そこにいるだけでいい

やはり僕の五臓六腑には魚卵はNGなのか昨晩のたった十数グラムの辛子明太子が這うように腹痛を勃発させた今日この頃、社交辞令でいかがお過ごしでしょうか。午前8時過ぎに結衣ちゃんが手術を受けたので大学病院までお見舞いに行ったジイジだった。可哀想な結衣ちゃん。温かい心の持ち主の君たちなら100%そう思うよね。だったら、喜んで代わってやったらどうなんだ。この口先だけの安い哺乳類たちが。ハハハ、でも大丈夫だお。スーパー・バトルサイボーグであるこの僕のDNAを確実に受け継いでいるせいかフルーツゼリーを一気呵成に完食したよ。だから、心配は要らないけどお金は欲しい大和田(爆)。おいおい、今年に入って「O」キーを打ったら「大和田」と変換されるパソコンってどーなんでしょうかねー。以前「私はここにいますよ」という単なる「生存確認」など何の意味もないから「あの人がいなきゃ」という相手の心に印象付ける「存在確認」を示しなさいと言った僕だが、今となっては「生存確認」だけで十分だと思う今日この頃、明日は元気に退院だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ふるさと納税」の正しい取り扱い方:福岡県那珂川市編

福岡県那珂川市のみなさん、元気ですかぁーッ!元気があれば黄砂も振りかけにしてご飯が食える。んなこたあない。失敬。そんなことより「ふるさと納税」を活用して福岡県那珂川市の辛子明太子をお取り寄せした僕がいる。那珂川市?そんな市があったんだね。失敬。グーグルマップで確認したら随分と花粉が飛散していそうなカントリーっぷりだね。失敬。どうか怒らないでほしい。このようにいじったほうが那珂川市の印象が毒者いや、読者に鮮明に残るかもよ。そこでだ、僕の喜びっぷりが今ひとつビミョーなんだ。今日は特別にその訳を説明しよう。この商品を申し込んだときは自分でも気付いていなかったんだ。そう、魚卵が食べられない体になっちまっていたことを。ある日、一腹の明太子を食べたその晩に凄まじい腹痛が勃発した。へ?何で?僕って何を食ったっけ?その2日後に数の子を食べた。すると、明太子のときほどではないが明らかにそっち系のカテゴリに属すであろう腹痛が勃発した。えぇッ!ひょっとして魚卵が原因か?何で?あれほど相思相愛だった僕たちなのになぜにあなたは私を見捨てるの?ってな感じです。ま、それ以来一切、魚卵系は口にしていないため実際にそれが原因か否かは定かではないがとにかく怖いんだ。しかし、チキン野郎にも維持はある。高さ1センチ、幅2センチ、奥行き1センチだけ食した。(2時間経過)今のところ大丈夫っぽい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)武生中央公園店とヨコガワ分店のボルガライスで人生のトッピングを考える@福井県越前市

そのとき僕は純度の高い糖分と密度の低い平和をこよなく愛す高圧的な54歳で一人きり北陸本線の列車に身を任せていた。当然のように青春18きっぷの権利を行使した54歳の僕だった。ところで高圧的な杉山と高血圧の弘道のどっちが短命だろうか。だから、そんなことはどーでもいいんです。ちなみに、血の気が多いジジイの割には僕の血圧は120~70というネタにもならない数値なの。乗り継ぎの敦賀駅のホームに高倉健よろしく立った僕は「51歳のピエール瀧ってこの先どうやって食っていくのだろうか?」と疑問形でつぶやいた。半世紀以上も生きれば初心や原点に戻るどころか1からのスタートなどあり得ない。人生にリセットやリフォームはあり得ない。もしできるとしたら今までの自分に何かをトッピングすることくらいしかない。僕はJR武生駅から18分ほど歩いた。

中央公園に段差もなく面したスタバ@武生中央公園店はとてもコンフォタブルだった。はしゃぎ回るちびっ子たちをガラス越しに眺めながらすする「ムースフォームキャラメルマキアート」は圧倒的に美味しかった。今回はミルクを豆乳に換えた。しかし、これはトッピングではなくカスタマイズだ。

