第0145滴 ~漢字ではなく、ひらがなで考える

変声期で、ちょっとシャイな森進一を気取っていた小学生の頃、日米対抗
ローラーゲームの東京ボンバーズが大好きだった@でも、あれはあまりに
も危険な凶器だろって、幼いながらにも引いてしまった杉山です。

良いか悪いかは別にして、一年中を半そで半ズボンで通した小学生の僕は、
そんなことをしてまでも、とにかく目立ちたかったそんな奴でしたこの私。

鬱陶しい友達が“なんで健康優良児にならないんだ”って聞いてきたとき、
6年3組の教室の片隅で“成績が足らねぇんだよ”って叫んだものでした。

さぁ、そんな健康優良児は優秀な成績と歯が丈夫でなければなれないって
ハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■いくら素晴らしいネタでも、上手く伝わらなければ、
燃えないゴミと一緒です。

難しいことを難しく伝えることは、誰でもできます。
難しいことを優しく伝えることは、難しいものです。

■だから、ひらがなで考える。

私は、モノを考えるときには全部、ひらがなです。
漢字では、脳ミソのシナプスが、つながりません。

■そして、ひらがなで伝えます。

吐き出すときも、全部ひらがなで、吐き切ります。
イメージは、二日酔いで、胃液まで吐く感じです。

申し訳ありません。ネタとして、ちと吹きました。

■つまらない講演や講義は全部、漢字です。

だから、とっても深い眠りに就くんです。
漢字では、相手に気持ちは伝わりません。

■マンガをとっても意識しています。

マンガは、その画が面白いから、ヒットする訳ではありません。
その吹き出しの言葉が、面白いだけなんです。そんなものです。

■そして、その吹き出しの言葉は、すべて
珠玉のキャッチ・コピーになっています。

だから、私も流れる文章なんかではなく、
すべてキャッチ・コピーを意識してます。

■七五調で考える。

前にも、お話をしましたように、このリズムで考えて、
このリズムで伝えます。マンガは全部、そうなんです。

■自分だけの定番を、そう、作るんです。

私にとっては、マンガの吹き出しが、
このメルマガの、フレームなんです。

■そこに、決まった文句と決まった文字を

そう、並べるだけなんです。ひらがなは、
相手が勝手に、良い解釈をしてくれます。

■言葉の体温なんて、そんなことで決まるものです。

話し言葉だけではなく、手紙やメールの温かさも、
そんな気遣いで変わるものです。そんなもんです。

■人が集まる人と、そうでない人。

人は、分かりやすい人にしか、集まりません。
難解な人には、厄介な人しか、集まりません。

■どんなときも、漢字ではなく、ひらがなで考える。

要は、自分が分からないことは、誰も分からない、
ってことなんです。アタマの中で咀嚼するんです。

┏┓
■┛ 今日の満足度:砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

そろそろ山下達郎の曲を流しながら、
ディケンズの『クリスマス・カロル』を読むこんな私は、
O・ヘンリの『賢者の贈りもの』で号泣します。

サンタさんって本当にいるんだよね…、
そんな澄んだ子どもの心をこの時期だけ
たまたま持ち合わせる杉山さんプレゼンツ!

名付けて“杉山サンタはここにいる!”
サブタイトル:OLは断ることを覚えなさい!

たった1名だけに、どっかでランチをおごってやる。
でも、12月は意味もなく忙しいので、来年の1月中に、
おごってやる。〆切りは、明日の午前9時。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛騨高山に思いを馳せる冬への直行便

我が家の近くを走るJR高山本線だよ。ときどき一人きり眺めてやり過ごす僕がいる。この先が雪の飛騨高山と思うだけでたまりませんがね。つまり、この僕はかなりのロマンチスターだってこった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0144滴 ~竹やりでも刺されば痛い

