「面倒臭ぇ」の定義

僕の名言のひとつに「あー、呼吸するのも面倒臭ぇ」があるが、物を食うのも面倒臭ぇ今日この頃、あろうことか世の中には「飲めるごはん」や「飲むおにぎり」などという商品が存在するようだね。「すべて流動食になっちまえばいいのに」と言っておきながら案の定、ご飯やおにぎりを飲む勇気が1ミリもないチキン野郎ですびばせん。このところ涼しい気候となりました。安っぽいお体の調子はいかがでしょうか。僕は立っているのもやっとです。だから今、椅子に座って熱いおでんをゆっくり飲んでいる真っ最中。ハハハ、その気になればおでんも飲める(※あくまでも個人的なご意見なのでよい子は絶対にマネをしないでね。悪い子なら話は別だけど)。では、悪い子の君たちに愛の講義を始めよう。弘道君は何をもって面倒臭ぇのか、その定義をお話ししよう。どう見えるか知らないが、こう見えてもこの僕は、本来やるべきことはちゃんとやる。だが、それが過失の有無にかかわらず、第三者の不出来によりそいつの仕事まで僕がやらざるを得ない事態となり、代りにやらされることを「面倒臭ぇ」と言う。お願いだから僕の邪魔をしないでほしい。僕の領域に入って来ないでほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先進国の定義

フランスのビアリッツに先進国の優秀なトップがお集まりになると日本時間の25日の未明からG7首脳会議が開幕するが、ウィキペディアによりますと先進国とは「ハイレベリーな工業化を達成し、技術水準アンド生活水準もハイレベリーで経済発展が大きく進んだ国家」を言うらしい。なるほど、分かったような分からないような。うん、やっぱ分からない。ってことで、僕なりに先進国の定義を設けてみよう。その国の何を、どの部分を見れば「あ、この国はスゴイな」「すべてにおいて確実にハイレベリーだな」と分かるのだろうか。そう、それはトイレ。どれだけ経済が発展しまくろうが、国民がハッピーそうに見えようが、デパートや主要駅のトイレに入れば一目瞭然。これだけトイレが近い僕なのに中国では膀胱が破裂しそうになるくらい我慢したし、若者たちですっげぇ賑わう韓国はソウルにある明洞(みょんどん)のデパートのトイレに仕方なく入れば「水圧が低いので紙を便器に流さないでください」という貼り紙があった。ど、どーいうこと?ぼ、僕はど、どーすればいいの?ヨーロッパなども以下同文。ところがジャパンと言えば、和歌山県の片田舎にある公衆便所でさえも下手すりゃウォシュレットが完備されていたりするからあまりにステキすぎる。その国のその地域に暮らす猫も杓子も酸いも甘いもお金持ちも貧乏人も老若男女が必ず使用するのが公共のトイレゆえにその環境を見れば技術水準から生活水準まですべてにおいてその国の繁栄っぷりがよく分かるんだ。そんな話を今では高級魚となった秋刀魚を食べながら義父&義母に向かって力説していた僕がいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(リスクマネジメントの一環として)平熱を測ろう

「おかげさま」より「おたがいさま」を偏愛する杉山です。だからと言って、深い意味も浅い意味も何もない。3日前のこと、次女が熱を出して会社を休んだ。そのとき「私の平熱って何度かな?」と次女が言った。そんなもん知らんがな。体温計で熱を測ったはいいが、肝心の平熱をご存知なければ比べようがない。そりゃそうだ。おぉ!待てよ。僕も知らないじゃん。熱を出したときにだけ体温を測るので常日頃の平熱を僕自身もまったくご存知なかった。ミスター・パーフェクトと呼ばれているこの僕としたことが・・・。ってことで、さっそく体温計を汗腺が集中している左の脇の下に挟んで測ってみたら36.5℃だった。絵に描いたようなザ・平熱で何の面白みもないのがショックだった。そこで気になってブログ内をググってみると【36.4℃の刹那】で同じようなことを言っていた僕。7年半もの月日が流れたというのに1ミリも成長していないというかある意味、0.1℃だけ進歩した僕はほぼ健康だった。とにかく心がなくても体温はあって本当によかった。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県の三河湾にあったら足繁く通うだろう志摩マリンランドの半日@三重県志摩市

悩み事があると海を眺めたくなるのはセンチメンタリスターいや、ロマンチッカーの宿命だろうか。そのとき僕は54歳で悩み事など44歳の秋からないけど賢島駅に近い志摩マリンランドを訪れた。

お魚たちと愛し合う前に隣接するレストランでお食事とまいりましょう。が、いきなり券売機かよ。僕、券売機が苦手なんだよね。それにこれで1400円は高すぎるだろ(生ビールを除く)。エビが栄養失調で思わず失笑しちまうくらいしょぼかった。玉宮界隈で営業したら100%潰れるだろう。

