悪党の役割

三峡ダムのモーレツな水量の重さで地球の軸がズレるなどというまことしやかな噂が飛び交う昨今、その裏側にモーレツなデブがウヨウヨいる国を誘致したら絶妙のバランスが取れると思う杉山です。ハハハ、相変わらずの悪党っぷりじゃねぇか。思うに、弘道君の先祖をたどればはるか昔にすっげぇ悪党もいただろう。でもね、その悪党のたった1人でも欠けていたら今の弘道君は100%この世に誕生していなかったと思うとその悪党でも愛おしくなりませんか?はい、いいか悪いかは別にして、はるか昔の悪党のおかげで現代の悪党の僕が誕生したDNAの執念を感じる巻頭文はここまでです。前にも言ったが何度でも言おう。この僕は一日一食半主義者というか、もっと食べたくても胃の腑のキャパがそれくらいしかないの。そこでだ、今日の貴重な一食はたこ焼きパーティー、君に決めた!たこ焼きをパクつくちびっ子ギャングたちを見つめながら「こんな悪党のジイジでもね、いなければ君たちも今、ここに存在していないんだよ」と言いたかったけれど言わなかった。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にも迷惑をかけない休日の過ごし方

3週間くらい前から「あなたのアカウントが停止されました」という件名のメールが大量に届くので「えぇ~!それは困りますぅ・・・。これが停止されるとマルチ商法の勧誘ができなくなりますぅ。せっかく多くを犠牲にしてここまで昇りつめたのに・・・。1分1秒でも早く復活させてください。この度はわざわざご連絡いただき本当にありがとうございます♪」という丁重なメールを返したのにうんともすんともにっちもさっちもどいつもこいつも返事がないのはいかがなものか。寂しがり屋のこの僕をスルーするなよな。はい、半径2メートル以内にある原価は0のツールを使って暇つぶしをエンジョイしまくる巻頭文はここまでです。あろうことか安い世間は4連休らしいが、我が道を行く弘道はと言えば、おそらく6357連休中。いいかげん、この僕に職を与えてやったらどうなんだ。「じゃあ草でも刈りなさい!」と叱られる前に自ら進んで刈り込んだった。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日清食品のカップヌードルと同じ誕生日の僕

お誕生日おめでとう!僕。本当によく頑張ったね、僕。これからも末永くよろしくね♪僕。ったく、登場人物が僕しかいねぇ。はい、56歳という何の区切りにもならない数字でまったく感動も感激も感慨も感銘もない無慈悲な巻頭文はここまでです。でもね、感謝はしているよ。ハハハ、今月末まで好感度アップ↑キャンペーン開催中!話を戻そう。もし君たちがこの僕を全力で祝ってくれるのならそれを拒むつもりはないので念のため。ちなみに、言葉だけなら要らない。ところで菅内閣支持率が64%とのことだが、僕の年齢と同じ数字になるのはいつのことだろうか。そんなもん知らんがな。日本家屋なら築30年も経てばボロボロだ。人間の体も築56年も経てばボロボロだ。ま、この僕のルックスはイタリア系だけど大和田(爆)。家長に冷たい我が家だけれど今日だけはシャトレーゼのお値打ちなケーキを買ってもらった。財布は僕だけど坂本(泣)。では、熱い珈琲でいただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

