ウチ店旅:古風人おすすめ幕の内弁当

緊急事態宣言が解除された途端に飲食店の売り上げが元に戻ると思ったら大間違いだぞ、この野郎。ハハハ、僕って正しいことしか言えない不治の病なんだよね。だから、ずっと続けなければならないウチ店旅。すべて自腹だよ。国からの手当ても何の保証もないんだよ。僕ってつくづく立派だよね。ってことで、サーティワンから始まる幕の内弁当の愛と夢と感動の物語の動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]古風人岐阜駅前,サーティワン


GAMA

前にも言ったが何度でも言おう。GAFA(ガーファ)とはグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字を取った世界的な呼称である。とは言え、僕的にはFはほとんど機能していなので毎日のようにお世話になりっ放しのM(マイクロソフト)と入れ替えてGAMA(ガマ)と僕だけはそう呼んでいる。G先生、A師匠、M師範、A巨匠、今後ともこの僕をよろしくお願いいたします。正直、この4社から嫌われなければ世の中、フツーに暮らしていけるよね。しかし、Fは何度となく「あなたの投稿は不快だという意見が多く寄せられています」っぽいモーレツに無礼なメッセージをこの僕に送りつけてきやがって勘弁ならん。だから、使えないFなんてクビよ、クビ!クビなのよ!ってことで、おめでとうM。下呂で買ってきた「しらさぎ物語」でお祝いしよう。では、また明日。


ランチの後に熱い湯に浸かるとスイーツとハイボールで〆た僕@岐阜県下呂市

自宅から半径50メートル以内に下呂温泉があればいいのに。ま、それも賛否両論だと思いますよ。それくらい大好物の下呂まで青春18きっぷの権利を行使して一滴増した。少し風が強かったもののピーカンの青空とグリーンの山とピュアな川がステキだった。この僕をメロメロ人間にさせる下呂、あなたって下呂は・・・。実にいい下呂っぷりだった。『Rigolo×Rigolo』では白ワインによく合うヘルシーなランチを堪能した。白鷺の湯はあまりに熱くてほぼ半身浴に甘んじた。水明館の中にあるロビーラウンジ『エビアン』でスイーツやハイボールを満喫した癒される動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]Rigolo×Rigolo,白鷺の湯,エビアン,下呂シュー


期間限定メニューに当たりなし

花粉が舞い踊るピーカンの日曜日の午後2時半は、この僕と一緒に息を止めてガスト岐阜城東店まで一気呵成に駆け抜けてみませんか?ハハハ、僕はゴメンだぜ。ってことで、あまりに退屈すぎたので次女と一緒にアンダンテの速さで歩いてガストまで向かった。あら?今日は全国的に日曜日なのか?この僕としたことが、あろうことか勘違いをしちまってここまで来ちまっただよ。ハッピーアワーのアルコールが200円(税抜き)だから来てやったのに日曜日は449円(税抜き)じゃないかよ。せめて税込みにしてやったらどうなんだ。まあいい。とりあえず父は期間限定の「ビーフステーキ&鉄板焼きごはんシャリアピンソース」という難解な名前のメニューを注文した。味は案の定だった。


部屋とTシャツと私の鯖寿司とだし巻き玉子とコーンコロッケと

昨日のコメダ珈琲店で満喫したゴディバ監修のセレブっぽいスイーツ+熱い珈琲の値段は990円で晩ご飯として買ったセブンイレブンのおにぎり+サンドウイッチなどの値段は460円。ま、それは本末転倒だと思いますよ。人の食生活に口を出したいのならまずは金を出せ、この野郎。ま、それも賛否両論だと思いますよ。こんな僕を許してほしい。280円の白ワイン(500ミリリットル)を飲んでベロベロなんだよ。バローで買ってきたお昼ご飯の鯖寿司やだし巻き玉子やコーンコロッケが大量すぎたのでこのように一部を晩ご飯に回します。雨も上がったことだし今日もいい一日だった。


