小倉バタートーストセットを食べながら思うこと

おいおい、岐阜県は独自の非常事態宣言を発表するとともに緊急事態宣言に準じた対応が可能となる「まん延防止等重点措置」の適用を政府に要請するらしい。ったく、満足に呼吸するのも面倒臭ぇ。ってことで、4月26日~5月11日は飲食店の営業時間が強引に短縮されるっぽい。いいかげん、サッサと消え失せんか!新コロ野郎。老いた県知事も情けないし若い市長は新庁舎を建てると一人ではしゃぎ回っているだけだし・・・。そろそろ僕の出番だと思いませんか?僕は絶対に思いません。ところで岐阜県総合医療センター、略して県病院内のカフェ・ド・クリエは満席に近い状態だった。


君には才能はあるがセンスがない

「杉山さん、私のコラムを読んでみてください」とまるで昭和末期の挑戦状を叩きつけるかのような鬱陶しいメッセージが届いた。そこで最初に言うが、この場合は「読んでください」と書きなさい。「読んでみてください」は「応援しています」ではなく「応援していますよ」という一文とまったく同様に高飛車に感じられて僕に失礼なんだ。「よ」が付いているか否かだけで印象が変わるんだよ。このように彼女には文章を書き切る文才(才能)はあっても世の中の需要を読み切るセンスがない。ゆえに使えない。才能があってセンスがないより才能はないけれどセンスがあるほうがずっとマシ。


質素を油絵に描いたような慎み深い我が家の土曜日

「ねぇ、パーティーにおいでよ」by 身も心も竹内まりやの『今夜はHearty Party』の冒頭のセリフでカッコよく決めたキムタク風。とは言え、僕には心はないから身だけがキムタクということになる。ま、それも非難ゴーゴーだと思いますよ。もお。。。しょーがないなぁー。この際だから百歩譲って二歩下がろう。僕と共通点が多い竹野内豊や舘ひろしでも可。はい、気分だけは何気にイタリア系の巻頭文はここまでです。ってことで、その気になって探せばイタリアのアマルフィと27個くらいの共通点があると思いたい我が家の薄暗い車庫でホットプレートパーティーを地味に地道に楽しんだ。「ねぇ、パーティーにおいでよ」。本当に来たらお前を焼くぞ、この野郎。今日もいい一日だった。


100%の努力で何点が取れる?

列車に乗るたびに「車内は禁煙です」というアナウンスは必要あるのかね。きょうび当たり前すぎて耳障りで鬱陶しくてたまらない今日この頃、アナウンスの中身も時代に合わせてアップデートしたらどうなんだ。はい、あまりに乾燥して指先から白い粉がキレイに吹いている巻頭文はここまでです。まったく嫌よねぇ、紫外線と乾燥って。だから、そんなことはどーでもいいんです。「何であいつはタラタラやっているのに上司からの評価が高いんだ?」と疑問に思っている君たち。答えは簡単だ。そいつは100%の努力で100点を取れる人間なんだ。一方の君たちと言ったら100%の努力で60点がせいぜいじゃないか。ったく、情けなくて腹黒い僕の腹が白内障のように白濁しちまうよ。100%で100点の人間は、60%の努力で君たちの100%の努力と同じ成果を上げるんだよ。と今日はヨモギ入りの大福を食いながらブログには書いておこう。今日も100%いい一日だった。


琵琶湖に浮かぶ国宝と重要文化財のパワースポットを訪れた僕@滋賀県長浜市

琵琶湖で最も大きな島は沖島で、その次が竹生島だ。ちなみに「ちくぶじま」と読むので念のため。長浜港からフェリーで約30分。国宝と重要文化財に囲まれて島全体がモーレツに美しく神々しい。何度も訪れたくなる竹生島。その後は『翼果楼』で「焼鯖そうめん」を堪能し『長濱浪漫ビール』でクラフトビールを満喫した。「こんな日が永久に続けばいいのに」という動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。秀吉時代の大阪城の唯一の遺構である国宝の唐門は荘厳で優美で見事に神々しかった。