ふと気付いたら1時間ほど経っていた。ストナリニのせいでウトウトしちまったぜ。スタバを出ると「ちひろの生まれた家」記念館で大いに癒された僕。その後、本店は存在しない『ヨコガワ分店』で一人きりランチを堪能した僕。しかし、これはオムライスの上にトンカツをトッピングしたわけでもカスタマイズしたわけでもない。武生界隈でこよなく愛され続けている「ボルガライス」という名のソウルフードなんだ。これでトッピングするだけでもいかに難しいかということがお分かりだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嗅覚を研ぎ澄ませばより豊かな暮らしができる!かもよ

トッポをかじりながら「僕にとっての史上最悪な罰ゲームとはいったい何だろう?」と考えた結果、ドーバー海峡を立ち泳ぎ限定で横断させられることだった。そのシーンを目を閉じて想像していたら急に動悸が激しくなって何も手に付かなくなったという理由で今日一日を過ごしたことは何かしらの罪になるのだろうか。いいえ、罪にはなりませんが大きな病院で診てもらうことをおすすめします。どうもありがとう。お話はコロッと変わるが、旅先などで「お!懐かしい風景だなぁ」と思うことがしばしばある。これはデジャビュとはまた違うもので「美濃町のおばあちゃんちの縁側にそっくり」「野良犬に追っかけられた大洞光輪公園の原っぱみたい」ってな感じだろうか。この僕の少年の日の思い出に一緒に浸ることができて君たちって本当にハッピー野郎だね。で、それは視覚なんだよね。ある光景を見てそのように感じるわけだが、ところが何かのニオイを嗅いだときにもまったく同様にそう感じることがある。それがすっごく不思議で心地いい。しかも視覚より嗅覚のほうがより鮮烈なインパクトがあるように思えてならない僕がいる。なぜだろう?ニオイだけだよ。5日前の龍野城の帰りの列車の中で僕の左隣の席に34歳と7か月くらいのうだつが上がらなさそうな男性が座った。彼の体臭なのか香水なのか、はたまたそれらが絶妙の塩梅で混ざり合った化学物質なのか、とにかく僕にはモーレツに懐かしく心地いい匂いだった。ただ、それが僕の少年期なのか青年期なのか浜松の独身寮で寂しくて号泣していた頃の匂いなのかは分からない。視覚の記憶は腑に落ちるが、嗅覚にもそれがあり、しかもそれは視覚以上のインパクトがあるのがすっげぇ不思議だ。よく「味は味覚より嗅覚で決まる」と言ったりするが、鮮明に残る記憶も視覚より嗅覚かもしれないね。ま、何れにせよ五感のうちの80%以上を視覚に頼りすぎている日常生活を改めようと思った。とりあえず花粉症で鼻が詰まっている君たちはすぐにでも処置をして嗅覚を整えたまえ。今日の晩ご飯は視覚を使おうが嗅覚を使おうが福耳を澄ませようが残り物のご飯で作ったエビチャーハンの味に変わりはなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(S)京都宇治平等院表参道店と平等院と(S)近江八幡店@京都府宇治市&滋賀県近江八幡市

京都と言えばスタバ。だが、ここは生粋の京都人からすれば何気にビミョーな立ち位置だろう宇治。宇治と言えば抹茶。しかし、どこのどいつも知らないだろう全国生産量の約30%を占める日本一の産地は愛知の西尾。西尾よ、もっとPR活動にお金を掛けたらどうなんだ。そして宇治よ、あなたの存在意義は何なのさ。だから、そんなことはどーでもいいんです。案の定、青春18きっぷを片手に西へと向かった僕がいた。その約3時間後、スタバ@京都宇治平等院表参道店の時空は優美だった。

見てご覧よ。ステキなロケーションだね。これを岐阜弁に翻訳すると「見てみぃ。ええ景色やん」。つくづく汚い方言でイチイチ嫌気が差してくるよね。実にまったり&ゆったりした時間を満喫した。

