晩ご飯のメニューを決める際にも契約書を交わしませんか?

いいか悪いかは別にして、発泡酒を飲みながら西の空を静かに見上げれば「NHKをぶっ壊す!」のリフレインが止まらない。吉本興業のトップが所属芸人との契約について「口頭でも契約は法律的に成立している」と言った。さぁ、猫も杓子も典子も一緒に「吉本興業をぶっ壊す!」。ま、たしかに民法のコンメンタールにはそう書いてあるかもしれないが、それはセブンイレブンで店長イチオシのスイーツを買うという行為の真っ最中にイチイチ契約書を交わさなくても済むようにする場合であり所属芸人と事務所との関係はティラミスケーキと同じかよ。だったら、年俸1億円のプロ野球選手も球団との口約束かよ。まあいい。才能が日本橋にある金子半之助の天丼並みにてんこ盛りのこの僕が出版をたった1冊で終えた本当の理由を教えてあげよう。本が刷り上がってから「そろそろ契約書を交わしましょうか」と出版社から呼び出された僕は「印税は8%でどうでしょう?」と尋ねられた。当初から「契約書って交わさないのかな?」と悶々としていた僕は「最後に契約するんですか?」とその席で尋ねると「出版業界はそうです」とのこと。家を建ててから契約書を交わすか?旧態依然の問題ではなく、太古の昔からこの業界は腐っている。こんな発酵業界とは1ミリも関わらないほうが得策だと思った僕だった。昨今、次から次へと面白いように出版社が潰れているが、それはネットの普及などとは3ミリも関係なく、発酵業界が世の中の常識についていけなくなったからだよ。今でもたまに「本を出しませんか?」と誘われるが、その気はミミズの脳ミソほどもない。そんなことより今日の晩ご飯に海鮮チャーハンを切望した僕なのにエビしか見当たらなくて途方に暮れる僕がいた。このような悲惨な出来事が二度と起きませんようにみなさまのご家庭でも契約書を交わしませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

りこ散歩:プリキュアには負けるジイジとの記念すべき旅立ちの日

結衣ちゃんとは嫌というほど散歩に行っていたのに2人目となるとこんなものなのね。ってことで、下の孫の莉子ちゃんと初めて2人きりで名鉄電車に乗って岐阜駅界隈まで散歩に出掛けた僕がいた。そこでだ、記念すべき旅立ちの日なので北斗神拳で秘孔を突くかの如く瞬殺の動画をお見せしよう。

名鉄岐阜駅に着くや否やヴィ・ド・フランスに入ると塩バターフランスを白桃ジュースで押し流した莉子ちゃん。その後はロフトと三省堂で時間を潰すと今日の〆としてサーティワンの「ストロベリーチーズケーキ」をお金がないから2人で仲良くシェアした。そんなこんなで今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燻したゆで卵&ソーセージをトッピングしたレトルトハンバーグカレーの夕餉

大きな声で『めだかの学校』を歌いながら財布の中をそっとのぞいてみたら案の定、福澤諭吉先生が1人もいなくて泣きそうになったことはありませんか?渋沢栄一先生の時代になれば僕の財布の中もちったあマシになるのだろうか。前者は疑問形で後者は単なるひとり言だお。だから、そんなことはどーでもいいんです。今日の晩ご飯は燻したゆで卵&ソーセージをトッピングしたカレーではあるが肉曜日に相応しくハンバーグカレーでもあり稀少なTポイントで仕入れたレトルトカレーでもある。こんにちは、カールスモーキー杉山です。昨日とは打って変わって今日は1円も使うことなく一日が終わろうとしている。これで僕の過呼吸も無事に治まるってもんだぜ。ちなみに、生まれて54年と10か月間、過呼吸になったことなど橋本七度煎いや、一度もありません。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

払えるうちは頑張りますので僕が逝ったら吐くほど地味な家族葬をよろしくね

どうだろう、来年以降は7月をなくして6月を61日間にするというこの僕の画期的なアイデアは。特許でも申請したろかしゃん。そうでもしないと毎年7月のやり繰りがすっげぇ大変な僕がうぃる。うん、未来形の「うぃる」ね。ほぼ毎月のように誰かの誕生日がある杉山家とその周辺の者たちだが7月は3人もいるんだよ。ま、それはいいとしてなぜにすべてにおいてお支払いは僕なのだろうか。まあいい。いや、ちっともいいことない。ってことで、料理が偏差値48レベルで何気に残念だった『古風人 領下』でパーッと祝ったった。〆には3780円もするサプライズのホールケーキだよ。金額を言うところが僕の卑怯でイヤミなところだけど逆にそこが憎めないところでもあるんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいレビューの本当

