(S)リーフウォーク稲沢店の軽薄なスコーンより重厚な手作りハンバーガー@愛知県稲沢市

僕は店を開けたばかりのスタバが好きなんだ。店の中の空気がまだキレイで、冷たくて、何もかもがピカピカに光っていて、スタッフが今日の最初の一杯をふって、キレイなトレイの上にそっと置き、折り畳んだ小さなナプキンを添える。それをゆっくり味わう。静かなスタバでの最初の静かな一杯。こんな至福の一杯はないぜ。う~ん、この洗練された文章を読んでレイモンド・チャンドラーの名作『長いお別れ』のパクリだと分かったステキな君には座布団15枚を山田君からプレゼンツしよう。はい、それなりにご機嫌な巻頭文はここまでです。わざわざ往復640円もかけて稲沢市までJRで向かった僕がいた。スタバ@リーフウォーク稲沢店で「アメリカンスコーンミックスベリー」を熱いソイラテと一緒に満喫した。え?そのためだけに行ったの?いやいや、ちゃんとチェックする原稿と定期購読している雑誌を持参したんだけど店内の照明が9月に上陸する台風の夕方の15分前くらい薄暗くて文字が一本の線にしか見えなかったから断念しちまったんだ。ったく、老眼って残念よね。とは言え、元だけは取る男ゆえに必死に考えまくって2万7千円くらい儲かるヒントを考え付いた。

ふ、若かった頃は1時間で87万6千円くらい儲かるヒントが岐阜公園の噴水の如く湧き出まくったこの僕だが、今では午前2時37分の残尿感のようにチョロチョロとしか出やしない。もうとっくにダメかもしれない。はい、中締めの巻頭文はここまでです。スタバを訪れるだけで1万歩近くも歩き胃の腑が空腹で踊っていたので重厚な手作りハンバーガーを一気呵成に詰め込むと一日が終わった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャネーの法則:僕とジェニーの悲しい物語

恥の上塗りより厚化粧の上塗りのほうが全国レベルでヘビィだと思うがいかがなものか。ベテランと新人の意思の疎通方法、ひいては強いチーム作りに役立つ重要なポイントをタダで教えてあげよう。もう一度言おう、タダで教えてあげよう。もう二度と言わないが、今日の晩ご飯はエビドリアだよ。そこで「ジャネーの法則」はご存じかな?ま、読み書きも満足にできない君たちのことだから確実に知らないとは思うけど、ぷ。はい、これは「年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く感じられる」という法則さ。例えば、満で54歳の僕にとって1年の長さは人生の54分の1だけど満で27歳のジェニーにとっては27分の1に相当する。そのため僕にとっての2年間がジェニーにとっての1年間に当たり、ジェニーの1日が僕の2日に当たることになる。おぉ!マイ・スイート・ジェニー、あなたってジェニーは・・・。ところでジェニーって女性の名前だよね?だから、人生が長くなればなるほど心理的に時間の経過が早く感じられるんだ。マウス右手&スマホ左手の君たち、滑舌が最悪なこの僕の話について来れるかな?それゆえに「企画書を明日までに提出してくれよ」とジェニーに言っても僕とジェニーの心理的な時間の長さが2倍も異なるんだよね。それ以前に英語で言わないと通じない坂本(泣)。おぉ!マイ・スイート・ジェニー、あなたってジェニーは・・・。たしかに朝昼晩とマック&コーラで済ませる彼女には数々の問題はある。だが、これは努力や根性や食生活で是正できることではないんだ。その人の歩んできた人生の長さを絶えず意識することだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(嵐の)大野君、バンザイ!

