虫ちゃんとペルアデッソ東海 KITTE名古屋店とスタバ名古屋JRゲートタワー店@愛知県名古屋市

食の遍歴と職の遍歴が凄まじい虫ちゃんと会うためにわざわざ名古屋くんだりまで行った僕だった。まぁ、履歴書に職歴を書こうとしたら縦に25センチくらいスペースが要る大和田(爆)。う~ん、それでもこうして偏頭痛に苦しむ悪徳不動産の社長のように微笑む余裕があるから大したものだぜ。そこでだ、虫ちゃんと『ペルアデッソ東海 KITTE名古屋店』で完熟トマトのなんちゃらとラザニアのパスタランチをそこらの女子会みたく必要以上に時間を掛けてチマチマと食ったった。ふとブログの過去ログを確認したら虫ちゃんの登場回数はベスト5に入るくらい多かった。ちなみに、僕の友達は5人もいない哀川(笑)。真夏は何てことないんだけどさすがに真冬は孤独のコの字が身に沁みる。

この僕をスタバフェチにした張本さんいや、張本人である虫ちゃんのおすすめの「ダークモカチップフラペチーノ」を絶景が愉しめるスタバ@名古屋JRゲートタワー店でまったりと満喫しまくった。あろうことか僕のスマホが虫ちゃんをフォーカスしてダークなフラペチーノがピンボケしちまった。そして右下の僕はと言えば、アマゾンで買った1180円の帽子も街中で見掛けるGUのお値打ちなセーターもボーダー柄だけどユニクロで買った靴下もボーダー柄だった。物理的に横しまな男なの。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(飽き性の僕が)ほぼ日手帳を当たり前のように使い続けるその理由

寝る前に気持ちを静めるために本を読むと言う人がいるが、この僕は気持ちが静まっていないと本が読めない。寝る前にあいつを沈めるために策を練るのは年中無休だけど。ハハハ、今年も早1か月が過ぎようとしている。歳月、人を待たず。採血、僕を惑わす。そこでだ、この僕が愛用してる手帳がほぼ日手帳だと言うことは杉山様検定試験3級の中でもサービス問題レベルの常識だね。それまではファイロファックスやバインデックスなどのシステム手帳に始まり、多種多様な手帳遍歴がある僕。最も付き合いが長かったのは4万円もしたファイロファックスだが、それでも3年で愛が終わった。それなのにこの手帳は販売が開始された年からずっと使い続けて早9冊目。毎年10月中旬になると当たり前のように何も考えることなくロフトで翌年のほぼ日手帳を手に取っている。それはなぜだ?当たり前のように使い続けるその理由は何だ?全国飽き性協会会長に就任してもいいくらい飽き性のこの僕は、かっぱえびせんを食いながら「スタンスはまったく変わっていないけど中身はモーレツに進化しているからか?」などとその理由を38分くらい考えた。結果発表!やめる理由がないから。そう、ベストパートナーでもコンフォタブル(快適)でもない。何でもそうだが、いいところだけを発見しようとしたり自分にとって最高かつ理想の相手を探し求めようとすると絶対に長続きしない。僕は絶えず君を許す。だから、君も絶えず僕を許してくれ。と言うような許し合える関係がステキ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そんなもの何か別のことをやっている

この4月で独立して丸16年になる。誰かお祝いしてくれ。言っておくが、言葉だけなら要らない。手に職もなく、詐欺っぽい口先と水で薄めたコーミソースのようなルックスだけで生き延びてきた。最初に始めたメルマガがあまりにマーベラスの最上級で今日に至るが、知り合いの社長から「あれをやっていなかったらどうしていただろう?」と尋ねられた。そんなもの何か別のことをやっている。おそらく名古屋は錦のホストクラブ「エーゲ海」か「アドリア海」あたりでナンバー5ホストとして「ふぅふぅ~♪」と活躍している。では、続けよう。IT企業の社長に「ネットがない時代だったらどうしていましたか?」と尋ねるようなものだ。そんなもの何か別のことをやっている。佐川急便の社長に「車がない江戸時代だったらどうしていましたか?」と尋ねるようなものだ。そんなもの何か別のことをやっている。僕も君も彼も彼女も今の仕事などたまたまやっているだけのことで、これで食えなかったら何か別のことをやっている。仕事がないからと飢え死にするまでボーっと西のお空を見上げて笑っているバカはいない。天職など間違いなく存在しないしあるわけがない。あるとしたら転職だ。今日、何事もなく食えたら明日も明後日も食えるように考えるだけのことだ。そんな大胆なひとり言をつぶやきながら松鴻町のFMまで皆の衆いや、いちごシューを爆買いに行った僕がいた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、耐え切って10年後、雪だるま式に増えた積年の怨念の利息を付けてお返ししておしまいっ!

