達観雑記一覧

ハンバーグに見る有意義な人生の過ごし方

大きなひとつより小さな複数をたくさん食べたほうが精神的にも肉体的にも満足感がすっげぇ増す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「4億円稼げます」

孤独に押し潰されそうな私に「4億円稼げます」という件名のメールが一日に5通も届いた。そこで孤独から解放してくれたお礼に「私は4億円とまでは言いません。とりあえずグランドセイコーの腕時計(100万円)と土屋鞄のブライドルハンディダレス(9万円)とJR九州のななつ星のDXスイートA乗車券(98万円)が欲しいだけなので急場、207万円ほど稼ぎたいところです。できれば消費税率が上がる前になんとか稼ぎたいと思っていますので何卒よろしくお願いします。ちなみに、私には物欲はありません」と書いて返信したが、あれから36時間が経った今朝になっても何の音沙汰もない。このように鬱陶しいスパムメールも使い方次第では結構、遊べる。当然、こっちからの返信メールはYahoo!のフリーメールを使っている。ちなみに、そのフリーメールにも署名欄を設けてあって、そこに記してある名前は「不知火銀次郎」となっている。不知火は「ふしんび」ではなく「しらぬい」と読むので念のため。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョーンとデニーズの焼きチーズハンバーグカレードリアで満腹

午後2時。面倒臭い女性に誘われたのでデニーズ岐阜加納店まで出掛けた。3Dのお付き合いも大切だと思い、カタチだけの友達とランチを食べた。普通なら「ランチを愉しんだ」と表現するのが抑え切れない文学的素養が垣間見えてしまう私本来の力量たる所以(ゆえん)なのだが、あまりに超面倒臭い相手だったので事実を事実としてだけ表記するにとどめた。ちなみに、憧れのジョーン・フォンテインとは1ミクロンも関係ない奴だ。

午後2時、そのとき私はデニーズ加納店の禁煙席にいた。2つ向こうのイエローシートに座る一人の寂しげな女性が私のほうを小さく気にしているようだった。私は両目を高速でパチパチさせると「イエス、高須クリニック」と心の中でつぶやいた。その理由は今でも分からない。彼女に利き腕の右手を差し伸べてやりたかったが、いかんせん目の前には秋晴れにはふさわしくない面倒臭い女が焼きチーズハンバーグカレードリアをダイソンの掃除機並みの吸引力でむさぼり食っていた。できることならこいつを「グシャ」っとデリートしたい。心の底から本気でそう思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遥かなる消防団

私には協調性がない。私の人生に消防団がなかったのはラッキーだった。あれをやるくらいなら霧島市民になったほうがマシだ。それに住民参加型の祭りがない地域に生まれ育って本当に良かった。ただ、もっと辛いことがある。それは知り合いが食えないことだ。自分の食いぶちは自分でなんとかするが、それが友人以下の知り合いでも食えないと知るとかなり辛い。別にいい人ぶっているわけではない。同級生が首を吊ったときは半年間ほど好物の鰻を断った。私は、そーいう男だ。「私もそうですよ」と言う奴は嘘つきだ。基本的に私には限りなく物欲がない。すると他人の幸せはなんとも思わない。しかし、なぜか他人の不幸は聞くに堪えない。世の中の99.9%の人間は他人の幸せが嫌でたまらないはずだ。それは物欲があるからだ。どうせ辛い思いをするだけなので、できるだけ知り合いは少ないほうがいいのでは?と思ったことさえもある。その知り合いの中にカタチだけの友達が入るのか否か試してみたいので誰かコケてくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おそらく人生で最初で最後のミステリーツアー

目覚まし代わりのドナルド・フェイゲンは日曜の朝にはあまりにストイックだった。君だけに言おう「今日の最初の出会いにありがとう」。ただ、君がおっさんだったらスルーしてくれ。今からミステリーツアーに出掛ける僕がいる。今日の僕はご機嫌だ。だからと言って調子こいたこと抜かしたらお仕置きだよ。僕は飛行機に乗る際、頭の中に「遠い地平線が消えて深々とした夜の闇に心を静めるとき、遥か雲海の上を音もなく流れ去る気流。みなさまの夜間飛行のお供をいたしますパイロットは万年筆でございます」と城達也の声でジェットストリームの一節が流れるんだ。そうそう、火曜サスペンス劇場や土曜ワイド劇場なら100%旅先の海岸か草むらで殺人事件が起きるよね。今回、僕も巻き込まれないように細心の注意を払うから君にも安心して休日を楽しんでほしい。大丈夫だよ、たとえ事件に巻き込まれたとしても2時間以内に決着が着くさ。CMを抜けば1時間40分くらいだし。行き先は後で教えるね。では、一滴増す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朽ちた蛇口