[動画内検索タグ]宝厳寺,弁財天,都久夫須麻神社,舟廊下,翼果楼,焼鯖寿司,伊吹山珈琲店,ウインナー珈琲,長濱浪漫ビール


君たちは世界で上位3%以内の勝ち組だがね

「年収は低いけど休日が多くて福利厚生がいい会社と年収は高いけどプチブラックな会社のどっちがいいですか?」というメールがプチブラックな僕に届いた。僕的には年収が高い無職がお気に入り。ま、そりゃそうだ。そもそも年収が「高い」と「低い」の境界線はいくらなのだろう。ってことで、速攻でググってみると年収400万円でも世界では上位1%に、年収300万円でも上位3%以内にランクインするそうじゃないか。それをジャパンの中で、もっと絞って県内で、市町村単位で見ると「俺って負け組・・・」と思うかも知れないが、グローバル&ワールドワイドな視点で捉えてみると「俺って勝ち組、そこんとこ夜露死苦!」となる。って言うか「年収が高い、低い」と気にする奴は一生のうちに2~3回しか会わないような同級生に負けたくないだけじゃないの?僕なんかそろそろ住宅ローンは終わるし生命保険料の払い込みも終わるんで年金が支給される頃には年収150万円でセレブリティーな暮らしっぷりが満喫できる予定はほぼ確定。これから先は世界標準とか言いながらなぜに年収はローカルな連中と比較し合うのかしら。と大福を食いながらブログには書いておこう。


今回は初心に返ってド定番の観光スポットばっか攻めてみた僕@岐阜県郡上市

モーレツに愛している郡上八幡。年に8回は訪れたい郡上八幡。この僕をメロメロにする郡上八幡。郡上八幡、あなたって郡上八幡は・・・。はい、長良川鉄道に揺られて大好物の郡上八幡を訪れると風情ある街並みを散策した僕だった。すっげぇいい。今回はド定番の観光スポットばっかだったので次回はマニアックな視点で攻めてみたい。今日も100%いい一日だった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]長良川鉄道,やなか水のこみち,そばの平甚,宗祇水,小駄良川,郡上八幡城,いがわ小径,吉田川,吉田川ガーデンテラス,cafe cocochi


記憶に残らなくても笑い話かいい思い出になる

この僕がスタバで「コーヒーティラミスフラペチーノ」などの期間限定のビバレッジを楽しむ理由は「あのとき飲んどきゃよかった・・・」と後悔しないためだ。そのときにしかできない経験や体験はできるだけ味わっておいたほうがきっといい。すると、長い人生の中で後悔することもないだろう。裏を返せば、いつでもできるような経験や体験は、別に必死こいて焦って味わう必要は絶対にない。だって、いつでもできるんだから。長女には「子どもたちの記憶に残らなくてもいいからできるだけ家族で旅行に行け」と言っている。必ずいいことがあるし、何か不測の事態が起こっても5年後には家族共通の笑い話になる。ここまで書いて言うのも何だが、今日は岐阜駅構内にあるスタバで優雅に「コーヒーティラミスフラペチーノ」を全力ですすろうと思いきや、時間とお金が足りなかったので自宅から一歩もUSJいや、TDLいや、出ずにー枝豆まんじゅうを堪能した僕。では、また明日。


軽く

先日、実母が亡くなったので今日は墓参りに行った。が、四十九日までは僕の半径2メートル以内にちょこんといるらしい。とは言え、墓参りに行った。で、そのときパラパラと軽く雨が降り始めた。その後、イオンタウン各務原にあるいつものサイゼリヤに寄った。今日の晩ご飯はオムライスなので軽く食べた。デカンタの白ワインを飲む際にマスクを着けたままの状態で軽くチャレンジしてみたら鬱陶しかった。昨今の世の中の重苦しい雰囲気を一蹴すべく、軽く振る舞いたいと思った僕だった。


できることを無理なく続けること

君たちの身の回りに「できないことを成功するまで根性で続けようとするバカ野郎」はいませんか?できないことはいくら頑張ったところで絶対にできやしないんだ。続けることが美徳だと信じているバカ野郎は結構多い。肝心なことは「できることを無理なく続けること」。ハハハ、できることしか霊長類はできないの。しかも「無理なく続けること」が重要だね。ずーゆーあんだーすたん?はい、体から余分なアルコールが抜けたら頭が冴えまくりの巻頭文はここまでです。では、そろそろ今日の〆に入ろう。見た目に「からし豆腐」のような白桃プリンを食べてご満悦♪今日もいい一日だった。