天下布武一覧

(S)名城公園店と名古屋城本丸御殿と地雷也の天むすだわ@愛知県名古屋市

「パパ、久しぶりに天むす食べたくない?」「食べたくない」「ううん、きっと食べたいはずだよ」「じゃあ、そーいうことにしとくけど。だから何?」「パパに買ってきてほしいの」「バローで?」「ううん、地雷也で」。ってことで、天むすを買うためだけに名古屋くんだりまで行く羽目になった残念ちゃんな僕がいた。が、さすがにそれだけのために往復で940円も出費するのはつらかろう。

せっかくだからと上記のとおりスタバ@名城公園店で地球環境に配慮するという誰からも叩かれない大義名分の下、マグカップに注がれた「コーヒーフラペチーノ」をすすった僕は100%満足した。その後、余裕で35℃を超える炎天下の名城公園の左端を進むと緑の中から名古屋城が垣間見えた。

お久しぶり、名古屋城。期間限定で公開していた重要文化財の西北隅櫓の太い柱や梁を触りまくって思いっ切りご満悦の僕は、外国人と日本の老若男女の大行列の最後尾に並んで本丸御殿に出陣した。僕が想像していたレベルをはるかに超えた素晴らしい御殿だったので名古屋市長を褒めてあげたい。

ほら、ご覧。これが家長の僕以外の杉山ファミリーが食べたくて仕方なかった地雷也の天むすだよ。正直、セブンイレブンのおにぎりと大差はないと思うがいかがなものか。僕の分け前は5個だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)福井花堂店とマシェリのしょうゆカツ丼と山頂にそびえる越前大野城@福井県福井市・大野市

筋金入りのスターバッカーのこの僕でも気温33℃の炎天下ではちとつらかったが、越前花堂駅での乗り換え時間が1時間12分もあったので往復20分の距離を歩いてスタバ@福井花堂店を訪れた。さすがに今日はソイラテのアイスをオーダーすれば、チェイサーのような小っちぇアイスコーヒーもお試しでもらった。ってことで、この夏、2回目となる青春18きっぷの権利を行使した僕だった。

気温34℃。計画どおり九頭竜線の愛称で知られる越美北線に乗ると越前大野駅で降りた僕が周囲をふと見渡せば、夏休みで暇を持て余しているピチピチの学生たちであふれ返っているかと思いきや、猛暑でもムダに元気なスッカスカのジジイとパッサパサのババアがチラホラいるだけだった。それはそれで仕方ない。とりあえず『マシェリ』でヒレ肉バージョンの「しょうゆカツ丼」をかき込んだ。

ほら、ご覧。嫌でも目に入っちまう越前大野城だよ。見た目に美しいのはステキなことだが、山頂にたどり着くためには大量の汗を噴き出しながら弘道が山道を20分ほど歩くことが必須条件だった。

忘れもしない2012年5月20日に世界のアツローとこの城を攻めた際には、アツローが黒い服を着ていたのでアブやハチが寄ってきて登城を断念した。アツロー、あなたってブラッキーは・・・。そのためすべてにおいて学習する僕は、Tシャツも白&パンツも白という全身ホワイティで挑んだ。

死ぬほど暑い。そこら中から湧き出る原価は0の名水を浸した使い捨てタオルで体中を拭きまくって何とかかんとか助かった。無料休憩所があったので今、小学生に襲われたら15秒で打ちのめされる気の抜けた姿でボーっと過ごした僕の至福のひとときが死ぬまで続けばそれなりにハッピーだろう。

いかんせん列車の本数がモーレツに少ない。敦賀駅での乗り継ぎ時間が51分もあったので駅界隈を静かに歩いた。いつもは乗り継ぎにしか利用していなかった敦賀駅だけどなかなかよさそうですな。特に駅前の喫茶店が気になったので近日中に長浜とセットで訪れてみよう。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)浜松メイワンエキマチウエスト店と十八番の玉子チャーハンと掛川城@静岡県浜松市・掛川市

お腹が痛くて午前2時51分に目覚めたことはありませんか?仕方ないのでパソコンでチマチマした作業をやっていたらYahoo!路線情報から「飛騨一ノ宮~高山駅間で発生した動物支障の影響で、一部列車に遅れが出ています」というメールが届いた。ま、この路線はしょっちゅう鹿と衝突している。とは言え、青春18きっぷの権利を行使して飛騨高山に行こうと思っていた縁起を担がない僕だけど「縁起が悪いな」と思って急遽、掛川城、君に変えた!その前に乗り継ぎの浜松駅で途中下車するとスタバ@浜松メイワンエキマチウエスト店でソイラテを飲みながら通行人の粗探しをして楽しんだ。

