「手に入らないことを楽しむ」という楽しみ方もある

驚くなかれ岐阜にも市議会議員選挙はあるんだよ。今日がその投票日だった。はい、お察しのとおり盛り上がりにはかけますな。で、この選挙期間中に3人の候補者の事務所から電話が掛かってきた。それは誰の事務所かと言いますと・・・、1人も分からない。ハハハ、だって候補者の名前をたった2回しか言ってくれないんだもん。声から推察するに明らかに67年と3か月は生きているであろう支援者の女性は「消費税の増税は反対です」とか「子どもたちが元気に暮らせる岐阜にします」とか言っていたねぇ。消費税に反対ならばあっち系か?子どもたちが元気なのは大いに結構なことだけど病弱なジジイもそれなりに暮らせるようにしておくれよ。とにかくあなたの親分はどこのどいつだ?名前を言え名前を。もっと言えば、どうせ聞いたところで理解できっこないんだから、主義主張など5ミリ以下に抑えて書いてほしい名前を僕の頭の中に鮮明に植え付けたらどうなんだ。選挙は名前を書いてもらうことに意義がある。さらに言えば、それにしか意味はない。きっとこの3人の候補者は落選したに違いない。では、いいかげん本題に入ろう。今日の晩ご飯は「豊後きのこカレー」だよ。大分県のレトルトカレーだけどそこらの主婦の昨晩の手作りカレーより27倍も美味しくて38倍も衛生的なので僕の大好物さ。ネットでは簡単に買える。が、あえてそれをせず偶然、出会ったときに買って食べたい。これを「手に入らないことを楽しむ」とこの僕だけがそう呼んでいる。しかしだ、イオンモール各務原の2階に売るほどあったがね。イオン、あなたってオールマイティーは・・・。ほぼ5年ぶりに過激に愛した僕だが、相変わらず美味しかった。では、そろそろ今日の〆に入ろう。上記の落選した3人の候補者たちよ。「手に入らないことを楽しむ」という楽しみ方もあるんだよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和時代も杉山家とその周辺の者たちがハッピー&ラッキーならばそれでいい

ふぅ・・・、本気で死ぬかと思った僕だった。それについては48秒後に話そう。4月はお祝い事が3つも重なりそれぞれ祝っていたらキリがないしこっちの資金繰りも大変なのでまとめて祝うことに僕が決めた。どうせお支払いは僕なんだから。そこで、毎年恒例の「杉山家とその周辺の者たち合同クリスマス&忘年会」でお世話になっているホテルパークの日帰りプランを最大限に利用して全員でハッピーを共有することに僕が決めた。お支払いは僕なんだから不平不満を言われる筋合いはない。ほら、ご覧。〆のケーキに3つのお祝い事を書いた3枚のプレートをこれ見よがしにトッピングした僕の粋な計らいっぷりはステキだね。ちなみに、1枚は無料だけどあとの2枚は1枚につき108円(税込み)だった。満腹になった後、いつものように貸し切り状態の露天風呂に首まで浸かりながら岐阜城を眺め、そして長良川を臨んだ。すると、サーッとB型の血の気が引いてめまいが勃発した。と同時に真夏の炎天下に2か月間ほど放置された牛乳を飲んだ1時間半後のような腹痛も勃発した。目の前の長良川が三途の川に見えた。いいかい、マジで。渡っちゃダメだ。あっちは鬼門の川北だ。その後、30分間ほどトイレが僕の書斎代わりとなった。ただでさえ脂っぽい顔面から大量の脂汗は出るわ吐きそうになるわでそりゃもう大騒ぎさ。で、しばらくロビーのソファに真っ青な顔で地味に倒れていたら簡単に全快した。何だったんだ?金華山の新種の動物霊が期間限定で襲って来たのか?まあいい。とにかく3つのお祝い事を滞りなくパーッと楽しく祝えたゆえに今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偶数月の第3金曜日も僕と一緒に朝コメしませんか?