高島屋のエスカレーターを、左足からスムーズに乗れるかどうかで、その
日の体調を判断する@どういう訳だか三越では、それができない杉山です。

良いか悪いかは別にして、40万都市の岐阜なのに、都市型百貨店は、そう、
高島屋しかないんです。

でも、私がいつも出向く高島屋は、名古屋駅にあるそれなんです。なんだ
かんだと言いながら、いざとなったら岐阜を捨てる、そんな奴ですこの私。

さぁ、そんな岐阜の街中を徘徊するときはジャージでOKだが名古屋では
スーツなのってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■先日、みなさんに告知した、メルマガ大賞の発表です。

ノミネートされた【企業・ビジネス部門】と【新人賞】とも、
見事に2位に入ることができました。

僕ってスゴイ。

■まぐまぐ!に申請して、新刊の中でギリギリ10位に入って、
ウィまぐ!に掲載されたときには、随分と喜んだものです。

そんな新人たちの中で、2位なんて僕ってツオイ。

■そして、ビジネス部門にノミネートされた中では、
読者の数だけでは一番少ない、そんなものでした。

でも、読んでいただいている方、ご協力していただいた方、
そんな読者の方は、一番多かったと心から感謝しています。

■ビジネス部門で1位の読者数は、12万人。で3位は、4万人。

2位のこっちは4千人なんです。だから、
思いっ切り、カッコイイじゃないですか。

■数字と知名度では、雲泥の差でした。だから、

そんな不利な条件下でも戦える
立派なツールを用意したんです。

■竹やりでも刺されば痛い。

ひ弱に見える竹やりでも、一点に集中させれば、
鉄の板をも、穴を空けることはできるものです。

■針も刃もタンスの角も先は尖った点なんです。

要は、戦うときには一点にエネルギーを集中させて、
敵の面積を小さくしながら攻めれば、牙城は崩れる
ってこった。

┏┓
■┛ 今日の満足度:砂漠が渇水 ←… ★★★ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

4ヶ月半前の私は、ただの二枚目でした。
そして今は、アップグレード版の二枚目です。

文字を書くだけです。それで、
意志や想いが伝わるものです。

一番大切なことは、悩まずに考える。そして、
やると決めたら考えない。

それが肝心。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おかやんから届いた栃木の牛は美味だった!

一緒にメルマガのメール・セミナーを主宰しているおかやんが作った特製ビーフ・シチューだがね。クール宅急便で届いた。華岡青洲の妻の如く、嫁に毒味をしてもらったらとりあえず大丈夫だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0143滴 ~性格は不変、特性は可変

目の前のチョコレートがタップリ入ったコロネを、どっちの方から食べれ
ば良いのか、ふと考えた@不思議なメルモちゃんのキャンディーを、1つ
だけもらえるとすれば、赤か青かを真剣に悩んだことのある杉山です。

ここ数日、お腹が痛いくらい笑えますって、多くのメールが来ますけど、
とっても申し訳ないが、このメルマガに笑えるところなんてありません。

そう、腐ってもビジネス系。

さぁ、そんなことよりもついにフリーセルが1482勝1483敗で負け越しちま
ったぜってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■個性が職業を構成しても、その逆はあり得ません。

職業が、その人の個性を作るのではなく、
その職業を選ぶ人は、元々そんなんです。

■だから、明るい会社と暗い会社があるんです。

でも、それは会社ではなく、その業界です。
根がとっても明るい男性で、電卓を叩いて
一生を終えよう、そう思う奴はおりません。

■異業種を、またいで眺めれば、よく分かります。

同じ事務系の会社でも、業種が違えば
社員の性格も、まったく違うものです。

■幼い頃からの蓄積と生まれ持ったその勘で、
無意識のうちに、それを選んでいるんです。

だから、右を見ても左を見ても、会社の中は
同じ顔にしか見えやしない。そんなものです。

■だから、社員の性格が云々って言うのは、愚の骨頂。

入れ替えても無駄です。肝心なのは、そんな社員の
特性を知って、適正な配置を心掛けることなんです。

■性格と特性は、違います。

暗い奴でもそれなりの、明るい奴でもそれぞれに
松・竹・梅ってものが、あるんです。

■性格は、持って生まれた部分と幼い頃の環境が、
すべてです。

でも、特性は、相手によって変化させる性質です。
だから、暗い奴でも相手によっては、明るいです。

■よく見れば、日頃の態度で分かります。

本当に気が小さい人の発想は、
とにかく足し算が大好きです。

■逆に、その部分について自信がある人は、

上から俯瞰したり、現状から
引くことによって、考えます。

■でも、それは性格なんかではなく、
ある部分だけに対する、特性です。

だから、良いか悪いかってことでなく、
それをどう受け止めるかが、肝心です。

■性格は、何があっても変わりませんが、
特性は、相手と位置で変わるものです。

この私が言うんだから、間違いないッ!