傷だらけのドリーム号を必要以上にバージョンアップさせるべく世界の山ちゃんに託した僕がいた。何気に代車がコンフォタブルだぜ。その帰り道、トイレに立ち寄った道の駅パレットピアおおの内のベーカリーでごまあんぱんをぬるい珈琲で地味に地道に押し流した。あまりに暇だったのでスマホでニュースを読んでいたら嵐の大野君に関する記事が目に留まった。そのとき僕は大野君のコメントを読んで思わずぬるい珈琲を噴き出しそうになった。「自由な生活がしてみたい」というのは分かる。その中身だが「釣りをしていても明日、撮影の仕事があると思うと楽しくない」「何も考えずに絵を描きたい」と大野君。ハハハ、サラリーマンと一緒じゃん。例えば、このGWの10連休を利用してタイのプーケットに行っても「はぁ~、明日から仕事か。連休でさらに仕事がたまってる・・・」と凹みまくり、タイのプーケットでも近所のマーケットでもまったく同じで今を楽しむことができない哺乳類がサラリーマン目サラリーマン科サラリーマン属サラリーマン種なんだ。結局、明日の仕事を心配することなく楽しむことができるのは定年後だが、そのときはそのときで近所の犬猫にも相手にされず孤独に押し潰されそうになって今を楽しむことができない。あ、ちょっと休憩していいかな。あまりに可哀想で今にも涙があふれそうな僕がいる。ジャニーズもサラリーマンなんだろうね。ま、大野君のようなことが言えるのも食うに困らないだけの潤沢なお金と余裕があるからだろうけどね。そこがそこらのサラリーマンたちとの決定的な違いだね。ハハハ、これは仕方ないよね。ちなみに、映画にもなった『ちびまる子ちゃん』に登場するサッカーが大好きな2人の少年は大野君と杉山君。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

岐阜あんぱんに見る地べたを這うようなほぼ長生きのヒケツ

名鉄岐阜駅にほぼ隣接するヴィ・ド・フランスで「岐阜あんぱん」を熱い珈琲で満喫した。おそらくほぼ9年ぶりのそれだろう。商品化されて速攻で食べたのでほぼ9年以上も売れ続けている一品だ。今も売れ続けるそのヒントが知りたいこの僕は「息の長いヒット商品だね」と1人の女性スタッフに話し掛けた。すると小さく微笑んでくれたものの満足のいく回答はなかった。よく考えれば、彼女は見た目にほぼ19歳なので岐阜あんぱんが店頭に並び始めた当時はほぼ小学生だったかもしれない。この僕としたことが・・・。ブームを巻き起こして短命で終わるヒット商品もあれば、今も人知れず売れ続ける息の長い準ヒット商品もある。ブームを巻き起こした商品に息の長いものは少ない。僕が扱うとするなら「地べたを這うような地味に地道に今も人知れずチマチマと売れ続ける知る人ぞ知る商品だけど知らない人はちったあ努力して少数派の心情を察したらどうなんだ」という商品がいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

傷だらけのドリーム号に学ぶ「夢も希望もあったもんじゃない違和感の本質」

「シリアルバー」と「シリアのバー」はよく似ているが「知り合いのババア」は100%無理がある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。はい、失うものはてんこ盛りでも得るものは何ひとつないチャレンジ精神旺盛のムダに熱い巻頭文はここまでです。ったく、余分なこと言わなきゃいいのに。ハハハ、新種の病気やがな。例えば、車の運転が下手な奴でも練習をすれば車庫入れは上手くなる。が、信号が青から黄に変わる瞬間と言うか刹那のそのとき「まだ進んでいいの?」「もうブレーキを踏まなきゃいけないの?」という絶妙な間合いの感覚はいくら練習を重ねたところで身に付かない。さらに自分が右折する際に直進してくる対向車との「え、あ、これって行けるの?」という間合いの感覚もいくら練習を重ねたところで身に付かない。はい、想定外にステキな感じに進行中でご満悦♪これを車の運転から自分の仕事や普段の生活などに置き換えてみよう。パートナーとぎくしゃくする理由がよく分かる。練習や努力で身に付くことなどたかが知れている。相手に違和感を覚える本質の部分はそれ以外にあり、それは克服できない。で、どうすればこんなところをぶつけるのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Abeille.Sの巨大なモンブランとたっちゃんらーめんのこってり中華@岐阜県美濃市・岐阜市