UVクリームを塗りたくったせいか顔が痒かった。紫外線と麺類は今年の僕の敵なのでまんべんなくUVクリームを塗りたくった。耳よ、耳。男は耳に塗るのを忘れがちなのよ。掛川駅に向かう途中、列車が袋井駅に停車すると「袋井には何があるんだ?袋井市役所だがね」とひとり言をつぶやいた。8分後、掛川駅で降りると最初に向かった『十八番』で冷たいビールをあおった。玉子チャーハンは甘かった気がしたけど僕は味覚オンチなので本当は激辛だったかも知れないし大将は左利きだった。

これで4回目の登城となる掛川城。いいですねぇ。木造の復元天守ではあるが、城内の二の丸御殿は全国に4つしかない現存御殿の中の貴重な1つだ。さぁ、4つをすべて答えなさい。汗だくになって掛川界隈を散策した僕は、帰りの列車の中では都こんぶのような酸っぱ臭い香りを丁寧に放出した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好物の郡上八幡城と新橋亭の飛騨牛朴葉味噌定食で大満足@岐阜県郡上市

朝、目覚めたら急に郡上八幡へ行きたくなったことはありませんか?晩春から初夏に限定すると僕はしょっちゅうです。郡上おどりとスギ花粉とご近所付き合いを一切なくして吉田川沿いにレトロ調のスタバができれば一週間後にでも家族全員で移住してあげてもOKなんだよ。だって、この僕だよ。

説明しよう、かたせ梨乃の『郡上八幡殺人事件』は「月曜ドラマスペシャル」で月ドラであり一方、片平なぎさ&船越英一郎の『郡上おどり殺人事件』は「火曜サスペンス劇場」で火サスだ。ハハハ、どっちにしてもこの郡上八幡城の天守最上階からの絶景のショットは効果的に使われていたはずだ。

吉田川沿いの崖っぷちに佇む『新橋亭』に午前11時ちょうどに一番で訪れた人生、崖っぷちの僕。

有休を使って一緒にやって来た次女は「海老フライ定食」を注文した。そして人生、崖っぷちの父は「飛騨牛朴葉味噌定食」を必要以上に丁寧に咀嚼した。完全禁煙のすこぶる居心地のいい店だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇和島城とJR予土線の四万十川と千秋の鍋焼きラーメンと高知城と(S)高知帯屋町店@愛媛県宇和島市&高知県高知市

怖くて電気を点けっ放しで眠ったにもかかわらず午前4時16分に起床した。普段の僕なら旅先では2~3時に目覚めるのに。ま、かなり疲れていたのだろう。案の定、今回は予定に入れていなかった宇和島城を8時に攻めた。やっぱいいですねぇ宇和島城は。一人きり遠くから近くから眺めていた。

そして、今回の主たる目的であるところのJR予土線、通称しまんとグリーンラインを満喫するべく列車に乗った。昨日はアンパンマン列車で今日は海洋堂ホビートレインに乗ったジジイの僕だった。ちなみに、この得体の知れない物体たちはどうやら親子のカッパらしい。近くに寄るとしゃべった。

列車の窓がキレイで四万十川が美しく映えた。名鉄の車両なら指紋や鼻&額の脂が付着しているのにさすが観光列車だ。とは言え、ナウシカに出てくるような変な形の昆虫が列車内を飛び交っていた。

正直、岐阜県加茂郡七宗町から白川町までの峡谷である飛水峡のほうがずっと好きだ。ともう1人の僕が言った。そして、特急あしずり6号で高知駅に着くや否や『鍋焼きラーメン千秋』で間違ってもうどんは注文しない。一番小さいサイズの鍋焼きラーメンとご飯を注文するとラーメンを食べた後にご飯を入れてマニュアルどおり雑炊にした。これが絶品で昨日の食事より7倍以上も美味しかった。

高知には4時間ほど滞在できる。残りは3時間だ。当然のように高知城を攻めた。2度目の高知城も荘厳だった。現存の天守に現存の本丸御殿。なぜに高知城が国宝でないのかが僕には理解できない。

静かに時間を掛けて丁寧に回った。すると宇和島駅から予土線の車両に一緒に乗っていた中年男性を発見した。当然、話し掛ける気などまったく湧いてこなかった。昨日の臥龍山荘の韓国人女性は今、どこで何をしているのだろうか。ご飯はちゃんと食べているのだろうか。高知城は再訪必至だろう。

高知城の隣にある高知城歴史博物館を訪れた。まだできたばかりの施設で木の香りが心地良かった。

残り時間は1時間ちょいとなった。地味に焦るぜ。アーケード街の中にあるスタバ@高知帯屋町店で「ダークモカチップフラペチーノ」を疲れ切った肺活量ですすった僕。今日は18540歩だった。もっと遠くへも近くへも行きたい。まだまだ日本中を隈なく歩きたい。のんびりしたいい旅だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

