第0138滴 ~±0

整理整頓の産物で、20年前に録画した“ベストヒットUSA”のビデオが
見つかって、思う存分堪能した@当時の1位が、デュラン・デュランって
のが、鳥肌が立つほど泣かせてもらった杉山です。

アメリカ人の名前は、ロバートかジョンってのが定番だった当時の私には、
小林克也の発音がすっごくカッコ良く、2つの耳に残ったものです。

そして今、特注のウクレレを手にしたこんな私は、いつかは結成するぜぃ
“サイケデリック・ヒロ・バンド”。でも、まったく♪が読めません。

さぁ、そんなアメリカの Kelly Kaoriから来るメールはコテコテの広島弁
で親分てぇ~へんでぃって来るのでまったく英語の勉強にはなりゃしない
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■どんなに他人から罵倒されようが、
叱責を受けまくろうが、平気です。

だって、3日も経てば、最初っから
なかったことになるんです、この私。

■忘れるのではなく、発生なんかしていないんです。

忘れる努力は辛いものだし、シコリは残る。でも、
嫌なことは1ミリも、発生なんかしてはいません。
そう思えば、この世はバラ色で、長生きできます。

■だから、物理的にも反省なんかできません。

さらに後悔なんて、したくてもできません。
反省や後悔なんて、寿命が 300年あったら、
やってやる。

■忘れる努力は、覚えるチカラを退化させます。

肝心なことまで、一緒に忘れてしまうし、
記憶をするタイミングを、外すものです。

■対価を支払って、±0にするんです。

弁護士に着手金を手渡した、その時点で、
その問題は、なかったことになるんです。

■多くの人は、勝つための支出と勘違いをしています。

勝ち負けではなく、対価を支払って、相殺なんです。
自分のアタマの中で決着がつけば、終わりなんです。

■アタマの中から嫌なことを消し去りたい、そんなときには、
何かに対価を支払って、なかったことにすればいいんです。

楽しいランチでも、並んでまで買ってしまう宝クジでも、
なんでもいいんです。そう、忘れることではないんです。

■悲しいことに、寿命とアタマの容量には限りがあります。

目先の辛いこと程度で、貴重な時間を止めたり、
大事なメモリを使い切る訳には行きませんぜぃ。

■どんなに強烈なウイルスでも、LANケーブルが
繋がっていなければ、こっちに来てはくれません。

デリートではなく、そう、繋がっていないんです。
自分にとって、都合の良い線だけを選ぶんですぜ。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

無責任と反省や後悔をしないこととの
因果関係はまったくありません。

他人に良い影響を与えれば、それと同じ分だけ、
どこかで誰かに悪い影響も与えているハズです。

だって、人間だから、感じ方は十人十色です。

善いか悪いかは別にして、サイコロを振れば、
必ず、丁か半の目が出るものです。

だから、自分にとって都合の良い目を
選べばいいだけです。

御託を並べる前に、手の中の
サイコロを振ってみることです。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めぞん即刻!(大家の性格と日当たりは最悪)

几帳面でキレイ好きなこの僕が整理整頓をちょっとしたら丸一室ほど空いてしまった。逆立ち歩行で遊んでも虚しい。ハハハ、あと3年は使う予定がないので毎月17万円で貸してあげてもOKだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0137滴 ~気障な名刺を勝手に作る

座席シートが横一列に長い、ほぼ満員の名古屋に向う電車の中で、どうい
う訳か私の左右の席だけがポッカリと空いていたので、なんで?と思った
@ソッと袖口のニオイを確認して、嗅覚に全神経を集中させた杉山です。

そんなときは、きっと近づき難い輝くオーラを発してしまったと、そんな
とっても都合の良い解釈を、自分にプレゼントしています。

でも、3回続くと、悩みます。そして、孤独な寝たふりにも限界なんです。

さぁ、そんな座席シートが横一列の名古屋に向う電車にはもう乗らないっ
てハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■この住民放送のネタは、必ず、午前8時に考えます。

