まだ1センチ7ミリも本気を出しちゃいない君たちの今、やれること

「晩ご飯は要らないから熱いお茶にせんべいと甘納豆があればいい」と言った瞬間「あ、僕の時代は終わったな」と寂しくなったお昼時、その前に僕の時代は一度でも訪れたことはあったのだろうか?青空の下、バロー領下店まで散歩した僕は回転木馬のカフェで熱い珈琲でもすすろうかと思いきや、なんてこったい大改装のため昨日で閉店しちまったそうじゃないか。しかもリニューアルオープンは夏とのこと。おぉ!バローよ、いよいよ近くのクスリのアオキとの全面戦争の準備に入ったんだね。今年の猛暑が待ち遠しいよね。この夏、一気にサマーチャンピオン by とんかつ色の浅野ゆう子風。この店舗は銀行で言うところの新宿支店や丸の内支店や銀座支店などの母店に当たる繁盛店なんだ。それを夏まで閉店してここまで大掛かりな大改装を試みるとはバロー、君って間違いなく本気だね。そのとき僕は思った。バローは「今、やれることをやりにかかったんだ」ってね。僕が5年半前にも語った【やりたいこと・やりたくないこと・やれること・やれないこと・やっちゃいけないこと】の中の「やれること」。リピート・アフター・ミー・カモン!(長いので割愛させていただきます)。午後9時、僕もバローを見習って今、やれることを17分くらい考えたけど何もなかったので寝る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱力系でハッピーになれる100÷0.6=167の法則

ほら、ご覧。これは定期購読している月刊『ノジュール』だけど年に1回の自動引落の日程が事前に知らされないために気が付いたら「また1年更新か・・・」といった具合に果てしなく続く画期的な羽交い締めシステムで今日に至る僕がいる。ノジュール、あなたって虎の穴商法は・・・。誌面上で一人旅が楽しめるからまあいい。3月号のアンケートのご意見・ご感想があればご記入ください欄に「岡泰行さんの名城一幅を復活しなさい」と書いて送った僕。いいですな、この首里城の近くにある金城町石畳道。弘道のマイ・フェイバリット・ロードなんだ。行きたくて行きたくてたまらない僕がもう一度、この場所を訪れたいと思ったときにどうしているか知ってるかい?夢も希望も理想もない僕だけど旅先の目的地だけは思い描くんだよ。どんなに努力しても結果は6掛けがせいぜいなんだ。100頑張って100の成果などあり得ない。吐くほど一生懸命に相手を説得しようとしても相手に伝わる熱意と誠意は6掛けがせいぜいなんだ。だって、お生まれもお育ちも違う人間と61%以上も通じ合うわけがない。ってことは、目指す先を6掛けで到達できるように設定すればいい。ハハハ、よく分からないよね。弘道もだよ。100を目指しても6掛けの60が限界だったら、そんなときは100÷0.6=167を試みる。タラタラと167を目指せば100の成果が得られるじゃないか。今、手に入れたいものやなりたい自分を0.6で割ればいい。疲れたので今日の講義はこれにて終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YOUのリーサル・ウェポン(最終兵器)は何?

カンガルーとワラビーに生物学上の明確な違いはなく、クジラとイルカのそれと同様に巨大なほうを前者、小っちぇほうを後者に区別しているに過ぎない。とは言え、決して巨大な和菓子をようかん、小っちぇ和菓子をわらび餅と呼ぶわけではないことなどそこらの不良少年でも知っている。ハハハ、ここはカンガルーに響きが近い「かるかん」を採用しようと考えた僕だが、知らない者が多いことを危惧した配慮はさすがと言えよう。それはそうと『ツバメヤ』の「本わらび餅」だよ。田中貴金属のインゴット(金塊)より見事だね。んなこたあない。全国甘党の党首であるこの僕がこれほどまでに褒めたっとるっちゅうのにまた赤福がやらかしちまったようだ。赤福餅というほぼ一品で戦い続けるその偉業を長年にわたって伝えてきたこの僕なのに。まあいい。全部の商品が一流であり逸品である必要はない。逸品は一品で十分だ。全部をマーベラスにしようとムダな努力をするからコケるんだ。とは言いつつツバメヤの「大地のどらやき」のダイヤモンドを燻したような粒あんも僕好みだった。商品も組織も人間もそう。全部の武器を一流や逸品にする必要はなく、たったひとつで十分だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業の昼下がりの人事(後編)

