下品とは、こういうことさ

いつもの眼科で目薬をもらうと、もらうと言ってもお金は払うが、その足でどの足だ?この足だよ。その足でみんなの森ぎふメディアコスモスまでクリーム号で行った僕だった。イチイチ説明しよう、みんなの森(略)は市立中央図書館を中核施設とする和モダンを絵に描いたようなデザインチックな複合施設なのよね。つまり、この僕が納めている微々たる税金が大量に投入されて建設された斬新な公共の建造物っちゅうこっちゃがな。で、第一印象は下品だねぇ。お金の掛け方が下品。第二印象も以下同文。2階の図書館を見ても「これって本が好きな人間が創ったのか?」と目を疑ってしまった僕がいた。この僕にデザインをさせてみなさい。そこら中に熱帯魚の大型水槽を散らばしたるがね。はい、君たちもご一緒に「ま、それも賛否両論だと思いますよ」。お忙しい中、ご協力ありがとう。オープンキッチンのような周囲から丸見えの場所で働いている職員たちは、コーラを飲んだり大きなあくびをしたりしていた。微々たる税金だけど納めるのが嫌になるような光景だけは見たくはない。

そんな下品な施設の横にマッコウクジラのフジツボように地味にくっ付いているスタバ@みんなの森ぎふメディアコスモス店で見た目だけ素晴らしい「クリスマスストロベリーケーキフラペチーノ」を無意味に時間を掛けながらまったりとすすっていた。ここも含めて二度と訪れることはないだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安い大勢順応主義者たちの目、鼻、口、耳など穴という穴に京都産のきな粉を詰め込んであげたい

ちょっと前に画像付きで紹介したが、この僕のマイブームはプッチンプリンに大量のきな粉を盛った「きな粉・オン・ザ・プリン」だったよね。よく聞いてくれ。それがだ、セブンイレブンでチロルのきなこプリンを発掘した僕がいた。ハハハ、時代がやっとこの僕の背中に追いついて来たようだね。平成が終幕し、新たな時代の到来と同時期にウエルカムだぜ。よく聞いてくれてありがとう。ただ、プリンにきな粉が練り込んであるため、きな粉感が今ひとつだった。そこで案の定、大量のきな粉を盛ったった。今ね、ワイドショーを見ながらお口の中が妙齢のご婦人の肌のようにパッサパサだけど渋谷のハロウィーンのバカ騒ぎに乗じた愚か者たちにはうんざりだぜ。この際、警察官には発砲する許可を出せばいいのにね。一瞬で鎮静化するだろう。なんだろうねぇ、この「みんなが騒ぐから俺も私も一緒に騒ぎまくる!」という分かりやすい大勢順応主義者たちは。文化の日の真っ昼間に渋谷のスクランブル交差点のド真ん中でたった一人で大騒ぎしまくる間違った勇気のカケラもないくせに。ま、それも賛否両論だと思いますよ。とにかく安い世間と同じことをするのが大嫌いなこの僕には、お祭り騒ぎに乗じて大騒ぎしまくるその安い神経が1ミリも理解できないし、しようとも思わない。お祭り自体も大嫌いだが、神秘的な越中八尾の「おわら風の盆」だけは死ぬまでに生で見てみたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

壽俵屋 犬山井上邸の漬床熟成ヘルシーポークの壽俵屋ごはんと国宝茶室・如庵@愛知県犬山市

492満!翻訳すると欲求不満だが、グーグル翻訳を使ったら「492full!」と変換された。おいおい、笑わせてくれるじゃねぇかグーグル34いや、さんよ。毎日毎日、僕らは鉄板の~♪ではなく、毎日すっげぇピーカンの青空なのにチマチマした内勤作業に明け暮れるこの僕があまりに可哀想すぎると思わないかい阿藤快。3日に1回は乗りたいJR東海。今のジャパンの社会は才能あふれるこの僕の利用方法をまったく分かっちゃいない。情けない話だ。ってことで、いい年こきまくった今日の僕は3時間だけ犬山城下町にプチ家出したったぜ。そこで私の城下町に着くと美味しそうな店に入った。弘道の体内にはブタ成分が絶対的に足りない。そのため『壽俵屋 犬山井上邸』で「漬床熟成ヘルシーポークの壽俵屋ごはん」を食った。これで弘道も今日から立派なブタ野郎にマイナーチェンジだぜ。

その後、今回の主たる目的地である有楽苑を訪れた。20分で回れるくらいの苑内には、織田信長の弟である織田有楽斎が建てた国宝茶室の如庵や重要文化財に指定された旧正伝院書院などがあった。

如庵に隣接する旧正伝院書院の縁側に座って庭を眺めていた僕。もうすぐ紅葉が美しい時季となる。

その席で和菓子と抹茶を堪能した僕。ふと見下ろしたら僕のパンツも抹茶カラーだった。こんな日が年中無休で永遠に続けばいいのにね。さ、帰ってチマチマした内勤作業にでも取り掛かりますかい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好きな料理から食べる派」と「嫌いな料理から食べる派」のどっち?

