僕の卵(玉子)の物語2

時期が時期だけにお寺のおっさまが義父&義母の家にやってきたので僕たちも以下同文に合掌した。ちびっ子ギャングたちも「まんまんしゃー」と大人しく小さな手を合わせていた。うん、間違いなくそこらの大人たちより確実に立派だお。その後、近所のガストに大勢で出掛けるとテーブルを占拠しランチをむさぼった。お支払いは当然、僕でPayPayのクーポンで5%OFFとなり何気に助かった。

僕はと言えば「10種の刻み野菜の鉄板焼きキーマカレーランチ」に載っている半熟卵を箸で割っていい塩梅にかき混ぜていた。生ビールもフツーに美味しくてつくづくハッピーでご満悦の僕だった。


僕の卵(玉子)の物語

大雨警報が発令された午前中は一か八かで玉子サンドを作りたくなりませんか?僕はなったんだよ。ほら、ご覧。いい感じじゃないか。でも、食パンが柔らかくて全体がフニャフニャになっちまった。まあいい。僕はね、出し巻き玉子のサンドウィッチは大好物なんだ。鉄板スパに敷いてある半熟卵も大好物さ。さすがに卵かけご飯はつらいけれど絶品のすき焼きを楽しむ際の生卵は必須アイテムだ。コメダ珈琲店のモーニングセットでは小倉ではなくゆで卵をチョイスすることもある。その僕がだ、ゆで卵をグチャグチャに潰したサンドウィッチだけは10万円もらっても無理。12万円でも無理。業務連絡です。こちらは結構な土砂降りっぷりなもののとりあえず今のところ我が家は大丈夫です。


動のクロサワ+静のオヅ張りのシナリオが崩れ去って行く

ん゛ぅン゛~~・~ン≧・>>ン・・・。はい、ドップラー効果が心地良い巻頭文はここまでです。ったく、13日の金曜日どころか14日の土曜日もその先、ずっと土砂降りじゃんかよ、この野郎。さらに愛知県や滋賀県や静岡県の主たる自治体にまん延防止なんちゃらが適用されているっぽいのでどこへも行けやしないし。ほら、ご覧。青春18きっぷの出番がなかなかないんだよね。よかった、最初はこれを2枚も買う予定だったのをグッと踏み止まった僕だった。どう考えても使い切れねぇ。宇治のスタバで癒された後に昭和末期の十円玉を掲げて平等院と見比べるつもりだったのに・・・。


ひろくんの逸品シリーズ第5弾:マウントレーニアのソイラテ

スタバでソイラテが飲みたい。でも、その時間とお金がない。特に前者は何とでもなるものの後者は何ともならん。ジッと手を見る、右手は百握り。さぁ、そんなとき君たちならどうする?アイフル!僕ならマウントレーニアのソイラテをすすりまくる。説明しよう、マウントレーニアとは森永乳業のブランド名だ。これまではカフェラッテなどを買っていたが先日、バローグループのV・ドラッグで涼んでいたらあーた、このソイラテと遭遇した僕がいた。イソフラボンボンビーもそれなりに入ってコレステロールも0だって。今の僕のお気に入りさ。ま、2週間で飽きると思うけど綾小路(笑)。


ぎふ町旅シリーズ第14弾@野一色

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。第14弾は野一色だよ。何と言っても岐阜県総合医療センター、3センチに縮めて言うと県病院があるのがステキでありがたい。思うに、近所にお住まいの方々は毎晩のように救急車のサイレンを耳にしているのだろうか。まあいい。以前から気になっていた『kicori cafe』のチーズがてんこ盛りの「グリルチキンプレート」も美味しくて満足だった動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]岐阜県総合医療センター,平和書店 TSUTAYA 長森店,kicori cafe


赤福の朔日餅を予約するついでに円頓寺商店街も楽しんだ僕@愛知県名古屋市

君たちは赤福の「朔日餅」を知ってるかい?そう、これは「ついたちもち」と読むんだ。んだんだ。詳しい内容が知りたければググれ。9月1日に販売される「萩の餅」がどうしても食べたくて店頭で予約するためにわざわざ名古屋まで出掛けたった僕がいた。せっかく交通費を掛けて行くのだからと古き良き昭和の雰囲気を漂わせる円頓寺商店街を散策した。老舗っぽい『喫茶まつば』で「元祖小倉トースト」を頬張り『イタリアンバールアランチャ』で「鉄板ナポリタン」を堪能した。今日の〆に赤福で9月の朔日餅を無事に予約できてほぼ2年越しの夢を叶えつつある動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]四間道,円頓寺商店街,喫茶まつば,小倉トースト,イタリアンバール アランチャ,鉄板ナポリタン,サンラファエル,朔日餅


入っていた段ボールにビニール袋を被せて井戸水と氷で冷やして食べたスイカ

ほら、ご覧。想定外の規格外のスイカを杉山家とその周辺の者たちみんなで分かち合って食べている真っ最中わず。昭和末期をほうふつさせる古き良き日本の中産階級を絵に描いたような光景だよね。おいおい、それは聞き捨てならねぇな。もう一度言ってみろ、この野郎。遠隔操作でぶっ飛ばすぞ!只今、プチ熱中症の3丁目5番地なので今日はこれでお開きにしたいと思います。では、また明日。


想定外の規格外

2020年の「漢字で書けない都道府県ランキング」の1位が岐阜県だった。2位は茨城県で3位は新潟県だとか。何でだよ?栃木県のほうが厄介じゃん。愛媛県の「媛」なんて他で見たことないし。ほら、ご覧。ジャンボなSuicaいや、スイカだよ。クロネコさんが玄関まで運んできてくれたんだけど見た瞬間、ビビったぜ。う~ん、冷蔵庫に入りっこないしどうしょうしゃん。明日、全員で食うか。


言葉の伝達と意思の疎通

「ニホンゴは通じるんだけど日本語が通じない」と思ったことはありませんか?これが意味不明では君には日本語が通じない。フツーの言葉の伝達はできても意思の疎通ができないっちゅう話やがな。自分以外の連中はバカばっかだぜ。驚くほどバカなのによく今まで生きてこられたもんだとつくづく感心するぜ。それだけ日本は平和で暮らしやすい国やっちゅうこっちゃがな。ハハハ、お笑いだぜ。誤解しないでほしい。無事に車検も終わったことだし今日の僕はこれでもそれなりにご機嫌なんだ。


君はファンキー・モンキー・ジャンキー2

どうやら台風がオリビアいや、発生したようだ。油断するんじゃねぇぜ。はい、映画『復活の日』を見て憧れたオリビア・ハッセーが布施明と結婚したと知らされたときは「ほう、俺も歌手になったらハリウッド女優と結婚できちゃったりするのか?」と淡い夢を見ていた高校生の僕がいた。ハハハ、その当時の僕が憧れていた女優はジョーン・フォンテインだ。そのとき僕が16歳で彼女は63歳。いい時代だった。15分だけなら戻りたいけれど二度と元の世界に戻れないリスクがあるなら絶対にその時代に戻りたいとは思わないけど。しかし今、思えば、中学時代から「お姉ちゃんがほしい」と言っていたし、高校時代は上記のとおりなのでDNAレベルでそっち系の気が大量にあったようだ。だから、僕は何を言っているのでしょうか。分かる人は分かるが、だから映画『ある日どこかで』が嗚咽するほど大好物なんだよね。今まさに、僕の前頭葉でラフマニノフのリフレインが止まらない。それはそうと殺人的にムダに暑い今日この頃、吐くほどジャンキーな食べ物を欲したりしませんか?