話せば分かる犬養毅。離せば分かる杉山弘道。スタバ@ASTY岐阜店でスマホを操作しようと思いきやスマホから46センチ以上54センチ未満の距離に照準を定めないと文字が蟻の大群にしか見えない僕は残念ちゃん。何をしようと思ったかって?ハハハ、僕って実名でそこら中にステキなレビューを書いているので「すみませんが削除していただけませんか?」という腰の低いお問い合わせがたまに届くんだよ。だから「嫌だ」と丁重に返している。聞いておくれよ、僕の場合は自分の思い出として書いているだけなので他人から文句を言われる筋合いはないんだよ。第一、ステキ♪と感じた店には個人的な感情丸出しで褒めちぎっている僕がいる。ま、それも賛否両論だと思いますよ。まあいい。そこでだ、今回は「正しいレビューの本当」についてタダで語ろう。男性シンガー○○がカバーした曲について「やっぱカバーはカバーだよね」「上手いけど本物のほうがいい」などと書かれた辛口のレビューに対して「お前たちは○○よりも上手く歌えないくせに!」という返しがあった。おそらく○○の熱狂的なファンなのだろう。さぁ、どっちが正解だろうか。そんなものは前者に決まっとる。メジャーな映画評論家たちを見ても役者の経験がないどころか人前で演技など一度もしたことがない年寄りばっかだろ。演じられる能力と批評できる能力とはまったく違う。ずーゆーあんだーすたん?誰の目も気にせずに思ったことを思ったままに素直に表現しよう。褒められて育つタイプの僕だけど他人を褒めるなんて絶対にできない。10円も安いバターミルクビスケットにしておけばよかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝くじに当選したセレブが好みそうな治一郎のバウムクーヘン@静岡県浜松市

こんばんは、杉山治一郎です。47都道府県からスイーツをお取り寄せするという夢と希望に燃えるコンテンツである[全国甘党]はお久しぶり。なかなかコンプリートできませんな。でも、頑張ゆ!ってことで、全国に37か所ある第二の故郷の中のひとつであり矢崎総業に勤めていた20代の頃にスーパー石原の前で下着ドロボーと間違われて泣きそうになった忌々しい過去のある静岡県浜松市の治一郎からバウムクーヘンをお取り寄せした僕だった。その頃の浜松市民に告ぐ、自分たちが犯した過ちを反省し今回、取り寄せていただいた好意に感謝しなさい。日本一汚いと言われている佐鳴湖は明日でも日本一汚いのだろうか。では、そろそろ本題に入ろう。ほら、ご覧。すっげぇ分厚い縦幅と屋久杉のような年輪が見事だね。うん、お察しのとおり屋久杉の年輪を一度も見たことがない僕は、惜しげもなく6等分にカットするとそれはまるで関東ローム層のように神々しく輝いていた。うん、お察しのとおり・・・くどいっちゅうねん。なかなか味もいい。午後5時7分の枯れ果てた君たちのお肌のようにパッサパサではなく、そこらの女子のお肌のように無意味に水分が多いわけでもない。昨年くらいから家庭に疲れ始めて「こんなはずじゃ・・・」と後悔の3丁目18番地5号を行ったり来たりしている30代後半の主婦のお肌のように適度にしっとりした上品なバウムクーヘンだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越冬来春ツバメ:悲しみと冬を乗り越えて希望の春に再び訪れてほしい

モーレツに悲しいお知らせです。我が家の車庫の中に巣を作ったツバメさん夫婦だが、ちょっと前に卵を産んだんだよ。そっと見に行くと順番に入れ代わって卵を温めていた。その光景は微笑ましく、現世の喧騒とはかけ離れていた。そして、数日前に無事に孵化した。餌を運ぶ親ツバメさん、それを待ちわびる赤ちゃんツバメたち。脚立に上って巣をのぞけば驚くだろうから「早く巣から可愛い顔を出してくれないかな」と下から見上げていた。ま、上れと言われても極度の高所恐怖症ゆえに絶対に上れっこない僕がいる。だから、そんなことはどーでもいいんです。ほんの数分前まではそのような微笑ましい光景だった。しかし、電光石火でカラスに襲撃されると巣は跡形もなく木っ端微塵となり赤ちゃんツバメたちは・・・。なす術もないツバメさん夫婦は我が家の前の電線の上で悲嘆に暮れて鳴いていた。そして、サッと飛び立つと僕の目の前をかすめるように旋回した。ひょっとしたら僕が巣を壊した張本人だと思って威嚇したのだろうか。再会を約束する旋回であってほしいと切に願う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午後7時48分なのに弘道、もう寝るってよ