腹が立つほど極寒の日が続くと火の点いた蚊取り線香をマニア垂涎のかりんとうのようにボリボリと心地良い音を立てながら食べたくなりませんか?3万円もらってもならねぇよ。5万円なら・・・、ならねぇよ。はい、崖っぷちなりに理性があってホッと安堵した巻頭文はここまでです。見上げればムダに快晴だったので気分転換を兼ねて生まれ故郷の美濃町へとドリーム号を走らせた。着くや否や『Abeille.S』のエベレスト級の巨大なモンブランを一気呵成に登頂した。あろうことか僕のスマホが次女をフォーカスして巨大なモンブランがピンボケしちまったので切り貼りしたった。清らかな心の持ち主には見えるんだけど中にもう1個の栗が入っているんだよ。その後、古い街並みを散策した。

久しぶりに現存する最古の近代吊橋で重要文化財の美濃橋を見に行けば修復中で何も見えんかった。まあいい。普段の僕ならブチ切れていただろうが、18分前に栗を2個も食べたからご機嫌だった。とーるちゃんの店でコロッケを食おうと思いきや、日曜日は定休日だった。まあいい。普段の僕ならブチ切れていただろうが、32分前に栗を2個も食べたからご機嫌だった。とは言え、そろそろその効力も限界だった。そこで帰り道に『たっちゃんらーめん』に寄ると「こってり中華」を吸引した。

幼い頃から肺活量に影響を及ぼす麺類はあまり好きではない僕だが、ご覧のとおり見事に完食した。今日の総括:生まれ故郷の美濃町は僕をウエルカムなのかゴーアウェーなのかどっちなのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とまどうペンギン:安い本能か煩悩のファーストチキン野郎たち

『トランスポーター』のフランク・マーティンと『イコライザー』のロバート・マッコールが本気で戦ったらどっちが残るのだろうか。『相棒』の杉下右京と江戸川コナン君が同じ難事件に遭遇したらどっちが早く解決するのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。とっくに青息吐息の岐阜横丁の中にも串カツ田中が入っている。この会社は全国にある約200店舗を完全禁煙にした。素晴らしいじゃないか!喫煙客の多い居酒屋チェーンで完全禁煙に踏み切ったのはここが初めてだ。そして案の定、とっくに青息吐息の岐阜横丁の中では串カツ田中だけが多くの客でにぎわっている。まだ行ったことないから僕の予想以上、幻想未満、ほぼ妄想だけど。許せ。リスクを恐れることなく勇気を持って新しいことにチャレンジする者のことを「ファーストペンギン」と言う。ペンギンには群の中の1匹が海に飛び込まないと全匹が氷上でジッと動かないという変わった習性がある。そう、海の中には数多くの餌があるが、数多くのデンジャラスもある。この先、東京オリンピックを控えて一気呵成に完全禁煙化に舵を切る居酒屋も出て来ることだろう。すると「あぁ、串カツの田中さんと同じだね」と言われること必至。少し前に戻るが、この僕が名古屋港水族館でボーっとお口を開けてペンギンを眺めているだけの男前だと思ったら大間違いだ。話を戻そう。「あたしって新規開店したフレンチのお店に一番で並ぶわ」。それは一番のペンギンでも何でもなく、君の安い本能か煩悩だ。それを「ファーストチキン野郎」と一昨日の午後4時からこの僕だけがそう呼んでいる。同じ鳥類でくくってもらえただけでも感謝しろ。はい、ロンゲストな巻頭文はここまでです。カキフライなう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

揖斐郡大野町の世界の山ちゃんとランチを楽しんだ後のコーヒーフラペチーノ

同い年の山﨑さんが働いている姿をマジか?いや、間近で見ていると僕まで働いている気になるから勘違いって不思議でステキだ。今年も早1か月が経とうとしている。僕もそろそろ就活に励みたい。そこでだ、エム・テック・サージョンまでドリーム号のオイル交換に出掛けた僕がいた。着くや否や「杉山さん、ご飯食べに行こ」と世界の山ちゃん。ってことで『角禧』でランチをご馳走になった。この僕に一度もご馳走したことのない愚かな人間は世界の山ちゃんのお父さん指の爪の垢でも煎じて一気飲みしたらどうなんだ。この際、森永のミルクココアで割ることだけは許す。「写真を撮るので笑って笑って!」と言ってもピクリともせず表情が超合金の世界の山ちゃん。山ちゃん、あなたってマウンテンは・・・。その点、スマホを向けると必要以上にネタを提供してくれる世界のアツローは学術的にも僕のブログ的にも貴重な存在だろう。ちなみに、世界のアツローの車も世界の山ちゃんが仕方なく面倒を見てあげている。恐るべしボランティア精神にあふれるエム・テック・サージョン。

