2019年の忘れ物を取り戻した僕

月日が経つのは早いもので今年も残すところあと362日となりました。でも、今年は2月29日があるから本当に得した気分になりますね。例えて言うなら、行列が少ないレジを選んで並んだもののパートのおばちゃんが何気に鈍臭子さんで隣のレジのほうが早く進んでいるその最中に「3番レジ、フォロー願います」と店内放送が流れると約12秒後に容姿端麗な鈴木さんが微笑みながら手伝いに入ったときと同じような感じではないでしょうか。知らんがな。はい、人手不足の昨今、バローにも西友にも鈴木さんのような容姿端麗な人材を確保してもらいたい巻頭文はここまでです。ちなみに、大きく「30%OFF」と書かれた惣菜を食いながら「す、鈴木さんって私のこと?」と思っている東日本の鈴木さん、100%中120%違います。ふと過去を振り返ると何かしら忘れ物をしている自分がそこにいたりしないだろうか。そう、昨年の大晦日のことだよ。予約で満席になったサがミに門前払いを食らって結局、年越しそばを食べそこなっていた僕がいた。そこで本日、バローで買ったエビのかき揚げをトッピングした味噌煮込みうどんを代りに堪能した。良いお年をお迎えください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の正月早々は面倒臭い世界のアツローと一緒に汗を流しませんか?

さぁ、スマホ&マウス片手の君たちも世界のアツローという真っ平らな山を嫌でも登ってみないか?ちなみに、真っ平らは「まったいら」と読んで真っ平御免の真っ平は「まっぴら」なので念のため。ここ2年ほどは面倒臭いから休止していたが、今年は「どうせ今年の正月も暇なんでしょ?」という失敬にも程があるけど完璧に当たっているお誘いがあった。アツロー、あなたって人として限りなく真っ平らで真っ平御免な安い生命体は・・・。はい、最大限に敬意を表した巻頭文はここまでです。美濃国の一之宮である南宮大社を参拝した後に全然、真っ平らな山ではない小高い南宮山を登った。何で正月早々、片道1時間もかけて山に登らなきゃいかんのだ。ったく、こんな話、聞いてねぇよ。

今回、登る主たる目的と言うか大義名分は、関ヶ原の戦いの際に西軍の毛利秀元が陣を構えた場所を攻めるためだった。ってことで案の定、登ってみれば最高の眺めだぜ。昨年同様、GUのお値打ちなセーターがステキな僕がいる。中にはヒートテックを着て来たので汗でビッショビショになった僕。

さすがに空腹感がいい感じに育ってきた僕たちは、大垣市内まで戻ると『香香(シャンシャン)』でてんこ盛りのランチを食べた。世界のアツローは「エビチリ定食」で僕は「野菜炒め定食」だった。

とっくに帰る予定の僕だったが、どうやら世界のアツローは是が非でも自宅には帰りたくない明確な理由があったようなので仕方なく珈琲屋らんぷ大垣店でいたずらに時間を潰すことに協力したった。今まさに、太ももがバンバンに張っている真っ最中の僕がいる。今日もそれなりにいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物理的に1円も使わなかったビンボー臭い一日

7年前に免許を取得してから一度もハンドルを握ったことのない次女を助手席に乗せてドリーム号を運転した際に「パパ、たしか右側がアクセルで左側がブレーキだったよね?」という疑問符は失望を通り越して鮮度が抜群の恐怖すら覚える正月早々、いかがお過ごしでしょうか。パパが払ってあげた車校代を返しなさい。と同時に、安い世間のために一生、ペーパードライバーの君で居続けなさい。あ゛ー、キャッシュが足りない。いくらキャッシュレス&ペーパーレスの時代とは言え、お年玉までキャッシュレス&ペーパーレスとはいかないため僕の財布の中は空っぽだぜ。年も明けたことだし、いいかげん、この僕を苦しめる風習はやめにしたらどうなんだ。以上のことを踏まえまして来年からお年玉はPayPayで送金します。異議申し立ては受け付けません。ほら、ご覧。デニーズに行く小銭も気力もないゆえに今日の晩ご飯はご自宅で鉄板ハンバーグだよ。今日も無難に過ごした一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