くでぇなどぅむまちのぉ~♪このバカチンがぁ!大変申し訳ありません。1ミリも似ておりません。「いきなり団子」は熊本県のお菓子だよね。そこでいきなり質問だが、すべて食べなければならない状況で目の前に好きな料理と嫌いな料理が出された場合、君たちはどちらから先に食べるだろうか。この僕は「好きな料理」だ。それは藍川中学2年のときに「嫌いなものから先に食べて好きなものは後でゆっくり食べます」と言ったら英語の教科担任の平光先生が「このバカもんがぁ!好きな料理を食べる前に天井が落ちてきて死んだらどうする!人生最後に食べたものが嫌いな料理となるんだぞ!ミスター・ヒラミ~チュの言うとおりにしなさ~い!」という最上級に理不尽な説教を受けて以来、その言いつけを忠実に守っている僕がいる。これを上回る理不尽な説教は後にも先にもないだろう。だが、これがあながち支離滅裂な理論でもないようだ。この僕がこれまで出会ってきた優秀な社長の多くは「好きな料理から食べる派」だった。で、その理由を尋ねると、なんと7割以上はミスター・ヒラミ~チュの理不尽な説教と以下同文の理論&理屈を語った。恐るべしミスター・ヒラミ~チュ!今日の晩ご飯はメンマと野菜をトッピングした高山ラーメンだった。天井が落ちてきませんように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事件です。

事件です by 阿部祐二リポーター風。スタジオの草野さん、実は結衣ちゃんの七五三詣を依頼すべく先週は日を変えて5回ほど電話をかけたもののつながらず、わざわざ訪れて確認したら気配すらなく本殿の扉も閉まっていました。これは住吉神社の事件です。ところが今日の午前中に再度、訪れたらフツーにいつもの宮司さんがいたのです。不思議です。「先週はお電話したり伺ったりしたのですがいらっしゃらなかったみたいで・・・」「ああ、そうでしたか?」。世界・ふしぎ発見!とりあえず七五三詣の予約はできました。これは想定外だったので笑いながら愛車のクリーム号で岐阜駅周辺を走りました。途中、郵便配達員がバイクを引いて歩いていました。よく見ると後輪がパーフェクトにパンクの真っ最中!事件です。うぇ?あんだって?それは志村けんです。フぅヒヒヒィ~ィ!これはケンケンです。また『マサラマスター岐阜駅前店』が閉店していました。開店前という意味ではなく潰れていたっちゅう話です。事件です。新たにカレー店を探さなければなりません。面倒臭いです。以上、現場から杉山がお届けしました。滑舌が最悪ですびばせん。不器用ですから by 高倉健です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己責任以外の責任があったら見てみたい

プロ野球では日本シリーズが現在進行形だが、広島とソフトバンクの両チームには悔いの残らぬよう徹底的に頑張ってもらいたい。僕、全然興味ないけど。どれくらい興味がないかというと「円周率の597桁目の数字は何?」と同じくらいだよ。しかし、携帯電話会社は嫌々ながらもソフトバンクを利用している僕は、公平を期すために今宵は味噌煮込みうどんの中に広島産カキフライを忍ばせた。さぁ、思う存分、戦いたまえ。あっち系の拘束から解放されて命からがら帰国してきた人間に対して自己責任論をネット上で唱える連中が多いらしい。どーなんでしょうかねー。人間本来、自己責任が前提なのは当たり前。しかし、それが取れない状況下に置かれちまったならやむを得ないだろうし、容易に取れるのだったら誰も苦労はしない。「勝手に行ったんだから自己責任だろ」と顔も出さずにネット上で吐き捨てる奴は、いざとなったら自己責任が取れない愚か者だと思うがいかがなものか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽含むということ

ミスター・パーフェクトと呼ばれているこの僕だからこそ、ちょっとだけ物足りなさを感じるものに興味を抱き、それを丁寧に育むべきだと思っている。今から10年ほど前にメルマガにも書いたが、もう一度だけ君たちにチャンスをプレゼンツしよう。親鳥がヒナを羽で抱きかかえて守る。育むとは「羽(は)で含(くく)む」という意味だったよね。その点を踏まえて続けよう。僕の財布の中には福澤諭吉先生が2人もいらっしゃるというのに義父&義母を引き連れて日本海庄や新岐阜イクト店で刺身天ぷら定食を食ったがね。リッチなこの僕にふさわしいお店はもっと他にいっぱいあるのにね。それに野口英世教授は6人もいらっしゃるんだよ。でも、育まなあかんがね。だって、この僕だよ。

ま、カードで支払ったけど(爆)。その後、岐阜駅構内にあるサーティワンでも360円も使った。だって、育まなあかんがね。そこで僕はどのフレーバーを選択したでしょうか。え?大納言あずき、チョップドチョコレート、クッキーアンドクリーム、ジャモカコーヒー、ナッツトゥユー、ロッキーロード、チョコレートチップだって?ハハハ、茶色系ばっかじゃん。君たちってイチイチ高木ブー!