ワイマックスのCM「いいなぁ有給」「いいでしょUQ」でお馴染みの有休を取得した次女も一緒に朝コメを大いに満喫した朝っぱらだった。上記のとおり「有給休暇」の省略表記を「有給」ではなく「有休」に統一している僕がいる。どうでもいいけど18分前に起きたばっかのすっぴんの女子ってモーレツに笑えるね。先月の日曜日に朝コメした際、7時半には満席となり席が空くのを待っているハッピーな客も多かったが、さすがに平日の7時半ではかなり空席が目立った。全国の労働者諸君、その調子でジャパンのために働け!便所蜂。ところで今回の僕はと言えば、3種類もあるモーニングサービスの中で「A」を選択した。トースト&ゆで玉子だよ。ちょっと前までの僕は生卵はもとよりゆで卵もNGだったが日々、食べられるものが激減していく中で体内の生命維持装置が作動したのかオムライスの半熟卵とゆで卵はOKとなった。このようにいつもなら「ゆで卵」と表記する僕だが、コメダ珈琲店のメニュー表には「ゆで玉子」と書かれているから仕方ない。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我慢という生き方:臨機応変に事を運ぶ僕のステキ

ま、聞いてくれ。とにかく食うのをやめてお父さんの話を聞きなさい。今日は片道970円をかけてJRで滋賀県の長浜へ行くつもりだった。駅に着くや否や『長濱浪漫ビール』にスキップで向かうと長浜エールや淡海ピルスナーや伊吹バイツェンを近江牛のランプステーキをむさぼりながら一人きり満喫するはずだった。ところがだ、僕の目論見がすっげぇ狂って祝杯をあげる予定がパーになった。撃沈だぜ。まあいい&しゃーない。気分を変えて犬山にできたばっかのスタバに行こうと思いきや、どうやら僕の体調が今ひとつだったのでそれすら叶わぬこととなった。ハハハ、お願いだから全力で心配してほしい。君たちには僕に対する愛が絶対的に足りない。ちなみに、言葉だけなら要らない。世の中、お金よ、お金。はい、お話を2秒前に戻そう。体調が今ひとつとは言え、体は外出モードに切り替わっていたゆえに強引に散歩に出掛けた僕は、名鉄岐阜駅に隣接するイクト内の『鈴の屋』で「彩り田楽定食」を堪能した。八丁味噌のおかげか89%まで回復した僕。今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえず一発でOKだからサクッと当ててみよう

莉子ちゃんが胃腸風邪っぽくて胃液まで吐いたんだって。可哀想に・・・。できることなら君たちと代ってあげたい。ま、いいから遠慮はするな。そこでだ、一日の中で唯一、磯が死んだ状態の早朝に結衣ちゃんを保育園まで送り届けた僕がいた。若い先生&妙齢の先生に対し満面の偽善者スマイルで愛想を振りまいた僕。これで今日一日のエネルギーを使い果たしちまった。そんな大胆なひとり言をつぶやきながらスマホのニュースを見たら敬愛するモンキー・パンチ先生が亡くなったことを知って愕然とした僕。ステキだったのに残念だ。何がステキかと言えば『ルパン三世』の偉大さはもとより1作品でここまで生き続けられるということがステキじゃないか。そういう意味ではダンディ坂野の「ゲッツ!」も以下同文。よく「一発屋」と安い世間は揶揄するが、そんな安い世間の99%以上の連中は一発すら当てることができないんだから。一発さえ当てれば、それを続けさえすれば死ぬまで食っていけるということを教えてくれた猿殴先生。ちなみに、猿殴先生の作品はまだ他にもたくさんあるらしいけど僕も君たちもまったく知らないよね。では、一人きりYouTubeで追悼とまいります。エンディングに流れるチャーリー・コーセイの哀愁に満ちた切ない歌声のリフレインが止まらない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今さら苦手を克服するような気力も時間も大義もない