┏┓
■┛ 今日の満足度:砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ついでに言いますと、
自分を認めて欲しい人は、
早口です。

1分でも1秒でも、
早く人に受け入れて欲しいんです。

で、無口な奴は、信用できません。
喋るポイントとタイミングを知らないので、
口を開けば、失言につながります。

オシャベリな奴は、何を喋っても
誰にも相手にされないから安心です。

そんなものです。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たった一人で楽しむ位勝ち

左下の小っちぇホリノブ君がこの僕に向ってコビを売っている。そうやってまた一日が過ぎて行く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0142滴 ~知恵と知識と数学と社会

昼下がりの自由書房で「えッ“書くマーケティング”がない…」そして、
少し遠くに視線を外し「書くマーケが….」と、さらに店員に印象づける
@次は大衆書房だぜって、今までに5店舗で見事な芝居を演じた杉山です。

そうやって、午後の退屈なひとときを愉しんでいるこんな私は、この本を
どういう訳だか2冊も持っています。

別に頼んでもいやしないのに筆ペンでサインまでして、埼玉県から送っ
てきたんです。だから、岐阜の書店は私にまかせろ売ってやる。

さぁ、そんなどうせ話しかけるんだったら店員も見た目で選ぶってハナシ
はバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■脳ミソに汗を掻くって、辛いことです。

考えて考えて、そして自分の中だけで
無から有を生み出すから、辛いんです。

■悩むんじゃなくて、考える。

答えを出すには、それしかないって、
クドイくらいに何度も言っています。

■でも、どうしても脳ミソに決着がつかない。

そんなときは、活字の知識を詰め込みます。
弱い穴を、都合の良い活字で埋めるんです。

■本音と建前は、蟻と象程の差があるものです。

いくら立派な知識があっても、それを知恵に
加工しなけりゃ意味がない、って言われます。

■そんな立派な奴は、この世の中にそうはいない。

この世に生まれて40年の私でも、知識を知恵に
バージョン・アップして活躍している人なんか、
右手の指の数ほども、会ったことはありません。

■だから、知恵が出なけりゃ、知識で十分です。

自分の戦うフィールドの規模にもよりますが、
小さな会社は、知識の量だけで十分勝てます。

■サッと自分の周りの同業者を、眺めてみるんです。

ほとんどは、知識の“ち”の字もありゃしません。
だから、小指の先ほどの小さな努力で負けません。

■数学ではなく、社会科が大切なんです。

学生時代の好きな教科で、その人の指向が分かるものです。
数学は、応用力です。でも、社会科は覚えるだけなんです。

■数学のような応用力は、リスクヘッジを常とします。

新しいプロジェクトを行うとき、下手な知恵を使うと
絶対に前には進みません。防衛本能が、働くからです。

■アタマに貯まった知識で、勝負。

コトを始めたり進めるには、それだけで十分なんです。
タマとツールは、自由書房や図書館なんかで十分です。

■決して、勉強や、ましてや修行なんかじゃありません。

義務教育を卒業したら、そんな無駄な努力は愚の骨頂。
知恵が出なけりゃ、目先のバカ暗記で、十分なんです。

┏┓
■┛ 今日の満足度:砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

最近、砂漠の住人に限らず、多くの方から
メルマガの発行やそのサポートについての
お問い合わせをいただきます。

でも、発行するだけなら、自由書房で
マニュアル本を買って来れば終わります。だから、

そんなんとは違う、一人でも多くの読者と身近にふれあえる
メルマガの発行や、そのフォローをするメール・セミナーを、
まだ現役の放送作家のあべまゆみさんと開発しました。

