Tゾーン以外はパッサパサでカッサカサの55歳のダンディには乾燥は命取り

ふくれっ面の汚いジジイはいいカモになれるって僕ってなれそう?ね、バカボン(原曲:バスボンのうた by 松本ちえこ)。また古き良き昭和のスターが逝っちまったか。ご冥福をお祈りいたします。10年後には「僕、東京オリンピックの年に生まれたんだよ」と言うと「このジジイ、ボケてんの?だったら10歳じゃん。ウケるぅ~」とイジメられるだろうから「東海道新幹線が開業した年と同じ1回目の東京オリンピックの年です」と明言することにします。おそらく「昭和39年」と言っても関ヶ原の戦いなどと同じ扱いを受けるような気もするし。はい、セピア色の巻頭文はここまでです。ところで僕って性格も焼き魚の食い方も最悪だけど最近は喉の調子も最悪なんだ。冬になって空気が乾燥するとほぼ間違いなく喉をやられてどこからともなく風邪がダウンロードしてきやがるんだよ。そんなときスギ薬局で買った風邪薬を体内にインストールしても気持ちがいいくらい効きやしない。そんなこんなで就寝中も喉を乾燥させぬようターコイズブルーのガーゼのマスクを買った僕がいる。「今治産タオル生地」と記載してあったから買った僕だけど製造会社は愛知県愛西市だった。これは軽い詐欺か?せっかくのターコイズブルーが凹みまくるブルーな気分になっちまったぜ。まあいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こっち?そっち?あっち?本質はどこにある?

あなたも年に一度は瞳孔を開いてみませんか?「オープン・ザ・瞳孔同好会」会長の杉山弘道です。今年のマイブームはイオンタウン各務原の中にある『やっぱりステーキ』で肉と愛し合うことです。今日で2回目だけど2回も通えば常連で3回以上は大株主だよね。んなこたあない。う~ん、今回は「赤身ステーキ(200グラム)」を食った僕だが、まだ瞳孔が開いていたので何を食っているのかよく分からなかった。ほら、僕っていい感じの味覚オンチだから。で、200グラムの肉と言えば、この僕の体の285分の1じゃないか。だから、そんなことはどーでもいいんです。12月は毎年の恒例行事となった瞳孔をパカッと開く月なんだ。いつもの眼科のいつもの女医曰く「ふふふ、今回もお変わりないですね」とのこと。それはそれでまったく結構なことだが、検査後5~6時間くらいはまぶしくてまともに目を開けられなかったゆえに赤身ステーキもまともに見ることができなかった。まともに見れないと味が変わるうんぬんの前に何がまともか分からなかった。つくづく視覚も味覚に寄与しているという貴重な気付きを実感することができた。結果、本質を追い求める僕はステキだ。さぁ、本質を見極める真の目を持とう。そのためにもあなたも年に一度は瞳孔を開いてみませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「好き」を集めるには「嫌い」を叫べ

「歳月、人を待たず」と「採血、管を通らず」は何気に似ていると思いきや、ブログ内をググったら「採血、僕を惑わす」というフレーズを今年の1月にすでに使っていた衝撃の事実に突き当たった。47歳を過ぎた哺乳綱霊長目ヒト科ヒト属ヒトってまったく成長しないものなのね。はい、生々しい巻頭文はここまでです。きっと君たちのような薄情者はもう忘れちまっているだろうが、鹿児島県の一部の地域では大好評だった「私は嫌いだシリーズ」というコンテンツが過去にあった。それくらい好き嫌いには執念深くこだわる僕だから「タバコは嫌いだがタバコを吸う奴は家畜以下のよく燃えるゴミ同然」「マルチ野郎は木曜日の生ゴミ以下」などと言い続けていたら僕の身の回りからタバコを吸うゴミも消え去り、マルチっぽい奴はいても生ゴミ以下のザ・マルチ野郎は身の回りから消えた。快感~♪でも、実際はちょっと違うんだよ。別にゴミや生ゴミ以下が消え去ったわけじゃなく本来、そこにいるべきまともな者たちが戻ってきただけなんだよ。このように自分の「好き」を身の回りに集めたいならば自分の「嫌い」を叫べばいい。ほら、ご覧。僕が現世で最も苦手で大嫌いで生理的に無理なトマトジュースが冷蔵庫の中で笑っているよ。これだけ叫び続けているのに僕のトッポの前に置きやがって。死なんけど死ぬほど嫌いやっちゅうとるのに悪意しか感じない。以上、ご報告まで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年『青春18きっぷ@冬の陣』の幕開けだよ

