ヒロトーーク!:バーベキュー初心者ジジイ

あの香港は「Hong Kong」と書いて「ホンコン」と読めば、その松任谷由実は「Yuming」と書いて「ユーミン」と読むため「g」の存在意義を考えさせられる「sugiyama」と書いて「すいやま」とは読まないこの杉山です。ちなみに、僕の学生時代のあだ名は愛されていたどころかむしろその真逆で憎まれていたのに「darling」と書いてダーリンだった。だから、そんなことはどーでもいいんです。僕の体が天ぷら以外のナスを受け付けないことはご存じだよね。その苦手なナスと同じレベルなのがアウトドアなんだ。それなのにオアシスパークBBQキャンバスでバーベキュった弘道君。ハハハ、ドクロのTシャツがお似合いで楽しそうじゃないか。うん、すべて揃っているので手ぶらでOKだし太陽光を遮るテント屋根の下にはテーブルと椅子もあるのでアウト半ドアといったところだろうか。おいおい、放っておくとバッテリーが上がっちまうぜ。僕、この手のことは圧倒的にド素人じゃん。だから、昨日のうちに「バーベキューの着火の仕方」をググっておいたの。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

薄れゆく意識の中で奏でる西松屋ラプソディー

12月なら薄暗くなり始めている午後4時8分だというのに34℃もある今日この頃、空に向かって「俺のホワイト国から外すぞ、この野郎」と叫ぶはずもない杉山です。厄介ですねぇ、この殺人的な暑さは。何でもいいから「避暑」を体感させてくれるものを身の回りに置いて涼みたいと思った僕は100均で手動の扇風機を買った。ほら、ご覧。これで100円だよ。これが僕の作品なら最低でも3万円の値は付けるだろう。デフレうんぬんは別にして実に住みやすい世の中じゃないか。我が家の娘たちがよちよち歩きだった頃は、紙おむつを買うにも赤ちゃんデパート水谷くらいしかなかった。これがまた暴利と呼ぶに相応しいくらい高かった。それが西松屋の登場で一気に価格が安くなった。だから、僕は何を言っているのでしょうか。あまりに暑すぎて意識がモーローとしている真っ最中。では、そろそろ今日の〆に入ろう。気候は理不尽でもそこそこ住みやすい世の中になって満足だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)浜松メイワンエキマチウエスト店と十八番の玉子チャーハンと掛川城@静岡県浜松市・掛川市

お腹が痛くて午前2時51分に目覚めたことはありませんか?仕方ないのでパソコンでチマチマした作業をやっていたらYahoo!路線情報から「飛騨一ノ宮~高山駅間で発生した動物支障の影響で、一部列車に遅れが出ています」というメールが届いた。ま、この路線はしょっちゅう鹿と衝突している。とは言え、青春18きっぷの権利を行使して飛騨高山に行こうと思っていた縁起を担がない僕だけど「縁起が悪いな」と思って急遽、掛川城、君に変えた!その前に乗り継ぎの浜松駅で途中下車するとスタバ@浜松メイワンエキマチウエスト店でソイラテを飲みながら通行人の粗探しをして楽しんだ。

UVクリームを塗りたくったせいか顔が痒かった。紫外線と麺類は今年の僕の敵なのでまんべんなくUVクリームを塗りたくった。耳よ、耳。男は耳に塗るのを忘れがちなのよ。掛川駅に向かう途中、列車が袋井駅に停車すると「袋井には何があるんだ?袋井市役所だがね」とひとり言をつぶやいた。8分後、掛川駅で降りると最初に向かった『十八番』で冷たいビールをあおった。玉子チャーハンは甘かった気がしたけど僕は味覚オンチなので本当は激辛だったかも知れないし大将は左利きだった。

これで4回目の登城となる掛川城。いいですねぇ。木造の復元天守ではあるが、城内の二の丸御殿は全国に4つしかない現存御殿の中の貴重な1つだ。さぁ、4つをすべて答えなさい。汗だくになって掛川界隈を散策した僕は、帰りの列車の中では都こんぶのような酸っぱ臭い香りを丁寧に放出した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何が正しいか」はよく分からないけど「何が間違っているか」はよく分かる