国宝であり世界遺産でもある平等院を訪れた。十円玉でお馴染みの鳳凰堂の前には真夏の夜の電灯に群がる昆虫のような人だかりだった。この僕の主たる目的はスタバゆえに写真だけ撮って終わった。

物理的に抹茶色の表参道を早歩きで抜けると列車に乗って米原方面へと向かった。その約1時間後、そのとき僕はスタバ@近江八幡店で「ダークモカチップフラペチーノ」をすすっていた。世界遺産をスタバとスタバで挟む。それにキャッシュは600円しか使っていない。誠に有意義な一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートEXの操作で凹んだ後に茶碗蒸しの銀杏の有無でうな垂れる中年時代

説明しよう、スマートEXとは超簡単にできる東海道・山陽新幹線のネット予約サービスのことだ。「これで予約すると熱海まで往復で何円くらい安くなるんかしゃん」とスマホを操作していた僕は、どうやら予約を完了しちまったらしい。「ん゛がぁー!3月20日に熱海には行かんぞ!」と涙目になりながら必死こいてキャンセルしたが、払い戻し手数料として310円も取られてしまった経験は誰にでもあるだろう。お願いだから「うんうん、あるある。どんとまいんど~♪」と言ってほしい。ミスター・パーフェクトと呼ばれているこの僕としたことが・・・。僕は誓う、JR東海の駅構内に設置されている自販機の下から310円以上の小銭を拾うことを。はい、気を取り直して前を向いて生きていきたい巻頭文はここまでです。ふと「子どもから大人になったと自覚する事件や出来事っていったい何があるだろう?」と思いながら岐阜タカシマヤの11階にある『みわ屋』でいつもの如くタカシマヤ友の会カードの権利を行使しまくり「春の山菜天ぷらと飛騨牛御膳」を食った僕がいた。

僕が思うに銀杏ではなかろうか。幼い頃はゴミ同然だった銀杏が、大人になると異常に恋しくなる。茶碗蒸しに銀杏が入っていると「ちッ」と舌打ちをした少年時代、入っていないと「はぁあ゛~」とうな垂れる中年時代。今日の僕は後者だった。はぁあ゛~。はい、スマートEXの予約は慎重にね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怒っている客は常に正しい

例えば、僕がロリポップ!に電話で質問をしたとしよう。すると「生粋の文系の僕でもそれくらいは理解しています」というレベルから丁寧に説明してくれるんだよ。しかしだ、さくらサーバになると「すみませんが日本語でしゃべってもらえませんか?」と言いたくなるんだ。そして、先方の男性は「サイトの14ページを見ていただくと・・・」と返すため「だから、それを見ても分からないから電話をしたんです」「・・・」の繰り返しになるんだよ。そこで僕は「あのね、僕はあなたの態度に怒っているんだよ」「・・・」「僕がトンチンカンな質問をしている困ったちゃんだとしてもだね、毎月ちゃんとお金を払っている大切な顧客を怒らせるほうがトンチンカン以下の大バカ野郎でしょ。ずーゆーあんだーすたん?」。場面は変わって「杉山さん、あの人ってバカ?何を言ってもまったく理解してくれません」とタダで相談されたとしよう。ハハハ、バカはお前だ。ほら、ご覧。あの人は怒っているんだよ。人間的にどうであれ、性格に問題があるにしろ、理解力が致命的でも、あの人は怒っているんだよ。怒らせる側に100%非があるという常識さえも分かっていないお前がバカだ。そんなことよりトシコちゃんの美容室でバシッと短くした僕だった。これを「腰痛が原因でやむなく除隊した元グリーンベレーの老兵カット」と名付けよう。さぁ、君たちも髪がある今のうちに一緒にエンジョイしよう!しかし「これってホコリのカタマリか?」と驚くほどに後頭部は真っ白だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっちやそっちの世界のピエール新井と愉快な仲間たちなず