節子とモンローとエーメに見る美しい生き様とは

原節子とマリリン・モンローとアヌーク・エーメから「いったい誰を選ぶの?」と泣いて迫られた。だから、そんな総天然色の夢を見た。ハハハ、夢を見るだけなら脚本は弘道君の好き勝手に書けるし原価は0。はい、初夢って元日の夜に見る夢らしいが、この際、大晦日の夜に見た夢も十把一絡げで含めてほしい巻頭文はここまでです。説明しようと思ったものの3人の輝かしい人生を語るとなると余裕で258行はいるので興味があるなら速攻でググりたまえ。他を寄せ付けない圧倒的な存在感が共通点だ。「永遠の処女」と言われながら絶頂期に引退して公の場から姿を消した原節子は95歳で生涯を終えた。名声も美貌もピークだった36歳で生涯を終えたマリリン・モンロー。1966年に『男と女』で世界に名を馳せる女優となったアヌーク・エーメは87歳の今、その53年後を描いた『男と女』の続編に出演した。世の女性たちは老いさらばえた自分の姿を見られたくないようだが、僕はエーメの生き様が好きだ。たしかに節子やモンローの姿を思い浮かべれば光り輝いているものの呼吸はしていない。トレンチコートのボギーもいいけど往年のハゲ散らかしたボギーはもっといい。生きているうち、呼吸しているうち。そんなことを思いながら今年も初詣に出掛けた僕たちがいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年の大晦日の午後3時はこの僕と一緒にざるそばをすすりませんか?

第三セクターである伊勢鉄道が時刻表どおりに到着するかどうか心配してハラハラすることを新種のセクハラという。んなこたあない。快速みえをこよなく愛す青春18きっぱーにとってはビミョーに厄介な伊勢鉄道。「え、何で?」「ググれ」。昨年同様、アーリータイムに年越しそばを食べようとサがミ岐阜加納店を訪れた杉山家とその周辺の者たちがいた。ちなみに、夢も希望も目標もないけど愛想だけは必要以上にある愛車のドリーム号で行ったので青春18きっぷとは1ミリも関係はない。ま、そこに座って俺の愚痴を聞いてくれ。いくら大晦日と言えどもオープンと同時に左足から入れば余裕と思いきや、オープン前から長蛇の列だったがや。おぉ!恐るべし大晦日にそばをすするという古き悪しき訳の分からん習わし。ったく、サがミのくせに・・・。だって、この僕だよ。まあいい。仕方ないから近くにあるガストにチェンジした。ま、何を食っても同じだろうからメニューリストを開いて最初に目が合った「陸奥湾帆立と海老のグリルとカキフライの和膳」を注文した僕。案の定、案の定だった。今年も平穏無事に終わろうとしているが、来年はそれ以上に平穏無事に終わりたい。君たちもせいぜい良いお年をお迎えやがれ。ま、君たちに訪れるお値打ちな来年があればの話だが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソクラテスとプラトンとニーチェとサルトルを圧倒的に凌駕する簡単な生き方