昨日の吉本興業の反吐が出る歴史的な失敗会見を見た感想は「何が正しいか」はよく分からないけど「何が間違っているか」はよく分かる。とかくこの世はそうしたものなのだろう。麺類がほぼ確実に僕の五臓六腑とミスマッチする今日この頃、昨夜に食べた冷やし中華のせいで朝っぱらから歴史的な腹痛が止まらない。ただ、このままジッとしているわけにもいかない僕がいる。このペースで行くと年内には55キロを切っちまう。そうなるとオスとしてだけでなくヒトとしても使いものにならないそんな気がする僕もいる。ってことで午後2時、炎のチャレンジャーと化した僕はココス北一色店で日替りランチの「鶏の唐揚げ鬼おろしポン酢&ブロッコリーとベーコンのトマトソース」」を胃腸の調子をうかがいながら生まれたばかりのカタツムリのように食べた。その感想は「何が正しいか」はよく分からないけど「何が間違っているか」はよく分かる。ハハハ、針で刺したようにお腹が痛ひ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンとソロの憂鬱

昨今、組織の問題点というか小さな油断が大きな崩壊につながる地獄絵図を垣間見る中でいろいろと思うことがある僕がいる。例えば、吉本興業とジャニーズ事務所。この2社は芸能界の両雄だよね。その泣く子も黙る両雄でも組織の盛衰を目の当たりにせざるを得ない。ま、今回は組織側についてはどうでもいいんだ。肝心のそこで働く者たちについてだが、売れっ子芸人とトップアイドルじゃん。傍から見れば「うらやましいなぁ」「ステキな人生だよなぁ」と思うよね。ハハハ、それって森永のココアより甘いぜ。コンビにはコンビのグループにはグループの葛藤があり、世間の思いとは裏腹に悲惨なことが多いそうじゃないか。だったらピン芸人になればいい、ソロ歌手で楽しくやればいい。ハハハ、それって両口屋是清の千なりより甘いぜ。今日からピンになろうと明日からソロになろうと澱んだ沼のような組織の中にいたら自由の身になれるわけではなく仮釈放と同じレベルなんだよね。僕、仮釈放になったことないけど。本当の意味での自由の身になるためには弘道君のようにどこにも属すことなく何の保証も競争もない立ち位置しかない。腐った組織には属していないものの僕自身が腐っている。それも風情。「今日は立ちくらみがする。弘道、もうダメかも知れない」と凹んでいるフリをしたが確実に西友で買った398円の白ワインの飲み過ぎだぴょん。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お願いだから今すぐに死んでくれ

あ、肝心の乾電池を忘れちまった。投票所である公民館の左隣に乾電池回収箱が設置してあるんだ。使用済みの乾電池がたくさんあったのに。まあいい。ってことで、清き1票を投じてきた僕だった。政治家と坊主の寿命ってムダに長いよね。それはね、100%モーレツに悪い意味ですべてにおいて貪欲だからだよ。貧欲じゃないよ、真逆の貪欲だよ。僕曰く、いいことをした善良な人間は1秒でも早く逝ってくれ。例えば、ジェームズ・ディーンやマリリン・モンローがどうして伝説になったのか知ってるかい?彼は24歳、彼女は36歳で亡くなったからだよ。2人が半世紀以上も生きていたら途中で何をしでかしまくるか分かったもんじゃない(※この発言は個人の見解であり、なおかつ何の根拠もありません)。いいイメージしかない絶頂期、脂が乗りまくっているピークに世を去ったから伝説になったんだよ。伝説ってさ、そーいうものなんだってばよ。だから、安い政治家を見るたびに「あなたはいいことも悪いこともしていないから今、死んでも伝説にはならないけど長生きをしても税金のムダ遣い」とつぶやいている僕がいる。この僕の「お願いだから今すぐに死んでくれ」という発言は「輝かしい今のあなたの姿を僕の永遠の宝物にしたい!」という最上級の褒め言葉なのです、はい。昨日の残り物で作ったアサリチャーハンを今日の晩ご飯にしようと思いきや、なんてこったい今日が肉曜日だということに気付き急遽、西友で買ってきた棒ヒレカツをトッピングした僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の中のカフェの変遷:SKDS・・・→STDK

説明しよう、GAFA(ガーファ)とはグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字を取った世界的な呼称である。そしてSKDS(好きです)とはスターバックス、コメダ、ドトール、サンマルクカフェの頭文字を取った呼称であるが発案者の僕しか使っていない。「好きです」なんて我ながら激しくステキなネーミングじゃないか。著作権フリーだから君たちも積極的に助さんいや、拡散したまえ。その四天王のひとつであるサンマルクカフェが確実に絶不調のようだ。この1年間にたったの2店舗しか増えちゃいない。ったく、困ったもんだぜ。ひとつでも欠けちまうとSKDSが使えなくなっちまうじゃないか。ってことで、朝コメを満喫しながらその解決策を練った僕だった。おぉ!ざっつあぐっどあいでぃ~あ!タリーズとトレードして並び替えればいいんだよ。そうするとSTDK(すっとこどっこい)となる。ハハハ、さようならサンマルクカフェ。今までありがとう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芦田愛菜的読書術

