第0135滴 ~最後は楽しめ!

身も震えるような、とっても素敵なネタが書けたとき、机の前の鏡に向っ
て“あなたって人は…”と、かすれた声で呟く@その気になれば、2分で
泣ける杉山です。

ちなみに、そんなときのBGMは、丸山圭子の『どうぞこのまま』です。

そして、夕暮れの荒田川を散歩しながら口ずさむのは『悲しい色やね』。
部屋に戻って、灯りを点けるときには『大阪で生まれた女』のこんな私。

さぁ、そんななんだかんだ言っても昭和が忘れられねぇってハナシは
バシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■絶対、負けたくねぇ。

ここ数日は、そんな気持ちでイッパイですぜ。この
『まぐまぐメルマガ大賞2004』にノミネートされてから、
さらにそんな思いが、マグマの如く込み上げてきました。

■6位入賞で、十分です。

それどころか、 2,052誌もある企業・ビジネス部門の中で、
10誌に選ばれたことは、表彰台に乗ってしまった気分です。

■メルマガを発行してまだ、4ヶ月。

新人賞にもノミネートをされて、過大な評価を受けた
そんな満足感でイッパイです。

■虫酸が走る。

が、そんな風に目立って来ると、チラホラと
つまらぬ噂を耳にするものです。中傷です。

■そういうの大好きだ。

だって、私の怒りの導火線に火が点くと、
そうは簡単に、止められやしませんぜぃ。

■ダントツとトップクラスは違います。

トップクラスはサルの集団。そこから
抜け出たモノがダントツってことです。

■だから、トップクラスの中にいるだけでは、
6位内の入賞は、絶対に無理です。

何か一つでも、自分の武器としてダントツを誇れる、
リーサル・ウェポンを常備するんです。

■飲食店が潰れるのは、すべての料理を
美味しくしようとするからです。

たった1つだけ、絶品料理があれば、
それでいい。それが最終兵器です。

■企業・ビジネス部門の10誌の中で、読者の数は、
10番目です。

2倍、3倍どころか、10~20倍の格差があります。
義務教育を出ていなくても誰でも分かる格差です。

■数字では絶対、勝てっこない。

だから、とっても面白いじゃないですかぃ。
全カテゴリのメルマガには目を通したけど、
負けやしない。

■文字では絶対、負けっこない。

勝つとは言ってません。
そう、負けないんです。

■そして、イナゴの大群は、大空に舞った。

今から30年前に、ジョージ・フォアマンが
モハメド・アリに敗れた。当時10歳の私は、
ふ~ん、そんなものか、と思ったものです。

■蝶のように舞い、蜂のように刺す。

そして、多くの予想は、覆されました。
でも、こっちは、イナゴの大群ですぜ。
太陽の光さえも、遮ることが可能です。

■だから、絶対に負けやしない。

表彰台に上がってしまえば、楽しめばいいんです。
攻めも守りもありゃしない。大いに暴れるんです。

■ふん!

アタマと心の中では、絶対に負けやしねぇ。
何があっても、そう、絶対に負けやしねぇ。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

会ってみると私はとってもいい人よ。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ ご近所のバロー、行こう。

ご近所にあるローカル・スーパー@バロー。岐阜では超有名で調子こきまくってます。夏は涼しくてちょうどいいけど冬はちと寒い。これと言ってすることがないのでイチゴ大福を2個買って帰った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0134滴 ~黒く塗りつぶせ!

花粉症歴27年目で、アレルギー性鼻炎って言葉しかなかった時代を生き抜
いたこんな私は、ひどいときには自分の名前を見ただけで、鼻がムズムズ
とした@杉の山なんて強烈だ、せめて松の川にしてくれよと思いながらも、
ブタクサ弘道ではなくてよかった杉山です。

どういう訳か私に届くメールの発信者には、B型が多い。このメルマガは
B型しか読めないのか、たまたま平気で返信できる人にB型が多いのか。

よく調べた結果、B型の人が“私は杉山さんと同じB型です”と書いて来
るだけだった。心配するな、イチローも清原も長嶋茂雄も野村克也も、み
んなB型だ。超一流ばっかだ。そしてみんな自分勝手だ、な~にが悪い。