徹明町にあるドン・キホーテに足を踏み入れるや否や「甘い匂いで釣ろうとしやがって。やることが姑息なんだよ」と死ぬほど我慢して帰路に就いたもののほぼ大回りしてバローの領下店に立ち寄ると「もうダメ。僕、我慢できない」と同じ匂いにまんまと引っ掛かって熱々の焼き芋を2階のベンチに座ってむさぼったことはありませんか?僕はしょっちゅうです。そもそもわざわざ大回りする時点で負けドッグです。ハハハ、許せ。では、そろそろ本題に入ろう。おっと3日前から青春18きっぷの販売が始まっていた。ふ、出遅れたぴょん。今のところ三井寺を訪れたいので大津方面(滋賀県)、駿府城を今一度、攻めたいので静岡方面(静岡県)、なんとなく奈良周辺(奈良県)、困ったときの下呂界隈(岐阜県)、致命的に最悪の場合、どすえどすえの(京都府)どすえくらいしかまだ予定は立っていない。うん、京都駅で降りるくらいならひとつ向こうの高槻駅のほうがマシかも知れない。誤解しないでほしい。京都の街並みは大好物の僕だが、応仁の乱の時代から居座り続けているムダに誇り高き京都市民が苦手なだけなんだ。でも、僕も大人だ。駅前のレンタサイクルを一日中、タダで利用させてくれるというなら僕は絶えず君を許す。う~ん、困ったもんだ。今日はあまりに暇すぎて明後日まで書き続けてしまう僕がいる哀川(笑)。キリがないので今日はこのへんでごきげんよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熱いジンジャーブレッドラテと冷たい『雨』

冷たい雨が上がった。午前11時半の南の空に薄日が差した。僕は遠い雲からサマセット・モームの一冊に目を落とした。『雨』。熱いジンジャーブレッドラテをちょっぴり口に含んだ僕は、短篇集の22ページ目にある一節をなぞった。「目的の家は埠頭から歩いて五分ばかりのところにあった」。自分でも理由は分からないが、とにかく気になる一節だった。そして、僕の時間は終わりを告げた。

「ジイジ、まっちゃはもういらない!」と叫びながら隣の席で結衣ちゃんが食い散らかしとるがね。こっちはドリンクのみで我慢しとるっちゅうのに490円もするイチゴのケーキまで食いやがって。4桁未満の小銭をこよなく愛すこの僕なのにスタバだけで2574円も使っちまったぜ。まあいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人間の数え方:人→体→柱

「大型の台風です。不要不急の外出は避けましょう」を「ありをりはべりいまそかり」でお馴染みのラ行変格活用で変換すると「O型の体質です。不老不死の妙薬は酒でしょう」となるかも知れない。そもそもO型の人間は自分勝手で信用できん。ま、世界のど真ん中が自分だと信じて疑わないB型の僕が言うのもカレーのナンだけどいや、何だけど。晩ご飯で黄金色のエビフライを5本も食ったから今日もいい感じでノイローゼ気味だぜ。生きているエビは「匹」で数えられるがバローでは「尾」で食卓に並ぶと「本」になる気付きをチェルシーのように君たちにも分けてあげたい。ところで人間はどうなのだろう。生きているうちは「人」で数えられるが死んじまったら「体」でカウントされる。そして、骨になると「柱(はしら)」となる。人間の一生をエビフライに鑑みる僕ってステキだね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ないない、無限の命。

OH!ゼニ!ゼニゼニゼニゼニゼ~ニィ♪OH!ゼニ!ゼニゼニゼニゼニゼ~ニィ♪小銭はいつでもスーパースター♪(原曲:OH!ギャル by 沢田研二)。決して大金など要らない。小銭が欲しい。弥生会計で記帳していると無性に小銭が恋しくなりませんか?だから、毎月1日は弥生会計記念日。ハハハ、岐阜駅構内の自動販売機の下でも探したろかしゃん。ま、それも賛否両論だと思いますよ。う~ん、やっぱ名古屋駅か・・・。はい、年の暮れに相応しいビンボー臭い巻頭文はここまでです。とは言え、何の根拠も確証もない「人生100年時代」という国策のような怪しい時流にあおられて守銭奴の如く貯金に安い命をかけるバカが大嫌いだ。ないない、無限の命。お前は秦の始皇帝かよ。そんな不老不死を追い求め続けた始皇帝でも49歳で死んでいる綾小路(笑)。さぁ、チマチマした日常からパーッと解放されようではないか。そんなことより午前中に机の引き出しの奥から一昨日、名古屋のスタバで買って大切に取って置いたキャラメルワッフルを発掘した僕。うれしいというより完璧に忘れていた自分の老いが怖くてたまらなかった。あまりにショックで食べても何も感じない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