絶景の臥龍山荘とかどや駅前本店の伊達御膳と借景の宇和島城@愛媛県大洲市・宇和島市

新幹線などの特急列車のシートの背もたれを最大限にまで倒す行為は特急料金の中に含まれていると思っているので当然の権利として後ろの人に「あ、失礼します」と頭を下げない杉山です。よい子のみんなは絶対にマネしないでね。アンパンマンからのお願いだよ。今回もアンパンマン列車だった。

ちょうど1年前の6月13日のことだが、すっげぇ楽しみに訪れた臥龍山荘があろうことか奇跡的に臨時休館だった。ハハハ、悲しいのを通り越して笑ってしまった。そこで執念深い僕は再び訪れた。

圧倒的な圧巻で開いた口がふさがらないくらい間違いなく素晴らしかった。ここを絶賛した建築家の黒川紀章じゃなくても僕でも絶賛しよう。肱川の流れのように時間も滔々と流れているようだった。

もう一度言おう、昨年の6月に訪れた僕だが、その1か月後の大雨によりここ大洲地域も被災した。応援の意味もあれば、行けるうちに行っておかなければという思いも強かった。是非また訪れたい。

まあ聞いてくれ。長い黒髪に白いワンピース姿のKARAのメンバーよりステキな若い韓国人女性が一人旅でここを訪れていた。隠れて「あ、アニョハセヨ~」の練習をしていたら受付のおばちゃんがしゃしゃり出てきやがった。せっかく日韓関係の修復の一助になればと思った僕なのに。まあいい。

その後、特急宇和海21号で宇和島駅に着くや否や『かどや駅前本店』で「伊達御膳」を注文した。基本的に鯛めしが中心だが、右下にあるとろろっぽい見た目の「さつま」という料理が無理だった。焼き魚と麦味噌をすり合わせた汁をご飯にかけた家庭料理らしいが、その見た目がとろろでニオイは鮒臭くて僕にはごめんなさいだった。ごめんなさい。やっぱ『ほづみ亭』にしておけばよかったよ。

禁錮5年の牢獄です。大洲&宇和島界隈には僕にふさわしい小洒落たホテルがないのが残念ちゃん。部屋で『世界まる見え!テレビ特捜部』を見ていたらホテルで失踪した若い女性が貯水タンクの中で死んでいたという内容で怖くて怖くて泣きそうになるくらいビビっていた。しかも今回の部屋番号は606号室でダミアンの誕生日の6月6日っぽいじゃんね。結局、電気を点けたまま朝まで眠った。

とは言え、1階にローソンがあって部屋から宇和島城の天守が臨めたことだけは唯一の救いだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鬼太郎の官兵衛御膳と大河ドラマを見てから念願だった中津城@大分県中津市

午前3時53起床。軽くストレッチを楽しんだ後、セブンイレブンで買ったあんぱんとメロンパンを熱い珈琲を飲みながら食った僕は、熱い湯で丁寧に髭を剃るとソニック11号で中津駅に向かった。

ほぼほぼ真っ昼間の1時間前に中津駅に到着した。駅の観光案内所で融通が利かない女性スタッフに教えてもらった『鬼太郎』で「官兵衛御膳」を前に仕事をしているフリをしている世界のアツロー。

やっとこさ攻めることができた中津城。いいですねぇ、やはり城めぐりは最高にマーベラスですな。

天守最上階から四方八方を見渡した。なんとなく岐阜城のそれに似ているような気がした。そして、帰りの飛行機では世界のアツローが致命的に酔って悲惨だった。どう見積もっても今回の2泊3日で7回は死んでほしいと願った僕がいる。ボランティアはこれで終了。最終日は15740歩だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

武将のオールスターが結集した名護屋城と夕暮れの唐津城@佐賀県唐津市

ボランティア精神にあふれる僕は、還暦を迎えた世界のアツローのお守りをするべく貴重な3日間をアツローくんだりに提供することを決めた。名古屋城もいいが名古屋嬢もいい。しかしながら2人のジジイが攻め落としたのは名護屋城。はい、セントレアから「これだけ空いていると機長も気合いが入らないんじゃないの?」と感心するくらいガラガラの飛行機で福岡までひとっ飛びするとそこから列車で西唐津まで揺られること1時間47分、さらにバスでも揺られるとアツローが確実に酔った。

そんなことより名護屋城は実に素晴らしかった。東出丸から呼子大橋を臨む風景にしばし見とれた。

三の丸にてボランティアガイドの吉田一英さんの説明に耳を傾ける世界のアツロー。この僕と言い、吉田さんと言い、優秀なボランティアが隣にいないと何もできない世界のアツロー。実に面倒臭ぇ。