名付けて、『メルマガでファンを作る!』です。

なんと言っても私たち、キャラの濃さでは、
八丁味噌にも負けません。

起業として、自分自身のブランディングとして、
また今の商売につなげたいと考えている方等々、
様々な角度と高さから、熱くサポートしたいと考えています。

ほんの小さな支えでも、それがあるかないかでは、
結果が、0か100かくらいの差があるものです。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

名残の名鉄の路面電車

岐阜の市街地を走る名鉄の路面電車だよ。もうすぐ廃止されるとか延期されるだとか。大人の事情も情事もよく分からない。とにかく名残惜しくなるねぇ。とは言え、今までに乗った記憶がないけど。これを機に記念に乗ってみようと思ったが、どこからどうやって乗って運賃は後払いなのだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0141滴 ~善し悪しはやってみなけりゃ判らない

相手のネクタイの結び目を確認して、それがウィンザー・ノットの場合は、
白い靴下を履いている確率が、結構高いってことを発見した@そんなカラ
フルな神経が、まったく理解できない杉山です。

キレイに髭が剃れたときと、ネクタイの結び目が一発で落ち着いたときの
満足感は、ズルッと蟹の身を取り出したときの快感に、とっても近いです。

ちなみに、潔癖症のこんな私は、自分の手を汚してまでも、蟹を食べる気
なんか、これっぽっちもありゃしません。

さぁ、そんな今まさに食べられる状態でなきゃダメなんだってハナシはバ
シッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。
────────────────────────────

■情報が溢れると言うよりも、氾濫している世の中で、
私が唯一、源として信用しているのは活字だけです。

情報は、活字から得るしかない、そう思っています。

■そう、アタマの中で咀嚼する時間が、必要なんです。

テレビやラジオのような、映像や耳から入る情報は、
自分のアタマで考える余裕を、与えてはくれません。

■他人の思考を、鵜呑みにしているだけなんです。

だから、スイッチを押せば入ってくる情報は、
百害はあっても、BGMにもなりゃしません。

■そして、万人は、簡単に洗脳されます。

何がいいのかではなく、どんな媒体が、
そして誰が発信したのか、ってことで、
自分の思考が、左右されてしまいます。

■それは、メディアの思うツボなんです。

要は、考える時間と余裕が
十分にあるかないかが肝心、ってことです。

■だったら、情報は自分で発信すれば良い。

何が欲しいかではなく、誰から買うか。
世間が求めているのは、事実ではなく、
トッピングされた装飾の飾りつけです。

■それは、個人の個性でありキャラなんです。

世の中で起きている事件が多く感じるのは、
伝える顔が多いからです。そんなものです。

■身の回りに起きる出来事は、数少ない。

新しい出来事が、次から次へと誕生する訳ではなく、
同じことが次から次へと、伝えられて行くだけです。

■だから、一人称で発信します。

自分の言葉で、自分の文字で、
自分の気持ちを伝えるんです。

■そうすることによって、コトの善し悪しが判かります。

要は、口を開けて待っているばっかじゃ脳ミソは腐る、
ってことなんです。

┏┓
■┛ 今日の満足度:砂漠が渇水 ←… ★★☆ …→ 砂漠が満水
────────────────────────────
☆☆☆…無気力 ★☆☆…中の下 ★★☆…中の上 ★★★…絶好調

────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

活字を読むという行為は、
思いっ切り能動的な行為です。

テレビやラジオのスイッチをつけるのも、
能動的な行為です。

でも、そこからアタマの中への入り方が、
ちと違う。

洗脳された世間と社会に、
一石を投じるつもりなんて、
サラサラありませんが、でも、
せっかく立派な脳ミソがあるんだから、
もったいないです。

脳ミソは、最高で最軽量のモバイル・ツールです。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒマになるとコメダ珈琲店に出没する木村宗和さん

プルデンシャル生命保険に勤める中途半端に古い友人の木村宗和さん。ヒマになると一方的な電話で近くのコメダ珈琲店に誘ってくれる。だが、それはあなたがヒマなだけであってこの僕もヒマだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加