲間たち、本当にありがとう。岐阜市は中学校を卒業するまで医療費は無料だ。縁もゆかりもない他所の地域に納税して高級牛肉やお値打ちな缶ビールなどを姑息に得ようとする「ふるさと納税」は愚の骨頂だ。非国民ならぬ非県民だ。僕は地元にお金を落とします。だから、割がいい仕事を紹介してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タリーズコーヒー岐阜大学病院店で「所詮、すべては借り物」と悟ったった僕

では、ここでクエスチョンです。次の中にひとつだけ仲間外れがあります。それはどれでしょうか?(イ)缶切り(ロ)栓抜き(ハ)爪切り。正解は(ニ)あなた。ハハハ、ドンマイ!お話を戻そう。正解は(ハ)爪切り。平成初期に生まれた長女と次女は、爪切りはいつも使っているものの缶切りと栓抜きに関しては一度も使ったことがないという正当な理由から導き出された答えです。ほぼ30年近くの間、たった一度も使っていない以前に見たことすらないということは、その人の人生にとってまったく必要のない物体なんだよね。ハハハ、ドンマイ!例えば、昭和末期から平成初期にかけては大きな家に住み、いい車に乗り、ブランド物の鞄を持つことが一番分かりやすいステータスだった。それが今では着実に人口が減少し続けるため空き家は確実に増える。車どころか免許すら取得しない若者たちが多くなりカーシェアリングが主流となり始める。すると、滅多に使用しないブランド物の鞄や靴や家具などもレンタルで済ませる時代となり始めた。そのうちブランド物の初々しい配偶者も時間単位でレンタルできんかしゃん。ま、それも賛否両論だと思いますよ。昨今、臭い小脇に抱えた舶来のセカンドバッグに札束を入れている兄貴は絶滅危惧種だろう。所詮、人間の疲れた五臓六腑も些細なことで一喜一憂する安い心もすべては原価は0の借り物に過ぎないと本気で悟った僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィルターの順番

明日、僕が尿検査を受けたら陽性だろうか陰性だろうか平泉成だろうか。いいかげんにせい。うん、今日も今ひとつ!たまたまネットサ~フィンで知った話だけど元プロレスラーのスタン・ハンセンの奥さんって日本人なんだって。はい、スパッと竹を割ったくらい脈絡のない巻頭文はここまでです。今まさに、飽和状態のシャトレーゼのケーキを眺めつつ思うことがある。学生時代の弘道君だったら「値段→味覚→評判→対応」の順番だったが、今では「雰囲気→味覚→対応→評判→値段」だろう。これを専門用語で「フィルターの順番」とこの僕だけはそう呼んでいる。例えば、飲食店を選ぶ際に30代の弘道君だったら「味覚→値段→雰囲気→評判→対応」だったが、55歳と2か月のジジイは「完全禁煙→味覚→雰囲気→キャッシュレス→対応→値段」に変化した。こんな具合にてめぇ勝手なフィルターを設けて優先順位を都合よく振り分けている自分の姿を客観視するとそれなりに面白い。誤解しないでほしい。値段が最後だからと言ってリッチというわけではなく、変に安物を口にするとお腹を壊すから避けているだけなんだ。よって、シャトレーゼのケーキは僕が買ったものではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスター・ジコチュー:奇才・巣戯矢魔教授の調査ファイル

オぅマイガ~ッド!あ~んどアンビリーバボぉーうぃずガッテム!正しく美しい日本語に翻訳すると「何て骨体!」いや「なんてこったい!」が適当だろう。松雪泰子って×1だったんだね。ハハハ、松雪泰子に1を掛けてもほぼ松雪泰子だから正しく美しい日本語に翻訳すると「バツイチ」だろう。長良川の北側の岐阜市内ではムダな博識野郎で知られるこの僕でもご存知なかったぜ。ってことで、録画しておいた『ミス・ジコチョー』を黙々と眺めていたミスター・ジコチューの僕がいた。はい、ビジュアルを重視した巻頭文はここまでです。では、時に人はなぜに別れちまうのか知ってるかい?だよね、そうだよね。相性が悪いからだよね。相性が悪いってことは別に相手が悪いわけではなく、ましてや別に自分が悪いわけでもない。互いの相性が悪いだけであり個々の性格や人格の善し悪しは1ミリも影響しない。悪人同士でも相性が合えばOKであり善人同士でも上手く行くとは限らない。ココ、次の中間テストに出るかも知れないよ。君と僕の相性が最悪なのも僕の性格のせいじゃない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フレキシブルな生き方のススメ