「あくまでも個人の感想です」と「悪魔だった故人の埋葬です」はほぼ似ているような気もするが、それ以前に設定自体が無理矢理な気もするのは悪魔の僕だけだろうか。いい年こいて女子高生っぽく演じている次女が手にしているのは悪魔もこよなく愛す血が滴るようなイチゴタルトだよ。ハハハ、最上級の褒め言葉さ。冬のボーナスが出たからと愛媛県松山市の洋菓子店からお取り寄せした次女。だったらスイーツではなく1円でもいいから家に生活費を入れてくれ。ヒヒヒ、最低限の本音だよ。次女に「ソ・ソ・ソクラテスかプラトンか~♪ニ・ニ・ニーチェかサルトルかぁ~♪み~んな悩んで大きくなった♪という歌は知ってるよね?」と真顔で丸顔に尋ねたら唖然としていた。へ?あーた、ご存知ないの?厄介な性格だったものの名作『火垂るの墓』を書いた野坂昭如の名曲を。まあいい。パパが言いたかったことはね、彼らが生きた時代はスマホどころかテレビもイチゴタルトもなかった大昔だから暇を持て余していたんだ。他にすることがなかったから悩んで大きくなったのさ。でも、悩んで解決することなど皆無どころか貴重な人生をムダにするだけだから今年同様、来年も1ミリも悩んじゃダメだお。最後に耳を澄ましてご覧。パパに対する世間の正しい評価が聞こえてくるよね。「・・・大きいわァ大物よォ~♪」。フフフ、こんなことを自分で言っている時点で小っちぇけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はるかよりはるかに劣ったレッド・エンジェル

確実に痩せるダイエット法として物理的に食べられない口内炎ダイエットというのはどうだろうか。ま、それも賛否両論だと思いますよ。え?そうなの?リンゴやバナナや納豆などを近所のスーパーで買い占めるとその日から一週間も集中的に食い漁った挙げ句の果てに「ど、どーいうこと?2キロも増えてんじゃん・・・」と我を失う目先のダイエット法よりはマシだと思った僕だけど。まあいい。そんなことより僕の口内炎の完治まであと17時間。はい、オーキッドパーク内のユニクロで無事にセルフレジをクリアできてご満悦の巻頭文はここまでです。その帰りにバローの加納店に寄った僕は茨城県産の紅天使を買った。熱々のそれを食べながら間違っても清流とは言えない新荒田川に沿って静かに歩いた。「リバーサイド・ジジイ」僕はそう微笑むと眼下の鯉と亀に小さくちぎった紅天使をおすそ分けした。だが、同じ茨城県産でも一週間前にカネ井青果で買った紅はるかのほうがはるかに美味しかった。「ふ、今年もあと2日か」僕はそう漏らすと眼下の鯉と亀に「君たちってストレスが皆無っぽいけど僕も負けないくらいないんだよ」と小さくちぎった紅天使を自分の口の中に入れた。自然界の生き物を人間のエゴで過剰に甘やかしては彼らのためにならない。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バンクーバー市スタンレーパーク3丁目6番地21号の奇跡

「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は「コストカットかレイオフだと?それはないだろが」に似ている。ちなみに、レイオフとは企業の業績悪化などを言い訳とする一時的な解雇のことである。ほら、ご覧。これは愛知県犬山市に本店を構える『もちたけ』の主力商品である「栗羽二重」だよ。先週、沖縄に向かう飛行機の中で「ご自由にお持ち帰りください」と書いてある雑誌をめくり始めて7~8分後に遭遇した和菓子だ。「ご自由にお持ち帰りください」と書いてある雑誌を何%の乗客が鞄に入れて持ち帰るのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。この商品が気になった僕は、スマホもペンも荷物棚のバックパックの中なのでいい感じに朽ちかけている海馬に記憶した。それから9日が過ぎた25日、犬山駅構内で販売店を見掛けた。「もちたけ?くりはぶたえ?ほう、遠い昔か最近、どこかで見たような聞いたような」。案の定、まったく覚えていませんでしたがね。ハハハ、大丈夫か僕?まあいい。そこで肝心の味はと言えば、大福の皮に恵那川上屋ではないほうの老舗の川上屋の栗きんとんがギュッと詰まっている感じでマーベラス♪これなら8本くらい飲んでも死なない程度の無酸素運動を楽しめるかも知れない。カナダで偶然、遠い親戚に出会った気分だよ。ま、僕にはカナダで暮らしている遠い親戚も近い親戚もいないけど。では、今生の別れの一口です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ま、いつでも行けるから」と優先順位が低い地域を訪れた僕@愛知県豊橋市