オイルがサラサラになったドリーム号は無敵。せっかくなので帰り道に寄り道をした未知なる弘道はスタバ@モレラ岐阜店で「コーヒーフラペチーノ」をすすりまくったった。でもって明日の朝食用に買った『ANTIQUE』の「マジカルバレンタインチョコリング」を垣間見るとワクワクが止まらない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日のテーマ:毎月3万円くらいでいいから目指せ!不労所得

サイゼリヤ、サイコー!これを業界用語で「サイサイ!」と呼ぶことに3人の満場一致で決定した。これは著作権フリーにしてあげるので是非、明日の午前6時から国民レベルで頻繁に使ってほしい。はい、イタリアンな巻頭文はここまでです。ほら、ご覧。午後3時39分8秒の僕たちはサイゼリヤ可児広見店でほぼベロベロの現在進行形さ。だからと言って誤解しないでほしい。これはあくまでも悪魔たちのミーティングなんだ。「どーしやもっと楽して食ってける?」「虫ちゃんが言うにはね、ピアノをやれば頭が良くなるらしいよ」「マジ?」「年金で80万円くらいアップする方法ない?」「何でこんなに可児ってド寒いの?」「今日は貸し切りかよ?」という建設的な意見が飛び交った。

悲しいお知らせです。上記の店舗は空調設備が故障中のようで凍えるほどド寒かった。仕切り直しで場所を可児市役所の前にある昭和っぽい店に変えた。ほら、ご覧。午後6時10分11秒の僕たちは『中華そば葵』でベロベロの現在進行形さ。だからと言って誤解しないでほしい。これはあくまでも悪魔たちのミーティングなんだ。「どーしやもっと楽して食ってける?」「さっきも言ったじゃん」「マジ?」「虫ちゃんが言うにはね、ピアノをやれば頭が良くなるらしいよ」「マジ?」「配当金で毎年300万円くらい入ってくる銘柄ない?」「ここの肉炒めの塩って美味しいね」「何でこんなに可児ってド寒いの?」という建設的な意見が飛び交った。これはあれでそれなりにいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虫ちゃんとペルアデッソ東海 KITTE名古屋店と(S)名古屋JRゲートタワー店@愛知県名古屋市

食の遍歴と職の遍歴が凄まじい虫ちゃんと会うためにわざわざ名古屋くんだりまで行った僕だった。まぁ、履歴書に職歴を書こうとしたら縦に25センチくらいスペースが要る大和田(爆)。う~ん、それでもこうして偏頭痛に苦しむ悪徳不動産の社長のように微笑む余裕があるから大したものだぜ。そこでだ、虫ちゃんと『ペルアデッソ東海 KITTE名古屋店』で完熟トマトのなんちゃらとラザニアのパスタランチをそこらの女子会みたく必要以上に時間を掛けてチマチマと食ったった。ふとブログの過去ログを確認したら虫ちゃんの登場回数はベスト5に入るくらい多かった。ちなみに、僕の友達は5人もいない哀川(笑)。真夏は何てことないんだけどさすがに真冬は孤独のコの字が身に沁みる。

この僕をスタバフェチにした張本さんいや、張本人である虫ちゃんのおすすめの「ダークモカチップフラペチーノ」を絶景が愉しめるスタバ@名古屋JRゲートタワー店でまったりと満喫しまくった。あろうことか僕のスマホが虫ちゃんをフォーカスしてダークなフラペチーノがピンボケしちまった。そして右下の僕はと言えば、アマゾンで買った1180円の帽子も街中で見掛けるGUのお値打ちなセーターもボーダー柄だけどユニクロで買った靴下もボーダー柄だった。物理的に横しまな男なの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加