不通ではない普通の生活

誰も言ってくれないから自分で言おう。この僕って本当にやさしい悪魔だよね。そう、今日は義母の2日前の誕生日を祝ってお寿司をご馳走したった。え?聞こえなかったからもう一度お願いだって?もう・・・恥ずかしいから何回も同じことを言わせないでよね。だからさ、義母の誕生日に便乗した連中も含めてお寿司の次は7人分のケーキまでおごったった僕がいた。ゴメンね、シャトレーゼで。今の僕にはこれが精一杯&目一杯なのよ。そこでだ、義母の誕生日を祝うかの如く実家の固定電話が不通となった(爆)。電話機の故障だろうと思い、さっそくエディオンで購入したパナソニック製の新品を設置しても繋がらない。ぬぅおおぉ!って感じで戦闘モードに入ったこの僕はNTT西日本に烈火の如く説明したら、その丁重な対応っぷりに「はい、あ、よろしくお願いします」と平身低頭にお願いした。どうやらどこかが断線しているとのこと。でも、よかったよ。断線したのが脳や心臓の血管じゃなくて。少し前までは最強のデジタルツールだったメールは今では定番のアナログツール。しかし、それがない日常なんて考えられないよね。義母たちからすれば固定電話がそれなのだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

晴れ男と雨女の大いなる勘違い

以前から「どーしてルンルン気分で出掛けるときに限ってメールが集中するんだよ?」と腹立たしく思っていた僕がいた。一人旅などで出掛ける際には限りなく荷物は少なくしたい派なので紙一枚でも余分なものは持たない主義だ。そのため想定される質問&問い合わせ内容等の返信メールのひな型を10パターンくらいテキストで準備してスマホで即答できるようにしている必要以上に几帳面な僕がいる。そこで出掛けるとき&そうでないときのメールのやり取りを3ヶ月間ほど集計してみたった。すると驚くべきことが判明した。さぁ、みんなもご一緒に「え~~!?そうなんだぁ~」。まだ何も言ってないっちゅうの。ほぼほぼ変わらんかったんだよ。出掛けるとき&そうでないときのメールの数はほとんど同じだった。つまり「あー、なんでまたこんなときに限って・・・」と感じているだけっちゅうこっちゃがな。仕事や作業の量は毎日ほぼ同じなんだ。ザ・ルーチンだ。中日ドラゴンズの4番と言えばマーチンだ。例えば「ハマ育ちの俺って晴れ男でさ、出掛けたらいっつも見上げる空は江ノ島ブルーなんだよね」「漁港の近くで生まれたあたしって雨女なの。でも、冬の帯広に行ったら雪女なの」という連中が多いが、んなこたあない。お前が晴れ男なら年中無休で神奈川県相模原市は快晴だろうし、あなたが雨女なら一年中、静岡県焼津市は雨や雪ばっかだ。日常は何も変わらないし変わっていない。変わったように感じるのは気のせいか思い過ごしか勘違いだろう。今夜は石垣島で買って来た麩を使って麩ちゃんぷるーを作った。現地で美味しく感じたのは気のせいか思い過ごしか勘違いだったのだろうか。スーツケースに入れて運んだピーチパインには大量の蟻が群がっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リハロウビーチのロコモコとスタバ石垣空港店@沖縄県石垣市

それにしても首筋の日焼けが痛い。石垣島を一周したというのにほとんどガソリンが減っていない。これではレンタカーを返す直前にスタンドに寄って「満タンにしてください」と言う行為がすっげぇ恥ずかしいと思えてしまうチキン野郎の僕がいる。そんなこともあり車で約10分の海っぺりにあるカフェまで1ミリでも多くガソリンをまき散らそうと道路交通法を順守しつつベタ踏みで向かった。

『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』でいい感じだった『リハロウビーチ』のテラスに座ると「3種類チーズと島果実カレーのロコモコ」をまったりゆっくりじっくりと時間を掛けて味わった。