若い頃に「ったく、ふべんな人ね」と言われた僕は「え?不便?便利に使えない男って意味なのか?ひょっとしたら可哀想という意味の不憫(ふびん)と勘違いしているんじゃなかろうか。だとしたら彼女があまりに不憫だね・・・」と赤ペン先生ごっこをしそうになった杉山です。いい時代だった。聖徳太子の一万円札を38枚もらっても二度と戻りたいとは思わないけど。はい、弘道君にとってはノスタルジックな巻頭文はここまでです。昨日、岐阜県全域にインフルエンザ警報が発令されたのでとりあえず1ミリでも遠くへ逃げなければと思った僕がいる。古田助産院でオギャーと生まれてから55年間、ずっとそんな奴ですこの私。しかし、電車の中も密室なのでデンジャラスだ。長い移動は避けよう。ってことで、そんなときこそ豊橋総合動植物公園のんほいパークは打って付けの場所さ。

JRが運転を見合わせるくらい強風が吹き荒れる中、それ以前にそもそも大して動物が好きでもないこの僕が何でこんな不似合いな場所を一人きり徘徊しなければならないのだろうか。周りを見渡せば子ども連れの家族やカップルばっかで一人で歩いている奴などまったくいなかった。あまりの寒さと孤独の重さに嗚咽しかけた僕は、園内のレストランで時間をかけて「ビーフシチュー」をすすった。

当初の予定より3時間も余ってしまった。「あなたって人は・・・」「知らんがな」。そこで急遽、豊橋駅に戻ると市電に乗り換えて吉田城を攻めた。いいよねぇ、堀がいい。そのとき豊川を背にした吉田城の鉄櫓が肱川を背にした大洲城と重なった。いいよなぁ、城はいい。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我欲の変遷:所有から占有へ

ひ、ひたひ。ひたにほうなひふぇんはふぇひてひゃふぇれまふぇん。迷える子豚ちゃんたちのために翻訳すると「い、痛い。舌に口内炎ができてしゃべれません」だが「それ、ら抜き言葉じゃないの?正しくはしゃべられませんじゃないの?」と思った奴はブタ野郎だ。これは可能動詞でOKなのさ。弘道、あなたって年中無休でミスター・パーフェクトだわ。ふぇふぇふぇいや、ハハハ、雑右いや、ザッツ・ライト。ほら、ご覧。誰もがご存じのバローの中にある北欧倶楽部の似非オープンカフェでペラッペラのピザと紙コップの珈琲を満喫している僕がいた。代金は218円でテイクアウトならば214円だ。イートインなんて小洒落たことをしちまったぜ。これで今日一日の食事は終わりだよ。欲さえなければどうにでも生きていける素晴らしい時代だね。1円でも安けりゃ買った時代は昭和。とにかく所有することが唯一のステイタスだった。でも、令和以降は所有ではなく占有の時代だね。黒電話→プッシュホン→コードレス電話→携帯電話→スマートフォンと凄まじい変遷を体験してきた僕だが、結衣ちゃん&莉子ちゃんは生まれたときから「ジイジ、すまほでゆーちゅーぶみよ~♪」としゃーしゃーと言いやがる。そんな彼女たちが大人になる頃には物に対する欲は確実に所有ではなく占有となる。要は、名義なんてどうでもいいっちゅうこっちゃがな。車など10万円でも要らない。レンタカーで十分どころか免許さえも要らない。だって、関市くんだりに続く国道156号線ですら無人の車が自動運転で走行する時代なんだから。昨今の国を挙げてのキャッシュレスの波もまったく以下同文でお札を一度も見たことのない子どもたちばっかになるんだよ。スマホに表示される数字が自分の資産となれば、札束を数えた時代に比べて如実に所有欲は薄れる。だって、持っている感覚が0なんだから。ただ、人間の我欲は絶対になくならないのでその方向性と質が変化するだけのようなそんな気がする僕がいる。ところでまだひたひ。ひたふひてなみだふぁあふへそうなかんひふぇす。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加