その時間が、自分の中のベスト・タイムだからです。
誰でも、一日の中で、勝負のときってあるものです。

■夜は、思考が偏ります。

真夜中に書くラブレターは、翌日になっては、
こっ恥ずかしくて読めたものではありません。

■だから、ときどき寒くて暗い真夜中に、書いたりします。

目を閉じて、理想の女性を思い浮かべながら書くんです。
目を明けて、翌朝に珈琲を飲みながら読むと爆笑!です。

■そんな私も40歳。良いか悪いかは別にして。

だから、人生の計画は、午前中に立てるんです。
今から先の未来を、紅茶を飲みながら考えます。

■自分にとって都合の良い、名刺を作るんです。

名刺とバッヂに、世間と自分はとっても弱い。

■どうしても、A3の紙を真っ黒に塗りつぶせない。

そんな方は、小さな紙に理想の名刺を作るんです。
そんな名刺には、自分の夢見る姿が反映されます。

■思いっ切り気障な名刺を作るんです。

社名、本店所在地、役職名、メール・アドレス、
業種、具体的な目的、姑息な一言、そして名前。

■さらに凝って作ります。

デザイン、コンセプト・カラーも、
何十通りも考えて、書き込みます。

■カタチから入ることが、目に見えて一番簡単です。

A3の用紙に文字を書き込むことを放棄はしても、
自分の名刺には、誰もがきっとこだわるハズです。

■たった一枚のそんな小さな名刺だけれど、

厚さが2センチ以上の経営計画書よりも、
自分にとって、鮮明な未来が表現される、
そんなものです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

ロゴとかキャッチ・コピーまでも考えたら、
かなり具体的な図面となります。

名刺がね。

そこまでできたら、
リアルに刷ってしまえばいいんです。

自分のパソコンで打ち出すのではなく、
印刷会社に作ってもらうんです。

たかだか、5000~6000円で、
ワクワクする時間を獲得できます。

そして、ズッと持ち歩くんです。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐデビューする石黒智子さん

愛知県豊橋市で印刷会社を営む石黒智子さん。御年、知らんがな。もうすぐメルマガを始めるって。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0136滴 ~そんなアタマに粋なモルヒネ

車のトランクを開けるときに、この中に縛られた人が横たわっていたら、
一体どうすればいいんだい?って、まったく無駄なエネルギーを使って、
そして疲れる@骨の髄までドップリと“火サス”依存症の杉山です。

誰もいない暗い部屋に入るときに“俺は杉山だ、中1のときの出席番号は
11だ。だから、どこからでもかかってきやがれ”って、ボソボソと呟きな
がら、そして左足から入るこんな私は、かなり怖がり。

さぁ、そんな“火サス”のエンディング曲集のCDが欲しくてたまらない
ってハナシはバシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■我が家には、年末の大掃除ってものがありません。

日頃からキレイだったら、そんなことをする必要が
まったくないからです。おまけに家具もありません。

■それは業界のイベントです。

12月には大掃除、2月にはチョコレート、
9月は私の誕生日。業界の習わしですぜ。

■どんな業界にも、繁忙期はあるものです。

でも、その繁忙期に合わせた人員は揃ってはいません。
日頃の人員で、年に一度の繁忙期を乗り越えています。

■だから、儲からないし先が見えないんです。

どんな本を読んでも、センセーに聞いても、
繁忙期に人員を合わせろとは、言いません。

■そして、優秀な社員は辞めていく。

繁忙期には、日頃の 1.5倍以上の作業が発生します。
アタマの勝負ではなく、体力のそれでは、
優秀な社員は、辞めていきます。そういうものです。

■そう、ピークに照準を合わせるんです。

確かに、余剰人員は要りません。でも、
ピークの人員は、過剰ではありません。

■繁忙期があること自体が、とても滑稽です。

飲食業の2月と8月がヒマならば、考えて、
独自の売上を発生させれば、いいだけです。

■所詮、業界の慣習に安堵しているだけなんです。

体の疲れで、忙しさを実感して、そして自分を
納得させている。でも、儲かっちゃいませんよ。

■だから、繁忙期をなくせばいいだけです。

ピークに人員を合わせるってことは、
人の加入ってことでは、ありません。

■毎月の作業を、均一化するんです。

人の嫌気は、疲労の格差が、引き起こします。
そして、迫り来る恐怖が、火を点けるんです。

■そう、社長も社員も疲れるだけでメリットは、0。

繁忙期の特別手当は、もらって当たり前。社員は、
そう思っています。だから、まったく価値がない。

■一年の中で、特別な日は、絶対にない。

窓の外の寒暖の差が、風邪を引き起こすように、
作業量の差が、今の自分に疑問を投げ掛けます。

■そんなアタマに粋なモルヒネ。

どんなに忙しくても、それが続けば、体は慣れるものです。
そして、社長の粋なモルヒネを、社員に打ち続けるんです。

それは、決して特別手当なんかではなく、
応接間での粋な一言で十分です。原価は、0。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

