僕の賞味期限は明後日の午後3時、消費期限は根性さえあれば永久に不滅です

チョコレートで有名な明治がアイスクリームの全商品について賞味期限を設けると発表したようだ。もともとアイスクリームは品質の変化が少ない冷凍食品ゆえに賞味期限を表示しなくてもOKなので今回の発表はフードロスの削減に逆行するとも言われている。とは言え、僕的にはウエルカムだよ。賞味期限と言ってもほぼほぼ2年らしいし、半年間も冷凍庫に入れておいた日にはクリームの表面に氷が過度に付着してアイスクリームからアイスキャンディーに変身していることも日常茶飯事だし。はい、満喫することのできる賞味期限と食うことのできる消費期限はまったく別やっちゅう本質的な巻頭文はここまでです。ま、それぞれの立場もあるだろうから僕が素晴らしい策を練ってあげよう。「賞味期限はあなた次第、消費期限は根性さえあれば永久に不滅です」という折衷案はどうだろう。せっかくYahoo!プレミアム会員の僕だからPayPayを利用すれば50%が戻るというステキな企画の権利を行使すべく食後にサーティワンまで行こうと思ったもののびっくりドンキー岐南店に入ったら面倒臭くなったので2か月前から冷凍庫に冷たいのに温存していたレディーボーデンのバニラの上に『松福』の「揚げまんじゅう」をトッピングして心がないのに心行くまで味わったとはこれいかに。これにサーティワン風の商品名を付けるなら「ポッピングブラウンパンチシャワー」が妥当だろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

唇よ、熱く僕を語れ

丸顔の次女曰く「クリーニング三兄弟がね、ドラム式より縦型の洗濯機のほうがいいって。汗による汚れがほとんどだから裏返して洗ってそのまま干したほうがいいってテレビで言ってたよ。でもね、そんな情報をテレビで言ったらクリーニング屋さんに洗濯物を持って行く人が減っちゃうよね」と。ハハハ、顔が丸けりゃ発想まで丸いな。そんな連中は絶対に洗わねぇよ。洗濯機で年中無休、完璧に洗っているまともな主婦ならそんな情報などとっくに調べて知っている。テレビを見て「へー」とか「ほ~」とか「なるへそねぇ」などと感心している連中はそれを知ったところで絶対にやらねぇよ。生物学的にそういう生き物なんだよ。化石で有名な三葉虫が生存していたカンブリア紀からそういう稀少なカテゴリに属しているんだよ。そう、そのクリーニング三兄弟がテレビで熱く語れば語るほど「ステキ!あたしもあの店に持って行きたいわ♪」となるのよ。安い主婦はそういう物体なんだよ。雨上がりの午後、加納にある『松福』を訪れた僕は「桜葉餅」を買った。そして、それを熱い珈琲で一気呵成に押し流した。うん、上品で絶妙だね。この和菓子の原材料や製造方法を理解したところで「僕も作ろう」と真剣に考える奴など絶対にいねぇよ。できるだけ詳しく熱く語れば語るほど相手は「僕、無理。もう奴には絶対に敵いっこない」となる。では、明日は下品な甘味を求めて歩きたひ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蜂蜜★皇帝:岐阜を愛してくれないとチクッといくよ?

ほら、ご覧。ふと気付いたらポストにねじ込んである無料宅配誌だよ。これを定期的に読みたければ君たちもこっちに移住しちゃいなよ。物価は安いものの働く場所は東京都の8万分の1以下だけど。んなこたあない。そこで君たちは「蜂蜜★皇帝(はちみつエンペラー)」を知ってるかい?ハハハ、これがカバヤ食品の新種のチョコレート菓子でもなければ吉本興業の住みます芸人でもないんだよ。岐阜発にして初のご当地アイドルなのさ。gyははははははh!大きな爆笑、略して大爆笑だよね。1人が女王蜂で他は働き蜂という設定自体がインドのカースト制度の上を行く独裁君主と感じるのは僕だけだろうか。しかし、公式略称が「はちペラ」であったり「つのだ☆ひろ」のように名前に★を入れられたり画像の右下のように「尻毛」と書かれた画用紙を持たされたりと彼女たちもある意味、悲劇のヒロインなのかも知れない。ちなみに、尻毛は「しっけ」と読んで岐阜市にある地名なんだ。きっと道一本を挟んだ「木田」に入りたかった住民も何気に多いことだろう。だから、そんなことはどーでもいいんです。口が縦と横に裂けてもキレイとは言えないけれど、かと言って稀に見る極上のブサイクでもない中途半端なところが岐阜っぽい彼女たちを今後ともよろしくね。では、また明日。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイムマシンにおねがい

税務署で毎年恒例の義務を果たして満足感に浸った僕は、そこから理不尽なくらい極端に遠回りした帰り道の途中にある岐阜駅構内のスタバを訪れた。はい、昨日の朝からの計画どおりミルクを豆乳にカスタマイズした「さくらミルクプリンフラペチーノ」の豆乳バージョンを吸引したものの想定外に味が今ひとつで残念ちゃんだった巻頭文はここまでです。ま、そうは言ってもああは言わないけれどこういうひとときは嫌でもまったりゆったりほっこりしっとりしますな。そのとき僕は思ったんだ。10年先の自分の繁栄を思い描いている愚か者は目の前のフラペチーノの味が分からない。しかし、目先の利益しか考えていない怠け者は10年先にフラペチーノを味わうだけの余裕はない。だから、僕は今の僕をそのまま10年先にタイムスリップさせられるか?ってね。キラキラと光り輝く立派な弘道ではなく等身大のしょぼい弘道がそこに居ることをイメージできるかどうかっちゅう話やがな。誰がしょぼいって?まあいい。いいかい、人間は20歳を過ぎたら絶対に性格は変わらんし50歳を過ぎてからの成長も100%あり得ない。人生は横滑りが一番だ。さぁ、横滑りの10年先に乾杯!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お金の貯まる思考方法:他にない状態を作る

広島県呉市八幡(やはた)町、島根県松江市八幡(やわた)町、岐阜県郡上市八幡(はちまん)町。このように八幡にも色々な読み方はあるけれど岐阜加納八幡郵便局は「はちまん」なので念のため。はい、漫画『侍ジャイアンツ』に登場する八幡太郎平も「はちまん」と読む巻頭文はここまでです。数日前だが、その郵便局から封書が届いた。どうやらそこに僕の口座が残っているそうじゃないか。井上陽水の名曲は「傘がない」。杉山弘道の机の中には「通帳がない」。どこをどう探してもここをこう探しても見当たらない。こ、この僕としたことが・・・。まあいい。いや、間違いなくちっともいいことない。ってことで、申し訳なさげな雰囲気をプンプンかもし出しながら窓口まで出向いた。結局、その結果は後日、郵送されてくるとのこと。お手間を取らせてどうもすびばせん。そこでだ、お金の貯まる思考方法を今日に限って残念ちゃんな僕が教えよう。よっぽどの預金がない限り極力、銀行口座はひとつにまとめよう。例えば、残高はミミズの脳ミソくらいなのに通帳が手元にムカデの足くらいあると「この通帳の残高は7円だけど他の通帳にはもっとあるはずだ」と潜在意識で勝手に期待を抱いて勘違いしちまうんだ。元本1000万円までを保証する預金保険には縁もゆかりもない君たちだから3冊以上の通帳があったら確実にちゃんちゃらおかしいことを覚えておいてもらおう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天使のフリをしている人間よりはるかに礼節を重んじる悪魔のような僕がいる

ほぼ約1か月前のことだが、車で帰宅途中の長女が徹明町の交差点で信号待ちの際に後ろから何気に追突された腹立たしい事故はまだ記憶に新しいことだろう。当然、こちら側の過失は0以上0以下で青森県むつ市から上京したばかりの15日前まで地元の公立高校に自転車で通っていた女子レベルの純真無垢な0だった。ゆえに長女が加入している自動車保険は利用しない。それなのに保険代理店の中山貴志さんがあーじゃこーじゃと気を使ってくれたり代車の手配をしてくれたり相手方との交渉の仕方をアドバイスしてくれたりしてスムーズに事が運んでいる過去完了形の手前の現在進行形なう。はい、いくつになっても娘が可愛い父としてはお世話になった恩に報い礼を尽くすことが道理ゆえに今日に至ったわけの巻頭文はここまでです。中山さんは少し前まで名古屋は栄のど真ん中でフレンチレストランを経営していたという個人情報は置いといて今回はイタリアンの『うれし野』でパーッと飲み食いした。君たちも自動車保険や火災保険などの面倒を中山さんに見てもらったらどうなんだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

右隣に座っていたご婦人からいただいたウェットティッシュに助けられたお話

人魚を「1人、2人・・・」と数えるのに対して魚人を「1匹、2匹・・・」と数えるのは上半身、ひいては見た目が大事ということだろうか。天使を「1人、2人・・・」と数えるのに対して悪魔を「1匹、2匹・・・」と数えるのはとにかく性格が大事ということだろうか。ってことは、見た目は人魚のように最高なのに性格は悪魔のように最低な場合、いったいどんな単位で数えるのだろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。いつもなら外れる天気予報が当たっちまって西日本でも雪が降ったじゃないか。はい、天城越えより険しく厳しい忠節橋越えにビビりまくった今日この頃の巻頭文はここまでです。そこで岐阜バスを利用した僕たち三世代だった。止ん事無い事情とは言え、県庁のある長良川の南から何もない北へと渡るのはとても空しく侘しい。ほら、ご覧。この8分後にバスに酔った結衣ちゃんが吐いちゃったんだ。そのとき右隣に座っていたご婦人が心配してくれた。その節はどうもありがとうございます。でも、心配をするよりそれなりのお世話をしてほしかった。