都合のいい大義名分を掲げて新企画の一人旅に出よう

杉山としては松山や竹山、ましてや全国世帯数が江頭より少ない梅山だけには絶対に負けられねぇ。はい「林だけには負けるんじゃねぇぜ。あっちは木が2本だが、こっちは木が3本もあるんだぜ」と全国の森さんから聞こえてきそうな低レベルの争いの巻頭文はここまでです。うん、本編につながるステキな滑り出しで君たちが想像している以上にご満悦の僕は、何もやることがないので散歩がてら岐阜駅構内にある『敷島珈琲店』を訪れると鉄板ナポリタンと生姜カレーが大昔の政略結婚のように合体したオリジナルメニューの「モリライス」を注文したった。ほぼ確実にハヤシライスを意識したネーミングだよね。この際だから百歩譲って二歩下がろう。それ自体は許すが、ここは西日本ゆえに[×ナポリタン ○イタリアン]という認識を持ちなさい。今回のようにその地のその店にしかない料理を食べ歩くべく全国を行脚したくなってきた。僕、一日一食半主義者だから最寄りのコンビニのおにぎりだけで満腹になるけど。さぁ、新たな企画を立ち上げて一人旅に出よう。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金が勝手に入る人生100年時代の仕事

ちょっと前までは「儲かる仕事」が人気だったが、これからの人生100年時代にマッチする仕事は「1分でも長く続けられる仕事」だと思う。はい、いつになくビジネスチックなスタートにご満悦の巻頭文はここまでです。3か月ぶりにトシコちゃんの美容室で髪を切って見事に寝落ちた僕だった。まぁ、3か月ぶりだから客としては下の下のゲゲゲの鬼野郎レベルだね。ゴメンね、長良川の北側へ渡る作業が億劫な僕で。初夏の不気味な土石流の如く毛量が下降気味の今日この頃、早春の鬱陶しい花粉症の鼻水の如く涙がダーダーに流れませんか?ところで美容師はいい仕事だね。どれだけ優秀なAIがはびこってもさすがに俺様の髪はカットできんだろ。それにね、お金を稼ぐことを目的として働くのではなく、一美容師としての自分の価値をお客さまに提供し続けることでお金が勝手に入る。そして、それは恒常的に、つまり定年がない限り死ぬまで入り続ける。とブログには書いておこう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ツチノコどころか村人でさえもほぼ見掛けなかった僕@岐阜県加茂郡東白川村

日本で唯一、地域内に寺院が存在しない自治体であるのにも関わらずツチノコだけは存在するらしい東白川村に興味を持ったことはありませんか?僕はと言えば、制限速度のドリーム号で下呂温泉へと向かう際に素通りするのがせいぜいだったので今回は舐めるように攻めてみたいと思った次第です。それがだ、昨晩からアンダンテのリズムでいい感じに襲ってくる腹痛が止まらない。昨日の晩ご飯の鉄板ハンバーグの中に一服盛られたかしゃん。まあいい。いや、ちっともいいことない。とは言え、家で寝転がっていてもネタは湧いてこないので命がけで出掛けた僕を全力で褒めてほしい。ハハハ、約2時間で道の駅茶の里東白川に到着するや否や隣接する『野菜村』で「鶏ちゃん定食」を食べた。

近所のおばちゃんたちが作っている料理だとは思うが、これが想像以上に美味しくて大満足だった。しかし、それとこれとは話が別だった。当然、これというのはいい感じに襲ってくる腹痛のことだ。では、帰ろう。でも、せっかくなので道の駅の周囲だけ前傾姿勢で歩いた。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦国の乱世に比べれば令和の現世はパラダイス♪

毎週月曜日の午後2時は前日の夜に録画した『半沢直樹』と『麒麟がくる』を湖池屋のドンタコスを食べながら見なければならないので慌しくありませんか?いいえ、僕はカルビーのかっぱえびせんを食べながら見ているのでそれほどでもありません。はい、我ながら荒唐無稽かつシュールな巻頭文はここまでです。戦国の乱世に比べれば現世は天国じゃないか。昨日までの敵は今日も敵。今日の敵は子子孫孫に至るまでずっと敵。そんな大昔に思いを馳せれば半沢と対峙している大和田元常務なんて可愛いものじゃないですか大和田(爆)。例えば、友人があなたの悪口を触れ回っていたとしよう。すると「俺ってあいつに何かしたのかな?そんな覚えはないんだけど・・・」とイチイチ凹むよね。相変わらずバカ野郎だ。敵は多いほうが楽しい。それに1人の敵がいれば2人の味方を作ればいい。最低でも「敵の人数+1人」≦「味方の人数」にしておけばいい。はい、コテコテの文系の僕ゆえにこの方程式が正しいかどうかも今ひとつ自信がない中締めの巻頭文はここまでです。とにもかくにも敵はある程度いたほうが人生は楽しくて原価は0の暇つぶしになるというオチで今日の〆としよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カラスとモグラは絶対に敵に回すな