「春眠暁(あかつき)を覚えず」と「県民高槻(たかつき)を読めず」はその気になれば似ている。各務原市から北へ向かった地域に居住する岐阜県民は大阪府にある高槻市など間違いなく知らないし読めないだろう。はい、すっげぇ偉そうなことを言いながらも交野市(かたのし)を「こうのし」と2週間前まで読んでいた僕もかなりの残念ちゃんな巻頭文はここまでです。僕は今、ヘアーサロンに併設している『cafe re:verb』でアイリッシュコーヒーを舌で転がしている現在進行形の真っ最中。本気でカヌレを楽しみにしていたのに品切れだった。しかし、まだモーニングサービス中とのことでトーストをいただいた。ヨーグルトはほぼ下剤なのでスルー。では、昨日の続きとまいりましょう。ちょっとだけ待ってね。何を書いたか確認するから。・・・、後編で何を書きたかったのか今ひとつ思い出せない弘道君だが詐欺師の知恵で乗り切ろう。例えば、営業成績が良ければ課長にはなれる。激しく性格が悪かろうが手が早かろうが壁の棒グラフが一番高ければ主任→係長→課長にはなれる。ひとつ飛んでその気になればバカでも社長になれる。貯めていた27万円くらいの資本金を用意して最寄りの法務局で登記すればアホでも社長になれる。とは言え、社長の役目は担保価値、翻訳すると借金のカタとして連帯保証人になることだけなので猫の額ほどの地べたくらいはあったほうがいい。では、そろそろ今日の〆に入ろう。部長というポストは成績が良いか悪いかで決まるものではない。それに相応しいかどうかで決まる。課長は成績、部長は人格、社長は猫の額の担保価値。リピート・アフター・ミー・カモン!ところでアイリッシュコーヒーって生クリームをかき混ぜちゃってOK?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業の昼下がりの人事(前編)

2020年『青春18きっぷ@春の陣』の幕は開けない。とうに販売しており、すでに利用できるが泣いて見送ろう。早朝から胃腸は快調だが断腸の思いだ。今回だけは仕方ない。パパは不死鳥の如く快調なのに次女は玉宮町のように不調だった。青息吐息の玉宮町のお店に行って数千円でOKだからお金を落としてあげてください。僕はと言えば、12月17日の熊の如く厳しい時代を生き残るべく小銭の備蓄に勤しんでおります。はい、生まれて55年とほぼ半年間、ずっとこんな奴ですこの私。ハハハ、思う存分、憎むがいい。晩秋の弱った蚊に刺されたほどにも感じやしない。お話を戻そう。体調が右肩下がりの次女は会社を休んでかかりつけの病院で診察してもらったら風邪だった。次女はその旨を直属の上司に伝えると、その数分後に部長から電話があった。次女曰く「これでは身も心もまったく休まらない・・・」と。よく「君がいないと会社も困るんだよ」と名古屋は栄の中日ビルに一旦、集合して行う合コンでも聞かない歯の浮くようなこっ恥ずかしいセリフを吐く上司がいるが、君がいなくなって困るような会社なら白亜紀が終わる前に潰れている。このいい感じの流れで一気に「課長・部長・社長」の適正について語ろうと思ったが、セブンイレブンで買ったシュークリームをむさぼりながら録画した『相棒』を見なきゃいけない僕は磯が死んで明日に続く。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

