天下布武一覧

津山城

さらに数が膨大なんで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

津山

う~ん、数が膨大なんで詳細はヒマを見てチマチマと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有岡城にたどり着く前に3大激痛との戦い

伊丹駅で待っていた君、本当にすまなかった。米原行きの電車に乗ったが、大垣を過ぎたあたりで3大激痛(頭痛、腹痛、腰痛)に襲われた僕だった。スーパーバトルサイボーグと恐れられた私でも今回はさすがにまいったよ。ただ、そこらの筋トレマニアと戦うならこれくらいのハンデをあげたほうがいいかもね。普通の人間なら救急搬送されるところだが異常な私はそうはいかない。気力で米原まで行くと姫路行きに飛び乗った。だが、一区間の彦根で降りた。ハハハ、痛いもんは痛いんだ。目の前にある彦根城を素通りして岐阜に引き返すということは、大量の粒あんを口いっぱいに含んだ熟女が笑顔で手招きしている前を素通りするのと同じくらい辛いことだ。娘には旭ポン酢を土産に買って帰ると約束したのに使えないパパだぜ。で、余裕で午前中に帰宅したがね。何が今日の乙女座は89点だ。Yahoo!占いと大垣のバカ野郎!そこでだ、君たちに僕を全力で同情することのできる権利を与えよう。ただ、言葉だけなら要らない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膳所城と長浜城と翼果楼の焼鯖そうめん(滋賀県大津市・長浜市)

この夏、はじめて青春18きっぷを使って向かったのは滋賀県大津市だった。関ヶ原の合戦の後、徳川家康が藤堂高虎に命じて作らせた膳所城を訪れた。

今は整備されて公園となっているが、雰囲気があっていい。

本丸跡にしばし立っていたら汗が噴き出して凄まじかった。

琵琶湖が巨大な堀となっていて勝手に当時を創造するだけでもワクワクした。

駅に戻る途中で膳所神社へ立ち寄った。

表門は膳所城の本丸大手門で重要文化財だ。

状態はかなり厳しかったが、当時をしのばせる趣があった。

北門も膳所城の城門を移築したものだった。

膳所本町駅の駅舎も木造で個人的にはたまらない好物だった。

京阪電車で唐橋前駅へ向かった。

日本三名橋のひとつである瀬田の唐橋へ行った。

ロケーションの良さに誘われて喫茶店でランチを食べたが家畜の餌のようでハズレだった。

噴き出す汗を拭いながら長浜城へ向かった。官兵衛展が開催されていた。

今日の〆は、翼果楼の焼鯖そうめんと焼鯖寿司。相変わらず絶品だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近過ぎる加納城(岐阜県岐阜市)

いつもと大幅にコースを変えて散歩に出かけた。加納城の石垣を眺めているだけで癒された。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米沢城と上杉伯爵邸(山形県米沢市)

山形の朝は、昨日とは打って変わって絵具で描いたような青空となった。

案の定、まだ胃が重たかったが、熱い珈琲を飲むために軽く朝食をとった。

鈍行列車で米沢駅に到着し、レンタサイクルで米沢城へ向かった。

毘沙門天の上杉謙信公の銅像が青空の下、鎮座していた。

真っ直ぐな上杉神社は、やはり何かしら威風堂々たるものを感じた。

米沢と言えば、質素倹約で知られる上杉鷹山が有名だろう。

博物館も堪能した後、昼食を取るために上杉伯爵邸を訪れた。

月の膳を食べた。正直、料理はあまりたいしたことはなかった。

しかし、文化財だけあって建物はかなり重厚で趣のある立派なものだった。

米沢も一泊してゆっくり散策したくなるいい街だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形城と最上義光歴史館としあわせや(山形県山形市)

毎年恒例の細野さんとの今回の旅行先が山形だった。

東京で途中下車して江戸城を訪れた。しかし、2時間では全然足りなかった。

午後3時。ひとまずホテルメトロポリタン山形にチェックインした。

顔を洗うとさっそく歩いて山形城へ向かった。

想像以上にいい雰囲気だった。もっと大々的にPRしてもらいたい。

さらに山形城のすぐ傍をJRが走る光景はマニア垂涎のシーンだろう。

それまでの小雨も止んで涼しくなった。歩き回るには絶好の天候となった。

毎度のことだが、病的なくらい太い柱に抱き付きたくなる衝動にかられる。

今の山形を作った最大の貢献人・最上義光公の銅像があった。

家の近くにこのような場所があったら足繁く通うのに、といつも思う。

少し奥まった場所に山形市郷土館という荘厳な洋館があった。

どうやら重要文化財のようで、旧済生館本館という病院だったらしい。

この後、最上義光歴史館を訪れたが、感動するくらいかなりよかった。

最上家を堪能した後、駅前のしあわせやという居酒屋で大いに飲み食いした。

確実に3日分くらいは食べた気がした。胃が重くて仕方なかった。

とは言いながら、せっかくなので名物の板そばを駅構内の三津屋で食べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぷらっと気分転換に大垣城(岐阜県大垣市)

まだ原稿が届いていなかったことだし、気分転換を兼ねて大垣城へ行った。

惜しい城だ。そうとしか言いようがない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何度も訪れたい苗木城(岐阜県中津川市)

そのうち行こうと思いながら、なかなか行けない中津川の苗木城へ向かった。

その前に恵那峡サービスエリアで高山ラーメンを食べたが美味しかった。

まず最初に大矢倉跡と遭遇したが、これだけでも壮絶だった。

本丸までの道中、素晴らしい石垣と巨石の宝庫でため息が漏れた。

デアゴスティーニの復元CG図を見てからずっと憧れていた天守展望台だ。

その天守展望台から木曽川を臨んだ。自然の大堀といったところだろうか。

また、そこから大矢倉跡を見下ろした絵も格別だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大正館とにしむら日和銀座(埼玉県川越市・東京都千代田区)

今日も快晴だった。それどころかちょっと動けば汗ばむような天気となった。

川越プリンスホテルの部屋から珈琲を飲みながら窓の外をボーっと眺めた。

大正浪漫夢通りにある大正館でも珈琲を飲んだが、さすがに美味しかった。

オーナーが手作りのチーズケーキも渋い珈琲によくあった。

川越を後に江戸へ向かったが、江戸城は休園日で入ることができなかった。

空虚と空腹が交錯したので東京駅構内でお好み焼きと明石焼きを食べた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加