今の沢田研二は旧千円札の伊藤博文に似ている。この僕の新たなキャッチコピーとして「性格3点、笑顔7点、歯並び90点」はどうだろう。でも、数少ない取り柄である歯が知覚過敏の今日この頃、ステキな朝をお迎えでしょうか。僕はと言えば、今朝一番でイジメによる母子心中の暗いニュースが目に飛び込んできた。まったくつらい出来事だ。そこでだ、イジメについて思うままに熱く語ろう。とりあえずイジメる側に懲役15年以上の刑罰を科せば激減する。すると「刑罰を重くするより他にやるべきことが!」と叫ぶ無責任な連中は多いが、信賞必罰は法治国家である先進国にしかできない素晴らしいウルトラCだ。それを否定するなら遠いお国へ散っておしまいっ!そして、イジメる奴とイジメられる奴。そんなものはイジメる奴が悪いに決まっているが、それを言ったところで100%らちが明かない。だとすれば、イジメられる側を徹底的に鍛えるしか他に策はない。紀元前の昔から大人のイジメ合いを「社会」と呼んでいる。イジメる側になるかイジメられる側になるかではなく、イジメられたら「耐え切れる自分であるか、そうでない自分なのか」が大きな選択肢となるだろう。このまま終わると僕の気分が重いままなのでカツをトッピングした2日目のカレーの画像で〆よう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今こそ昭和回帰メソッド:女は騒いでオリオンビール

いらっしゃいませ。悪名高きバーチャル戦闘カフェ@デトマソパンテーラへようこそ。お客は君だ、マスターは僕だ。ハハハ、こんなキャッチフレーズのコーナーがあったことなどコロッと忘れていた午後3時、いかがお過ごしでしょうか。僕が大学生の頃、サッポロビールの新入社員採用面接の際に面接官から何を質問されても黙り続け、席を立って帰る際に「男は黙ってサッポロビール」と言って採用された者の噂があった。真実かどうかは別にして「すっげぇ頭のいい奴じゃんね」とそれなりに合コンの席ではウケたっけ。ただ、昭和末期のその頃は「同じことをしたら二番煎じと笑われる」と思っていた。しかし、平成から新たな時代へと移り変わる今、それをやったら新鮮ではなかろうか。さすがにキリンやアサヒではつらいだろうが。そのときはそれが新鮮&斬新で受け入れられた行為。当然、その後の30年は二番煎じや真似事はまったく通用しない。しかし、時効の30年はとっくに過ぎている。時代遅れや時代錯誤とバカにされていた行為を繰り返すそのときはやっとやって来た。先進的なことはAIに任せて我々は昭和に回帰しようじゃないか。バタバタと慌しくてスタバに行く余裕も気力もないこの僕は、温めた豆乳を熱い珈琲に注いで作ったソイラテをすすりまくっていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イチイチ悩んだりチマチマ凹んだりする前に、今の環境は正しいかね?

IT企業で働くM君が「夢はシリコンバレーだね」と言った。弘道君的にはシリコンと言えば浴槽の目地を埋めるボンドなのだが、どうやらそのシリコンではないらしい。この世の中、実にいろいろなシリコンがあるものだ。だから、そんなことはどーでもいいんです。僕が最初の会社を辞めたのは、ついていけないと確信したから。大卒127人の同期入社のうち文系はたったの3人ぽっちだった。これを文学的に例えるとすれば、ソニー生命のトップセールス1000人の中で働くようなものだ。要は、無理。ポイントは「できるだけ職場の環境はバカがいい」。例えば、ちょっぴり頭のいい奴が岐阜の小っちぇ会社に入社したら半年後には課長代理だよ。仕事なんか満足にできなくてもOKだ。岐阜市ではパソコンさえフツーに使えれば「コイツはデキる奴だ」と周りが勝手に錯覚するんだよ。シリコンバレーやハリウッドなんかに行った日には間違いなくゴミ扱いだ。なぜにわざわざ超一流の人間たちの中で働こうとするのかがこの僕には理解できない。すっげぇ大変じゃん。しかしながら、賢い奴が小っちぇ会社に入って成功した際に「私には能力がある」と勘違いすると最後は間違いなく足をすくわれる。うん、すくわれるのは足元じゃなくて足だからね。運良く周りのレベルが自分より低かっただけということを忘れてはいけない。というような原色の妄想を鉄板焼きそばを食べながら一人きり描いていた僕。メールの調子が悪くて設定作業に追われているため妄想だけが楽しみな僕。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛い人生初の新幹線とらいよんチャンと道頓堀くくるのたこ焼き@大阪府大阪市

止ん事無い事情と諸般の事情を足して一身上の都合で割ったような荘厳かつ崇高な美しい事情により長女と結衣ちゃんの3人で大阪まで日帰りで行った。結衣ちゃんは人生初の新幹線で大喜びだった。