社員に限らず、人の疲労の限界って、
いつもの 1.3倍までだと思っています。

それ以上だと、
明らかに嫌気が差しますよね。

それを“頑張れ!”だとか“努力と根性だ”なんて
上辺だけの言葉を投げかけると、逆にダメなんです。

そんなときは“テキトーにやれ”ってのが、一番です。
だって“適当”って、とってもいい言葉ですよ。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザ・とび@安藤公一さん

まだ若いのに10人ほどの社員を抱える安藤公一さん。とびの会社の社長だよ。マジメな安藤さんの靴下は5本指。ハハハ、こういう人のお役に立つのは僕にとってもすっげぇ喜ばしいことですがね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0135滴 ~最後は楽しめ!

身も震えるような、とっても素敵なネタが書けたとき、机の前の鏡に向っ
て“あなたって人は…”と、かすれた声で呟く@その気になれば、2分で
泣ける杉山です。

ちなみに、そんなときのBGMは、丸山圭子の『どうぞこのまま』です。

そして、夕暮れの荒田川を散歩しながら口ずさむのは『悲しい色やね』。
部屋に戻って、灯りを点けるときには『大阪で生まれた女』のこんな私。

さぁ、そんななんだかんだ言っても昭和が忘れられねぇってハナシは
バシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■絶対、負けたくねぇ。

ここ数日は、そんな気持ちでイッパイですぜ。この
『まぐまぐメルマガ大賞2004』にノミネートされてから、
さらにそんな思いが、マグマの如く込み上げてきました。

■6位入賞で、十分です。

それどころか、 2,052誌もある企業・ビジネス部門の中で、
10誌に選ばれたことは、表彰台に乗ってしまった気分です。

■メルマガを発行してまだ、4ヶ月。

新人賞にもノミネートをされて、過大な評価を受けた
そんな満足感でイッパイです。

■虫酸が走る。

が、そんな風に目立って来ると、チラホラと
つまらぬ噂を耳にするものです。中傷です。

■そういうの大好きだ。

だって、私の怒りの導火線に火が点くと、
そうは簡単に、止められやしませんぜぃ。

■ダントツとトップクラスは違います。

トップクラスはサルの集団。そこから
抜け出たモノがダントツってことです。

■だから、トップクラスの中にいるだけでは、
6位内の入賞は、絶対に無理です。

何か一つでも、自分の武器としてダントツを誇れる、
リーサル・ウェポンを常備するんです。

■飲食店が潰れるのは、すべての料理を
美味しくしようとするからです。

たった1つだけ、絶品料理があれば、
それでいい。それが最終兵器です。

■企業・ビジネス部門の10誌の中で、読者の数は、
10番目です。

2倍、3倍どころか、10~20倍の格差があります。
義務教育を出ていなくても誰でも分かる格差です。

■数字では絶対、勝てっこない。

だから、とっても面白いじゃないですかぃ。
全カテゴリのメルマガには目を通したけど、
負けやしない。

■文字では絶対、負けっこない。

勝つとは言ってません。
そう、負けないんです。

■そして、イナゴの大群は、大空に舞った。

今から30年前に、ジョージ・フォアマンが
モハメド・アリに敗れた。当時10歳の私は、
ふ~ん、そんなものか、と思ったものです。

■蝶のように舞い、蜂のように刺す。

そして、多くの予想は、覆されました。
でも、こっちは、イナゴの大群ですぜ。
太陽の光さえも、遮ることが可能です。

■だから、絶対に負けやしない。

表彰台に上がってしまえば、楽しめばいいんです。
攻めも守りもありゃしない。大いに暴れるんです。

■ふん!