さぁ、そんなB型+乙女座+花粉症でこんな私とビンゴだぜってハナシは
バシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■いくら花粉症で苦しんでも、決して病院に行くことはない
こんな私は、一度だけ耳鼻咽喉科に行ったことがあります。

それまでの人生で、一番無口になった一日でした。

■今の立ち位置は、無意識の選択の産物です。

今の職業が嫌ならば、辞めています。でも
本当に嫌いであれば、最初から選びません。

■好きで、こんな仕事をしている訳ではない。

ってよく言われますが、100% 嫌いな仕事に就く人は、
100% 存在しません。選ぶには選ぶだけの、訳がある。

■この砂漠の住民放送も、あまり好んでは聴きたくない
って方もいるとは思います。

でも、虫酸が走るくらい嫌いなら、
とっくに解除をしているハズです。

■だから、その人が属するカテゴリで、その人の性格を
勝手に判断しています。

例えば、医者の中だけでも、
さまざまな分野があります。

■私だったら、決して耳鼻咽喉科は選ばない。

耳、鼻、咽喉。物理的に、穴の中だけを
覗く仕事です。良いか悪いかは別にして。

■楽器一つを選ぶにしても、性格は必ず出ます。

小学生のときに、トランペットを選んだ奴は、
学級委員か、かなりの目立ちたがり屋でした。

■まず、ソロ演奏を好むかどうかで判断できます。

私は、口に挿してりゃそれで済むソプラノ笛で、
良質なエキストラを、ズッと演じておりました。

■そんなことに、若いエネルギーを注ぎたくもない。

小学生のときからそんな奴です、この私。だから、
それを選んだ人には、それなりの訳があるんです。

■大切なのは、たった今から先の未来のことだけです。

どうして今、自分がここにいるかを遡って考えれば、
今から先の未来は、必ず自分の思うように進みます。

■履歴書のような、簡単な自分史を作るんです。

・どうしてこの先生が好きだったのか?
・なんで製造業を選んだのか?
・好きでもないのに告白した訳は?
・下駄箱の靴が全部黒色なのは何故?

何でもいいから、自分で自分を掘り起こすんです。
それができるのは、そう、一人称の自分だけです。

■これから先、何をやっていいのか分からない。

そんなときは、なんで今ここにいるのかって、
その訳をA3の紙の上から書きまくるんです。

■紙が真っ黒になるまで、黒く塗りつぶすんです。

それを、お天道様に照らして見ると、きっと
あぶり出しのように、浮き出てくるハズです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

取り立てて何もございません。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぺんてる筆ペン<中字>命

ほんの一瞬だけ僕の文字の師匠である近藤由果さんの年賀状を手書きでキレイに書くマニュアルだ。パソコンのキーより筆ペンを持ったほうが自分だけの武器に感じられる。そんな気がする僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0133滴 ~見下ろせば眼下に果実

名古屋に向う電車の中で、向いの席の見知らぬ女性が“私は、安藤くみこ
だからアンクミね”って隣の友達に話していたので、私が“アンキモ…”
って呟くと、どうやら聞こえたらしい@名古屋までが長かった..杉山です。

寝たふりって、まぶたがピクピクして、とっても辛いものなのね。それに
口元が自然に緩んで、ニヤッと笑ってしまうそんな自分が、さらに悲しい。

さぁ、そんな浜田省吾のハマショーに対抗してスギヒロって一人で言いま
くっても誰も相手にはしてくれなかった学生時代はとっくの昔ってハナシ
はバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■寝たふりで疲れたこんな私は、JR名古屋駅の構内にある
高島屋前のエスカレーターの2階で、眼下を見下ろします。