牛の乳はワンフィンガーでもNGだけど牛の舌はツーリットルでもOKなんだ。いいかい、マジで。そこでだ、イオンモール各務原内のユニクロでデニムのジャケット、略してジージャンを買った後に『牛たん伊之助』で「厚切り牛たん定食」を食いながら牛の舌と僕の舌が絶妙な感じで絡み合った。ゴメンね、自分で言っておきながら薄っすら想像しただけですっげぇ気持ち悪くなってきたぴょん。なぜ牛たんには麦めしで、麦めしにはとろろが付きものなのだろうか。杉山様検定試験3級レベルの周知の事実でとっくにご存じだとは思うけど僕はとろろとホヤとトマトジュースがこの世に存在する食べ物の中で最も苦手で10万円もらっても無理だけど10万4850円なら僕、頑張ってみるから誰でもOKだから払ってほしい。感想だが、本場の仙台には敵わないけど69点くらいはあげたい。

ぬふふふふ。僕がジージャンを着たら18回目の受験で合格した岐阜大学の学生に見えんかしゃん。ハハハ、それはない。甘い夏の香りを乾燥気味の頭皮で感じると走り出した妄想列車は止まらない。最後に予定どおりスタバ@イオンモール各務原店を訪れると期間限定の赤い悪魔をすすりまくった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神様もお金持ちもいない名城大学ラプソディー:身の程を知れ

ふ、やはり君たちは何も分かっちゃいないようだね。はい、こんな巻頭言が使ってみたかっただけの杉山です。例えば、Aさんは許されるのに同じことをしたBさんは叩かれる。どーゆぅこと?うん、答えは超簡単だよ。自分の立場を分かっちゃいないんだよ。例えば、この僕が「う~ん、君の存在は桃山学院大学よりは重いだろうけど立命館大学の7分の1以下だね」と吐き捨てたとしよう。実際に吐き捨てたんだよ。でも、僕って怒鳴られたり逆ギレされたりしないんだよ。どーゆぅこと?うん、答えは超簡単だよ。名城大学卒だから。中途半端を油絵で描いて薄めた旭ポンズを噴きかけたような大学で本当によかったよ。目を疑うような偏差値なのに2014年に赤﨑勇終身教授がノーベル賞を受賞すれば、お次は飯島澄男終身教授が有力候補となっている。当然だが2人は名城大学卒ではない大和田(爆)。しかも肩書きが「終身教授」だぜ。死ぬまで辞めてくれるなっちゅうこっちゃがな。ってな感じの宗教色もなくお金持ちの学生もいない死ぬほどスタンダードな大学です。それがだな、僕が東大や京大卒のインテリであってみなさい。上記のようにピン大以上、立命以下なんて言ったらシャレにならんだろ。「ナンバープレートが付いてるから廃車じゃないよな」というレトロな車しか駐車場代りの川沿いに並んでいないアットホームな大学で本当によかったよ。このように分相応かつ身の程をわきまえた立ち位置は極めて大事だよ。この納豆と厚揚げも同じだよ。誰からも叩かれない質素を油絵で描いたようなディナーじゃないか。これがフランス料理のフルコースだったらシャレにならんだろ。はい、自虐ネタもここまでくるとさすがにつらくなってきたので今日はこれにて終了。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二次元で逢えたら

