天下布武一覧

掛川城(静岡県掛川市)と浜松城(静岡県浜松市)だったのに鰻抜き

人ごみが大嫌いなので、世間で言うところのゴールデンウィークにはどこへも
行く予定はない。そこで、人が少ない今のうちに城郭巡りを愉しもうと思った。

初めて降りたJR掛川駅。木造の駅舎が風情をかもし出して偏差値58だった。

城下町のような趣のある商店街を真っ直ぐに歩くと目の前に掛川城が見えた。

重厚な四足門。人気(ひとけ)がなかったので立派な柱を執拗に撫で回した。

瑞瑞しい緑とピンクの間からは、高台にある天守が老眼の目に眩しく映った。

 

天空の城に続くかのような石の段を城下の景色を眺めながら1つずつ登った。

さすが平日の真っ昼間ということもあり、人の気配も僅かでとても満足だった。

と思いきや、額にポツリと水滴が。快晴だったはずの青空が急に曇り始めた。

「曇天に聳える天守もまた風情」と芭蕉並みに一句ひねりながら駆け込んだ。

城内を撮影している最中に轟音を立てながら強風が吹き荒れ正直、びびった。

天守から確認した西の空は快晴だったので「理不尽な通り雨」と結論付けた。

現存する数少ない城郭御殿の掛川城御殿を天守閣とツーショットで撮影した。

御殿の中を回ったが、本気のかくれんぼができるほど広い畳敷きに感動した。

掛川城を後にし、すぐ近くの城の餅本舗でよそにはない名物の饅頭を食べた。

「そんな遠い所から来たの!?」と店員に驚かれたが、同じ中部地方だろう。

鈍行でJR浜松駅に着いた。案の定、気持ちが悪いほど徹底的に快晴だった。

そこから浜松城までは余裕で歩くことができる距離だったので当然、歩いた。

400年前の築城時をそのままに野面積みが美しい石垣に大変興味を持った。

初夏のような日差しの中、その美しい石垣に沿って天守の入り口へと歩いた。

桜の天守もいいが、新緑のそれもまたいい。次には紅葉と白雪も見てみたい。

紫外線ショットを撮影しようと顔を上げたら飛行機が飛んでいたので激写した。

ちょっと小金が貯まった成金趣味の住宅のような鉄筋コンクリート造りだった。

天守曲輪に設置してあった石のベンチに座り、周辺を飽きるまで眺めていた。

十分に堪能した浜松城を後にし、市役所前を歩いていたら鎧掛松に遭遇した。

大して疲れもしなかったが、せっかくなので遠州鉄道に乗ってみようと思った。

遠州病院駅から新浜松駅までの2区間・2分間で100円。何気に嬉しかった。

その遠鉄の高架下に整然と並ぶべんがら横丁で遅いランチを取ることにした。

浜松だというのに誘われるまま、なぜか博多ラーメンの店に入ってしまった。

あっさり系とんこつラーメン。空腹だったのできっと何を食べても美味しかった。

掛川城は「日本100名城」の中の42番。快晴の日に再び訪れたいと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松尾芭蕉と忍者と古い町並みに映える伊賀上野城(三重県伊賀市)

1回の城郭巡りで軽く2キロは体重が減る。下手なダイエットよりは効果的だ。

岐阜→名古屋→伊勢中川→伊賀神戸と乗り継いだ。初めて乗った伊賀鉄道。

伊賀上野城は上野公園内にある。せっかくなので隣の忍者博物館に寄った。

他に客人はいなかったのでマンツーマンで様々なからくりを伝授してもらった。

伊賀生まれの松尾芭蕉。旅姿の芭蕉を建築で表現した俳聖殿は傑作だった。

目がくらむほど快晴だったので必要以上に汗を掻こうと爪先で歩いたりもした。

城づくりの名手・藤堂高虎により築城された白亜三層が耽美な伊賀上野城。

その当時の内堀と石垣が残存しており、昭和10年には天守閣も復興された。

表面に出る石の角や面を叩き、平らになっている打込み接ぎの石垣が圧巻!

城内を一気に巡った。横山大観、河合玉堂など46点の色紙が天井にあった。

横山大観の『満月』。システィーナ礼拝堂の『最後の審判』には劣るが、いい。

天井に神経を集中し過ぎたため、首と目が疲れたので天守から遠くを眺めた。

ピンクの花びらが散って葉桜になった侘寂(わびさび)がなんとも言えず風情。

日本有数の高さを誇る高石垣。黒澤明監督の『影武者』のロケにも使われた。

上野天神祭の巨大な「だんじり」が飾られていた。赤と黒の忍者姿は観光客。

1821年に建てられた藩校で全国的にも稀少な国の史跡でもある旧崇廣堂。

下から高石垣の美しいラインを眺めたが、樹が邪魔して上手く撮れなかった。

松尾芭蕉が29歳まで過ごした生家。有料だったので屋内には入らなかった。

生家から20分ほど歩くと芭蕉の草庵の中で唯一現存する蓑虫庵が現れた。

さすが忍者の町だけあり、至る所にこのような不気味な人形が飾られていた。

通りから一本、中に入るとこのような静かな佇まいが。これも一般宅のようだ。

午後2時半を過ぎたが、まだ何も食べていなかったので近くのカフェに寄った。

俳優の椎名桔平がプロデュースしたカフェのようで、彼の両親が営んでいた。
カフェなのに伊賀牛を煮込んだカレーがあったので、飲むように食べ尽くした。

「日本100名城」の中の47番。とても満足したが、もう3年は訪れないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彦根城(滋賀県彦根市)と長浜城(滋賀県長浜市)と黒壁の滋賀三昧