アタマと心の中では、絶対に負けやしねぇ。
何があっても、そう、絶対に負けやしねぇ。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

会ってみると私はとってもいい人よ。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ ご近所のバロー、行こう。

ご近所にあるローカル・スーパー@バロー。岐阜では超有名で調子こきまくってます。夏は涼しくてちょうどいいけど冬はちと寒い。これと言ってすることがないのでイチゴ大福を2個買って帰った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第0134滴 ~黒く塗りつぶせ!

花粉症歴27年目で、アレルギー性鼻炎って言葉しかなかった時代を生き抜
いたこんな私は、ひどいときには自分の名前を見ただけで、鼻がムズムズ
とした@杉の山なんて強烈だ、せめて松の川にしてくれよと思いながらも、
ブタクサ弘道ではなくてよかった杉山です。

どういう訳か私に届くメールの発信者には、B型が多い。このメルマガは
B型しか読めないのか、たまたま平気で返信できる人にB型が多いのか。

よく調べた結果、B型の人が“私は杉山さんと同じB型です”と書いて来
るだけだった。心配するな、イチローも清原も長嶋茂雄も野村克也も、み
んなB型だ。超一流ばっかだ。そしてみんな自分勝手だ、な~にが悪い。

さぁ、そんなB型+乙女座+花粉症でこんな私とビンゴだぜってハナシは
バシッとやめて、今日もサラ~ッとお読みください。



■いくら花粉症で苦しんでも、決して病院に行くことはない
こんな私は、一度だけ耳鼻咽喉科に行ったことがあります。

それまでの人生で、一番無口になった一日でした。

■今の立ち位置は、無意識の選択の産物です。

今の職業が嫌ならば、辞めています。でも
本当に嫌いであれば、最初から選びません。

■好きで、こんな仕事をしている訳ではない。

ってよく言われますが、100% 嫌いな仕事に就く人は、
100% 存在しません。選ぶには選ぶだけの、訳がある。

■この砂漠の住民放送も、あまり好んでは聴きたくない
って方もいるとは思います。

でも、虫酸が走るくらい嫌いなら、
とっくに解除をしているハズです。

■だから、その人が属するカテゴリで、その人の性格を
勝手に判断しています。

例えば、医者の中だけでも、
さまざまな分野があります。

■私だったら、決して耳鼻咽喉科は選ばない。

耳、鼻、咽喉。物理的に、穴の中だけを
覗く仕事です。良いか悪いかは別にして。

■楽器一つを選ぶにしても、性格は必ず出ます。

小学生のときに、トランペットを選んだ奴は、
学級委員か、かなりの目立ちたがり屋でした。

■まず、ソロ演奏を好むかどうかで判断できます。

私は、口に挿してりゃそれで済むソプラノ笛で、
良質なエキストラを、ズッと演じておりました。

■そんなことに、若いエネルギーを注ぎたくもない。

小学生のときからそんな奴です、この私。だから、
それを選んだ人には、それなりの訳があるんです。

■大切なのは、たった今から先の未来のことだけです。

どうして今、自分がここにいるかを遡って考えれば、
今から先の未来は、必ず自分の思うように進みます。

■履歴書のような、簡単な自分史を作るんです。

・どうしてこの先生が好きだったのか?
・なんで製造業を選んだのか?
・好きでもないのに告白した訳は?
・下駄箱の靴が全部黒色なのは何故?

何でもいいから、自分で自分を掘り起こすんです。
それができるのは、そう、一人称の自分だけです。

■これから先、何をやっていいのか分からない。

そんなときは、なんで今ここにいるのかって、
その訳をA3の紙の上から書きまくるんです。

■紙が真っ黒になるまで、黒く塗りつぶすんです。

それを、お天道様に照らして見ると、きっと
あぶり出しのように、浮き出てくるハズです。



────────────────────────────
編┃集┃後┃記┃
━┛━┛━┛━┛

取り立てて何もございません。

では、また明日、お会いできることを楽しみにしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメルマガに返信しても100%返事などあり得ません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぺんてる筆ペン<中字>命

ほんの一瞬だけ僕の文字の師匠である近藤由果さんの年賀状を手書きでキレイに書くマニュアルだ。パソコンのキーより筆ペンを持ったほうが自分だけの武器に感じられる。そんな気がする僕がいる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加