令和も魅せます!ブラッサイグループの本気仕入れ

午前7時39分に食べても夜のお菓子とはあれタコか?いや、これいかに。モーレツに暇だったのでおすそ分けの原価は0のうなぎパイを食べながらネットサ~フィンで粗探しをしていたら玉宮界隈を豚汁いや、牛耳るさとちゃんを発掘した僕。虐待した大量のマグロを背にこれ見よがしに腕を組むとカメラ目線で「僕、仕事してます」オーラを漂わせながら「岐阜駅に降りたら俺の店に立ち寄りな。PayPayも使えるぜ」オーラも同時にかもし出すところがあまりにステキすぎて脳天にかかと落としをお見舞いしたくなるけどそこまで足が上がらない今日この頃、いかがお過ごしでしょうかの巻頭文はここまでです。画像をプリントスクリーンしたら僕の南極3675号(パソコンの愛称)のサイズにピッタリだった。ちなみに、人生と同様に行き当たりばったりで書いているので二度と「パソコンの愛称って何でしたっけ?」と聞かないでほしい。この際、壁紙にしたろかしゃん。もしそうなったら今、使っている「沖縄美ら海水族館の黒潮の海」からチェンジするのはKARAのギュリ以来だよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっち気分が暗くなったカラヴァッジョ展もまた風情の僕@愛知県名古屋市

「誕プレ」と「短プレ」は似ていると書こうとして念のためググったら正確には「短プラ」だった。今まで「短期プライムレート」の省略形をずっと「短プレ」と思っていたもののこんな厄介な言葉を一度も口にする機会がないお値打ちな毎日で本当によかったよ。「ところでその短期プラ何とかって何?」「ググれ」。はい、今日もピーカンの青空で嫌でも元気に生きている巻頭文はここまでです。とにかくゴメンね、ムダに長生きしそうで。嫌われ者の僕と一緒にゲージツを満喫してみませんか?完璧に寒い中、名古屋くんだりまで出掛けた僕は、ゲージツを満喫する直前にソイラテを満喫した。

カラヴァッジョハゲラッチョ島らっきょうを食ったら細マッチョ秋の遠足のおやつにパックンチョ♪ハハハ、バカ野郎!ここまでゲージツを冒涜しまくる君たちにはうんざりだよ。案の定、黒川紀章が設計した名古屋市美術館ではカラヴァッジョ展が催されていた。平日の真っ昼間ゆえに空いていると思いきや、死ぬまでシルバーウィークの老人たちで混んでいた。う~ん、どうでしょう。素晴らしい絵画だとは思うのだが、やたらと斬首、つまり首を斬った作品が多くてちょっち気分が暗くなった。

来年早々には岸田劉生展が、悲惨なスギ花粉が飛散する頃にはミュシャ展が催されるので楽しみだ。君は芥子(からし)を付ける派?僕は付けない派。それなりに寒い中、大須まで歩くと『すゞ家』の「味噌ヒレカツ定食」を一人きり堪能した。ちょっち気分が暗くなったけど今日もいい一日だった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5キロ増量キャンペーンの終了のお知らせと令和時代に儲かる飲食店の作り方

悲しいお知らせです。食えば食うほどお腹を壊して痩せ衰えて行く今日この頃、20歳の頃の体重に戻すべく5キロ増量キャンペーンは終了して言葉の帝(みかど)と書いてとっくに諦めた僕がいる。飲んで食って食って飲んだこの4日間で1キロも体重が減っちまっただよ。江戸時代で言うところのほぼ3分の1貫だお。ちなみに、百貫デブはほぼ375キロだお。なかなかお目にかかれない貴重な物体だお。この4日間で手作りハンバーガー、回転しそうで回転しない寿司、ざるそばと飛騨牛丼、それなりステーキを摂取した。転んでもタダでは起きないけれどお金さえもらえれば喜んで前にでも後ろにでも回転するこの僕が令和時代に儲かる飲食店の作り方をタダでプレゼンツしよう。でもね、特殊な事情の玉宮界隈だけは例外です。正直、今の世の中に不味い料理などそうはない。それゆえに切磋琢磨して味を競い合っても徒労に終わる。味ではなく「そこに行きたい!」と心を掴む懐かしい雰囲気とステキなスタッフの店しか残らない。極少数のファンにだけウケればいい。3回訪れた客は上質な常連客となる。とブログには書いておこう。胃腸の都合上、味噌煮込みうどんを食べました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加