やはり首筋の日焼けが痛い。さらに背後からハングル文字が3Dになって首筋をアタックして来た。

石垣空港に着くや否や円柱の大型水槽で回遊するミノカサゴに「ただいま」と挨拶をした。その後、日本最南端にあるスタバ@石垣空港店で五臓六腑に癒しを与えた。この次は波照間島を訪れたいが、その前に愛知県の日間賀島でタコを食い、三重県の答志島で貝を食いたい。離島めぐりに首っ丈だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日立マクセルのCMのような青い海とブラックじゅーしー@沖縄県八重山郡竹富町

間違いなく日差しが強くてモーレツに暑い一日になるという大勢順応主義の権化のような天気予報を鵜呑みにして大正解だった。が、あろうことか日焼け止めクリームを塗り忘れて首筋がピリピリ痛い今日この頃いかがお過ごしでしょうか。ってことで、フェリーに乗ること15分。竹富島へと渡った僕だった。こっちはレンタサイクルで最初に訪れた西桟橋の海。舐めたくなるほど美しい海だった。

こーいうロケーションに打ってつけなのは日立マクセルのCMごっこだろう。ほらご覧、山下達郎の『RIDE ON TIME』をイメージしていた僕に村田和人の『一本の音楽』のリフレインが止まらない。

「やっぱCDよりカセットだね」。そんな声がしたのは空耳だろう。こっちはコンドイビーチの海。

こっちのカイジ浜の海では星の砂を探しつつヤドカリに「ストレスあるのかよ?」とささやきながら遊んでいた。それはそれで楽しいひとときだったが、5分以上も続けていたら気が変になりかけた。

島内を軽く一周した後、ほぼ満席状態の『かにふ』で「美崎牛&島豚ダブルハンバーグ」を食べた。本当は竹富産車エビの天丼が食べたかったのだが、激しいボリュームっぷりを見て速攻で断念した。

腹が立つほど満腹になり、なごみの塔に寄った。7年前に訪れた際にはてっぺんまで階段を上れたが今では老朽化で立ち入り禁止だった。なるほど「やれることはやっておくべき」とつくづく思った。

そしてディナーはホテルの部屋でソウルフードのブラックじゅーしー。これがそこそこ美味かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石垣島のベタなスポットを一周した〆のVANILLA・DELI@沖縄県石垣市

前日どころか当日の天気予報も小雨だった。が、この玉取崎展望台からの眺めの通り限りなく透明に近いセルリアンブルーの3丁目7番地くらいの快晴っぷりとなった。前から確信していたが、やはり僕は持っている男なのだろう。どうせ持つなら現金か抵当権が付いていない土地のほうがいいけど。

水彩絵の具を持って来ていれば描くところだが、そもそも今までに水彩絵の具を持ったことがない。

その後、米原のヤエヤマヤシ群落に寄った。JR米原駅は「まいばら」だが、ここは「よねはら」と読む。あなどるなかれ、この野郎。石垣島と西表島にしか生息しない固有種の珍しいヤシとのこと。

安い海の家の高級版フードコートのような『かびら食堂』でソーキそばと石垣牛コロッケを食べた。

ねぇ、ベタな観光スポットの川平湾なんかに来ていいんですか?いい~んです!楽天カードマ~ン♪

昨晩は海鮮だったので今夜は石垣牛にしようと思ったが、焼肉だと牛タン1枚とロース2枚で満腹になるため『VANILLA・DELI』の「ベーコンチーズソース」と「プロウン&チップス」にした。これがすっげぇ絶品でこの世に誕生して53年、これまでに食べたハンバーガーの中で一番美味しかった。しかし、マクドナルドとモスバーガーとラッキーピエロのハンバーガーしか食べた記憶がないけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲むほどに美味かった麩ちゃんぷるーにめんそ~れ@沖縄県石垣市

近江兄弟社はメンターム、そして僕はと言えばめんそ~れ♪今まさに、潮風がトマトジュース並みに苦手なくせに確実に石垣島にお越しになっている僕がいる。ハハハハハハ☆。ハが6つと星が1つでハムスター。うん、これはご機嫌が斜めじゃなくて真っ直ぐな証拠だよ。石垣空港に到着するや否やいきなり大きな円柱の水槽とめぐり会えたしね。水槽に沿って泳ぎ回るミノカサゴが超可愛かった。