似非ハーバード流「永遠のライバル」について語ろう

「人に頼み事をするために何度も訪問して礼を尽くすこと」を「三顧の礼」と言って「3個の0」とまったく同じ読み方だけど「人手不足だからと三顧の礼で涙目で口説かれたので入社してあげたけど今月の給料が3個の0だった」というケースは貴重だし、文句があれば最寄りの労働基準監督署まで駆け込んでくれたまえ。はい、その場しのぎの情熱を真に受けるとえらく高くつくという注意喚起の巻頭文はここまでです。昨日のアピタ北方店でご当地レトルトカレーを15袋も購入した僕がいる。そのとき僕は疑問に思った。どうしてすべて牛なのか?ってね。見事に牛、牛、牛、牛、牛だった。間違いなくチキン派の野党の僕にはビーフ派の与党の「カレーと言えば牛だ」という横暴かつ横柄な態度には我慢ならなかった。ってことで、三大地鶏のご当地レトルトカレーをググってみたら秋田の「比内地鶏カレー」と愛知の「名古屋コーチンカレー」は存在したが鹿児島の「薩摩地鶏カレー」は出て来なかった。せごどん、あなたってせごどんは・・・。西郷隆盛が草葉の陰で号泣してごわす。牛が光れば鶏も輝く。そう、カレー界における永遠のライバルたちは互いに切磋琢磨することによりさらに旨味が増すのだろう。ま、牛と鶏たちが互いにライバルと思っていればの話だが。そこでだ、今宵の豪華なディナーとして僕は次の中からどの牛をチョイスしただろうか。熊本あか牛・佐賀牛・松阪牛・大分湯布院牛・神戸牛・沖縄石垣和牛。正解は下方にあるコメント欄に。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アピタ北方店に見る理由が分からない恐怖の絶好調

テレワークを導入する企業が増えている昨今、この4月で在宅勤務も18年目を迎えるためそろそろ満員の通勤電車に乗って出社してみたい杉山です。ハハハ、時代がやっとこの僕のライフスタイルに追いついてきたようだね。はい、とりあえず出社のフリでもOKだから近くの会社にでもスーツ姿で出向いてみたい巻頭文はここまでです。リーガルの革靴を履いたのは2年前の葬式が最後だろうか。午前中にオイル交換を行うために夢も希望もないのに愛車のドリーム号で山﨑さんの会社へ行った。この僕にとって世界の山ちゃんの存在は【砂金の人々】で確認したまえ。ちなみに、画像のNSXは700万円くらいの高級車ゆえに僕のドリーム号ではないので念のため。その帰り道、途中で寄ったアピタ北方店に入るや否や全部のレジにほぼ7メートル前後の長蛇の列ができていた。不思議であり不気味に思った僕は「何かあったんですか?」と女性店員に尋ねたら「私たちも分からないんです。オープン前から400人くらいが並んでました・・・。いつもなら空いてる日なのに(笑)」などと笑っている場合じゃないだろ、この野郎。ま、ドン・キホーテに身売りするくらいだから平日なんて閑古鳥がガラガラピーと鳴くアピタにいったい何があったのだろうか?ミステリーだぜ。赤字会社の女社長はヒステリーだぜ。「何でうちの会社は赤字なの?」「そんなこと僕に言われても・・・」。アピタの買い物客のカゴの中をのぞいてみたら商品の一貫性はなかった。原因が判明しない不景気と好景気、原因が判明した不景気と好景気がある場合、前者の好景気が最も不思議で不気味で厄介だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユー・アー・パンデミック・ヒューマン