1円でも元を取らなきゃと数枚の紙のおしぼりを鞄に入れた僕は、マリン定食と同額の1400円を支払って入館した。おぉ、楽しみにしていた「海女の餌付け実演」が終わったばっかで残念ちゃん。仕方ないから一周して動画を撮ったった。ちょうど6年前の8月に次女と訪れて以来の2回目だけどなかなかステキな水族館ですな。大作ではない小品っぽいところがいい。このまま突き進みたまえ。

見ていて癒されるどころか個人的には「ちったあシャキっとできんのか!」とイライラが止まらないマンボウたち。ボーっと動画を撮っていた僕の右斜め後ろにいた妙齢の主婦が「マンボウの刺身って美味しいらしいわよ」「食べたい!」と小学生くらいの息子と話していた。僕はタダでも要らない。

湘南から臨む相模湾はサザンだが英虞湾は鳥羽一郎。その前に「英虞(あご)」を読めるだろうか。

まる天の「じゃがバター天」はネットでまとめ買いすることに決定したのでそろそろ帰ろうとJRに行ったらあーた、あろうことか多気駅で停電したようで鳥羽~松阪は近鉄による振替輸送となった。で、松阪に着いてもJRはまだ動いていないってことで松阪~名古屋も引き続き振替輸送となった。その途中、桑名駅を過ぎた辺りで並走するJRに追い抜かれた。それって本来、僕が乗るはずだった快速みえだった。帰りの分の青春18きっぷを使っていないので半日でも使えるようにしてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミッフィーたちを眺めながらフライングで増税気分を味わうということ

旅先で中華料理店に入って冷やし中華を注文したとき、すする際に思わず「フーフー」をしちまって周りを見渡したことはありませんか?僕はありません。第一、旅先で冷やし中華など注文しません。ほら、ご覧。この暑い中、近所のセブンイレブンのほぼ隣の郵便局まで出掛けて購入した切手だよ。従来は205円だったのが210円に、82円だったのが84円に、62円だったのが63円になる予定は確定。そう、10月1日以降の新価格だね。今回は主に使用している切手の増税バージョンを大量に仕入れたった。「210円の切手と84円のシール切手を100枚ください」「シール切手はミッフィーですがいいですか?」「ミッツでもアラフィーでも構いません」「ぷ・・・」。ハハハ、どんなときでも笑顔をプロデュースする杉山です。まだ8月だと言うのに何気に増税気分を味わった僕がいた。郵便局の用事を終えると当然のようにセブンイレブンでシュークリームを買ってご満悦♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

源兵衛川のせせらぎ散歩と三嶋大社と桜川といつものおらが蕎麦@静岡県三島市&岐阜県岐阜市

朝、枕が合わなくて首を寝違えちまったようだ。午前4時から起きているので午前7時は真っ昼間と同じだろう。駅前のヴィ・ド・フランスで買ったパンを2杯の珈琲で押し流すとチェックアウトして楽寿園へと向かった。あまりに朝っぱらで広い園内は僕の貸し切り状態で怖かった。その後、本気でボーっと歩いていたら源兵衛川と遭遇した。おぉ!テレビで見た風景だ。僕の記念に動画を撮った。

そこそこ歩いたので鰻か穴子でも食べようと思い立ったものの、朝っぱらからお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とりあえず食事はやめて回れるだけ回ろう。うん、それがいいよ!僕の中のスティーブンが言った。スティーブン、いつも勇気をありがとう!ジョニーによろしくね。ジョージと一緒に伊豆国の一之宮である三嶋大社を訪れた。いいですねぇ。やる気のないタラタラの僕でもちょっぴり凛としますね。そして、境内にある立派な宝物館も弘道君の貸し切り状態だった。ったく、500円の入館料が高いのかよ!まあいい。でも、薄暗いところに一人きりだと怖いんだ。

あ、またお腹がキュルキュルと分かりやすい活字で鳴き出した。とにかく無事に帰宅することだけに全力を注ごう。うん、それがいいわ!僕の中のステファニーが言った。三島駅に向かう途中、水辺の文学碑がある水上通りが異様に気に入った。住みたいとは思わないけど桜川が過剰にキレイで非常に気に入った。フツーの中のスペシャルっぽいところがいい。この感性を君たちにも分けてあげたい。

ま、それは置いといて、岐阜方面に向かう列車に乗った僕がいた。その列車の中で左隣に座っていた2人の賢そうな大学生が選挙について熱っぽく語っていた。「大衆が選挙に行かなくなれば組織票を持っている政党が勝ち続ける。N国党の立花代表はなかなか賢い。NHKの必要性は理解できるけど公共ではなく国営にすればいい」というようなことをおっしゃっていた。約5時間の弘道の鉄道旅は終わり、何事もなく岐阜駅に着いた。安心したら急にお腹が空いたので駅構内の店で蕎麦を食べた。やっぱDNAには敵わない。遺伝子に組み込まれた何かが、僕が関東方面へ脱出するのを阻害する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