トヨタレンタカーで小さなバイキング@ビッケが乗るような小っちぇヴィッツを借りるとホテルまで30分。ホテルは全室禁煙とは言うものの1階に喫煙所があるせいで何気に臭ったのが残念ちゃん。いいかい、全室ではなく全館完全禁煙にしなさい。でなければ、この僕は二度と使ってあげないよ。

午後5時。「営業中」に看板が変わったばっかの『海人居酒屋源総本店』で麩ちゃんぷるー、刺身の盛り合わせ、海ぶどう、お前ってあいつとグル君いやグルクンの唐揚げなどをオリオンの生ビールで一気呵成に押し流した。しかし、麩ちゃんぷるーは最高に美味かった。間違っても生まれ変わったら麩になりたいとは思わないが、それくらい美味かった。で、それってどれくらいだよ?知らんがな。

せっかくだからと追加注文した石垣牛の炙り握りは、もう少しだけぶってぶって炙って欲しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理想の生き方は高木ブー!

僕がひろみち君だった頃、毎週土曜日の夜は『8時だョ!全員集合』と『Gメン75』を見ることで大人への階段を踏み外すところだった。ダメだこりゃ。次、いってみよー!はい、一昨年くらいから「ドリフのメンバーの中でも高木ブー(85歳)の生き方がいいね」と思うようになった僕がいる。基本的にちゃんと生きている。いかりや長介と荒井注は逝っちゃったし、加藤茶と仲本工事はまるでルーレットを回す人生ゲームの如く離婚と再婚を繰り返し、志村けんは第一線で活躍しているもののどう見ても何かを患っている顔で孤独を紛らわすかのように毎晩、後輩と一緒に朝まで飲んでいる。で、ブーはと言えば、すでに妻は亡くなったが、その妻ただ一人と添い遂げた。今では三世代同居でまったりと暮らしている。ウクレレが大好きでハワイにしょっちゅう行けば、カメハメハ大王の直系子孫からハワイアンネームまで授かっている。ドリフの打ち合わせ中でも爆睡し、自分のエビフライ弁当が誰かに食われたときには泣いて怒ったブー。何もしない、何もできない男と揶揄されながらも一番ハッピーな人生ではなかろうか。よく「今が幸せならいい」というが、その「今」はバリバリと現役で活躍中の「今」ではなく、最後の最期の今際の際(臨終)の「今」がいい。理想は高木ブー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦屋の話は蕎麦屋に訊け

岐阜駅構内にある三省堂書店の店内をグルッと一周すると「僕ならもっと違う見せ方をするのにな。ったく、残念だよ・・・」とブログには書いておこう。ハハハ、こんなことばっか書いているせいか以前には長野県の山間部にある蕎麦屋の女将から「一度、うちの店を見に来ていただけませんか?」というお誘いを受けたことがあった。いいよ。全然いいよ。僕、うどんより蕎麦派だから。でもね、僕はいいけどSUGIYAMAはどうかな?だから、本人がいいって言ってんじゃん。はい、大胆なひとり言はここまでです。そこで「どうして僕なんですか?」と尋ねてみたんだよ。たしかに確実にステキではあるけれど言い換えれば見た目しか取り柄のないこの僕だから。女将曰く「10年前からずっとメルマガを読んでいるんです。ブログも面白いですし」だって。うん、耳に巨大なミズダコがへばり付くくらいよく言われる。でもね、蕎麦がきを食うのをやめてよく考えてごらん。メルマガやブログを書く能力と蕎麦屋を繁盛させる能力とはまったく別物だよ。一芸に秀でた部分は目立つし、そっちの世界では評価されるかもしれないけれど所詮、そっちの世界だけでしか通用しないんだよ。書くだけなら村上春樹はノーベル賞級だが、だったら彼に蕎麦屋をグルメ大賞級に繁盛させることができるだろうか。いや、できるはずもない。クゥ~!この反語調の切り返しがたまらなく好きな僕。むしろ有名人がその知名度だけで始めた飲食店などのセカンドビジネスで上手くいった例は少ない。一芸に秀でた人と実際に会って勝手に幻滅するのはあなたの望んでいる分野とカテゴリが違うから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3匹のゴキブリと数百匹のヘラクレスオオカブト!さぁ、あなたはどっち?