かなりの数の人たちが、行き交います。

■そう、考えるんです。

この数万人の人たちそれぞれが、一人につき 100円づつを
私のジャパンネット銀行の口座に振り込んでくれる方法を。

■考えるだけなら、原価は0。

でも、得る利益は、数千万円なんです。
脳ミソに汗を掻き、徹底的に考えます。

■眼下の群集に問いかけます。

“お前ら、俺に何をして欲しいんだ?”
“どうしたら、俺の口座に喜んで 100円を振り込んでくれる?”
ってね。

■そうやって、2~3時間を考えて過ごします。

ときどき疲れたら、南天のど飴を舐めながら、
脳ミソにブドウ糖を補給します。そして、
発想に行き詰まると、眼下の女性を目で殺す。

そうやって地道に視力も鍛えています。

■これだけが、仕事なんです。

考えて考えて考えて、その結果出来上がった方法を
具現化するのは、作業です。だから、仕事は辛く、
作業は楽しく感じます。だから、そんなものです。

■実利と金利は、まったく違います。

相手のミッションで、 100円を振り込ませるのは
実利で、自分への大いなる対価であり、報酬です。

■それに比べて金利は転がるだけなんです。

それは、飽くまでも副産物であり、それを
中心に考えることは、とっても寂しいです。

■でも、世の中に溢れる多くのノウハウ本は、金利です。

私から見れば、マルチ商法となんら変わりません。
そんなものは、何もできなくて首を吊るしかない、
そんなときの苦肉の策でのみ、オススメしてます。

要は、死ぬくらいだったらやってみな、という程度のものだ、
ってことです。

■ヒントは、眼下に無限に転がっています。

悪魔に魂を売る前に、考えるこった。今、
握っているマウスを鉛筆に変えて、紙に
書きまくるんです。真っ黒になるほどね。

■そして私は、一日に30分間は、ジャパンネットの
自分の口座のページを、ジッと見ています。

ジッ~とではなくジッとです。考えて考えて、
そして考え疲れて眠る前に、そう、祈るんです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

先日、『まぐまぐメルマガ大賞2004』に見事、
【企業・ビジネス部門ならびに新人賞部門】の
2部門にノミネートされました。

そう、澄み渡る岐阜の青い空から
今後ともせいぜいよろしくお願い申し上げます。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

それなりに可愛い後輩@安藤良佳さん

藍川中学校の後輩@安藤良佳さん。君ってこんな頼もしい先輩を持ってつくづくハッピー野郎だね。そうそう、マリオットアソシアホテルのエレベーターを降りたところで内田裕也とすれ違ったがね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0132滴 ~ミルクか毒かはあなた次第

決してご馳走でなくても「ごちそうさま」って言わなきゃならないのだ
ろうかって、目の前の晩御飯を見ながら、ふと思った@料理は、時計回り
に少しずつ食べるのが私のルールで、一皿集中食いが許せない杉山です。

一緒に食事をする人の、箸の持ち方が気になって仕方がない歴、20余年。

偏差値が多少低くても、箸の持ち方が美しく、絵と字が上手けりゃ賢く見
える。だから、世間と男は騙しやすい。

さぁ、そんな爪楊枝を使うときは未だに木枯し紋次郎を気取るってハナシ
はバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■メルマガでの責任の所在について教えて欲しい。

これから始める“メルマガでファンを作る!”という
メール・セミナーに対する、そんな質問がありました。

■メルマガに限らず、自分の行動や発言などに
責任なんか、まったく取る気もありません。

そんなことを気にしていたら、
家から一歩も、出れやしない。

■気にする対象が違うんです。

自分の口から発射する言葉は、
自分の腹で決着をつけながら、撃つんです。

■だから、世間が何と言おうと自分にとっては、正解です。

同じ水を飲んでも、牛はそれをミルクとして、
マムシはそれを毒とします。決まっています。

要は、ソシャクする人の問題だ、ってことです。

■私にとっては、私の人生が一番大きく美しい。

多少の語弊はありますが、他人の人生なんて、
ミミズの脳ミソと同じ程度だと思っています。

■でなきゃ、何も言えやしない。

他人への、責任ばかりを気にすると、
本当に言わなきゃいけないことまで、
閉口します。それが本当の罪ですぜ。

■影響力と責任感には、因果関係はありません。

良いことをやっても評価はされず、
つまらないことでも評価を受ける。

■大切なことは、適切な選択肢を提供することです。

そして、物事は、自分の都合の良いように考える。
だから、ミルクか毒かは、その人が決めるんです。

■私から見れば、他人の人生なんてちっぽけなもの。

でも、あなたから見れば、私のこんな人生なんて、
ミミズの耳垢程度のものです。それが、正解です。

■地球より重いものを背負うほど、私の背中は広くはない。

だけど、ミミズの脳ミソ程度なら、何万匹でもOKです。
だから、全部まとめて、面倒を見てやる。そんなつもり。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