途中下車の(S)ASTY静岡西館店とサンバードのナポリタンとサンビーチの芋@静岡県静岡市・熱海市

何気に困ったことに「タイガー炊飯ジャー、炊っきたて♪」のリフレインが止まらない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。と同時に、この連日の暑さと台風のせいでまったく出掛けられなかった欲求不満も止まらない。本当は一泊で富山方面に行く予定だったが、どうも天気が湿っぽいらしい。だって、北日本の富山だから。ってことで、困ったときの熱海方面に変更した。乗り継ぎの静岡駅で途中下車するとスタバ@ASTY静岡西館店でチマチマとソイラテをすすりながら「レモンチョコレートクッキー」を元気よく頬張った。おいおい、220円もするクッキーだけど3枚しか入っていない。

トイレ&スタバ休憩終了。引き続き地味に地道に列車に揺られると熱海駅に着いた。駅前の商店街は有象無象&魑魅魍魎の観光客で大賑わいだった。そして僕はと言えば、長崎屋いや『サンバード』で絶景の鉄板スパゲティを食べた。さすが関東エリアの熱海ゆえにメニュー表にはイタリアンではなくナポリタンと書かれていた。卵が敷いていない鉄板スパゲティなど糖分のないあずきバーと同じだ。

たらいで芋を洗うかの如く混雑していたサンビーチだが遠目に見ただけで過呼吸になりそうだった。その後、相変わらずムダに暑けりゃ行く場所もないので三島駅近くのホテルへと向かった僕だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

物理の最高点が14点の僕でも楽しめる妄想の食卓1

作用反作用の法則。それはニュートンが提唱した運動の第三法則であり、ある物体が他の物体に力を及ぼすとき、それと同じ大きさの力が逆向きにも働くという法則。例えて言うなら、僕の黄金の拳が君たちの汚い顔面を殴った場合、それと同じ大きさの力で君たちの汚い顔面は僕の輝ける黄金の拳を殴ったことになる。そのためこの件に関してはノープロブレムでノーサイドでチャラということだ。ハハハ、正しい法治国家では安土桃山時代でもそんなことはあり得ない。そりゃそうだ。君たちでもたまには作用反作用を実感したいと思いませんか?ってことで、昨日の晩ご飯は山菜ご飯だったが、今日の晩ご飯はその残り物で作った山菜チャーハンとしゃぶしゃぶ用の黒毛和牛とのマリアージュ。山菜と牛肉という相反する食べ物がいい感じで作用反作用っていると思いませんか?ポメラニアンの餌のようなワンワンプレートいや、ワンプレートを無事に平らげてご満悦。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公開謝罪:結果的に逆あおり運転になっちまってどうもすびばせん

「マジで威圧的よね」とその存在だけで誰彼構わず手当たり次第にあおっていると勘違いされている僕がいる。地味に酸素を吸引して地道に二酸化炭素を排出しているだけなのに。まあいい。そこらのワイドショーやニュースなどではあおり運転を行った鬼畜野郎の話題で持ち切りだね。多くの場合、普段は冷静な人間でもハンドルを握ると性格が急変するっぽいが、かく言う僕も以下同文なんだよ。「さらに凶暴になるの?」「ううん、真逆さ」。よく考えてご覧。1トン以上もある鉄のカタマリを自分一人でどうにでも操ることができるんだよ。「車は走る凶器」などと言われるけれど安い世間の連中は本当にそう思っているのだろうか。僕、高速道路でも80キロ以上は出さないの。小生意気な連中が横風に車体を揺らされながらも僕のドリーム号を追い越していくが、そんなときは「3分後、壁に激突しちまえ」と軽く念じるんだよ。念じるだけなら原価は0で違法行為でもありゃしません。ただ、ふと気が付くと東海北陸自動車道を60キロ前後の速度で走行しているときもある僕がいる。ま、それは賛否両論うんぬんの問題ではなく、逆あおり運転だと思いますよ。以後、気を付けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富泰楼を営む中国人ファミリーは絶えず笑顔で礼儀正しかった@愛知県一宮市

現在の名鉄岐阜駅が新岐阜駅と呼ばれていたその当時、駅に接続するデパートとして新岐阜百貨店が存在していた。屋上には立派な遊園地がありカブトムシやタガメまで販売していた。「ひろちゃん、今日は岐阜へ行くよ」と母親が言った。ハハハ、岐阜市内に住んでいながら徹明町から新岐阜百貨店界隈までを「岐阜」と呼んでしまう岐阜市内と言っても関市寄りに暮らす田舎者の切なさと言ったらありゃしない。ちなみに、綾野剛と熊田曜子の実家も以下同文。剛君&曜子ちゃん、この僕のようなグレイトな地域住民を先輩にもって君たちって本当にハッピー野郎だね。はい、僕の百貨店に関する青春物語の巻頭文はここまでです。急にレトロな百貨店に行きたくなった僕は、列車に揺られながら名鉄一宮駅に隣接している名鉄百貨店の7階にある『富泰楼』までランチを満喫するべく向かった。ほら、ご覧。まるで「明日は退院だから特別に生ビールを飲んでもいいですよ」と微笑む婦長さんの粋な計らいに感謝しながら食べる濃厚な病院食みたいだね。ま、これはこれでいい思い出となった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加