この僕がリッチでビビりでセレブでナイーブなその理由

3か月に1回の白内障の検査に訪れた僕に対して「あんたね、いつまで粘っとんねん。いいかげん、手術したらどないやねん」と先生が言っているように感じた僕がいた。誤解しないでほしい。先生は決してそのようなことを下品な関西弁でおっしゃってはいない。しかし「そろそろ・・・」と小声で言ったので「僕、もう少し粘りまーす!」と即答した僕だった。すぐに終わる日帰り手術とは言え、親からもらった大切な体にメスを入れるなんて・・・。ま、親から勘当された僕だけど坂本(泣)。でもって高須クリニックのプチ整形で13回もメスを入れた僕だけど大和田(爆)。おバカちゃんが本気にするので念のために言っておくが、後者は冗談だが前者は事実だ哀川(笑)。おいおいおい、今日は調子が偏差値67レベルっぽいぞ。気分がいいので眼科の近くにあるコメダ珈琲店を訪れると期間限定の「クロネージュ リッチショコラ」を後ろから前から右から左から舐めまくったったがね。そう、これはゴディバ監修のリッチかつセレブなスイーツなんだよ。周りを見渡せばほとんどの客はチープなモーニングサービスを肩をすくめてじっくり味わっていた。まぁ、ちょっした贅沢だろう。ところがこの僕はと言えば、コメダでもゴディバだ。その理由が分かるかい?だって、この僕だよ。


客は生きもの、社員は生もの

バローのレジで中学生くらいの女子が「箸を1膳ください」と言っている姿を見て「ほう、なかなか利発そうな子ですな」と感心した杉山です。1本の場合は2本で1膳となる箸の片方だけを指すので念のため。でもって割られていない割り箸や袋などに入った箸も1本と数えるのでさらに念のため。ハハハ、今日もタダで勉強ができて君たちって本当にハッピー野郎だね。例えば、究極の選択として「客と社員のどっちを大切にする?」と問われたらどうする?答えは超簡単で「客は生きものだけど社員は生もの」ゆえに社員のほうが腐りやすい。結果、ひとまず客は横に置いといて社員を守ろう。僕はと言えば、物が物だけにセブンイレブンのレジで「箸をください」と言えなかったチキン野郎。


運河の街でイワシ三昧の料理と幻のカブトビールを満喫した僕@愛知県半田市

花粉が舞い踊る快晴の下、青春18きっぷの権利を行使して距離的にはほぼご近所の半田を訪れた。まずは『円芯』で徹底的にイワシ三昧。その後は紺屋海道を散策しながら半田赤レンガ建物内にある『Re-BRICK』でカブトビールを満喫した。半田運河も最高だった爽快な動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]円芯,イワシ料理,半田赤レンガ建物,カブトビール,スタバ,中埜半六邸,半田運河


間違った美徳

働かなくてもいい状態にもっていったほうが人生は確実に楽ですよ。それなのに死ぬまで働くことが美徳だと本気で思っている人は100%いいかっこしいか病気です。と2年前にある社長に言ったらそれ以来、バシッ!と音沙汰がなくなってしまった今日この頃、僕はとても元気です♪と伝えたい。ま、その社長がこのブログを読んでいたらの話だが。その夢に驀進中のこの僕はバローで今日一日の食料をゲットするといつものジン・ライムとハイボールで豪快に楽しんだ。今日もいい一日だった。


人生はマイペースで

杉山という名前を見聞きするたびに腹が立ちませんか?ったく、勘弁しておくれよ。今年は花粉症の症状がモーレツにひどいゆえにクスリのアオキでストナリニをPayPayを利用して買ったら「へ?」と驚くくらいバックがあった。17分前にクーポンをゲットしていて本当によかった。そのため気分が偏差値65レベルに急上昇したので前一色にあるはま寿司を訪れた。ちょっと前に「もう行くことはないだろう」と言った僕だけど以前より確実にバージョンアップした感じでそこそこご満悦だった。今日は忙しい人、ゆったりくつろいでいる人、微笑む人、泣いている人など実に多くの人を見たが、それはそれで人それぞれでとても面白かった。僕は僕のペースでまったり歩こう。では、また明日。