次女が高校に入学した際、祝い金としてもらった封筒が引き出しの奥のほうに
あることを都合よく思い出し、あろうことかそれに手をつけてしまった私が父だ。

 

こうなると中国のGDP並みに気が大きくなり、ふと気づけばJRに乗っていた。

国宝・彦根城。こじんまりとした風合いの天守で大好きな名城の1つでもある。

距離を変えて撮影したら想定外の女性が写っていたのでこれも縁だと頷いた。

西側から天守を見上げた。当たり前だが、日常ではない絵に大いに感動した。

天守の入り口付近にて。目を右にやると空の青と交錯した琵琶湖を確認した。

3階から四方を眺めたが、関西系のご婦人方がいつもの如くやかましかった。

満開の桜に囲まれた西の丸三重櫓。蟻のような安い観光客で賑わっていた。

普段は見向きもしないのに桜の時期にだけ群がるのもいかがなものだろうか。

北西より望む荘厳たる天守と見事な石垣。その美しさにうっとりしてしまった。

撮影における最近のマイブームは、このように太陽光を絡めた紫外線ショット。

黒門へと続く石垣に沿って歩いた。何気ない空間にも驚愕の趣が漂っていた。

彦根城の北東にある玄宮園から天守を望む美景ショットを何十枚も愉しんだ。

せっかくなので動画も収めた。クレパスでなぞったような青色が印象的だった。

いろは松の対岸に狂おしく咲き乱れた桜。薄っすらと湖面に映えるのも風情。

その後、JRに乗って長浜へ向かった。長浜駅から5分の場所に立つ長浜城。

琵琶湖に面していると言っていいほど近く、展望室から360度を収めてみた。

桜を突っ切って水平線に向かっているようで精神的にも肉体的にも癒された。

全国的に有名な黒壁スクエアへと足を向けた。懐かしい通りを丁寧に歩いた。

途中、笑顔のポン引きに誘われて黒ごまの串ぬれおかき(200円)を食べた。

当然、それだけでは物足らなかったので素晴らしく趣のある翼果楼に入った。

明治村の店舗のような造りに感心したが、これだけでは空腹は満たされない。

この焼鯖寿司と焼鯖そうめんだが、絶滅危惧種並みの絶品で大満足だった。

彦根城は「日本100名城」の中の50番。「現存天守」で国宝という貴重な城。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本丸御殿の復元に大きな期待を寄せる名古屋城(愛知県名古屋市)

この週末にも葉桜になるだろうから久方振りに近くて遠い名古屋城を訪れた。

これがベストビューポイントだろう。重厚且つ荘厳な姿態が眩しいくらいだった。

西北隅櫓。三重三階の立派な櫓だが、ここには人の気配がまったくなかった。

石垣が実に素晴らしく、ジッと眺めていたら時間が過ぎるのを忘れてしまった。

 

保存工事中の西南隅櫓。すぐ後ろにいた老婆の声高に苛立ったが我慢した。

これもまた重要文化財の東南隅櫓。デジカメをズームして隅々まで観察した。

天守前でパノラマ映像を撮影したが記念撮影中の老婆まで収まってしまった。

快晴とはいえ、シャツが汗で重くなるくらいの初夏を実感させる数時間だった。

一歩足を踏み入れたらヒヤッと涼しい天守の地階をそれとなく動画に収めた。

5階の展望室からの眺めだが、ここまで登っただけでゼエゼエと息が切れた。

こうした画像もこの工事が終わってしまえば貴重となるので1枚撮っておいた。

名古屋城を後にし、レトロな円頓寺商店街近くの四間道(しけみち)を歩いた。

名駅から歩いて10分の場所なのに風情があっていい。しかし、まったく宣伝も
街ぐるみのPR活動もされていないので精彩の欠片も感じない、もったいない。

その途中にある右近で松花堂弁当を食べたが、値段の割には今一つだった。

日本100名城」の中の44番。とても見足りないのでもっと頻繁に訪れたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歩いて約15分の場所にある加納城跡で歴史を堪能(岐阜県岐阜市)

Tシャツ1枚でも十分なくらい暖かい一日だった。加納城跡まで足を延ばした。

満開の桜。その樹の下で横になっている怠惰な大人たちがまったく多かった。

そのような落ちぶれた輩にはなりたくないと思った。野面積みが見事な石垣。

その角は横長の石が交互に重なる算木積み。すぐ隣が一般住宅で失笑した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