昨日、僕が攻めた龍野城は大河ドラマの『軍師官兵衛』で知った。その中で蜂須賀小六を演じたのはピエール瀧であり、同じく大河ドラマの『真田丸』で加藤清正を見事に演じたのが新井浩文だった。大河ドラマよ、あなたって大麻ドラマは・・・。はい、2人は大麻とは関係なかったよね?ハハハ、似たようなものかしら。ったく、困ったもんだぜ。2作品とも晩ご飯のおかずの厚揚げと同じくらい大好物なのにこれじゃあ見れないじゃん。賢明な君たちならもうお気付きだと思うが「見れない」はら抜き言葉なので正しくは「見られない」だよね。そこで思うのだが、主演にしろそうでないにしろ出演者が何かしら問題を起こした際にイチイチ作品がお蔵入りになっていたらキリがない。だって、あっち系の人間ばっかなんだから。午前9時から午後5時まで働いて晩には家族で食卓を囲みながら缶ビールを飲むのが唯一の楽しみという人間はそっちの世界には絶対に行かない。そもそももともと危なっかしいデンジャラスマンばっかなんだから。だよね?そこでどうだろうか、この際、出演者に執行猶予の付かない懲役8年以上の刑が確定したときに限って今回のような措置を取るというのは。ま、それも賛否両論だと思いますよ。あっちやそっちの世界の事情はこっちのまともな人間たちには関係のないことだから、お気に入りのドラマをお預けさせるなどという愚かな行為は僕たちを2階に上げておきながら勝手にハシゴを外すようなものだと思うがいかがなものか。はい、ムダにロングな巻頭文はここまでです。かく言う僕も薬が切れたのでマツモトキヨシで最小単位で買って来たなず。現在進行形の「なう」と過去完了形の「わず」を足して2で割った@この僕が開発した現在完了形の「なず」をこの僕とご縁のある君たちにも使うことのできる権利と義務をタダで与えてあげるなず。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街並みもステキな龍野城とエデンの東の薄味のパスタ@兵庫県たつの市

確実に米原駅で34分間の休憩を挟んだにも関わらずそれから約1時間後の大阪駅の手前でほぼほぼ満タンとなった。しかし、努力と根性でそのままあと1時間ほど耐えて姫路駅まで持ちこたえた僕を全力で抱きしめてほしい。はい、これはナイスなシニアのレジェンドな尿意のことだよ。JR東海は何気に快適だけどJR西日本の列車に乗ると生徒が急に増えたために突貫工事で建てた藍川中学校のプレハブ校舎のように夏、暑くて冬、寒い。秋が大好物の僕は、青春18きっぷで龍野城を攻めた。

思っていたより5倍以上もキレイだったJR本竜野駅から徒歩22分でたどり着いた龍野城。当然、城も素晴らしいが、そこに至る街並みもかなりの小京都っぷりでこれまた思っていたより楽しめた。

この地域はそうめんの揖保乃糸が有名なので『エデンの東』で同じ麺系のパスタを食った。なかなか雰囲気のあるカフェだったが、田舎のそれによくあるように僕以外、地元の常連客で賑わっていた。自分で言うのも何だが、最悪な性格以上に旅先での食運がその数倍も最悪な僕。修行が足りませぬ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勇気ある撤退と大いなる妥協

今でも「チャンネルを回す」や「ミシンを踏む」と言うのだろうか。古き良き昭和よ、ありがとう。いろいろあった平成よ、本当にお疲れさま。僕はと言えば、来るべき3つ目の新たな時代を100%楽しむからね。だから、君たちも僕と一緒に新たな時代を100%楽しもう!ま、君たちに100%新たな時代が訪れればの話だが。次の元号が「杉山」または「弘道」になったらどうしょうしゃん。ハハハ、この僕の名前は著作権フリーだから2ヒットまたは1ブローまでならウエルカムさ。昭和や平成とだぶるためSやHで始まる元号はほぼないと予想される現実を受け入れない杉山です。はい、レトロとビンテージを足してアンティークで割ったらカティサークになった巻頭文はここまでです。カティサークはないけれど生ビールならある岐阜駅構内のお値打ちな蕎麦屋で仕事帰りの次女たちと待ち合わせをしようとしたら急に土砂降って来たので外食の予定を中止した。天気予報のバカ野郎!とは言え、午後2時7分頃から完璧にお口は蕎麦ウエルカム状態だったので緑のたぬきで妥協した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加