「鮭缶」と「チャカ・カーン」は頭に「エブリバデ」を付けてラップ調で発声するとほぼ似ている。些細なウソをつくと偽善者で壮大なウソを描くと小説家。はい、言ってみただけなので意味はない。では、面倒臭いけど講義を始めよう。生の人間と話すのが苦手で対人恐怖症っぽい者が多いようだ。「会えない・話せない・触れない」という二次元の世界に逃避して「会える・話せる・触り放題」のリアルな世界に背を向ける。ううん、別に僕は否定なんかしていないよ。むしろたまにはそのような世界を垣間見るのもいいもんだよね。例えば、目の前に大きな壁が立ちはだかって途方に暮れかけたそのとき「ルフィだったらどうするだろう?きっとゴムゴムのバズーカで壁をぶち破っちゃうよね。でも、僕の腕って43センチくらいしか伸びへんがや」と本格的に途方に暮れる。バローの加納店でゴムゴムの実が売ってないかしゃん。昨日、チラシの品だったから大量のキウイを買って来ました。だから、そんなことはどーでもいいんです。僕がよくやる代替法は「もしダーティハリーだったら、この難局をどう乗り切るだろうか」「もしボギーだったら、ここでどんな捨て台詞を吐くだろうか」「もし越前リョーマだったら、強敵に対してどのように攻めるだろうか」ってね。そこで、次女から借りた『テニスの王子様』を第1巻から読んでいるけどテニスにまったく興味がないゆえに今ひとつ入り込めない弘道君。とにかく理想は理想でOKだから、たまには二次元の世界もいいもんだよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「平成最後」シリーズ第3弾:海鮮丼

この流れで新企画「令和最初」シリーズをスタートしようと考え付いた僕だが、そうするとすべてが最初になるためキリがないことに今、気が付いて本当に立派だね。ま、そりゃそうだ by 志村けんのバカ殿様風。食い慣れないご当地グルメを食べると腹痛の導火線に火が点く恐れがあるので基本的に旅先では無難な海鮮丼を食べていた僕だが、さすがに飽きてきた。ま、そりゃそうだ by 志村けんのバカ殿様風。よく思うのだが、高山市内の飲食店のお品書きに「海鮮丼」と表記してあると「近くに海はないぞ。バローの刺身じゃねぇのか?」と思うし同様に滋賀県内の飲食店でも「平和堂の夕方のタイムセールじゃねぇのか?」と疑ってしまう今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。その土地で海鮮丼は確実におかしいだろ。どうせなら宮川のウグイかオイカワを使った川鮮丼、琵琶湖のフナやナマズを使った湖鮮丼という歴史に残る新種の料理はどうだろう。若しくは、新鮮の反対語の陳腐を用いて海腐丼。ハハハ、今日の弘道君はご機嫌が偏差値67レベルだからアドバイス料は36万円に負けてあげる。明日中に支払いなさい。バローの刺身をONした海鮮丼はそれなりに美味しかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

刈谷市歴史博物館の秀吉の朱印状と香楽本店の揚州ランチ@愛知県刈谷市

京都を舞台にした2時間のサスペンスドラマで船越英一郎が演じたのは狩矢警部。JRの岐阜駅から名鉄の碧南駅まで行きたいのなら刈谷経由。ちょっくら前に豊臣秀吉が加藤清正に宛てた朝鮮出兵の朱印状が発見されたことを知った僕。ラッキーなことにその朱印状が刈谷市歴史博物館に期間限定で展示されているようだ。そこで、花粉と黄砂を吸いながらJR逢妻駅から一人きり歩いたら疲れた。おいおい、すっげぇキレイな建物じゃんか!と思いきや、先月にオープンしたばかりだった。しかも無料。トイレ使い放題。うれぴー!ま、そのためだけに往復3時間と1940円の交通費をかけてもいいのであればの話だが。何気にいい空間&いい展示物だったので今後の展開に大いに期待したい。

その後、桜を眺めながら刈谷城を散策すると名鉄刈谷市駅から刈谷駅に戻った。本当はJR安城駅に行ってスタバ@安城百石店でストロベリーなんちゃらをすするつもりだったが、体力と気力が確実に偏差値50を切っていたので今回は断念した。刈谷駅に着くとグーグルマップで「ランチ 禁煙」でググったった。最初に出てきた駅近くの『香楽本店』で「揚州ランチ」をゆっくり堪能した。事前に飲んだ鼻炎薬のストナリニと生ビールが化学反応したせいか、帰りの列車の中では爆睡しまくった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加