冷凍室に入れておいたロッテのトッポとグリコのポッキーを一緒に食べて「これがトッポッキ!」と浅いイメージトレーニングで原価は0の韓国旅行を満喫した経験は誰にでもあるだろう。君たちって骨の髄まで根こそぎビンボー臭いよね。はい、ここでのポイントは「トッポッキ」と「根こそぎ」が極めてビミョーな感じで韻を踏んでいる巻頭文はここまでです。一昨日は悪意にあふれたデマ情報に関して語った僕だが、今回は善意のマジ情報も悪意のデマ情報と何ら変わらないという至極まともな世間話だよ。君たちもよくご存じのように猫も杓子も世界レベルで情報がシェアできる世の中だからSNS上で「トイレットペーパーの在庫はたくさんあります。デマ情報に気を付けて!」などというお値打ちな正義感が鬱陶しいマスターベイティブな発信をよく見掛けるものの、それ自体がすっげぇ不穏で不安な気持ちにさせるということを見事に分かっちゃいないバカが多い。そんな連中のことを困ったお騒がせ人類の「パンデミック・ヒューマン」とミスター・パーフェクト・ヒューマンであるこの僕だけはそう呼んでいる。そもそもSNSでそのような正しい情報を知ることができる人間は、とっくにググって知っている。良かれと思ってやった善意が真逆の結果をもたらしちまう近所迷惑な悪意にもなり得るということを肝に銘じておこう。案の定、パンデミックから「パンでも食うか」を嫌でも連想した僕は、井村屋先生のあんまんを熱い豆乳で一気呵成に押し流した。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘却の彼方へ:3年前の他人の出来事など誰も覚えちゃいない

彼方は「かなた」と読んで「あっち」という意味だけど「彼女方」と書いて「こっち」という意味も言葉もないので念のため。ちょっと前までは蕎麦派だったのに今ではうどん派に寝返った僕がいる。っていうか、ご幼少の頃はうどんが大好きだった。そこで「僕はいつから、何で蕎麦が好きにいや、うどんが嫌いになったのだろう?」と考えてみた。君たちならあの衝撃的な出来事をご存じだよね。この僕が芥見東小学校4年生の頃、ご自宅でカレーうどんを食っている真っ最中に大きなクシャミをするや否や左の鼻の穴から17センチほどの黄色い帯状の物体を噴出させたあの痛ましい出来事を。ん?それによる軽いタイガー&ホース状態いや、トラウマだったのか?違うな・・・。あの大惨事の迷場面を身内とは言え、大声で笑われたことがショックだっただけかも知れない。という唯一無二の検証結果を導き出した。だが、そんなことを覚え続けている者など一人もいない。ハハハ、そもそも僕がどこで何をしようと君たちがここでこっ恥ずかしい致命的なことをしようと、それを3年先までずっと覚え続けている奴など誰一人いない。それどころかひょっとしたら自分自身もキレイさっぱり忘れちまっているかも知れない。ちなみに、元プロ野球選手の清原和博は「ん?ここで三振したって10年先にそれを覚えとる奴はおらんぞ」と割り切ったらバンバン打ちまくれるようになったとか。そうだよ、僕たちのような前科者のスターは発想が何気に酷似しまくるものなのよ。バローで買ったカキ入りの味噌煮込みうどんをすすりながら忘却の彼方に思いを馳せた僕だった。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

困ったことがあったら我慢せずに助けてもらおう

あろうことか新型コロナウイルス、略して新コロの騒動で紙製品の筆頭であるトイレットペーパーやティッシュが品薄になるなどというデマ情報が流れているらしい。さらに紙おむつなど介護用品にも品切れが出てきているとか。今って昭和かよ?徹底的に文系の僕には新コロと紙製品との因果関係が理解できない。本当によかったよ、僕って賢い人間で。でも、これはとてもありがたいことなんだ。だって賢い奴は1円単位でお金をケチるんだよ。だからこそ、もっともっとバカにお金を使わせれば世の中の景気はパーッとよくなる。約6年半前にも言ったが、これを【バカの金】と言う。だから、死ぬまで買わずに済むくらい倉庫にトイレットペーパーやティッシュなどの在庫を大量に積み込むと家計を真っ赤に染めて日々の食事にも支障をきたすくらい苦しみ続けてほしい。ハハハ、命の母A。そんなことより結衣ちゃんが退院した感謝と感激をチェルシーのように君たちにも分けてあげるからお返しに何かくれたらどうなんだ。今回も如実に感じた僕だが、自分一人では何ともならないことが多いというかほとんどそうだよね。なのに団塊の世代の腐った上司たち曰く「困難にぶち当たったら自分一人でケリを付けて人に迷惑をかけるな」がルールだった。でも、無理なことは絶対に無理だし努力・忍耐・根性だけでは何もクリアできない。困ったことがあったら我慢せずに助けてもらおう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加