2年ぶりのそうめんは僕クラスになると当たり前のように揖保乃糸

霊長類の体温を超えたら37℃も40℃も52℃も同じだと思いませんか?どうやら日本気象協会は僕の許可を得ることなく40℃以上の日を「酷暑日」と呼ぶことに決めたらしい。困ったもんだぜ。酷暑日なんて聞いたらさらに暑く感じちゃうじゃ内科外科耳鼻咽喉科。咀嚼するのも面倒臭くなった僕は「おぉ!今年に入ってからそうめんを食べて内野外野右中間にポテンヒット」とつぶやきながらブログで確認したら2年以上も食べていなかった花紀(驚)。ってことで、揖保乃糸、君に決めた!


ひろ散歩シリーズ第24弾@橋本町

ブラブラと食ったり飲んだりして無責任かつ無分別&無計画に楽しむだけの無気力な「ひろ散歩」。ってことで、第24弾は橋本町だよ。きっと安い世間はお盆休みの真っ最中だろう。働け!便所蜂。一方の僕はと言えば、年中無休でお正月休みだ大和田(爆)。ま、これはこれで当の本人からすればなかなかつらいものがあるのですよ、はい。お盆休みの君たちへ、お正月休みの僕からメッセージをクロネコの代金引換便でプレゼンツしよう。人間、働いたら負けで人生、働いたらオシマイなんだ。おいおい、長良川の鵜飼のように鵜呑みにするな。働け!便所蜂。そんなこんなで岐阜駅構内にある伝串新時代で午前11時から店舗の壁のシミを見つめながら飲み食いした動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]伝串 新時代 アスティ岐阜店,焼き鳥


引きこもりの流儀2

この奇妙な天候のせいかプチ熱中症で疲労と角質が蓄積しているせいか生まれつき性格が悪いせいか吐きそうなくらい気持ち悪い。左手の小指の第二関節をお口の中に入れたら間違いなく吐くだろう。自慢です。いいかい、マジで。ってことで、幸いなことに台風の影響はなかったものの昨日と同じく今日の晩ご飯はチキンカレー。ってことで、2日目のチキンカレーを満喫します。では、また明日。


引きこもりの流儀

業務連絡です。台風などの自然災害には異常なまでに過敏な僕ゆえに現在、引きこもりの真っ最中。とにかく自分の身が愛おしくて仕方ない僕がいる。ってことで、今日と明日の晩ご飯はカレーだお。


ぎふ町旅シリーズ第70弾@則武

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第70弾は則武だよ。昔は長良古川と呼ばれた伊自良川を眺めていた僕。いい。淡水の川が似合う僕っていい。そこから15分ほど歩くと福井は越前より直送の海鮮が人気の『魚のいち幸』で「うな海鮮」を生ビールとハイボールで押し流した。ほぼほぼ再訪はないだろう。その後、カフェでまったりしようにも則武界隈にカフェどころか喫茶店もない。仕方なく通り沿いのマクドナルドでコカ・コーラを飲みながらフィレオフィッシュを満喫した動画はご覧のとおりです。

ほら、ご覧。この『魚のいち幸』でむさぼった「うな海鮮」の鰻は越前ではなく三河一色産っぽい。

[動画内検索タグ]魚のいち幸,マクドナルド岐阜則武店,フィレオフィッシュ


もしも、あの世にゆけたら

映画『M★A★S★H』の奇妙な挿入歌である『Suicide Is Painless』のリフレインが止まらない。説明しよう、直訳すると「自殺は苦しくない」となる。暑さにやられて僕、もうダメかも知れない。ま、今回だけは勘弁しといたる。え?何を?僕って意味不明原人。ハハハ、もうダメかも知れない。


ぎふ町旅シリーズ第69弾@今沢町

プチ大都会である岐阜シティの魅力を余すことなく伝えるべく、岐阜市を細分化して町別に紹介する「ぎふ町旅」シリーズ。こんな画期的な企画をタダでやってあげるこの僕をもっと評価してやったらどうなんだ。ってことで、第69弾は今沢町だよ。司町に分不相応な新庁舎ができたので2021年7月に役目を終えた旧岐阜市役所の周囲を歩いた。寂しいねぇ。ま、2~3回しか入ったことがない僕だけど哀川(笑)。とにかく思いを馳せているフリをしながら『豊川寿司』でランチの煮穴子丼を生ビールとハイボールで堪能した。こじんまりとした店内はとても清潔で居心地がよかった。うん、また利用しよう。その後、近くの和カフェで和菓子を熱い珈琲で満喫した動画はご覧のとおりです。

[動画内検索タグ]瀬古写真,豊川寿司,sabo茶房+barバー 舟亭


ねぇ、45番がちっとも出てこないじゃん

ほぼ4か月ぶりにちびっ子ギャングのビッグを連れて大学病院へ一滴増した。うん、もう懐かしい。病院内にあるローソンでからあげクン(レモン味)を買ったらうれしいことに1個も増量中だった。どうもありがとう。次回は12月にお世話になる予定はほぼ確定なのでさらなる増量を希望します。


できれば濃厚な油絵で描いてほしい

う~ん、しょぱん岐阜領下店で熱い珈琲をすすると嫌でも小林麻美を思い出してしまう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。とりあえず僕は元気です。そう、とりあえずだ。お互いダメ人間である中山さんと自動車保険の更新のためにいい年こいた2人のおじさまが熱い珈琲をすすっている光景を前頭葉の右奥の片隅に嫌というほど鮮明に思い描いてほしい。さぁ、描きなさい。では、また明日。