真っ昼間に新大阪駅に到着した。時間があったのでスタバ@ちゃやまちアプローズタワー店に入ると満席だったため不本意ながら近くのタリーズコーヒー梅田茶屋町MBS店に浮気したった。すると、コオロギのジャンボマックスが立っていたので記念撮影をしたが、どうやらこれはライオンらしい。

ふと気付けば大阪らしいことは何ひとつしていなかった僕たちは、帰りの新幹線に乗る前に新大阪駅構内の『道頓堀くくる』でたこ焼きを堪能した。ただただ疲れて出費がかさんだ楽しい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校の道徳の教科書ようなトンチンカンなアドバイスなら1ミリも要らない

決して歓迎はしないもののファミリーマートを「ファミマ」と略すことに一定の理解を示す僕だが、同レベルを「同レべ」と言う者たちの頭の中を開いて前頭葉の形を見てみたい。最後の1文字だよ。「ル」くらい使ってあげなよ。だったら、ドンマイを「ドンマ」と言うのかい?はい、小さなことが気になる杉山です。それがいいか悪いかは別にして、と言うか、確実に悪いことだがこの際、それはスルーしてほしい。飲食店を営むK君が「賞味期限切れの食材を使って美味しい料理を作りたい」と涙目で相談を持ち掛けてきたとしよう。さぁ、君たちならどう答える?「え!そ、そんなことしたら絶対にダメですよ!」だよね。ハハハ、君たちは小学校の道徳の教科書かよ。ったく、そんなことはこの春、藍川中学校に入学する現役の小学生でも知っている。それを踏まえてどうするか?じゃん。「さすがに生ではデンジャラスですが消費期限は切れていないので強火を使わない料理で・・・」という感じで同じ方向ベクトルで考えてあげるんだよ。それが「ねぇ、賞味期限切れの食材を使ってもOK?」という相談であれば「ダメ」と返してあげればいいんだよ。昨今、こんな常識的なことすらまったく分かっちゃいない正義の味方気取りの勘違い野郎が多いことにはさすがの僕もお手上げさ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

500円玉も貯まらずストレスも溜まらない「まるごと是(ぜ)」発想法

「ちゅ、ちゅくない・・・」と莉子ちゃんが嘆いているようだ。これで6~7回目になるだろうか。ハハハ、500円玉貯金だよ。性懲りも無く100均で108円も払って買って来たった僕だった。もうすぐ110円になるよね。「1回も最後まで貯めることができなかったのはなぜだろうか?」を自分なりに検証した結果、それはシルバーの缶だったから。やはり僕にはゴールドしか似合わない。とブログには書いておこう。さらに100万円ではなく30万円の貯金箱に妥協した。自分のそんなフレキシブルな性格が嫌にならない?ううん、リバーシブルだよ。表も裏も茶色だけど哀川(笑)。僕はね、何をやるにしても「まるごと是」と思っているの。「是」とは「道理にかなっていること。正しいこと」っちゅう意味やがな。その正反対が「非」だ。それでは誰の道理にかない、誰にとって正しいか?うん、そうだね。自分自身という一人称だよね。ゆえに、途中で断念して缶を空ける僕も是。あきらめずに貯め続ける僕も是。岐阜駅周辺の禁煙エリアでタバコを吸っている奴を怒鳴る僕も是。だが、そこでタバコを吸うのは違反行為だけどそいつからすれば是。ずーゆーあんだーすたん?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

びっくりドンキー岐南店で次女の増血&造血大作戦@岐阜県羽島郡

親知らずの治療で出血があるため次女から「血を作りたい!」というこれ以上ない死活問題の要望を突き付けられた。「だったらJR高山本線の線路をペロペロ舐めまくって鉄分でも補給しておきな。特に蘇原駅周辺が狙い目だぞ」ってなことを言うと親子でもパワハラやモラハラになるのだろうか。そうだとしたら、とっくに禁錮79年以下の刑で服役しているはずの父親です。ハハハ、我が家には我が家のルールがあるんだよ。ま、それも賛否両論だと思いますよ。仕方ないからびっくりドンキー岐南店にオープンと同時に入った。「ちゃんと左足から入って!」。これが我が家の新ルールです。

実に20数年ぶりだったが、デニーズやガストよりは上だろうから昔懐かしい松葉と同レベルだね。説明し・・、もう面倒臭ぇ。松葉について知りたければ最寄りの昭和45年以前生まれの岐阜市民を捕まえて丁重に尋ねてくれ。そこでだ、僕はと言えば「ハンバーグ&ビーフシチュー」を堪能した。その後、バローの北欧倶楽部で新商品のパンを買った。実に岐阜日和らしい無味乾燥の一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加