瀬戸川沿いの白壁土蔵街と飛騨の増島城跡(岐阜県飛騨市)2-2

宮川朝市に行こうと計画していたがコロッと忘れたので飛騨古川へ向かった。

高山駅~飛騨古川駅までの約16分間、ひたすらデジカメを持ち構えていた。

着くや否や、さすが飛騨古川の早春。駅前には、大きな雪の塊が残っていた。

全国的にも有名な「起し太鼓」に関連する品々が通り掛かった広場にあった。

正直、私は祭りが嫌いだ。隣接する岡田屋の五平餅を青空に包んで食べた。

瀬戸川と白壁土蔵街。この時期ゆえに、あいにく鯉たちは泳いでいなかった。

このくらいの川が丁度いいと思った荒城川。遠くの山々には雪が残っていた。

その川に架かる吉城橋の近くに雪の塊があり、よく見るとつららになっていた。

そのまま古い町並みを亀のように歩いていると美味しそうな看板を見つけた。

まだ飛騨のラーメンを食べていなかったので注文したら普通に美味しかった。

当てもなく歩いていたら、駅から6分の場所に石垣だけの増島城跡があった。

素朴な石積みを眺めていたら本当に癒された。また、すぐ隣の古川小学校が
異様なほど趣のあるデザインを装っていたので校舎に入りたくなってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

城下町界隈も必要以上に愉しくて大満足した犬山城(愛知県犬山市)

2000円もあれば一日中、気持ちよく愉しめる犬山城とその界隈へ出掛けた。

すでに11時半だったので、最初に池田屋の名物どんでん丼と餃子を食べた。

そこから歩くこと約10分で国宝犬山城に。これが私のベストビューポイントだ。

一気に天守閣まで登った。靴を入れたビニール袋の音が若干、耳障りだった。

大杉様と呼ばれる見事な老木。昔は天守閣と同じくらいの高さがあったらしく、
落雷のときには身代わりに台風のときには風よけにもなった有り難い御神木。

上記の画像では大杉様が8分の1ほど隠れているので今一度、ツーショット。

密度の濃い石垣が大好きだ。これは自然石をそのまま積み上げた野面積み。

少し離れた城下町から撮影した遠い犬山城。少しの桜木が小さく咲いていた。

芳ばしい匂いにつられて寄った山田五平餅店。多くの観光客で賑わっていた。

だんご型の五平餅(100円)を。この他には、わらじ型の五平餅(130円)も。

日本100名城」の中の43番。また、12しかない「現存天守」の貴重な1つ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒風の中、笑顔のスタッフが印象的だった清洲城(愛知県清須市)

いつも名古屋へ向かうJRの中から静かに眺めていた清洲城へ初めて行った。

完璧に模擬天守とはいえ、確実に荘厳な建造物だった。また、大手橋もいい。

何事だろうか、黄色いスタッフジャンパーを着たおばさんたちが点在していた。

赤と黒のメリハリの効いたコントラストが視神経を通って交感神経を刺激した。
だが、それは飽くまでも「そんな感じ」であって神経にはまったく詳しくはない。

天主閣から大手橋の眺め。清洲城では「天守」ではなく「天主」を用いている。

ちなみに「清須市」が正しく、「清洲市」は誤表記。遠くに名古屋城を確認した。

動画では小さかったので静止画の大きな名古屋城。来月あたり行ってみよう。

清洲公園に佇む織田信長の銅像。岐阜駅前のそれとは違い、風格があった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

貸し切り状態でまったく寂しかった旧国宝の大垣城(岐阜県大垣市)

気分転換のためだけに普段なら車で行くところをJRに乗って大垣まで行った。

その目的は大垣城。近くにあるのに今までに一度しか訪れたことがなかった。

青空と乾櫓。天守も櫓も国宝だったが、戦火で焼けてしまったのは至極残念。

東から臨んだ凛々しい大垣城。微塵も知らなかったが、外構の工事中だった。

いくら平日の昼日中とはいえ、私一人しかいなかった。とても寂しい気がした。

重厚な東門。もう少し地域が果敢に宣伝したらどうなんだと強い憤りを覚えた。

大垣城をあとに近くの八幡神社に立ち寄った。境内にある湧水が冷たかった。

小腹が空いたので駅前の手打ちそば屋でにしんそばを食べたが不味かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ青な金華山に燦然と聳え立ち続ける岐阜城(岐阜県岐阜市)

水族館と同じように全国に点在する城も生きている限り足繁く巡ろうと思った。

そこで「日本100名城」の中の39番である岐阜城に登った。とても寒かった。

天守閣からの眺め。山道を全速力で駆け上ったので心臓が破裂しそうだった。

15分ほど固まっていたら脈が正常になった。改めて眺めると雲が美しかった。

これは軍用の井戸らしいが、今までここにあったことすら1ミリも知らなかった。

下山し、こまや左介の熱い烏骨鶏ラーメンを食べたら死ぬほど美味しかった。

大正6年に建立された三重塔だが、この世の中で最も美しい朱色だと感じた。

岐阜城に隣接する資料館の中に「日本100名城」のスタンプが置いてあった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加