マックスバリュで買って来たお値打ちな刺身・オン・ザ・ライスで海鮮丼を楽しんでいる真っ最中に妙齢の女性からLINEが届いた。簡単に説明すると「FBやインスタなどをやっていたけど昨年、息子が一流大学に入ってから周りの目が冷たくなったのでSNSのアカウントをすべて破棄します」というものだった。もう面倒臭いなぁ、だったらLINEのアカウントも一緒に破棄しておくれよ。そもそもそんな大した大学でもないと思うんだけど・・・、あなたが勝手にそう思い込んでいるだけじゃないのか?ぷ。例えば、FBで3人から罵倒されたとするじゃん。でもね、言う奴は何をしても何もしなくても言うんだよ。ところが、その他大勢は「あなたの教育方法はとても参考になるわ」と思っているかもしれないよ。厄介なのはヤッカミや不平不満などの悪いことは外に向かってすっげぇエネルギーで発散されるが「あなたのファンです!」「いつもありがとう♪」などという良いことやうれしいことはわざわざ面と向かって誰も言ってくれないんだよね。だから、あなたはたった3匹のゴキブリのために数百匹のヘラクレスオオカブトを放棄しようとしてんだよ。でもね正直、SNSは気持ち悪い奴の巣窟なんでアカウントを破棄するのは大正解。この僕が言いたかったことはリアルな世界での正しい生き方だよ。日常レベルで「あなたのことが大嫌い」と罵られているこの僕だけど、その際に僕は「他人に意識されるほど僕ってグレイトなんだ」と感心している。いいかい、マジで。世の中には多くの成功者がいるが、彼らは誰からも何も言われなかったわけではなく、それどころかモーレツな仕打ちを受けながら今日に至ったことは想像に難くない。そこらの主婦のそれなど比較にならないくらいのね。そして、そんなことなどまったく気にも留めていなかったからこそ成功した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰も喜ばないカッコ付けるだけのお店屋さんごっこはもうやめよう

フランス語の「Ca va bien.(サヴァビアン)」は「鯖にはエビアンが合う」という意味ではないので念のため。ハハハ、そうだよね。「おかげさま」っぽい意味だよね。でさ、思うんだけどさ、相手に伝わりやすい話し方ってあるよね。そこでだ、この僕が17分前に考案した超ウルトラ話法をタダで教えてあげよう。例えば「頻繁にある」と言うババアいや、言う場合は「ひんぱんにある」と相手に言うんだよ。そうそう、頭の中でひらがなに置き換えて話すだけで伝わる温度がグッと上がるんだ。でも、君たちは最初から「頻繁」という漢字をご存知ないようなので不幸中の幸いだね。とは言え、紙に書くときはできるだけ漢字で書こう。これが適度なボケ防止となる。さらにグレードアップした使い方だが、そこらの洋菓子店ではショーケースの中に誰も読めないおフランスチックなカッコいいネーミングを付けたりするが、それでは本来の美味しさなど1ミリも伝わりっこない。そんなものは売り手のマスターベーションに過ぎない。意味が分からない商品の味など分かるわけないじゃんね。その最たるものがワインリストだろう。「この店はフランスの植民地か?」と憤りすら覚えるよね。ま、学生時代に第二外国語としてフランス語を選択したこの僕なら数字の1~5だけは言えるけど。医者の「解離性なんちゃら」や税理士の「貸借対照表」などもひらがなに置き換えて話せばちったあ伝わりやすくなるだろう。で、和菓子屋がお客と接する際には「饅頭」ではなく「おまんじゅう」。ここはフランスでもベルギーでも中国でもない日本だから、基本的に平易な日本語しか伝わらない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加