プチ食中毒っぽい今日この頃に別れを告げたひ

その気になればそれなりに悲しいお知らせです。3日前に突然、劇的な腹痛が勃発した今日この頃、昨日はさらに悲惨の4丁目8番地15号だった。4丁目だよ!3丁目を過ぎたらすっげぇ大事だよ。ちなみに、この場合は「だいじ」ではなく「おおごと」と読むのでイチイチ念のため。ってことで、今日は一日中、何もせずにソファに横になってボーっと過ごした。ま、体の調子が絶好調のときでも以下同文だけど大和田(爆)。このような流れから今日の晩ご飯は「明日は退院ね♪」という場面の病室で食べる最後の夕飯のようなおでんだった。青春18きっぷの利用期限の10日までには治す!


いちょう通り(16メーター道路)を駆け巡りそこなった僕@岐阜県各務原市

数日前から胃腸が最悪な状態だった僕だが、使命感に燃えて各務原にある「いちょう通り」を愛車のドリーム号で駆け巡った。何の使命感や?っちゅう話やがな。西の端から東の端へと駆け巡った僕。その途中にある『恵那』で「あさり丼」を食べると東の端にある『さかい珈琲ヒルズ店』でパフェを満喫して一日を〆る予定が胃腸がそれなりに痛みだしたので自宅に帰った動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]いちょう通り,恵那,あさり丼


3年越しの「萩の餅」

ビールは喉越しだが朔日餅は3年越しだぞ、この野郎。ハハハ、やっと出会うことができた朔日餅の「萩の餅」。ほら、ご覧。想定外にスモーリーだよね。このサイズなら電光石火で完食できるがね。まあいい。とにかく死ぬまでに達成したいことのひとつが見事にクリアできたわけだからお値打ちな君たちも一緒に喜びたまえよ。ハハハ、僕はやるときはやる男でやらないときはやらない男なんだ。ま、そりゃそうだ。では、新たな目標を完遂すべく日々の修行に精進いたします。では、また明日。


朔日餅だけでは交通費がもったいないので大須も楽しんだ僕@愛知県名古屋市

この僕にはどうしても名古屋へ行かねばならないその理由があった。そう、それはほぼ3年も待った朔日餅(ついたちもち)を赤福茶屋まで取りに行くためだった。で、せっかくなので大須界隈にある『和栗茶屋眞津留』を訪れて絶品の「錦糸モンブラン」を味わった。うん、リッチでいい。その後、名古屋市科学館で開催されている昆虫展を堪能するとスタバ@名古屋伏見ATビル店で一日を〆た。と思ったら大間違いで、自宅に帰って電光石火で「萩の餅」をむさぼった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]和栗茶屋 眞津留,納屋橋まんじゅう万松庵,揚げまん棒,名古屋市科学館,赤福茶屋,朔日餅,萩の餅,スタバ


一日も早く秋を感じるための栗のある暮らし

あっち系の女優に紋舞らんがいるらしいがこの僕が欲しているのは濃厚なモンブラン。いつもどおり四六時中、ネットサ~フィンを楽しんでいたら北斗神拳で経絡秘孔を突きまくるかの如く僕の五感を刺激しまくる栗の画像と遭遇した。いい。モンブランが食いたい。でも、バローや西友で売っている大量生産のお値打ち品ではなく「あなただけこんばんは」といった感じで僕だけに優しく訴えかけるモンブランが食いたい。ほう、名古屋にあるじゃないか。近日中に行こう。今日もいい一日だった。


ぎふ町旅シリーズ第18弾@渋谷町

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。18弾は渋谷町だよ。今日は渋谷で5時ぃ~♪という本家本元の渋谷区とはえらい違いの分家でもない渋谷町。狭い町内にバローしかないゆえにランチを食べるために案の定のワープチケッツの権利を行使して『タイ料理ピン・タイ』を左足から訪れた僕。「たけのこと鶏肉のレッドカレー」はその見た目ほど辛くもつらくもなく美味しくいただいた動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]タイ料理 ピン・タイ,バロー加納店


杉山ヒロピンチ

悲しいお知らせです。どう考えてもこう考えなくてもほぼほぼ夏バテと言いますか、ひょっとしたらプチ熱中症かも知れない僕がいる。もともとエアコンが苦手な僕だけど殺人的な暑さゆえにさすがに点けて過ごしたり就寝したりしている毎日です。でも、これでは体調が元に戻らない。涼しい夜風でぐっすり眠らないと体調は元に戻らない。ってことで、1回分を残すのみとなった青春18きっぷをちゃんと使い切れるだろうか。国宝級に頭が痛くてここまで書くのに17分間も費やしちまったぜ。今日もいい一日だったかどうか今ひとつ分からないが、明日が無事に無難に訪れるならばまた明日。


面白くなってきたじゃない

たまりにたまったドラマの録画をボーっとお口を開けたままの間抜け面で楽しみながら無事に無難に一日を過ごすことのできる現在のジャパンの在り方に感謝している今日この頃、そうは言いながらもこの状態で6時間を過ごすことはほぼ修行に近いと思いませんか?ハハハ、今日もいい一日だった。


岐阜県民のDNAが確実に大喜びしていた山と川と空と雲と僕@岐阜県加茂郡

いつもは下呂や高山を訪れる際にサーッと通過するだけの白川町。とは言え、今回はせっかくなので青春18きっぷの権利を行使して主たる目的の場所として訪れた。実にいい。やっぱ山と川はいい。岐阜県民のDNAがそう叫んでいる。いいかい、マジで。岐阜県は今日から何気に緊急事態宣言下に突入しちまったので開いている店も少なかった。ま、しゃーない。だが『喫茶ポパイ』の500円のかつ丼ランチも美味だったし『カフェときどき庵』のパフェも絶品だった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]河股神社,寿し幸,喫茶ポパイ,かつ丼,カフェときどき庵


デラックスな僕たちからスタンダードな君たちへ

ほら、ご覧。僕たちクラスになると気軽に楽しむランチは鰻なんだよ鰻。え?聞こえなかったって?ったく、しょーがないなぁー。鰻と書いて「う・な・ぎ」。ハハハ、資本主義社会って絶えず正解で愉快だね。しかも「うなぎ丼(特上)きも吸物付き」のこれが驚きの2305円なんだ。とは言え、ここ『魚勝』は羽島市にあるゆえに羽島の物価を考慮すれば岐阜市で5408円以上の価値だろう。だって、羽島だよ。いいかい、マジで。ま、鬼門の大垣に比べればまだマシかも知れない。ヒヒヒ、見た目に醜くなるだけだからそんなに怒るなよ。フフフ、写真の磯部元伸さんとは世界のアツローの罵詈雑言で大いに盛り上がった。アツロー、山椒より滋味に富んだトッピングをどうもありがとう。