「頭の頭痛」と「宝の宝庫」のどっちがより致命的なのだろうか。個人的には前者が執行猶予付きの懲役3年以下で後者は罰金250万円以下の刑だろう。だから結局、どっちなんだ?そんなことよりモーレツな秋晴れで絶好の大学病院日和だった。だが、あろうことか検査機器の不具合で1時間ほど待たされる旨の放送が病院内に流れた。でも今日の僕、キレてない。極端に暇だから僕の原価は0の人生訓をタダで教えてあげる。でもね、払ってくれてもいいんだよ。僕のジャパンネットバンキーは年中無休でウエルカムだがね。この際、PayPayの送金でも可。できるだけフレキシブルに生きよう。確固たる信念は面倒臭いだけ。我を通す、つまり自分の考えを変えないで押し通す生き方ではなく、どんな時代にもどんな社会にもどんな政権にもどんな地域にも合わせる柔軟な生き方のほうがいい。それがフレキシブル。「柔軟な」とか「融通がきく」という意味だが、ややもすれば「八方美人」と捉えられてしまいがちだ。でも今一度、辞書を引いてご覧。そこには「しなやかな」があるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗は所詮、失敗2:人生の石橋を渡るなら最低でも5回は叩け

「アマゾンや楽天で1円で売られている杉山さんの本ですが、キャッシュレス払いで【5%還元】と表記してあるものの1円の5%っていくらですか?」。そんなもん知らんがな。定価で買いやがれ。あ、とっくの昔に絶版だった大和田(自爆)。はい、悲しすぎて涙も出ない巻頭文はここまでです。ハハハ、時代がこの俺の才能に追いついて来れないようだぜ。とブログには書いておこう。ったく、困ったもんだねぇ、僕じゃないよ田代まさし君だよ。今回、実際に薬に手を出しちまったかどうかは僕には分からないが4年前半に【失敗は所詮、失敗】と語った僕。「失敗は成功のもとだから失敗を恐れずに何度でも挑戦しなさい」などと偉そうに言う奴は大バカ野郎だ。何度でも挑戦できる場合もあるかも知れないが、今の時代は基本的に1回の失敗が命取りとなるケースのほうが圧倒的に多い。「でも、前向きにチャレンジしてつまずく失敗と違法薬物に手を出す失敗を一緒にするのはどうかと思いますけどねー」。ハハハ、笑わせるじゃねぇか。前向きにチャレンジしてつまずく奴は、絶えず「自分は正しいことをやっている。きっと時代や運が悪かっただけさ」と本気で思い込んでいるから何度も前向きにチャレンジしてつまずいてコケまくるんだっぴ。むくっと起き上がって顔を上げたら鼻血ダーダーだよん。だから、まったく同じことだ。ところで今夜も寒いですね。こんな寒い夜には大量のカキを投入した熱々の味噌煮込みうどんを孤独にいただきましょう。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

15万円の男

おどろおどろしい血液クレンジングなる奇妙な療法が騒動となっているまったく平和な世の中だが、熱い湯で丁寧に髭を剃るたびに嫌でもそれなりの量の鮮血を垂れ流す僕がそれを両手ですくって顔にこすり付ければ新種の血液クレンジングと言えるかも知れない。んなこたあない。しかし、恐ろしい連中だ。そうまでして長生きがしたいかよ。この際、僕は鼻血を活用してでも長生きがしたいです。はい、目を閉じるとまぶたの裏が真っ赤に流れる巻頭文はここまでです。ほら、ご覧。以前は原価が278円くらいと言ったけど信じられないことに岐阜でも消費税がアップしたので284円くらいの原価で作った僕の手作りハンバーガーだよ。二酸化炭素と液体窒素を足して硫化水素で割ったくらい見事に質素な僕がいる。え?なぜにそんなに笑福亭質素なのかって?ハハハ、これまでに2人にしか話していない事実だけど僕が30代半ばの脂が乗ったイケイケのサラリーマンで肉体的&物理的にも脂が乗りに乗ったモーレツにデブなときに「俺の価値っていくらくらいかな?」とふと思ったんだ。ってことで、ある中小企業に隠れてこそっと面接に行ったらそりゃもうウエルカムさ。社長夫妻から「すぐに来て幹部としてやってください」と熱っぽく口説かれた僕だった。ほら、僕って上辺だけは仕事ができそうに見えるじゃんね。「はぁ、ありがとうございます。で・・・」「あ、給料だよね。最初からそんなに払えないので15万円くらいだけど」「・・・」。その当時、住宅ローンだけでも毎月10万円ほど払っていた。悲しいお知らせです。今でも毎月10万円ほど払っている真っ最中。あんなに熱っぽく口説きながら15万円。ま、現実はそんなものだと悟った僕は、引き続き数年間はサラリーマンを続けたし今でもいざとなったら15万円で生きて行けるように備えている僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加