ラムレーズンだ。いかなる場合もこの僕の行為は羽含むことであり、上から目線とはまったく違う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

身の回りに「何もない」を置こう

はい、そこそこ面倒臭いけどぼちぼちでいだらぼっち始めよう。女優の黒木華が「どうしてそんなにカッコいいのですか?」と樹木希林に尋ねると彼女は「身の回りに自分がカッコいいと思うものしか置かないようにしているから」と答えたとか。さらにこの僕が細くいや、補足すると「でね、本当にカッコいいものってね、何もない空間のことなのよ。しぇけなべいべー、そこんとこ夜露死苦!」。おっといけねぇ、オイラの中のユーヤ内田が出て来ちまったぜ。ハハハ、ところで今日の僕は何気にユーウツ。さっきアマゾンからこれが届いたんだよ。誤って「定期おトク便」をポチッちまったが、電光石火でキャンセルしてホッとしていたところ初回分が届いちまった。これが規格外の巨大化したウイスキーボンボンだったら100%ウエルカムなんだけどね。そうは問屋町はほぼ壊滅状態いや、そうは問屋が卸さない。オリーブオイルだよ。たしかにおいらはオリーブオイラーなんだけど在庫はまだある。しかも1本が2823円もするし。さぁ、君たちもアマゾンを見習ってこんなビミョーなポチポチ商法でバンバン稼ぎまくろう。でね、とりあえずカッコいいから身の回りに置いておくよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタバ名鉄百貨店名古屋店と天竜峡と新京亭のカツ丼と飯田城界隈@愛知県名古屋市&長野県飯田市

47都道府県のみなさん、イナゴ食ってますかぁーッ!イナゴを食うオナゴはいかがなものか。ま、それも賛否両論だと思いますよ。はい、昆虫食の実態を調査するべく長野県は飯田市へと高速バスで向かった僕だった。僕の場合、車の運転は100%途中で飽きるため岐阜各務原から高速に乗ったら浜松西が限界なんだよね。で、高速バスの乗車まで余裕があったのでスタバ@名鉄百貨店名古屋店でソイラテをすすって時間を潰した。この店の女性スタッフのスタバ☆スマイルにKO寸前だった僕。

バスに揺られることほぼ2時間で飯田駅に到着したがね。さっそく劇薬レッドの駅舎を撮影しようとさっきからずっとiPhoneを構えているのに右端でボーっと立っている42歳と3か月くらいの女性が僕の目力でもどいてくれなかった。この際だからこの僕の思い出の1ページにタダで入れてあげゆ。

ここまで来たらせっかくなので12時20分の列車に乗り込み天竜峡を目指した。ふ、ところがだ、想像以上にフツーだった。そのため滞在時間は20分だった。ううん、別に怒ってなんかいないよ。

さすがの僕も空腹のクーちゃんになった。この際、フーちゃんでも可。以前、友人の熊八っちゃんに「三匹のブタ野郎」っぽい名前の店を教えてもらったが、歩いては行けない感じだったので飯田駅のすぐ近くにある『新京亭』を訪れた。ほら、ご覧。カツ丼だお。これで並盛だお。ほぼイジメだお。

カツ丼の前に生ビールを飲みながら揚げ餃子を食っていたのでもう無理。それがなくてもほぼ無理。

今回の主たる目的であるところの飯田城界隈を歩いていたら、お腹がピキピキと痛くなってきたので飯田市美術博物館で休憩した僕。ちょっと座っていたら何気に復活!僕の五臓六腑をなめるなよな。

念のため胃の内容物の消化を促進させるべく『七里屋茶房』で熱い珈琲を投入したが、タバコの煙が気になったので早々に切り上げた。いいかげん、タバコなんてやめてもらえませんかねー。そうだ!駅前のピアゴで時間を潰そう♪と足早に行ったらピアゴが潰れていた。ハハハ、ま、ユニーだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

似非吉田鋼太郎の或る一日

ボサボサの髪と汚い口髭。各パーツが中央に寄った配置。そんな寝起きの自分の顔を鏡で見るや否や「お前は吉田鋼太郎かよ!」とツッコんでいる僕がいた。吉田鋼太郎か、褒め言葉としてはちょっちビミョーなんだよね。午前9時に社労士の矢島さんと電話でお話をした。午前11時5分に玄関先で爪を切った。それから4時間ほどネットサ~フィンで時間を潰したった。その後、テレビをボーっと眺めること30分。午後4時になったのを確認すると結衣ちゃんと一緒にお風呂に入った。ほぼほぼエネルギーもカロリーもマネーも消費していないのでお腹もまったく減らなかった。そんなこんなでアナコンダ。あんなパンダはパンナコッタ。シャレオツでイタリアンな素焼きの素材はテラコッタ。はい、今日の晩ご飯はわさび昆布・オン・ザ・ライスだけだった。一挙手一投足を愉しむ僕だから、ご飯の一粒一粒をリズム&ブルースっぽく噛みしめながら味わっていたら7分で満腹となった。何の刺激もない一日だったが、これはこれでいい一日だった。明日が今日より素晴らしいとは限らない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加