メダカに餌をやりながら「あ、あしだまなだよぉ!」と全力で往年の芦田愛菜のマネを満喫している54歳と10か月のナイスなシニアは僕くらいなものだろう。以前から彼女は賢いと思っていたが、1年間に100冊以上の本を読むとか。う~ん、実に素晴らしい。しかも山中伸弥教授から森鴎外の古典的名作まで分野を問わず読破する。5分でも空いた時間があれば本を読む。紙のニオイや印刷のニオイが大好きというのも素晴らしい。特に小説が好きというのも素晴らしい。ほら、ご覧。すでに廃刊しちまった旺文社文庫の『山月記』だよ。著者は当然、君たちもご存じの中島敦だね。ハハハ、高2か高3の授業でもやったよね。虎になった李徴が危うく旧友を食っちまいそうになってすっげぇ焦る場面を頭の中に鮮明に思い描いたものだった。この名作をご存知ない奴とは口も利きたくない。晴耕雨読とはよく言ったもので雨が背中を押してくれるせいか、読書熱が止まらない弘道君がいる。小学生の頃に180円で買った名作で雨の憂鬱を楽しむことができた。ちなみに、小説は人類最高の書物であり、それを放棄してビジネス書だけを開くなら時間のムダだから何も読まないほうがマシ。さぁ、君たちも芦田愛菜的読書術で有意義な時間を過ごそう。忙しい?彼女より忙しい奴は少ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社交辞令という美しい日本語が通じないメタボリックほうれい線シンドローム

例えば、同世代のジジイに「ちょっとお腹が出てきたんじゃない?」と言うと「な、何を言っとる。これでも毎日、体を鍛えてんだよ」とお腹を引っ込めて胸を張る。同い年のババアに「ちょっとだけシワが増えたんじゃない?」と言うと「や、やめてよ。そんなことないわよ。すっごく高い化粧品を使ってるんだから」と瞳孔がパカッと開くぐらい目をむき出しにして反論しまくる。驚くべきことに登場するジジイとババア、会話の内容は架空のものではなくノンフィクションです。安い世の中にはムキになる連中が多すぎて疲れる弘道君。今さら芸能界にデビューするわけでもなけりゃお見合いをするわけでもないんだからサラッと流してくれればいいのに度量の狭い連中がムダに多い。思うに、何も自慢できるものがなくて自信があるものもない人間によく見られる症状だろう。「そうなんだ。盛り上がった腹で御嶽山と標高を競ってんだよ」「そうそう。左右のほうれい線がマリアナ海溝より深いでしょ♪」ってな感じで乗っかれとは言わないまでも真っ向から否定されると会話が続かない。何も自慢できるものがなくて自信があるものもない人間なのに立派な自尊心があるからタチが悪い。昨日、太陽光を浴びすぎたせいか食欲が87歳レベルで今日の晩ご飯をトウモロコシだけにしたが、それではあまりに僕が可哀想すぎるため一日の〆くくりは白くまデザートのマンゴー、君に決めた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美しい梅花藻が咲く醒井の後は長濱浪漫ビールで乾杯@滋賀県米原市・長浜市

「政見放送」と「逸見政孝」は1ヒット1ブローで1メートルくらい離れて見れば確実に似ている。「それ誰?」「ググれ」。今日もムダに暑かった。こんな日は涼やかな水面をボーっと眺めるに限るということで性懲りも無く醒井を訪れた僕だった。梅花藻は満開の73%と言ったところだろうか。

鈴木園子いや、引き続きその後、長浜へと向かった僕は『長濱浪漫ビール』のオープンの5分前からドアの前で軽くスクワットをやっていたらビア樽を運ぶ男性が「元気ですね♪」と言って微笑んだ。

芳醇な「長浜エール」で喉を潤した僕は「フィッシュ&チップス」と「AMAHAGAN」という珍しいネーミングのハイボールを堪能した。が、フィッシュ&チップスはもういい。それにしても変わった名前だと思ってジョッキを眺めていた僕は、その衝撃の法則に気が付いた。明日もいい一日だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加