すでに湯上りの色男。まだ髪があるうちにできることをやっておこうと大量のシャンプーでベッカムヘアーを満喫していたらボトッと浴室内に大きな音がした。あ、シャワーの蛇口が落ちた。16年間も毎日使っているため錆びて朽ちたんだ。それは一瞬、数年先の自分の姿と重なって見えた。そして僕は久しぶりに途方に暮れかけた。生きとし生けるものすべてに役割や使命があり、その任務を終えたら寿命となる。僕は目の前の蛇口を左手で拾い上げると「お疲れさま。よく今まで頑張ってくれたね。ありがとう」と右手の人差し指と親指で目頭をおさえながら礼を述べた。私は、そーいう男だ。ただ、胸に熱いものが込み上げるのをフツーに冷たい心で中和していた。湯舟に首まで浸かりながら「カーマで蛇口を買ってくるか。面倒臭ぇ」と本音を漏らした。私は日曜大工が大嫌いだ。お金を払って済むならプロに任せたいが、世の中に日曜ダイカーがはびこるために私までチャレンジしなければならない。あぁ、面倒臭ぇ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルシオーネ・コートで熱の入った打ち合わせ

『サラダ記念日』で一躍有名となった俵万智に小柳ルミ子の「わたしの城下町」を替え歌にした「わたしの俵万智」を作って送ったことがあるが案の定、矢吹丈、何の返事もなったジョー。ダジャレもここまでが限界。千代の富士の引退理由は体力の限界。私の一日の労働時間は2時間が限界。はい、巻頭文はここまでです。君たちのような学習能力がちょっと残念な霊長目哺乳類ヒト科でもやっと僕のリズムに慣れてきたようだね。さぁ、ここからが本番なんだが何も書くことがないんだよ。だから、今日の仕事のことでも書こう。なんとお客様の会社を訪問したんだ。この私がだよ。一年の大半を一緒に過ごす志賀さんと一緒に「あぁ、なんだか体がだるぃ。。。」と言いながら先方の会社に入るや否や「どうもー!いつもお世話になってますぅ~」と世界文化遺産に登録できるくらいのファニーフェイスに切り替えたのさ。君たちのようなカタチだけの友人関係ではなく3Dでお付き合いすることも大切だね。レッツ・カモ~ン♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の入り口と炭酸飲料

一部の心無い者には悲しいお知らせです。カレー、ハンバーグ、焼きそば、鉄板スパ、お好み焼き、ウィズときどき納豆のリピート率が高いために「お子ちゃまランチかよ!」と大きなお世話だこの野郎の内政干渉されていた我が家の夕食メニューに新たにパエリアが追加された。パエリアといえばスペイン、つまりスパニッシュだぜ。僕の存在はスパムっぽいぜ。この画像をほら、ご覧。だが「ホヤ、ご覧」となると二日酔いをぶり返す。何度もくどいようだがホヤは排水溝の蓋の裏側を舐めたような悪臭と食感だ。舐めたことないけど。もし、ホヤを毎日食べる鈴木杏樹とホヤが大嫌いなはるな愛のどっちを選ぶ?と聞かれれば迷わず前者を選ぶ。だって、ホヤ云々の問題じゃないだろ。ま、パエリアといっても既製品を炊飯器で炊くだけなので永谷園のお吸いものに毛が生えたようなものだが。おいおい、永谷園のお吸いものに毛が生えたら保健所が黙ってないでしょ。今朝から顔はいいが体調が悪い。今日はこのくらいで勘弁してくれ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困ったときの九州物産展で買った博多ちらし

岐阜に唯一残った都市型百貨店の高島屋へ行った。デパ地下だけは偏差値58レベルで賑わうが、2階から上は目を背けたくなるほど閑散としている。そのため足繁く訪れる私がここにいる。この「足繁く」という表現が大判焼き同様に大好きだ。踏ん張ってもらいたい、岐阜の絶滅危惧種になってほしくないという願いを込めて、我が家では高島屋のことを「トキ」と呼んでいる。よく使う例としては「ぶらっとトキに行こうか」略して「ぶらトキ」だ。ちなみに、岐阜県には土岐(とき)市があるが、こちらもほぼ絶滅危惧寸前だ。「困ったときには物産展」というデパートの無能&無策さを露呈する九州物産展が10階で催されていた。いつも一等地を北海道物産展ではロイズが、九州物産展では角煮まんじゅうの岩崎本舗が占める。我々が知らない世界でドロドロの争いがあるのだろうか。現場責任者が背中を刺され、一人の男が非常階段を駆け下りた。杉山警部シリーズ第3弾『九州物産展殺人事件』。今日も妄想列車は止まらない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最後に残った青春18きっぷの行方

あ、ふと気付けば青春18きっぷの使用期限が今日までだった。「またぁ~、そんなこと計算済みのクセに・・・」と思った奴。いいかげん、人を信じることを覚えたらどうなんだ。ちなみに、私は2週間前から計算ずくだった。そんな奴ですこの私。「あなたなんて大嫌い」と面と向かって罵られると上腕二頭筋に弱電流が走るくらい感激する血も涙も未来もない杉山弘道48歳。でも、健康診断で採血できるし映画を観て号泣もするし124歳まで生きちゃうよ。そこで今日は蒲郡へ行く。前から2列目のボーっと口を開けている今村鈴子。蒲郡は何と読むんだ?答えてみろ。そうだ「がまごおり」で正解だ。よくできた、褒めてやる撫でてやる舐めてやる。今回は城めぐりではなく、見失いかけた自分探しの旅なんだ。どうやって探すかって?いい質問だ。でも、答えは簡単さ。海に聞くんだよ。そっと耳を澄まして三河湾に吹き込む潮風と向き合ってね。ただ、ひとつだけ問題があるんだ。潮風って何語で話し掛けてくるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加