杉山家の人生の処方箋の中に「カラスとモグラは絶対に敵に回すな」がある。幼い頃からこの僕は、雷と地震が死ぬほど嫌いであり身震いするくらい大の苦手で今でもそれは1ミリも変わっていない。雷は上空から攻めてきて地震は地中から攻めてくる。上から下から。だから、逃げようがないんだ。例えば、1羽のカラスに逆らってご覧。上空から小石を落とされるくらいならまだしも近くの墓からくわえてきた火の点いた線香でも落とされた日にはたまったもんじゃないよ。数多くの動物の中でもカラスの脳ミソは異様に大きいんだよ。これと同様にモグラも敵に回せば僕たちが手の付けられない地中から好き放題に攻めまくるだろう。ま、モグラに復讐する脳ミソがあればの話だが。とりあえずマウントを取られて凹凹にされる恐れがある相手は絶対に敵に回さないことが人生の処方箋なんだ。ここまで書いて言うのも何だが、今日はこんなことをブログに書きたかったわけじゃない僕がいる。まあいい。湿気で食欲が偏差値47レベルだったのでバローで買ってきたアジフライでジ・エンド。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平時・有事・無事・臨時の味噌煮込みうどん

自民党の総裁選が盛り上がっているか否かは別にして、僕が党首である全国甘党の党首選もそろそろ始めたろかしゃん。立候補したい方は現党首名義のジャパンネットバンキーに供託金として3万円を手数料は自分持ちで振り込んでください。だから、そんなことはどーでもいいんです。はい、新種の副業を考えている巻頭文はここまでです。総裁選の話に戻そう。3人のうちで誰にその資質があるか否かではなく「今の時代に最適な人物は誰?」ではなかろうか。極端な話、世界中が平和な世の中で死ぬほどヘルシーな毎日を満喫していて戦争の心配も拉致問題も何もなければ僕でもいいじゃんね。ま、それも賛否両論だと思いますよ。ハハハ、さすがに僕もそう思います。では、北北西から濃厚な睡魔が襲ってきたのでそろそろ今日の〆に入ろう。争い事のない平穏な平時、戦争などが起きそうな危険な有事、何事もない無事、とりあえず臨時によって選ばれる人物が抜本的に異なってくるのではなかろうか。今日のディナーは秋の足音が聞こえてきそうな平時の味噌煮込みうどん、君に決めた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

持つべきものは血のつながっていない親戚

ほら、ご覧。あろうことか先日の台風10号で外れちまった我が家の屋根瓦を親戚の工務店の社長が「ほんならやったるで」と足場も何もない状態で3階からよじ登ると修理してくれている真っ最中。たしかにあなたは大工でもあるけれど四捨五入すると80歳だよね。向かいの母屋の屋上から勇敢に瓦と格闘しているシーンを眺めていたら極度の高所恐怖症の僕ゆえに真剣に気持ち悪くなってきた。とは言え、屋根から転がり落ちたら最高のネタになると思って写真ではなく動画で撮影できるように震えながらも万全の態勢でスマホを構えていた僕を全力で許してほしい。とりあえずこれで安心だ。台風だろうが温帯低気圧だろうが「あたし、土曜日の朝は低血圧なの・・・」だろうが結束バンドで束になって掛かって来やがれ、この野郎。大変申し訳ありません。前の2つは何卒ご遠慮願います。とにかく持つべきものは血のつながっていない親戚だね。血のつながった親戚にろくなのはいない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加