君たちのような聡明な霊長類ならば当然のようにご存じだと思うが、明治建築界の三大巨匠と言えば辰野金吾、片山東熊、妻木頼黄だよね。で、それはそうと我が家の鉄板三大料理と言えば焼きそば、スパゲティ、ハンバーグだということも周知の事実&自明の理だろう。ってことで、今日の晩ご飯は肉曜日でもないっちゅうのに鉄板ハンバーグ、君に決めた!おそらく昨日のキンキンの名鉄電車内とカンカンの外気との温度差にやられたせいか喉がいがらっぽいため7分間にも及ぶ家族会議の結果、一気呵成に体力を回復させるべくカロリーがてんこ盛りの鉄板ハンバーグとなったわけです、はい。せっかちのB型ゆえに速攻で食ったら口の中が火傷して口内炎になっちまったぜ。おやすみなさい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)半田店と半田赤レンガ建物と復刻版の生カブトビール@愛知県半田市

体脂肪が沸騰するくらい鉄分不足による禁断症状が勃発した。いろいろと磯が死んだ状態ではあるが禁断症状なら仕方ない。そこでだ、それなりに鉄分を補給するべく名鉄電車に飛び乗った僕がいた。とりあえず知多半田方面を目指した僕は、何の目的もなくふらっと途中の住吉町駅で降りる雰囲気を漂わせながら5日前からの計画どおりスタバ@半田店で「コールドブリューコーヒー」を満喫した。

半田店の女性スタッフから偏差値73レベルのスタバ☆スマイルをプレゼンツされてご満悦になった僕は、歩いて5分の半田赤レンガ建物を満面の笑みで訪れた。今回で2回目だがやはりいいですな。

今日、初めて知ったが半田赤レンガ建物は横浜赤レンガ倉庫と同じく妻木頼黄が設計したとのこと。腹は黒いが赤レンガフェチとしては全国にある赤レンガ建物を片っ端から巡りたくなった真っ最中。その後、建物内にある『カフェブリック』でホットドッグと明治時代バージョンの生カブトビールを味わったのはいいが、メニュー表の「ホットドック」は確実に残念ちゃん。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブチッと縁が切れた2つのお店のお話:山本屋総本家へ行こう!

ふと気付くと7時間以上も暇だった僕は、クリーム号に乗って自分探しの旅に出掛けた。軽く寿司をつまもうと岐阜タカシマヤの前の『ぎふ初寿司』に午後1時50分に入ったら「2時で一旦、休憩に入るんです」とのこと。こ、この僕だよ。この僕がわざわざお店までお越しになってあげたんだよ。ったく、消費者のニーズに即していないお店の都合のアイドルタイムってどーなんでしょうかねー。まあいい。縁がなかったっちゅうことで二度と訪れることはない僕がいる。仕方ないのですぐ近くの『山本屋本店』で気温が32℃なのに「名古屋コーチン入り味噌煮込みうどん」をすすりまくった。麺類が苦手な僕でも美味しかった気がする。店内には僕の他にもう1人の男性客がいるだけだった。そのときだ、そいつのスマホが鳴ると店内に響き渡るような大きな声で話し始めた。ひょっとしたら急用かもしれないので15秒だけ待ってあげる。ところが、確実に商談っぽい内容になってきたので面と向かって「やかましい」と注意したった。すると素直に頭を下げて会計を済ませて出て行った。それはそれでOKなのだが、問題はすぐ近くで一部始終を見ていた店長や店員たちが知らぬ存ぜぬでこの僕に対しても「ご迷惑をお掛けしました。申し訳ありませんでした」の一言もないことだった。何よりこの僕に注意をさせるとは何事だ。お詫びはもとよりお礼があって然るべきだろ。こんな店、速攻で潰れちまえ。店名は酷似しているが犬猿の仲の『山本屋総本家』を僕は無条件で応援しよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加