天守台に立った僕は、見渡す限りの玄界灘と対峙しつつ強めの海風をお粗末な体で心地良く浴びた。この絶景を当時の武将たちも眺めていたのかと思うとお粗末な体が震えてきた。寒かったのだろう。

佐賀県民の中でも偏差値68レベルの賢者しかご存知ないだろう名護屋城。以後、お見知り置きを。

甘味のない城めぐりなんて森永のココアのない真冬の午後9時のようなものじゃんね。ってことで、城内にある甘味処で「ぜんざいとほうじ茶」を全力ですすった。塩っ気が効いていて美味しかった。

「あれ?」と通り過ぎてしまったくらい究極にしょぼいホテルについては思い返すと気が滅入るので多くを語るのも少なく語るのもやめにしよう。ツインだけど当然、シングルユースだから念のため。

ボランティアガイドの吉田一英さんに教えてもらった居酒屋に行ったら予約で一杯だった。せっかくそこで働いている吉田さんの姪っ子のしほちゃんに会えると思ったのに残念ちゃん。仕方なく近くの『風林火山』に入ったが、ここ数日のシケで呼子のイカがないらしくて何気に凹む世界のアツロー。

ただ、ジジイたちの胃袋は完璧に満たされ、そして午後7時半を回っても九州はムダに明るかった。

せっかくなので唐津城を攻めたった。函館山の夜景と比べるのはすっげぇ酷な話だが、いくらムダに明るい九州とは言え、ちょっとくらい家の電気を点けたらどうなんだ。初日は15151歩だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

五稜郭と市立函館博物館と千秋庵総本家とレストランヨシヤ@北海道函館市

朝、雨もまた風情。むしろ小雨が悠久の歴史をこの僕の前にステキに漂わせているようにも思えた。まったくマーベラスじゃないか。五稜郭の箱館奉行所だが、これで何回目となるかしら。猫も杓子も真正面から撮影しているので僕は真裏から激写した。垣間見える背景の五稜郭タワーがいい感じだ。

人生、裏街道を突き進むべく、裏に興味がある僕は裏門橋を渡った。これまた人っ子一人いやしない独占状態だった。そこらの安い観光客たちとは明らかに目線と視点が異なる僕は偉大で立派だった。

実は五稜郭に向かう前にすぐ隣の道立函館美術館を訪れた僕だが、それがあまりにしょぼかったので僕のブログに載せることもはばかられるくらいだった。ところが、この市立函館博物館はそれなりに楽しかった。この辺りは『ブラタモリ』で見て少し知っていたのでゆっくり歩いてそれも楽しんだ。

その後、宝来町で市電を降りるとすぐの『千秋庵総本家』を訪ねた僕。その佇まいからして国宝級に素晴らしいですな。引っ掛かりながらもガラガラと引き戸を開けると笑顔の女性店員がそこにいた。

「ん?この時計って生きてんのかよ?」と思いながらも「どら焼き」や「函館散歩」などを買った。ずっと前から一度、この店を訪れたかった僕は100%目標が達成できて間違いなくステキすぎた。

しかし、JRの室蘭本線では使えなかったSuicaが函館の市電では当たり前に使えるのはこれいかに。とにかく1日乗車券を買った僕は無敵で7回ほど乗りまくったった。終点の函館どつく前で降りると『レストランヨシヤ』で「中エビフライとハンバーグ定食」を食べた僕はすっごくハッピーだった。おそらくそれはイチローの野球人生とほぼ同じくらいすっごくハッピーだったにほぼほぼ違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街並みもステキな龍野城とエデンの東の薄味のパスタ@兵庫県たつの市

確実に米原駅で34分間の休憩を挟んだにも関わらずそれから約1時間後の大阪駅の手前でほぼほぼ満タンとなった。しかし、努力と根性でそのままあと1時間ほど耐えて姫路駅まで持ちこたえた僕を全力で抱きしめてほしい。はい、これはナイスなシニアのレジェンドな尿意のことだよ。JR東海は何気に快適だけどJR西日本の列車に乗ると生徒が急に増えたために突貫工事で建てた藍川中学校のプレハブ校舎のように夏、暑くて冬、寒い。秋が大好物の僕は、青春18きっぷで龍野城を攻めた。

思っていたより5倍以上もキレイだったJR本竜野駅から徒歩22分でたどり着いた龍野城。当然、城も素晴らしいが、そこに至る街並みもかなりの小京都っぷりでこれまた思っていたより楽しめた。

この地域はそうめんの揖保乃糸が有名なので『エデンの東』で同じ麺系のパスタを食った。なかなか雰囲気のあるカフェだったが、田舎のそれによくあるように僕以外、地元の常連客で賑わっていた。自分で言うのも何だが、最悪な性格以上に旅先での食運がその数倍も最悪な僕。修行が足りませぬ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加