当然、人のことをミミズと同列だなんて
思ってもいませんし、言ってもいません。

自分よりも大切なものなんて、世の中にはない。
でも、他人から見れば、自分の存在なんて
ほんの些細なものだってことを自認していれば、
少しは楽です。

要は、アタマの中の考え方一つで、
自分と他人との絶妙な距離感が取れる、ってことです。

この住民放送で流した内容は100%、
私のルールです。

だから、私にとっては、正解です。
でも、すべての人に受け入れられるものではないし、
受け入れられる方が、滑稽です。

所詮、たった一つの選択肢です。

でも、それで少しは楽になる、そんな人がいるのなら、
つまらないことに心配するな、徹底的に楽にしてやる。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルな寒い朝

石坂洋次郎の『寒い朝』を愛読するフリをすることが得意な僕でもリアルな寒い朝には何気に弱い。喉がデリケートなためオイルヒーターを愛用している。寝起きのため厚手のパジャマのままで失敬。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0131滴 ~蹴られたい背中

あれだけ欲しいと懇願されたので、つい先日買ってあげた『ケロロ軍曹』
の3巻シリーズを、もう飽きたから「ブックオフに売る」って言い出した
小4の娘のお小遣い帳の緻密さに、かなり驚愕@ドンブリ勘定の杉山です。

神奈川県は相模原市でご活躍中の、ブックオフ本社の方へ。この住民放送
をお聴きいただいているのであれば、快晴の岐阜の空からお願いです。

そう、潔くそして高く買い取りなさい。今まさに、東の空に合掌してます。

さぁ、そんな算数でも単位に円をつけると計算が早いってハナシはバシッ
とやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■起きた結果には、必ず原因があるものです。

でも、その原因は、一つの起爆装置ってことであり、
それのスイッチを押す人が、他に必ずいるものです。

■男性社員が会社を辞める、本当の理由。

起爆装置である原因は、さまざまです。
社長や上司、同僚、お客さんとの人間関係がほとんどです。

■基本的には、“ヒト”に関する部分です。

本来の仕事や作業で辞める男性は、ほとんどいません。
それは、仕事でなく作業ばかりをして、楽だからです。

■会社で評価が高い男性は、80:20の会社人間です。

会社が80%、家庭が20%。良いか悪いかは別として、
会社が20%、家庭が80%の人の評価は、当然、低い。

■世の中に、50:50の均衡は、あり得ません。

必ず、どちらかに傾きます。ただ、摩擦があるから
バランスが取れている、そう見えるだけのことです。

■会社人間の気持ちが揺れて、51:49の比率に
必ずいつかはなるものです。決まっています。

そのときに、起爆装置のスイッチを押すのが、
奥さんです。

■こんなときだけ、自分の妻が、天使に見える。

でも、それは錯覚です。悩める夫に言う言葉、
“もうそろそろ、いいんじゃない”ってね。

■80が51になった時点で男性は、会社を辞めたいんです。

でも、自分で自分に説得が出来ない。だから、
悩める背中を、ソッと蹴って欲しい。そんなものです。

■裏返せば、背中を蹴らなきゃ、辞める勇気なんてありゃしない。

本当に辞めて欲しくない、ズッと居て欲しい社員ならば、
その社員の奥さんを、会社の見方につければ、勝ちです。

■でも、スイッチを押すのは奥さんだと、会社も社員も押す当人も、
誰も気づいてはいないんです。

だから、いつまでたっても社員は、
そう、血のように循環するんです。

■落差がヤル気を失くさせて、揺れる気持ちを作ります。

だから、最初から、会社が20%、家庭が80%の社員は、
こんな今が幸せなので、決して会社を辞めやしません。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

良いか悪いかは別として、
メルマガでファンを作るというメール・セミナーを
もうすぐ始めるそんなつもりです。

その名も“メルマガでファンを作る!”。

そのままで申し訳ありません。

現役の放送作家であるあべまゆみさんとこんな私が、
熱くフォローするメール・セミナーです。

詳細は後日、お知らせいたしますので、
もうしばらくお待ちしやがれ。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バック転と大車輪ができる大坂一美さん

旅行代理店の大坂一美さん。どう見えるか知らないがこう見えても若い頃は画家になりたくて美大を目指していたとか。それに高校時代は機会体操部に所属し、今でもバック転と大車輪ができるとか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加