用事を済ませるとちょうど正午だった。物理的にお腹が空っぽの結衣ちゃんの「おなかがすいた~♪おなかがすいた~♪」というドルビーサラウンド方式の一人きりシュプレヒコールは鳴り止まない。という劇画チックな流れで最も安上がりっぽいサイゼリヤ岐阜北島店を訪れた僕たち三世代だった。今日の僕が言いたかったことは、雪はトマトジュースと同じくらい大嫌いな白い悪魔ということだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その実のその実

せっかくYahoo!プレミアム会員の僕だからPayPayを利用すれば50%が戻るというステキな企画の権利を行使すべくわざわざイオンモール各務原の3階の片隅にあるサンマルクカフェまでスイーツと愛し合うためだけに向かった僕。これを専門用語で「ソフトバンクの思うツボ」と言う。まあいい。ただでさえ美味しいスイーツだが当然、この場合の「ただ」は無料という意味ではないけれど本当にタダならさらに美味しいだろう。バカ。フツーに美味しかったが、その実(み)のその実(じつ)を知れば10倍は美味しいだろう。昨晩、おでんを食べているときに次女が「この大根、出汁がきいて美味しいね♪」と満面の笑みで言った。想像してご覧。ただでさえ真ん丸のお顔がさらに皆既月食の満月のような球体になるんだよ。こら、人の娘に向かって聞き捨てならんことを言うな、この野郎。ま、僕が人だったらの話だが。そろそろ本題に入ろう。次女は義父&義母と一緒に親戚の畑に行って巨大な大根を引っこ抜いてきたからこそより美味しく感じたんだ。一方、大根を引っこ抜くどころか地面に生えている感動的なシーンも生で見たことがない僕がいる。らっきょうってどこにどうやって生えているのだろう?珍妙に映えているババアならそこら中に生えているもののリアルに生えている野菜や果実などをほぼ見たことがない。目の前の「白玉あんみつパフェ」を愛撫しながら「白玉って地面に生えているのだろうか?んなこたあない」と薄ら笑いを浮かべながら満喫していた僕がいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

笑うくらい退屈で仕方なかったので新たなカテゴリ[美博独歩]を設定した僕

さて、この美術館の名前は何でしょうか?ハハハ、画像を拡大しても文字がボケる程度のビミョーな解像度でカットしてあるんだよ。どうかお願いだ、悶々と悩みながら墓場まで持って逝ってほしい。はい、さすがに自分でもうんざりするくらい性格の悪い巻頭文はここまでです。今日も昨日と同様に退屈で仕方なかったので暇つぶしにブログ内をサ~フィンしていたら訪れたはずの美術館や博物館が見当たらないじゃないか。あれはやかん、これはいかん。いい年こいたらボーっと縁側で熱いお茶をすすりながら昔のページを眺めては思いを馳せるために年中無休でブログを書いている僕にとっては致命的であり死活問題だ。ちなみに、我が家に縁側はない。そこで[星跳在景]から約2年半ぶりに新たなカテゴリを設定した僕がいる。それが[美博独歩]。ハハハ、もう少しナウでヤングな名前が思い浮かぶはずが脳細胞がいい感じに枯渇気味なんだよね。イタリアのフィレンツェにあるうふふ♪ウフィツィ美術館や『最後の審判』が荘厳すぎるシスティーナ礼拝堂などにも訪れたが、その当時はデジカメではなく「写ルンです」だったんです哀川(笑)。ったく、画像がないからMOA美術館や根津美術館や岡本太郎記念館など今一度、全国津津浦浦に再訪しなきゃならん。僕、磯が死んだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文句があるなら金払え

『いきなり!ステーキ』を運営するペッパーフードサービスが2年連続で赤字に陥ったとか。はい、時事ネタの巻頭文はここまでです。いきなりだけど最近、君たちは誰かに叱られたことはあるかい?汚い床にこぼした牛乳を拭き取った後の濡れ雑巾のような湿っぽい人生だから死ぬほどあるだろう。いいなぁ、叱ってくれる人がいて。僕なんかサラリーマンを中退してからというもの誰も彼も彼女も叱っちゃくれないんだよ。ま、サラリーマン時代もあの人とこの人とその人以外には叱られたことがなかった僕だけど。雰囲気的に叱られにくいタイプなの。文句があるなら金払え。僕を叱りたいなら僕に文句を言いたいなら1円でもOKだから金払え。ね?君たちもそう思うよね。ね?1円ぽっちも利害関係のない奴から叱られる筋合いも文句を言われる義理もない。さらにアドバイスも以下同文。例えそれが善意であろうと悪意であろうとこの僕にアドバイスや進言をこきまくるなど1万年早い。それがしたかったら金を払ってから物を言え。ましてやこっちが報酬を支払うなんざ言語道断だぜ。君たちの会社の社長が君たちに文句を言うのはすっげぇ安いなりにも給料を支払っているからだお。3時のおやつを買いに行ったセブンイレブンの片隅で店長らしき男性がアルバイトの女性に向かって「ちゃんとしてよ」と小声で叱っていた場面を垣間見て上記のようなことが頭をよぎった僕がいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加